TONOMACHI63文化講座 松江城内の防空壕とそのVR化

TONOMACHI63 文化講座
講師:関 あかりさん・徳永 隆さん

テーマ:松江城内の防空壕とそのVR化

松江城の石垣修理事業に伴い行った発掘調査で、第二次世界大戦中の大型の防空壕が発見されました。
その発見の経緯と発掘調査で得られた成果、当時の資料等を介して、防空壕に関わるエピソードについて紹介します。

日時:2022年3月12日(土)14:00~16:00
場所:TONOMACHI63(島根県松江市殿町63 今井書店本社1F)

講師:関 あかりさん・徳永 隆さん
定員:20名様
参加費:¥1,000(税込・1ドリンク付・資料あり)
参加お申込み:
当ページ下の応募フォーム、またはお電話でお申込みください。
WEBでのお申込みは受付終了いたしました。
お電話にてお申込みください。
TEL 0852-24-2230

◎関 あかりさんプロフィール

関 あかり(せき あかり)

同志社大学文化遺産情報科学調査研究センター 研究員
松江市歴史まちづくり部まちづくり文化財課埋蔵文化財調査室 会計年度任用職員
茨城県つくば市出身
平成9年12月26日生まれ 24歳
同志社大学大学院文化情報学研究科時空間情報科学・行動計量学研究室在籍中、令和3年(2021)年より松江市職員となる。
松江市と同志社大学の共同研究に携わる。

◎徳永 隆さんプロフィール

徳永 隆(とくなが たかし)

松江市歴史まちづくり部まちづくり文化財課埋蔵文化財調査室 主任
宮崎県都城市出身
昭和49(1974)年7月10日生まれ 47歳
島根大学法文学部文学科歴史学研究室卒業後、平成13(2001)年に鹿島町教育委員会に採用、平成17(2005)年の市町村合併により松江市職員となる。
松江城の石垣修理事業や埋蔵文化財の発掘調査に携わる。

<注意>
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、下記の通りご協力をお願いします。
・当日は必ずマスク着用にてご来場ください。入り口で検温、手指消毒を行います。発熱のある方、体調不良の方は参加をご遠慮いただきますようお願いいたします。
・山陰両県の感染拡大状況により、急遽中止する場合もございます。

 

関連記事






ページ上部へ戻る