稲垣えみ子さん トーク&サイン会

元朝日新聞記者で、フリーランスなライフスタイルが注目されている、稲垣えみ子さんをSHIMATORIにお招きします!
料理レシピ本大賞エッセイ賞受賞作の続編『レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、あえて何も準備せずに飛び込んだリヨンでの旅を綴った『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社、近日入荷予定)など、注目の新刊の発売が続く稲垣さん。
さまざまな引き出しを持っていらっしゃる稲垣さんから、当日どのようなお話が伺えるかお楽しみに。

■稲垣えみ子さん トーク&サイン会

[日時]
2018年11月17日(土)15:30~

[会場]
本の学校 特設会場(2F)

米子市新開2-3-10(本の学校内)

[定員] 30名様 定員になりました。

[参加費] ¥500(ドリンク付)

[トークイベント参加方法] 
ご参加には整理券が必要です。SHIMATORI米子店にて配布中です。
詳しくはSHIMATORI米子店店頭、またはお電話にてお問合せください。
定員になりました。

[サイン会参加方法]
SHIMATORI米子店で稲垣えみ子さん著書をご購入の上ご参加ください。
当日会場でも販売いたします。(色紙等へのサインはお断りいたします)

[お問合せ]
SHIMATORI米子店
TEL 0859-21-4050
米子市新開2-3-10(本の学校内)

※入場には整理券(お一人様1枚)が必要です。
※サイン会は、SHIMATORI米子店にて稲垣えみ子さん著書をご購入の上ご参加ください。当日、会場でも販売いたします。なお、色紙・ノート等へのサインはお断りいたします。
※会場内での写真・動画撮影、録音は禁止いたします。
※未就学児の入場はご遠慮ください。会場が狭いため、お座席を必要とされるご同伴者様は参加費(要整理券)を頂戴いたします。


[稲垣えみ子さん最新刊]
『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)
『レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)

[稲垣えみ子さんプロフィール]
1965年生まれ。87年朝日新聞社に入社。
大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て編集委員となり、原発事故後に始めた超節電生活を綴ったコラムが話題を集め「情熱大陸」「報道ステーション」などテレビに出演も相次ぐ。50歳を区切りに退社。
著書に『寂しい生活』『魂の退社』(いずれも東洋経済新報社)『アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。』(朝日新聞出版)など。
『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』(マガジンハウス)は、第5回料理レシピ本大賞料理部門エッセイ賞を受賞。

関連記事

ランキングについて

システム変更中のため、ランキングの表示を一時休止いたします。

ページ上部へ戻る