心をざわつかせる衝撃サスペンス!「不審者」

「代償」「悪寒」など、ヒットを飛ばしている
伊岡瞬さんの文庫最新刊「不審者」を読みました。

平凡な家庭を脅かす存在。
それは何なのか?
徐々に追い込まれていくヒロインの心の
動きがリアルに描かれ、怖くなりました。

折尾里佳子は、夫と息子、そして夫の母親と
4人暮らし。
夫は、中堅食品会社に勤務、里佳子は在宅で
子供を見ながら小説などの校正を行っている。
子どもの幼稚園のママ友やバスで一緒になる
バスママ友など、ちょっとやっかいな人間
関係も時に心を乱されるが、平凡で、幸せな
毎日だった。

ところがある日、夫がサプライズで一人の客を
家に招く。
その人物は、二十年間以上行方知れずだった、
夫の兄だと言う。
義兄は起業家で、独身だと語る。
しかし、義母は息子本人だと信用していない
様子。そのせいで、里佳子は不信感を募らせる。

里佳子の心配をよそに、夫は義兄を居候させる
ことに。最初は、人見知りしていた息子も
義兄になつき始める。

それ以降、里佳子の不信感は次第に膨れあがる。
そして、里佳子の周囲で不可解な出来事が
多発するようになる。

行方不明だった義兄の登場で、平和な家庭の
均衡が崩れてゆく・・・。
その平和を守るために、義兄と対峙しようと
する里佳子だったが・・・・。

日常の平和を脅かすものへの嫌悪感の
描き方が半端なく、これでもかとヒロインを
追い詰める!

そして、義兄の正体とは?

一つの悲劇をきっかけにすべてが反転する。
その驚愕!!
怒濤のクライマックスに息を詰め、すべての
真相が明るみになったとき、思わず悲鳴の
ような声が出てしまった。

予想をはるかに覆される結末に唖然・・・。

『不審者』
著者:伊岡瞬
出版社:集英社
価格:¥836(本体¥760+税)

美味しくて、ほっこりする「タルト・タタンの夢」

テレビドラマ「シェフは名探偵」があまりにも
良かったので、その原作である、近藤史恵さんの
「タルト・タタンの夢」を読みました。

読んでる途中も読み終わってもとっても
幸せな気分に浸れる、そんな作品でした。

商店街の小さなフレン・チレストラン
「ビストロ・パ・マル」は気取らない
本当にフランス料理が好きな客の心と
舌をつかんで離さない。
シェフの三舟は、無口でちょっとぶっきら棒。
髪を後ろで束ね、髭がなかなか特徴的。
外国人に言わせると「サムライ」だ。
そんなシェフの特技はなんと、謎解き!?

●タルト・タタンの夢
小劇団の人気女優が結婚のため、引退を
決めた。彼女の婚約者は「ビストロ・パ・マル」
の常連。ある日体調が悪いにも関わらず、
接待のため店にやってきた。
そんな中、店の様子をうかがう一人の
女性がいた・・・。

●ロニョン・ド・ヴォ―の決意
極度の偏食がある男性常連客。彼からの予約
が入るとシェフほかスタッフみな緊張する。
予約の日、女性を連れ立ってやってきた。
偏食の彼が注文したのは超癖のある
「ロニョン・ド・ヴォ―」。絶句するシェフ。
しかし皆の心配をよそに結構気に入ったようだ。
閉店後、彼の連れの女性が一人でやってきた。
シェフはそこで彼女の決意を聞くことになるが
シェフは意外な反応をする・・・。

●ガレット・デ・ロワの秘密。
「ビストロ・パ・マル」のスーシェフ
と彼の美しい妻とのエピソード。
フランスで出会った二人。あるクリスマス。
ガレットに仕込まれるべきはずのフェーブが
行方不明に・・・。
いったいどこへ行ったのか?

