第6回TONOMACHI63文化講座「手錢家伝来資料で見る江戸時代の大社(2)-遊びと学び-」

第6回TONOMACHI63文化講座
講師:佐々木杏里さん(手錢記念館学芸員)

テーマ:手錢家伝来資料で見る江戸時代の大社(2)-遊びと学び-

手錢家には、典籍(本)約650点(約1000冊)が伝来し、その内容は、多岐にわたっています。
これらの蔵書からは、江戸時代の大社の人々が、学問にも趣味にも高い向学心を持って臨んでいた様子がうかがえます。
蔵書とさまざまな伝来資料から、当時の人々がどのような事柄を学んでいたのか、どのような趣味や遊びを楽しんでいたのか、どのような日々を過ごしていたのか、について分かってきた事をご紹介したいと思います。

日時:8月22日(日)14:00~
場所:TONOMACHI63(島根県松江市殿町63 今井書店本社1F)

定員:20名様
参加費:¥1,000(税込・1ドリンク付・資料あり)
参加お申込み:TEL 0852-24-2230

◎佐々木杏里さんプロフィール
1959年生まれ。同志社大学文学部卒業。
平成5年(1993)から、学芸員として手錢記念館に勤務している。

<注意>
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、下記の通りご協力をお願いします。
・当日は必ずマスク着用にてご来場ください。入り口で検温、手指消毒を行います。発熱のある方、体調不良の方は参加をご遠慮いただきますようお願いいたします。
・会場内での飲食はお断りいたします。
・山陰両県の感染拡大状況により、急遽中止する場合もございます。

関連記事






ページ上部へ戻る