「出雲大社の歴史を探る」平野芳英さん トークイベント

『古代出雲を歩く』(岩波新書)の著者でも知られる、荒神谷博物館・学芸顧問の平野芳英さんの、トークイベントを開催いたします。

テーマは「出雲大社の歴史を探る」。

ツアーガイドもされている平野さんが、ご自分の足で出雲を歩き、様々な書物から得た情報をもとに、出雲大社の古代から中世を経て近世へと続く長大な歴史を語っていただきます。

古代の息吹を感じるイベント、皆様のご参加お待ちしております。

■平野芳英さん トークイベント「出雲大社の歴史を探る」

日時:2021年1月31日(日) 14:00~(2時間)
場所:今井書店TONOMACHI63 (松江市殿町63)
定員:20名様  入場無料

参加申込: 今井書店TONOMACHI63 TEL 0852-24-2230

平野芳英さんより
これまで出雲大社には、ツアーガイドなどで何度も御参拝しましたが、その限られた時間内では出雲大社の古代から中世を経て近世へと続く長大な歴史のわずかな一端を垣間見るだけで、案内人としても出雲大社の歴史の面白さを知っていただけないことへのジレンマを抱いていました。
 そうしたときに、県立古代出雲歴史博物館で開催された「出雲大社展」の展示図録を手にしました。それには、歴史博物館の学芸員諸氏の論考が掲載されていますが、それらを読みほどき、何かの機会に一連の流れとして語ることで、出雲大社の歴史の深さを知っていただけることに思いいたりました。
 歴史博物館の図録をベースに語りますので、出雲大社御参拝のガイダンスになりますが、そこには当然、私が他の書物から得た情報や私が抱く疑問等も織り交ぜて、単なるガイダンスには終わることなく、語っていこうと思います。

◎平野芳英さんプロフィール:
1951年4月 出雲市(旧平田市)生まれ
熊本大学大学院文学研究科考古学専攻修了 
島根県立八雲立つ風土記の丘勤務後、2005年から荒神谷博物館勤務。
副館長を経て、現在学芸顧問。

著作
1990年『島根県の考古学と自然科学Ⅰ』
2010年「島根県博物館史の試み」
2016年『古代出雲を歩く』(岩波新書)他

<注意>
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、下記の通りご協力をお願いします。
・当日は必ずマスク着用にてご来場ください。入り口で検温、手指消毒を行います。発熱のある方、体調不良の方は参加をご遠慮いただきますようお願いいたします。
・会場内での飲食はお断りいたします。
・山陰両県の感染拡大状況により、急遽中止する場合もございます。

 

 

 

関連記事






ページ上部へ戻る