究極の盤上ミステリー!「神の悪手」

芦沢央さんの「神の悪手」を読みました。
ひりひりするような緊張感が漂う!
将棋をテーマにした盤上のミステリ短編集。

【弱い者】
大震災後、避難所で子供たちに将棋の
指導対局をする北上八段は、ある少年に
出会う。才能にあふれている、自分で
育ててみたい・・・そう思った瞬間、
将棋を知っているものであれば
「ああ~!!」と思わず声が出るほどの
悪手を打った。
しかし、その悪手の裏には非情な真実が
隠されていた。

【神の悪手】
棋士の養成所・奨励会。26歳までにプロに
ならなければ退会という絶望が待っている。
リーグ戦最終日前夜、岩城啓一のもとに
対局相手が訪ねてきた・・・。
追い詰められた男が将棋人生をかけた
アリバイ作りに挑む表題作。
行間から漂う圧迫感と緊張感が半端ない。
息詰まる対局シーン、凄味を感じた。

【ミイラ】
詰将棋雑誌で投稿作の検討を担当する常坂は
投稿された作品の一つに妙なルールがあること
に気づく。投稿者の名前に記憶がある。
実は投稿者は、ある宗教施設で父親を殺害
した少年だった・・・。
少年はこの詰将棋で何を訴えたかったのか?

【盤上の糸】
八歳の時、事故に遭い両親を亡くし、自身も
脳に障害を負った亀海要。
棋士の祖父と職人の祖母に育てられ、要は
将棋にのめり込んだ。将棋の一手が彼の
言葉のすべてとなった。
そしてタイトル戦で競っているのは向島久行。
勝ち負けにこだわり、生々しい感情を
内に秘める向島と、脳の障害を乗り越え
独特の感受性で対局に臨む要。
その対比が、言葉の限りを尽くして
描き出されている。最高の1作。

【恩返し】
駒師の兼春は、棋将戦七番勝負第二局で、
国芳棋将が師匠の駒よりも自分の駒を
選んだことで舞い上がった。
しかし最終的に棋将が選んだのは
師匠の駒だった。なぜ?途中で気が変わったのか?
兼春はずっとそのことで悩んでいた・・・。

時に希望に繋がる一手
時に破滅に繋がる一手・・・。

思いもよらぬ着想、練りに練られた設定、
慎重に選ばれた言葉の数々、そして瞠目のラスト。

心を揺さぶられる、傑作短編ミステリ。

『神の悪手』
著者:芦沢央
出版社:新潮社
価格:¥1,760(本体¥1600+税)

西澤保彦先生の名作復刊。「あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する」

「七回死んだ男」」やユーモアミステリーの
人気シリーズ「腕貫探偵」でおなじみの
西澤保彦先生の「異邦人 Fusion」が改題されて復刊!
「あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する」。

実家に帰る飛行機搭乗を前に、奇妙な
違和感に陥った影二(じょうじ)。
そのまま飛行機に乗り、実家のある飛行場へ着陸した。
ところが着いた直後から強烈な懐かしさを感じた。
過去にタイムスリップしたらしい。

このまま実家に帰っても不審者と
間違えられるだろう。
実家の近くで野宿することに・・・。そして、気づく。
父が殺される数日前にタイムスリップしたことに。

二十三年前、父が殺された。
犯人は今だに捕まっていない。
姉は、父の事件をきっかけに恋人と別れ、
望まぬ結婚をした。

影二は、行くところもなく、姉が家出をした
時に暮らしていた場所に向かう。
そこは姉が恋人と暮らしていた場所だった。
そして、姉の元恋人の少女と出会う。
少女はなぜか中年の影二を見て自分の恋人の
弟だとわかったらしい。
父が殺される数日前にタイムスリップ
してきたことに意味があるかもしれない。

影二は少女とともに父の死の真相に迫るが・・・。

二人は父の殺人をふせぎ、
姉の哀しい運命を断ち切れるか?

