第3回警察小説大賞受賞作『転がる検事に苔むさず』

第3回警察小説大賞受賞作、直島翔さんの
「転がる検事に苔むさず」(小学館)。
元新聞社勤務で、社会部記者時代東京地検を
担当した著者だからこそ描けた、検察、
そして検事のリアル。

東京区検察庁浅草分室。略して区検。

そこで若手検事の指導官を務める
検事・久我周平は、飲み仲間の
刑事課長から手を貸して欲しいと
相談を持ち掛けられた。

ある夜、若い男が鉄道の高架から
転落し、猛スピードで走る車に
衝突し死亡した。
その男は自動車ディーラーの営業マンだった。

自殺か?他殺か?高架には他殺と
思われる痕跡が残っていたが、
殺人事件と断定できない。

仕方なく久我たちは自殺の線で遺書探しに専念する。
ところが、調査の過程でこのセールスマンの
周辺からグレーな部分が次々と明るみに出る。

ペーパーカンパニーを利用した輸入外車取引、
ロッカーから見つかった麻薬と現金・・・。

死んだ男は一体何者なのか。

久我は、交番巡査や新人の女性検事
とともに事件の真相に迫ってゆく。

検事が現場の刑事とともに捜査を行うと
いう展開はとても新鮮に映った。

また、事件捜査の現実や、正義が行われる
場所での内部抗争の実態がとてもリアルに
描かれていて面白い。

そして、主人公・久我検事の生き方が印象深い。

同僚から見下され、家族からは軽んじられる。
そして出世も見込めない。
検事なのに、仕事は地味で軽微な事務仕事。

そんな中でも、検事としての正義を全う
しようと奔走する姿に胸が熱くなる。

さえない中年検事が主人公の物語。
地味に感じるかもしれないけれど、
良い意味で「渋み」が際立つ、警察ミステリー。

『転がる検事に苔むさず』
著者:直島翔
出版社:小学館
価格:¥1,760(¥1,600+税)

犯罪の原初を集めた!?「人類最初の殺人」

双葉社から、またまた破天荒なミステリー小説が登場!!
小説推理新人賞作家・上田未来さんが描く、
「人類最初の殺人」です。

表題作「人類最初の殺人」を含む「詐欺」「盗聴」「誘拐」
「密室殺人」の5つの短編を収録。

人類最初の殺人は、20万年前原始人による撲殺。
「怒り」によって信じていた、仲間を殺して
しまった・・・。
なぜそうなってしまったのか?
怒りモードになってゆくまでの心理描写が凄い!

人類最初の詐欺は、1万年前の事件。
ユニコーン伝説は旧石器時代、ある男によって
でっちあげられたもの。なぜそんなことを
したのか?笑劇と衝撃のどんでん返しに驚愕!

人類最初の盗聴は、日本の飛鳥時代が舞台。
遷都の歌を詠まなければならなくなった男。
都の名を歌に入れなければ意味がない。
新しい都はどこになるのか?
盗み聞きをしようとアレコレ悩むんでいると・・・。
えええ~!!この時代にコレが!さて、何だろう?

人類最初の誘拐は、古代エジプト。
孤児たちが一獲千金のために、お金持ちの
男を誘拐するが・・・・
子どもたちの誘拐計画が一転、涙を誘う
感動のラストに変化!

人類最初の密室殺人は、邪馬台国誕生を思わせる展開。
ヤマという国を治める、女王・ヤソミコ。
彼女の化粧をするのは、下女のヒミコ。
ヒミコは、ヤソミコの横暴を止めようとする。
罪を犯した者は囚われ、山の神に殺される。
しかし、ヒミコの父は無実でありながら
囚われて死んだ。死体には奇妙な傷があった。
一体どうやって殺されたのか・・・?
前代未聞の密室殺人の謎が暴かれる。

本当にこんなことが起こったのかもと
思わせる、著者の想像力と描写力は圧巻!

デビュー作とは思えない完成度!
もの凄く面白いです。

『人類最初の殺人』
著者:上田未来
出版社:双葉社
価格:¥1,595(本体¥1,450+税)

最凶の悪女が二人!?恐ろしすぎる!「嗤う淑女二人」

中山七理さんの新刊「嗤う淑女二人」を読みました。
「嗤う淑女」「ふたたび嗤う淑女」に登場した最強の
悪女が、今度は相棒を従え恐ろしい事件を起こします。
人間の所業とは思えない!!!

