真実を歪めたのは誰だ?小保方晴子『あの日』~STAP細胞騒動の真相

真実を歪めたのは誰だ?
STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。

■あの日
著者: 小保方晴子
出版社: 講談社
価格: ¥1,400(税別)
ISBN: 9784062200127
発売日: 2016年1月

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『あの日』 小保方晴子 講談社 ¥1,400(税別) ISBN:9784062200127

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考


<関連商品>

netsuzounokagakusha

◎第46回大宅壮一ノンフィクション賞受賞
このままの幕引きは科学ジャーナリズムの敗北だ

「須田さんの場合は絶対に来るべきです」
はじまりは、生命科学の権威、笹井氏からの一通のメールだった。
ノーベル賞を受賞したiPS細胞を超える発見と喧伝する理研の記者会見に登壇したのは、若き女性科学者、小保方晴子。
発見の興奮とフィーバーに酔っていた取材班に、疑問がひとつまたひとつ増えていく。
「科学史に残るスキャンダルになる」
STAP細胞報道をリードし続けた毎日新聞科学環境部。
その中心となった女性科学記者が、書き下ろす。

誰が、何を、いつ、なぜ、どのように捏造したのか?
「科学史に残るスキャンダル」の深層

■捏造の科学者 STAP細胞事件
著者: 須田桃子
出版社: 文藝春秋
価格: ¥1,600
ISBN: 9784163901916
発売日: 2015年1月

 

関連記事

ページ上部へ戻る