今野敏さんの本格的インテリジェンス小説「キンモクセイ」は緊張感が半端ない!

今野敏さん新刊「キンモクセイ」は本格インテリジェンス
警察小説ということで、ワクワクしながら読みました。

法務官僚の神谷道雄が殺された。

警察庁警備局の隼瀬は、神谷が日米合同委員会に関わって
いたことと“キンモクセイ”という謎の言葉を
残していたことを探り当てる。

そして、神谷殺害事件について専任捜査を命じられる
隼瀬だったが、警視庁は突如捜査本部を縮小、さらに
公安部も手を引くことになった。

やがて、隼瀬の協力者で後輩の岸本行雄の自殺死体が発見される!

コードネーム「キンモクセイ」をめぐる「闇」と
日米合同員会の不可解な動き、そして公安組織「ゼロ」の暗躍・・・。
一体何が起こっているのか?

隼瀬は、同僚の水木とともに事件の真相を探ろうとするが・・・・。
触れてはならない「なにか」に触れたことで追われる隼瀬。

誰を信じていいのかわからない。しかし自らの命を守るため、
何が出来るか?をつきつめ、命をかけて警察官として
正しいことを成そうとする、隼瀬の姿が胸を打つ。

隼瀬逃亡の過程は、ハラハラドキドキもので、
無事に事件が解決することだけを祈ってしまう。
また、警察官僚として隼瀬が成長し覚悟してゆく過程も素晴らしい。

緊張感MAX!手に汗握る
著者初の警察インテリジェンス小説!

『キンモクセイ』
著者:今野敏
出版社:朝日新聞出版
価格:¥1,600(税別)

新シリーズ始動!事件を呼ぶ男、ベテラン刑事・岩倉剛

大好きな「アナザーフェイス」シリーズが完結し、
ちょっとさびしい思いをしていたら、新シリーズ
始動です!
定年まであと10年のベテラン刑事・岩倉剛シリーズ。
渋い警察小説!ワクワクです。

定年まであと10年と迫った、ベテランの刑事、
岩倉剛は、捜査一課から南大田署へ異動になった。

上司は年下で元部下というベテランではありがちな
パターン。挨拶もそこそこに、同じ頃配属された
元交番勤務の女性刑事・伊東彩香を相棒に充てられ、
二人で管内を巡回、そこに独居老人が殺されたと
連絡が入った。

捜査本部のたつ重大な事件が起きないところを望んだ
はずだったのに・・・・。
岩倉が行く先々で事件が起きる!

伊東と二人で捜査に加わったところ、今度は
新聞記者の自殺が発覚する!
二つの事件に関連はあるのか?

プライベートに何かと問題を抱えた岩倉。
定年まであと10年というところで、心機一転、
所轄へと異動した。
そこで彼は後輩刑事に刑事のイロハを教える。
それを実地でこなしながら、事件解決に向けて動く。

暑苦しいイケイケの刑事が多い中、岩倉の
力みのない感じが良い!また後輩に気を遣う
ところなど、人間味あふれた岩倉の魅力に
はまってしまう。

今後、どんな事件を呼び込んでくるのか?
また、彼の突出した記憶力が事件解決にどう繋がるのか?
読むのが楽しみになる!

すでにシリーズ2作目が2019年3月に発売予定!

『ラストライン』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥750(税別)

警視庁犯罪被害者支援課シリーズ最新作「影の守護者」

堂場先生の人気警察小説シリーズ、
「警視庁犯罪被害者支援課」。犯罪被害者に寄り添う
警察官たちの優しさ、温かさが描かれ毎回感動します。

この最新作「影の守護者」は、シリーズの中でも
かなりミステリー色が強く面白い作品。

交番で警察官が射殺された。被害者は益田護。
長年交番勤務を務め、地域住民から信頼が篤かった。
早速、支援課にも出動要請がかかった。
益田には捜査一課に勤務する息子・智樹いた。

父を殺した犯人を自分で挙げると息巻く智樹。
村野はそんな智樹の暴走を何とか止めようとした。

捜査をすすめてゆくと事件に使われた拳銃は、
5年前の交番襲撃事件で奪われた拳銃だと判明する。

捜査一課からもやっかいもの扱いされるように
なった智樹に、村野は二人だけで秘密の捜査を
することを提案する。

5年前の交番襲撃事件と、今回の警察官射殺事件・・・
二つの事件の間には一体何があるのか?
二人の秘密捜査で浮かび上がった疑惑とは?

