ミュッソ、最大の衝撃作!「作家の秘められた人生」

「ブルックリンの少女」
「パリのアパルトマン」の2作品
を読んですっかりミュッソ作品が
好きになり、最新刊「作家の秘められた
人生」を読みました。

読みながら、あまりの展開に
どうなってるの?これ・・・と
思わずつぶやいてしまった。
マジ・・・。前作2作を超す衝撃作。

世界的な人気作家、ネイサン・フォウルズは、
20年前に断筆を宣言して以降、いっさいの
創作活動を辞め、地中海の島に隠棲した。

文学青年のラファエルは、自分の作品を
読んでもらおうとフォウルズを
訪ねるが、銃で威嚇されてしまう。
しかし、それでもあきらめなかった。
ラファエルは、オディベールが
経営する島の唯一の書店でバイトを
しながら、フォウルズとの接触の
機会を狙っていた。

新聞記者のマティルド・モネーは、
ある計画を持って、フォウルズに
接触を試みていた。

同じ頃、島の浜辺で女性の惨殺
死体が発見され、島が封鎖される
という非常事態に陥る。

この作品の最大の謎は、人気作家
が突然断筆したのは何故か?だ。

また、新聞記者・マティルドは
執拗にフォウルズに執筆依頼を繰り返す。
いったい何を書かせたいのか?

前半は、彼らの現在進行中の出来事、
過去の事実のエピソードが描かれる。
バラバラな印象で関係性は見えてこない。

しかし、物語の中盤から終盤にかけては、
彼らの謎解きに向かって一気に加速する。
それは、驚愕と衝撃の連続だ。

さらに、二転三転を繰り返した先に
待っているのは、全く予想もしないラスト。
まるでイリュージョン!!!

ミュッソの作品はクセになる。
読んだら絶対にはまってしまう。

『作家の秘められた人生』
著者:ギヨーム・ミュッソ著/吉田恒雄訳
出版社:集英社(文庫)
価格:¥980(税別)

第2回双葉文庫ルーキー賞受賞作!『だから僕は君をさらう』

第2回双葉文庫ルーキー賞受賞作、
「だから僕は君をさらう」を読みました。
出版社さん激押し!
心にじわじわと沁みこむような、
究極の「純愛」ミステリーです!

少年時代に起きた事件の影響で、
心に深い傷を負った青年・
守生光星は、日々平穏無事に
暮らすことだけを願いながら
生きている。

守生は、サロンを経営する女社長に
見込まれ、彼女の仕事を手伝いながら
ミュージシャンを目指していた。

そんなある日、自宅近くの墓地で
一人の少女と出逢う。
しかし、その少女は驚くべきことに
守生の父が起こした事件の被害者の
娘だった・・・・・。

運命のいたずらなのか・・・?
少女との出逢いは、守生に人を
愛することの素晴らしさを気づかせる。
しかし、平穏無事に暮らすという願いは
打ち砕かれることに!!!

新たな事件に巻き込まれてゆく二人・・・。

二人が出逢い、やがて惹かれ合う。
前半部分は、ピュアなラブストーリーで
読者の心をつかんでゆく。
しかし、二人の間で起こる些細な出来事が
後に起こる事件の伏線になっていて
読んでいると徐々に心がざわつき始める。

大切な人を守るために彼は何をしたのか!?

あまりにも優しく、そして切ない、
無償の愛の姿・・・。

そして、人はいつでも再生できると
信じられる(著者のメッセージ。)
純愛ミステリー。泣ける・・・。

『だから僕は君をさらう』
著者:斎藤千輪
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥700(税別)

第30回鮎川哲也賞受賞作!『五色の殺人者』

第30回鮎川哲也賞受賞作、千田理緒さんの
「五色の殺人者」を読みました。
選考委員満場一致の本作。
謎てんこ盛りで、読んでいるとき
とても楽しかった!!!!

高齢者介護施設「あずき荘」で、
男性の撲殺死体が発見された!

事件が起こった時、逃走する犯人の
姿が利用者によって目撃されていた!

