最強の女刑事・淵神律子シリーズ第2弾『スカーフェイスⅡデッドリミット』

「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」、
「生活安全課0係」シリーズなど、今人気の
警察小説を描き続ける、富樫倫太郎さんの
異色の警察小説、「スカーフェイス」。

前作が非常に面白かったので、シリーズに
ならないかなと思っていたら、第2弾が発売されました。

律子の荒っぽさは変わらず、警視庁内部でも
敵が多い淵神律子。

しかし、特別捜査第三係のメンバーは、淵神の
優秀さを知っている。

ある時、一人の男が人体の一部とパソコン持って
警視庁に出頭してきた。
それらを詰めたバッグの中から一枚のメッセージが
出てきた。そこには「淵神律子以外のものはさわるな」
と書いてあった。

淵神は、出頭してきた男に覚えがない・・・。
過去の事件が関わっているのか?

そしてパソコンの映像には、生き埋めにされた
若い女性の姿と48時間後には酸素が無くなるという
カウントダウン表示があった。
早急に動かなければ女性が死んでしまう!

淵神をメインとする捜査態勢に捜査一課の面々は
激昂するが、上からの指示で矛を収めざるを得ない。

重要データへのアクセス権をとりつけた、淵神は
特別捜査第三係の円・藤平とともに捜査を開始。
やがて、被害者二人の身元が判明する。

被害者はある「AV」で繋がったのだ・・・・。

律子はこの捜査に没頭する。しかしその裏では
もう一つの事件が進行していた。

警察小説としては非常に面白い。
だから、次々とページが進んでしまう・・・。

ちょっとしたはずみで底辺に落ちた女性たち。
小さな夢を持ちつつ、それを叶えようと必死な女性たち。
そんな彼女たちを言葉巧みに誘い、最悪の場所へと陥れる!
人の心を持たない、ケモノのような人間たちの
所業に淵神たち刑事は言葉もない・・・。

衝撃を通り越し、心に痛みが永遠に残る哀しいストーリーだ。

『スカーフェイスⅡ デッドリミット 警視庁特別捜査第三係・淵神律子』
著者:富樫倫太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥780(税別)

戦慄!殺人鬼との対決!「海底の道化師 新東京水上警察」

吉川英梨さんの「新東京水上警察」シリーズ
第4弾「海底の道化師」を読みました。

殺人鬼との対決!襲いかかる海上での恐怖。
今回も前作以上に凄い展開です。

東京湾海底から、女性の運転免許証が3枚回収された。
その運転免許証は、失踪中の女性のものだった。
良く見ると、出身地や生年月日がバラバラのものだ。
しかし免許証の写真はすべて若い女性だった。
しかもロングストレートの黒髪の持ち主・・・。

五港臨時署刑事防犯課強行犯班係・係長の碇拓真は、
でかいヤマにあたったかも知れないと予感!
早速、本格的に捜査を始めた。

碇拓真の恋人・有馬礼子は碇のような刑事になりたいと
ずっと思っている。五港臨時署刑事防犯課強行犯班係
に配属され、碇と共に捜査が出来ると思っていたのに、
今度は、警視庁第二機動隊第一水難救助隊に異動と
なってしまった。
先輩の女性警察官に毎日しごかれる日々だ。

免許証の捜査から、毎年、若くてロングストレートの
黒髪の女性が拉致されていることにたどり着いた碇たち。
そして、水難救助隊はさらなる捜査をすべく、海に
潜っていった。そして死体を発見する。

同じ頃、救難信号を出していた民間の船の通信が
途絶えた。礼子はその民間の船の乗組員の救助に
向かうというが、碇から厳しい叱責を受ける!
「海を舐めるな」と。
しかし、碇の叱責を無視し、礼子は一人救助に
向かった。

そこで礼子を待ち受けていたものは・・・・!?

シリーズ第4弾は、連続女性殺人事件の正体を暴く捜査と
拉致された礼子救出劇にドキドキの連続だ!

さらに、自然の猛威が海上を包み、脱出不可能に陥る碇たち。
命懸けの脱出を試みるが、次々と襲いかかる海難!
息もつかせぬ脱出シーンにしびれる!

新たに魅力的な人物も登場し、ラブロマンスも繰り広げられる。
そういう複雑な人間関係がどう展開してゆくのか?
楽しみでしょうがない。

舞台は東京湾。派手なアクションはつきもの。
ワクワクが止まらない。

『海底の道化師 新東京水上警察』
著者:吉川英梨
出版社:講談社(文庫)
価格:¥740(税別)

爽快感がたまらないコミック!「ミステリと言う勿れ①」

読書会に参加されていた方から紹介され読みました。
こんな漫画は初めてです!!
ものすごく面白かった。

漫画家の田村由美さんと言えば、名作「巴がゆく!」や
名作「BASARA」の著者。

そんな田村さんの新作は、へんてこりんな頭が特徴の
大学生、久能整が独自の理論と推理で警察官や犯罪者を
煙に巻く、「ミステリと言う勿れ」。
現在4巻まで発売中。

第1巻は….