●理不尽な酔っ払い
店の女性常連客の連れはエッセイスト。
フランス人の彼と別れ、北海道で
エッセイを書いている。
彼との別れ話のいきさつを聞いたシェフは、
あることに気づく。

●割り切れないチョコレート
その日、ちょっと険悪ムードのカップルが。
さらに、男性の方が食事終わり、シェフに
ボン・ボン・オ・ショコラがまずいと
言い放って立ち去った。
その男性は新しくできたチョコレート店の
店長だった。クレームを受けたので
試しにその店のチョコレート買う。
チョコのセットはなぜか奇数ばかり。
後日再び例のカップルが店に訪れた・・・。

こんなミステリーがあったのかと感心した。
フランス料理×ミステリー。
料理の中に謎解きの鍵が隠されていた。
シェフはお客の話を聞くことで、
そこに秘められた思いを解き明かしてゆく。

読み進めると美味しそうなフランス料理が
次々と登場する。まるで自分も味わっている
ような感覚に陥る。

そして、シェフが解き明かした人々の思い。
それに気づかされた時、ハッとする。

読み終わった時に、温かい思いが染み込んでくる。

優しい気持ちになれる、何度でも読みたい
そんなミステリーだ。

『タルト・タタンの夢』
著者:近藤史恵
出版社:東京創元社(創元推理文庫)
価格:¥770(本体¥700+別)

寿雪の秘密が明らかになる!?「後宮の烏6」

シリーズを重ねるごとに面白さが増す
白川紺子さんの「後宮の烏」。
シリーズ第6弾を読みました。

5巻のお話は、
高峻は様々な伝手をたどり寿雪を
烏妃から解放する術を探る。
絡まった糸をほぐす・・・。
初代烏妃・香薔の過ちを正すこと。
それは香薔が烏妃の中に閉じ込めた
烏蓮娘娘を解放すること。

自分は自由になれる・・・
それは喜ばしいことなのに。
自由になった自分の未来を思い描いた時、
強烈な喪失感を感じる寿雪。

そんな複雑な想いを抱きつつ
その日がやってきたのだ。

寿雪が解放される!?
ところが、思いもよらない事態が発生した。

そして6巻は、
噴き出した水によって黒く染められた
寿雪の髪はその色がすべて洗い流され、
銀髪が衆目にさらされてしまった。
前王朝の血をひく証・・・。
寿雪と高峻がひたすらに隠し続けた
秘密が知られてしまったのだ。

さらに、寿雪の魂は何処かへと去り、
代わりに烏が宿った。

誰もが寿雪の心配をする中、
衣欺ハが行方不明になってしまう。

寿雪の魂を呼び戻すためには肉親の存在
が必要だとされたが、彼女の両親はすでに
亡くなり、高峻は寿雪の肉親の捜索をするが・・・。

さらに、烏の半身探しに誰もが躍起になる。

寿雪が全王朝の血を引いてると知った
沙那賣がどのような出方をしてくるのか?
高峻は沙那賣の長男に探らせることに・・・。

これまでは、後宮内で起こる物語が中心だったが、
王朝全体、そして神々の因果にまで物語は
広がり、壮大なスケールになってゆく。
そして、新たな局面へと繋がる!

怒濤の展開が待っているのか?
7巻が楽しみだ。

『後宮の烏 6』
著者:白川紺子
出版社:集英社オレンジ文庫
価格:¥660(本体¥600+別)

手に汗握るノンストップミステリー『逃げる女』

骨太な社会派ミステリーを描き続ける
青木俊さんの最新作、
「逃げる女」を読みました。

2017年刊行の「潔白」では、冤罪で一つの
家族を不幸のどん底に突き落としておきながら、
決して「間違い」を認めない、警察、検察
さらに日本の司法の在り方に憤りを感じた。

そして、この「逃げる女」からは、青木さんの
「怒り」のようなものが、ヒロインを通して
感じられた。

青木さんの作品は、フィクションでありながら
ノンフィクションのようなリアルさと迫力が
あり、問題提起されたテーマは心に強く残る。

札幌市内のマンションでフリーの記者が殺害され、
容疑者として、久野麻美の名前が浮上した。
その葬儀に出席した久野に、道警捜査一課の
生方吾郎は張り付いていた。

しかし、彼女は葬儀場を出た後、警察の追尾を
受けながらもその姿を消してしまう。
札幌、旭川、釧路と張り巡らされた捜査網を
かわし、北海道を脱出しようとする久野麻美。

