東京地検特捜部を真正面から描く!「巨悪」

「巨悪」は、元新聞記者の伊兼源太郎
さんが、検察の深部をリアルに描いた
社会派ミステリーです。

鷲田運輸社長が巨額の脱税を
行っていると、東京地検に内部告発と
思われるタレコミがあった。

そこから4か月、この内部告発から
調査を開始した、東京地検特捜部の
検事・中澤源吾は上司から何の
成果もあげていない、なんとして
でも割れ(自白をとれ)!と叱責
されていた。

検察は過去に起きた特捜部の証拠改竄
事件や杜撰な取り調べが露見し、
その威信は地に堕ちていた。

今回の調査で検察の信頼回復を狙う上層部。

しかし、組織改革を進めるはずの
検察の体質は変わらず、中澤は
納得できないでいた。

ワシダ運輸の脱税について、中澤は
立件することが出来ず、次の調査に投入される。
それは、国交大臣が夏祭りで配布した
手ぬぐいに絡んだものだった。
この案件も立件が難しいとされたが、与党の
陰のドンに迫ると期待された。

一方、事務官の城島は、ワシダ運輸から
押収したブツの中で、大番頭・陣内の
手帳に記された和菓子の購入に疑問を抱く。

中澤は、国交大臣の筆頭秘書に聴取していた。
ところが、秘書が自殺するという事件
が起こってしまう・・・。

中澤と城島は高校時代からの同級生で、
野球部で切磋琢磨したライバルだ。
そして城島は、中澤の妹・友美の恋人でも
あった。
しかし、友美は二人が大学時代に
殺されてしまった。
大きな悲しみの中で、友美の死の真相を
暴く!中澤と城島はお互いにその思いを
胸に秘め、「正義」の象徴である
検察に身を置く決意を固めたのだった。

そういう絆で結ばれた中澤と城島は、
国交大臣とワシダ運輸の調査を
進めるうちに不可解な金の動きを
掴む。そしてそれは東日本大震災の
復興補助金に繋がってゆく・・・・。

東京地検特捜部を題材にした「巨悪」。
圧倒的臨場感に度肝を抜かれる。
あまりのリアルさにここまで描いて良いのか?
思ってしまう。

政治汚職の闇を暴かなくては!という使命感。
そして、信頼回復を志す検察に送る
エールのようなものが感じられた。

巨悪に立ち向かう、若き検事と事務官、
その上司、同僚たちの「正義」を全う
するという熱い熱い思いに心が震えた。

『巨悪』
著者:伊兼源太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥1,100(本体¥1,000+税)

日本の新たな船出を陰で支えた傑物の生涯「天を測る」

「隠蔽捜査」シリーズや
「警視庁臨海署安積班」シリーズ
など警察小説で人気の今野敏先生が、
実在の人物を主人公にした歴史小説を
描かれました。
幕末に活躍した「小野友五郎」。

幕末の偉人と言えば西郷隆盛、
坂本龍馬、勝海舟、福沢諭吉など
多数いるし、日本史の授業や小説。
歴史の本などで知る機会があった。

しかし「小野友五郎」という人物は
この本を読むまで全く知らなかった。

小野友五郎は、笠間牧野家家臣で
長崎海軍伝習所の一期生。
咸臨丸では測量方兼運用方を務めた。
若い頃から算術に長け、
その正確さにおいて、小野に並ぶ者は
いなかったという。

安政7(1860)年、咸臨丸は浦賀港から
サンフランシスコへ向けて出港。
太平洋を渡る長い航海で、艦長の勝麟太郎は
船酔いを理由に船室に籠り切りだった。
そんな中、小野は技術アドバイザーとして
咸臨丸に乗船していたアメリカ海軍士官、
ジョン・M・ブルックと算術・測量術を
競い合い、アメリカ側に勝利した。
この出来事はアメリカ人たちを驚かせ、
誰もが小野を信頼するようになる。

