事故の隠蔽を命じられた元刑事の苦悩!「事故調」

以前から気になっていた作家さん。
伊兼源太郎さん。
実業之日本社「警視庁監察ファイル」
シリーズを読んで、とても面白ったので、
文庫新刊「事故調」も読みました。

組織の原理と己の正義のはざまで
苦悩する元刑事。
彼の葛藤が胸に迫りました。

自分の不注意で尊敬する先輩刑事を
死なせた過去をもつ、元刑事の黒木。

そんな過去を背負いつつ志村市職員
として再スタートした。

ある日、人工海岸を散歩していた親子を
悲劇が襲った!
散歩中、砂場がいきなり陥没し、10歳の
少年が落ちた。
救急搬送されたが、意識不明の重体に。

事故調査を任された黒木だったが、
市のトップから事故の隠蔽を命じられる。

そんな市には市民からの苦情が続々と入る。

黒木は、当時の人工海岸工事の担当者
に聴取するが、他人事で逃げられる。
さらに工事関係者を調べるが、
責任のなすりあいに終始。

黒木は忖度と怠慢にまみれた市政の
腐敗に眼を閉じ、組織に従おうとする。

しかし、刑事時代に同期だった男から、
逃げるのか?と指摘される。
黒木は、組織の原理と自分の矜持の間で
心が激しく揺れ動く。

市は、砂場が陥没することをずっと
前からわかっていたのではないか?
市に責任はないのか?

そんな黒木の逡巡する心に正義の灯
をつけたのは、被害者家族の切実な
想いだった。

そして、黒木は自らの手で市への
信頼を回復させる決意をする。

組織の腐敗に立ち向かうヒューマン
ドラマであり、誰が真実を知って
いたのかという、犯人探しも描かれた
社会派ミステリーでもある。

あらためて、自分はどうだろうと
考えさせられる。

『事故調』
著者:伊兼源太郎
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥780(税別)

話題の探偵コンビ再び登場!!「その裁きは死」

一昨年、様々な海外のミステリーランキングで
7冠を達成した「カササギ殺人事件」。
衝撃的面白さでミステリーファンを狂喜させた。

さらに、ホロヴィッツ自身が作品に登場
し、元刑事の偏屈探偵・ホーソーンと
コンビを組んだ「メインテーマは殺人」。
この作品も昨年ミステリー業界に旋風を
巻き起こした。
誰もが、このコンビの続編を待ち望んだ!

そして9月!ホロヴィッツ&ホーソーン
コンビが「その裁きは死」で再び登場!
ひゃ~待ってました!!!

ホロヴィッツは、自身の脚本のドラマ撮影
に立ち会っていた。本番撮影中、無遠慮に
タクシーが止まりホーソーンが降りてきた。
ホロヴィッツは彼の無神経さに怒り心頭!
ホーソーンはそんなことおかまいなく、
ホロヴィッツを無理やり事件に巻き込んだ。

離婚専門の弁護士リチャード・プライス
が殺害された。
被被害者は、自宅で顧客から贈られたワイン
の瓶で頭を殴打された後、割れた瓶を喉に
突き立てられて死んでいた。
現場の壁には乱暴に描かれた数字「182」。
被害者が殺される直前に残した謎の言葉。

被害者は不動産業者の離婚した元妻と
資産分配について揉めていた・・・。

早々に犯人と思しき人物が登場するが、
二人が関係者に聴取してゆくと、疑わしい
人物が次々と現れ、複雑な様相を呈してくる。

そして、いつものことながらホーソーン
は秘密主義を通し、ホロヴィッツは彼に
翻弄され続ける。
その間、ホロヴィッツは事件を担当する
女性警部に脅されスパイになれと強要されたり、
大変な思いをすることになるのだ。

緻密に配置された数々の謎。
それらが徐々に回収され事件の輪郭が
浮かび上がった時、予想をはるかに
上回る真実に唖然とする!

周囲の空気を全く読む気がない「超」
KYだが、卓越した推理力で事件の真相を
暴く探偵・ホーソーンとミステリドラマの
人気脚本家でありながら、自虐と思わせる
ほど作中で無能さをアピールするホロヴィッツ。
この魅力的なコンビの活躍にはまる!
最高級の面白さで迫る犯人当てミステリーの
傑作!

次の作品があれば、早く読みた~い!