生方は所轄で新米刑事の溝口直子とコンビを
組み、久野を追い続ける。
状況証拠は久野が犯人だと示している。
生方たちは、それを信じ絶対に確保する!
その強い思いを抱きどこまでも追う。

久野麻美と彼女を追う警察との手に汗握る
逃走劇!
だが、その先には思いもよらぬ真実が
隠されていた。

必至で逃げるヒロインと執拗に追う警察。
その構図から察するに、ある事件が隠蔽され、
その秘密を知ったヒロインを警察が抹殺
しようとしている?
それは警察関係者が絡んだ事件、または、
大物政治家か?その関係者か?
様々な推理をしてみるが・・・。

意図的に警察が捜査できない状況に追い込む。
そんな恐ろしいことが実際にあるのか?と
疑ってしまうけれども、この本を読み進んで
いくと、次第にそういうことが本当にあるかも
しれないと思えてくる。
「人を殺しても逮捕できないヤツがいる」
の本当の意味とは?

まさかまさかの真相に驚きの連続、そして
次第に膨らむ、この国の政治に対する怒り。

社会派ミステリー小説だからこそ描けた。
この作品の深すぎるテーマに心を抉られた。

『逃げる女』
著者:青木俊
出版社:小学館
価格:¥1,760(本体¥1,600+税)

険しき道に未来を見出そうとする。「後宮の烏5」

シリーズを重ねるごとに面白さが増す
白川紺子さんの「後宮の烏」。
シリーズ第5弾を読みました。

前作では、烏妃・寿雪をなき者にしようと
する動きがあり、高峻は益々寿雪を烏妃の
身分から解放する手立てを考えるようになる。
しかし、それは寿雪にとって真の解放に
なるのか?

宮中では、二人の側室が同時に懐妊し、
慶事に沸いていた。

その一人、燕夫人の侍女が夜明宮を訪れる。
懐妊し位があがり鵲妃となる燕夫人は
新たな宮へ移るのを頑なに拒み、侍女たちを
困らせているという。
移転先の宮は横死した元・鵲妃の住まいであった。
その宮を烏妃・寿雪に祓ってほしいとのことだった。

そんな中、高峻は様々な伝手をたどり寿雪を
烏妃から解放する術を探る。
絡まった糸をほぐす・・・。
初代烏妃・香薔の過ちを正すこと。
それは香薔が烏妃の中に閉じ込めた烏蓮娘娘を
解放すること。

ある烏妃の地元の伝説、夜明宮に伝わる烏妃の
首飾りなど・・・。細い糸のような手がかりから
真相につなげるといったミステリーもあり、
読み応えが十分だ。

寿雪は皇帝・高峻の側室二人が懐妊した
ことで、自分の心が揺れるのを感じた。

高峻は自分のために険しき道に挑もうと
している。
そして自分は自由になれる・・・
それは喜ばしいことなのに。
自由になった自分の未来を思い描いた時、
強烈な喪失感を感じる寿雪。

高峻の妃・花娘が彼らの関係性を見事に
言い表す。
それがあまりにも切ない。

果たして、香薔の結界を破り、寿雪は
自由を得ることが出来るのか?

クライマックス、あまりにも意外な
方向へと導かれてしまう!?

混迷の展開は6に続く!!!

『後宮の烏 5』
著者:白川紺子
出版社:集英社オレンジ文庫
価格:¥682(本体¥620+別)

圧倒的な面白さ!毛利VS尼子対決「駆ける 少年騎馬遊撃隊」

第13回角川春樹小説賞受賞作、稲田幸久さんの
「駆ける 少年騎馬遊撃隊」(角川春樹事務所)
を読みました。

中国の覇権を手中に治めたい毛利、出雲奪還
を目指す尼子。中国地方の両雄が激突する!
圧倒的臨場感で描かれる合戦シーンが凄すぎる!