遣米使節団としてともに渡米した
福沢諭吉は、かなり辛辣に描写
されている。問題児だったようで、
規律を重んじる小野から叱責されている。
偉人の意外な一面を見た。

そして、使節団がサンフランシスコの
街や建物などの珍しさに目を奪われている頃、
小野ら測量方の者たちは、軍艦造船などの
現場をつぶさに見て回りその習得に励んだ。

ペリー来航以来、徐々に開国に踏み切った江戸幕府。
外国の脅威を迎え撃つには、軍艦造船と港の整備が
急務であることを早々に幕府に訴え、
算術を武器にアメリカと対等に渡り合った男。

小野はつねに「世のことわりは、すべて単純な
数式で表せる」と考えていた。
さらに、攘夷を声高に叫び、外国に対して
無謀な闘いを挑む毛利や島津を理解できないでいた。

邪魔なものは排除する。

小野は言う
「己にないものを自覚し、他者の良さを認めて足し算をしてゆく。」
それが国の品格を生む。
引き算ばかり考えている者に品格が備わることはない・・・と。

この言葉がとても心に響いた。

今の日本はどうだろう?
品格ある国家だろうか?

260年間もの長きにわたり、戦争もなく
平和な時代を作った江戸幕府。
これは凄いことなのではないか?

新政府は、列強諸国に追いつくために
これまでの日本を否定するかのように
欧米化を図ってゆく。

その中で小野はこれからの日本の行く末を考え、
己のすべきことに邁進してゆく。
江戸湾海防計画、そして軍艦建造をやり遂げ、
近代日本の船出を陰で支え続ける。
明治の世になってからは新政府のために
鉄道測量の仕事に就いた。

日本のために、ただひたむきに働き尽くした
男の生涯に胸が熱くなった。

『天を測る』
著者:今野敏
出版社:講談社
価格:¥1,700(税別)

比嘉姉妹シリーズ最新作「ぜんしゅの跫」は怖かった!

澤村伊智さんのホラー短編集『ぜんしゅの跫』
は、霊媒師・比嘉姉妹シリーズ最新作!
「鏡」「わたしの町のレイコさん」
「鬼のうみたりければ」「赤い学生服の女子」
「ぜんしゅの跫」の5編のホラー短編作品を収録。

「鏡」
子どもを授かった若い夫婦。
生まれてくるのは女の子で、夫婦は
娘の将来の幸せを願った。
夫はその日、知人の結婚披露宴に
出席する。ところが会場の
レストルームの鏡を見た瞬間
不気味な男の姿を見てしまう・・・。
「ぼぎわんが、来る」の前日譚。

「わたしの町のレイコさん」
都市伝説にまつわるホラー。
トイレの花子さんみたいな都市伝説
的なホラー話が大好きな女の子。
巷では、ゲイのレイコさんが
ナイフを片手に男の子を追いかける!!
という噂話が。その真実を調べる内に
過去の悲劇が明らかに!

「鬼のうみたりければ」
双子の男の兄弟で、兄の方が
神隠しにあって行方不明なった。
弟の方は成長し、結婚。
しかし、不景気でリストラにあった。
妻は仕事、家事、育児さらに
老いた義母の介護までするはめに!
もう限界!と悲鳴をあげそうに
なった頃、ひょっこり兄が帰ってきた!!
この人本物の兄なの・・・?

「赤い制服の女子」
事故にあい、重傷を負った男性。
入院している病院で怪事件が。
赤い学制服の女の子が呼んでいると
話していた入院患者が次々と
亡くなってしまった。
次は俺の番か・・・と思っていた
ところで!!!

「ぜんしゅの跫」
真琴と野崎の結婚式。姉の琴子は
祝いに駆け付けるが、真琴に怪我を
させてしまう!
琴子は真琴が引き受けていた
「見えない通り魔」事件の
調査に乗り出す。
かりかりかりと不気味な音を
出すそれは、巨大な化け物
だった・・・・。

「ぼぎわんが、来る」の前日譚
は不気味で怖かった。
一番怖かったのは、「鬼のうみたりければ」。
兄とはいったい何者か?ラストの衝撃は
半端なかった!
表題の「ぜんしゅの跫」は、比嘉姉妹
と化け物との対決が読みどころ。

どの作品もいったい何が出てくるのか
という怖さに対する期待感が膨らむ!
その期待を裏切らないストーリー展開に
100%満足!

