大人気!「後宮の烏」第2弾『後宮の烏2』発売!

シリーズ化を期待していた、白川紺子さんの
『後宮の烏』(集英社オレンジ文庫)。
第2弾が発売されました。

嬉しい~~~~。

後宮の妃でありながら、決して帝とは情を交すことのない
特別な妃・烏妃。

しかし、ある事件がきっかけで、時の皇帝・高峻と
出会い、彼らは「友」となった。
高峻の周りでは、烏妃と会うなど不吉だと言う。
しかし、高峻はなぜか烏妃・寿雪と話をすると
心が癒されるのだった。

第2弾の内容は、少年宦官の幽鬼出現の謎、、
自殺した妃に仕えた宮女の幽鬼の訴え、
烏妃暗殺未遂、妃付宮女惨殺事件など、
烏妃・寿雪がその謎を暴く。

幽霊・ゾンビ・妖怪・謎の仮面など
次々と異形のものが現れる!

不気味で謎めいた事件の数々は、この物語の雰囲気に
ぴたりとあてはまり、他の後宮小説と比較して
異彩を放っている。それがこの作品の際立った魅力で
そこにはまってしまう。

また、烏妃・寿雪を気づかう皇帝・高峻のさりげない
優しさが胸キュンだ。
決して「恋」に発展させてはならない、二人の関係。

烏妃をしばる「烏漣娘娘(にゃんにゃん)」とは
何か?
そして、烏妃暗殺を目論んだ、烏漣娘娘が恐れる
「梟」とは何者か?

数多の謎を残し、物語第3弾に繋がるか!?

『後宮の烏 2』
著者:白川紺子
出版社:集英社(オレンジ文庫)
価格:¥620(税別)

杉村三郎シリーズ最新刊『昨日がなければ明日もない』面白過ぎる!

宮部みゆきさんの「昨日がなければ明日もない」を読みました。
「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」「希望荘」と続く
杉村三郎シリーズ第5弾の最新作です。
何年か前に小泉孝太郎さん主演でドラマ化された作品。

巨大コンツエルン会長の娘婿・杉村三郎は、
劇的に人生が変わり、探偵事務所を開くことに。

この作品は、杉村が探偵になってすぐに転がりこんで
きた事件を描いた。
「ちょっと困った女たちVS探偵・杉村三郎」。
読み応えたっぷりの中編3作品が収められている。

嫁いだ娘と連絡が取れなくなり杉村に相談してきた初老の婦人。
調べてみると、とんでもなく嫌な事件に繋がってゆく。

杉村が借りている事務所兼住居の大家さん家族につきあって、
結婚式に出席するとそこで信じられない事件が勃発・・・。

大家さんの息子一号のお嫁さんのママ友に、
身勝手なことばり言う女性がいる。
その女性が杉村に困った相談をしてきた。
一号夫人から絶対に相談を受けるなと止めらていたが、
結局話を聞くはめになってしまった・・・・。

ここに登場する「困った女性たち」は身勝手な女性ばかりだ。
自分の利益しか考えない。
責任転嫁ばかりをした末に、次々と悲劇の連鎖を起こす。
自分のやったことがどういうことになるのか
想像すらできない女性たちだ。

自覚のない「悪意」が不幸をまき散らす。
救いようのない女性たち。
そんな女性たちを著者は淡々と描きだす。
読んでいると背筋がす~っと冷たくなってゆくが、
探偵・杉村の優しさと温かさがこのあまりにも悲劇的な
展開の中で唯一の救いとなっている。

面白過ぎていっき読みしてしまった。

『昨日がなければ明日もない』
著者:宮部みゆき
出版社:文藝春秋
価格:¥1,650(税別)

驚嘆!「密室」のトリックを暴く『密室蒐集家』

「アリバイ崩し承ります」で大山誠一郎さんの
作品にすっかりはまってしまい、「赤い博物館」と
その次に「密室蒐集家」を読みました。

凄い!「密室」トリックのオンパレード。
これを考え出した著者も凄い!

女学生がカーテンの隙間から音楽教師が射殺
されるのをを目撃する!
鍵のかかった教室から犯人はいかにして消え失せたのか?
「柳の園 1935年」

警察監視下の家で発見された高校生男女二人の死体。
他殺なのか?であれば、犯人はいかにして侵入し、
逃亡したのか?
「少年と少女の密室 1953年」

男女二人が目撃した落下する女性。
実は密室から落ちた死体だった!
「死者はなぜ落ちる 1965年」

密室に横たわっていた死体の胃に「鍵」が…?
「理由ありの密室 1985年」

病院で、女医が殺害された!嫌疑をかけられたのは、
自殺未遂し、その病院に入院していた女性。
しかし彼女は眠り続けていた。
「佳也子の屋根に雪ふりつむ 2001年」

警察の間では伝説となっている「密室蒐集家」。
解明困難な密室の事件が起こると、どこからともなく
現れて、密室のトリックを鮮やかに解いて煙にように
消える・・・・。
「密室蒐集家」という人物設定にまず度肝を抜かれる。

しかも「密室」という本格推理ファンには垂涎の
テーマ。どの作品のトリックも凡人にはおよそ
想像だに出来ない!

