シリーズ最高傑作と言っても過言ではない!「月下蠟人 新東京水上警察」

吉川英梨さんの「新東京水上警察」シリーズ
第5弾「月下蠟人」を読みました。

この作品は、シリーズの中で一番
心を揺さぶられました。

コロナ禍の東京。
警視庁五港臨時署強行犯係でも
皆マスク着用、感染リスクに戦々恐々と
している中、青海埠頭で死体があがったと
連絡が入り、刑事防犯課強行犯係・
係長の碇拓真は、部下の日下部と
共に現場へ向かった。

それは、不気味な光景だった。
東京湾に突き出す巨大なガントリークレーンに
死体らしきものが吊り下げられていたのだ。
慎重におろして見るとそれは蠟人形だった。
そして、その中から男性の刺殺体が発見された。
胸元には「996」という数字。
さらに、蠟人形の異様な製法・・・。
顔の完成度は完璧なのに、それ以外は
ざっくりと作ってある。
絶対にプロの仕事ではないだろう。

そんな謎めいた死体の身元を知るきっかけを
くれたのは、碇の恋人で人手不足を補う
ために助っ人に入った有馬礼子だった。

礼子のヒントから真相に迫る五港臨時署強行犯係。
しかし、捜査に集中すべき時、班長・碇の
様子がおかしい。日下部は、いつもと違う
碇の姿に不穏な空気を感じ取った。

一方、碇は今までにない重い十字架を背負う
ことに・・・・。

とにかく、冒頭からこのシリーズのファン
を驚愕させる展開!
どうなっているの!?
こんなのあり!?と思わず叫びたくなる!

そして蠟人形に固められた刺殺体の
事件の真相はあまりにも悲劇的!
さらに、碇が背負いこんだ問題も
この事件に多少なりとも関わってくるのだ。

同僚と結婚し妻の出産が間近い
日下部は、苦しむ碇を優しく気遣う。
日下部の人間としての成長が際立った本作。

事件の真相が徐々に明らかになる過程は
読んでいると胸が締め付けられる!
こんなひどいことが・・・・。

涙なくしては読めない今作。
ラストは号泣してしまった。

本当に、シリーズ最高傑作です!

『月下蠟人 新東京水上警察』
著者:吉川英梨
出版社:講談社(文庫)
価格:¥740(税別)

シリーズ第1作「悪魔と呼ばれた男」が面白過ぎる!

「心霊探偵八雲」シリーズが完結!
八雲ロスに陥っているファンの方々朗報です!
新シリーズ「悪魔と呼ばれた男」が
面白いんです!
絶対に読んで欲しい~。

アメリカで犯罪心理学を学び、
犯罪心理のスペシャリストとして、
警視庁に新たに設立された
特殊犯罪捜査室に呼ばれた、
天海志津香警部補。

天井から吊るされた女性の遺体。
凄惨で残忍な手口、さらに
首の裏には五芒星(ペンタグラム)
の刻印があった。
それは、ここ三年の間に起こった
猟奇殺人事件と酷似していた。
いまだ犯人の目星もつけられない。

天海は、バディとなる阿久津とともに
通称「悪魔」による連続殺人を追うことに。

阿久津は捜査一課のエースで、検挙率NO1。
しかし、謎めいた男で天海を持ってしても
彼の心を容易に読むことができない。
しかも阿久津はなぜか天海が小さい頃
体験した恐ろしい事件を知っているようだった。

次々と起こる連続殺人。
まるで警察をあざ笑うかのように猟奇的だ。
その事件の背後には国政をも揺り動かす
陰謀が潜んでいた。

時系列が入り乱れた場面展開に何度も
ハッとさせられるが、その上手さに
先へ先へと促され、いっきに読んでしまった。

また登場人物は、ほぼ、人間の面を
被った悪魔のようだ。
恐ろしい企ての数々に戦慄する。
誰が本当の悪魔なのか!?

ラストのどんでん返しは圧巻!!

シリーズ2作目「悪魔を殺した男」(講談社)
発売中。(本体価格1,750円)

『悪魔と呼ばれた男』
著者:神永学
出版社:講談社
価格:¥880(税別)

斬新!バラエティに富んだ傑作ミステリ4編「透明人間は密室に潜む」

一昨年の各社ミステリランキングの
上位に入った阿津川辰海さんの「紅蓮館の殺人」。
山火事で館に閉じ込められる特殊な
クローズドサークルと、館焼失までの
カウントダウンを背景に高校生探偵・葛城が
ロジカルな推理で殺人事件の真相に迫った
ストーリーがとんでもなく面白かった。

そして、昨年発売された同著者の
「透明人間は密室に潜む」(光文社)は
2020年の年末ミステリランキング
「本格ミステリ・ベスト10」で1位に輝いた!