高級ホテルで行われた、ある中学校の同窓会。
そのクラスには、国会議員・日坂浩一がいた。
彼が乾杯の音頭をとり、参加者たちは
グラスをいっきに煽った。
一転、会場は阿鼻叫喚の惨劇の場と化した。
飲み物に毒物が仕込まれ、参加者20人のうち
17人が犠牲となった。そして、日坂は「1」と
いう数字の紙を握りしめ息絶えていた・・・・。

格安の一泊バスツアーで、旅行を楽しむ参加者たち。
バスガイドの高濱幸見は、参加者たちに気を配り、
トイレ休憩時の注意事項を話していた。
あるドライブインで休憩後、一人の女性が
行方不明になった。
彼女が座っていた席にはバッグが置いた
ままだった。それに気づいた矢先、大きな
衝撃がバスを襲う!爆発事故が起こり26名もの
乗客が犠牲となった。そして、バスガイドの
バッグからは「2」という数字の入った
真鍮プレートが発見される。

ある中学校から火の手があがった。
途中違法駐車のため、迂回を余儀なく
され、40分遅れで消防が駆け付けると
校舎の1階部分はほぼ全焼していた。
その現場から、人間の焼死体が発見される。
そして、死体からベルトのバックルのような
ものが落ちてきた。それには「3」という
数字が入っていた・・・・。

経営難に陥った昔ながらの銭湯をフィットネスジムに
リフォームし、会員を募るが、今一つ集まらない。
そんなジムで必死にダイエットに励む、古見千佳。
あとは、暇つぶしにジムに通う女性たちがチラホラ・・。
そんな時、いきなりドンッ!という凄まじい
振動が!ジムは吹っ飛ばされ、5名の会員が
亡くなった。当初は古い銭湯だったため、ガスに
よる爆発だと思われたが、外側からの圧力に
より、爆発が起こったと断定された。
さらに、会員の一人・古見千佳の自転車の
かごに「4」という数字の入ったプレートが発見された。

捜査本部は、ホテルでの毒殺事件から、一人の
女性を犯人と断定した。
2件目のバスにもその女性らしき人物が関わって
いたのだ。

しかし、その女性を知る捜査員たちは、彼女の
犯行のやり方とは違うと言っている。
もしや、彼女は何者かの意図で動いているのでは
ないか?

それをズバリと指摘したのは、御子柴弁護士だった。

テロ行為かと思われるほどの大量殺人。
彼女は一体なんのためにこんな事件を起こしたのか?
そして、彼女を操る別の人間がいるのか?

その真相は、あまりにも恐ろしく、理不尽!

どんでん返しの帝王が放つ、想像を絶する逆転劇!
読みだしたら止まらない、最恐のイヤミス!!

『嗤う淑女二人』
著者:中山七里
出版社:実業之日本社
価格:¥1,760(本体¥1,600+税)

警視庁追跡捜査係シリーズとコラボ!完結編『チェンジ 警視庁犯罪被害者支援課8』

堂場瞬一さんの人気警察小説シリーズコラボ企画第3弾!
「警視庁追跡捜査係」&「警視庁犯罪被害者支援課」です。
さらに今作は、「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズ
第8作目で、シーズン1の完結編。

通り魔事件発生の一報を聞いて現場に
駆け付けた、犯罪被害者支援課の村野。
混乱する中で聞き覚えのある声を聴く。
追跡捜査係の沖田が通り魔に襲われた
男性の胸元をつかみ激しく追及していたのだ。
驚いた村野は、沖田を止めに入った。

村野の行為に激怒する沖田。
沖田に言わせると、彼は現在追跡捜査係が
再捜査している8年前の強盗殺人事件の
容疑者の一人だという。

それを聞いた村野は、複雑な気持ちになった。
いくら容疑者だとしても、彼は通り魔に襲われた
被害者だ。あの態度はひどい。

早速、支援課の仕事が始まった。
村野は、沖田が容疑者と言っていた男性の
ケアを担当するが、重症を負っていて
話を聞くことができない。
家族と連絡をとろうとするが、家族の態度は
非情に冷たいものだった。

一方、沖田は何とか男性から証言を
とりたい一心で、医者に話をするが、
NOを突き付けられる。

通り魔事件の捜査本部は、何度も他の被害者から
話を聞き出そうとして、病院側を困らせていた。

村野と沖田は捜査本部の動きが尋常ではないと
感じ、二人で独自に動くことに。

「ラストライン」の岩倉や「アナザーフェイス」の
大友鉄の力を借りながら、捜査を続けた
沖田と村野は、捜査本部のありえない思惑にたどり着く。
それはまたしても、警察の信用が地に堕ちるような
事案だった・・・。

通り魔事件から、予想をはるかに超える事件の
真相が見えてくる。時を超え二つの事件が交差する
その真実とは!?