『その裁きは死』
著者:アンソニー・ホロヴィッツ著/山田蘭訳
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥1,100(税別)

美少女が次々と呪われる!?「うるはしみにくしあなたのともだち」

「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」
「などらきの首」など比嘉姉妹シリーズ
で話題になった、澤村伊智さんの新刊
「うるはしみにくしあなたのともだち」
を読みました。

美少女が呪われ、顔がくずれていく!
学園を舞台にした、切ないホラーミステリー。
女子ならこの気持ち少しわかる?

四ツ角高校三年二組中、一番の美少女で
人気もあった生徒・更紗が突如自殺を遂げた。
いじめを疑われたが、更紗に限ってそんな
ことは一切ない。
遺書もなく、更紗を崇拝するクラスメートが
真相解明に動き始める。

しかし、更紗の死をきっかけに、美少女で
人気のある女子生徒が見えない力によって、
次々と容姿を傷付けられていく・・・・。

担任の小谷舞香は、クラスを恐慌状態に
陥れたこの異変の真相を探るうちに、
この地域に伝わる「ユアフレンド」という
奇妙なおまじないの存在を知る。
自身の教育に対する思いを反省すべく、
事態の収拾を図ろうとするが・・・!

クラスカースト上位に君臨する美少女に
対する呪いの復讐劇。
マウンティング最下位の女子の仕業なのか?

残酷な怪異現象とおまじないという
ホラー小説の怖さと、二転三転する犯人像、
巧みなミスリードなど犯人当てミステリー
小説の面白さが相まってグイグイと
読ませられる!!

美人の女の子に呪いをかけたくなるほど
辛くて、彼女たちに憎悪しか抱けない
女の子たちの気持ちや心の叫びが胸に
突き刺さる。

『うるはしみにくしあなたのともだち』
著者:澤村伊智
出版社:双葉社
価格:¥1,600(税別)

日本初の女性海保潜水士の勇気と挑戦を描く!「海蝶」

「53教場」「警部補・原麻希」「東京水上警察」
「十三階の女」シリーズなど大人気の警察小説
を描く、吉川英梨さんの最新刊
「海蝶」(講談社)を読みました。

女性初の海保潜水士「海蝶」の活躍と成長を描く物語。
2年にわたり、海上保安庁を取材。
この作品を描きたいという吉川さんの並々ならぬ
情熱が伝わってくる、熱い熱い作品です。

中学生の時、東日本大震災で母を失った忍海愛。
父親も兄も潜水士という家庭で育ち、
いつしか、海保潜水士を夢見るようになる。
しかし、父からも兄からも潜水士になることを
反対されていた。

だが、愛は決してあきらめることなく無事に
潜水士となり、周囲の期待に応える。

愛の理解者はただ一人、震災後に母を探し
求めていた時に出会った、海保潜水士・八潮。
チームの中で、唯一愛のバディを引き受けて
くれた。

メディアからも注目された、初の業務は、
沈没した漁船の捜査だ。
乗組員の女性はすでに救助され、愛の父の元で
保護されていた。
しかし、その女性は記憶喪失で
沈没の原因や船の名称などわからず、
海に潜って調べるしかなかった。

ところが、愛は潜水中バディの八潮に連絡する
ことなく勝手な行動をしてしまう。
そして、まだ完全に沈没しきっていない船の中に
閉じ込められてしまうのだった・・・。

男性ばかりの職場で、ただ一人女性が
働くということの厳しさや、そんな職場で
女性に対し戸惑う男性の姿も非情にリアルに
描かれていて、危険が伴う職場での
任務の厳しさよりがいっそう強く伝わってくる。

また、沈没船を巡る謎は、サスペンスミステリー
として読みごたえ満点で、終盤のどんでん返し
には目を見張る!

愛の勇気と覚悟、家族の絆、母の言葉
父の思い、兄の気持ち・・・。
そして潜水士としてのプライド。

読み進むごとに、涙があふれそうになり、
ラストシーンの素晴らしさは言葉にならない。

この本のテーマである「正義仁愛」の
の本質を描いた、この秋最高に感動する傑作。

『海蝶』
著者:吉川英梨
出版社:講談社
価格:¥1,600(税別)

メイントリックが最初に明かされる!?「殺しの双曲線」」

西村京太郎さんの「華麗なる誘拐」に
続き、「殺しの双曲線」を読みました。

トラベルミステリーに移行する前に
描かれた、陸の孤島の密室殺人ものです。
アガサ・クリスティの
「そして、誰もいなくなった」に
挑戦した本格ミステリーで、
さらに、興味深いのはこの作品の
メイントリックは双生児であることを
利用したと最初に断っているところ。