斬新なトリック、予想をはるかに超える犯人像。
それを「密室蒐集家」が論理的に分かりやすく
説いてゆく。
その解明の過程が非常に面白過ぎる!!

様々に仕掛けられた「密室」トリックを
これほど堪能できる作品はないかもしれない。

『密室蒐集家』
著者:大山誠一郎
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥660(税別)

あまりにも切なすぎる!『希望が死んだ夜に』

天祢涼さんが作成された、『境内ではお静かに』の
フリーペーパーの裏面に紹介されていた、
ミステリー作品『希望が死んだ夜に』を読みました。

子どもたちの悲痛な叫びが聞こえてくるようでした。

希望の「希」は‘ねがう’とも読むことから
ネガと名づけられた14歳の少女。
母親と2人、ぼろアパートで生活する日々。
経済力も生活力もない母親は体調が悪くなると
寝込んでしまう。そのせいで仕事が続かない。
生活保護の申請もしたが、断られてしまう・・・。
ネガは毎日、いかに節約できるか?そのこと
ばかりを考えながら過ごしていた。
そういう理由で、学校のクラスでも敬遠される、
唯一の友だちは幼馴染の男子中学生。

そんなある日、ネガは同級生の女子を殺害した
容疑で逮捕される。
ネガは犯行を認めたが、殺害動機は完全黙秘した。

捜査一課の真壁刑事と生活安全課少年係の女刑事・
仲田は、ネガの幼馴染の男子中学生から話を聞くことに…。
彼は、「ネガは絶対に殺していない」と言った。

二人の刑事の捜査の過程と、ネガ自らが語る
事件までの経緯。運命の出会いは、貧困に
あえぐネガに幸福と絶望をもたらした・・・。
次第に明らかになる事件の真相に、目頭が熱くなってくる。

登場人物の描き方が凄い!
特に、仲田刑事。事件関係者の心を「想像」する。
それは寄り添うことだと思う。

しっかりとした取材に基づいて描かれた、日本の「貧困」。
巻き込まれるのは子どもたち。
夢を持っても叶えられない。そんな絶望の中で
生きなければならない哀しい現実。
作中、少女がつぶやいた「子どもたちに冷たい国」・・・。
彼らの心を「想像」することが出来ない大人たち。
そんな大人たちの勝手な行動が、悲劇を起こすのだ

「希望が死んだ」この国に未来はあるのだろうか?

あまりにも切ないラストにそんなことを考えてしまった。

多くの人に読んで欲しい!心に深く突き刺さるミステリー。

『希望が死んだ夜に』
著者:天祢涼
出版社:文藝春秋
価格:¥1,700(税別)

名探偵は、美少女の巫女!?「境内ではお静かに」

いつも、人が死んじゃったり、ホラーテイストの
ミステリーばかり読んでいる、はまさき….。

時々違うミステリも読んでみたいな…。ということで、
今回は神社が舞台のライトなミステリーを読みました。
最近はパワースポットとして人気の神社もあり、
とてもタイムリーだと思います。
装丁がとんでもなく可愛い巫女さんのイラスト。
ついつい手に取ってしまいそうです。

大学を中退し人生迷走中の壮馬。兄が神職を務める横浜の
有名な神社「源神社」で働くことに…。
信仰心ゼロの壮馬は、眼を瞠るほど美しい巫女・雫の
の弟子となり、神社の業務を学ぶ日々…。

参拝客にはとびきっりの笑顔で接するが、それ以外は
笑わない雫。何か事情がありそうだ。
壮馬への態度もちょっと厳しすぎるんじゃない?…。

壮馬が雫の態度を気にしだした頃、
神社では次々と不可解な事件が起こる!
心霊騒ぎ、子ども祭り妨害事件、神社移転反対の裏側、
就職祈願の本当の理由、などなど。

神社で巻き起こる様々な事件を、雫が鋭い洞察力で解決に
導いてゆく。

神社ではいったいどんな事件が起こるのか?
切ない展開もあるけれど、重くならずライトに描き、
日常の謎を興味深いミステリーに仕立ててある。
そして、真相解明は膝を打ちたくなるほど心地良い。
随所に「本格」の香りが漂っていて、ミステリファンは
たまらない。

また、壮馬と雫、二人の微妙な距離感に、
読んでいると胸がキュンキュンしてくる。

今後の二人の関係がどうなるか?またまた新たな
トラブルに巻き込まれるのか?
とてもとても続きが気になる、超面白いミステリー。

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』
著者:天祢涼
出版社:光文社
価格:¥1,700(税別)

文豪・谷崎潤一郎の犯罪小説がすごい!!

