第11回角川春樹小説賞受賞作!「ブラックシープ・キーパー」

角川春樹小説大賞受賞作と言えば、今村翔梧さんの
「童の神」が記憶に新しい!直木賞にもノミネート
された、熱い時代小説だ!

「童の神」だけでなく、この賞の受賞作品は
面白い作品が多い。

はまさきが一番感動したのは、第7回の受賞作、
櫻部由美子さんの「シンデレラの告白」。

そいうこともあり今回の受賞作、柿本みづほさんの
「ブラックシープ・キーパー」読んだ。
なんと!スタイリッシュで斬新なSFアクションミステリー
だった!!!

2025年、日本の量子力学研究所が世紀の大発見を
したことにより、世界が急激に変化した。
新たな人類が誕生したのだ。

その研究施設があった札幌で、異能力を持つ
人間が大量に発生した。

異能力を持つ元警察官の桐也は、2年前に姉が
精神を病んでゆく姿を見ることに耐えられず
自らの手で姉を撃ってしまった。
そのトラウマから抜け出せず、殺し屋稼業に
墜ちていた。

そんなある日、依頼された仕事の遂行中にアクシデント
が起きる!
その深夜、桐也のアパートのドアをたたく者がいた。
桐也は鬱陶しいと思いながらドアを開けた。
そこには、一人の少女がたっていた。
この日から桐也の生活は一変する!

設定の面白さは言うに及ばず、桐也のもとへ
やってきた少女は何者なのか?
次々と罠を仕掛ける黒幕とは一体誰なのか?
というミステリー的な展開も十分に堪能出来る!

さらにアクションだ!異能者が持つとんでもなく
個性的な武器で激闘を繰り広げるシーンはまさに圧巻!!
まるで映画を観ているようだ。

映画「レオン」と「ブレードランナー」への
オマージュを込めたというSF作品。

少女との出会いが一人の男に生きる希望を与える。

近未来の札幌を舞台に描かれる希望と再生の物語。
ラストにほろっと泣けてくる!

『ブラックシープ・キーパー』
著者:柿本みづほ
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,400(税別)

面白すぎていっき読みです!「悪寒」。

「代償」がベストセラーになっている、伊岡瞬さんの
「悪寒」(集英社文庫)を読みました。
読み始めたら、止まらなかったです!

大手薬品会社に勤務する藤井は、上司の命令で
ちょっとした不正に手を染めた。
それが明るみに出て、上司もろとも責任をとらされ、
地方の販売会社に出向させられた。

そこでは、支店長から日々嫌味を言われる毎日。
そんな単身赴任中の藤井の心の支えは家族。

会社とは半年という出向期間の約束。
しかしそれは、会社が裏切らない限りと
いう不安がつきまとう。

そんな不安の中、最近家族の態度が
よそよそしくなったと感じていた。

ある日同僚と飲んでいたところ、妻から不可解な
メッセージが届く。
「家の中でトラブルが起きました」とある。
聡明な妻がこんなわけのわからない
メールを送ってくるなんて….。

激しい不安にかられた藤井は東京の実家へと向かった。
そこで藤井を待ち受けていたものは・・・・。

妻の裏切りと藤井が憎んでいた上司の殺人疑惑、
娘との隔絶、会社への不信….。

妻が自分の上司を殺害したなんて….。
絶対に信じられない。
しかし、妻への疑惑が次々と藤井を襲う。

会社への不満はありつつも、家族を信じ
幸せに生きていた男が、ある日突然
絶望のどん底へ突き落される!