「チェンジ」と題された犯罪被害者支援課第8弾。
支援課がどう変わるのか?
村野の人生に進展があるのか?
そのあたりも今作の重要なテーマだ。

シーズン1の完結編。そして新たな支援課の姿が
楽しみで仕方ない。

『チェンジ警視庁犯罪被害者支援課』
著者:堂場瞬一
出版社:講談社(文庫)
価格:¥946(¥860+税)

完成度MAX!警察倒叙ミステリ『教場X 刑事指導官 風間公親』

木村拓哉さん主演でドラマ化された「教場」
そのシリーズ最新作が発売!
長岡弘樹「教場X 刑事指導官 風間公親」(小学館)。

6話の短編から成る、謎解きにこだわった警察小説。
犯人当てではなく、犯人がいかにして殺人を犯したのか?
に焦点を充てた倒叙ミステリだ。

「風間道場」に呼ばれた若手刑事たちは、
それぞれの事件現場で彼らの実力を試される。

事件現場で気づいたこととは何か?
風間に問われる。
眼で見てわかることではなく、現場に漂う
空気感や匂い、その裏まで把握しなくては
ならない。
ありきたりの答えしかできない者など
この風間道場では必要とされない。
交番勤務に戻る以外にないのだ。

自動車事故で妻を失った男。
娘が唯一の目撃者だったが、小学生の
娘の目撃証言は採用されず、犯人と
思われる男は証拠不十分で不起訴となった。

地元新聞社の内定を得、前途洋々の大学生。
「人文地理学」の単位さえとれば
卒業が確定する。しかし担当教授からNOを
突き付けられる。

10年前に恋人を自殺で失った女性。
その原因を作った男が刑期を終え普通に
暮らしている。憤る女性は男の殺害計画を
実行しようとしていた。

女子短大生は、授業で知り合った工芸家の
男性と関係を持ち妊娠。男は中絶を
迫り、費用を渡しイタリアに旅立つ。
しかし、女子短大生は休学し出産する決意を固める。

輸入雑貨の通販会社社長の男。
海外の闇サイト経由で違法な商品を仕入れ
莫大な富を得た。そろそろ潮時と見た
男だったが、相棒の女性を説得できずにいた。

実験中の事故で両目を失明した著名な有機化学教授。
一線を退いたが、娘の前科持ちの夫の行動が悩みの
種となっていた・・・・。

悪人ではない。でもどうしても「殺す」しかなかった
者たちの復讐心や心の隙間に芽生えた殺意の
感情がひしひしと伝わってくる。

物語の中に仕掛けられた、数多の伏線が風間と
若手刑事たちの捜査によって次第に繋がってゆく
過程が丁寧に描かれ、真相が明かされたときの
驚きは言葉にならない。

犯人を追い詰める、風間と若手刑事たち。
悲しみに覆われた犯人の苦しみ、悔しさを
受け止めるその姿勢が切なく感じられた。

この作品もドラマ化してほしい。
刑事コロンボや古畑任三郎も超えるほどの
傑作になるかもしれない。

『教場X 刑事指導官 風間公親』
著者:長岡弘樹
出版社:小学館
価格:¥1,650(¥1,500+税)

不気味な屋敷で繰り広げられる殺戮!「兇人邸の殺人」

前代未聞のクローズドサークルで起こる
連続殺人事件の顛末を描いた「屍人荘の殺人」。
さらに超能力者による予告殺人を描いた
「魔眼の匣の殺人」。
2作とも驚愕の面白さでミステリファンを唸らせた。

そして第3弾!「兇人邸の殺人」の登場だ!

ある企業から、盗まれた斑目機関の研究資料を
取り戻したいと依頼された剣崎比留子。
廃墟となったテーマパークにある、屋敷の
主人によって持ち逃げされたらしい。
しかし、その屋敷に入ると二度と
出られないという都市伝説が流れていた。
依頼主とその秘書は傭兵を雇い、剣崎比留子に
協力を要請。
剣崎は葉村も誘い、その屋敷に向かった。

“廃墟テーマパーク”にそびえる「兇人邸」。
彼らは深夜にその奇怪な屋敷に侵入した。
だが、彼らを待ち構えていたのは、
無慈悲な首斬り殺人鬼だった。

逃げ惑う葉村たち。一夜が明けると
屈強な傭兵たちが首のない無残な死体
となって発見される。
そんな中、比留子が行方不明に!

