心が震える!老兵たちの戦い「ライオンの冬」

ハードボイルド小説と言えば、沢木冬吾さんの作品です。
「約束の森」を読んで、沢木作品を好きになったので、
他にはないかなと調べたら、
「ライオンの冬」を見つけました。
内容は私好み!めちゃめちゃ面白そう!

伊沢吾郎、82歳。かつて日本陸軍の狙撃手として
フィリピンで戦った男。
軍人恩給で一人暮らしをしていたところに
理由ありの孫娘、結と一緒に暮らすことになった。

孫娘との生活は、ひとり暮らしの吾郎にとって、
最後のいきがいとなった。
80も過ぎてからこんなに楽しいことが起きようとは・・・
この幸せを噛みしめていた。

かたや、結は、冬になると雪で大変なことになるこの
土地で、祖父との日々は楽しくて仕方なかった。

そんな二人の生活に突如、暗雲が立ち込める。
一人の少年の失踪事件をきっかけに、雪山は
緊迫感に包まれる。

伊沢の動向を監視する、謎の男たち….。
伊沢のフィリピン時代の出来事とある事件が
クロスし、伊沢を窮地に陥れた!

伊沢と結を守ろうとする勢力と、伊沢を消そうとする
勢力がぶつかり合い、とうとう闘いが始まってしまう。

戦争で死地をくぐりぬけてきた伊沢らに翻弄される男たち。
雪山でのゲリラ戦は、老兵たちの独壇場だ!
伊沢は、大切な孫娘・結を守るため再び銃を持った!

戦争の暗い過去を背負った男たちの矜持。
フィリピンでの闘いでたくさんの戦友を
失った伊沢たち。囚われた過去を背負いながら
守るべきものを守る!
最後の力を振り絞って戦いに挑む老兵たちに
胸が熱くなる!!

沢木作品の傑作中の傑作!

『ライオンの冬』
著者:沢木冬吾
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥640(税別)

「64」から6年ぶりの新作、心に沁みわたる美しいミステリー「ノースライト」。

「64」から横山秀夫さんの新作を心待ちに
していました。
新刊情報が届いた時、やっと新作が読めると
嬉しくなりました。

待ちに待った新刊は、横山さんらしい、
胸に迫る作品でした。

建築士の青瀬は、クライアントからの依頼で、
家を建てた。そのクライアントは、
「あなたが一番住みたい家を建ててください。
私たちはあなたが建てた家に住みたいんです。」
そういってくれた。
青瀬は、今までの自分を捨て、再起をかけて
設計に臨んだ。完成した後クライアントは
とても喜んでくれた。
雑誌の特集にも組まれるほど注目された。

しかし、ある顧客からあの家には誰も
住んでいない感じがすると言われた。
青瀬はそんはずはないと思った。
しかし、引渡し後感想を聞こうと思い
何度か連絡したが電話は繋がらなかったのだ。
その時は忙しいのだろうと思っていた。
だが・・・。

事の真偽を確かめたくて、青瀬は家を訪ねた。
やはり誰も住んでいなかった・・・。
その家には引っ越してきた形跡さえない。
ただ、たった一つ、古ぼけた椅子が置いてあるだけだった。

青瀬はその椅子を頼りに、クライアントを
探し始める。
彼らはどこへ消えたのか?

バブルの時代、家族を顧みずがむしゃらに働いた。
大切なものを失ったと気づいた時は手遅れだった。
いまだに過去の自分に囚われている・・。
この仕事で再起できると思っていたのに!

行方を断ったクラインアントを追ううちに
今まで疑念を抱いていた「謎」が明らかに
なってゆく・・・。

激しい競争の中で、苦悩と葛藤、嫉妬と羨望
が渦巻き、次第に自分を見失っていった戦士たち。
そんな男たちの再起の物語でもある。

真実が見えた先の「希望」に満ちた結末に
心が激しく揺さぶられる!

横山さんの新境地です!

『ノースライト』
著者:横山秀夫
出版社:新潮社
価格:¥1,800(税別)

ナチス崩壊後のベルリンを活写!「ベルリンは晴れているか」

深緑野分さんの「戦場のコックたち」は2016年に
本屋大賞にノミネートされた作品。
戦場で起こる、日常のミステリーが描かれて
とても面白かった!とにかく戦場での日々が
とてもリアルに感じられた。忘れられない作品。

