胸が熱くなる!時代小説『童の神』

『羽州ぼろ鳶組み』『くらましや稼業』シリーズ
など人気の時代小説シリーズが続々ベストセラー入り!
大ブレイク中の今村翔吾さんの初の単行本『童の神』
を読みました!

「童の神」は、第10回角川春樹小説賞受賞作で、
選考委員の方々が満場一致で激賞した時代小説。

はまさきもプルーフ版を読ませて頂いた時に
あまりの面白さになんだかぞわぞわしました。

平安時代、京の都の人たちはかなりの上から目線で
「童」(朝廷に属さない先住の民)たちを蔑んでいた。
彼らは、鬼・土蜘蛛・不知火・滝夜叉などと呼ばれていた。
京人たちは、権力を持って「童」たちの大切なものを
奪ってゆく・・・。

越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に
復讐を誓っていた!身分を隠し、京で暮らす内に
一人の盗人と出会う。彼は貴族でありながら、
朝廷のやり方に不満を持ち、彼なりのやり方で
民や「童」たちを守ろうとしていた。桜暁丸は
そんな盗人に心酔し、兄と呼ぶようになる!
しかし、悲劇は起こった!
大切なものをねこそぎ奪われた桜暁丸は、ほかの
「童」たちを仲間に引き入れ、朝廷に闘いを挑む!

いつの時代も権力者は傲慢で、自分たちのことしか
考えない。民よりも自分たちの立場やメンツが大切なのだ。
民はいつでも平穏で公平な世の中を望んでいるというのに。

ちょっとだけ、平安時代の歴史の闇を垣間見た感じだ。

登場人物が全て魅力的!
童たちの正義はどこまでも潔く、京の貴族階級の
悪人たちはどこまでも悪として描かれ、両者の
激烈なる戦いぶりに、心を鷲掴みにされる!
ワクワクが止まらなかった、凄い時代小説!

『童の神』
著者:今村翔吾
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,600

本屋さんは「謎」がいっぱい!「レジまでの推理」。

似鳥鶏さんの「レジまでの推理 本屋さんの名探偵」は
書店を舞台にした‘ほんわか’ミステリー。

書店に勤めていても、お客様からの問い合わせは
時に「ミステリー」と感じることもあります。

「7冊で海を越えられる」「全てはエアコンのために」
「通常業務探偵団」「本屋さんよ永遠に」
の4作品が収録されていて、どれもとっても面白い。

海外赴任が決まり、彼女に相談もせずに
それを決めちゃった男性。喧嘩別れした後、
彼女から送られてきた本の内容にボーゼン!
一体どういう意味なのか?
懇意にしていている本屋さんに相談するが…。
本のタイトルが暗号化。秘密のメッセージを解読できるのか?
「7冊で海を越えられる」

大学生の男性が引っ越し先で大好きな作家のサイン本が
行方不明になったので、もしかしたら手伝いをしてくれた
友人が持って帰ったのでは?と思い、友人がバイトをしている
本屋さんにやってきた。彼は友人が持ち去ることは
不可能だと言うが….。スタッフたちは様々な推理を展開する。
ラストはちょっと切ない。
「全てはエアコンのために」

カリスマ人気作家のサイン会が開かれた。作家はその書店に勤務
するバイトの友人ということでサイン会を快く引き受けた。
無事にサイン会は終了。ところがその後からお店のポスター等に
気味の悪い嫌がらせが始まった…。
「通常業務探偵団」

POPばかり書いている店長さんの謎解きが圧巻ですよ~。
本にまつわるミステリー。こんなに「謎」があるなんて!
読んでいて「なるほど~」と膝をうちました。
それから、書店用語のミニ解説が面白いです。

万引きに、悪質な嫌がらせ・・・次々と不穏なことが起こる
書店。最近店長に元気がない・・・。そんな時に小火騒ぎが
起こった!「本屋さんよ永遠に」

この章は本が好きなすべての書店員の悲痛な叫びが描かれて
いる。書店員が読むと実際のそうなんだと叫びたくなると同時に
でも本屋は決して無くならないと信じたくなる。っていうか
信じてる。
「本も好きだけれど、それとは別に本屋が好き」「本屋さんで
欲しい本を見つける」というセリフに涙が出てしまいました。

『レジまでの推理 本屋さんの名探偵』
著者:似鳥鶏
出版社:光文社
価格:¥1,300(税別)

文豪・谷崎潤一郎の犯罪小説がすごい!!