新米介護士のメイ(明治瑞希)は、
同僚のハルとともに当日の
利用者や職員の目撃情報を探る。

ところが、目撃証言は、とんでもなく
食い違った。
事件当日、犯人が着ていた服の色が
「赤」「緑」「白」「黒」「青」
とバラバラだったのだ。

聴取した警察官は、多少認知症の
症状がある老人たちの証言とあって、
あまり参考にしていないようだった。

ありえない証言に加え、凶器も
見つからない。謎は深まるばかりで
捜査は難航。

そんな中、ハルが片想いをしている
青年が容疑者として急浮上する。

メイはハルに頼まれ、その青年の
無実を証明しようとする。

しかし、素人探偵二人の動きが
さらなる事件を引き寄せてしまう・・・・。

素人探偵が謎を解いてゆくパターン。
読んでいると一緒になって
謎に挑んでいる感じ。
食い違う目撃者の証言。なんで
五通りの色?この謎は難解だ!!!

この謎の解明の過程だけでも読んで
いて面白いが、ここでさらなる
トリックが!
これには面喰った!
そうか~そういうことか~。
見事に引っ掛かりました。

高齢者介護施設が舞台だが暗いイメージは
なく、軽快でちょぴりユーモラスな
展開がとても良かった。

『五色の殺人者』
著者:千田理緒
出版社:東京創元社
価格:¥1,600(税別)

切なすぎる青春ミステリー『向日葵を手折る』

版元さんのお薦めで、読ませて頂きました。
初読みの作家さんの作品。
彩坂美月さんの「向日葵を手折る」です。

9月19日放送の「王様のブランチ」で
紹介され注目されています。

美しい自然にあふれた、山形の山あいの
集落を舞台に、一人の少女の4年間の
成長を、丁寧に描いた青春ミステリー。

父の死がきっかけで、母の実家がある
山形の集落に引っ越してきた、小学6年生のみのり。
引っ越したその日に同級生の男の子と出会う。
優しさに満ち溢れた少年・怜。
家が隣同士だったこともあり、みのりと怜は
意気投合する。

怜の親友・隼人は、女の子を足蹴にするような
乱暴な男の子。
みのりは、隼人に何度か忠告するが、
隼人に逆襲されてしまう・・・。

それでも同級生たちと心を通わせ始めた
夏のある日、集落の行事「向日葵流し」
のために植えられていた向日葵の花が
何者かによって全て切り落とされると
いう事件が起きる。

それは「向日葵男」の仕業だと噂された。
そして、みのりの身の回りで次々と
不穏な事件が起こる。

鮮やかに季節が巡る美し過ぎる自然。
ガラス細工のような脆さと真っ直ぐすぎる
正義感を併せ持つ少年少女たちの心の動き・・・。
彼らを見守る大人たちの厳しさと優しさ、
そして、随所にちりばめられた伏線。
その伏線が回収された先に明かされる
あまりにも切ない真相。

緻密に編み上げられた物語。
素晴らしいの一言。

この本に巡り会えて良かったと
心の底から思える1冊。

『向日葵を手折る』
著者:彩坂美月
出版社:実業之日本社
価格:¥1,700(税別)

本格ミステリーファン垂涎!『楽園とは探偵の不在なり』

ミステリーファンがこぞって面白い!
と紹介している、斜線堂有紀さんの
「楽園とは探偵の不在なり」を
読みました。

あまりにも斬新過ぎる設定に
驚愕しました!!!

ある時起こった「降臨」によって
世界は塗り替えられた・・・・。

二人以上殺した者は、「天使」
によって即座に地獄に引きずり
込まれる!

探偵業を営む青岸焦(あおぎしこがれ)は、
「天国が存在するか知りたくないか?」
という大富豪・常木王凱(つねきおうがい)
に誘われ、天使が集まる常世島を訪れた。

そこには、青岸以外にも常木に
よって招かれた客がいた。
そして、その島で起きるはずのない
連続殺人事件が起こってしまう!
殺人事件の巻き添えになりたくない
客たちは何とか脱出を試みるが、
外部との連絡手段は一切遮断されていた。

青岸はかつて、家族のように大切に
していた、探偵事務所の仲間を突如喪った。
なぜ、何も悪いことをしていない
彼らがあっけなく死んでしまうのか?
天使は、彼らを助けることなく
罪を犯した者だけを業火で焼いた。

そんな不条理に満ちた世界で、生きる
希望を失った青岸だったが、孤島での
連続殺人事件の調査を始める。
しかし、殺人は容赦なく続いた。

犯人の目的は何か?
連続殺人を犯しながら、なぜ地獄に
堕ちないのか?