事件の謎に挑む、二人の刑事。
怒涛の展開と警察官として信じがたい真相、
そしてクライマックスのどんでん返しに言葉もない!

面白さが半端ない警察ミステリーの傑作!

『影の守護者 警視庁犯罪被害者支援課5』
著者:堂場瞬一
出版社:講談社(文庫)
価格:¥840(税別)

警視庁53教場第2弾!「偽弾の墓」

「女性秘匿捜査官・原真希」、
「警視庁女性犯罪捜査班 警部補・原真希」、
「新東京水上警察」など、とても面白い警察小説
シリーズを描いている吉川英梨さん。

新刊は、「警視庁53(ゴーサン)教場」の第2弾
「警視庁53(ゴーサン)偽弾の墓」。
このシリーズも非常に面白いです。

警察学校を舞台に教官たちの奮闘を描く、警察ミステリーです。

元プロ野球選手、ガンマニア、助教官に恋する
女性など、超個性派揃いの学生を受け持つ、
53(ゴーサン)教場の教官・五味。
同期の高杉教官とも切磋琢磨しながら、警察官を
育てるべく日々奮闘している。

そんなある日、多磨霊園で射殺体が発見された。
捜査をしてゆくと、警察学校の生徒に容疑が
かけられてしまう!

五味は教え子を守るべく「53教場40名全員卒業」を
目標に事件解決を目指す。

厳しい授業に耐えられず落ちこぼれる生徒、
厳し過ぎる教官・・・。警察学校の描写がとてもリアル。
(特に模擬捜査の過程は面白かった。)

さらに、ミステリー小説としても読み応え
たっぷりで真相解明のくだりは圧巻!

また登場人物もかっこいい。
特に五味と高杉の仲の良さには思わずほっこりしてしまう。
しかし、五味には高杉に言わなければならないことが・・。

今後の展開がとても気になる作品!

『偽弾の墓 警視庁53(ゴーサン)教場』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥720(税別)

面白さが半端ない!「人さらい」

久しぶりに、わくわくする警察小説を読みました。
翔田寛さんの『人さらい』(小学館)です。

乱歩賞受賞作の「誘拐児」や
WOWOWでドラマ化された『真犯人』
など、誘拐をテーマにした作品が目立ちます。

そして、新刊『人さらい』は『真犯人』を
超える傑作!

静岡県浜松中央警察署管内で、小学校4年生の女児が誘拐
された。父親は大手銀行の支店長だ。
身代金は1億円。
少女の命は!?事件は無事に解決するのか!?

冒頭から中盤までは、身代金を持った母親を乗せたタクシーを
必死で追跡する刑事たちの姿が描かれる。
次々と変わる犯人の指示に翻弄される捜査員たち。
綿密に練られた誘拐計画に、捜査員たちはなす術もない。
そして、事件は最悪の結末を迎えた・・・。
犯人によって爆破されたタクシーの中に、少女の遺体が!?

身代金は奪われ、少女を死なせてしまった!
これ以上ない失態に静岡県警はめんつにかけて、犯人逮捕を掲げた。
捜査員たちの地を這うような捜査で明るみになる
被害者の父親の所業。それゆえに深い恨みをかったの
ではないかと推察、次第に犯人像が絞られてゆく。

だが、県警の日下は違和感を抱いていた・・・。

リアル過ぎる警察捜査の描写に鳥肌がたった。
そして、最後の大逆転で真犯人たどり着く過程は、
ミステリーの王道だ!
最初から最後まで読者をあきさせない展開に
この作品の凄さをひしひしと感じた。

『人さらい』
著者:翔田寛
出版社:小学館
価格:¥1,500(税別)

新展開!?「法医昆虫学捜査官 紅のアンデッド」

大人気警察小説シリーズ「法医昆虫学捜査官」。
最新作は「紅のアンデッド」です。

事件現場に残された、3人の切断された左手の小指。
死体なき殺人事件に、岩楯刑事と新たに組織された
「捜査分析支援センター」の赤堀博士と
プロファイラー・広澤春美が挑む!

