大人気!法医昆虫学捜査官第7弾「スワロウテイルの消失点」

昆虫の生態から、殺人事件の謎を解く!
「法医昆虫学捜査官」シリーズ第7巻は
「スワロウテイルの消失点」。

腐乱死体の解剖中、立ち会った刑事たちに
異変が起きた!
体中に赤い湿疹が発生し、出血と猛烈な痒みに
襲われた。感染症の疑いありというここで、
全員が隔離された。

しかし、解剖中に腐乱死体にわいた昆虫を
かき集めていた昆虫学者の赤堀は、
「蚊」の仕業だと断定。
しかも日本では発生していない、中国か
台湾にしかいない「小黒蚊」。
そんな蚊がなぜ遺体から発生したのか?
赤堀は、通常の昆虫の調査とともに「小黒蚊」の
出所を調べ始める。

一方、警視庁捜査一課所属で、赤堀のお目付け役
岩楯刑事は、高井戸署の機動捜査隊員・深水巡査部長
とコンビを組んで、腐乱死体の身元を突き止める。

慎ましい生活を送り、趣味で俳句を楽しみ、
俳句仲間から慕われていた老人がなぜ殺されたのか?

捜査の過程で浮かび上がってきた老人の素顔と
生活が激変するほどの幸運。
それは明らかに殺人の動機となった。

そして、赤堀が調査する「小黒蚊」の発生源だが、
赤堀をもってしても足取りがつかめない。

そんな時、つばめを愛する孤独な少年と出会う。
つばめを守るために天敵の烏を駆除していた
少年だった。赤堀はこの少年に危機感とともに
深い同情の念を感じる。
そして、つばめから小黒蚊の出所をつかんだ赤堀。
少年とともにつばめの巣を追う。

今作の赤堀も、女性なのに顔中昆虫だらけにして
遺体から昆虫を採取している。その
シーンを読むだけで、本当に鳥肌が立つ。
岩楯刑事はそんな赤堀を怒鳴りながらも、
自分の職務に忠実な姿勢に、益々信頼を深くしてゆく。

そして岩楯の相棒・深水は、妙に斜に構えて
いるが、仕事ができる。しかし、彼は何かを背負って
いるように見える。

それぞれの人間ドラマを描きつつ、事件の
捜査は進展してゆく。
そして、岩楯たちの捜査と、赤堀たちのつばめの
追跡が交差したとき、悲劇の真相につながってゆく。

心に闇を抱く人間の恐ろしさと浅ましさを
まざまざと見せつけられた。

昆虫学者が主人公の異色の警察ミステリー。
面白いです。

『スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官』』
著者:川瀬七緒
出版社:講談社
価格:¥1,500(税別)

精神鑑定医、犯罪者の心の闇を暴く!「十字架のカルテ」

知念先生の最新作「十字架のカルテ」(小学館)
を読みました。

今まであまり触れられなかった、精神疾患
の犯罪に焦点をあて、それを鑑定する
精神鑑定医が主人公のミステリー。
短編5作、どれも読みごたえがありました。

精神科医・影山司の助手に志願した弓削凛。
凛には精神鑑定を学ばなければならない理由があった。
しかし、影山の「正確な鑑定のためにはあらゆる手をつくす」
という信念のもと、犯罪者と対峙し心の闇に
触れてゆくうちに、凛は精神鑑定の重要性を
改めて知ることになる。

無差別殺傷事件を起こした男性は
重度の統合失調症と診断されたが…。

重い鬱病と診断された母親は、生後五か月の娘
とともに無理心中を図ろうとした。
それは「悪魔が娘を殺せ」と脅したと言う…。

自宅に引きこもっていた青年が姉を刺し逮捕された。
影山と凛が青年の鑑定を行うと、恐慌状態に陥ってしまった。

傷害致死で起訴された男には精神疾患の疑いが。
しかし影山は裁判で「罪を逃れるための詐病」と
証言する…。

同僚を刺殺した女性、過去に2件の殺人事件を
起こしていた。女性は解離性同一障害(多重人格)
と診断され、不起訴となっていた…。

緻密に練り上げられたストーリー展開と
予想をはるかに超えるどんでん返しの妙。
そして、様々な犯罪者との緊迫感あふれる頭脳戦に
ぐいぐいと惹きつけられた。

犯罪を犯しても、心身喪失や心身耗弱で刑事責任能力を
問えないということで不起訴になってしまう今の司法制度。
被害者や遺族にとってそれはあまりにも悲しい。
それをわかりながら、鑑定する精神科医は、
どれほどの苦しみを抱えるだろうか?