「ベルリンは晴れているか」は、ナチス崩壊後を
舞台に一人のドイツ人少女が必死に生きる姿を描く。

ナチス崩壊後のベルリンは、アメリカ・ソ連・
フランス・イギリスの4か国に統治されていた。
総統を失ったドイツ国民はこの4か国のルールに
従って生活していた。

ある日、主人公の少女・アウグステはソ連の兵士に
連行される。
アウグステの知人の音楽家が毒入り歯磨きを
使用したことによって、死んでしまったのだ。
容疑者は音楽家の甥だという。
ソ連兵大尉は、アウグステに甥の捜索を命じた。
同行するのは、ソ連の下級軍曹だった。
ところが、途中、元映画俳優と名乗る泥棒も
同行することになった。
奇妙な3人組は、旅の途中様々な事件と遭遇する。

戦争の爪痕が生々しく残るベルリン。親を失い
瓦礫の中で生活する孤児たち。彼らを利用する
心の荒みきった大人たち。
敗戦国のみじめさに日本の敗戦の様子が
重なる。そのリアルさは、二度と戦争が起きない
ようにとの祈りが込められているのかもしれない。

そんなベルリンを背景に描かれたもうひとつの
物語・・。音楽家はなぜ殺されたのか?
犯人は誰なのか?その謎解きだ。
幾重にも張り巡らされた伏線・・・。
あまりにも悲しいその真実に、胸が痛む・・・。

「戦場のコックたち」を超える圧倒的
スケールの歴史ミステリー。

『ベルリンは晴れているか』
著者:深緑野分
出版社:筑摩書房
価格:¥1,900(税別)

小説だから描ける「3億円事件」のカラクリ。「1968三億円事件」

1968年に起きた、3億円強奪事件。
犯人は白バイ警官になりすまし、ある会社の
給料、3億円分を積んだ現金輸送車から
いとも簡単に奪い去った。
目撃者がいたことから、すぐに犯人は捕まると
推察されたが、犯人も現金も永久に消え去り
迷宮入りとなった。

戦後最大級の現金強奪事件・・・。

その3億円事件をテーマに、5人のミステリー
作家が、競演した短編集が「1968三億円事件」。

事件と同じような計画を企てた若者たち物語、
事件の犯人に思いを寄せた女の子。
異国の地で事件に思いを馳せる男・・・。
警察の汚点となった事件の扱い・・・。

様々なストーリー展開に「3億円事件」の
影響の凄さを感じさせる。
この事件の真実は一体どんなものだったのだろう?

特に衝撃的で、印象に残った作品は、
下村敦史さんの「楽しい人生」。
日常を持てあましていた若者たちが
3億円事件に巻き込まれる物語だ。
読み終わった後、3億円事件の真実はこんな
ストーリーだったのでは思わせる!

迷宮入りしたが、今でも語り継がれる
「3億円事件」の謎にスポットを充てた
ミステリー。傑作の5編。

『1968 三億円事件』
著者:下村敦史/呉勝浩/池田久輝/織守きょうや/今野敏
出版社:幻冬舎(文庫)
価格:¥580(税別)

背筋が凍る・・・。企業小説「七つの会議」

映画公開中の「七つの会議」の原作本、
池井戸潤さんの「七つの会議」(集英社)を読みました。
とても面白くていっき読みでした!映画も好評のようです。

ある中堅メーカーの営業部。花形と言われる営業一課の
トップセールスマンでエリート課長・坂戸がパワハラで
社内委員会に訴えられた。

訴えたのは、日頃から勤務態度に問題のある
年上の部下・八角だった。
非があるのは問題のある八角の方で、エリートの坂戸は
不問にされると誰もが信じていた。しかし・・・
役員会で下されたのは、信じられない人事だった。
二人の間には何があったのか?

坂戸の代わりに営業一課の課長に任命された
原島は事態の収拾を命じられる。

問題となったメーカーに勤務する7人の物語から
やがて明らかになる、隠蔽された恐るべき真実!
会社に蔓延る「闇」に迫る!

エリート課長のパワハラ事件に関する不可解な人事
という謎をもたせ、その謎を明らかにしようと調査
を始める社員たちに思わせぶりなセリフで阻止する
幹部たち・・・。
まるでミステリー小説のような展開で、読者も
その謎を知りたくてグイグイと読ませられる。

小説の面白さもさることながら、日本の企業の
歪みに鋭く斬り込んでいる!

過去、世界に名を馳せた日本のメーカーがなぜ
失速し、競争に敗れていったのか?
この小説を読むとわかるような気がする・・・

映画も観に行くぞ~。

『七つの会議』
著者:池井戸潤
出版社:集英社(文庫)
価格:¥800(税別)

バチカン奇跡調査官シリーズ、短編集第4弾「天使と堕天使の交差点」

大好きなバチカン奇跡調査官シリーズです。
短編集もなんと第4弾!!
いつものロベルト&平賀、ほかにチャンドラ・シン博士、
ビル・サスキンス捜査官、そして青年司祭・ジュリア
が登場します!