『ぜんしゅの跫』
著者:澤村伊智
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥640(税別)

急転直下の展開の続きは?!『紅霞後宮物語 第十二幕』

後宮小説でいま一番ハマっているシリーズの
最新刊、「紅霞後宮物語第十二幕」を読みました。
十一幕のありえない展開の続きはどうなったのか?

文林の子を身ごもった、妃嬪・茹仙娥。
茹側の奸計にはまり、皇后の地位を
剥奪された小玉は、副官である鄭綵
(ていさい)とともに後宮最下層の
冷宮に送られた。

誰もが小玉らの過酷な未来を予想
したが、小玉らは全く頓着せず
働く決心をする。

冷宮をしきる万氏と距離を保ち、
小玉たちは、生き生きと働く。
小玉はもともとは最下層の出身だし、
戦場での生活は、この冷宮以上に
過酷だったのだ。

小玉は冷宮での生活で、今までの
自分を見つめなおす機会を得た。

一方、文林は小玉たちを救出
するため、賢妃・真桂のもとを
訪れた。小玉を信奉する
真桂は、彼女なりに小玉を救出
するための策を練っていた。

文林と真桂は、茹側を警戒しつつ
ある計画を実行に移す・・・。

これまで「娘子」「皇后」と
呼ばれていた関小玉。
皇后の位を剥奪され、皆から
「関さん」と呼ばれる。
何故かその響きがちょっと切なく
感じられた・・・・。

まだまだ波乱が続きそう!
十三幕が待ちきれない!

『紅霞後宮物語 第十二幕』
著者:雪村花菜
出版社:富士見L文庫(KADOKAWA)
価格:¥600(税別)

江戸時代の華やかな世界の闇!『化け者心中』

選考委員満場一致!
第11回小説野生時代新人賞受賞作
蝉谷めぐ実さんの『化け者心中』を
読みました。

江戸時代、華やかな世界の裏で
どす黒い闇が蠢いている。
いつの時代も人間は変わらない。
業の深い生き物なのだ・・・。

文政の江戸、当代一の人気を
誇る中村座。
その座元から、鬼探しの依頼を
受けた鳥屋の藤九郎。

事の子細は、秋芝居のための
前読みで役者を集めたときに
起こったという。
暗闇の中で、役者はみんな揃っている。
それなのに、血まみれの首がひとつ
転がっていた・・・・。
座元は言った「この小屋に鬼がいる」と。

かつて一世を風靡した、稀代の女形、
田村魚之介(ととのすけ)と藤九郎は
事件の真相究明に乗り出す。

だが、役者たちへの追及は一筋縄ではいかない。
己の人生のすべてを芸にかけ、精進する役者たち。
斜に構える者もいれば、藤九郎の尋問など
ひらりとかわす者もいる。
素直で心優しく、人間の心の機微というものに
うとい藤九郎は、役者たちから軽くあしらわれる始末。
魚之介は皮肉屋で、彼らをいらだたせるばかり。

それでも次第に真相に近づいてゆく二人。

鬼とはいったい?

藤九郎、魚之介の強烈な人物描写が素晴らしい!
特に魚之介は、命ともいえる役者生命を
奪われ、自分が何者なのかわからなくなった
苛立ちが見事に表現されている。
そして、他の登場人物の芸に対する凄まじい執念が
彼らの心の闇を浮かびがらせてゆく。

鬼と人間との境はどこにある?
あまりにも強い執念は心に鬼を飼ってしまうのでは?
と思ってしまった。

息もつかせぬ展開!主人公二人の活躍に
心を鷲掴みされた。

選考委員満場一致も納得のデビュー作!