精神疾患と犯罪。とても難しいテーマだと思う。
そこにあえて斬り込んでいった著者。
物語の端々に著者のブレない姿勢を感じる。

凄すぎる!社会派の医療ミステリー

『十字架のカルテ』
著者:知念実希人
出版社:小学館
価格:¥1400(税別)

緊迫感あふれる追走劇!「ダークナンバー」

クールすぎる、警視庁刑事部分析捜査係の女刑事と
野心家で超上昇志向・TV局の女性記者が
タッグを組んで、連続放火犯を追う。
緊迫度MAXの本格警察小説。

警視庁刑事部分析捜査三係の渡瀬敦子は、
プロファイリングで捜査本部のサポート
を行う。

現場の刑事たちからは、「プロファイリング」
は全くあてにされていないが、渡瀬は絶対に
引かない強さを持っている。

そんな渡瀬は、東京小金井市~小平市~
西東京市で起きている連続放火事件を追っていた。
監視カメラとプロファイリングで事件の
発生予測地点を示すが、外れるばかりで
捜査本部からの反発が強くなっていた。

一方、ある事件報道のミスで閑職へ飛ばされた
東都放送報道局の土方玲衣は、記者復帰を狙い
中学の同級生だった、渡瀬に接触する。

難事件に挑む女性捜査官―。視聴者の注目を
集める内容を看板番組「ニュース・Ⅹ」で
取り上げることを思いついたのだ。
渡瀬には土方にNOと言えない弱みがあった。

土方は渡瀬の番組をより盛り上げるため、
連続放火事件と同じころ埼玉県で発生していた、
連続路上強盗致死傷事件を調べていた。

やがて、土方は二つの凶悪事件がある線で
繋がっているのではないかと気づく。
二人は情報共有し、この事件の背後にある
驚くべき事件の真相にたどり着く・・・。

そして、衆議院選挙の開票日、土方は
前代未聞の事件中継を画策する!!

複雑にからむ二つの事件。
次第に明らかになる犯人像。
犯人の目的は一体何なのか?

さらに、クライマックスの犯人追走劇は、
土方、渡瀬、犯人と3人の視点で描かれ、
それぞれの思惑が交差し、緊迫感が半端ない。
土方と渡瀬の執念は犯人確保につながるのか!?

警察捜査の過程の面白さ、意外な犯人像と
事件の真相に驚愕しつつ、
渡瀬と土方、二人の女性の仕事に対する
強い思いが心に突き刺さった作品。

『ダークナンバー』
著者:長沢樹
出版社:早川書房
価格:¥960(税別)

名探偵は美少女巫女!?第2弾「境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖」

神社が舞台で美少女巫女探偵が大活躍
する「境内ではお静かに」の第2弾、
「七夕祭りの事件帖」を読みました。

前作では神社で起こる謎やトラブルを一緒に
解決してきた、美少女巫女探偵・雫と見習い宮司・壮馬。

壮馬に対しては常にクールに振る舞う雫。
そんな雫に想いを寄せる壮馬の姿が切ない。

第2弾ではこの二人の距離がどうなったのか?
気になるところ!!

大学を中退し人生迷走中の壮馬。兄が神職を務める横浜の
有名な神社「源神社」で働くことに…。
信仰心ゼロの壮馬は、眼を瞠るほど美しい巫女・雫の
の弟子となり、神社の業務を学ぶ日々…。

壮馬は元カノ・佳奈に頼まれて彼女の父親が
経営する学習塾でバイトをすることに。
七夕の笹が飾られた塾に気になる少年がいるらしい。
教師を目指していた壮馬、少年の心を癒せるか?

ある女性が彼氏の大切にしていたフィギュアを人形慰霊に
出した深~い意味とは?

父親を心配する幼い少女。雫と壮馬は彼女の
悩みを解決できるのか?

壮馬の元カノ・佳奈が絵馬に書いたありえない文面の意味とは?

今回も、神社で巻き起こる様々な事件を、雫が鋭い洞察力で
鮮やかに解決に導いてゆく。

第2弾は子どもたちの悩みに重点を置き、
何が原因で悩んでいるのか?をミステリー仕立てに
したところが面白い。
真相解明は、読んでいるとハッとする。
大人にとっては何気ないことでも、子どもたちに
してみたら最大の心配事だったのだろうと思う。
ちょっとうるっとしてしまう場面も。

そして、登場人物が増しているところも注目!

