日本初の女性海保潜水士の勇気と挑戦を描く!「海蝶」

「53教場」「警部補・原麻希」「東京水上警察」
「十三階の女」シリーズなど大人気の警察小説
を描く、吉川英梨さんの最新刊
「海蝶」(講談社)を読みました。

女性初の海保潜水士「海蝶」の活躍と成長を描く物語。
2年にわたり、海上保安庁を取材。
この作品を描きたいという吉川さんの並々ならぬ
情熱が伝わってくる、熱い熱い作品です。

中学生の時、東日本大震災で母を失った忍海愛。
父親も兄も潜水士という家庭で育ち、
いつしか、海保潜水士を夢見るようになる。
しかし、父からも兄からも潜水士になることを
反対されていた。

だが、愛は決してあきらめることなく無事に
潜水士となり、周囲の期待に応える。

愛の理解者はただ一人、震災後に母を探し
求めていた時に出会った、海保潜水士・八潮。
チームの中で、唯一愛のバディを引き受けて
くれた。

メディアからも注目された、初の業務は、
沈没した漁船の捜査だ。
乗組員の女性はすでに救助され、愛の父の元で
保護されていた。
しかし、その女性は記憶喪失で
沈没の原因や船の名称などわからず、
海に潜って調べるしかなかった。

ところが、愛は潜水中バディの八潮に連絡する
ことなく勝手な行動をしてしまう。
そして、まだ完全に沈没しきっていない船の中に
閉じ込められてしまうのだった・・・。

男性ばかりの職場で、ただ一人女性が
働くということの厳しさや、そんな職場で
女性に対し戸惑う男性の姿も非情にリアルに
描かれていて、危険が伴う職場での
任務の厳しさよりがいっそう強く伝わってくる。

また、沈没船を巡る謎は、サスペンスミステリー
として読みごたえ満点で、終盤のどんでん返し
には目を見張る!

愛の勇気と覚悟、家族の絆、母の言葉
父の思い、兄の気持ち・・・。
そして潜水士としてのプライド。

読み進むごとに、涙があふれそうになり、
ラストシーンの素晴らしさは言葉にならない。

この本のテーマである「正義仁愛」の
の本質を描いた、この秋最高に感動する傑作。

『海蝶』
著者:吉川英梨
出版社:講談社
価格:¥1,600(税別)