あの名シーン「バルス」には もう一つのアイデアが存在した。 木原浩勝 『もう一つの「バルス」 宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代』


kihara650

あの名シーン「バルス」にはもう一つのアイデアが存在した。

宮崎駿監督の姿を間近で見続けた著者が『天空の城ラピュタ』誕生30年に初めて明かす名作アニメの創作秘話。

宮崎駿監督は口にする
「この作品が失敗したら、次回作はありません」

スタジオジブリ創設第1作にして、会社の存亡がかかった『天空の城ラピュタ』。
日本が空前のバブル景気に沸きかえる中、宮崎監督と多くのアニメーターたちは、どのようにプレッシャーと闘い、情熱を注いだのか。
これまでほとんど語られたことのなかったスタジオ内での監督の素顔、制作過程、作品考察を交えて描くスタジオジブリの10ヵ月。
フィルム完成から公開までわずか10日!
そのギリギリのドラマがついに書籍化!

ジブリファン、アニメファンだけでなく、
多くの人にオススメしたい感動のノンフィクション!

もう一つの「バルス」_書影_160914_2

■もう一つの「バルス」 宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代
著者: 木原浩勝
出版社: 講談社
価格: ¥1,000(税別)
ISBN: 9784062202435
発売日: 2016年10月7日発売

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『もう一つの「バルス」』 木原浩勝 講談社 ¥1,000(税別) ISBN:9784062202435

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

関連記事

ページ上部へ戻る