壮馬の元カノ登場に動揺したような雫。
雫の父が無理やり雫を北海道に戻らせるように
謎の人物を遣わして画策したり・・・。

そして壮馬というと、雫の態度にもう限界!
告白するか、やめるか、えんえんと悩む。

さらにさらに続きが気になる、ラブコメミステリー。

『境内ではお静かに 七夕祭りの事件帖』
著者:天祢涼
出版社:光文社
価格:¥1,700(税別)

誘拐をテーマに描く、驚愕のミステリー『消えた断章』

大好きな作家さん、深木章子さんの「消えた断章」
(光文社)を読みました。

どの作品も想像をはるかに超えた結末が待っている。
最後の最後まで読ませるミステリー。

この作品は著者が初めて描いた、誘拐ミステリー。
一筋縄ではいかない展開に目が離せない!

小学生の娘が誘拐され、犯人から身代金要求の
電話が入った。
1億円を要求を受けた父親は、その電話で
前代未聞のセリフを言い放った!
「断る!」
そこにいた警察官たちは、あまりのことに
絶句した。

それから十年後、推理作家を目指す君原樹来の
元へ、妹の麻亜知から友人のトラブルに
ついて、元県警捜査一課の刑事だった祖父に
相談したいと言ってきた。

樹来は、この祖父を尊敬しこれまでに
様々ことを相談してきていた。
妹の友人であれば断れない。
早速3人で祖父の元へ向かった。

妹の友人・葛木夕夏は、十年前叔父に誘拐された
ことがあった。
ただ、記憶を失った時間があっただけで、これといった
被害はなく当時は身内のトラブルで片付けらていた。

しかし、最近になって警視庁が再捜査に
乗り出してきたらしい。
夕夏を待ち伏せし、十年前の事件について
色々と聞かれたとのことだった。

夕夏が誘拐された同じころ、男児も誘拐された
ことが判明。先日その白骨死体が発見されたのだ。
どうやら、それが関係しているようだ。

夕夏の叔父は誘拐事件のあと行方不明になり、
その後、夕夏の父と母は誘拐事件が原因で
不仲となり、その後母は自殺してしまった。

家族の崩壊、母の死。次々と悲劇が襲った
葛木夕夏。それでも必死に生きている。
そんな友人を放っておけない、麻亜知。

妹の友人のため、樹来は密かに警視庁
捜査一課の中村と連絡をとり、事件解明を試みるが….。

夕夏の誘拐事件と誘拐され殺害された男児と
どのような関係があるのか?

謎に彩られた2つの誘拐事件、
複雑に絡み合う人間関係は
練りに練られた展開で読んでいると
翻弄されてしまう。

そして彼らがたどり着いた真相に
度肝を抜かれる!

この結末にしてやられる、驚天動地の誘拐ミステリー。

『消えた断章』
著者:深木章子
出版社:光文社
価格:¥1,700(税別)

泣ける!美しいミステリー『すみれ屋敷の罪人』

以前から気になっていた降田天さんの作品。
「このミステリーがすごい」の編集部さん
が激押しされている、『すみれ屋敷の殺人』
を読みました。

昭和初期の大富豪のお屋敷で繰り広げられる
様々な人間模様。
ノスタルジックな雰囲気が漂っていて
とても気に入った作品です。

戦前、名家と謳われた旧紫峰家の屋敷跡から
白骨死体が発見された。
そこで暮らしていた屋敷の主人と三人の姉妹は
終戦前の東京大空襲で亡くなっていたのだが….。

白骨死体の謎を追い、刑事と偽って、
旧紫峰家で働いていたかつての
女中や使用人たちの話を聞く西ノ森。

回想の中で語られる、紫峰家の華やかな生活、
美しい姉妹たち、しかし彼らを襲う不幸は
静かに近づきつつあった…。

二転三転する使用人たちの証言。
彼らに隠された秘密!
そして、西の森の正体とは?

すべてが明らかになった時の衝撃と
胸が熱くなる結末。

ミステリー作品の真相にたどり着いて
こんなに心が震えるなんて!

思わずうるっとしてしまう、切なく美しい物語!

