渋谷署強行犯係シリーズ復活!「虎の尾」

今野敏先生の人気シリーズ「渋谷署強行犯係」復活しました!
このシリーズもはまさきは大好きです。

主人公は整体師の竜門さんですが、
はまさきはなぜか渋谷署強行犯係の辰巳刑事に
惹かれます。

事件が起きると、腰痛の治療と称して
整体師・竜門さんのところへやってきて
ぶっきらぼうに事件の概要を話す。
その話し方がいかにも雑談風だけれど、
暗に竜門さんの協力を煽ぐ。
このぶっきらぼうさと、否を言わせぬ
内に秘めた捜査への執念が伺えて好きなのです。
このシリーズでは、辰巳刑事のプライベートな部分など
いっさい描かれないので、ちょこっと知りたいなと
思う時があるのです。
竜門さんも辰巳刑事のやり方にうんざりしている
はずなのに、結局事件に関わることになってしまう。
このコンビいいなあと思います。

さて、久しぶりの事件は?

虎の尾

渋谷・宮下公園で、連続して傷害事件が起こった。
整体師の竜門はニュースでそれを知った。
そんな時、ふらっと渋谷署強行犯係・辰巳刑事が
竜門の整体院にやってきた。
事件が起きるとやってくるくせに、
口癖は「また腰痛が出ちまって!」だ。
竜門も「定期的に施術をやらないと腰痛は治らないですよ」と言う。
これは二人の合言葉のようなものだ。
辰巳は早速竜門に事件の話をする。
傷害事件の被害者は、浮浪者風の男に一瞬で関節をはずされ
身体には特徴的な痣が残っていた。
空手の使い手ではないかということで、竜門に話を聞きにきたのだ。
「傷を見て、どんな技でやられたのかわかるのか?」と
問われたが、それだけでは、竜門にも見当がつかなかった。

さらに、竜門の師匠・大城が沖縄から突然状況してきた。
大城もまた、この事件に興味を持ったらしい。
だが、事件に興味があるというだけで、80歳にも
なる大城がわざわざ沖縄から上京してくるのか?
竜門は大城は何か気掛かりがことがあって上京してきたのでは
ないかと考えた。

傷害事件の犯人を探るため、辰巳・竜門・大城の3人は
夜の渋谷へ繰り出した・・・。

久々の辰巳&竜門コンビ。
相変わらずの掛合いが嬉しい。
そして今回は、竜門の師匠の大城先生が
とても魅力的。
可愛い弟子の心配をする優しき師匠!

そして一番の読みどころはやはりアクションシーン!
空手の対決シーンは圧倒的な迫力で実にリアル。
空を切る音が聞こえてきそうなほど。

読み応え十分の警察アクション小説です。

『虎の尾 渋谷署強行犯係』
著者:今野敏
出版社:徳間書店
価格:¥1,600(税別)

STシリーズ最新刊!「プロフェッション」

今野敏先生の大人気警察小説「ST 警視庁科学特捜班」シリーズの最新刊が
発売されました!新作は4年ぶり、しかも単行本!渋い装丁がかっこいいです。

テレビドラマと映画化でかなり認知され、ドラマの話も面白く
映画にまでなってファンとしては、嬉しい限りです。

プロフェッション

「おい、警部殿。STの出番だぞ」と菊川警部補に呼ばれた、STチームの責任者・百合根友久。
若くてちょっと気の弱い百合根は、キャリアで警部だ。だから時々、
警視庁捜査一課の強面刑事でSTとの連絡係、菊川に皮肉られる。
百合根は警視庁きっての特能集団・「ST」を束ねている。
5人のSTメンバーは頭脳もずば抜けて良いが、人間とは思えない
特殊な能力も備えているのだ。だが、皆、ちょっと自分勝手な性格
で、百合根はいつも手を焼いている。

今回、STに声がかかった事件は、3件立て続けに発生した誘拐事件で
解放された被害者たちが、皆「呪い」をかけられたと訴えたからだ。
彼らはいつも常識では解決できない事件を押し付けられるのだ。

