タイムスリップ時代捜査ミステリー「八丁堀のおゆう」第3弾が面白い!

江戸時代を舞台にした時代劇ミステリー「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」の
第3弾が発売されました。
ただの時代小説ではありません!江戸で起こった殺人事件を
現代の科学捜査で解決する。
主人公のおゆうは平成に生きる女性で、自宅にはなんと
タイムトラベルが出来る秘密の場所がある。
そして、殺人事件の証拠物件を現代に持ち帰り、
分析ヲタクの友人の勤める化学分析ラボで調査する。

この凄い発想が面白くて、シリーズにすっかりはまりました。
第3弾は「千両富くじ根津の夢」です。

おゆう③

平成の現代と江戸を往復する2重生活を営む
元OLの関口優佳。江戸ではおゆうと名乗っていて
なぜか頼りにされている。

ある日おゆうは、近所に住む金物細工師・猪之吉の妻、おせいから、
旦那が女と逃げて家にもどってこないから探して欲しいと頼まれる。
おゆうは、ちょっとうんざりしながらも引き受けることに。

何か手がかりは?と番屋に向かったおゆうは、そこで源七親分に出会う。
源七親分は、大枚はたいて富くじを買ってしまい、おかみさんに怒鳴られてしまう。
根津・明昌院で行われる富くじは、史上最高額。江戸ではその話で盛り上っていた。

そんな時、呉服商の大店に盗人が忍び込み、千両箱を盗まれてしまう。

同心の鵜飼伝三朗に捜査能力を買われているおゆうは、今回も
盗人事件の捜査に加わることに。
同心・鵜飼、源七親分、さらに、女だてらに十手を扱うおゆうにやたらと厳しい、
ベテラン岡っ引き・茂三を加え荒らされた現場を検めると、
その鮮やかな手口を見て、一人の盗人の名前があがった。
その名は、「疾風の文蔵」だ。
だが、文蔵は七年前に八軒の蔵を破り、そのまま行方がわからなく
なっていた。しかし今回の事件で、文蔵が戻ってきたと確信する。

一方、おゆうは、長屋のおせいから依頼された旦那探しと
並行して、盗人事件の捜査も続けることに・・・。
現場に残った証拠品とあっさり破られた和錠を持って
現代のタイムスリップし、現代科学を駆使し伝三郎と
とともに捜査を続けるが・・・・。

今回の事件、なかなか犯人に辿り着かない。
そんなとき、一人の岡っ引き・長次の怪しい動きが目立つ。
長次が度々明昌院を訪れていることを掴んだ伝三郎たちは、
その明昌院の住職の周辺を調べ始めるととんでもないことが
わかってきたのだ!!

物語の随所に点のように張り巡らされた伏線。
おゆうたちの捜査によってその点は次第に線となり、
真相に近づいてゆく。
そして、現代の科学捜査がまたしても大どんでん返しを手繰り寄せる。

情緒あふれる時代小説と本格推理の見事な融合、そしてタイムスリップと言う
SFも加味、さらにはちょっとコミカルな恋愛模様も描かれて、とてつもなく
面白い仕上がりになった「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」第3弾です!

『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢』
著者:山本巧次
出版社:宝島社(文庫)
価格:¥600(税別)