現実なのか?それとも夢なのか?
しっかりと大地を踏ん張ることが出来ない
アンバランスな男の心理を超リアルに
描いてある。その上手さに引き込まれて
しまうのだ。

そして、2転3転するストーリー展開も
読者を飽きさせない。
先が気になって仕方ない。

極上のサスペンスミステリーであるとともに、
人生、夫婦、家族の在り方を問う、
極上のエンターティメント作品でもあると思う。

『悪寒』
著者:伊岡瞬
出版社:集英社(文庫)
価格:¥770(税別)

読み終わるのがもったいないくらい面白い!『ムゲンのⅰ』

知念実希人さんの「ムゲンのi」を読みました。
我をわすれ、没頭して読みました。

世界でも極端に症例の少ない謎の病気「突発性嗜眠症候群」
通称レイスという難病の患者が同時期に3人も発生した。

その3人の主治医を勤める医者・識名愛衣は、彼らが
レイスに陥ったのは共通の原因があるのではないかと
推測し、祖母から受け継いだ呪術師・ユタの力を使って、
彼らの魂の救済〈マブイグミ〉を試みる。
この病気を治す術はそれしか方法はないのだ。

愛衣は患者の夢幻の世界に飛び込み、愛衣の魂の分身
〈うさぎ猫のククル〉とともにマブイグミを施してゆく。

やがてイムス患者の心の傷は、23年前の少年Xによる
通り魔殺人と、最近都内で頻発する猟奇殺人の二つの
事件と繋がっていることがわかる。

「夢幻」、「呪術師ユタ」、「うさぎ猫ククル」という
ファンタジーを連想させる世界観に、超現実的な
メディカルミステリーを融合させるという神業を挿入させた
ストーリーは、展開も結末も予測不能だ。
だからこそ物語がどう進んで行くのかが気になり、
先へ先へと読みたくなる。

また、医者として患者を完治させたい、助けたいという
愛衣の強い思いは、ククルの励ましなしでは成功しない。
愛衣を支え続けるククルの深い愛情と、愛衣を見守る
祖母や父の慈愛。この物語全体を「愛」の力が包み込んでいる。

著者が「命を削り、魂を込めて書きあげた最高傑作」と
言う通り、物語が、文章が、言葉がじわじわと心の中に
沁みこんでくるようだ。

設定・ストーリー展開・登場人物の愛らしさ、
そして最高級の面白さで魅せる、見事なファンタジック
ミステリー!
すべての謎が解け真相に繋がった圧巻のラストに魂が震える。

700ページという大長編なのに、読み終わるのが
もったいないと思うほど、面白いミステリー。

『ムゲンのⅰ上下』
著者:知念実希人
出版社:双葉社
価格:各¥1,400(税別)

頭取並・鳥越新之助大活躍!『玉麒麟 羽州ぼろ鳶組』

シリーズ第8巻「玉麒麟」がめちゃめちゃ面白かった!
今回は、頭取並の鳥越新之助に焦点を絞った作品。

侍火消として順調に成長し、今や頭取並!
剣の腕前は府下十傑に数えられる、新庄藩の
鳥越新之助!

新之助は、豪商一家惨殺及び火付け事件の現場で、
娘を人質に、火消したちに剣を振るったとして、
その下手人にされてしまった。

現場で新之助に気づいた、加賀鳶の三番組組頭・
一花甚右衛門は、何かあると直感。
彼を逃すことに…。

凶悪事件の下手人として手配された新之助だったが、
火盗改めや、新庄藩の活躍を妬む江戸の火消したちの
包囲網を次々と打ち破り、逃走を続けた。

彼に一体何があったのか!

一方、幕府の命令で全ての動きを封じられた、新庄藩・
ぼろ鳶組の面々は、新之助に何があったのか?秘かに調査する。

これまでのぼろ鳶組の活躍や、新之助を良く知り、
今回の幕府のやり方に納得できない、江戸の火消したちは
新之助を、また、ぼろ鳶組を助けるために江戸中を奔走する!

江戸を襲う巨悪。それに翻弄される人間たち。
しかし、その中で、正義とは何かを知る者がたくさんいる。
ぼろ鳶組と反目しあいながらも、「江戸の庶民を守る」
という同じ目的のために、正義を全うする人たちのかっこよさ。

江戸の火消したちの熱き思いが物語中にあふれている!