およそ天使らしくない不気味な
物体が空を飛ぶ。
その様子は、塗り替えられた世界が
益々不条理なものとして映る。

罪と罰についての考察も物語の中で
語られ、非常に興味深い。

しかし、それ以上に驚愕するのは、
天使が当り前のように空を徘徊し
人間の罪を断罪するという斬新すぎる設定。

孤島での連続殺人という古典的な
展開が、その斬新な設定によって
驚くべきトリックを生んだ!

本格ミステリーファンにはたまらない一冊。

『楽園とは探偵の不在なり』
著者:斜線堂有紀
出版社:早川書房
価格:¥1,700(税別)

探偵・槙野&女性刑事東條シリーズ最新作にして最高傑作!『MEMORY 螺旋の記憶』

島根県在住のミステリー作家・吉田恭教さんの
人気シリーズ『探偵・槙野&女性刑事東條』
の新作が発売になりました!
『MEMORY 螺旋の記憶』です。

探偵・槙野と警視庁捜査一課の刑事、東條は
お互いに信頼し合い、絡み合った事件の
謎をといてゆく。
探偵と刑事ってなかなか難しい関係だと
思うが、二人のやりとりを読んで
いると何となく安心する。
また、槙野と妻のかけあいは、
凄惨な事件が多いこのシリーズの中で
一種の清涼剤のような役割を果たして
いて、二人が登場するシーンは読んで
いると心が癒れる。

九年前、鏡探偵事務所に奇妙な捜索
依頼をしてきた女性が、再び新たな
調査を依頼してきた。
失踪した息子を探して欲しい。
息子の失踪は前回の調査が関係
している。と・・・。

槙野は、当時の調査記録をもとに
息子の行方を捜す。
ところが、九年前に調査で訪ねた人物は
二年前に塩素ガスで殺害されていることが
判明する。

一方、東條刑事は、奥多摩の山中で
発見された凄惨な逆さ吊り殺人事件を
捜査中だった。
たまたま、その身元判明の報道を見ていた
槙野は、被害者が九年前に調査した案件の
関係者であることを教える。

依頼された息子の行方を捜す槙野は、
彼がホラー作家であること、
退行催眠療法について熱心に調べて
いたことを掴む。
そして槙野は、退行催眠療法の本の
著者を訪ねることに・・・。

だが、そのタイミングでまたしても
逆さ吊り殺人事件が起こる。
身元が判明すると、最初の被害者との
繋がりが出てきた。
殺害された二人は、もとは同じ酒蔵で
働いていたのだ!

槙野の調査と、東條が追う凄惨な連続殺人事件。
二つの調査はやがて交差してくるが、
それらが複雑に絡み合い、謎は深まるばかりだ。
いったい事件の裏には何があるのか?

このシリーズは、今までホラー的
要素がふんだんに盛り込まれてきたが、
今回はそうではない。
ホラーというよりは神秘の世界・・・・。

槙野は、調査の過程で信じがたい
事実を掴む。
それはやがて、前代未聞の真相に
繋がってゆく。

槙野と東條、二つの事件の調査から
徐々に真相に近づいてゆく過程は
いつもながら非常に面白い。

シリーズは、どの作品も大変面白いが、
自分としてはこの作品が今のところ
一番だと思う。
時を超越し、大切な人を想い続ける
ラストは胸に迫るものがあったから。

『MEMORY 螺旋の記憶』
著者:吉田恭教
出版社:南雲堂
価格:¥1,800(税別)

これこそほんとの前代未聞!「同姓同名」

「超」話題になっている下村敦史さんの
「同姓同名」(幻冬舎)を読みました。

登場人物がほんとに全員、同姓同名
なんですよ!
どうやって区別したの?
それで物語は成立するの!!!?
興味津々で読み始めたら、なんと
面白いのなんのって、計算しつく
された緻密な展開に鳥肌が立ちました!

