「虚構推理」の世界がもっと楽しめる!「虚構推理短編集」

以前、タイトルに惹かれ手に取った、長編「虚構推理」。
鉄骨を振るい人を襲う亡霊「鋼人七瀬(こうじんななせ)」
のミステリーを一眼一足の美少女が解決するという
奇想天外な設定に驚愕した。

その「虚構推理」の短編集を発見!
一眼一足の美少女・岩永琴子の推理が存分に楽しめる!!!

怪異たちに知恵を与える巫女になった、
一眼一足の美少女・岩永琴子。
怪異たちからおひい様と呼ばれる、一風変わった女の子だ。
そんな彼女には心強い相棒がいる。
永遠に死なない恋人・桜川九郎だ。

岩永のもとへは、妖怪や幽霊たちから相談が持ち込まれる。

例えば、何百年生きる水神の大蛇から、自分が棲まう沼に
他殺体を捨てた犯人の動機は何か・・・?とか。

うなぎ屋で、店の客の一人に妻殺害の真相を暴いたり・・・。

孫を交通事故で失った男の怒りと無念の心が、
木の人形に宿り、その人形の暴走をとめてとの依頼。

日本に一台しかないギロチン台から、持ち主の
殺人の謎を解いて欲しい!?

山奥で化狸がつくるうどんを食べたために、
たまたまアリバイが出来ちゃった殺人犯に
嘘の真実を創ることになったり….。などなど。

琴子は、これらの事件や相談事を完璧なロジックで
解明し、最善の方法で導く凄い巫女。

そして綺麗に収まる話もあれば、背筋が凍る
ラストが待っている短編もある。

全て虚構の世界のお話なのに、いかにも
現実にありそうっぽく描いている。そこにとても惹かれる。

なんだか妖怪、怪異たちの方が人間らしく
描かれているところがとてもユニークだ。

私たちが普段見ている世界は、この世のほんの
一部分で、この虚構と言われる世界が
実はあるのではないか?と思ってしまう。

琴子の九郎の距離感の描き方もとても素敵。

もっと「虚構」の世界を堪能したいと思わせる短編集だ。

『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』
著者:城平京
出版社:講談社(タイガ文庫)
価格:¥720(税別)

驚愕のトリックに瞠目!「扼殺のロンド」

「十三回忌」がとても面白く、探偵・海老原の
キャラに惹かれ、続いて「扼殺のロンド」を
読みました。

小島先生の作品は、非常に凝ったトリックが
随所に散りばめられているので、読み進める
のが楽しい。

倒産した自動車工場で壁に激突したと思われる
車があり、その中から男女の変死体が発見された!
女性は腹から胃腸を抜き取られ、男性は高山病で
死んでいた。
鍵のかかった工場内、車の方はぶつかった衝撃で
ドアも窓も開かない。
犯人は如何にして犯行に及んだのか?

静岡県警の小沢刑事と笠木刑事らが捜査を
進めると、死んだ二人は姉川家のいとこ同志だと判明。

そしてその後も、姉川家の親族が次々と「密室」で
不可解な死を遂げていく。

その不可解さに刑事たちはもうお手上げ状態だ。
いったいどうやって・・・・。
そんな時、海老原が笠木のもとへやってきた。
難事件が起きた時、どこからともなく現れる、
風のような探偵だ。

そして、海老原は「密室」のトリックを
暴いてゆく…。

これでもかというくらい「謎」が仕掛けられ、
さらに凝ったトリックに圧倒される。
この謎とトリックの着想は、ひときわ異彩を
放っている。
ほんとに凄いミステリー小説!

次は「武家屋敷の殺人」(講談社文庫)に挑戦!

『扼殺のロンド』
著者:小島正樹
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥694(税別)

知念実希人さん幻のデビュー作!そして原点「レゾンデートル」

今や人気シリーズもあり、著作多数。医学系の
ミステリー作品がほぼベストセラー入り!
そんな知念実希人さんのデビュー作「レゾンデートル」
を読みました。

読み始めてから、その衝撃的な内容に驚愕
しながらも、場面展開のうまさにぐいぐい
引き込まれ、気がついたら読み終わっていた!
そんな感じでした。
主人公たちの切なく悲しい運命に、泣けて
しまいました。

「レゾンデートル 存在理由」。
悲運の主人公はそれを手にすることが出来ただろうか。

末期癌を宣告された医師・岬雄貴は、自暴自棄に
なり、酒浸りの日々を送っていた。ある日、何気なく
ぶつかった不良たちに因縁をつけられ、暴行を
受ける。雄貴はその復讐のためだけに生きようとした。
そして、復讐を遂げるが、現場には一枚のトランプが
残されていた。

そのカードは、世間を騒がせている連続殺人鬼
「切り裂きジャック」のものと同じだった。
その後、切り裂きジャックと名乗る男から
ある依頼を受けた雄貴。ジャックとの奇妙な関係が始まる・・・。

家出同然で上京した南波沙耶は、風俗系のカメラマン佐川の
モデルをしていた。
ある日、親友の恵美からペンダントを預かる。
その後、佐川の他殺死体が見つかり、親友の恵美も何者かに
殺されてしまう!

