昭和最大の未解決事件を元に気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説『罪の声』

逃げ続けることが、人生だった。 家族に時効はない。
今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。

「これは、自分の声だ」 京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。
ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。
テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。
それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。
圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読! 本年度最高の長編小説。
昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。
気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。

「キツネ目の男」「かい人21面相」これらの言葉で思い出すのは、昭和の未解決事件・グリコ森永事件です。
子供の頃の出来事ですが、青酸ソーダの挑戦状など私も記憶に残っています。
そのグリコ森永事件をモチーフにした小説が『罪の声』です。
家族が事件に関わったかもしれない男性と、ひょんなことから事件を洗い直す事になった新聞記者の目線で物語は進みます。
小説内の事件発生日時、場所、脅迫文などは史実通り。
そこに元新聞記者の著者が、企業脅迫は表向きの事件でその裏にさらなる事件が隠されているとして、未解決事件の闇とその家族について描いています。

どこからどこまでがフィクションなのか、実は全て本当のことではないのか?と錯覚しそうになります。
さらには「親」として、自分の愛する子どもを、家族を、日本中が震撼する事件に巻き込むということができるのか――。
気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説です。(IMAIBOOKSスタッフ)

tsuminokoe200
■罪の声
著者: 塩田武士
出版社: 講談社
価格: ¥1,650(税別)
ISBN: 9784062199834
発売日: 2016年8月

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『罪の声』 塩田武士 講談社 ¥1,650(税別) ISBN:9784062199834

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

関連記事

ページ上部へ戻る