兇人邸という不気味な屋敷。
そこに現れる異形の怪物。
秘密の人体実験、
殺戮の影で起きた巧妙な密室殺人・・・。

さまざまな思惑を抱えた生存者たちは
謎の怪物に支配された建物から
脱出るする術を探る・・・。

葉村は比留子を見つけ出し、この事件の
真相を解き明かすことは出来るのか?

異形の怪物VS傭兵たちの闘いはまるで
映画のような迫力で迫る。

特殊なクローズドサークルが設定され、
さらにその中で起きる連続猟奇殺人の
謎を解く本格ミステリ。

「兇人邸の殺人」は前2作を上回る興奮と衝撃!

『兇人邸の殺人』
著者:今村昌弘
出版社:東京創元社
価格:¥1,870(¥1,700+税)

ミステリ愛にあふれた、最高傑作!「硝子の塔の殺人」

知念実希人さんの「硝子の塔の殺人」が
素晴らしい!
今までの作品は院内で起こる医学的ミステリ
が多かったが、「硝子の塔の殺人」は、
本格ミステリ。しかも作品内で、ミステリ好きが
ワクワクするようなこれまでの
ミステリの名作作品が登場人物によって
語られるというミステリ愛にあふれた作品。

雪深い森の中に建てられた、美しい硝子の塔。
この塔の主である、生命工学科教授の神津島太郎は、
重大な発表をするというということで、
刑事、料理人、医師、名探偵、メイド、霊能力者、
小説家、編集者など曲者揃いのゲストたちが集められた。

ところが、館の主人が毒殺され、火事現場からは
血まみれの遺体が発見される。
さらに血文字で記された十三年前の事件・・・。

事件解決に動いたのは、館の主人の主治医と
女性名探偵だった。

脱出不可能となったクローズドサークルで起こる、
毒殺、火災、さらに密室で起こる不可能殺人。
犯行は内部の人間なのか?疑心暗鬼に陥るゲストたち。

緻密に張り巡らされた伏線。
読者への挑戦状!
これで事件解決かと思った後の大どんでん返し!
圧倒的リーダビリティで物語の世界へと誘われる。

どんだけミステリ好きなんだよ!と突っ込みを
入れたくなるくらいミステリオタクの名探偵。
彼女が語るミステリ名作の数々、読んでいる
だけで幸せだ!

ストーリーも、謎解きも超絶面白い、
著者が初めて本格ミステリに挑戦した
完成度MAXの超本格ミステリ。

『硝子の塔の殺人』
著者:知念実希人
出版社:実業之日本社
価格:¥1,980(本体1,800+税)

シリーズ中最も泣ける展開!「警視庁53教場 カラスの祈り」

「警視庁53教場」シリーズ第5弾は前作
「正義の翼」の続編!
「正義の翼」は五味がこれまで経験した
ことのない、深くて暗い闇を暴き出した。

その元凶となったのは、一人の生徒だった。
彼の表の顔は優秀でリーダー的役割を
そつなくこなし、誰からも信頼される。
しかし裏の顔は、暴力で人を思い通りに
操る恐ろしい男だった。
この男を警察官にしてはならないと
決意した、五味と高杉はある計画を
持って、その男を男子寮の空き部屋へ
閉じ込め、開かずの部屋とした。
そして五味と高杉が日々彼の世話をしていた・・・。

五味教場では新たな生徒が学ぶ中、
開かずの部屋の存在が徐々に明らかになる。

捜査一課の転属を断り、警察学校に
残った五味。
信念を貫き、「彼」を卒業させなかった。
しかし、その結果は惨憺たるものだった。
府中警察署の瀬山綾乃と再婚した五味。
順調な結婚生活は、「彼」の言葉の
暴力で次第に綻びが・・・。
さらに教場でもきちんと生徒たちに
向き合えない状態が続いていた。

解決策を見出せずにいる中、法務省
矯正局から特任教授の赤木が着任
してきた。

五味の疲弊ぶりが読んでいてつらかった。
しかし、赤木教授の動きで少しずつ
状況が変わってくる。
絶対に矯正はできないと思っていた
「彼」は赤木の指導で徐々に心を開くが・・・。

歴代卒業生も五味のピンチに必死で
「彼」の起こした事件を調べてゆく。
その過程で浮かび上がるさらなる恐ろしい事実。

人間の闇とはここまで深いのか・・・・。
想像を絶する展開はまさに鳥肌もの。
そして、号泣のラスト・・・。

前作もシリーズ最高傑作と言ったが
それ以上の面白さ!
胸が熱くなる傑作。

『カラスの祈り 警視庁53教場』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥836(¥760+税)

今回の奇跡は本物か!?「バチカン奇跡調査官天使の群れの導く処」

藤木稟さんの「バチカン奇跡調査官」
シリーズの最新刊、「天使の群れの導く処」
を読みました。

今回は、キルギスの教会で起きた
奇跡の調査を行う。
政治情勢が安定しないキルギスで
本当に奇跡は起こったのか・・・?

