第9回 アエルバの読書会 レポート

5月24日(金)に今井書店学園通り店の2Fパソコン教室「アエルバ」で、第9回「アエルバの読書会」を行いました。
今回のテーマは「あなたの好きな本の一節を読む夜の朗読会Ⅳ」です。
男性2人、女性4人の合計6人で様々な本を紹介しました。

ではでは、トピックです。

・家中が本だらけ、それでも本がやめられない超本好き女性の好きな本は?
藤原新也『メメント・モリ』朝日新聞出版。
写真的にはちょっとエグイ。けどそれほど生と死を見つめている。
死を思って、だから大事に生きろという、メッセージ。
「生と死」についてのエッセイ。
色々な生がある。現代は何だか「死」をタブー視している傾向がある・・・。でもそれでいいのかな~って思う。

・この会常連の女性が朗読したくなるくらい好きな本は?
壁井ユカコ『2.43清陰高校男子バレー部』集英社
自分のためでなく、チームのために皆が一致団結して頑張る物語が好き。
三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ7巻
古本にまつわる謎を解く。このシリーズが一番面白い。また最新刊は母との確執が語られる。これも非常に良い!
芥見下々『呪術廻戦 0巻』集英社
本編では名前だけしか出ていなかった、乙骨が何者なのか?が描かれている!本編の「呪術廻戦」に繋がる前日譚。

・この会の常連の男性の紹介本
家田荘子『熟年婚活』角川新書
著者は、アンダーグラウンドな人たちを取材してきた。
著者は老人ホームに潜入取材をした。「熟年婚活」は一人老後をいかに過ごすのか?に焦点をあてた本。これからは老後に注目。

・アエルバ教室のスタッフさんおススメ
「令和」に関する本。「万葉集」から引用された箇所を朗読。作者は大友旅人。
結構、今使われている言葉も多い。大和言葉「ちはやふる」など。古典はやはり良い。

以上色々な角度から色々な本の朗読をして頂きました。またやりたいと思います。

関連記事


ページ上部へ戻る