群言堂・松場登美さんトークショーレポート

ひなまつりを間近にひかえた3月2日、今井書店出雲店にて
石見銀山群言堂・松場登美さんのトーク&サイン会を行いました。

02

今回は、松場さんの新刊『他郷阿部家の暮らしとレシピ』の刊行を記念して、石見銀山での松場さんの暮らしや、他郷阿部家をはじめとする群言堂のこれまでのエピソードなどを時間の限りお話いただきました。

03

しゃべるのは苦手とおっしゃる松場さんですが、優しく語りかけてくださるアルトの声はとてもあたたかく心地よい響きです。

01

今回出版なさった『他郷阿部家の暮らしとレシピ』は、他郷阿部家という宿の単なる料理本ではなく、そこに基本の暮らしがあって、こういう価値観で暮らしている人の住まいはこうであり、ライフスタイルはこうであり、食事はこうであるということの中のほんの一部である「食」を切り取って本にされたそうです。

05

特に印象的だったのが、「私たちの世代が得てきた“豊かさ”だとか、“幸せ”だとかは、子どもや孫の世代になると、実はそれが大きなツケになるようなものでした。それを顧みると、自然と共生している石見銀山から“暮らし”や“ライフスタイル”の提案を発信することは意味のあることなんだと思います」という松場さんの言葉でした。

06

トークショーの後は著作にサインをしてくださいました。
サイン会もとってもアットホームな雰囲気。

07

県外からもたくさんのお客様にお越しいただきました。
遠いところありがとうございます。

08

改めて暮らしの豊かさを考えるすてきなお話でした。
松場登美さん、この度は貴重なお話をありがとうございました。

※文章・画像の無断転載・複製を禁止します
 

 

関連記事



ページ上部へ戻る