『すみれ屋敷の罪人』
著者:降田天
出版社:宝島社(文庫)
価格:¥690(税別)

幽霊屋敷の怪?砂の恐怖!!!『ししりばの家』

映画化された「ぼぎわんが、来る」ほか「ずうのめ人形」
「などらきの首」など、今一番面白恐いホラー作品
を生み出す、澤村伊智さんの最新文庫作品
「ししりばの家」(角川ホラー文庫)を読みました。

読み始めたら、澤村ホラーの世界へどっぷりと
はまってしまい、そこから抜け出せなくなりました。

夫・勇大の転勤で関西から東京に越してきた、果歩。
しかし、東京生活に馴染めず、多忙な夫ともすれ違い、
心は次第にすさんでいった。

そんなある日、果歩は幼なじみの平岩と再会する。
関西弁トークに久しぶりに心がはずんだ。
日曜日に平岩邸に招かれた果歩は、彼の妻や
祖母と交流し心も体も癒された気持ちになった。

だが、平岩邸は何か変だった。あまりにも
心がすさんでいたので果歩は自分がおかしいのか….?
と思ったのだが。
その家は「さあああ~」という奇妙な音がする、
さらに部屋中に砂が散っていた….。

一方、平岩邸を監視する一人の男がいた。
彼は子供のころ、この家に関わったせいで
脳を砂が侵食する感覚に悩まされ、仕事もできず、
家に引きこもっていた。

悶々と日々を送る中、比嘉琴子という女性が
彼の元へ現れる…。

二つの視点から現在と過去の「砂」と「家」の
恐怖が描かれる。
そして、「家」にまつわる不可解な現象を
調べるうちに、恐ろしい事実が判明する!!
この家にはいったい何がいるのか?

また、霊媒師・比嘉琴子が真に己の能力に目覚めた
ストーリーでもある。

恐いけど、もの凄く面白い!

『ししりばの家』
著者:澤村伊智
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥680(税別)

53歳ヒラ刑事、政界に斬り込むか!?「エージェント巡査長真行寺弘道」

榎本憲男さんの「巡査長真行寺弘道」シリーズ第4弾
「エージェント」を読みました。
このシリーズ、他の警察小説とは一線を画す、
独特の世界観がある。そこがたまらなく面白い。

読み進めるうちに、どんどんはまっていく。
真行寺の魅力に引き込まれてしまう。

事件の真相究明のためならば、周りへの忖度など
一切しない、巡査長真行寺弘道。
警視庁捜査一課に所属、53歳で巡査長。
警察官で言うと「超」ヒラ刑事だ。
そんなヒラ刑事が捜査一課にいること自体、異例中の異例だ。
出世することを頑なに拒否する「超」変わり者刑事。
しかし、上司で警視庁刑事部捜査一課課長の水野玲子は、
真行寺を信頼している。
彼の捜査能力、事件の筋読みは他の刑事と比較に
ならないほど優秀だからだ。

「令和」初の総選挙当日、首相の経済政策を批判
した新党が議席を伸ばした。

居酒屋で一杯飲んでいた真行寺は、議席を伸ばす
新党に対して大声で暴言を吐いていた男に気づく。
学生たちがその男に何か文句を言い、殴り合いに発展。
真行寺は仕方なく、110番した。
そして、殴られた男は病院へと搬送された。

翌日、真行寺のもとへ新宿署の家入という刑事から
居酒屋での暴行事件について詳しく聞きたいと
連絡が入った。
暴行された男はケガ自体は問題はなかったが、
今朝、新宿駅のホームから突き落とされ、
轢死したというのだ。
犯人は逃走中とのことらしい。

真行寺は家入とこの事件の捜査を始めるが….。

4弾のテーマは、日本の「政治」と「経済」に
焦点を充てていると思われる。

随所に現政権を連想させるキーワードが
ちりばめられ、さらに揶揄っぽく描いてい
あるので、ちょっとハラハラする。

議席を伸ばした新党の党首こそ、現政権で
絶大な人気を誇る若き政治家がモデル!だと思われる。
超大胆なキャラクター配置!本当に面白すぎる!!

そして、この新党の党首が掲げた政策こそ、重要なキーワード。
「MMT 新財政構造改正法案」。
第2章「暴論のような正論のような」のなかで、
真行寺が、経産省の官僚とこのMMTについて議論
する件が、それこそ暴論なのか?もしかしたら
正論であるかも・・・と思ってしまうくらい、
説得力(?)がある。

面白いだけではない。
この作品、実は今後の日本の行末についてとても
大切なことが暗示されていると感じた。

今のままで本当に良いのか?
表に出ていることだけ見ていれば良いのか?
直視しなければならないのに、避けているのではないか?
そんなことを色々考えさせられた。

平和ボケした私にはちょっと刺激が強かったけれど
読んで良かった。
やはりこのシリーズは凄い!