通常ならネタバレになりそうですが、
推理小説のタブーである、双生児の
替え玉トリックを利用する場合は
読者に対しアンフェアになるため、
あえてそれを予告したということ。

どんな展開なのか?
ワクワクしつつ読みました。

差出人不明の招待状が6名の男女に届けられた。
それは東北の山荘への招待状だった。

不信感を抱きながらも、多少豪華な
旅行が当たったと思い、彼らは
その山荘に集まってきたのだ。
それは、美しい銀世界にたたずむ洋館。

ところが、彼らの到着直後から、
雪上車の故障、電話線の切断など、次々と
不運なことが襲い連絡手段の一切が断絶。
陸の孤島に閉じ込められてしまう。

そして、招待客は次々と何ものかによって
殺害されてゆく。
雪に覆われた山荘には、誰も近づくことも
逃げることも出来ない。
そうなると、誰が殺害の犯人なのか?
招待客の誰かが犯人ということに・・・。
彼らは互いに疑心暗鬼に陥る。

同じころ、東京では双生児による連続
強盗事件が発生していた。
犯人は明らかなはずなのに、決定的な
証拠がなく逮捕できない!
警察はその知能的犯罪に翻弄されていた。

双生児の替え玉トリックだと最初に
断っているにも関わらず、
犯人の目的、殺害動機、どんなトリックが
使われているのか?一向に見えない。
そして、双生児による強盗事件と
山荘の連続殺人・・・。
これらの関係は!?

あえてメイントリックを明かしたことで
読み手はさらに著者に翻弄されたのではないか?

簡単にはトリックの謎は解けない。
まんまと騙された、その快感がたまらない作品。

「華麗なる誘拐」に勝るとも劣らない、西村
作品初期の屈指の名作。

『殺しの双曲線』』
著者:西村京太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥800(税別)

今度は童話が仰天ミステリに!?『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』

「むかしむかしあるところに死体がありました」
は日本の昔話を題材にしたミステリーで、
この1冊の中にミステリーの面白さが
凝縮されていて、とても面白かった!

そして今度は、なんと!童話がミステリーに変化!
『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う』。
もう、ワクワクしながら読みました!

ある目的を果たすため、旅をする赤ずきん。
その途中で、「死体」と出会ってしまう。

魔女によって美しく変身したシンデレラ。
赤ずきんは、彼女とともにかぼちゃの馬車で
お城へ向かう。ところがその馬車が男性を
轢き殺してしまった!どうなるシンデレラ
と赤ずきん!!!

ヘンゼルとグレーテルの兄妹と出会った
赤ずきん。行方不明になった二人の
母親を探すため森に入るとお菓子の家で
なんと母親ともう一つ死体が・・・!?
どうなっているの?

奇妙な老人と出会った赤ずきん。
その老人はなんと、眠れる森の美女・
オーロラ姫のお城の宰相だった。
ところが、ここでも死体が….。

マッチ売りの少女が牛耳る町にたどり着いた赤ずきん。
赤ずきんは、この町でやらなければいけない
ことがある。
しかし、赤ずきんは罠にはまり、囚われてしまう。
赤ずきん最大のピンチ!

シンデレラ、ヘンゼルとグレーテル、
眠れる森の美女、マッチ売りの少女。
誰もが知っているあまりにも有名な童話たち。
素敵な夢物語として語り継がれていた。
童話の登場人物たちは、より生身の
人間らしく、欲望のかたまりであったり
己の罪を隠す嘘つきな人間として登場する。

驚愕の変化は「ヘンゼルとグレーテル」
そして「マッチ売りの少女」。
この2作品の予想をはるかに超えた変化に
絶句すること間違いなし!

そして「むかしむかし、あるところに
死体がありました」と違う点は、
赤ずきんが名探偵となり、数々の事件を
解決してゆくところだ。

その解決ぶりの清々しさと言ったら!
赤ずきん、かっこいい!

「むかしむかし、あるところに死体が
ありました」を上回る驚きのトリック、
巧みな謎の仕掛け、事件解決の過程!
読みだすと止まらない、面白さてんこ盛りの
ミステリー。

めちゃめちゃ楽しめます!

