美味しいミステリー「あまからカルテット」。

柚木麻子さんの「あまからカルテット」ってミステリーなの?と
思うかもしれません・・・。
実は、美味しい食べ物が恋の謎解きをする、とっても素敵な
ミステリー作品なんです。(はまさき的にはそう思います。)

あまからカルテット

中学校の時から仲の良かった、アラサ―女子四人組。
ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子。
それぞれ容姿も性格も全然違うけど、恋に仕事に悩みは尽きず・・・・。
ある日、恋に奥手な咲子が、花火大会でたまたま隣に座った
男性とちょっとした会話をし、さらに稲荷寿司まですすめられた。
食べてみるとあまりの美味しさに絶句!男性のさわやかさと
お稲荷さんの美味しさにノックアウトされ、一目ぼれした。
ところがそのあとに起きたアクシデントで連絡先も交換することなく
帰るはめに・・・。その話を聞いた、薫子・満里子・由香子の3人は
今まで恋に消極的だった咲子のためにひと肌脱ぐことを決意!
恋の手がかりは、とても美味しくてちょっと大きめの「稲荷寿司」だけ。
3人はそれぞれの縁を頼りに「お稲荷さんの君」を探し出そうとするが・・・。

由香子だけは早々に結婚し、好きなお料理をブログにアップして
楽しく暮らす日々。
満里子は合コンで知り合った男性に咲子の恋の顛末を相談。
薫子は編集の仕事にかまけて、上司の男性と寿司屋を
食べ歩く・・・・。果たして「お稲荷さんの君」を探し出せるのか!?

この過程で、満里子と薫子にも恋が到来。
咲子の一件が片付くやいなや、今度は由香子に
異変が!!

女性たちの友情をここまで素敵に描いた作品があっただろうか?
しかも美味しそうな食べ物が次々に登場する。そしてそれが
謎を解くキーワードになっているのだ。
女性たちの友情も、ときに壊れそうなったりするけれど、
お互いを大切に思う気持ちに気が付き決して壊れない。

そんな女性同士の友情も、恋の顛末も楽しめる。
とっても楽しく、そしてとっても面白く
心がとても優しくなる、素敵なミステリーだ。

『あまからカルテット』
著者:柚木麻子
出版社:文藝春秋
価格:¥560(税別)