イタリアの宝石店に現れる、処刑された女性・
ベアトリーチェの幽霊を払うためエクソシストを呼んだ店主。
バチカンの神父・ロベルトと名乗ったが
それは偽ロベルトだった。その汚名を晴らすべく、
平賀とロベルトは、宝石店に向かう。
そして二人はベアトリーチェと思われる霊と遭遇
するが・・・・?

ロベルトと平賀、またバチカンを翻弄する、
美貌の青年司祭・ジュリア。彼は上司である
ルッジェリのために豪奢な宴を催す。
しかし、その宴に出された豪華な食事には
恐るべき秘密が隠されていた・・・。
神をも恐れぬ、ジュリアの奸計に絶句する!

FBI捜査官ビル・サスキンスの前に現れたのは
美しき秘密工作員、エリザベート。
彼女は、ウオーカー博士が追う陰謀にビルの両親が
関与していると疑い、さらにFBIに巣食う
イルミナティの動向を探るため、ビルに接触を試みた。
しかし・・・・!二人はどうなる・・・!?

チャンドラ・シン博士は、熱心なジャイナ教徒だ。
ジャイナ教で最も守らなければいけないことは
非暴力・不殺生である。
ある日シン博士は、仕事中のうっかりで、ねずみに
怪我を負わせてしまう。パニックに陥ったシン博士。
彼が助けを請うたのは、ロベルト・ニコラス神父だった。
いつもクールで感情を読み取れないシン博士。
しかし、博士の人間的魅力がたっぷり味わえる一編。

今回は、偽ロベルト事件から端を発した幽霊騒ぎや
チャンドラ・シン博士の意外な一面、ビル捜査官の
近況、そして天使の貌をした悪魔・ジュリアの
恐るべき所業が描かれる・・・。

ユーモアとシリアスとホラーがミックスされた
極上の短編4編が収録!
文句なく面白いです!!

『バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥640(税別)

最凶の悪女、さらにパワーアップ!「ふたたび嗤う淑女」

中山七理さんの新刊「ふたたび嗤う淑女」を読みました。
「嗤う淑女」で登場した最強の悪女。彼女がパワーアップし、
再び人々を翻弄します。
人を陥れるその手練手管に背筋が凍ります・・・。

女性活躍推進を掲げる、国会議員・柳井耕一郎の
資金集めの隠れ蓑として立ち上げられたNPO法人。
その女性事務局長は、募金活動でも資金が集まらず、
柳井の秘書から何度も叱責を受けていた。
秘書に強烈なライバル心を持っていた事務局長は
同僚の女性から投資の話を持ちかけられる・・・。

社会情勢に不満を持つ人々の心を言葉巧みに操り
信者を集める宗教法人。信者からお布施と称して
多額の財産を集めていた。しかし次第に信者の
数が減り、金策に行き詰まった副館長は、信者の
一人から耳寄りな情報を得るが・・・・。

柳井耕一郎の後援会会長である不動産屋の社長は、
半年前に入会してきた男の口車に乗せられ、
都議会議員選挙に立候補することに。そこで
彼から紹介を受けたのは、当選請負人だった・・・。

国会議員・柳井の周りに集まる金に操られる人間たち。
彼らが引き合わされた投資アドバイザー「野々宮恭子」。
しかしその正体とは!?

欲望にかられたあさましい人間たち、その人間
たちを翻弄し地獄に突き落とす女。
その女がいかにして彼らを死地へと追いやるのか?
女の手腕は恐ろしいほどに見事だ。
そしてその女に騙された人間たちの末路は悲惨だ。
しかし、同情すら覚えない。

この作品はそこまで冷徹に人間の愚かさを描いている。

どんでん返しの帝王が放つ、恐怖の逆転劇!!
読みだしたら止まらない、イヤミスの極致!

『ふたたび嗤う淑女』
著者:中山七里
出版社:実業之日本社
価格:¥1,600(税別)

大人気!「後宮の烏」第2弾『後宮の烏2』発売!

シリーズ化を期待していた、白川紺子さんの
『後宮の烏』(集英社オレンジ文庫)。
第2弾が発売されました。

嬉しい~~~~。

後宮の妃でありながら、決して帝とは情を交すことのない
特別な妃・烏妃。

しかし、ある事件がきっかけで、時の皇帝・高峻と
出会い、彼らは「友」となった。
高峻の周りでは、烏妃と会うなど不吉だと言う。
しかし、高峻はなぜか烏妃・寿雪と話をすると
心が癒されるのだった。

第2弾の内容は、少年宦官の幽鬼出現の謎、、
自殺した妃に仕えた宮女の幽鬼の訴え、
烏妃暗殺未遂、妃付宮女惨殺事件など、
烏妃・寿雪がその謎を暴く。

幽霊・ゾンビ・妖怪・謎の仮面など
次々と異形のものが現れる!