まだ26歳!これからどんなミステリを
描いてゆくのかとても楽しみな
ミステリ作家さん。

透明人間病の発生により、透明人間
との共存を余儀なくされた社会で、
ある学者が透明人間病を治癒できる
薬を開発するというニュースが!
それを知った、透明人間の女性が
学者を殺害する計画を立てる。
透明人間であることのメリットと
デメリットの区別を巧に描き分け
読んでる方も非常にイメージしやすい。
そして、驚くべきは殺害のトリックとその動機!
やはり表題作が一番インパクトが強かった!

アイドルヲタクを巡る殺人事件の
裁判で、裁判員全員がアイドルヲタク
という設定!彼らが繰り広げる
推理合戦は、有罪・無罪の結論から
離れ、とんでもない方向へと動きだす。
笑いが止まらないロジカルミステリー。
【六人の熱狂する日本人】

先輩探偵がある調査で盗聴器を仕掛けた。
そこには、殺人事件の現場の生々しい
音が収録されていた。
超聴力を持つ後輩女性探偵と先輩探偵は
その音から事件の真相を暴こうとするが・・・。
音を頼りに謎解きする設定がとても
面白かった。
【盗聴された殺人】

豪華客船からの脱出というゲームに
招待されたプレーヤーが誘拐され、
閉じ込められてしまう。
プレイとしての脱出ゲームを楽しみながら
誘拐の謎解きと誘拐現場からの脱出!
二転三転する展開がワクワク感を倍増させる!
【第13号船室からの脱出】

多彩なミステリの設定が面白すぎる!
きっとストックがたくさんあるんだろうな~

次回作がとっても気になります。

『透明人間は密室に潜む』
著者:阿津川辰海
出版社:光文社
価格:¥1,800(税別)

天久鷹央長編シリーズ第6弾「神話の密室」

天久鷹央シリーズの長編第6弾
「神話の密室」を読みました。

今回は「バッカスの病室」
「神のハンマー」中編2編を収録。
神話にちなんだ2つの難事件。

酩酊状態で天医会総合病院へ
救急搬送されたミステリー作家。
アルコール依存症の診断を受け、
出入り不能な閉鎖病棟に入院。
しかし、アルコールが一滴もない、
閉鎖病棟で、なぜだか
泥酔を繰り返す作家・・・。
いったい何が原因なのか?
【バッカスの病室】

キックボクシングのタイトルマッチで
千人もの観客が見守る中、王者が
勝利の瞬間にリングで死亡した。
王者を襲った死の原因は何なのか?
【神のハンマー】

不可能な状況で起きた二つの犯罪。
天医会総合病院の副院長で天才的
頭脳を持つ女医・天久鷹央は、
部下の小鳥遊にこの二つの事件の
解明を委ねた。

果たして小鳥遊は、天久の期待に
応えることが出来るのか?

天久と小鳥遊の信頼関係は
ここまで深まった!!凄い!
鷹央さんは、小鳥遊さんをやっと
自分の右腕として認めたのかな~
このコンビ、本当にいい感じで好き。

そして、毎回驚愕させられる、
医学的謎の仕掛け。
素人では絶対に解けない!
だから、謎が解明されたときの
驚きは半端ない!
この2作品も「え~~~~ッ」と
思わず叫んでしまった。

なんかどんどん医学的謎が面白く
なってる気がする。
益々読むのが楽しみになってくる。

『神話の密室 天久鷹央の事件カルテ』
著者:知念実希人
出版社:新潮社(新潮文庫nex)
価格:¥590(税別)

歌舞伎町を疾走する女刑事!『新宿特別区警察署 Lの捜査官』

吉川英梨さんの警察小説シリーズ
「警視庁53教場」、「新東京水上警察」
「警部補・原麻希」「十三階の女」。
どのシリーズも面白くてはまる!

最新作「新宿特別区警察署 Lの捜査官」
は、警察小説としては異色の展開!