5巻目はどんな内容なのか?楽しみです!

「エージェント 巡査長真行寺弘道』
著者:榎本憲男
出版社:中央公論新社(文庫)
価格:¥820(税別)

怒涛の誘拐スリラー小説「ザ・チェーン 連鎖誘拐」

英米で大ヒットを飛ばした、今までにない
「誘拐」をテーマにしたサスペンススリラー
「ザ・チェーン 連鎖誘拐」を読みました。

乳ガン再発を恐れながら、ティーンエイジャーの
一人娘を育てる、シングルマザーのレイチェル。

その日も半年ごとの定期検診だった。

不安を抱えつつ病院へと向かうレイチェルの
もとへ何者かから電話がかかってきた。
娘を誘拐した。返して欲しければ身代金を
ビットコインで送金し、他人のこどもを誘拐
しろと指示された。

いたずらに違いないと思ったが、謎の声はさらに続ける。

レイチェルが誘拐した子供の家族が同じように
身代金を払い、その家族がさらに別の子供を誘拐すれば、
娘は生きて解放される。
失敗すれば殺されてしまうというのだ。
そして、この誘拐の連鎖から決して逃れることはできないと…。

警察へは絶対に連絡できない、したら娘の命はない。
恐ろしいほどに頭の切れる犯人が仕組んだ、
誘拐システム。この連鎖誘拐のシステムに組み込まれて
しまったレイチェルは、まったく無関係の子ども
の誘拐計画を練ることに….。

被害者の悲劇と加害者の苦悩、それでも娘の命には
変えられない。
加害者にならざるを得ない、レイチェルの苦渋の決断!
その緊迫感はいやがおうにも増してゆく!

著者は、「刑事ジョン・ダフィ」シリーズの
エイドリアン・マッキンティ。エドガー賞など
ミステリー界では権威ある賞を受賞した実力派。
ドン・ウインズロウも絶賛の傑作。

連鎖誘拐という過去に前例を見ない恐ろしい
けれど斬新な設定にまず驚愕。
いったいどんなことになるのか?レイチェルは
加害者になってしまうのか?その怒涛の展開に
魅了され、先へ先へと促されるように読み進めた。

翻訳もの、さらに上下巻という長さ。
しかし、それを感じさせないストーリー展開の
面白さに絶句する!

前代未聞のサスペンススリラー!!!

『ザ・チェーン 連鎖誘拐 上下』
著者:エイドリアン・マッキンティ著/鈴木恵 訳
出版社:早川書房(文庫)
価格:上下各¥780(税別)

面白すぎる展開!「警視庁53教場」シリーズ最新刊「正義の翼」

「警視庁53教場」は第3弾「聖母の共犯者」が
あまりにも面白すぎた。
第4弾「正義の翼」も期待して読んだところ、
期待以上の面白さで驚愕!!!

平成最後の年、その秋に警視庁捜査一課に
復帰予定の五味。彼にとって最後の教え子
となる学生が入学してきた。

個性的な面々が集まった五味教場。
場長には、父親が国家公務員で正義感
あふれる深川翼を選んだ。

その同じ日の夜、府中市内で交番襲撃事件が発生!
定年間近の警官1人が殺され、五味の教え子が重傷を負った。
警官殺しの犯人を追うとともに、被害者警官の
周辺を捜査する、府中署強行犯係の綾乃たち。
次第に明らかになる真実….。

方や五味教場では、交番襲撃があった日に
場長の深川が学校を脱走したことが発覚。
五味は、深川を追求する。襲撃事件とは
無関係とされたが、五味は深川に違和感を持つ。

五味教場、これまでにない結束の固さ。
だが、この事件をきっかけに綻びが生じてきた。

交番襲撃事件の捜査と、五味教場で
次々と発覚するトラブル。
二つの視点から展開するストーリーは、
これまで五味が経験したことのない、
深くて暗い闇を暴き出してゆく…。

「聖母の共犯者」の面白さを凌駕する第4弾!
シリーズ最高傑作と呼んでも過言ではない!

『正義の翼 警視庁53教場』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥720(税別)