切り裂きジャックによる連続殺人、カメラマンと少女の死。
雄貴と沙耶。
そして、事件を追う刑事!

パズルのピースのように、バラバラだった事件がやがて
ひとつに繋がったとき、ありえない真実が姿を現す!

デビュー作とは思えない傑作!

『レゾンデートル』
著者:知念実希人
出版社:実業之日本社(文庫)
価格:¥759(税別)

女の恐さを思い知る!「ウツボカズラの甘い息」

検事・佐方貞人シリーズの他にも、女性を主人公
としたサスペンス作品を描く、柚月裕子さん。

美しくなりたい、男性から良く思われたい、
お金持ちになりたい!他の誰よりも幸せだと
思われたい!など女性の欲求は果てしない。

家事と育児に追われ、自分自身を顧みることが
出来なかった専業主婦の文絵は、ある日
趣味で応募していた懸賞に当たり、ある大物
タレントのディナーショーへ行った。

そこで中学時代の同級生・加奈子に再開する。
中学時代は地味で目立たなかった加奈子だったが、
美しく変貌し、文絵は全く気づかなかった。

文絵は幼いころ、太っていたためいじめにあい、
中学校進学と同時に転校。そのために必死に
ダイエットをし、近所でも評判の美少女になった。
イジメの過去を知らない中学校の同級生たちは、
文絵の美しさを褒めた。

加奈子に再会し、高級化粧品のビジネスに誘われた
文絵は、中学校時代の自分に戻るべく美しさに
磨きをかける…。
家事育児以外にも生きがいと大金を手にした文絵。

しかし、鎌倉で起きた殺人事件の容疑者として
突然逮捕されてしまう!

無実を訴える文絵だったが、事情を知る加奈子は
姿を消し、さらに詐欺容疑もかけられてしまう。

全ては文絵の仕業なのか?それとも?

あくなき欲望に身を捧げ、破滅へと向かう女性。
人を騙し続け、自身が生き残るためならば
手段を選ばない女性の恐ろしさを描く!

柚月さんには珍しい、嫌ミスの傑作!

『ウツボカズラの甘い息』
著者:柚月裕子
出版社:幻冬舎(文庫)
価格:¥770(税別)

不可解極まりない事件!「悪魔のトリック」

「むかしむかしあるところに、死体がありました」
を読んで、青柳碧人さんの他の作品を読んでみようと
思い、文庫新刊の「悪魔のトリック」を読みました。

タイトルをみた瞬間、面白そうと思いました。

5編の短編が収録されていて、まず序章から
伏線が・・・!

5編それぞれの主人公にはどうしても死んでほしい
人間がいる。

そこへ、どこからともなくお姉言葉の悪魔が出現!
「あんた、今強い殺意を抱いたわね?」
そして、殺意を抱いている人間にひとつだけ
超常的な能力を授け、殺人に誘う。

「強力な磁力を発する力」
「壁をすり抜ける力」
「草木を腐らせる力」などなど
普通の人間には絶対に不可能な力だ。

だから、普通の捜査では真実を暴くことができない。

捜査中にポカをやり、負傷した東新宿署の
刑事・有馬は、職場復帰後特別任務を
命じられた。
不気味な刑事・九条と二人である事件を
捜査するのだ
ある事件とは九条によれば、この世には
悪魔が存在し、その悪魔の力で成された
殺人は空に印があがると言う。
九条と有馬はその印を頼りに事件の捜査を行う。
通称「マルディー案件」だ。

次々と起こる、不可解極まりない事件。
いったいどのようにして殺人が行われたのか?
人間の所業とは思えない不可能犯罪。
そのトリックに戦慄する!

バラバラの短編でありながら、少しずつ
物語が繋がり、クライマックスであっと
言わせるこの構成がとても面白い!

謎多き不気味刑事・九条と有馬のコンビを
配し、離れワザトリックに挑む!
異色の警察ミステリー。

『悪魔のトリック』
著者:青柳碧人
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥680(税別)

猟奇的事件に挑む、探偵・海老原浩一シリーズ第1弾『十三回忌』

小島正樹さんの「十三回忌」(双葉社)を読みました。
「双葉社文庫受賞作・ランクイン作品だけ集めましたフェア」
で、はまさき好みの作品が目に入ったので、思わず衝動買い!