モスクワ発で香港へ向かうロシアの
旅客機・アエロフロート208便が
キルギス上空で突如エンジンが停止した。
乗客乗員の命を守るため、機長・副操縦士
らは様々に試みるも成す術がない。
もう墜落するという絶対絶命のピンチの中、
突如空が光り、その中から天使たちが現れる。
そして天使たちに導かれた旅客機は、
キルギス国際空港に無事着陸した。

さらに同じ夜、首都郊外のセロ・タシュと
言う小さな町の教会で、巨大なキリスト像が
ひとりでに動いたのだ。
キリスト像が向いた方角こそ、天使たちが
現れ旅客機を救った国際空港だった。

バチカンの奇跡調査官の平賀とロベルトは
その調査のため、キルギスへと向かった。

平賀はバチカンの神父でありながら
優秀な科学者だ。
彼の詳細な調査で、キリスト像が
ひとりでに動いた真相が明らかになってゆく。
しかし、旅客機の奇跡は平賀をもって
しても科学的解明に至らない。
今度こそ本当に奇跡が起こったのか!?

ロベルトは、カミッロ神父にキリスト像の
奇跡申請を勧めるが、カミッロ神父は
頑なに拒否をする。
その態度に疑念を抱くロベルト。

かたや、平賀は教会で偶然手にしたものを
シン博士に調査を依頼するが、シン博士は
危険すぎるからと怒り狂ってしまう。

二つの奇跡を結ぶあまりにも衝撃的な真相。
そして、平賀とロベルトに絶体絶命の
危機が訪れる!

今回際立ったのは、平賀が全く空気を
読まないところ。
シン博士に感謝を伝えなさいとロベルトに
注意され、素直に従うところが可愛かった。

さらに面白かったのは、キルギスの警察が
全く調査に協力してくれず、困った二人が頼った
のは、上司のサウロ大司教。
なんとサウロ大司教は、ロシア正教会
総主教を動かしてしまった。
凄い力業。さすがの警察もロシア正教会
総主教には逆らえない・・・。

平賀とロベルト、この神父コンビの
活躍は、いつも心を癒してくれる。

次回作も楽しみ!

『バチカン奇跡調査官 天使の群れの導く処』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥792(本体¥720+税)

戦慄の展開!!「時計仕掛けの歪んだ罠」

「靄の旋律 国家刑事警察特別捜査班」の
著者、アルネ・ダールの「時計仕掛けの歪んだ罠」
(小学館)を読みました。

スウェーデンでベストセラーのクライム
ノベル。これはただの警察小説ではない。
どんでん返しが半端ないサスペンス。

1年7か月の間に3人の十五歳の少女が失踪した。
ストックホルム警察犯罪捜査課の
サム・ベリエルは同一犯の連続殺人
と主張する。
しかし、彼の上司、アラン・グズムンドソンは
サムの主張を否定する。

サムは目撃者の通報を受け、現場に駆け付けた。
そこには罠が仕掛けられ、捜査班の一名が負傷!
それでも同僚とともに現場を捜索。
しかし、そこはもぬけの殻だった。
確かに誰かを監禁した痕跡はあるのだが・・・。

サムがこれまで捜索した三つの現場。
それらの現場写真に写っている人物の存在。
サムはこの人物が犯人ではないかと疑う。
そしてついに特定し、容疑者確保に動いた。

サムは、早速容疑者尋問を始めるが・・・。

思わずどうなっていると頭に?マークが
巡る展開。
いきなりの反転!ベリエルが一転容疑者に!?
しかし、それも「罠」なのか?
誰が味方か?敵はいるのか?
緻密に張り巡らされた罠にベリエルと
同様に読手もとことん翻弄される。

果たして、少女たちは助かるのか?
真犯人の目的は何なのか?

北欧独特の社会問題を背景に、戦慄の
展開が繰り広げられる!

あまりにも衝撃的ラストに絶句!

シリーズ第2弾「狩られる者たち」を
早く読まないと!

『時計仕掛けの歪んだ罠』
著者:アルネ・ダール著/田口俊樹訳
出版社:小学館
価格:¥1,210(本体¥1,100+税)