大山正紀(おおやままさのり)は、
プロのサッカー選手を目指す高校生。
いつか自分の名前が、サッカー
スタジアムに轟く日を夢見ている。

そんな中、女児惨殺事件が起こった。
犯人は、16歳の男子高校生。
少年法に守られ、当然名前は伏せられ
報道された。ところがあまりの事件の
残酷さに日本中が激怒し、名前の公表を
求めSNSが過熱。ある週刊誌が名前の
公表に踏み切った。
その名前は「大山正紀」。

その後、大山正紀はサッカーの推薦枠
をはずされてしまう。
他にも、凶悪殺人犯と同じ名前の名もなき
「大山正紀」たちは、人生を狂わされてしまう。

7年後、刑期を終えた大山正紀が出所した。

そして、犯人逮捕の時以上に犯人批判は
過熱。SNS上では、正義をふりかざす
者たちで暴走し炎上していた。

犯人に名前を奪われ人生を穢された
「大山正紀」の中の一人が
‘大山正紀同姓同名被害者の会’を発足
させた。そして集まったものたちは、
犯人を捜し出そうとする。

興味本位なのか?本当に正義なのか?
SNSによる、情報や言葉の暴力性が
半端なく、それがあまりにもリアルに
描かれているので恐ろしくなる。

凶悪犯人と同じ名前だったせいで
彼らが被った艱難辛苦はどれほどの
ものだったろうか?
一人ではとても耐えられず、
被害者の会を発足させ、少しでも
苦しみを分かち合いたいと思うのも当然だ。

そして、大山正紀だらけで本当に混乱する。
多分、それが狙い????
至る所に張り巡らされた数々の伏線。
(’’’’’)に振りまわされる。
さらに、巧妙なミスリードで、まんまと
著者の罠にはまる!

SNSの恐ろしさにドン引きしながら、
ミステリー小説のとしての面白さを
めちゃめちゃ堪能できました!
こんなにややこしい作品、そうそう
描けないと思います。
それを描いちゃって、さらに
読者を楽しませてくれた
下村さんに拍手!!!

『同姓同名』
著者:下村敦史
出版社:幻冬舎
価格:¥1,600(税別)

慟哭のミステリー、「極刑」

小倉日向さんのデビュー作「極刑」
を読みました。

デビュー作と聞いてびっくり!
あまりの面白さにグイグイ
引っ張られ、いっきに読んで
しまいました。

『極刑』

娘を殺された半田龍樹。
殺してやりたいと思うほど
憎いはずなのに、半田は
被疑者に対し、極刑を
望まなかった。
そのことで妻とは離婚。

そして、小さな居酒屋を始めた。
半田の穏やかな性格と、美味い
料理は評判となり常連客も増えた。

しかし、半田には隠れた貌があった。
罪を犯し一度は刑に服しながら、
出所後も同じ罪を繰り返す者たち。
全く後悔していない、反省の態度
すら見せない。
そんな者たちを執拗に追跡し、
制裁を下す、闇の私刑人。

半田によって制裁を受けた者たちは
それ相当の罪がある。
とても人間の行為と戸は思えない
残虐なものだ。
ある意味、この世から消えた方が
良い者たちだろう。
読んでいると痛快で、爽快感すら覚える。

しかし、半田もこのままでは
終わらなかった。
思いもよらない事態が半田を襲う・・・。

法とは何か?罪とは何か?
大切なものを失った苦しみはどうしたら
癒えるのか?
深く、重いテーマが心に響く。

人間の心の深い闇を、白日の元に
晒した、ダークミステリーの極致。

著者:小倉日向
出版社:双葉社
価格:¥1,600(税別)

第66回江戸川乱歩賞受賞作「わたしが消える」

毎年楽しみにしている、江戸川乱歩賞受賞作。
今年は佐野広実さんの「わたしが消える」
が受賞!読みました!