早速、事件の被害者に会いに行くと、被害者二人は頭痛がひどく入院。
手足の痺れまで訴えているらしい。
三人目の被害者からは証言がとれた。
いきなり誘拐、拉致され、口の中に無理やりぬるりとしたものを
入れられたという。
被害者たちは皆、同じ大学の研究室の学生だった。
さらに、その研究室の教授は半年前に行方不明になっていた。

やがて、頭痛を訴えていた被害者の一人が死亡。
STのメンバーで法医学者の赤城は、いきなり解剖すると
言いだす。

その研究室に学んでいた学生達の証言は、超人的に発達した聴覚を持つ、結城翠と
犬並みの嗅覚を持つ黒崎勇治の人間嘘発見器コンビによって、明らかにされてゆく。
さらに、心理学専門のプロファイラー、絶世の美青年・青山翔のプロファイリングで
事件の真相に近づいてゆく。

彼らの得意とする能力で、次々に明らかになる事件の真相!
不気味な事件の行方は!?

いつものキャラクター達の変人ぶりが楽しめて、謎解きも面白い!
ファン待望の1冊です!

『プロフェッション』
著者:今野敏
出版社:講談社
価格:¥1550(税別)

鬼龍光一シリーズ復活!「豹変」

今野敏先生の伝奇小説と警察ミステリーを融合させた
エンターティメント作品、鬼龍光一シリーズが新作で登場した。
タイトルは「豹変」。

はまさきの大好きなシリーズ。
待ちにまった新作!嬉しい!(嬉し過ぎて跳びはねちゃった。)
今野敏ファンも嬉しい!

豹変

都内の中学校で、同級生をナイフで刺すという事件が起こった。
加害者の佐田は、所轄署で取り調べ中、老人のような語り口調で
「邪魔をしたから懲らしめてやった」と語った。
そして、警察官を簡単にふりきり逃走した。
警視庁生活安全部少年課の富野は、被害者の石村を訪ねた。
驚いたことに、石村は佐田の狐憑きを除霊しようとして
刺されたと語った。
不可思議な事件が発生する場所には必ず現れる、祓い師・鬼龍光一。
今回の事件にも、早速首を突っ込んできた。
富野と鬼龍は逃走した佐田の除霊に向かった。
だが次に豹変したのはなんと石村の方だった!?
中学生の間で次々に発生する類似の事件。
富野が捜査するうちに共通点が浮かび上がってくる・・・
本当に狐憑きなのか?それとも・・?

いつもは鬼龍光一が主人公で、富野は脇役として
登場するが、今回は富野が事件を捜査する。
あくまでも鬼龍はオブザーバーだ。

少年たちに次々に起こる狐憑き。
警察官もこの不思議な現象に頭を悩ませる。
結局、富野は何が起こっているのか?
相棒や所轄署の警官に説明するが誰も信じない。

だが現象として起こっている。その事実がある。
だがそれは霊現象なのかどうかはわからない・・・。

そのせめぎあいを必至で説明する富野。
鬼龍や所轄署の刑事たちとの禅問答のような
会話がすごく興味深い!
そして面白い!

今回、富野のバディ・有沢がとても良い!
久しぶりの鬼龍光一!面白かったです!

オズヌも出してほしいです!!
オズヌ復活に期待大!!!

『豹変』
著者:今野敏
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600(税別)

あのコンビ復活?!警視庁捜査一課・碓氷弘一最新刊「マインド」

今野敏先生の人気警察小説シリーズ、「警視庁捜査一課・碓氷弘一」
シリーズ最新刊が出ました!
タイトルは「マインド」。

碓氷刑事は、いつも変った経歴のエキスパート
とコンビを組む。
警察官以外では、これまで、自衛隊の爆弾エキスパート、
外国人スパイとパソコンマニア、外国人考古学者など
ほんとに一風変わっている。

警察官では、少年課の巡査部長とコンビを組んだ事も。
しかし、碓氷が一番ドギマギしたのは、美人心理調査官と
捜査した時だ。その二人が活躍する「エチュード」では
碓氷刑事が、まだまだ駆け出しの心理調査官・藤森紗英を
サポートしながら事件を解決に導く。

今回の「マインド」ではその藤森紗英が再登場する!