『化け者心中』
著者:蝉谷めぐ実
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,650(税別)

第2回双葉文庫ルーキー賞受賞作!『だから僕は君をさらう』

第2回双葉文庫ルーキー賞受賞作、
「だから僕は君をさらう」を読みました。
出版社さん激押し!
心にじわじわと沁みこむような、
究極の「純愛」ミステリーです!

少年時代に起きた事件の影響で、
心に深い傷を負った青年・
守生光星は、日々平穏無事に
暮らすことだけを願いながら
生きている。

守生は、サロンを経営する女社長に
見込まれ、彼女の仕事を手伝いながら
ミュージシャンを目指していた。

そんなある日、自宅近くの墓地で
一人の少女と出逢う。
しかし、その少女は驚くべきことに
守生の父が起こした事件の被害者の
娘だった・・・・・。

運命のいたずらなのか・・・?
少女との出逢いは、守生に人を
愛することの素晴らしさを気づかせる。
しかし、平穏無事に暮らすという願いは
打ち砕かれることに!!!

新たな事件に巻き込まれてゆく二人・・・。

二人が出逢い、やがて惹かれ合う。
前半部分は、ピュアなラブストーリーで
読者の心をつかんでゆく。
しかし、二人の間で起こる些細な出来事が
後に起こる事件の伏線になっていて
読んでいると徐々に心がざわつき始める。

大切な人を守るために彼は何をしたのか!?

あまりにも優しく、そして切ない、
無償の愛の姿・・・。

そして、人はいつでも再生できると
信じられる(著者のメッセージ。)
純愛ミステリー。泣ける・・・。

『だから僕は君をさらう』
著者:斎藤千輪
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥700(税別)

切なすぎる青春ミステリー『向日葵を手折る』

版元さんのお薦めで、読ませて頂きました。
初読みの作家さんの作品。
彩坂美月さんの「向日葵を手折る」です。

9月19日放送の「王様のブランチ」で
紹介され注目されています。

美しい自然にあふれた、山形の山あいの
集落を舞台に、一人の少女の4年間の
成長を、丁寧に描いた青春ミステリー。

父の死がきっかけで、母の実家がある
山形の集落に引っ越してきた、小学6年生のみのり。
引っ越したその日に同級生の男の子と出会う。
優しさに満ち溢れた少年・怜。
家が隣同士だったこともあり、みのりと怜は
意気投合する。

怜の親友・隼人は、女の子を足蹴にするような
乱暴な男の子。
みのりは、隼人に何度か忠告するが、
隼人に逆襲されてしまう・・・。

それでも同級生たちと心を通わせ始めた
夏のある日、集落の行事「向日葵流し」
のために植えられていた向日葵の花が
何者かによって全て切り落とされると
いう事件が起きる。

それは「向日葵男」の仕業だと噂された。
そして、みのりの身の回りで次々と
不穏な事件が起こる。

鮮やかに季節が巡る美し過ぎる自然。
ガラス細工のような脆さと真っ直ぐすぎる
正義感を併せ持つ少年少女たちの心の動き・・・。
彼らを見守る大人たちの厳しさと優しさ、
そして、随所にちりばめられた伏線。
その伏線が回収された先に明かされる
あまりにも切ない真相。

緻密に編み上げられた物語。
素晴らしいの一言。

この本に巡り会えて良かったと
心の底から思える1冊。

『向日葵を手折る』
著者:彩坂美月
出版社:実業之日本社
価格:¥1,700(税別)

沈没寸前の豪華客船、女性消防士命がけの救出劇!「波濤の城」

五十嵐貴久さんの女性消防士が主人公の
「炎の塔」がとっても面白かったので、
シリーズ第2作目の「波濤の城」を
読みました。

「炎の塔」は名作パニック映画
「タワーリングインフェルノ」に
インスパイアされて描かれた作品でした。

今回の「波濤の城」は、同じく
パニック映画の傑作と言われる
「ポセイドン・アドベンチャー」から
ヒントを得て描かれた作品です。

大型台風に見舞われ、座礁し
沈没寸前となった豪華客船をさらに
業火が襲う。その極限の中で
繰り広げられる人間ドラマと救出劇!
すさまじい臨場感に圧倒されます!