『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』
著者:青柳碧人
出版社:双葉社
価格:¥1,350(税別)

胸に迫る!子供たちが主人公「僕の神さま」

芦沢央さんの「許されようとは思いません」が
あまりにも衝撃的で凄い作家さんに出会った~
と思っていたら、本屋大賞にもノミネート
された「火のないところに煙は」で
ガツン!ガツンとやられた!

そんな芦沢央さんの新刊が「僕の神さま」。
子どもたちが主人公。切ない展開が胸に迫ります….。

おばあちゃんが亡くなった。おじいちゃんは
おばあちゃんの作った桜のお茶が大好きだ。
だから冷蔵庫に入れて大切に保管してあったのに
僕が零してしまった。
おじいちゃんが悲しむ顔を見たくない
僕は同級生の水谷君に相談した・・・・。

僕たちは何かトラブルが起きると、
同級生の水谷くんに相談する。
常に冷静沈着で、学校中のみんなから
頼りにされる、名探偵だからだ。
そして彼が導く答えは決して間違っていない。

運動会の騎馬戦では、水谷君が考え出した
作戦で思い通りに勝つことができた。
ところが、その裏にはある秘密が隠されていた!

僕と同じクラスの川上さんは、ちょっと
浮いている。
だから、いじめの標的にされる。
ところがある日、僕と水谷君は川上さんから
ある相談を受けた。
てっきりいじめのことかと思ったら
全く予想外の悩みで、僕は困惑してしまう。

小学生の日常の中で起きた、大小の様々な「悲劇」。
それを解決しようとする神さま・水谷君
彼を頼る僕やクラスメートたち・・・・。

小学生という、幼すぎる危うさを
卓越した心理描写で描き上げた傑作ミステリー。

『僕の神さま』
著者:芦沢央
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600(税別)

天久鷹央シリーズ長編第3弾「甦る殺人者」最大の難事件!

天久鷹央シリーズの長編第3弾「甦る殺人者」を
読みました。

シリーズの中で今のところ、一番面白いと思う。

天医会総合病院の統括診断部で働く
小鳥遊(たかなし)優と
彼の上司、KYなうえに人とコミュニケーション
をとることが苦手な天才女医・天久鷹央の
コンビは、これまで警察に協力し多数の難事件を
解決に導いている。

だが、警察は必ずしも二人の協力を喜んではいない。
なぜならば、警察を無視し天久が勝手に動き出すからだ。
警察にしてみれば、迷惑この上ない話だ。
だが、事件を解決に導くのはいつも、天久鷹央だ。
彼女は「謎」を解決するのが生きる喜びなのだから、
そろそろ警察もわかってやって・・・欲しいな。

そして、今回は警察の方から天久たちのところへ
やってきた。

都内近郊で若い女性が次々と絞殺された。
警察は、現場に残された血痕からDNA鑑定を行い
容疑者を割り出した。

ところが、その容疑者はなんと4年前に死んでいた。

止まらない殺人事件。
さらに、犯人はメディアに犯行声明文まで送ってきた。

4年前、死亡診断書を書いたのは天久鷹央だった。
本当に死んでいたのか?警察は天久に確認
するためにやって来たのだ。

天久が誤診をするはずがない。
しかし、いったいどういうことなのか?

天久と小鳥遊は、またしても事件に首を突っ込む
ことに・・・・。こんな怪事件、警察だけでは
絶対に解決できないだろう。

天久は様々に推理を繰り広げ、そのたびに
調査するが、どれも真相に近づくことができない。
天才的頭脳をもってしても今回の事件は
まったく見当もつかない。
頭を抱える天久と小鳥遊、そして捜査陣。

殺人鬼は何者なのか?
最後の最後までまったくわからない!

なので「謎」の正体がわかった時は
思わず「ええええ~ッ」と叫んでしまった。
そんなことある!?あるんだ~。

驚天動地の真相にぶっ飛びます!

『甦る殺人者 天久鷹央の事件カルテ』
著者:知念実希人
出版社:新潮社(新潮文庫nex)
価格:¥590(税別)

最強の女スパイ小説第2弾!これ以上ないほど危険任務『十三階の神-メシア』

「女性秘匿捜査官・原麻希」
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」
「警視庁53教場」、「新東京水上警察」など
多くの警察小説のシリーズを描きつづける吉川英梨さん。

どのシリーズもめちゃめちゃ面白く、
1作品読んだら必ずはまってしまう。
作品に登場する女性刑事たちはとても
魅力的で大好きだ。

シリーズ第1弾『十三階の女』で衝撃的な
登場を果たした、最強の女スパイ・黒江律子。

公安の中でもエリート中のエリートが集められた
精鋭部隊、組織は警視庁の「十三階」に属し、
国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

そんな黒江律子に与えられた新たな任務は、
禁断の暗殺指令だった!?