ある冬の日、アパートでカレー作りを楽しむ
大学生・久能整(ととのう)のもとへ刑事が現れた。

近隣で殺人あったという。殺されたのは整の同級生。

任意同行された整に殺人容疑がかけられた!
次々に容疑を裏付ける証拠が付きつけられてゆくが…。

警察の矛盾をついてたんたんと推理を展開する整。
さらに、正確な理論武装で警察官を唸らせる、エピソード①。

本日が最終日と言う美術展を観にゆくため、
バスに飛び乗った、整。
しかし、しばらく走るとバスは美術館とは全く違う
方向へ向かった。
乗客たちが騒ぎ始めると、突如男が凶器をちらつかせ
バスジャックだと言った。
犯人の身勝手な発言に、一人「異」を唱える男・久能整。

自らの危険を顧みず、犯人たちの非道を質す。
エピソード②前編。

その姿がたまらなくかっこ良く、爽快な気分にしてくれる!

新たなヒーロー、解決解読青年・久能整 颯爽と登場!

『ミステリと言う勿れ①』
著者:田村由美
出版社:小学館(フラワーコミックスアルファ)
価格:¥429

心が震える!老兵たちの戦い「ライオンの冬」

ハードボイルド小説と言えば、沢木冬吾さんの作品です。
「約束の森」を読んで、沢木作品を好きになったので、
他にはないかなと調べたら、
「ライオンの冬」を見つけました。
内容は私好み!めちゃめちゃ面白そう!

伊沢吾郎、82歳。かつて日本陸軍の狙撃手として
フィリピンで戦った男。
軍人恩給で一人暮らしをしていたところに
理由ありの孫娘、結と一緒に暮らすことになった。

孫娘との生活は、ひとり暮らしの吾郎にとって、
最後のいきがいとなった。
80も過ぎてからこんなに楽しいことが起きようとは・・・
この幸せを噛みしめていた。

かたや、結は、冬になると雪で大変なことになるこの
土地で、祖父との日々は楽しくて仕方なかった。

そんな二人の生活に突如、暗雲が立ち込める。
一人の少年の失踪事件をきっかけに、雪山は
緊迫感に包まれる。

伊沢の動向を監視する、謎の男たち….。
伊沢のフィリピン時代の出来事とある事件が
クロスし、伊沢を窮地に陥れた!

伊沢と結を守ろうとする勢力と、伊沢を消そうとする
勢力がぶつかり合い、とうとう闘いが始まってしまう。

戦争で死地をくぐりぬけてきた伊沢らに翻弄される男たち。
雪山でのゲリラ戦は、老兵たちの独壇場だ!
伊沢は、大切な孫娘・結を守るため再び銃を持った!

戦争の暗い過去を背負った男たちの矜持。
フィリピンでの闘いでたくさんの戦友を
失った伊沢たち。囚われた過去を背負いながら
守るべきものを守る!
最後の力を振り絞って戦いに挑む老兵たちに
胸が熱くなる!!

沢木作品の傑作中の傑作!

『ライオンの冬』
著者:沢木冬吾
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥640(税別)

「64」から6年ぶりの新作、心に沁みわたる美しいミステリー「ノースライト」。

「64」から横山秀夫さんの新作を心待ちに
していました。
新刊情報が届いた時、やっと新作が読めると
嬉しくなりました。

待ちに待った新刊は、横山さんらしい、
胸に迫る作品でした。

建築士の青瀬は、クライアントからの依頼で、
家を建てた。そのクライアントは、
「あなたが一番住みたい家を建ててください。
私たちはあなたが建てた家に住みたいんです。」
そういってくれた。
青瀬は、今までの自分を捨て、再起をかけて
設計に臨んだ。完成した後クライアントは
とても喜んでくれた。
雑誌の特集にも組まれるほど注目された。

しかし、ある顧客からあの家には誰も
住んでいない感じがすると言われた。
青瀬はそんはずはないと思った。
しかし、引渡し後感想を聞こうと思い
何度か連絡したが電話は繋がらなかったのだ。
その時は忙しいのだろうと思っていた。
だが・・・。

事の真偽を確かめたくて、青瀬は家を訪ねた。
やはり誰も住んでいなかった・・・。
その家には引っ越してきた形跡さえない。
ただ、たった一つ、古ぼけた椅子が置いてあるだけだった。

青瀬はその椅子を頼りに、クライアントを
探し始める。
彼らはどこへ消えたのか?