‘タイムスリップ’というSF的展開と
誰が主人公の父親を殺したのか?
という犯人捜しミステリーが非常に
うまく融けあい、面白い。

特に、犯人捜しのロジカルな展開は
読み応えがあり、意外な犯人象に驚愕する。

また、血のつながらない姉弟と言う設定で、
姉に対する弟の複雑な気持ちがとても繊細に
描かれていて、切なくなった。

同性愛や禁断の恋が真っ直ぐに
描かれていて印象深い作品。

家族の愛と性を優しくも切なく描いた
タイムスリップ・ミステリー。

『あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する』
著者:西澤保彦
出版社:コスミック出版
価格:¥715(本体¥650+税)

母の深い愛情にしてやられる!「聖母」

秋吉理香子さんの「聖母」を読みました。
「ラスト25ページ、世界は一変する。」
帯の惹句、まさにその通りでした。

翻訳の仕事をする、主婦・保奈美は
高齢で娘を一人授かった。

婦人科系の病でなかなか子供ができない
体質だったため、長い間不妊治療を行ってきた。
不妊治療中の耐え難い痛みや、何度かの
流産を経て、生まれてきた娘だった。
どんなにつらい日々や、仕事の忙しさも
娘の顔を見れば癒され、日々の活力に
なる。この子は天使だ・・・・。

そんなある日、保奈美は郊外の街で
幼稚園児が遺体で発見されたニュースを
見る。被害者は死後に性的暴行を
加えられていた。
そのニュースを聞いた保奈美は、大切な
娘は大丈夫なのかと不安に苛まれる。

警察は懸命に捜査を続けるが、犯人は
一向に捕まる気配がない。

娘を思う母の決意、「この子を守る!
そのためなら何でもする」。

保奈美は娘を守るためある行動を起こす。

読み進めるうちに、微妙な違和感に気づく。
そして段々と恐ろしい展開に繋がっていることがわかる。
しかし、そこまでだ。

ラストの予想をはるかに超えた衝撃的展開に、
唖然とし、思わず既読ページに戻ってしまった。
一体私たちは何を見せられていたのか?

緻密に練り上げられた、サスペンスミステリー。
著者が仕掛けた巧妙な罠にはまる!

『聖母』
著者:秋吉理香子
出版社:双葉社
価格:¥703(本体¥639+税)

女性刑事が組織の闇に挑む!「月下のサクラ」

柚月裕子さんの女性刑事シリーズ最新作
「月下のサクラ」を読みました。
前作「朽ちないサクラ」で警察事務職の中途採用で
県警広報部に入った森口泉は、親友の死から警察に
巣くう闇を目の当たりにする。
親友の死を乗り越え、前を向いて歩き出した泉。

「月下のサクラ」で森口泉は警察官となった。
泉は、事件現場で収集した情報を解析・
プロファイリングし解決へと導く機動分析係を
希望するが、実技試験に失敗。
しかし、機動分析係係長の黒瀬により、配属
されることとなった。

実技試験のため、必死で鍛えた記憶力を
買われての配属だった。
しかし周囲からは「スぺカン」だと揶揄される。
それでも、泉は挫けなかった。
その記憶力を最大限に活かすため、当て逃げ事件
の捜査を始める。

同じ頃、会計課の金庫から約1億円の現金が
盗まれていることが発覚!
課内の職員の取り調べが始まるが、杜撰な
管理があらわになる。
やがて、一人の職員の名前が浮上する。

機動分析係は、メンバー一丸となって
捜査をすすめる。
あってはならないと願いながらも、
内部の犯行の線が濃厚となってきた。

泉らの捜査で密かに事件の核心へと
近づく中、今度は殺人事件が起きてしまう・・・。

この殺人は口封じなのか?
誰が何を隠蔽しようとしているのか?

またしても、組織の闇にのみこまれる泉。
しかし、泉は挫けない。
組織の闇に敢然と立ち向かい、不屈の
精神で事件の真相を暴く泉の姿が胸を熱くする。

クールだけれど、熱い正義の心を持つ
女性刑事の登場だ!

『月下のサクラ』
著者:柚月裕子
出版社:徳間書店
価格:¥1,870(本体¥1,700+税)

クリスティデビュー作で、ポアロ初登場作品「スタイルズ荘の怪事件」

高校生時代、アガサ・クリスティが
好きで読んでいた。
でも、超有名な作品しか読んで
いなかった。(映画化作品寄り)

それでアガサ・クリスティを久々に読んだ。
創元推理文庫で新訳が発売されたから。
クリスティのデビュー作でポアロ初登場の
「スタイルズ荘の怪事件」。
なんと、この作品は未読だった!

