『SRO』『生活安全課0係』に続く新設部署誕生『警視庁SM班』!

富樫倫太郎さんの警察小説、新たなシリーズ登場です。
『SRO』(中公文庫)、『生活安全課0係』(祥伝社文庫)。
どのシリーズもクセ強めなはみだし刑事さんが
集められ、周囲をあっと言わせる大事件を解決しています。

さて、新設部署『SM班』もやはりというか
組織になじめない刑事たちが集まることに
なった。

SM班班長の薬寺松夫は太りすぎでおねえ言葉。
佐藤美知太郎は超優秀な分析官だが・・・。
糸居秀秋は、身体は申し分ないが捜査能力が・・・。
柴山あおいは女だてらに強すぎで・・・・。
そして、田淵ゆたかは・・・・。
最後に新米刑事が一人、白峰栄太は父が警察庁のキャリア。

何だかそれぞれ事情を抱えた者たち。

自己紹介もそこそこに終わり、さあどこから手を
つけようかと思っていた矢先、子供たちが
遊ぶ公園で、得体の知れない不審な男が居るとの
通報があった。

警官が向かい、男に職務質問をかけたが
男は警官の手を振り払い逃げようとした。
警官は男を捕まえるようとしたところ、
男が持っていたリュックが落ち、中から
何かがこぼれでた。
ビニールに入れられたものを
よく見ると、人間の指と耳が入っていた!

猟奇的事件発生!
SM班は配属初日からその事件の捜査を
命じられた。

参考人として引っ張られた男は、アニメの話には
食いつくものの、肝心なことは全く何も話さない。

捜査一課の取調官でも手におえないらしい。

ところが、SM班の佐藤は男の所持品から
男の特性を推察し、行動パターンを分析。
男の素性を明らかにするヒントをつかむ・・・。

そして、SM班は若い女性を誘拐し、人身売買
をしている組織がいるのではないか?
男はその運搬係なのでは・・?
ということを突き止めるのだった。

彼らは独自の能力を活かし、真相に迫る!

クセ強めはみだし刑事たちが集合し事件を解決する
警察小説は、海外ものも大好きだが、このシリーズは面白い!
とにかく、それぞれのキャラが、富樫さんがこれまで描いて
きたシリーズと比較して最も濃い!
特に、佐藤の能力が凄い!
佐藤が導き出す方向に沿って捜査をすれば次第に
真相に近づいてゆくのだ。

その過程が読んでいて非常に面白く、
もうすでにこのシリーズにはまってしまった。

捜査の過程の合間にメンバー個人の事情も
描かれて興味深い。

次はどんな事件が待っているのか?
メンバーたちの事情は明らかになってゆくのか?

すでに発売中の第2弾『警視庁SM班Ⅱ モンスター』
にも期待!次読むぞ~。

『警視庁SM班Ⅰシークレット・ミッション』
著者:富樫倫太郎
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥880(税別)

急転直下!衝撃的すぎる!『紅霞後宮物語 第十一幕』

後宮小説でいま一番ハマっているシリーズの
最新刊、「紅霞後宮物語第十一幕」を読みました。
ありえない展開がもう衝撃的すぎる!

新たな皇族の官吏として登用した茹王。
併せて彼の長女も後宮に入ることになった。
しかし、長女は病死しその代わりに庶子である
妹の茹仙娥を新たな妃嬪として迎えることになった。

文林は、「茹仙娥には手をださない」と
小玉に約束していたのに、茹仙娥が懐妊した。
後宮中は慌ただしい雰囲気に包まれる。

文林は懐妊の件で小玉に弁明に来ることはなかった。
釈然としない小玉。

そんな中、紅霞宮では小玉と女官たちを
謎の体調不良が襲っていた。
療養のため、都を出た小玉たちと入れ替わりに
尚宮の徐麗丹が紅霞宮に入り、原因究明に乗り出す。

姉の代わりに妃嬪として迎えた茹仙娥。
美しすぎる悪女顔に、誰もが疑心を抱いていた。

徐麗丹も、もしかすると紅霞宮の謎の病の
原因は茹仙娥の仕業ではないかと疑ったが、
確実な証拠もなく、じりじりと時間だけが
過ぎていった。

さらに、療養地から都・・・。距離が離れて
いる分、小玉と文林の間の溝も深まってゆく・・・。

また、隣国の寛国皇帝の寵姫である梨妃の
奸計で、康国にただならぬ動きが出始める。
彼女の野心が、文林治める宸国にどのような
影響を与えるのか?