古い一軒屋で発見されたのは、3人の切断された
左手の小指と、大量の血痕。

真夏の盛り、岩楯刑事と相棒の鰐川は近所の聞き込みを
続けていた。
捜査本部の方針はとんでもない方向へと向かいつつある。
1ヶ月間、なんの手掛かりもない。捜査は完全に
行き詰まっていた。

新しく組織された、「捜査分析支援センター」で
昆虫学者の赤堀は正式採用となり、さらに
プロファイラーの広澤春美を置いた。

赤堀は、3人の切断された指のうち1本に出現した
昆虫の大きさが違うという。なぜなのか?
ここに大きなヒントが隠されているのではという。
だが、プロファイラーの広澤が出した犯人像は
捜査本部が納得できるようなものではなかった。
しかも、過去に同様の事件がおき未解決に
なっているとの指摘付きだ・・・。

岩楯刑事たちも、二人の分析結果をすべて鵜呑みに
したわけではない。
しかし赤堀がこれまでやってきた昆虫の生態からの
犯人像の割り出しは、成功といって良いし、
広澤の心理学者としての怜悧な分析は、
先の見えない捜査にはプラスにはなるはずだ。

岩楯たちは聞き込みを続けていった結果、
これまでの聞き込みでは出てこなかった
事実に辿りつく。
それは、事件のあった夫婦に関することだった。
その夫婦には秘密があったらしい・・・。

岩楯たちの聞き込みと、赤堀たちの動きで、
人間たちの闇が次第に明らかになってゆく。
その過程が非常に面白い。
人間のエゴが究極の事件を生んでゆく・・・。

また、赤堀の過去が少しずつ明らかになる今作。
あの並外れた明るさと空気の読めなさは
どんな過去から来ているのか?

今回も犯罪現場に蠢く虫たちが事件の真相を暴く!
しかし一筋縄ではゆかない。
さらに、プロファイラーの着眼点も加わり、
面白さが増している。

新たな組織で次はどんな事件と出会うのか?
楽しみです!

『紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官』
著者:川瀬七緒
出版社:講談社
価格:¥1,500(税別)

‘超’本格警察小説「警官の掟」

佐々木譲さんの「警官の掟」を読みました。
久しぶりに事件捜査の面白さを堪能しました。

東京湾岸で男性の射殺死体が発見された。
被害者は暴力団幹部。
蒲田署では、刑事課と組織犯罪対策課で捜査を開始。
暴力団関連のイザコザが原因ではないかと読んでいた。

波多野は、巡査時代に遭遇した事件で死にかけたが
一命をとりとめ、蒲田署の刑事課にいた。
波多野はベテラン刑事の門司と組んで、半グレの
捜査にあたった。

一方、波多野と同期で警視庁捜査一課の松本は、上司の管理官から
蒲田署で起こった暴力団幹部殺人事件の死体検案書に
不審な点が発見されたことから、内偵の密命が下される。
所轄より先に犯人を挙げる!
松本は相棒の先輩刑事・綿引とともに過去の事件から
あたっていった。

捜査線上に浮上する女医の不審死、中学教師の
溺死、不可解な警官の名前・・・。
これら一見バラバラに思えた事件が一本の線に繋がった時、
背筋が凍る真相にぶち当たる・・・・。

二組の捜査からやがて事件が一つに繋がる・・・。
その展開の面白さと、地道な警察捜査の描写が
非常に重厚でリアル。さらに、刑事のお手本の
ような人物描写が見事!

直木賞作家が描いた、究極の警察小説です!

『警官の掟』
著者:佐々木譲
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥840(税別)

「孤狼の血」続編!「凶犬の眼」は心に沁みる傑作。

柚月裕子さんの小説「孤狼の血」が映画化され、
公開日が(5/12)に迫っています。
ハマサキも観に行くつもりです!!
ものすごく楽しみです。
その「孤狼の血」の続編が発売されました。
「孤狼の血」で熱い刑事・大上の部下だった
日岡刑事が主人公の「凶犬の眼」です。

前作で、主人公だった呉原東署の暴力団係班長・
大上の遺志を継いだ、日岡刑事だったが、
暴力団の抗争事件で、日岡が上層部の意向に背いた
ため、比場郡城山町の山奥の駐在所に飛ばされてしまう。

平和でのどかな村の駐在所。そこでの穏やかな日々
に虚しさを感じている頃、懇意にしている
ヤクザから建設会社の社長として紹介された男が、
敵対するヤクザの組長を暗殺したとして指名手配に
なっている男だと気づく。

日岡は、逃亡中のこの男を逮捕したら、刑事として
現場復帰できるかも知れないと目論むが、男から
「もう少し時間がほしい、やることやったら、あんたに
手錠をはめさせたる」と言われる。
日岡の心のうちなどすでに見透かされていた。
大上を思い出させるこの男になぜか惹かれる日岡。
男を信じてみようと思うのだった。
そして、日岡の決意が男の心を動かしてゆく。

前作では大上班長が絡む、ヤクザ同士の激しい攻防の
中に否応なく巻き込まれていく日岡が描かれていたが、
今作は日岡の成長と男との絆、昔気質のヤクザの生き方が
描かれる。

男たちの生き様が心に沁みる、警察小説の傑作!