中公新書「日本ミステリー小説史」で紹介されていた
谷崎潤一郎が描いたミステリー小説を読みました。

紹介されていたのは「途上」。
その作品が収録されていたのが、
「谷崎潤一郎犯罪小説集」です。

谷崎潤一郎といえば、大正、昭和初期に当時では
ショッキングな退廃的な小説描いて注目!

はまさきも「痴人の愛」「細雪」は高校時代に
読みました。確かに「痴人の愛」は衝撃的!!
大正時代に出版しても良いのか!?と思ったくらい。

そんな谷崎が描く「犯罪小説」とはどんなものか?

「柳湯の事件」「途上」「私」「白昼鬼語」の
4作品が収録。
その中でも特にはまさきが驚いたのは、
「途上」と「白昼鬼語」の2作品。

「途上」は人事部に勤務する会社員が帰宅途中、
突然私立探偵に声をかけられるところから始まる。
社員の身元調査という話なのに、探偵はその会社員の
亡くなった妻についてしきりに聞いてくる。
会社員は新たに妻を迎えようとしているが・・・。
探偵は道々ある推理を展開するのだ。
それは夫が妻に仕掛けた危険な罠・・・。

二人の会話だけで話は進んでゆく。しかし探偵の推理を
聞いている内に会社員は恐怖にかられてゆく。
その緊迫感がひしひしと伝わってきた。
江戸川乱歩曰く「プロバビリティーの犯罪」に焦点を
あてた、サスペンスミステリーの傑作。

「白昼鬼語」は、富豪だがちょっと変わった男が、
偶然手にした不思議な暗号文を解読し、この日、
この場所でこの時間に殺人事件が起こると断定。
唯一の友人を無理やり誘い、現場に向かう!

暗号解読の手段は、あの名作をヒントに描かれている!

さらに、事件現場に登場する女性の描写が、退廃的かつ
官能的で、谷崎の語彙の多さとその使い方の上手さに
酔いしれてしまう・・・。
そしてトリッキーなラストには言葉もない。

文豪が描く、犯罪小説の凄さを堪能しました。

『谷崎潤一郎犯罪小説集』
著者:谷崎潤一郎
出版社:集英社(文庫)
価格:¥480(税別)

著者独特の世界観で描かれる人間の怖さ、「少女たちは夜歩く」。

宇佐美まことさんの世界観にはまると抜け出せなくなる…?

城山を舞台に、10編の短編が
紡ぐ、幻想的で怖い….物語。

城山の森の描写が非常に不気味で、登場人物たちの
心に闇が訪れた時に、その魔界にはまってしまうような
悲劇が待ち構えているような、ざわざわした気持ちに
なってしまう。

恋に狂う女子高校生、病を抱えながら息子を思う父、
奇妙な絵の修復をするうちに狂気の世界へと
引きずり込まれた女性、謎のケモノを操る少年?
亡くなった人が見えてしまう女性…。

それぞれの物語の登場人物たちがあるところでは
リンクし、時に時間を飛び越え物語が進んでゆく。

ファンタジックな展開、ホラーとしか表現できない
物語。読み進むうちに頭がくらくらしてくる。
しかし、それこそが著者が物語に仕掛けた罠なのか。
読み手を翻弄する展開の巧さに絶句する。

ホラー、ファンタジー、ミステリーが絶妙な
バランスで融け合い、著者独特のダークさを
醸し出しているところが凄い。

宇佐美さんの世界を存分に堪能できる、傑作。

『少女たちは夜歩く』
著者:宇佐美まこと
出版社:実業之日本社
価格:¥1,600(税別)

目の前で人が消えた!?とんでも展開「消人屋敷の殺人」

深木章子さんの「消人屋敷の殺人」(新潮社)を読みました。
いつもいつもアッと驚かせてくれる作家さん。

今回もすっかり騙されてしまいました。

東京から五時間、Q半島の断崖絶壁にそびえる「日影荘」。
江戸末期から続く武家屋敷だ。
明治初期、多数の官憲に包囲されたこの屋敷から一族が
忽然と消えた・・・。
それからこの屋敷は「消人屋敷」とよばれるようになった!