そして、新之助の律義さ、優しさ、そして強さが前面に
押し出され、鳥越新之助ファンにはたまらない!

『玉麒麟 羽州ぼろ鳶組』
著者:今村翔吾
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥780(税別)

本屋さんは大変だ!書店員が大活躍!『店長がバカすぎて』

あまりに面白かったので、ミステリー小説ではないけど
掲載しちゃいます。

でもミステリー的要素もありますよ。

武蔵野書店に勤務する契約社員・谷原京子は
28歳の独身。とにかく本が好きで、
文芸書の担当として一生懸命、本を売る日々。

店長は、山本猛という名前ばかりは勇ましい。
頼りになるのかならないのか・・・。
そんな店長の元、日々イライラが募り笑顔に
なれない日もある。
そんな京子の心の支えは、先輩書店員・小柳真理さん。
小柳さんに憧れて書店員になりたくて、武蔵野書店に
入ったようなものだ。
しかし、ある日小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。
京子にとってその衝撃ははかりしれない!!!

書店の仕事は、とても大変だ。
毎日送られてくる商品、検品、品出し、問い合わせ、注文、返品、
本は重いので、腰痛になる。だいたい書店員は腰痛持ち。

この作品にはそんな書店の仕事の「あるある」があふれている。
そして書店員の悩みが、憤りがあまりにリアルに描かれているので、
共感しまくりで、現場から長く離れていた私自身も
身につまされる場面が数々出てきた。

また、書店員がどれほど本が好きなのか?
それをいかにして読者に伝えようと日々悪戦苦闘
しているか?そのあたりを読むとじわ~っと
胸にしみてきました。

さらに、この店長!バカなのか、それとも凄い人なのか?
わからないくらいに、めちゃめちゃ面白い。
この作品の爆笑要素はすべてこの店長の面白さなのだ。
場の空気を読んでいるのかいないのか!
陰でバカよばわりされているこの店長さんこそがミステリー!

ほかにも謎めいた登場人物がいる!そんな人たちの
謎めいた行動もミステリアス~~~。
クライマックスはまるでミステリー小説の「大どんでん返し」
のようです!

面白いです!めちゃめちゃ面白かったです。

『店長がバカすぎて』
著者:早見和真
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,500(税別)

火龍の悪夢が再び江戸を襲う!『狐花火 羽州ぼろ鳶組』

じっくり味わって読んだ7巻「狐花火」。
とても切ない物語が心に響きました。
じわっと泣けました。

天才花火師と謳われた秀助。
しかし、花火の事故で愛娘を失いその衝撃で
最愛の妻は自ら命を断った。

事故の原因になった怠惰な江戸の火消に
復讐を誓い、秀助は江戸を焼いたのだった。

二年前、秀助は新庄藩火消頭取・松永源吾
と対決!捕えられ火刑になったはずだった!

しかし、今また秀助の仕業と思わせる火事が江戸で頻発。
水では消えない炎、噴き出す炎、そして自然発火…。

「火」を自在に操れるのは、秀助だけだ。
もしや秀助は生きているのか・・・?
誰もがそう思ったが、秀助は両腕を切りとられている。
一人では絶対に火付けはできない。
では、秀助の技を習得した者がいたのか?

松永たちは、江戸を守るため必死で下手人を探す。

そんな頃、番付狩りが横行していた。
江戸の火消したちに次々と降りかかる災厄。
また、麹町定火消・日名塚要人の怪しい動きが
松永たちを苛立たせる。

そして、秀助の手口と酷似した大火災が江戸を襲った!

秀助の後継者にまつわる謎、
日名塚要人の真の目的とは何か?
大火災はなぜ起こるのか?
数々の謎に向き合いながら、松永たちは、大火災と闘う!