『凶犬の眼』
著者:柚月裕子
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600(税別)

「アゲハ」の戦慄再び!『警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希 蝶の帰還』

女性刑事が主人公の大人気警察小説シリーズ
「女性秘匿捜査官 原麻希」。
その続編とも言うべき新たなシリーズ
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」。
こちらも非常に面白い!!!
すでに4冊が発売中で、最新作は「蝶の帰還」です。

捜査のためなら、猪突猛進!
天才的刑事の感とキレッキレッの洞察力で
事件の本質を見抜く原麻希。
旦那は元公安刑事、15歳も年上ですでに退職。
しかし、今作はこの旦那が現役の公安刑事として
活躍した暗い過去も登場。妻には言えない秘密が
あった。

警視庁捜査一課の広田は娘の授業参観のあと、
下北沢で女性遺体が見つかったと連絡が入る。
急遽現場に駆け付けた広田は、そこが以前、
原麻希とともに巻き込まれた殺人事件の
現場だと気づく。
妙な胸騒ぎを感じる広田・・・・。
すると今度は広田の娘が何者かに誘拐されてしまう!!

すべてが8年前の「アゲハ」事件と酷似していると
気づく・・・。
アゲハの再来なのか・・・?

警視庁は広田の娘を誘拐した犯人が「アゲハ」で、
秘かに日本にもどっていたアゲハが再び国外逃亡を
企てていると推察する。さらに「FBI」施設への
テロを計画しているという疑いも出てきたため、
公開捜査に踏み切った。

一方、広田と麻希は別ルートでアゲハの行方を
追っていた。そしてついにアゲハの元に
辿り着く!
だが、そこには想像を絶する展開が待っていた!

アゲハこと、戸倉加奈子が再び登場。
8年前に逮捕されたあと彼女がどうなったのか?
麻希の夫、原則夫はどう関わったのか?
彼らの秘密が暴かれる。

すさまじい疾走感で怒涛の展開を見せる。
アゲハと麻希の対決。
2転3転する事件の真相。
その面白さはクライマックスまで止まらない!

シリーズ最高傑作!

『警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 蝶の帰還 上下』
著者:吉川英梨
出版社:宝島社(文庫)
価格:上下各¥590(税別)

大友鉄‘最後’の事件!?『闇の叫び アナザーフェイス9』

「アナザーフェイス」シリーズは、堂場先生が描く警察小説シリーズ
の中で一番好きな作品です。
先月、最新作が発売。なんと!刑事総務課の大友鉄が臨む最後の事件!
「闇の叫び アナザーフェイス9」です。

このシリーズは、大友鉄が助っ人で事件の捜査を行う
過程と彼のプライベートな物語が並行して描かれ
毎回楽しみな作品です。
大友と息子・優斗との絆、息子の成長に日々とまどう
父としての姿にいつも胸がキュンとなってしまいます。

警視庁刑事総務課に所属する大友鉄は、元捜査一課の刑事。
妻を亡くし、息子を育てることになった大友は、定時に
帰ることのできる部署へ異動することになった。
しかし、彼の優れた捜査能力を買っている上層部は、
何かあると、大友に現場(強行犯系)の応援をさせていた。

しかし、今回は大友自らが事件の端緒をつかみ捜査に参加する。

ある日、息子のかつての同級生の母親から不穏な連絡が
入った。娘が通う中学の保護者が何者かに襲われたと言うものだ。
大友は半信半疑で母親の話を聞いたが、娘の語る話には信憑性があった。

そこで事件を担当した所轄へ出向いた。
3日前に美容院を経営している男性が自宅前で襲われた
とのことだった。
大友がその事件の調査を開始した頃、別の父兄も被害に
遭ったと知らせが入った。
大友は本格的に捜査に加わることになった。
しかし、捜査の過程で容疑者は二転三転する。

大友はこの捜査を通じて、人間の深い絶望と孤独、
そしてはかり知れない心の闇と向き合うことになる。

イクメン刑事が助っ人で臨む最後の事件。
犯人の心の闇と慟哭、そしてその動機とは何か?

大友の息子・優斗の成長がまぶしいです!

『闇の叫び アナザーフェイス9』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥770(税別)