豪華客船、メモリアル・オブ・レインボー号の
山野辺船長は、巨大台風が迫る中、
カジノ誘致を目論む代議士の要請で
急遽、航路変更を行い強行出航した。

山野辺の思惑は、代議士に恩を売り、
カジノ用フェリー航路の独占、そして、
会社の中で、自分の地位を確たるもの
にしようという自分勝手なものだった。

乗員乗客2,000名の中には、
離婚危機を迎える若い夫婦、
末期がんと診断され家族のために
死を覚悟した男。
組織から、知人の男を殺害するよう命令された男。
小説が書けなくなった老作家夫婦。
船オタクの根暗な青年、
過去の沈没事故のトラウマを乗り越え
られない客室係の男、
そして、銀座第一消防署の女性消防士・
神谷夏美と柳雅代もいた。

大型台風の影響で、激しい雨と
波がクルーズ船を襲う。
そして、深夜、突如異音とともに
排水が逆流、海水が流れ込み、船が
傾き始めた。

しかし、山野辺は頑なにすべての事実
を否定し、航行を続けようとした。
方や、沈没を経験している客室係は
己の判断で乗客の避難誘導を始める。
激怒する山野辺。

その間に、切断された電線から火の手
があがり、船の一部は業火に見舞われる!

神谷と柳は、残された乗客たちと
避難用ボートが設置してある9階へと
逃れようとするが、炎に退路を
断たれてしまう!!!

極限状態の中での人間ドラマが
胸を打つ。
神谷と柳の絶対に諦めない精神が
乗客たちの心に火をつける。
そのシーンがめちゃめちゃ泣ける!

また、船長でありながら己の保身
しか考えない山野辺が許せない!
なんど「バカかこいつ!」
と突っ込んだか知れない。

ベースは「ポセイドン・アドベンチャー」だ。
そして、著者はこれまでの数々の海難事故を
ヒントにこの作品を描いている。
人間の判断ミス、関係者の自己保身で
どれほどの悲劇が生まれるのか?

生死がかかった場面での人間の本当の
姿が描かれている。

手に汗握るパニック小説でありつつ、
人間の生き様を考えさせられる
最高に面白いエンターテイメント作品!

『波濤の城』
著者:五十嵐貴久
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥800(税別)

これこそほんとの前代未聞!「同姓同名」

「超」話題になっている下村敦史さんの
「同姓同名」(幻冬舎)を読みました。

登場人物がほんとに全員、同姓同名
なんですよ!
どうやって区別したの?
それで物語は成立するの!!!?
興味津々で読み始めたら、なんと
面白いのなんのって、計算しつく
された緻密な展開に鳥肌が立ちました!

大山正紀(おおやままさのり)は、
プロのサッカー選手を目指す高校生。
いつか自分の名前が、サッカー
スタジアムに轟く日を夢見ている。

そんな中、女児惨殺事件が起こった。
犯人は、16歳の男子高校生。
少年法に守られ、当然名前は伏せられ
報道された。ところがあまりの事件の
残酷さに日本中が激怒し、名前の公表を
求めSNSが過熱。ある週刊誌が名前の
公表に踏み切った。
その名前は「大山正紀」。

その後、大山正紀はサッカーの推薦枠
をはずされてしまう。
他にも、凶悪殺人犯と同じ名前の名もなき
「大山正紀」たちは、人生を狂わされてしまう。

7年後、刑期を終えた大山正紀が出所した。

そして、犯人逮捕の時以上に犯人批判は
過熱。SNS上では、正義をふりかざす
者たちで暴走し炎上していた。

犯人に名前を奪われ人生を穢された
「大山正紀」の中の一人が
‘大山正紀同姓同名被害者の会’を発足
させた。そして集まったものたちは、
犯人を捜し出そうとする。

興味本位なのか?本当に正義なのか?
SNSによる、情報や言葉の暴力性が
半端なく、それがあまりにもリアルに
描かれているので恐ろしくなる。

凶悪犯人と同じ名前だったせいで
彼らが被った艱難辛苦はどれほどの
ものだったろうか?
一人ではとても耐えられず、
被害者の会を発足させ、少しでも
苦しみを分かち合いたいと思うのも当然だ。