その曰くつきの屋敷は、今はある出版会社の社長の別荘となっていた。
そしてそこにはベストセラーを連発する覆面作家が隠遁していた。
ある時、その作家を訪ねて行った女性編集者が失踪。

その3か月後、謎の招待状によって5人の関係者がこの屋敷に集められた。

ところが、嵐によって足止めをくらってしまう。
誰にもなす術のない自然現象によって、断崖絶壁の屋敷に
閉じ込められてしまう。意図しない密室状態!
目の前で次々と人が消える!
いったいどういうことなのか?
何が起こっているのか!?
真相がわかるまで、いっきに読み進むものの・・・。

どこから騙されているのか・・・?そして人間消失のカラクリも、
犯人もわからないままラストに突入。
えええ~ッ!そういう事だったの?と驚きつつ納得。

深木さん、騙しの達人ですね・・・。

『消人屋敷の殺人』
著者:深木章子
出版社:新潮社
価格:¥1,700(税別)

超!ハードで暗黒な展開に驚愕!「スケルトン・キー」

道尾秀介さんの「スケルトン・キー」を
読みました。

いつもながら、鮮やかな逆転劇に驚きます!
しかも今回は、ハードなアクションシーンも
あり、息もつかせぬ展開にあっという間に
いっき読みしてしまいました。

児童養護施設で育った坂木錠也は、雑誌のスクープ記者を
手伝うアルバイトで生計をたてている。
時には、スクープをものにするため記者は錠也に危険な
ミッションを依頼する。
しかし、錠也は全く恐怖を感じない。
スリルある環境に身をおき心拍数を高めることで
「もう一人の自分」にならずにすむからだ。

こども頃、園で一緒に育った少女から
「あなたみたいな人をサイコパスと呼ぶ」と教えられた。

錠也は何とか自分を保ち、平穏な日々を送っていた。

ところがある日、園の仲間だった「うどん」から連絡が来て
その平穏な日常が壊れてしまう!?

「サイコパス」をテーマにしたミステリー。
人間の心の闇と、自分自身の利益しか考えない
身勝手な「サイコパス」の残酷さを描く暗黒の世界。
そして、計算しつくされた緻密なトリックと
たった一行で全てを反転させ、読み手をパニックに
陥れる!その手腕に今回も脱帽です!

暗黒だったけれど、ラストの優しさあふれる展開に
思わず涙が・・・・。

『スケルトン・キー』
著者:道尾秀介
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,500(税別)

面白さが半端ない!「人さらい」

久しぶりに、わくわくする警察小説を読みました。
翔田寛さんの『人さらい』(小学館)です。

乱歩賞受賞作の「誘拐児」や
WOWOWでドラマ化された『真犯人』
など、誘拐をテーマにした作品が目立ちます。

そして、新刊『人さらい』は『真犯人』を
超える傑作!

静岡県浜松中央警察署管内で、小学校4年生の女児が誘拐
された。父親は大手銀行の支店長だ。
身代金は1億円。
少女の命は!?事件は無事に解決するのか!?

冒頭から中盤までは、身代金を持った母親を乗せたタクシーを
必死で追跡する刑事たちの姿が描かれる。
次々と変わる犯人の指示に翻弄される捜査員たち。
綿密に練られた誘拐計画に、捜査員たちはなす術もない。
そして、事件は最悪の結末を迎えた・・・。
犯人によって爆破されたタクシーの中に、少女の遺体が!?

身代金は奪われ、少女を死なせてしまった!
これ以上ない失態に静岡県警はめんつにかけて、犯人逮捕を掲げた。
捜査員たちの地を這うような捜査で明るみになる
被害者の父親の所業。それゆえに深い恨みをかったの
ではないかと推察、次第に犯人像が絞られてゆく。

だが、県警の日下は違和感を抱いていた・・・。

リアル過ぎる警察捜査の描写に鳥肌がたった。
そして、最後の大逆転で真犯人たどり着く過程は、
ミステリーの王道だ!
最初から最後まで読者をあきさせない展開に
この作品の凄さをひしひしと感じた。

『人さらい』
著者:翔田寛
出版社:小学館
価格:¥1,500(税別)

最恐のホラーミステリー「凶眼の魔女」

単行本で読み、文庫化されたタイミングで読みました。
何回読んでも怖いな~。
幽霊も怖いけど、一番怖いのはやはり「人間」?

探偵・槇野&警視庁刑事・東條有紀が登場するシリーズ
第1作です。

探偵の槙野は、幽霊画が描いた画家を探してほしいと
ある画廊のオーナーから依頼を受けた。
その幽霊画は島根県のある神社にあったため、
彼は島根へと向かった。
そして、その神社で見た幽霊画のおぞましさに衝撃を受けた。
画家は松江にいると聞いた槙野はその足で訪ねた。
だが、画家に幽霊画の話をすると突然怒り出し、
追い出されてしまった。
東京に戻り、画廊のオーナーに調査内容を伝え、仕事は終わった。
だが、一年後その画家はなぜか神奈川県で自殺を図る。
画廊のオーナーと約束していたことで、絶対に「自殺」
ではないと言われ、槇野は画家の事件を調査することに。

東京多摩市では、女性ばかりを狙う、連続猟奇殺人事件
が起こっていた。
警視庁の東條有紀は、後輩と共に現場にいた。
眼を背けたくなるほどの遺体。
しかし、東條は眉一つ動かさず、遺体の状況を調べていた・・・。

何の関係もないと思われていた、画家の死と猟奇殺人事件。
このふたつの事件はどう繋がってゆくのか!?
幽霊画に隠された秘密とは・・・?

