漫画家・大野ユカさん来店!

島根県ご出身の漫画家、大野ユカさん。
念願のご自身初の単行本が発売され、今井書店へ遊びに来てくださいました!

endroll_gc

↑こちらが噂の『Endroll 1』!ヽ(^o^)丿
オシャレな表紙が目を引きます♪
せっかく来てくださったので、サイン色紙をお願いしちゃいました~~

oono1

そしたら、なんと!
イラストも描いていただけることに!
しかも丁寧に下書きから!(´;ω;`)じ~ん

oono2

ペン入れ、彩色まで、こんな近くで見ることが出来て感動です~
細かな線まで丁寧に描いてくださってます。
お店の名前も入れてくださいました!やったー!(*´艸`*)

oono3

最後は、ご自身のサインを入れて・・・・

oono4

完成~~!ヽ(^o^)丿
早速、売場に飾らせていただきました♪

小さな頃から絵を描くのが好きだとおっしゃっていた大野ユカさん。
将来有望な作家さんが、また地元から誕生しました!


endroll200

監禁。自殺。いじめ。不登校。自傷行為。撮らせてくれないか? 君の終わりを。
‘終わりの続きには、始まりが待ってる’
終わり無き日常に生きる高校生・茨城新は監禁されている声無き少女に導かれ、ノンフィクション映画を撮ることを決意。
レンズ越しに映る少年少女の痛みが、次第に色彩を帯び始める――。
誰も知らない灰色の時間、寂寞の第1巻。

■Endroll 1
著者: 大野ユカ
出版社: 新潮社
価格: ¥580(税別)
ISBN:  9784107718655
発売日: 2016年1月

関連記事


ページ上部へ戻る