三刀屋の近松村で馬を飼育・売買する家に
育った小六。
彼は特に風花という馬を気に入っていた。
いつも一緒にいることから、風花の考えて
いることはわかる。

ある日、小六が仲間たちと遠出をしたとき
風花が異変を察知した。
突然、賊に襲われたのだ!!
仲間たちは殺され、小六は風花とともに
村に逃げ帰った。
ところが、村は焼かれ馬は盗まれ、
小六の父母、幼い妹までも焼かれていた。
絶望で倒れていたところを、毛利元就の
次男・吉川元春に拾われる。

月山冨田城、出雲地方の覇権を毛利側に
奪われた尼子。
元就の奸計により、尼子国久と新宮党
が争い、尼子は弱体化する。
甚次郎(後の山中鹿介)が何も知らずに
尼子のもとに届けた文こそ、元就の策略
だったのだ。
甚次郎は元就の手の内で転がされた。
親しい人、そして愛する人を奪われた甚次郎は、
「毛利元就」を激しく憎んだ。
尼子一の猛者となった甚次郎こと山中鹿介幸盛は
出雲奪還の前に「毛利元就」を殺すことだけを
目標に生きている。

吉川元春の下で、少年騎馬隊のリーダーとなった小六。
元春は、尼子に打ち勝つ手段を育てていた。

そんな両雄が激突する日がやってくる!

吉川元春、山中鹿介、リアルな人間像が伝わってくる。
さらに、個性的な登場人物たちの魅力が溢れている。

方や中国地方の覇権掌握!方や復讐の鬼!
尼子・毛利、両方の強い思いが心に刺さる。

また、合戦シーンの凄まじい迫力!
自分自身もそこにいるような錯覚に陥った。
そして、圧巻のラストシーンに感動!感涙。

とても面白かった!

『駆ける 少年騎馬遊撃隊』
著者:稲田幸久
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,980(本体¥1,800+税)

オズヌ、再び降臨!「ボーダーライト」

今野敏先生の最新刊「ボーダーライト」を
読みました。
「わが名はオズヌ」のエンノオズヌが
またしても高校生・賀茂晶に降りてくる!
痛快な警察ミステリー。

神奈川県警生活安全部少年捜査課の係長・
堀内が「今月は街頭犯罪が急増している」
とつぶやいた。
それを聞いていた、丸木巡査と高尾巡査部長は、
少年の街頭犯罪が増えてると察知し、早速
情報収集に出かける。

丸木は高尾の気まぐれな捜査につきあい、
ネットカフェでインターネット記事を
検索。神奈川県内で話題のバンド
「スカG」のニュースを読み漁った。
それを高尾は車のことかと勘違いする。

しかし、この時調べたバンド「スカG」が
今後の事件の捜査に関わってくる。

本部に戻った二人を待っていたのは、
組対本部・本部長からの呼び出しだった。
恐縮した二人だったが、本部長の口から出た
「赤岩猛雄」という名前に高尾が反応した。

赤岩は、みなとみらい署のマル暴に
身柄をとられていると言う。
二人はみなとみらい署のマル暴に
向かい、諸橋係長と係長補佐の城島に
会った。
赤岩は薬物の取引現場にいたところを
検挙されたという。
赤岩は事情を話すなら高尾にと言ったのだ。
そして、高尾は赤岩に事情を聞いた。
赤岩は、友人を止めるために現場に居たと言う。
決してや薬物取引には関係ないと言う。
しかし、さらに踏み込んで聞くとたちまち黙秘した。

仕方なく、赤岩はみなとみらい署に拘留された。
そこへ、赤岩の担任・水越陽子が賀茂晶とともに現れた。
高尾は一目見て、賀茂晶にオズヌが降りていると気づく・・・。

オズヌは、神奈川の街で良くないことが
起こり始めていると勘づいているが、
詳細は掴め切れずにいるようだ。

高尾はオズヌらとともにきな臭い事件の
捜査を開始する!!!