そして、小玉を襲ったありえない事態!!!
思わず本を落としてしまったほどの衝撃!

大波乱の展開になった今作。
十二幕が待ちきれない!

後宮小説の傑作シリーズ!

『紅霞後宮物語 第十一幕』
著者:雪村花菜
出版社:富士見L文庫(KADOKAWA)
価格:¥600(税別)

面白すぎてノンストップ!「逃亡刑事」

中山七里さんの警察ミステリー「逃亡刑事」が
面白すぎて止まらなかったです!

中山作品の中でも特に、
悪徳弁護士・御子柴シリーズや
渡瀬警部補、犬飼刑事が登場する
警察小説が大好きですが、
「逃亡刑事」の主人公、高頭冴子警部の
キャラが際立っていて、彼らがかすんで
しまいそうです!

千葉県警捜査一課で検挙率トップの班を
率い、アマゾネスと異名をとる、
強行犯係の係長の高頭冴子警部は、
正義感が強く、信念もって捜査にあたる
絶対的な上位下達で係をまとめる。
捜査能力にも長け、部下からの信頼も厚い。
身長180㎝、柔道・剣道いずれも強い
そんじょそこらの男どもなど朝飯前に片付ける!

施設に預けられ、そこで子供たちを指導する
教官に虐待をされた8歳の少年は、母親に
会うため、施設を脱走する。
その途中、少年はとんでもないものを目撃する!
危険な目にあいそうだったが、なんとか
その場を逃げ切った。

少年が脱走した翌日、閉店したカーディーラーの
店舗内で、単独で麻薬密売ルートを探っていた
刑事の銃殺死体が発見される。

捜査にあたったのは、高頭班。
高頭は広域暴力団宏龍会の幹部・山崎と
交渉し、麻薬ルートの情勢を探った。
山崎によると、謎の麻薬ルートがあるという。

事件を目撃した少年は、犯人の顔を見ていた。
少年の証言を参考に、押収物を調べると
千葉県警がぶっ飛んでしまうくらいの
危ない事実をつかむ。

ところが、事件の真相を知った高頭は、
真犯人に嵌められ、警官殺しの汚名を着せられる。
自分の無実を証明できるのは、その殺人を目撃
した8歳の少年ただ一人!

高頭は少年を連れ警察組織から逃亡する!
県警内部を敵に回し、高頭は逃げ切れるのか?

アマゾネス・高頭警部があまりにもかっこいい!
警察の正義のために命の危険も顧みず、真相を
暴こうとする姿勢に拍手喝采!

また、二人が逃亡中に出会う人情厚い人々が
彼女たちをサポートする。
何が正しくて、何が悪なのか?
高頭は彼らとの出会いの中で人間として
警察官として成長するのだ。

めちゃめちゃ面白く、時間を忘れて読み
ふけりました。
高頭班の活躍、もっと読みたいです!

『逃亡刑事』
著者:中山七里
出版社:PHP研究所(文庫)
価格:¥780(税別)

天久鷹央シリーズ長編第2弾「幻影の手術室」がたまらなく面白い!

天久鷹央シリーズの長編ものです。
短編も面白いのですが、長編好きにはたまりません!
読み始めたらすっかりはまってしまいました。

外科医を辞め、内科医として新たな
道に進もうと、天医会総合病院に勤務
する小鳥遊(たかなし)優。
空気が読めず、人とコミュニケーション
をとることが苦手、しかし日本最高峰の
頭脳を持つ天才女医、天久鷹央。