そして、大山正紀だらけで本当に混乱する。
多分、それが狙い????
至る所に張り巡らされた数々の伏線。
(’’’’’)に振りまわされる。
さらに、巧妙なミスリードで、まんまと
著者の罠にはまる!

SNSの恐ろしさにドン引きしながら、
ミステリー小説のとしての面白さを
めちゃめちゃ堪能できました!
こんなにややこしい作品、そうそう
描けないと思います。
それを描いちゃって、さらに
読者を楽しませてくれた
下村さんに拍手!!!

『同姓同名』
著者:下村敦史
出版社:幻冬舎
価格:¥1,600(税別)

心が揺さぶられる、検察ミステリー「地検のS」

伊兼源太郎さんの「事故調」が
あまりにも面白かったので、
「地検のS」も続けて読んだ。

湊川地検を舞台にそこに関係して
いる、新聞記者、弁護士、検事
検察事務官たちを主人公にした
短編集。

「置き土産」
1週間以内に特ダネをあげろと
司法回りの記者・沢村は、上司から
強いプレッシャーをかけられていた。
そんな中、湊川地裁での取材中、
地検の総務課長・伊勢雅行が
法廷を覗く姿を見かける。
陰の実力者と噂される男が、
ありふれた事件になぜ興味を抱くのか?

「暗闇法廷」
面倒な事件を押し付けられた。
暴力団の構成員が起こした保護責任者
遺棄致死罪の裁判で、証人として
呼ばれた男は、森本検事の質問を
のらりくらりとかわし続けた。
森本の検察事務官である新田は、
この裁判を歯がゆい思いで見ていた。
尊敬する森本検事は一体どうなるのか?
そんな時、総務課長の伊勢が声をかける。

「シロとクロ」
両親にも見放された男の弁護をする
弁護士・別府直美。
確かに、男はトラブルメーカーで
これまで何度も警察お世話になっている。
両親からは、刑務所に入れてほしいと
言われる始末。しかし今回の事件に
おいて、男は罪を犯していない。
まっとうな弁護をするべきだと考える
しかし・・・。
苦悩する別府の前に伊勢が現れる。

「血」
DVの夫に息子ともども殺されると
思い、夫を殺害してしまった主婦。
罪を償い出所したあとは、建設
会社の事務員として働いていた。
ところが、ある政治家の政治資金
規正法違反の端緒を握る存在だと
検察に目をつけられた。
担当の検事・相川晶子は、その主婦
から何としても自白を引き出せと
プレッシャーをかけられていた。
しかし、聴取しても頑なな主婦からは
自白が取れない・・・。

「証拠紛失」
政治家の闇献金疑惑に関連し、建設会社の
社長席で発見された重要なメモが紛失
した。総務課長の伊勢から呼ばれた
三好は、そのメモを3日後の会議までに
探し出せと命令を受ける。
同僚とともに必死に捜索するが・・・・。

湊川地検の総務課長・伊勢雅行は
いったい何者なのか?
長年、総務課長の席にあり、湊川地検の
すべてを知る男。
そのすべての事件の裏側には、伊勢がいた。

伊勢の登場によって、苦悩する彼らは
何をつかんだのか?

それぞれの物語の「謎」が解明
された先に思いも寄らない真実
が待ち受ける!

司法に携わる者にとって、本当に
正しい行いとは何か?

彼らが見つけた「正義」に思わず
ハッとさせられる!

元新聞記者が圧倒的臨場感で
描き切った、斬新な検察ミステリー。

『地検のS』
著者:伊兼源太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥780(税別)