松永たちが火付の下手人を追う現在と
秀助の過去が交互に描かれるが、その過去の物語が
切なすぎて心に突き刺さる。

『狐花火 羽州ぼろ鳶組』
著者:今村翔吾
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥760(税別)

知念実希人さん幻のデビュー作!そして原点「レゾンデートル」

今や人気シリーズもあり、著作多数。医学系の
ミステリー作品がほぼベストセラー入り!
そんな知念実希人さんのデビュー作「レゾンデートル」
を読みました。

読み始めてから、その衝撃的な内容に驚愕
しながらも、場面展開のうまさにぐいぐい
引き込まれ、気がついたら読み終わっていた!
そんな感じでした。
主人公たちの切なく悲しい運命に、泣けて
しまいました。

「レゾンデートル 存在理由」。
悲運の主人公はそれを手にすることが出来ただろうか。

末期癌を宣告された医師・岬雄貴は、自暴自棄に
なり、酒浸りの日々を送っていた。ある日、何気なく
ぶつかった不良たちに因縁をつけられ、暴行を
受ける。雄貴はその復讐のためだけに生きようとした。
そして、復讐を遂げるが、現場には一枚のトランプが
残されていた。

そのカードは、世間を騒がせている連続殺人鬼
「切り裂きジャック」のものと同じだった。
その後、切り裂きジャックと名乗る男から
ある依頼を受けた雄貴。ジャックとの奇妙な関係が始まる・・・。

家出同然で上京した南波沙耶は、風俗系のカメラマン佐川の
モデルをしていた。
ある日、親友の恵美からペンダントを預かる。
その後、佐川の他殺死体が見つかり、親友の恵美も何者かに
殺されてしまう!

切り裂きジャックによる連続殺人、カメラマンと少女の死。
雄貴と沙耶。
そして、事件を追う刑事!

パズルのピースのように、バラバラだった事件がやがて
ひとつに繋がったとき、ありえない真実が姿を現す!

デビュー作とは思えない傑作!

『レゾンデートル』
著者:知念実希人
出版社:実業之日本社(文庫)
価格:¥759(税別)

新たな妃嬪登場!『紅霞後宮物語 第十幕』

後宮小説でいま一番ハマっているシリーズの
最新刊、「紅霞後宮物語第十幕」を読みました。
第九幕より新章に突入し、後宮内での新たな
展開にワクワクしています。

司馬氏が追放され、新たな政敵が動き出す前に
文林の政権を確固たるものにする。
そのために、小玉が育てた鴻が皇太子となった。

だが、司馬淑妃の息子・鳳についてある噂が
囁かれていた….。

皇族である、琮尚書の引退が決まり、新たな
皇族の官吏を登用する必要があった。
そこで十数年前に引退した茹王を復帰させた。
併せて彼の長女も後宮に入ることになった。

しかし、長女は病弱だったため、後宮入りを
前に亡くなってしまう。
その代わりに庶子である妹の茹仙娥が新たな
妃嬪として迎えることになった。

病弱な姉を親身になって看病を続けたという
逸話を聞かされ、小玉はじめ、紅燕や真桂も
感動する。しかも後宮では何事もそつなくこなす
仙娥に他の妃嬪たちから一目置かれるが…。

仙娥の出現で、後宮はどう動く?
さらに、仙娥は小玉の味方になるのか?
敵にとなるのか?

波乱含みの展開に、続きが気になる!

益々面白くなる、後宮小説の傑作シリーズ!

『紅霞後宮物語 第十幕』
著者:雪村花菜
出版社:富士見L文庫(KADOKAWA)
価格:¥600(税別)

心癒される、優しいミステリー『ひゃくめ はり医者安眠夢草紙』

『シンデレラの告白』で第7回角川春樹小説賞を
受賞された櫻部由美子さん。
受賞作を読んだ時、誰もが知っているおとぎ話が
大人のミステリー小説に変化していて、そこが
あまりにも面白くて、感動!感激!しました。