この二人は、警察に協力し多数の難事件を
解決に導いている。
だが、警察は必ずしも二人の協力を喜んではいない。
なぜならば、警察を無視し天久が勝手に
動き出すからだ。
それを止めるのは小鳥遊だが、天久が事件に首を
突っ込んだら絶対に最後の最後までやり通す!
警察にしてみれば、迷惑この上ない話だが、
結局鮮やかに事件の真相を暴くのはいつも、天久鷹央だ。
彼女は「謎」を解決するのが生きる喜びなのだ。

そんな二人の元へまたしても不可解な殺人
事件のニュースが飛び込んできた!
天医会総合病院とも関わりの深い、清和総合
病院の手術室で麻酔医が変死した。
記録用のビデオには、見えない誰かと必死に
格闘しその末に絶命した麻酔医の姿が映っていた。

手術室は密室になっていて、他の人間がいたと
という事実はない。
当時、その手術室にいたのは術後の全身麻酔で
身動きのとれない患者のみ。

しかし、警察はビデオに映っていた麻酔医の
奇行を一切捜査せず、そこにいた術後の
患者が容疑濃厚とし、病室の監視を始める。

その患者とは、天医会総合病院の統括診断部
で勤務する予定の研修医・鴻ノ池舞だった。

天久は舞にかかった容疑を晴らすため、
小鳥遊を清和総合病院に派遣することを
思いつく。

またまた天久の強引極まりない行動に
振り回される小鳥遊だったが、今回だけは
納得して清和総合病院の勤務についた。

回診のふりをして舞の病室で話を聞く小鳥遊。
そして、他の医者からも殺された
麻酔医のことをさりげなく聞いた。

さらにこの病院では、奇怪なことが起こっていた。
透明人間が現れる。カートがひとりでに動く。
ドアが勝手に開く・・・などなど。

天久は病院内で起こったことについて
様々な角度から推理を広げてゆく。

その手術室でいったい何が起こっていたのか?
そして、麻酔医を殺害したのは誰なのか?

詳細に実にリアルに描かれる事件の様相。

そしてバラバラだと思われた怪奇事件が
一つに繋がると思わぬ真相が見えてきた!

現役医師だからこそ描けた!なるほど
そういうことだったのか!!!
膝を打ちたくなるほど見事な解明。

素晴らしい!面白いとしか言いようがない
傑作医療ミステリー。

次の「甦る殺人者」も楽しみ!

『幻影の手術室 天久鷹央の事件カルテ』
著者:知念実希人
出版社:新潮社(新潮文庫nex)
価格:¥590(税別)

再雇用の敏腕警察官が活躍!「再雇用警察官」

以前、姉小路祐さんの「署長刑事」シリーズや
「刑事長」シリーズを読んでとても面白かった
ので、新作「再雇用警察官」を発見したとき
思わず手に取っていました。

定年後、雇用延長警察官として勤務を
続けることになった、安治川信繁刑事。
新しい配属先は、生活安全部消息対策室。
簡単に言うと、行方不明人捜査官。

結構意気込んでいたので、「あれッ?」
って感じの肩透かしをくらった。

対策室のメンバーは、室長で警部の芝、
女性捜査官の新月良美巡査長と安治川の3人だ。

早速、家出人捜索の案件が舞い込んだ。
夫が書置きを残し、家を出たので探して
欲しい。夫が家を出てから脅迫電話が
かかってきた云々。
夫は妻に内緒で会社を退職し、退職金をもって
家を出た。どうも妻はこの退職金に未練が
あるらしい。
安治川は、脅迫電話がかかってきたことで、
夫が事件に巻き込まれたかもしれないと判断し、
調査をしたが結果は事件性らしいものはなく、
冷たい妻に嫌気がさし覚悟の家出と見た。

ところが、その家出した夫の水死体が上がった。
早速、妻や夫の友人に確認したが、なんと別人だった。

家出をした夫には若い女の影・・・。
夫の保険証を持ったまま水死体であがった
死体はいったい誰なのか?
調べれば調べるほど謎は深まるばかり!
しかし、本当の夫の死体が山中から発見された
ことで、捜査は急展開!
安治川の刑事の勘が冴えわたる!

再雇用なので、給料は激減する。
身分は一応巡査部長待遇?と曖昧だけれど、
昇級降級無関係!だから、ちょっとくらい上の
意向に逆らっても、多分処分や意地悪な異動
などもほぼない。
現役時代より仕事がやりやすい!
敏腕刑事だった頃培った人脈を活かし、
忖度なしの捜査で難事件を解決する!