旧家で莫大な資産を持つ当主の2番目の妻が不審死をとげた。
警察は自殺と片付けたが、その当主には愛人が
おり当主とその愛人の間には3人の娘がいた。
愛人は、その後、後妻に迎えられる。

この当主には最初の妻との間に二人の息子もいる。
正妻の子どもと愛人の子ども…。
当主を中心とする、複雑な家庭環境。

そんな中、不審死を遂げた2番目の妻の一周忌に
猟奇的な事件が起こった!

現妻の長女が生きたまま木の上に串刺しにされた!
いったいどうやって串刺しにしたのか?
警察はありとあらゆる調査を行ったが、事件解明には
至らなかった。

そして三回忌には、次女が木に縛りつけられ首を切りとられた
姿で発見される。
さらに七回忌には、三女が唇を切りとられ滝の水に
打たれた姿で発見される…。

警察は、身内に犯人がいると考えたが、当主に
遠慮してなかなか事件の解明に繋がらず、
結局、迷宮入りした状態だった。

さすがに十三回忌は何事も起こしてはならないと
厳戒態勢をしいたが….。

この事件に携わった担当刑事の一人、笠木は当主に
気に入られ何度か晩餐に招かれていた。そこで笠木は、
友人の探偵・海老原浩一を当主に紹介する。
そして、当主から事件解決を依頼される。

次々と起こる予測不能な殺人事件。
事件の真相は?真犯人とは誰なのか?
真の動機は一体何なのか?

ミステリー好きにはたまらない、数々の謎と複雑怪奇な
ストーリー展開、そして凡人にはおよそ考えつかない
「超」大胆で意表を突くトリックに悶絶する!
いっき読みの面白さ!

『十三回忌』
著者:小島正樹
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥695(税別)

傑作揃いの短編集!「名探偵傑作短編集 法月綸太郎篇」

法月綸太郎著「名探偵傑作短編集 法月綸太郎篇」を
読みました。

「過ぎにし薔薇は」「背信の交点」「世界の神秘を解く男」
「リターン・ザ・ギフト」「都市伝説パズル」「縊心伝心」
の6編が収録されています。

推理小説家・法月綸太郎は、父・法月警視が携わる
事件によく首を突っ込んでいる。
父の方も、自分の推理を息子の綸太郎に話すことに
よって、事件の整理も出来るし、別の視点から事件
を見直すことができる。

父と息子の推理合戦のようでもあり、読んでいて
とても面白い。

特に印象に残った3作品!

「背信の交点」は列車内で起こった毒死事件。
たまたまその列車に乗車していた法月綸太郎は、
その事件に巻き込まれる。
死んだのは夫。妻は「あの女のせい」と言い、
不倫関係で悩んでいた夫は自殺したという。
一見、平凡な事件に見えたが、綸太郎はある
「交点」に気づく。
そして、歪んだ愛憎劇が見えてくる。

「世界の神秘を解く男」は、オカルトブームで
報道過熱気味のテレビやメディアを皮肉っている。
霊能力を持つとされる少女の部屋で起こる怪奇現象、
そして関係者の事故死・・。
綸太郎は、数々のトリックを解き明かしてゆく!

「リターン・ザ・ギフト」は、殺人事件の容疑者が
交換殺人を計画していたのではないかという
疑惑から物語は始まる。
アリバイトリックよりも、交換殺人の人間関係に
焦点をあて、二転三転する展開が読者を翻弄。
予想外の結末に目を瞠る!

想定外の面白さに驚愕する!

『名探偵傑作短編集 法月綸太郎篇』
著者:法月綸太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥920(税別)

孤高の検事・佐方貞人シリーズ最新作!「検事の信義」

柚月裕子さん著「最後の証人」「検事の本懐」
「検事の死命」の検事・佐方貞人シリーズの
最新刊「検事の信義」を読みました。

前作から6年。待ちに待った新作です。
今回は佐方の信念が強く感じられる作品です。

短編「裁きを望む」「正義を質す」「恨みを刻む」の
3作品と中編の「信義を守る」の4作品が収録。

それぞれの短編は、事件の面白さ、佐方の魅力が
充分に描かれて、素晴らしいです。
しかし、タイトルの「検事の信義」を一番感じられる
作品は、中編の「信義を守る」です。

認知症を患った母親を殺害した罪で逮捕された男の
裁判を担当する事になった佐方貞人。

取り調べでは、母親の認知症がひどくなるにつれ、
介護をしてゆくことが困難になり母親を殺害
したと供述。警察の調書を読んでも、身勝手
な介護殺人だということを強く感じた。

しかし、佐方はその調書に違和感を抱く。
それは、遺体発見から逮捕までの「空白の2時間」だ。
佐方が独自に調査を進めると、見えてきたのは、
男の意外な素顔だった。

刑事部で事件を担当した、矢口検事は佐方のやり方に
異を唱える。しかし佐方は、「事実は真実ではない」
「なぜ事件がおきたのかを突き止め、罪をまっとうに
裁かせる。それが私の信義」と言い切った。

素晴らしい!このくだりを読んだ時、身体中に
衝撃が駆け巡った!思わず背筋がピンと張った。

佐方の正義と信念が、隠された真実を明らかにしてゆく!
かつてない感動と半端ない面白さ!

