第5回「読書交歓会」レポート

1月18日(日)に第5回「読書交歓会」を行いました。テーマは「癒し」女性4人、男性4人の計8人。女性4人の内お二人は今回が初参加です。みなさんどんなふうに癒されたのでしょうか?それぞれ語って頂きました!

それでは、今回の交歓本はこちら~

●写真の美しさに癒されました。(男性)
|★雨の名前
佐藤秀明写真/高橋順子文 小学館 ¥2,400(税別)
|★風の名前
佐藤秀明写真/高橋順子文 小学館 ¥2,500(税別)
写真が美しい。いろいろな名前がある。短歌やっている人には宝だね。
|★映画篇
金城一紀 新潮文庫 ¥840(税別)
名作映画をテーマにした短編集でとても面白かった。特に良かったのは「愛の泉」。
おばあちゃんを元気にするために、孫たちが「ローマの休日」を上映するお話。とても癒されました。

●言葉に癒され元気になれます(女性) 
|★エール 1/エール 2
実業之日本社文庫 各¥600(税別)
人気作家による、お仕事小説のアンソロジー集。様々な職業に就く、働く女性が主人公。
ひとつひとつのお仕事の裏側もきちんと描かれている。
一生懸命頑張っている女性が描かれて読むと元気になる。
|★物語ること、生きること
上橋菜穂子 講談社 ¥1,000(税別)
|★人生はニャンとかなる
水野敬也 文響社 ¥1,400(税別)
クリスマスプレゼント交換のときにいただいた本。猫の写真が可愛くて、見ているだけで癒される、しかも賢人たちの言葉にさらに元気になれる。
|★昨夜のカレー、明日のパン
木皿泉 河出書房新社 ¥1,400
亡くなった夫の父親と一緒に暮らす嫁。なんでもない日常とその喪失感を優しい言葉で綴っている。

●たくさんの本に癒されました!(女性)
|★星野源雑談集1
星野源 マガジンハウス ¥1,500(税別)
メッセージが浸透します。
|★カレンダー 毎日 日めくり まいにち、修造
松岡修造 PHPエディタ ¥1,000(税別)
ひとつひとつの言葉が良い!元気になる。
|★神さまとのおしゃべり
さとうみつろう ワニブックス ¥1,389(税別)
物の見方、考え方が物語風に描かれていて面白く読める。哲学風な本。

●ファンタジーっぽい作品に癒されています。(男性)
|★スウィート・ヒアアフター
よしもとばなな 幻冬舎文庫 ¥457 単行本 ¥1,100(税別)
現実離れした感じ、理屈じゃないものを読んで癒される。最近の本より、初期の頃が良い。
|★光待つ場所へ
辻村深月 講談社文庫 ¥700(税別)
コンプレックスの書き方がとてもうまく、共感できる。作品間のリンクが多い。
|★僕僕先生
仁木英之 新潮文庫 ¥550(税別)
仙人が出てくる中国のファンタジー。美少女のかっこをした仙人に〈僕〉が恋をするという物語。一緒に旅をする過程で色々な困難に出会う。ぐうたらだった〈僕〉が変わってゆく。人を信じる気持ちがいいなあと思えた。
|★お金がなくても平気なフランス人、お金があっても不安な日本人
吉村葉子 講談社文庫 ¥560(税別)
フランス人のように精神的な豊かさを求めることはできないのかな?読んでいて自分はフランス人かと思えた。面白かった。

●ブッダの言葉で癒される!?(男性)
|★ブッダの真理のことば 感興のことば
ブッダ 岩波文庫 ¥940(税別)
お釈迦さまのいうことは「自分の力で何とかしよう。」これは旧い教え。大乗仏教は今の教え「仏教の力で救ってもらう」という考え。6年間修行をしたけど、こんなことやっても無駄だ!物事を正しく見る力をつける!
これをもっとわかりやすく書いてある本が
|★ブッダ 真理のことば NHK100分で名著
佐々木閑 NHK出版 ¥1,000(税別)

●二人の少女に癒されたこと(女性)
|★シベラの初恋
ポール・ジンデル 角川文庫 \300(税別)
|★鏡の中の孤独
スティーブン・?ベンクロン 集英社文庫 ¥590(税別)
どちらも年頃の女の子。シベラはちょっと変わった女の子。でも自分の人生を生きている。
かたや「鏡の中の孤独」の主人公・ケサは摂食障害に苦しむ女の子。
二人に共通しているのは母親との関係・・・。
苦しみを乗り越えて成長してゆく二人。

●やっぱり‘緑‘と‘絵本’に癒される・・・。(女性)
|★いつでも会える
菊田まりこ 学研マーケティング ¥1,200(税別)
大好きな飼い主の少女を突然亡くした犬のシロ。悲しくて、悲しくて少女を探す様子が切なくて泣ける・・。小さくて無邪気なシロが大きな悲しみを懸命に乗り越えようとする姿に感動!そして、目を閉じれば大好きな少女にいつでも会えると悟るシーンにいつも癒されます。
|★母なる森ブナ
工藤父母道 思索社 ¥4,660(税別)
この緑に癒される。仕事で疲れたとき、ふと手に取ると心が安らぐ。この写真集を見ているとブナ原生林に行きたくなる。

『癒し』でも色々な本があるんですね!
あっと!まだありました!お正月に「澪つくし料理帖」シリーズ全10巻(高田郁著 ハルキ文庫)と「俺たちに明日はない」シリーズ(垣根涼介 新潮社)をすべて読みました。
面白かったですよ。
凄いですね!ギリギリまでおススメして頂きありがとうございます。
では2月は「冬」がテーマです。どんな本が紹介されるのか!ワクワクです。

関連記事






ページ上部へ戻る