いや~気分がスカッとします。
再雇用警察官だとか言ってなめるなよ~
ベテランだからこそ、出来ることがある!

6月5日に『再雇用警察官 いぶし銀』が
発売されました!どうも後妻業の話らしい
面白そう!!!

『再雇用警察官』
著者:姉小路祐
出版社:徳間書店(文庫)
価格:¥730(税別)

烏妃、暗殺か!?急展開の「後宮の烏4」

シリーズを重ねるごとに面白さが益す、
白川紺子さんの「後宮の烏」。
シリーズ第四弾を読みました。

三巻では、皇帝・高峻が、寿雪を「烏」
から開放する一筋の光明を見出すが・・・・!

高峻の妃・鶴妃の元へ、実家の父
から警告が届けられた。
沙那賣一族のため、「烏妃には近づくな」と。

鶴妃にとって、烏妃・寿雪は唯一心を
開くことのできる友だったのに・・・。
父の言葉は絶対だ。鶴妃は従わざるを得なかった。

泊鶴宮の蚕室に幽鬼が現れ、大切な繭がなくなった
と訴える宮女。

内侍省の宦官が殺害された。その容疑が、
寿雪の護衛の一人、淡海にかかる。
淡海は容疑を否認するが。

洪濤殿書院に幽鬼が現れる。特に害は及ぼさないが、
自分の書写を探しているという。
寿雪が調べると、その幽鬼は支給された文具を
横領し、当時の皇帝の怒りをかい即刻死罪になっていた。
しかし、それは冤罪だったという。
では何が原因だったのか?
書写してはいけないものを写してしまったのか?

数々の事件を解決に導く烏妃・寿雪だったが、
何者かの罠にはまってしまう!

「烏妃は一人で在るもの」という烏漣娘娘
の言いつけに背き、寿雪の周りには
寿雪を慕う者たちが集まってきている。

そして、淡海に殺人の容疑がかかったことで、
己が誰かを守る立場になったことを痛感する。

鶴妃の父の陰謀が次第に明らかになり、
さらに「八真教」の教祖が姿を現す。

烏妃・寿雪をなき者にしようとする動きが!

どうする寿雪、高峻!!!

益々期待が高まる「後宮の烏」第5巻!

『後宮の烏 4』
著者:白川紺子
出版社:集英社オレンジ文庫
価格:¥610(税別)

珠玉の警察小説アンソロジー『刑事の灯』

好きな警察小説作家さんたちの名前が
目に留まり、思わず買ってしまいました。
『刑事の灯』(双葉社文庫)
麻見和史さん、沢村鐵さん、藤崎翔さん、吉川英梨さん。

ワクワクしながら読みました。

1『星の傷痕』麻見和史

刑事なのに「黒星」という苗字にいつも
からかわれる、黒星達成。
変死体が出たと臨場要請があり現場へ到着すると、
男性の遺体には、星の形をした傷痕があった。
猟奇殺人なのか?
捜査は難航するな・・・と思った黒星とコンビを
組んだのは、元気な女性警官・白石雪乃だった。
雪乃の前向きな捜査で、意外な真実が明らかになる。

2『道案内 警視庁捜査一課・小野瀬遥の黄昏事件簿』沢村鐵

このタイトルをみると「警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結」
とか「クラン警視庁捜査一課・晴山旭の密命」を彷彿させる。
不可解な女児誘拐事件が発生!
捜査会議では晴山旭主任刑事が焦りを募らせていた。
新人刑事の小野瀬遥は、警察組織存続の危機を招いた
重大事件を解決に導いた一人が晴山旭だと聞いて
いたので、そのギャップにちょっと面食らっていた。
晴山のために少しでも早く子どもを見つけたい・・・。
そんな遥はある日不思議な派出所に行きつく。
そこで出会った若き警官に「女の子は必ず見つかる」と
励まされるが・・・・。
この話、「クラン」シリーズを最後まで読んでいると
警官が誰なのか?わかるはず!