家庭を持つ警察幹部の女性刑事・新井琴音、
部下はなんとレズビアンであることを
カミングアウトしたおよそ刑事らしくない
超個性的な刑事・堂原六花。

そんな二人は、新宿のホテルで起きた
女性殺害事件と、歌舞伎町で起きた
無差別殺傷事件を追うことに!

しかし、無差別殺傷事件の方は
事件を起こした犯人も自殺してしまった。

二つの事件は何がきっかけで起こって
しまったのか?

LGBTの人々がが多く集まる
歌舞伎町という街を知り尽くす
堂原の捜査力とL署の面々の奮闘で
二つの事件の真相が明らかになってゆく・・・。

琴音の夫は捜査一課の刑事。
妻が夫より階級が上になったことで、
夫婦仲はぎくしゃく中。

家庭と警察幹部としての仕事の
両立で疲れ果てる琴音。
男性たちの本音は腹立たしい!。
六花の琴音に対する言葉。
あまりにもリアル過ぎて、
読んでいて苦しくなる場面もあった。

この作品、なんでこんなにも
心をざわつかせるの?

また、LGBTの人たちについて真摯に
向き合い、丁寧に描き、少しでも
理解したい寄り添いたいという
思いが感じられた。

今の世の中の、全ての「生きにくい」と
思っている方々に読んでほしい―
これは著者のメッセージ・・・・。

『新宿特別区警察署 Lの捜査官』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600(税別)

江戸時代の華やかな世界の闇!『化け者心中』

選考委員満場一致!
第11回小説野生時代新人賞受賞作
蝉谷めぐ実さんの『化け者心中』を
読みました。

江戸時代、華やかな世界の裏で
どす黒い闇が蠢いている。
いつの時代も人間は変わらない。
業の深い生き物なのだ・・・。

文政の江戸、当代一の人気を
誇る中村座。
その座元から、鬼探しの依頼を
受けた鳥屋の藤九郎。

事の子細は、秋芝居のための
前読みで役者を集めたときに
起こったという。
暗闇の中で、役者はみんな揃っている。
それなのに、血まみれの首がひとつ
転がっていた・・・・。
座元は言った「この小屋に鬼がいる」と。

かつて一世を風靡した、稀代の女形、
田村魚之介(ととのすけ)と藤九郎は
事件の真相究明に乗り出す。

だが、役者たちへの追及は一筋縄ではいかない。
己の人生のすべてを芸にかけ、精進する役者たち。
斜に構える者もいれば、藤九郎の尋問など
ひらりとかわす者もいる。
素直で心優しく、人間の心の機微というものに
うとい藤九郎は、役者たちから軽くあしらわれる始末。
魚之介は皮肉屋で、彼らをいらだたせるばかり。

それでも次第に真相に近づいてゆく二人。

鬼とはいったい?

藤九郎、魚之介の強烈な人物描写が素晴らしい!
特に魚之介は、命ともいえる役者生命を
奪われ、自分が何者なのかわからなくなった
苛立ちが見事に表現されている。
そして、他の登場人物の芸に対する凄まじい執念が
彼らの心の闇を浮かびがらせてゆく。

鬼と人間との境はどこにある?
あまりにも強い執念は心に鬼を飼ってしまうのでは?
と思ってしまった。

息もつかせぬ展開!主人公二人の活躍に
心を鷲掴みされた。

選考委員満場一致も納得のデビュー作!

『化け者心中』
著者:蝉谷めぐ実
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,650(税別)

レジェンドが描く圧巻ミステリー『たかが殺人じゃないか』

このミステリーがすごい2021版国内編第1位
週刊文春2020ミステリー・ベスト10国内部門第1位
ミステリが読みたい!国内編第1位!
年末の主要ミステリーランキングで3冠に輝いた
辻真先さんの「たかが殺人じゃないか」
(東京創元社)を読みました。
辻真先さんは88歳、ミステリーランキング
史上最高齢での栄冠!