イギリスの片田舎にある「スタイルズ荘」の
女主人が毒殺された。
療養休暇中のヘイスティングスは、旧友に
誘われ、「スタイルズ荘」に滞在していた。
毒殺された女主人というのは、旧友の継母だった。

夫の遺産で血のつながらない二人の息子を
慈しみ育てた。多少性格に難はあったが、
周囲の人に気を配れる、優しい人だった。

ところが、最近になって20歳も年下の
男性に恋をし、周囲の反対を押し切って
結婚してしまった。
誰の目にも明らかに財産目当てに映っていたので、
夫が女主人を毒殺したのだと誰もが思った。

ヘイスティングスは、偶然にもベルギーで
優秀な警察官だった、エルキュール・ポアロと再会する。
そして、この毒殺事件の捜査を旧友に依頼させた。

殺人に使用された毒はストリキニーネ。
誰がいつどのようにして飲ませたのか?

事件現場に残っていた様々な遺留品。
粉々に砕けたコーヒーカップ、
燃やされた遺言状、
そして、事件前の誰かとの諍い。
周囲の人間の証言から、ポアロは
事件の真相に繋がるピースをはめ込んでいく。

ヘイスティングスはポアロが一人で何やら
調べているのが気に入らない。
自分の推理をポアロに話しても全く
取り合ってくれない。
ポアロに、どうしてわからないのですか?
ヒントはそこにありますよ。
と言われても全くわからない。
そんなヘイスティングスの不満は読んでいる私たちも感じる。
一体どこまで調べがついているんだよ~
と突っ込みをいれたくなる。
ヘイスティングスの迷ワトソンぶりが面白い。
しかし、ポワロはヘイスティングスの
何気ない言葉から、事件の真相にたどり着くのだ。

ポアロの灰色の脳細胞が冴えわたる!
最高のデビュー作。
もう一回読むと別の意味が浮かび上がるらしい。
再読必至!

訳者は、あのアンソニー・ホロヴィッツ
作品の訳を担当した、山田蘭さん。
海外小説にある、独特の言い回しを
とても美しい日本語でわかりやすく翻訳。
それでいて、海外ミステリーの雰囲気を
壊していない。

読みやすさと面白さでいっき読み。

『スタイルズ荘の怪事件』
著者:アガサ・クリスティ著/山田蘭訳
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥968(本体¥880+税)

余韻が残る、美しく切ない犯罪小説「未必のマクベス」

早瀬耕さんの「未必のマクベス」を読みました。
大長編でありながら、読ませる展開。
まるで壮大なスパイ小説を読んでいるよう。
クールでスタイリッシュな主人公の
恋心が切なくて痛い。

IT企業Jプロトコルに勤務する、中井優一は、
東南アジアを中心に交通系のICカードの
販売に携わっていた。

同僚の伴浩輔とともにバンコクでのビッグな
商談を成功させた優一は、帰国途中
着陸地変更のため立ち寄ったマカオで
カジノに挑戦、大金を手にする。
マカオのホテルで出会った娼婦から
「あなたは、王になって、旅に出なくてはならない」
と予言めいた言葉を告げられる。

その後、香港の子会社の代表取締役を命じられた
優一。しかし、そこには悪意ある罠が待ち受けていた。

シェークスピアの三大悲劇と言われる
「マクベス」になぞらえた企業サスペンス。
中井と伴は、いつのまにか闇の世界へと堕ちていく。

横領、偽造、殺人・・・。
しかし、それは己の命と大切な人たちを守るためだった。

マカオ・香港・バンコク・サイゴンと
東南アジアの美しい情景を舞台に
繰り広げられる危険すぎる駆け引き!
中井の周囲は誰が敵で誰が味方なのか?
判断を誤ると命が危ない!
手に汗握る展開にワクワクする。

中井の知らないところで、彼の初恋の
人は同じ会社に入社しながら、行方不明に。
現在の恋人の間で揺れる中井。
意外なラストに衝撃を受けた。

危険な企業サスペンスにあまりにも
切ない恋愛エピソードを加えた、
ほかに類をみない、純愛サスペンスだ。

小説の中で、最後まで気になって仕方なかった。
美味しそうな料理・アフリカンチキンと
お酒・キューバリブレ。
食べてみたいな~

『未必のマクベス』
著者:早瀬耕
出版社:早川書房(文庫)
価格:¥1,100(本体¥1,000+税)