3『読心刑事・神尾瑠美』藤崎翔

藤崎さんは、元芸人ということもあり、とても
面白いミステリー小説を描く。
今回は人の心が読めてしまう女性刑事が主人公。
その女性刑事がいる班へと異動させられた
根津刑事の苦悩・・・。そして、
読心術ですでに事件の犯人がわかっているけれど、
証拠がない。どうする!?
事件解決へのストーリーがユーモアたっぷりに
描かれる。

4『ファーストレディの黒子』吉川英梨

総理大臣の妻が、部下の男と密会中腹上死した。
連絡を受けた「十三階」の古池は、上司の栗原に
スキャンダルを避け、ファーストレディの
死を「名もなき戦士団」のテロに見せかけるよう
指示される。その助っ人に古池が選んだのは、
公安一課三係長・広田達也だった。
なんと「十三階」シリーズと「原麻希」シリーズの
コラボだ!ファンにはたまりません!
そして二人が暴いた真実にぶっ飛ぶ。

短編だからこそ描けた、作家さんからファンへの
サービス精神てんこ盛りのアンソロジー集です。

『刑事の灯』
著者:麻見和史・沢村鐵・藤崎翔・吉川英梨
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥600(税別)

映画館で映画を観たくなった・・・。『任侠シネマ』

今野敏さんの「任侠」シリーズの最新刊が
出ました!!
「任侠書房」「任侠学園」「任侠病院」
「任侠温泉」に続く、第5弾「任侠シネマ」です!

一本筋の通った任侠道で、数々の組織を
建て直してきた、阿岐本組。
今度は、映画館の建て直しに奔走する!?

阿岐本組組長の弟分・永神がまたしても
仕事を持ってやってきた。
阿岐本組の代貸・日村は心の中でため息をつく。

永神は、映画館の建て直しに力を貸してほしい
と阿岐本に頼み込む。
その映画館は、不動産会社が経営しているが、
映画館の客足が遠のき、営業が難しく
なっているため、閉館しようとしていた。
ところが、その映画館のファンクラブが
閉館を反対しているとのことだった。
不動産会社の社長も、映画館を閉館してしまうのは
残念だと思っているようだ・・・。

阿岐本はその社長に会って話を聞くことに。

社長の話を聞いたあと、阿岐本は日村を誘って
リバイバル上映されていた、高倉健の任侠
映画を観る。
映画館で映画を観るのはいいもんだよな~とつぶやく。
日村は映画館で映画を観たことがなかったが、
健さんの映画にどっぷりはまってしまった。

映画館は素晴らしい。建て直すところはない。
では何が問題なのか・・・・?

この問題を解決したのは、今までパソコンに
しか興味がなかったテツの言葉だ。
テツは不器用な言葉で阿岐本や日村に訴えかける!
このテツの言葉が心を打つ!!!
素晴らしい!泣ける!思わず泣いた。
「形だけのイベントなんてやっても人は集まらない。
やっている人が楽しいと思わないとだめなんだ!」

いつものように、やっぱり悪い奴は登場するが、
今までの任侠シリーズと一味違う「任侠シネマ」だ。

また、暴対係なんだけど頼りない甘糟刑事が
今回はちょこちょこ顔を出す。
新しい係長が非常にヤクザに厳しいのだ。
お店にヤクザと関わるなと過度な指導をしたせいで
阿岐本組の面々はご飯にありつけない。
配達してもらえないからだ。
そんな中でも、阿岐本組に世話になった大将たちが
新参者の暴対係の係長など無視して配達してくれる
シーンはじ~んとする。

やっぱりこのシリーズはほんとに面白い!
どのシーンも爽快な気分にさせてくれる。
そして、読み終わった後、無性に映画館に
行きたくなりました。

『任侠シネマ』
著者:今野敏
出版社:中央公論新社
価格:¥1,500(税別)

学校が地獄と化す!学園サスペンス『暗鬼夜行』

「機龍警察」シリーズで人気の月村さん。
最近はこのシリーズ以外で話題作が多く
なってきています。「東京輪舞」「悪の五輪」
「欺す衆生」など強烈なエンタメ作品が
印象に残ります。

今作「暗鬼夜行」(毎日新聞出版)は、中学校が舞台。
学校内の様々な問題を背景に、ある事件で
何者かの「悪意」が学校中を恐怖に
陥れる、そんな物語です。

小説家を目指していた汐野由悠紀夫だったが、
その夢を半ばあきらめ、中学校の教師になった。

読書感想文に力を入れているこの中学校で、
汐野はその指導にあたっていた。
彼が学校代表として推薦した女子中学生の
読書感想文について、SNS上で盗作疑惑が浮上した。

いったい誰が告発したのか?