ゴールデンウイーク明けの朝、警視庁捜査一課・碓氷刑事の元に
都内で起きた二件の自殺と、二件の殺人の報が入った。
その発生時刻は、同じ日の午後十一時。
偶然とは言えないその四件の事案に疑惑を持ったのは、
碓氷刑事と捜査一課課長・田端守雄だった。
田端課長の特命を受け、碓氷たちは捜査を開始した。
その後、同日、同時刻に都内で盗撮、強姦未遂事件が起こっていたことが判明する。
それぞれの事件の容疑者を引っ張り、取り調べると誰もが妙な事を言った。
「よく覚えていない」と・・・
一見、全く関連性の無い事件と思われたが、共通点が出てきたのだ!
同日、同時刻に事件が起こったことに不審を抱いたのは特命班だけでは
なかった!
警察庁の心理調査官・藤森紗英も不審を抱き、特命班に参加したいと申し出た。
碓氷と藤森は再びコンビを組み、この妙な事件の捜査を始める。

今回の藤森心理調査官は、「エチュード」の時より成長し、
自身を持って捜査に臨んでいる。
「エチュード」の時とは反対に、碓氷が藤森を頼っているのだ。
成長し、自分の仕事にプライドを持って臨む藤森に会えたのは
ファンとしてはとても嬉しい!!

信頼しあいながら捜査を進める二人だったが、事件はさらに
不可解な様相に・・・・!!
心理学者同志の対決が読みどころで、その言葉の応酬は凄い迫力!

今回も凄く面白かった!

『マインド』
著者:今野敏
出版社:中央公論新社
価格:¥1,600(税別)

今野敏、初めて読むならこれ!!『蓬莱』

今野敏先生の「蓬莱」はめちゃめちゃ面白い警察小説です。

ハルキ文庫から発売されている「安積班」シリーズの
番外編ととらえて良いのかな?

神南署時代の安積班が殺人事件を捜査する警察ミステリー。
この作品はいつもの「安積班」よりミステリー性が高く、
警察小説としても、ミステリー小説としても楽しめる作品。

蓬莱

制作スタッフすらその攻略にはまってしまうゲームソフト「蓬莱」。
パソコン用に開発した途端大ブレイク、さらにスーパーファミコン版を
開発し販売しようとしたところ、そのゲーム会社の社長・渡瀬は何者かに
襲われ、ファミコン用に開発したゲームソフト「蓬莱」の販売を
中止しろと恫喝された。
早速、警察に連絡。神南署の安積刑事が事情を聴きにやってきた。
渡瀬は事情を話すが、安積刑事の「調べて見ます」という
通り一遍の言葉に少々落胆。
だが、なじみの弁護士にそのことを話すと、弁護士は安積についてこういった。
「安積刑事がやると言ったら必ずやってくれるよ!」と・・・。
ゲームソフト「蓬莱」の販売が近づいたころ、ソフトの開発者が殺害された!

「蓬莱」。そのゲームソフトには「日本」が封印されている!?
古代の日本を想定した土地で国造りのゲームをするという構成の
裏に何が隠されているのか?
いったい誰が、なぜその販売を阻止しようとするのか?
安積警部補以下、安積班の面々が徐々に真相を明らかにしてゆくのだ。

秦の時代の徐福伝説や、古代日本論、果ては日本人論まで繰り出す!
今野先生の博識ぶりが凄いです。

バーチャルゲームと伝奇世界がリアルな警察小説と見事に融合!

約20年前に描かれたとは思えない面白さ!こんなに面白い警察小説は読んだ事が無い!?
今野敏、初めて読むならこれ!と言っても過言ではありません!
はまさき、超押しの一冊です。

『蓬莱』
著者:今野敏
出版社:講談社(文庫)
価格:¥700(税別)

今野敏さんの人気伝奇小説『鬼龍』が新版で発売!