不気味で謎めいた事件の数々は、この物語の雰囲気に
ぴたりとあてはまり、他の後宮小説と比較して
異彩を放っている。それがこの作品の際立った魅力で
そこにはまってしまう。

また、烏妃・寿雪を気づかう皇帝・高峻のさりげない
優しさが胸キュンだ。
決して「恋」に発展させてはならない、二人の関係。

烏妃をしばる「烏漣娘娘(にゃんにゃん)」とは
何か?
そして、烏妃暗殺を目論んだ、烏漣娘娘が恐れる
「梟」とは何者か?

数多の謎を残し、物語第3弾に繋がるか!?

『後宮の烏 2』
著者:白川紺子
出版社:集英社(オレンジ文庫)
価格:¥620(税別)

杉村三郎シリーズ最新刊『昨日がなければ明日もない』面白過ぎる!

宮部みゆきさんの「昨日がなければ明日もない」を読みました。
「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」「希望荘」と続く
杉村三郎シリーズ第5弾の最新作です。
何年か前に小泉孝太郎さん主演でドラマ化された作品。

巨大コンツエルン会長の娘婿・杉村三郎は、
劇的に人生が変わり、探偵事務所を開くことに。

この作品は、杉村が探偵になってすぐに転がりこんで
きた事件を描いた。
「ちょっと困った女たちVS探偵・杉村三郎」。
読み応えたっぷりの中編3作品が収められている。

嫁いだ娘と連絡が取れなくなり杉村に相談してきた初老の婦人。
調べてみると、とんでもなく嫌な事件に繋がってゆく。

杉村が借りている事務所兼住居の大家さん家族につきあって、
結婚式に出席するとそこで信じられない事件が勃発・・・。

大家さんの息子一号のお嫁さんのママ友に、
身勝手なことばり言う女性がいる。
その女性が杉村に困った相談をしてきた。
一号夫人から絶対に相談を受けるなと止めらていたが、
結局話を聞くはめになってしまった・・・・。

ここに登場する「困った女性たち」は身勝手な女性ばかりだ。
自分の利益しか考えない。
責任転嫁ばかりをした末に、次々と悲劇の連鎖を起こす。
自分のやったことがどういうことになるのか
想像すらできない女性たちだ。

自覚のない「悪意」が不幸をまき散らす。
救いようのない女性たち。
そんな女性たちを著者は淡々と描きだす。
読んでいると背筋がす~っと冷たくなってゆくが、
探偵・杉村の優しさと温かさがこのあまりにも悲劇的な
展開の中で唯一の救いとなっている。

面白過ぎていっき読みしてしまった。

『昨日がなければ明日もない』
著者:宮部みゆき
出版社:文藝春秋
価格:¥1,650(税別)

驚嘆!「密室」のトリックを暴く『密室蒐集家』

「アリバイ崩し承ります」で大山誠一郎さんの
作品にすっかりはまってしまい、「赤い博物館」と
その次に「密室蒐集家」を読みました。

凄い!「密室」トリックのオンパレード。
これを考え出した著者も凄い!

女学生がカーテンの隙間から音楽教師が射殺
されるのをを目撃する!
鍵のかかった教室から犯人はいかにして消え失せたのか?
「柳の園 1935年」

警察監視下の家で発見された高校生男女二人の死体。
他殺なのか?であれば、犯人はいかにして侵入し、
逃亡したのか?
「少年と少女の密室 1953年」

男女二人が目撃した落下する女性。
実は密室から落ちた死体だった!
「死者はなぜ落ちる 1965年」

密室に横たわっていた死体の胃に「鍵」が…?
「理由ありの密室 1985年」

病院で、女医が殺害された!嫌疑をかけられたのは、
自殺未遂し、その病院に入院していた女性。
しかし彼女は眠り続けていた。
「佳也子の屋根に雪ふりつむ 2001年」

警察の間では伝説となっている「密室蒐集家」。
解明困難な密室の事件が起こると、どこからともなく
現れて、密室のトリックを鮮やかに解いて煙にように
消える・・・・。
「密室蒐集家」という人物設定にまず度肝を抜かれる。

しかも「密室」という本格推理ファンには垂涎の
テーマ。どの作品のトリックも凡人にはおよそ
想像だに出来ない!

斬新なトリック、予想をはるかに超える犯人像。
それを「密室蒐集家」が論理的に分かりやすく
説いてゆく。
その解明の過程が非常に面白過ぎる!!

様々に仕掛けられた「密室」トリックを
これほど堪能できる作品はないかもしれない。

『密室蒐集家』
著者:大山誠一郎
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥660(税別)