バブルの時代、家族を顧みずがむしゃらに働いた。
大切なものを失ったと気づいた時は手遅れだった。
いまだに過去の自分に囚われている・・。
この仕事で再起できると思っていたのに!

行方を断ったクラインアントを追ううちに
今まで疑念を抱いていた「謎」が明らかに
なってゆく・・・。

激しい競争の中で、苦悩と葛藤、嫉妬と羨望
が渦巻き、次第に自分を見失っていった戦士たち。
そんな男たちの再起の物語でもある。

真実が見えた先の「希望」に満ちた結末に
心が激しく揺さぶられる!

横山さんの新境地です!

『ノースライト』
著者:横山秀夫
出版社:新潮社
価格:¥1,800(税別)

新章開幕!「紅霞後宮物語」第9幕

小玉と文林の物語も、第9幕へ突入しました。

8幕では、小玉と文林の宿敵・司馬氏の
追放、その娘・司馬淑妃が息子・鳳に
殺害されるいう前代未聞の事件で、
政敵の粛正に成功したかに見えた。
しかし・・・・。

司馬淑妃の死、その息子・鳳の死。
さらに、小玉と後宮を支え続けた
梅花も亡くなったことで、後宮の規律は
乱れ、皇后・小玉の負担が増えていた。

そんな小玉を支えたのは、紅燕と真桂だ。

司馬氏が追放され、新たな政敵が動き出す
前に、文林の政権を確固たるものにする。
そのために、小玉が育てた鴻を立太子に決める。
しかし、鴻は立太子を承諾しない。
小玉と別れて暮らすことになるからだ。
文林は覚悟を決め、鴻を説得することに・・・。

その陰で、小玉に反旗を翻す妃嬪が現れる。
また、鳳についてのある噂が後宮で囁かれる。

次々と二人に難題が降りかかる。
またぞろ、きな臭い事件が起こる予感が・・・・。

しかし今回のことで、小玉は真の友を得るのだ。

後宮は小玉の敵となるか?味方となるのか?
文林を支えると決めた小玉が新たな絆を紡ぐ!

益々面白くなる、後宮小説の傑作シリーズ!

『紅霞後宮物語 第九幕』
著者:雪村花菜
出版社:富士見L文庫(KADOKAWA)
価格:¥600(税別)

ナチス崩壊後のベルリンを活写!「ベルリンは晴れているか」

深緑野分さんの「戦場のコックたち」は2016年に
本屋大賞にノミネートされた作品。
戦場で起こる、日常のミステリーが描かれて
とても面白かった!とにかく戦場での日々が
とてもリアルに感じられた。忘れられない作品。

「ベルリンは晴れているか」は、ナチス崩壊後を
舞台に一人のドイツ人少女が必死に生きる姿を描く。

ナチス崩壊後のベルリンは、アメリカ・ソ連・
フランス・イギリスの4か国に統治されていた。
総統を失ったドイツ国民はこの4か国のルールに
従って生活していた。

ある日、主人公の少女・アウグステはソ連の兵士に
連行される。
アウグステの知人の音楽家が毒入り歯磨きを
使用したことによって、死んでしまったのだ。
容疑者は音楽家の甥だという。
ソ連兵大尉は、アウグステに甥の捜索を命じた。
同行するのは、ソ連の下級軍曹だった。
ところが、途中、元映画俳優と名乗る泥棒も
同行することになった。
奇妙な3人組は、旅の途中様々な事件と遭遇する。

戦争の爪痕が生々しく残るベルリン。親を失い
瓦礫の中で生活する孤児たち。彼らを利用する
心の荒みきった大人たち。
敗戦国のみじめさに日本の敗戦の様子が
重なる。そのリアルさは、二度と戦争が起きない
ようにとの祈りが込められているのかもしれない。

そんなベルリンを背景に描かれたもうひとつの
物語・・。音楽家はなぜ殺されたのか?
犯人は誰なのか?その謎解きだ。
幾重にも張り巡らされた伏線・・・。
あまりにも悲しいその真実に、胸が痛む・・・。

「戦場のコックたち」を超える圧倒的
スケールの歴史ミステリー。

『ベルリンは晴れているか』
著者:深緑野分
出版社:筑摩書房
価格:¥1,900(税別)

引き裂かれた王と麒麟は!「十二国記 黄昏の岸 暁の天」

十二国記シリーズのなかでも、戴国と慶国の
お話が読める貴重な巻。
しかもこの物語は、泰麒が蓬莱(日本)に
戻ってしまってから、戴国がどのように
荒廃していったのかを描いている。
つまり、「魔性の子」のもう一つの物語だ。