中公文庫で発売中の『鬼龍』が3月に角川文庫でも
発売されました。

『祓い師・鬼龍光一』の原形となった主人公・鬼龍浩一が
活躍する伝奇ミステリー。

鬼龍

高円寺のアパートでつましく暮らす青年・鬼龍浩一。
奈良に本宮をいただく鬼道衆の末裔として、
秘密裏に依頼された「亡者祓い」を請け負っている。
「亡者」とは、人間の嫉妬・憎しみ・恐れなどありとあらゆる欲望や恐怖
といった陰の気が凝り固まったものだ。
その陰の気を祓うことが、鬼道衆・鬼龍浩一の真の仕事だ。

今回依頼されたテレビ局のお祓いも単純な仕事、
数ある依頼のひとつのはずだった。
ある女性タレントにとりついている亡者を祓った。
だが、それでは終わらなかった。テレビ局の一室が
結界となっており、そこが亡者の妄想の世界になっていたのだ。
鬼龍は一室にこもっていた陰の気を祓い無事仕事を終えた。

さらに、依頼は続いた。
今度は、日本橋の食品会社で起きた
異変の解決を頼まれたのだ。
鬼龍は、出向社員になり会社に潜入する。
なんと、その会社には女子社員を中心に想像を絶する
陰の気が渦巻いていたのだ!
ここから、鬼龍と最強の亡者との命を懸けた闘いが始まるのだ!

今野先生は、警察小説、アクション小説、ミステリー小説
など幅広いジャンルの作品が描いておられますが、
この、伝奇小説のジャンルは他のシリーズとひと味違った作風で
かなり面白いです。
「わが名はオズヌ」という伝奇小説があります。
修験道の祖・役小角(エンノオズヌ)が気弱な
男子高校生に憑依して悪を斬る!という痛快伝奇アクション。
はまさきはこの作品が大好きなんです!
この「祓い師」は、特に人間の欲望について描いていて、
他の作品とは一線を画しています。
珍しく、エロティックなシーンが多いですが、まったく
いやらしさを感じさせない描き方が凄いです。

古代史×アクション×美女!が楽しめる!
傑作の伝奇エンターテインメント小説。

『鬼龍』
著者:今野敏
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥560(税別)

今野敏さん「警視庁強行犯係・樋口顕」シリーズ最新刊「廉恥」!

今野敏さんの警察小説シリーズ「警視庁強行犯係・樋口顕」シリーズの最新刊
「廉恥」を読みました。
このシリーズの新作は久々。楽しんで読みました。

廉恥

大学生になり、最近引きこもり気味の娘を心配している、強行犯係の刑事・樋口彰。
その日も娘のことを気にしつつ、風呂に入ろうとしていたら、
世田谷署に殺人事件発生の一報が入った。被害者は、水商売の若い女・南田麻里。
麻里は、警察にストーカー被害の相談をしていた。
仮にこの事件がストーカーによる犯行だとしたら、
マスコミの追求は避けられない・・。
浮足立つ捜査本部。そこへ、警察庁からストーカー事件専門の
刑事指導官がやってきた。
まだ若い女性キャリアだ・・。本部捜査員たちは色めき立つ。
争い事が嫌いで、誰かとぶつならないように一歩退いている樋口は、警察内で
その性格は協調性があって冷静沈着だと評価され、捜査一課の係長を務めている。
そんな理由で、今回の女性キャリアと本部捜査員との繋ぎ役も
樋口におはちが回ってきた。

麻里にストーカーを働いていた男をマークしていた時、
樋口の元に信じがたい情報が入った!
都内の高校に送られた脅迫メールの発信源リストの中に、
樋口の娘の名前があることが分かったのだ!樋口は窮地に立たされる!
そんな時に、被害者が警察にストーカー被害の相談をしていたことを、
新聞社の記者が嗅ぎ付けてしまった・・・!

組織と家庭の間で揺れ動く刑事の姿!!
だが、刑事としての矜持が樋口を正しい方向へと導く!

「廉恥」は一人の刑事の苦悩を描くとともに、ミステリー性も非常に高い!
樋口と女性キャリア・小泉らの捜査によって、
被害者・麻里の人間性が浮き彫りになってゆく・・・。
ストーカー被害に遭った憐れな女性から、次第に変わる被害者の本当の姿・・・。
そして、捜査線上に浮かぶ3つの影・・・。
そこから浮かび上がる事件の真実・・・。

物凄く面白かった!樋口刑事、かっこ良かったです!

今野さんいわく、「もっとも等身大の自分に近い」と語る刑事を描いた、傑作ミステリー!

『廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕』
著者:今野敏
出版社:幻冬舎
価格:¥1,600(税別)

警察小説の新境地!「精鋭」

朝日新聞に連載されていた、今野敏さんの
「精鋭」が発売されました。

今野先生が初めて特殊部隊「SAT」を描いた作品。

今野新刊

警察学校を卒業し、交番勤務に励む若き巡査、柿田亮。
市民の安全を守るため、日々奮闘中だ。
だが、時々柿田は疑問に思うことがある。
市民から投げかけられる苦情や、相談の類。
非番の日、たまたま痴漢を発見。
管轄署に連絡したら、すぐに事件になる。
まだ本当に迷惑行為をしたのかどうか調べもせず・・・。
自分にせいでこの男性の人生は狂ってしまうのではないか・・・?
自分の仕事は、警察官としての仕事なのか?
警察官はどこまで関わればいいのか?
自分が警察官に向いているのか?悩みながらも
上司の勧めで「機動隊」を希望する。

やがて「機動隊」の厳しい訓練もクリアし、
柿田は特殊急襲部隊「SAT」へ入隊することになる。

‘失敗は許されない。敗北も許されない。
SATが最後の砦だ! ’

自衛隊と一緒に訓練することで生まれた新たな疑問。
だがそこで気づいたことは・・・。

「俺たちは軍隊じゃない。あくまでも警察官だ。闘うという意味が違う。
軍隊のように、相手を打ち殺すという意味じゃない。
テロリストを制圧して検挙するために戦うんだ。
制圧して検挙するために戦う――」
この言葉が胸に沁みる!!

主人公・柿田亮の素直で真面目で率直な性格が、上司、先輩、仲間を
動かしてゆく・・・。やがて自分の行く道をまっすぐに進む決意をする。

ミステリーチックな展開はない。
これは一人の巡査の成長と苦悩、上司や仲間との強い絆を描き、
さらには、‘警察組織’の有り様を描いた、ある意味、本当の警察小説ともいえる。

柿田亮が厳しい訓練に耐えつつ、上司や先輩、仲間たちとのやりとりの中で
警察官として成長してゆく過程が面白く!そしてまぶしい。
今までにない、新たな警察小説の誕生!

読み終わった後の清々しさは半端ない!

『精鋭』
著者:今野敏
出版社:朝日新聞出版
価格:¥1,600(税別)

今野敏ファンお待たせ!新作「マル暴甘糟」

今野先生の新刊が出ました!
嬉しい~。

「マル暴甘糟」!?なんと潔いタイトルなんだ!
タイトルが示す通り、マル暴刑事が主人公の新作です。

今野先生が描くマル暴刑事を主人公にした警察小説は、
「横浜みなとみらい署」シリーズがあります。
ハマの用心棒こと、諸橋刑事がかっこいいですよね。

今回の新作は、北綾瀬署刑事組織犯罪対策課・組織犯罪対策係(通称マル暴)に
配属され、「なんで僕が・・・・はあ~」とため息をつく日々を送っている、
ちょっと気の弱い刑事・甘糟が主人公。
相棒はいかにも「マル暴」刑事!ヤクザに見えてもおかしくない
群原刑事。いつも苦虫を噛んだような表情が特徴。

マル暴甘糟

北綾瀬署管内で傷害事件が発生した。
被害者は暴力団風の男性らしい。
甘糟は「あ~いやだな!強行犯係は大変だなあ・・・」
などと思っていたら、強行犯係の芦谷から「お前も一緒に来い」
と言われ渋々現場にいくことに・・・
目撃者の証言から、数人の男に殴られたらしい。
被害者は病院に運ばれたが、亡くなったと連絡が入った。
傷害事件から、傷害致死・・・あるいは殺人?
あるいは暴力団同士の抗争か・・・?
被害者は、北綾瀬署管内の暴力団の構成員だった。

撲殺事件の裏にあるのは、抗争か?半グレの怨恨か?

