ミステリー短編集の逸品!長岡弘樹氏『傍聞き』

表題作『傍聞き』は、‘08年に日本推理作家協会賞短編部門賞を受賞した、ミステリー短編の傑作です。

四編の短編からなるこの作品、「迷走」、「傍聞き」、「899」、「迷い箱」、に共通しているのは、自分を犠牲にしても他人を助ける職業を持った人たちが登場する作品であること。
「迷走」は、救急救命士が刺殺事件の被害者を搬送するが、その被害者は実は救急救命士と因縁あった!その事情に切なくなる。
「傍聞き」は、小学6年生の娘と二人暮らしの女性刑事。通り魔殺人事件を追う中、娘との会話がなくなる。娘から送られてくるハガキにイライラするが、実はそのハガキには秘密ががあった!
「899」は、消防士が主人公。ある女性の自宅を鎮火中、消防士がとった予想外の行動にはっとする!
「迷い箱」は」、更生保護事業に取り組む女性の苦悩と、元受刑者の揺れる気持ちに読んでると切なくなる。
どれも最後に必ず「納得!」と思わずうなずくそんな仕掛けがほどこされた、ミステリー。
長編では味わえない著者のストレートな思いが伝わってくる。
ミステリー小説ばかりなのに、そんな血なまぐささはかけらもなく、人情小説のような仕上がりでほっとします。

『傍聞き』
著者: 長岡弘樹
出版社:双葉社
価格:¥524(税別)