またしても、賀茂晶にオズヌが降臨!
彼の不思議な力によって、誰も刃向かう
ことが出来なくなる。
その姿がかっこいい。
また、今作はみなとみらい署のマル暴・
諸橋係長と城島が登場。

賀茂の不思議な力と、オズヌの関係を
真剣に受け止めている二人。
高尾たちをバックアップするところが清々しい!
サービス満点のコラボにファンは狂喜!!

そしてバンド「スカG」はこの事件にどう
関わってくるのか?!

読みごたえ満点の警察ミステリー。
傑作の今野敏ワールド!

『ボーダーライト』
著者:今野敏
出版社:小学館
価格:¥1,870(本体¥1,700+税)

やっぱり、衝撃の面白さだった!「むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました」

むかし話×ミステリー「むかしむかしあるところに
死体がありました」青柳碧人(双葉社)の第2弾!
「むかしむかしあるところにやっぱり死体がありました」
を読みました。
やっぱり、衝撃的な面白さでした。

「竹取探偵物語」
仲の良い男性ふたりに育てられたかぐや姫。
美しすぎる女性に成長した彼女に、言い寄って
くる公達たち。そんな男たちにに厳しい条件を
出したかぐや姫。しかし彼女には別の目的が
あった・・・!

「七回目のおむすびころりん」
わざとおむすびを転がして穴に落とし、
ねずみからお宝を盗もうと画策する
悪いおじいさん。なんと転がった先で
恐ろしいことが!!ところがおじいさんは
鐘の音で元居た場所に戻っていた。
性悪なおじいさん、何度も試すが
同じことを繰り返す。
いったい何がどうなってるんだ・・・?

「わらしべ多重殺人」
観音さまからお告げをもらった貧しい男は、
旅の途中、出会った者が持っているものを
次々と交換。みかん、美しい布、死にそうな馬、
そして屋敷・・・。観音様のお告げで出世した
男の話は村中に広まり、男はわらしべ長者と
言われるようになった。
ある日、古井戸から男の死体が発見される。
わらしべ長者と他殺死体。いったいどんな
繋がりが・・・・?

「真相・猿蟹合戦」
いたずら好きの猿に言いくるめられ、
柿の種を植えた蟹。たわわに実った
柿の実を、猿に投げつけられ死んで
しまう。そんな蟹には仲の良い友達がいた。
猿は蟹の友達の奸計によって死んでしまう。
という人間世界の「猿蟹合戦」のお話とは
全く違う真相があった!?
さらにその真相がなんと!「ぶんぶく茶釜」
に続く~。

「猿六とぶんぶく交換犯罪」
かちかち山のお話は、いたずら好きのタヌキが
一人の老女を死なせてしまい、その老女と
仲の良かったうさぎが激怒。タヌキを騙して
老女の復讐をするというお話。
しかし、この話にはとんでもない裏話が
隠されていた!

どのお話も、私たちが知っている昔話を
ほんわかしたお話から、ドロドロとした
欲望渦巻く物語に変化させている。
そして、新たな解釈をプラスし昔話とは
全く違う物語へと繋いでいる。

前作にはなかった探偵役の登場に
ループミステリー、多重殺人、交換犯罪など
ミステリー度は前作よりもアップ!
特に「真相・猿蟹合戦」から「猿六とぶんぶく
交換犯罪」は圧巻の展開!面白すぎて止まらなかった。

「むかしばなし」をよくぞここまで面白く
してくれました!

読まないと絶対に損をします!

