とっておき今野敏先生の傑作、痛快伝奇小説『わが名はオズヌ』

はまさきが今野敏ワールドにはまるきっかけとなった作品です。小学館『わが名はオズヌ』。
どう説明したら良いのか!?とにかく痛快無比な面白さです。

修験道の祖・役小角(えんのおずぬ)が、現代の高校生・賀茂晶に転生し、世直しをする!!
奇想天外なストーリーだが、なぜかこういうことがあったら、世の中がはどう変わるだろうと思ってしまう。オズヌが転生した賀茂晶に警察や政治家、さらに極道さえも振り回されるのだ。

賀茂晶は、普段はものすごく人見知りでおとなしい。どうかするといじめの対象になるのではないかと心配してしまうくらい個性がない。しかし、あることを機会に一変する。

役小角は、平成の闇を打ち破るべく、賀茂晶に転生し、圧倒的な非道の力で迫る権力に立ち向かうのだ。
彼に従うのは、賀茂の同窓で元暴走族のトップの赤岩。役小角の後鬼(ごき)が赤岩に転生したものだ。
彼らが正義のために使う呪術パワーには誰も逆らうことが出来ない。その描写がすごくかっこよくて面白い。そして「わが名はオズヌ」という決め台詞にちょっと酔ってしまう。

荒廃した学園を廃校にし、ニュータウン建設を謀る利権政治家とゼネコンの策謀に闘いを挑む、オズヌこと高校生・賀茂晶とその仲間たち!!十七歳の反乱が、利権にまみれた大人たちに一矢報いることができるのか!!
修験道について、古代日本についても詳しく描かれている。読んでいてとにかく面白い、キャラクターが生きている!そしてめちゃめちゃかっこ良い!!!

今野先生の描く伝記小説はほんとに面白いです。痛快無比な面白さとはこういうものを言うんです!読み終わった後の爽快感がたまりません!

『わが名はオズヌ』
著者: 今野敏
出版社:小学館
価格:¥695(税別)