中公新書「日本ミステリー小説史」で紹介されていた
谷崎潤一郎が描いたミステリー小説を読みました。

紹介されていたのは「途上」。
その作品が収録されていたのが、
「谷崎潤一郎犯罪小説集」です。

谷崎潤一郎といえば、大正、昭和初期に当時では
ショッキングな退廃的な小説描いて注目!

はまさきも「痴人の愛」「細雪」は高校時代に
読みました。確かに「痴人の愛」は衝撃的!!
大正時代に出版しても良いのか!?と思ったくらい。

そんな谷崎が描く「犯罪小説」とはどんなものか?

「柳湯の事件」「途上」「私」「白昼鬼語」の
4作品が収録。
その中でも特にはまさきが驚いたのは、
「途上」と「白昼鬼語」の2作品。

「途上」は人事部に勤務する会社員が帰宅途中、
突然私立探偵に声をかけられるところから始まる。
社員の身元調査という話なのに、探偵はその会社員の
亡くなった妻についてしきりに聞いてくる。
会社員は新たに妻を迎えようとしているが・・・。
探偵は道々ある推理を展開するのだ。
それは夫が妻に仕掛けた危険な罠・・・。

二人の会話だけで話は進んでゆく。しかし探偵の推理を
聞いている内に会社員は恐怖にかられてゆく。
その緊迫感がひしひしと伝わってきた。
江戸川乱歩曰く「プロバビリティーの犯罪」に焦点を
あてた、サスペンスミステリーの傑作。

「白昼鬼語」は、富豪だがちょっと変わった男が、
偶然手にした不思議な暗号文を解読し、この日、
この場所でこの時間に殺人事件が起こると断定。
唯一の友人を無理やり誘い、現場に向かう!

暗号解読の手段は、あの名作をヒントに描かれている!

さらに、事件現場に登場する女性の描写が、退廃的かつ
官能的で、谷崎の語彙の多さとその使い方の上手さに
酔いしれてしまう・・・。
そしてトリッキーなラストには言葉もない。

文豪が描く、犯罪小説の凄さを堪能しました。

『谷崎潤一郎犯罪小説集』
著者:谷崎潤一郎
出版社:集英社(文庫)
価格:¥480(税別)

目の前で人が消えた!?とんでも展開「消人屋敷の殺人」

深木章子さんの「消人屋敷の殺人」(新潮社)を読みました。
いつもいつもアッと驚かせてくれる作家さん。

今回もすっかり騙されてしまいました。

東京から五時間、Q半島の断崖絶壁にそびえる「日影荘」。
江戸末期から続く武家屋敷だ。
明治初期、多数の官憲に包囲されたこの屋敷から一族が
忽然と消えた・・・。
それからこの屋敷は「消人屋敷」とよばれるようになった!

その曰くつきの屋敷は、今はある出版会社の社長の別荘となっていた。
そしてそこにはベストセラーを連発する覆面作家が隠遁していた。
ある時、その作家を訪ねて行った女性編集者が失踪。

その3か月後、謎の招待状によって5人の関係者がこの屋敷に集められた。

ところが、嵐によって足止めをくらってしまう。
誰にもなす術のない自然現象によって、断崖絶壁の屋敷に
閉じ込められてしまう。意図しない密室状態!
目の前で次々と人が消える!
いったいどういうことなのか?
何が起こっているのか!?
真相がわかるまで、いっきに読み進むものの・・・。

どこから騙されているのか・・・?そして人間消失のカラクリも、
犯人もわからないままラストに突入。
えええ~ッ!そういう事だったの?と驚きつつ納得。

深木さん、騙しの達人ですね・・・。

『消人屋敷の殺人』
著者:深木章子
出版社:新潮社
価格:¥1,700(税別)

超!ハードで暗黒な展開に驚愕!「スケルトン・キー」

道尾秀介さんの「スケルトン・キー」を
読みました。

いつもながら、鮮やかな逆転劇に驚きます!
しかも今回は、ハードなアクションシーンも
あり、息もつかせぬ展開にあっという間に
いっき読みしてしまいました。

児童養護施設で育った坂木錠也は、雑誌のスクープ記者を
手伝うアルバイトで生計をたてている。
時には、スクープをものにするため記者は錠也に危険な
ミッションを依頼する。
しかし、錠也は全く恐怖を感じない。
スリルある環境に身をおき心拍数を高めることで
「もう一人の自分」にならずにすむからだ。

こども頃、園で一緒に育った少女から
「あなたみたいな人をサイコパスと呼ぶ」と教えられた。

錠也は何とか自分を保ち、平穏な日々を送っていた。

ところがある日、園の仲間だった「うどん」から連絡が来て
その平穏な日常が壊れてしまう!?

