鳥取県出身・鈴村ふみさん「小説すばる新人賞」受賞作『櫓太鼓がきこえる』

第33回小説すばる新人賞受賞作
鳥取県出身・鈴村ふみさん

選考委員を唸らせた、知られざる角界の裏方「呼出」に光を当てる、新しい相撲小説!

17歳の篤は高校を中退し、親との関係が悪化する中、先の見えない毎日を過ごしていたが、相撲ファンの叔父の勧めで相撲部屋に呼出見習いとして入門することに。
関取はいないし弟子も少ない弱小の朝霧部屋で力士たちと暮らし、稽古と本場所を繰り返す日々が始まる。
部屋違いの呼出である直之さんは、篤と年は同じながら角界入りは2年早い兄弟子で、声のよさと愛らしい顔立ちで人気があり、すでにファンもついていた。
面倒見もよく助言をくれたり相談にのってくれたりするありがたい存在だ。
しかし篤は本番で四股名を呼び間違える失態を演じるなど、しくじってばかり……。
一方、年の近い先輩呼出の光太郎からは嫌がらせを受け続けていたが、ある日、直之さんのファンだと思っていた女性から、篤を応援していると告げられる。
そんな日々を過ごす篤は、兄弟子力士たちの焦りや葛藤を間近に感じながら、「呼出」という仕事に就いた自分の在り方を見つめ直していく。

■櫓太鼓がきこえる
著者: 鈴村ふみ
出版社: 集英社
価格: ¥1,760(税込)
ISBN: 9784087717440
発売日: 2021年3月上旬

————-< ご注文 >————-

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

書名
『櫓太鼓がきこえる』 鈴村ふみ 集英社 ¥1.600(税別) 9784087717440

数量

お受取りご希望店舗 (必須)

備考

 

 

 

関連記事






ページ上部へ戻る