元刑事で、今は古いマンションの管理人の藤巻。
最近物忘れがひどくなっているので、病院で
検査を受けたら軽度の認知症と診断された。

いつか自分がわからなくなってしまうという
恐怖を背負いながら、20年近く離れて暮らして
いた娘からの頼み事を引き受けてしまった。

それは、娘が働く老人福祉施設の門の前に
置き去りにされた、認知症の老人の身元を
調べて欲しいということだった。

20年前にあることがきっかけで、
刑事を辞めた藤巻だった。
いまさら刑事のようなことは
できないと思ったが、なんとか娘の力に
なりたいと、その老人に会うことに。

施設では警察にも届けていた。その時指紋は
とらなかったらしく、改めて指紋をとり、
それを昔のなじみの刑事に鑑定を依頼した。

だが、指紋照合をしても該当の人物はいない
とのことだった。
しかし・・・。

それからしばらくして、老人を置きざりに
した女性が名乗りでてきた。これで一件落着と
思ったが、彼女から見せられた老人の
持ち物を確認すると、なんらかの犯罪に
関わっていたのではという疑いがでてきた。

ここから事態は藤巻の想像をはるかに超えた
方向に動き出す!

藤巻の周辺で起こる不可解な事件。
謎の人物たちの監視・・・・。
暴力的脅迫・・・。
藤巻は何を突いてしまったのか?

物語が進むにつれ、謎が謎を引き寄せ
怒涛のような展開が読み手を惹きつける!

そして、老人の正体が明らかになる過程で
見えてくる警察の闇。
封印されていた、日本社会の暗部を暴き出だす。

21年前に「松本清張賞」を受賞した実力派が
描く、社会派ミステリーの傑作。

『わたしが消える』
著者:佐野宏実
出版社:講談社
価格:¥1,800(税別)

心が揺さぶられる、検察ミステリー「地検のS」

伊兼源太郎さんの「事故調」が
あまりにも面白かったので、
「地検のS」も続けて読んだ。

湊川地検を舞台にそこに関係して
いる、新聞記者、弁護士、検事
検察事務官たちを主人公にした
短編集。

「置き土産」
1週間以内に特ダネをあげろと
司法回りの記者・沢村は、上司から
強いプレッシャーをかけられていた。
そんな中、湊川地裁での取材中、
地検の総務課長・伊勢雅行が
法廷を覗く姿を見かける。
陰の実力者と噂される男が、
ありふれた事件になぜ興味を抱くのか?

「暗闇法廷」
面倒な事件を押し付けられた。
暴力団の構成員が起こした保護責任者
遺棄致死罪の裁判で、証人として
呼ばれた男は、森本検事の質問を
のらりくらりとかわし続けた。
森本の検察事務官である新田は、
この裁判を歯がゆい思いで見ていた。
尊敬する森本検事は一体どうなるのか?
そんな時、総務課長の伊勢が声をかける。

「シロとクロ」
両親にも見放された男の弁護をする
弁護士・別府直美。
確かに、男はトラブルメーカーで
これまで何度も警察お世話になっている。
両親からは、刑務所に入れてほしいと
言われる始末。しかし今回の事件に
おいて、男は罪を犯していない。
まっとうな弁護をするべきだと考える
しかし・・・。
苦悩する別府の前に伊勢が現れる。

「血」
DVの夫に息子ともども殺されると
思い、夫を殺害してしまった主婦。
罪を償い出所したあとは、建設
会社の事務員として働いていた。
ところが、ある政治家の政治資金
規正法違反の端緒を握る存在だと
検察に目をつけられた。
担当の検事・相川晶子は、その主婦
から何としても自白を引き出せと
プレッシャーをかけられていた。
しかし、聴取しても頑なな主婦からは
自白が取れない・・・。

「証拠紛失」
政治家の闇献金疑惑に関連し、建設会社の
社長席で発見された重要なメモが紛失
した。総務課長の伊勢から呼ばれた
三好は、そのメモを3日後の会議までに
探し出せと命令を受ける。
同僚とともに必死に捜索するが・・・・。

湊川地検の総務課長・伊勢雅行は
いったい何者なのか?
長年、総務課長の席にあり、湊川地検の
すべてを知る男。
そのすべての事件の裏側には、伊勢がいた。

伊勢の登場によって、苦悩する彼らは
何をつかんだのか?

それぞれの物語の「謎」が解明
された先に思いも寄らない真実
が待ち受ける!

司法に携わる者にとって、本当に
正しい行いとは何か?

彼らが見つけた「正義」に思わず
ハッとさせられる!

元新聞記者が圧倒的臨場感で
描き切った、斬新な検察ミステリー。

『地検のS』
著者:伊兼源太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥780(税別)