主人公の甘糟は、確かにヘタレだ・・・・
マル暴の若い構成員は警察だから一応それなりの
礼儀は保つけれど、甘糟はなんとな~く軽く扱われる。
そんな時の口癖は、「なめないでよね」。
マル暴の事務所でお茶が出てくれば、
「飲まないから出さないでよ!」が口癖。
本人は、僕ってだめなんだなあ~って思っているけど
自分のことを客観的に見て自分のことはよくわかっている。
しかも、先輩刑事のいうことはきちんと聞く、
怖いけど、怒られるけど、先輩を立てる。
そういう面がとても良い。

だからどこへ行ってもなんとなく有力な情報が得られる。
結構、得な性格をしているのに自分でそれがわかっていない。
面白い!どこまでがとぼけているのか・・・?
この愛すべきキャラクターの周り固める先輩刑事もすごく良い!
特に特捜本部で警視庁捜査一課からやってきた、梶刑事。
偉ぶっていないところが良いなあ~。

事件の行方や捜査過程も楽しめるけれど、
魅力的な登場人物にノックアウトさせられる。

絶対にシリーズにしてほしい!新作!

『マル暴甘糟』
著者:今野敏
出版社:実業之日本社
価格:¥1,600(税別)

竜崎伸也の魅力がたっぷり「自覚 隠蔽捜査5.5」

待ちに待った「隠蔽捜査」シリーズの最新刊が発売されました。
タイトルは「自覚」。
今回は、「隠蔽捜査」シリーズに登場している
キャラクターたちが主人公。

行き詰まったとき、つい竜崎に相談したくなる面々。
彼らが竜崎の魅力を引き出してくれるスピンオフ集です。

自覚

それぞれの短編はすべて面白いですが、その中で
特にはまさきが好きになった短編5編を紹介!

「漏洩」では、大森署の貝沼副署長の苦悩!
連続婦女暴行未遂事件の犯人が逮捕されたとの
スクープ記事!情報漏洩を疑った貝沼。
竜崎署長に内密に行動を起こすが・・・・・
事態は最悪の方向へ進みそうになり・・・
(竜崎さんは「隠蔽」が嫌いなのに・・・・。)

「訓練」では、「隠蔽捜査3 疑心」に登場した女刑事・畠山美奈子が
久々に登場!
スカイマーシャルの訓練に参加することになった美奈子。
周りは特殊部隊の男性ばかり。
女であること、階級では参加する男性よりも上であること、さらに
納得のいかない待遇、自分の能力を活かしきれない訓練に
1日目から落ち込む。そんな美奈子の頭に浮かんだのは
竜崎の貌・・・。思い切って相談すると、竜崎は思いがけないことを言った。
「女を使え!」・・・美奈子は耳を疑う・・・。

「人事」では、竜崎署長の行き過ぎた合理的行動に、日々頭を抱える
野間崎管理官。新しい方面本部長・弓削に竜崎の話をしたところ、
弓削は興味を持ち、すぐに会いたいと言い出す。
野間崎はすぐに竜崎に連絡をとるのだが・・・・・。
新任の弓削方面本部長もとても魅力的!
「人事をつくす」という意味、この回で改めて良くわかる。

「自覚」では、たたきあげのベテラン、田端捜一課長登場。
戸高刑事が人質をとった強盗殺人犯に向け発砲!人質は無事に
保護され、犯人も命に別状はない。
しかし、発砲したことが問題になりそうだ・・。
竜崎はどう決断したのか?

「検挙」では、戸高刑事がまたまたやらしちゃいます。
警察庁から下達された、検挙数と検挙率アップ。大森署の
各セクションの責任者たちは、無謀な命令に頭を悩ませるが
上からの指示ならば仕方ないと捜査員たちに激をとばした。
ところが、とんでもないことが・・・微罪の摘発が相次ぎ
大森署は怒号が飛び交っている。さらに被害の訴えを
退けたり・・・いったい何が起こった?
無謀な検挙数と検挙率アップを達成するために戸高が
仕組んだことだ。竜崎は事態収拾のため、関係者を呼ぶ。
戸高の意図するところを竜崎は汲めるのか・・!

色々な事件が起こる中、竜崎の判断にはブレがない。
読んでいると、竜崎の言葉にいちいち納得。
めちゃめちゃ気持ちよくなってくる。
隠蔽捜査シリーズもずっと読んでいるけれど、
この「自覚」は特に周辺のキャラクターたちが
竜崎の魅力を引き出している。
だから、よけいに竜崎のブレのなさ、クリアな目線
がひきたっているように感じる。

畠山美奈子の物語、女性はどう感じるだろう?
私はすごく納得できたけど。

『自覚 隠蔽捜査5.5』
著者:今野敏
出版社:新潮社
価格:¥1,500(税別)