名探偵・海老原、超常現象の謎に挑む!『呪い殺しの村』

「風」の名探偵・海老原浩一が
難解な謎を解いてゆくシリーズ、
「呪い殺しの村」を読みました。

不可能犯罪てんこ盛りで
やりすぎミステリと言われている
このシリーズ。
今回も驚愕の連鎖でした。

恩師の娘・雫美とともに、千里眼・予知
呪殺の「三つの奇跡」を行うという
家を訪ね、東北の寒村に赴いた
探偵・海老原浩一。
その力は、代々糸瀬家に受け継がれてきた。
儀式を執り行うその糸瀬家は、「憑き筋」
として、厭われてきた。

海老原は、両親の死の真相を探るため、
父が研究していた「まつろわぬ民」の
調査を引き継ごうと決意し、この
糸瀬家にたどり着く。

そして、海老原と雫美は、「千里眼」
の奇跡をまざまざと見せつけられる。

一方、東京では警視庁の鴻上管理官が
都内で発生した連続殺人事件の調査を
行っていた。
殺された女性の捜査では、鴻上自らが
監視していたはずが、監視対象の
その部屋で殺されたのだ!

この不可解な事件に捜査は行き詰まった。
捜査の突破口を求め、被害者の血縁
を頼り、鴻上もまた海老原たちが
立ち寄っている場所へやってきたのだ。

この村で出会うことになった、海老原と鴻上。
二人は互いに意識しあいながらも、
この村で起きた忌まわしい過去と
対峙させられることに・・・・。

憑き筋の糸瀬家、村を牛耳る染矢家。
この二つの家にまつわる激しい
怨嗟の歴史に巻き込まれてゆく。

「呪い殺しの村」は、「三つの奇跡」
という超常現象の謎を解き明かす。
さらに、不可能犯罪のトリックと
事件の真相を暴くこと。
とんでもなくハードルの高い本格ミステリー。
不可能犯罪が次々とでてきて、
ワクワクの連続、そして海老原によって
明かされるトリックの数々は唖然!!

さらにラストのどんでん返しには
言葉を失った・・・・。

次の作品も楽しみだ!!!

著者:小島正樹
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥815(本体¥741+税)

民主主義を揺るがす危険なプロジェクトが進行する!?「レッドネック」

「震える牛」で食品偽装の闇を暴き、
「不発弾」で大企業のマネーゲームの実態を暴露、
さらに「トップリーグ」では、永田町を揺るがす
政治の裏側にスポットを当て、読者を驚愕させた
相場英雄さん。
最新作「レッドネック」は、民主主義の根幹を
揺るがす危険なプロジェクトの内幕を描く。

外資の大手広告代理店オメガエージェントに勤務する
矢吹蛍子は、バンクーバーに出張を命じられる。
彼女のミッションは、データサイエンティストの
ケビン坂田に会うこと。これは極秘のミッションだった。

オメガエージェントのクライアントが
60億円ものフィー(専門作業に対する報酬)を
支払う謎の男。
彼は来日し、高田馬場の古びた倉庫で作業を始める。

蛍子はケビンの専門秘書に命じられるが、
ケビンからは何の仕事も振られない。
会社にもケビンにの仕事の内容を問うが
極秘プロジェクトのため、一切明かされる
ことはなかった。

理工学系の優秀な大学生を集め、パソコン
やタブレットに向かう彼らは、蛍子から見ると
遊んでいるようにしか見えない。
ケビンからは無能者扱いされ、疲弊する蛍子だった。
しかし、蛍子は執拗にプロジェクトの内容を
ケビンに迫る。
根負けしたケビンはたった一つ蛍子にヒントを与える。
プロジェクト名は、「レッドネック」だと・・・。

「レッドネック」とは、産業が空洞化した
ラストベルト、低賃金に甘んじ、移民や
他の民族が自分たちの分野へ進出し、
煽りを食ったと思いこんでいる白人層のこと。

「レッドネック」プロジェクトとは一体
何なのか?

ケビン・坂田は「レッドネック」計画を
日本で実行しようとしているのか?