その後は、謎多き画家・フェルメールの半生を
生き生きと描いた、『フェルメールの街』が
とても印象に残りました。

様々なジャンルの作品に挑戦される櫻部さん。
今度は時代小説です。
はり医者の安眠先生が、心と身体の不調の謎を
解き明かします。

眠れない日々を過ごす、染井屋の娘・音夢は、
外神田で鍼灸の治療所を開いている、はり医者
安眠の元へ診察に通っている。
安眠が施す鍼治療で徐々に良くなってきている
ように感じる・・・。
しかし、音夢はある事件がきっかけで心を固く
閉ざしたままでいた。
この世にあらざる物の怪の気配を感じるように
なってしまったのだ…。

だが、安眠のぶっきらぼうな優しさが、やがて
音夢の心を解きほぐしてゆく…。

他に、安眠と懇意にしている、振り薬屋に
降りかかった災難や、安眠の父を看病する
美しい尼・庵主さまの謎に迫る時代ミステリー。

そして、登場人物も魅力的!
音夢、安眠先生ほか、治療院の隣に住む
ご老人・飄兵衛、安眠の友人で、ちょっと
お腹の弱い同心・蒼一郎、美しい尼の庵主さま
などなど心優しき人たちが、この物語を彩っている!

著者の櫻部さんからは
「鍼灸の面白さをお伝えしたくて、安眠先生を
登場させました。皆様の心が暖かな‘気’で
満たされますように…..。」
とのコメントをいただきました。

その言葉通り、読み終わった後暖かい「気」で
包まれているように感じました。

『ひゃくめ はり医者安眠夢草紙』
著者:櫻部由美子
出版社:角川春樹事務所
価格:¥680(税別)

男気あふれる展開に痺れる!『夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』

シリーズいっき読みするのは、もったいないので、
じっくり読んで6巻目です。

「夢胡蝶」は吉原が舞台。
苦界に身を投じなければならなかった女性たちの
悲哀も描かれ、とても切ない展開もあります。
そして、彦弥の過去も明かされる、彦弥のかっこ
よさと哀愁が際立った巻です!

ぼろ鳶組の纏番・彦弥は、半鐘が鳴っている方向へ
奔った。そこは江戸最大の「不夜城」吉原…。

燃え盛る炎の中で、一人の遊女が押し入れに
隠れた。死にたい…ただそれだけの思いだった。
故郷に思いを馳せ覚悟した瞬間、突然男の声がした。

「お前の願いをすべて叶えてやる。だから生きろ」
遊女は男のその言葉を聞いて、自分の命を託した。

彦弥と妓楼醒ヶ井の花魁・花菊との運命的な出会い…。

吉原で不審な火事が頻繁に起き、吉原火消の
矢吉が、松永源吾率いるぼろ鳶組を訪ねてきた。
彦弥に花魁・花菊を助けてもらったことで、
矢吉は、ぼろ鳶組を頼り吉原の火事の調査を
手伝って欲しいと依頼してきたのだ。

頼まれると断れない性格の松永は、火事の真相を
探るため、彦弥・星十郎・寅次郎・武蔵らとともに
吉原に滞在することになった。

だが、吉原にいた火消たちは、彼らだけではなかった。
大名火消に定火消たちもすでに入っていたのだ。

この火事の裏には何かある…と感じた松永たちは
早速調査を開始する。

彦弥と花菊の運命的な出会いと恋模様を背景に
謎の事件が次々と起こる。

吉原で連続して起こる火付け、下手人と思われる
者の殺害事件、そして黒幕…。
星十郎と、松永の妻・深雪の推理が冴えわたる!!

そして、花菊との約束を守るため、命をかける
彦弥があまりにもかっこよく、彼の男気に
痺れてしまった。

今回登場した、吉原火消の特殊性が際立ち、
とても面白かった。同じ火消でも全く立場が違う。
しかし立場なんかくそ喰らえ!火が出たら
消すのが火消だ!松永の言葉で吉原火消も
本気になった!!

前巻以上に面白い展開に興奮冷めやらず!

『夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』
著者:今村翔吾
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥760(税別)