この事件を発端に次々と告発が続き、
生徒の間では小さなパニックが広がっていった。

それは、学校内だけにとどまらず
教育委員会、政治家たちも巻き込み
騒動は過熱していった。

子どもたちは大人の思惑に翻弄され、
傷つき、疲弊してゆく。

そういう状況の中で教師たちは、生徒を
傷つけまいと必死になる。

しかし、そうした教師たちをも惑わせるこの事件。
姿を現さない不気味な告発者の影に踊らされ
学校内は地獄と化してしまう。

汐野が生徒のためにと起こした行動はすべて
裏目にでてしまい、彼が精神的に追い詰められて
行く過程は、息が詰まるようだ。

人間の嫉妬が次第に肥大し、憎悪へと変わる。
そしてそれは「悪意」となって一人の人間を
破滅に追いやるのだ。

教育現場の圧倒的リアルを背景に、人間の
心の闇に迫った、異色の学園サスペンス。

『暗鬼夜行』
著者:月村了衛
出版社:毎日新聞出版
価格:¥1,800(税別)

美貌の元弁護士が難問を解決!「合理的にありえない」

「検事・佐方貞人」シリーズや「孤狼の血」、
「盤上の向日葵」「慈雨」次々とヒット作を生む
柚月裕子さんの文庫新刊「合理的にありえない」
を読みました。

5作の短編を収録。
短編での凝縮された面白さが際立っている!

ある事件で、弁護士資格を剥奪された
上水流涼子は、頭脳明晰な貴山を助手に
探偵エージェンシーを立ち上げた。

請け負う仕事は、ちょっとヤバそうな
仕事。しかし傷害と殺人は絶対に受けない。
それがルールだ。

「確率的にありえない」は、
未来が見えると言い切る怪しげな経営コンサルタントに
騙される、会社社長の物語。
涼子と貴山のコンビがそのコンサルタントに仕掛けるが。
最後に涼子が会社社長に言った一言にハッとする。

「合理的にありえない」は、
バブル期に儲けた資産で悠々自適の生活をおくる夫婦。
しかし、妻の金遣いが荒くなり、夫は激怒。
妻はいったい何にお金をつぎ込んだのか?
夫婦とは何かを考えさせられる。

「戦術的にありえない」は、
賭将棋で必勝を期すヤクザが登場。ここは貴山の出番。
どのような手を使って、勝たせるのか?
ハラハラドキドキワクワクの展開が待っている。
「盤上の向日葵」に賭将棋のシーンがある。
繋がっている~とうれしくなった。

「心情的にありえない」は、
上水流涼子が、弁護士資格をはく奪された過去と
貴山との出会いが描かれる。
上水流がなぜ弁護士資格をはく奪されたのか?
その謎にも迫り、ミステリーとして読みごたえがある。

「心理的ありえない」は、
野球賭博に絡んだトラブル。「弧狼の血」で
暴力団の抗争を描いた著者だからこそ描けた
ギャンブルの闇。賭け方の詳細が非常にリアル。
この回も貴山の仕事が際立っている!

美貌の元弁護士と切れ者の助手のコンビが、
クールにスタイリッシュに、そして時に非情な
手段で依頼人からの難題を解決してゆく。

殊に欲にまみれた輩や人の痛みがわからない
輩への仕掛けは容赦がない。

読後の爽快感が半端ない!著者の魅力が全開の
痛快エンターテインメント小説。

『合理的にありえない 上水流涼子の解明』
著者:柚月裕子
出版社:講談社(文庫)
価格:¥700(税別)