次々と提示される謎・謎・謎!
それが一つになった時、真相に繋がったかに見えたが!
ありえない、全く考えが及ばないクライマックスを迎える。

先へ先へと続きが読みたくなる、一気読み必至の
ホラーミステリー。

『凶眼の魔女』
著者:吉田恭教
出版社:実業之日本社(文庫)
価格:¥787(税別)

迷宮入り事件に挑む!「赤い博物館」

大山誠一郎さんの「アリバイ崩し承ります」が
あまりにも面白かったので、他の作品を探していたら、
文庫の新刊台で見つけました!
「赤い博物館」(文春文庫)です。

少し内容を読んだら、何だか記憶が・・・
ドラマの原作本でした。
そういえば、ドラマは視たはず!!

警視庁付属犯罪資料館、通称「赤い博物館」は、
警視庁管内で起きた事件の証拠品(凶器・遺留品)
・捜査書類など、一定期間の過ぎた物を所轄署から
預かり保管する場所。その中には、迷宮入りした
捜査資料もある。

巡査部長の寺田は大失態を犯し、この「赤い博物館」に
左遷された。
直属の上司は、博物館の館長でキャリアの緋色冴子。
頭脳明晰だと噂されている。
なぜ「赤い博物館」の館長なのかは不明。

そんな彼女は1日中、過去の捜査資料に目を通している・・・。

そして、寺田の仕事は所轄から回されてきた捜査資料などの
ラベル貼り・・・のはずだった!?。

ある日、冴子の命令で、迷宮入りした事件の
再捜査をすることになる。

コミュニケーション能力は皆無だが、ずば抜けた推理能力を
持つ緋色冴子が迷宮入りした捜査資料を読んで、
寺田に捜査を行わせる。
冴子の指図通りに動く寺田。果たして事件は解決するのか?

捜査資料を読むことによって、読者も冴子や寺田巡査部長と
同じ目線だ。しかし、冴子の指図の意味は、寺田同様に全く
わからない。(わかる読者もいるのだろうが・・・)
その後、寺田が捜査状況を報告すると、冴子は鮮やかな
推理で真相を暴くのだ。

その驚くべき設定!想像を絶するトリック!に
唖然とする・・・。

息をのむほど鮮やかな推理で解決される短編5編。

「アリバイ崩し承ります」同様に、面白過ぎます!

『赤い博物館』
著者:大山誠一郎
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥760(税別)

海外ミステリーの醍醐味!ヘレン・マクロイ「悪意の夜」

久しぶりに海外ミステリーを読みました。
ヘレン・マクロイ「悪意の夜」(東京創元社)です。
名探偵ウィリング博士シリーズ、最後の未訳長編。

夫を転落事故で亡くし、失意のどん底にあったアリス。
やっと落ち着き、遺品の整理を始めた。
夫のプライベートの机を整理したとき、引き出しから
「ミス・ラッシュ」という女性の名前が書かれた封筒が
出てきた。アリスの全く知らない名前だ・・・。
心がざわつくアリス。
そこへ、息子が美しい女性を伴い帰宅した。
息子は、はにかみながら彼女を紹介した・・・。
その名前は「ラッシュ」。

アリスは衝撃を受ける。彼女は何者なのか?
息子に近づく目的は何か?夫とはどういう関係なのか?

次々と押し寄せてくる、不安と疑惑。
息子を案ずるあまり、アリスの行動は常軌を逸してゆく!

そんな緊張と疑惑が頂点に達した時、ついに殺人が
起こる!!!

社会的に成功をおさめた愛する夫、
そして聡明な息子に囲まれ、何不自由なく生きてきた女性。
しかし、夫の転落事故と言う不幸に見舞われ、
さらに夫の不可解な遺品の影響で、心が疲弊してゆく過程の
心理描写が真に迫っている。

一級のサスペンス、また、名探偵による謎解きの醍醐味も
味わえる!海外ミステリーの傑作品です!

『悪意の夜』
著者:ヘレン・マクロイ/駒月雅子(訳)
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥940(税別)