昭和24年、学校制度の変更で突然
男女共学になった、高校生たち。
その高校生たちの目線で描かれる。

私たちがあまり知らなかった戦後
数年の陰の歴史がこの作品で詳細に
描かれている。

それは、著者自身が青春時代に
経験したことであり、今作品で
著者は本音を書いたと言っている。

戦後4年も経過しているのにいまだに
敗戦を認めない年配の男たち。
そのうえ、男尊女卑も甚だしい。

なんと、日本政府は進駐軍のアメリカ兵士を
慰めるために、「進駐軍慰安」と称して日本人
女性を募集し、アメリカ兵士に差し出した。
お金と食料のため、意味もわからず応募した
女性はたくさんいた。
今では考えられない、信じられない事実・・・・。
この時代の日本社会の混乱ぶりを伺わせる。

推理小説&映画研究会に所属する高校生たちは、
男女共学をとまどいながらも受け入れる。
推理小説大好きの主人公は、初恋と失恋を一度に
経験!なんて明るいドタバタもある。

母の病気を治すためにアメリカ兵士のオンリーに
なるしかなかった同級生の女の子の哀しみ。
様々な事情を抱えた高校生たちの姿が
瑞々しく描き出されている。

そんなある日、研究会の面々が近場の温泉に
修学旅行に行ったとき、密室殺人事件に遭遇する。
被害者は誰もが良く知る人物だった。
推理小説研究会のメンバーたちは、刑事を交えて
密室の謎の解明に挑むがなかなか真相にたどり着けない。

そんな中、台風の夜学校で研究会活動をしている最中、
バラバラ殺人に遭遇した!!!

いったい誰が何のためにどうやって殺人を犯したのか?

緻密に練り上げられた謎とトリック!
事件が起きた悲劇的な真相!
本格ミステリの醍醐味が味わえる、圧巻の展開!

そして何より、この時代の日本社会、時代背景を
知ることができたのは貴重な体験!

88歳のレジェンドだからこそ描けた青春×ミステリー。

『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』
著者:辻真先
出版社:東京創元社
価格:¥2,200(税別)

研ぎ澄まされた短編ミステリー『汚れた手をそこで拭かない』

芦沢央さんの『許されようとは思いません』
(新潮社)は、短編ミステリーの
極致だと思っていた。
ところが、本作『汚れた手をそこで拭かない』
(文藝春秋)は、それ以上の衝撃を受けた。

金に執着し続けた顧客の事故死。
記憶の底に封印していた事件について
夫が病床の妻に告白する。
「ただ、運が悪かっただけ」。

夏休み、当番中の教師がうっかり
プールの水を抜いてしまった!
発覚すれば責任問題だ。
苦悶する教師が打った手とは?
「埋め合わせ」

軽度の認知症の妻が、間違いで
配達された隣家の電気代の
督促状を渡し忘れている内に
悲劇が起こってしまった!
しかし、意外な真実が!
「忘却」

魂込めて作った映画、何としてでも
ヒットさせたい。しかし主演俳優の
スキャンダルが発覚!
監督がとった行動は!?
「お蔵入り」

料理研究家として本を出版した女性。
そのサイン会に元カレが現れた。
最悪の別れ方で後悔の日々。
そんな元彼に頼まれ、ついお金を
貸してしまったが・・・。
「ミモザ」

登場人物たちはどこにでもいる普通の人たちだ。
しかし、メンタルが弱かったり、どこか
隙があったりして他人に利用されてしまう。
そんな普通の人たちが犯した些細な過失は、
彼らの判断ミス、あるいは愚かな嘘によって
思いもよらない方向に進んでいってしまう。

やがてそれは自らの首を絞めることになり、
さらなる奈落の底へと突き落とされることになる。
じわじわと忍び寄る恐怖を、類まれな心理描写で
描き切った、究極の短編ミステリーだ。

読み終わった時、タイトルの意味が
ストンと落ちた。
自分を守るために汚れてしまった手は
どんなに拭いても落ちない。
それはどんどん広がってゆく、最悪の方向へ。

私たちもいつ堕ちてしまうかわからない・・・・。

『汚れた手をそこで拭かない』
著者:芦沢央
出版社:文藝春秋
価格:¥1,500(税別)

オレ詐欺の実態を描く!「ハイエナ 警視庁捜査二課本城仁一」

吉川英梨さんといえば人気の警察小説
シリーズが何作もあります。
「警視庁53教場」、「新東京水上警察」
「警部補・原麻希」「十三階の女」。
どのシリーズも面白くてはまります。

シリーズ以外の作品は、社会的に
メッセージ性の高い警察小説が
多いと思います。

本作『ハイエナ』はオレオレ
詐欺の実態と捜査二課の刑事の
執念が描かれた異色作。

定年間近い、警視庁捜査二課係長・
本城仁一は復興予算を横領している
復興庁の審議官を追い詰めるため、
その証拠を持ってバンコクへ逃走した
復興庁の職員を追っていた。
しかし、あと一歩というところで、
職員は証拠もろとも自殺。