かつて地下鉄で大規模テロを起こし、
教祖はじめ、多数の信者が死刑判決を
受けた「カイラス蓮昇会」。
その教祖の死刑執行が迫り、警察は対応に
苦慮していた。

そんなとき律子の母がカイラスの後継団体に
入信してしまい、律子は窮地に陥った。
何とか母を止めなくては・・・。
しかし、相談できる上司の古池は行方不明に
なっていた。

ところが、校長と呼ばれている上司から
カイラス後継団体に潜入し、その裏の
教祖の正体を探れとの指令が入る。
裏の教祖は、若い女性を侍らせているという。
なんと、その上司は律子の妹を潜入させるよう
迫る。

抵抗した律子だったが、妹はあっさり引き受け
まんまと潜入に成功する・・・・。

オウム真理教事件を彷彿とさせる背景で、次々
と試練を与えられる律子。
律子が唯一心を開くことのできる、上司・古池
もおらず、十三階の誰も信用できない、
誰が味方で誰が敵なのか?それすらわからない
そんな状況でも律子は必死で仕事を続ける。

今作の怒涛のストーリー展開に、読んでいる
こちらも巻き込まれてしまいそうになる。
いったいどうなるのか?
さらに、クライマックスのどんでん返しは、
今までにないほどの驚きが待っている!

律子の途方もない頑張りにちょっと切なくなってしまった。

しかし!次回作も期待大~!

『十三階の神-メシア- 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥680(税別)

前代未聞の誘拐ミステリー!「華麗なる誘拐」

ツイッターのTLで紹介されていた、
西村京太郎さんの「華麗なる誘拐」を
読みました。

あまりの面白さにぶっ飛びました。

西村京太郎さんといえばトラベルミステリーの
イメージが強いので、このような本格推理作品
を描かれていることは全く知らなかったので
二重の驚き!

この「華麗なる誘拐」は、1977年に
徳間ノベルズで発売され、何度か文庫化、
さらにノベルス化、全集収録を繰り返し
先月、河出文庫で復刊。
トラベルミステリーに移行する前に
描かれた作品かな~と思う。

アメリカ帰りの探偵・左文字は妻と二人
探偵事務所の階下にある喫茶店でコーヒーを
飲みながら、全く客の来ない探偵事務所
を今後どうするか?話し込んでいた。

ところが、隣でコーヒーを飲んでいた若い
カップルが突如苦しみだし倒れてしまった
すぐに救急車を呼んだが亡くなってしまった。

シュガーポットに青酸カリが混入されていたと
警察から知らされる。
さらに左文字は警察からある協力を依頼される。

警察あてに「日本国民一億二千万人を
誘拐した。身代金5000億円を支払え」と
脅迫状が届いた。

青酸カリで亡くなったカップルはそれが
いたずらでない証明だという。

警察の威信をかけて何が何でも犯人を
とらえなくてはならない。
左文字は口外しないという約束で、
調査費と捜査権を渡されたのだった。

しかし、今までの誘拐捜査の定義など一切通じない。
警察は犯人に翻弄され、その無能さを露呈する。
そして、探偵・左文字は、警察とは全く
違う角度から犯人を特定する。
左文字は真犯人を追い詰めてゆくが、
そのプレッシャーにも全く動じない真犯人。

1977年ころに描かれた本作は、
当時の警察にはなかった特殊な捜査方法
今でいう「プロファイリング」が登場する。
左文字は、犯人の電話やその話し方から、
特性を見出し、どのような人物なのかを
推理するのだ。

日本では、映画や小説で大ヒットした
「羊たちの沈黙」でプロファイリングという
言葉が一般的に聞かれるようになったと思うが、
初出の1977年にすでに「プロファイリング」
らしき推理を用いるミステリーを描いていた
なんて凄すぎる!

犯人と左文字との頭脳戦!
とんでもない誘拐事件の顛末に、衝撃が奔る。

40年以上も前に描かれた作品なのに、
今読んでも全く色あせていない、逆に「誘拐」の
アイディアが斬新すぎてとても面白かった。

『華麗なる誘拐』
著者:西村京太郎
出版社:河出書房新社(文庫)
価格:¥850(税別)