そして佐方の誇り高く誠実な態度に清々しさを感じた。

『検事の信義』
著者:柚月裕子
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,500(税別)

エキサイティングな面白さ!「警視庁特殺 使徒の刻印」

大田市在住のミステリー作家、吉田恭教さんの
新作が今月発売されました。
「警視庁特殺 使徒の刻印」(KADOKAWA)です。
警視庁捜査一課の凄腕刑事と元刑事で犯罪
ジャーナリストのコンビが猟奇殺人の謎を解く!

警視庁捜査一課・来生班は、猟奇殺人・快楽
殺人など通常の凶悪犯罪事件とは一線を画す
特殊な殺人事件を担当することが多く、
通称「特殺」と呼ばれている。

中でも佐倉智孝は優秀な刑事。しかし
型破りな捜査手法で時に問題になることもある。
彼の心には、犯罪を暴くためなら手段は
選んでいられないという強い思いがある。

そんな彼を心配し、味方になってくれるのは、
元同僚で犯罪ジャーナリストの有働佳祐だ。

ある日、手首を手錠でつながれた焼死体が
発見される。しかもそこにはセメントで
固めた後があった。被害者を逃げられない
ようにしたのか?
その2週間後、また同じような事件が起こった。
被害者は自力で脱出し一命をとりとめた。
病院で治療中、その被害者の背中に「使徒」
を意味する焼印が押されていたことがわかる。

だが、本格的に捜査が始まる中、佐倉は突然
捜査からはずされてしまう!!

残酷な現場、あまりにもむごい仕打ち、
被害者の体に残る謎めいたメッセージ…。
犯人の意図とは?

有働佳祐の力を借り、佐倉は事件の核心に
近づいてゆくが・・。

警察小説としての面白さ、随所に
盛り込まれた本格ミステリー的展開!
この二つの融合と、孤高の刑事&心優しき
犯罪ジャーナリストという魅力的な
キャラクターが、エキサイティングな
面白さを生んだ!
いっき読み必至の警察ミステリー!

‘探偵・槇野&女刑事・東條’シリーズに
並ぶ面白さだ。

この作品もシリーズ化してほしい!

『警視庁特殺 使徒の刻印』
著者:吉田恭教
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥680(税別)

ガツンとやられた…。「予言の島」

「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」
この2作品が「超」怖くて、「超」面白いです。
この作品を読んで澤村伊智さんにはまった私。

気になっていた、新刊「予言の島」を読みました。

エリートコースまっしぐらだと思われていた、
幼馴染の宗作が、パワハラに遭い心に深い傷を
負って故郷に帰ってきた。
その宗作を励まそうと、天宮淳はもう一人の
幼馴染・晴夫らとともに、瀬戸内海の霧久井島へと
向かった。

その霧久井島は、かつて一世を風靡した霊能者・
宇津木幽子が最期の予言を残した場所だった。
その予言とは、幽子が死んだ20年後に島で
6人が死ぬと言う不吉な予言だった。

淳たちは島に到着したが、予約していた宿は、
怨霊がおりてくるという不可解な理由で
勝手にキャンセルされていた。

困り果てていた淳たちに声をかけたのは、
都会から移住し、民宿を営業している麻生だった。
他にも個性的な宿泊客がいた。
その中に、宇津木幽子を崇拝している女性が
いた。彼女は何かにつけて幽子の予言を持ちだす。
皆、うんざりしていた翌朝、晴夫が死体で発見される。

しかし、晴夫の死は宇津木幽子の予言に基づく
悲劇の始まりに過ぎなかった。

「ヒキタの怨霊が山から下りてくると人が死ぬ」
という怨霊の言い伝え、「くろむし」という
不気味な魔除けや風習。
そして、「偶然」(?)居合わせた、宇津木幽子
の孫娘。
祖母の死の真相を突き止めるために来たという
彼女の真の目的とは何か?

横溝正史の「獄門島」を彷彿とさせる世界観。
嵐に見舞われた脱出不可能な「島」という
クローズド・サークル。
本格ミステリーの面白さと、霊能者の予言、
そして呪いという恐ろしい描写。
この展開だけでも十分面白い!

だが、これらの面白さを超えた仰天の展開に
思わず「えええ~ッツ」と叫んでしまう。

最後の最後にガツン!とやられる。

超弩級の面白さで描くホラーミステリー。
澤村伊智さん恐るべし。脱帽です!

『予言の島』
著者:澤村伊智
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600(税別)