バンコクまで行き、勝手な捜査を
したとして、帰国すると閑職への
異動が待っていた。
ところが本城はそれを蹴ってしまう。
そのため、辞職を迫られた。

そんな時、警察官僚として出世競争の
渦中にいる息子から、出向中に
詐欺組織に盗まれた警察手帳を
内密にとり返して欲しいと懇願された。

家庭を顧みず仕事に没頭し、息子の
面倒もあまり見てこなかった本城は
息子の隠匿に手を貸すことに。

手帳奪還の過程で本城が掴んだのは
極悪非道の詐欺の実態だった。

本城は、息子の警察手帳盗んだ
オレ詐欺の番頭・味田に迫る。

味田は殺人も厭わない恐ろしい男だ。
最終手段としてオレ詐欺組織に潜入する本城。

本城と味田の息詰まる頭脳戦に
ページをめくる手が止まらない。

本城の刑事の執念が味田を追い詰めるのか?

そして、あまりにも残酷なクライマックス。
こんな哀しい終わりがあるのか~~~~ッ

社会に幻滅している若者を集め、
オレオレ詐欺の架け子に仕立て上げる。
緻密に仕組まれたオレ詐欺のシステム。
架け子として訓練されたものたちが
巧妙な手口で高齢者を騙す。
そして騙される高齢者たち。
その描写があまりにもリアル!
ああ、こうして騙されるのか・・・・。
読んでいると恐ろしくなる。

金と権力をむさぼるハイエナたち。
このふたつの前に、正義とは
なんと儚いものか!!
しかし、それでも正義はあると信じたい!

『ハイエナ 警視庁捜査二課本城仁一』
著者:吉川英梨
出版社:幻冬舎
価格:¥800(税別)

弁護士・御子柴礼司シリーズ最新作「復讐の協奏曲」

中山七里さんの作品の中で一番
好きなシリーズ。
少女を惨殺した過去を持つ、弁護士・
御子柴礼司。
悪名高い弁護士、高額な弁護費用、
裁判に勝つためならどんなあくどい手も使う。
しかし、御子柴は少しずつ変化してゆく。
シリーズ5作目は、信頼する事務員、
洋子がピンチに陥る!!!

弁護士・御子柴は、過去に少女を惨殺し
「死体配達人」と呼ばれていた。
その過去を自ら公にして、今も弁護士を
続けている。

ある日、御子柴は
「この国のジャスティス」と名乗る者が
SNSで御子柴の過去をあげつらい、
懲戒請求を出すように煽っている
という事実を知らされる。
そのせいで、八百人以上からそれらしき
封書が届いた。

その処理に忙殺される中、御子柴事務所の
事務員、洋子が殺人容疑で逮捕された。
被害者は、外資系コンサルタントの男だ。
洋子は男が殺された夜、その男と会っていた。
さらに、凶器には洋子の指紋が残っていた
らしい。

御子柴はすぐさま、洋子の弁護人を
かって出る。

洋子の代わりに懲戒請求の処理の助っ人に
来たのはなんと!御子柴を敵視する
弁護士の宝来だった。
宝来は、御子柴に自分が「この国
のジャスティス」の正体を突き止める
と言い出す。

御子柴が、被害者の男の周辺を洗い出すと
きな臭い事実が浮上する。
さらに洋子の過去を調べると、洋子が
御子柴と同じ地域の出身であることが
明らかになる。

洋子は御子柴の過去の所業を知っているはずだ。
それなのになぜ共に働くことを望んだのか?
御子柴の心に洋子に対する疑惑が広がると
同時に洋子のことを何も知らなかったと気づく・・・。

いくつもの事件、事実が同時並行
で動きながら、次第に真相へと近づく。
その展開は相変わらずの面白さだ。

今回も「凶器に指紋」という決定的
証拠が洋子の容疑を色濃くしている。
そんな不利の状況で、洋子の無実
を晴らすことが出来るのか?

終盤、御子柴の疑問に答えた洋子の
言葉がとても印象に残る。

シリーズを重ねるたびに御子柴の心が
変化してゆく。
次回作も楽しみ!

『復讐の協奏曲』
著者:中山七里
出版社:講談社
価格:¥1,600(税別)