『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました』
著者:青柳碧人
出版社:双葉社
価格:¥1,485(本体¥1,350+税)

予想だにしない展開に絶句!ミュッソ「夜と少女」

「ブルックリンの少女」「パリのアパルトマン」
「作家の秘められた人生」と、ギヨーム・ミュッソ
のミステリーにはまり、読み続けている。
新刊の「夜と少女」も当然のごとく手に取って
読んでみた。

この作家、描くたびに面白さが増す。
「謎」の引き出しがどれくらいあるのだろう・・・。
どの作品もまったくテイストが違っていて
読むたびに新鮮に感じられる。

1992年、コートダジュールの名門高校で
美貌の少女・ヴィンカが突如姿を消した。
当時、彼女と噂のあった哲学教師・
アレクシスと駆落ちしたとみなされ、
捜査は打ち切られた。

それから25年間、彼らの姿を見た者はいない・・・。
ヴィンカに思いを寄せていたトマは、
人気小説家となっていた。
その親友・マキシムは政治家となった。
二人はヴィンカ失踪の事件に関わる秘密
を抱えながら25年の時を過ごした。
その恐るべき秘密は巧みに封印されたはずだった。

ところが、彼らが卒業した高校で創立50周年の
記念祭が催され、その機会に体育館を解体し、
新たな校舎建設の着工式行われることになると、
事態は急変する。

そのニュースを聞き、愕然とするトマとマキシム。
彼らの恐るべき過去が暴かれるのか?

少女失踪の裏で何があったのか?
過去と現在を交互に描きながら、
子どもたちの罪、そして苦悩が浮き彫りになる。
さらに、子どもたちを救おうとする
大人たちの危険極まりない思惑・・・。

多くの伏線を緻密に配し、クライマックスに
向かって見事に回収されてゆく。
しかし、その衝撃度は生半可なものではない。
ミュッソにしか描けない超弩級の結末に
またしても、やられた!

『夜と少女』
著者:ギヨーム・ミュッソ
出版社:集英社(文庫)
価格:¥1,210(本体¥1,100+税)

翔んでる!?警察ミステリー「相棒はJK」

「巡査長 真行寺弘道」(中公文庫)、
「DASPA 吉良大介」(小学館)
など、社会派ミステリーを描く、
榎本憲男さんの新刊「相棒はJK」は
なんと!女子高生が主人公。
意外な設定にちょっと驚きました。しかし、
キャラクターたちがとても魅力的で面白い。

警察大学校を首席で卒業した、鴨下俊輔警部補。
キャリア組の中でも「超」がつくエリートだ。

警視庁刑事部刑事部長から直々に声を
かけられ、刑事部長直轄の組織・
刑事部捜査第一課特命捜査係へ異動となった。

その係には、数々の難事件を解決した実績を
持つ中心人物がいた。
その人物が鴨下とバディを組むのだ。
鴨下はどんな人物なのかとワクワクしながら
特命捜査係に向かう。
ところが、紹介された人物はなんと!!!
女子高生の花比良真理(しんり)だった。

原理原則に忠実な性格の鴨下は驚愕する。
女子高生が事件の捜査をするなんて、
警察組織がそんなことを許すなんて
言語道断!と納得できない。

こんな刑事を真理はどう思ったか。
彼女は、「この世には二種類の刑事がいる。
ドンな刑事とピンな刑事だ」と言った。
鴨下はどっち・・・・
この例えがめちゃめちゃ笑えた。

しかも特命捜査係のメンバーはどうも
落ちこぼれの集まりのような気がするが・・・。

鴨下は半ば強制的に女子高生とバディ
組まされる。そして超個性的な仲間とともに
女性失踪事件の謎を追うことに・・・。

やがて、鴨下は、捜査の過程で真理の隠された
秘密に気づく・・・。

哲学・宗教的な要素も織り交ぜながら
物語は進んでゆく。
また、随所に榎本節が垣間見られ、
「DASPA」「巡査長真行寺弘道」
の社会派ミステリーに通じるものがあり納得。

警察官として「白黒」はっきりつけたがる
鴨下と、それじゃ救える命も救えないと詰め寄る
真理とのやりとりが印象に残る。

イケメン・エリート刑事と訳あり女子高生
の活躍が斬新!
シリーズ化強く望みます!

『相棒はJK』
著者:榎本憲男
出版社:角川春樹事務所(ハルキ文庫)
価格:¥858(本体¥780+税)