「サイコパス」をテーマにしたミステリー。
人間の心の闇と、自分自身の利益しか考えない
身勝手な「サイコパス」の残酷さを描く暗黒の世界。
そして、計算しつくされた緻密なトリックと
たった一行で全てを反転させ、読み手をパニックに
陥れる!その手腕に今回も脱帽です!

暗黒だったけれど、ラストの優しさあふれる展開に
思わず涙が・・・・。

『スケルトン・キー』
著者:道尾秀介
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,500(税別)

面白さが半端ない!「人さらい」

久しぶりに、わくわくする警察小説を読みました。
翔田寛さんの『人さらい』(小学館)です。

乱歩賞受賞作の「誘拐児」や
WOWOWでドラマ化された『真犯人』
など、誘拐をテーマにした作品が目立ちます。

そして、新刊『人さらい』は『真犯人』を
超える傑作!

静岡県浜松中央警察署管内で、小学校4年生の女児が誘拐
された。父親は大手銀行の支店長だ。
身代金は1億円。
少女の命は!?事件は無事に解決するのか!?

冒頭から中盤までは、身代金を持った母親を乗せたタクシーを
必死で追跡する刑事たちの姿が描かれる。
次々と変わる犯人の指示に翻弄される捜査員たち。
綿密に練られた誘拐計画に、捜査員たちはなす術もない。
そして、事件は最悪の結末を迎えた・・・。
犯人によって爆破されたタクシーの中に、少女の遺体が!?

身代金は奪われ、少女を死なせてしまった!
これ以上ない失態に静岡県警はめんつにかけて、犯人逮捕を掲げた。
捜査員たちの地を這うような捜査で明るみになる
被害者の父親の所業。それゆえに深い恨みをかったの
ではないかと推察、次第に犯人像が絞られてゆく。

だが、県警の日下は違和感を抱いていた・・・。

リアル過ぎる警察捜査の描写に鳥肌がたった。
そして、最後の大逆転で真犯人たどり着く過程は、
ミステリーの王道だ!
最初から最後まで読者をあきさせない展開に
この作品の凄さをひしひしと感じた。

『人さらい』
著者:翔田寛
出版社:小学館
価格:¥1,500(税別)

最恐のホラーミステリー「凶眼の魔女」

単行本で読み、文庫化されたタイミングで読みました。
何回読んでも怖いな~。
幽霊も怖いけど、一番怖いのはやはり「人間」?

探偵・槇野&警視庁刑事・東條有紀が登場するシリーズ
第1作です。

探偵の槙野は、幽霊画が描いた画家を探してほしいと
ある画廊のオーナーから依頼を受けた。
その幽霊画は島根県のある神社にあったため、
彼は島根へと向かった。
そして、その神社で見た幽霊画のおぞましさに衝撃を受けた。
画家は松江にいると聞いた槙野はその足で訪ねた。
だが、画家に幽霊画の話をすると突然怒り出し、
追い出されてしまった。
東京に戻り、画廊のオーナーに調査内容を伝え、仕事は終わった。
だが、一年後その画家はなぜか神奈川県で自殺を図る。
画廊のオーナーと約束していたことで、絶対に「自殺」
ではないと言われ、槇野は画家の事件を調査することに。

東京多摩市では、女性ばかりを狙う、連続猟奇殺人事件
が起こっていた。
警視庁の東條有紀は、後輩と共に現場にいた。
眼を背けたくなるほどの遺体。
しかし、東條は眉一つ動かさず、遺体の状況を調べていた・・・。

何の関係もないと思われていた、画家の死と猟奇殺人事件。
このふたつの事件はどう繋がってゆくのか!?
幽霊画に隠された秘密とは・・・?

次々と提示される謎・謎・謎!
それが一つになった時、真相に繋がったかに見えたが!
ありえない、全く考えが及ばないクライマックスを迎える。

先へ先へと続きが読みたくなる、一気読み必至の
ホラーミステリー。

『凶眼の魔女』
著者:吉田恭教
出版社:実業之日本社(文庫)
価格:¥787(税別)