泰王驍宗と泰麒が行方不明になった戴国は、
逆賊たちに支配され、荒れに荒れていた。
妖魔が跋扈し村は次々破壊され続けていた。

戴国の将軍・李斎は、逆賊たちと闘い続けた。
しかし仲間は次々と逆賊に寝返り、李斎は
孤立無援になりつつあった。
戴国を救うため、李斎はある決心をする。

慶国の王・陽子は、戴国から命からがら
逃げてきた李斎を保護した。
李斎は、陽子に援助を求めてきたのだ。
何とかして戴国を救いたい・・・!
李斎の悲痛ともいえる叫びに陽子は応えようと
決心する。

陽子の要請を受け、各国の麒麟たちが慶国に集う。
延麒は、泰麒のかすかな気配を蓬莱で感じ取っていた。
麒麟たちは泰麒の行方を探す・・・。
果たして泰麒は行方は・・・?

戴国を救うという、李斎の強い思いは、やがて
天帝が作られたという「十二国」のあり方に
疑問を呈す。なぜ?あれほど国を民を思う王と
麒麟を戴国民から奪ったのか・・・!?
なぜ、なぜ・・・?

心を抉る、奥の深い物語に感銘を受ける。

さらに、初登場の氾王と氾麟が強烈!
延王と氾王とのかけあいがまるで漫才!?
そういう一息つけるところも面白い!

そして2019年に発売されるという新刊長編は、
「戴国」の物語と聞いている。楽しみだ~。

『黄昏の岸 暁の天 十二国記』
著者:小野不由美
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥710(税別)

もう止まらない面白さ!「羽州ぼろ鳶組 菩薩花」

本屋大賞ノミネート作品読書の合間に、ついつい
手に取ってしまってそのまま一気呵成に読了しました。
大好きなシリーズ「羽州ぼろ鳶組 菩薩花」。
すでに7巻まで発売されているので、
あと2冊で追いつく感じです。

江戸では火消番付への関心が高く、お家の評判にも
繋がる。
火消番付の噂がそろそろ江戸庶民の間でささやかれる頃、
ぼろ鳶組・松永源吾は、無謀なやり方で他の火消から
手柄を奪おうと悶着を起こしている男を目にする。
その男は、仁正寺藩火消の柊与一だった。
柊与一の蛮行は、やはり番付のためなのか・・・?
たかが番付・・・。松永は胸に苦い思いを抱く。

そんな頃、火事専門の読売書きの文五郎は、不審な
火事場に遭遇する。火消しによる付け火か?
その後、文五郎が行方不明になってしまう。
父、文五郎を心配し行方を探す息子・福助・・・。
事情を知った松永たちは、真相究明に乗り出した。

そんな彼らの前に現れたのは、火事で親を失った
子ども救い、一人前の火消に育て、「菩薩」と
崇められている八重洲河岸火消・進藤内記だった。

いつもながら、火事場での奮闘シーンは圧巻だ。
しかも今回は、火消たちの壮絶な手柄争いも描かれる。
番付アップのために火事場をおろそかにする輩に、
命懸けのぼろ鳶組らは怒り心頭だ!
さらに人さらい、そして火消による付け火の疑い・・。
一体誰の仕業なのか?
その謎を追うミステリチックな展開と、現代で言う
サイコパスと松永との対決も読み応え十分!
最後の最後まで読ませる、泣かせる!止まらない面白さ!

『菩薩花 羽州ぼろ鳶組』
著者:今村翔吾
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥740(税別)

小説だから描ける「3億円事件」のカラクリ。「1968三億円事件」

1968年に起きた、3億円強奪事件。
犯人は白バイ警官になりすまし、ある会社の
給料、3億円分を積んだ現金輸送車から
いとも簡単に奪い去った。
目撃者がいたことから、すぐに犯人は捕まると
推察されたが、犯人も現金も永久に消え去り
迷宮入りとなった。

戦後最大級の現金強奪事件・・・。

その3億円事件をテーマに、5人のミステリー
作家が、競演した短編集が「1968三億円事件」。

事件と同じような計画を企てた若者たち物語、
事件の犯人に思いを寄せた女の子。
異国の地で事件に思いを馳せる男・・・。
警察の汚点となった事件の扱い・・・。

様々なストーリー展開に「3億円事件」の
影響の凄さを感じさせる。
この事件の真実は一体どんなものだったのだろう?

特に衝撃的で、印象に残った作品は、
下村敦史さんの「楽しい人生」。
日常を持てあましていた若者たちが
3億円事件に巻き込まれる物語だ。
読み終わった後、3億円事件の真実はこんな
ストーリーだったのでは思わせる!

迷宮入りしたが、今でも語り継がれる
「3億円事件」の謎にスポットを充てた
ミステリー。傑作の5編。

『1968 三億円事件』
著者:下村敦史/呉勝浩/池田久輝/織守きょうや/今野敏
出版社:幻冬舎(文庫)
価格:¥580(税別)