新たな名コンビの誕生!『捜査一課ドラキュラ分室大阪刑務所襲撃計画』

島根県在住のミステリー作家・吉田恭教さんの
新作が発売になりました。
タイトルは、
「捜査一課ドラキュラ分室 大阪刑務所襲撃計画』。
タイトルからしてどんな内容なのか?
想像してワクワクしました。めちゃめちゃ
ホラーな展開かなと思いましたが、
ちょっと違っていました。

荒川河川敷で性転換手術をしたと思われる遺体が
発見される。あまりにも無惨な遺体に捜査員たちは
難事件を予想する。

堂安一花は、若年ながらキャリア警視。
前途洋々と思われたが、日光に当たると火傷を負う
という奇病を発症してしまう。
現場での仕事は出来なくなったが、一花の
捜査能力の高さ、指揮能力が認められ在宅捜査を
許される。
新任の舟木は、突如捜査一課へ異動させられた。
花の捜一で….。と期待に胸はふくらむ。
だが、思惑は外れ、一花の手足となって働くことを
命じられた。

その頃、大阪刑務所では受刑者の矯正展が行われていた。
ところが、矯正展に来ていた見学客と受刑者を
人質にしテロリストが「野党の党員と人質を
交換する」という無理難題な要求を政府に突きつける!

結果、要求は実現しなかったが、なぜかテロリスト
たちは突如人質を解放し大阪刑務所から逃走した。

堂安はテロリストたちの犯行に疑問を持ち、舟木に
逃走経路を探らせた。

テロリストたちの真の狙いは何か?
なぜ、大阪刑務所だったのか?

二人の地道な捜査は、紆余曲折の末、荒川河川敷に
遺棄された性転換者殺害事件へと繋がってゆく。

点で配置されていた謎が次々と繋がり、やがて一本の線
となり真相を暴き出す。
そこには、言葉を失うほどの衝撃が待ち構える。
そして、警察捜査小説の醍醐味も味わえる。
ただの捜査小説ではない、多彩なトリックと謎解き
の面白さが際立っている。

「可視る」(「凶眼の魔女」という改題で文庫化)
「亡者は囁く」「鬼を纏う魔女」「化身の哭く森」
「亡霊の柩」で活躍する、探偵・槇野&女刑事・東條
シリーズにも匹敵する、名コンビの誕生!
天才キャリア警視・堂安一花と新任刑事・
舟木のコンビがとても魅力的だ。

シリーズ化期待です!

『捜査一課ドラキュラ分室』
著者:吉田恭教
出版社:南雲堂
価格:¥1,800(税別)