TONOMACHI63 文化講座「日常の食卓と花餅」

TONOMACHI63 文化講座 番外編
講師:岡 宏三さん(島根県立古代出雲歴史博物館 専門学芸員)

テーマ:日常の食卓と花餅

◎:岡 宏三さんより
記録に残るものは意識された事柄、非日常的なものがほとんどで、日常に関わる物事の多くは偶然かつ断片的にしか伝わらない。
断片的な手がかりからは、かつての食卓の貧しさ・味覚の相違が浮かび上がる。
しかし一方で、如何にかつての人々が鋭く繊細な味覚を持っていたかに気づかされる。
方言とともに味覚もまた地域性が失われ行くなかで、改めてこの地に根ざした食文化を考える。

日時:2022年1月22日(土)14:00~16:00
場所:TONOMACHI63(島根県松江市殿町63 今井書店本社1F)

講師:岡 宏三さん(島根県立古代出雲歴史博物館 専門学芸員)
定員:20名様
参加費:¥1,000(税込・1ドリンク付・資料あり)
参加お申込み:TEL 0852-24-2230

◎岡 宏三さんプロフィール
1966年 出雲市生まれ
青山学院大学大学院文学研究科史学専攻修了
島根県古代文化センター、島根県立博物館を経て、2007年から島根県立古代出雲歴史博物館勤務(専門学芸員)。

著作
2001年『近世日本の海外情報』(岩田書院、共編)
2013年『出雲大社 日本の神祭りの源流』(柊風舎、共編)
2020年『行列 雲州松平家と出雲国造家』図録(島根県立古代出雲歴史博物館)
2021年『神楽の中世』(三弥井書店、共編、近刊)

TONOMACHI63文化講座 今後の予定

<注意>
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、下記の通りご協力をお願いします。
・当日は必ずマスク着用にてご来場ください。入り口で検温、手指消毒を行います。発熱のある方、体調不良の方は参加をご遠慮いただきますようお願いいたします。
・山陰両県の感染拡大状況により、急遽中止する場合もございます。

関連記事






ページ上部へ戻る