鳥取県江府町を舞台に、戦乱の世を駆け抜けた一人の娘の物語『天の蛍 ー十七夜物語ー』

鳥取県江府町を舞台に、戦乱の世を駆け抜けた一人の娘の物語。

時は戦国。山陰では尼子と毛利が覇を競っていた。
両親を失った少女・波留は妹と別れ、旅芸人一座で踊り子となる。
数年後、妹を迎えに月山へ帰郷すると彼女は何者かに連れ去られていた———。

作家・松本薫さん 原作の歴史小説『天の蛍』は2015年に発売されて以来、地元民や近隣住民を中心に幅広く好評を得ています。

漫画は、『女神十神』の小村博明さん。
息もつかせぬ戦闘シーンから、厳かな舞のシーンまで、隅々まで美麗な漫画で描かれています。
476ページというボリュームたっぷりの原作の魅力をそのままに、その美しい絵柄で新しい魅力が加わっています。

■天の蛍 ー十七夜物語ー
漫画: 小村博明
原作: 松本 薫
発行: 江府町観光協会
発売: 今井出版
価格: ¥714(税別)
ISBN: 9784866110615
発売日: 2017年2月
————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『天の蛍 ー十七夜物語ー』 小村博明・松本 薫 江府町観光協会・今井出版 ¥741(税別) ISBN:9784866110615

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

関連記事


ページ上部へ戻る