都知事選を目前に控えた東京を舞台に
危険なプロジェクトが進行する。
私たちの知らないところで、何者かに
誘導される・・・?
そんなことはありえないと誰もが思うだろう。
しかし、本書「レッドネック」を読むと
それが事実だったのだろうと思わせる
リアル感がある。

『レッドネック』
著者:相場英雄
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,870(本体¥1,700+税)

最恐の展開!「暗黒女子」

秋吉理香子さんの「暗黒女子」を読みました。
2017年に映画化され、話題をさらった作品。

「イヤミス」っぷりが半端ない!
そして、読みだしたら止まらない面白さ!

名門ミッション系女子高・聖母女子高等学院で、
学園一の人気を誇る美少女・白石いつみが
スズランの花を手に屋上から飛び降り謎の死を遂げた。

その後、学園内では「彼女が主宰していた文学
サークルの中に、彼女を殺した犯人がいる」
と噂が流れた。

いつみの親友である澄川小百合は、彼女の死を
悼み、学年末恒例の「闇鍋会」で追悼会を行う。

5人の部員たちは、いつみに選ばれ、いつみに
憧れを抱いていた女子学生たち。
その追悼会で、彼女たちが「いつみの死」ついて
描いた小説の朗読を行う。
それはいつみの死の真相を探ろうとする小百合の
提案だった。

誰もが信頼し合い、助けあう、いつみを中心とした
素敵なサークルだと思い込んでいたのに・・・。

彼女らが朗読する小説は、誰かが誰かの秘密を暴き、
そして陥れ、犯人を告発するものだった。
誰が真実を語っているのか?真犯人はいるのか?

不穏な空気が漂い、5人の少女たちは恐怖にかられる。

嘘で固めた友情。裏切り。罠。
上流階級の女子たちの心に潜むどす黒い闇に唖然!
誰が犯人でもおかしくない。

しかし、クライマックスで最恐の真実が語られる。
あまりのおぞましさにのけぞってしまった。

読み終わってから、映画「暗黒女子」の
展開が気になってきた・・・。

『暗黒女子』
著者:秋吉理香子
出版社:双葉社
価格:¥672(本体¥611+税)

日常が非日常に変わる怖さ・・・。「非日常の謎ミステリアンソロジー」

「非日常の謎」講談社タイガ文庫

読み応えたっぷりのミステリ短編集。
今注目の作家さんたちの意欲溢れる作品ばかり。

【十四時間の空の旅】 辻堂ゆめ
16歳の誕生日に、アメリカから一人日本に帰国
することなったエリカ。「嬉しいのか寂しいのか、
どっちなんだろう?」と心がざわめく。
不安な気持ちを抱えたまま、飛行機に搭乗すると
怪しい男が・・・・。
揺れ動く少女の心が胸に刺さる。

【表面張力】凪良ゆう
寺の住職の妻としてテキパキと働く母。
その二人の息子たち、そしてその妻たちの
母に対する危険な心理が交差する。
そのギリギリ加減。【表面張力】という
表現がまさにピッタリ!!

【これは運命ではない】城平京
「虚構推理」シリーズの桜川九郎が後輩の
悩みを受け止める。
ある女性との出会いは偶然か?故意か?
様々な推理を披露する桜川九郎。
後輩が何を言っても納得できる答えを出す
桜川九郎が凄い!

【どっち?】木元哉多
妻の親友と不倫した夫。妻の出産が
近づいて、不倫を清算したいと願うが、
不倫相手は納得せず、夫は窮地に陥いる。
しかし・・・・。
女性の恐さが浮き彫りにされる。一番怖かった。

【成人式とタイムカプセル】阿津川辰海
兄に対抗心むき出しの弟が、兄のまねをして
タイムカプセルを埋めた。
それから10年。埋めた場所を堀かえすと
何も入っていなかった・・・・。
いったいどういうこと?
たった一人の女友達と真相を探る。
愚かだった自分と向き合う青年。そして友達の
心遣いにホッとする。

【この世界には間違いが七つある】芦沢央
見られているあいだは決して動いてはならない
というルールのもと、監禁された人たちの心が
は壊れてゆく・・・。
衝撃的展開で読者を魅了する著者。
この作品では「間違い探し」で読者に挑戦する!
再読必至の傑作!

『非日常の謎 ミステリアンソロジー』
著者:芦沢央/阿津川辰海/木元哉多/城平京/辻堂ゆめ/凪良ゆう
出版社:講談社(タイガ文庫)
価格:¥726(本体¥660+税)