道警シリーズ第3弾「警官の紋章」は心に沁みる警察小説

佐々木譲さんの「北海道警」シリーズ第3弾
「警官の紋章」は心にじわりと沁みる警察小説です。

警察官だった亡き父の後を継ぎ、自らも警察官となった
青年の父への想いが描かれて切ないです。

警官紋章

北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。
その最中、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪した!
津久井卓は、その警官の追跡を命じられる。
一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。
そして、結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合。
それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かう・・・。
『笑う警官』『警察庁から来た男』に続く、北海道警察シリーズ第三弾。
はまさき、この作品は、道警シリーズ中最も切ない警察小説だと思います。

北海道警は2年前、郡司徹警部補の拳銃不正摘発を始め、
数々の汚職が暴露され、関係した警察官が拳銃自殺、さらに女性警察官を
殺害したキャリアが飛び降り自殺を図るなど、「北海道警察悪夢の一週間」
と言われ、マスコミで連日取沙汰された。
そんな中、道警に勤務する一人の警察官が列車に車ごとぶつかり亡くなった。
事故か、自殺か明らかにされないまま、家族にも真相は告げられなかった。
2年後、その息子である日比野伸也も警察官となって道警に勤務していた。
父の誕生日に墓参りをしていると、父の友人だった、所轄の交通課に勤務する
宮木と出会う。伸也は、宮木から父の死に関して気になることを聞かされる・・・。
尊敬する父の死に疑問を持った伸也は真相を探る。

佐伯は、過去の覚せい剤密輸入のおとり捜査に何か不正なことが絡んでいるのでは
と疑いを持ち秘かに調査していた。

日比野伸也の父の死の真相、そして佐伯の再捜査・・・。彼らの事件の真相は
洞爺湖サミットで警備にあたる警察官を巻き込み、またもや道警の隠れた闇が
クローズアップされる!!
その闇に蠢く、組織の論理に佐伯、津久井、小島は敢然と挑む。
彼らにあるのは、警察官としての‘矜持’だけだ。
警察官としてすべ事は何か?正義とは何か?守るべきものは何か?
佐々木譲さんはこのシリーズを通して常に問いかける。

また、命がけで父の死の真相を探った、日比野伸也の姿が切なかった。

『警官の紋章』
著者:佐々木譲
出版社:角川春樹事務所
価格:¥686(税別)