お祓い師・鬼龍光一&安倍隆景と少年事件課の富野刑事が活躍!『呪護』

今野敏先生の大人気警察小説シリーズの最新刊「呪護」です。

お祓い師・鬼龍光一&安倍隆景と警視庁少年事件課の富野刑事が
常識では考えられない事件を解いてゆく、オカルト系警察小説。

シリーズも「陰陽」「憑物」「鬼龍」「豹変」(角川文庫)
番外編で「パラレル」(中公文庫)が発売されていて、
とても面白いシリーズ。

さてさて新作「呪護」も相変わらず面白い!

都内の私立高校で、傷害事件が起きた。
男子生徒が、男性教師を刺したのだ。
身柄はすぐに拘束され、男子生徒は取調を受ける。
男性教師と女子生徒が淫らな行為を行っている
ところを目撃した男子生徒は、女子生徒が襲われて
いると思い、思わず教師を刺したと言う。

警視庁少年事件課・富野刑事は、現場に居合わせた
女子生徒に事情を聞くと、男子生徒の供述とは
違う奇妙な話をした。

富野の中に違和感が生まれる…。

刺された男性教師が入院している病院へ向かう富野の前に
お祓い師の鬼龍光一と安倍隆景があらわれた。

この二人がいるということは、この事件は常識では
解決できない事件ということだ….。

富野はまたしても、ありえない事件に首を
突っ込むことに….。

このシリーズの最大の魅力は、祓い師の鬼龍と安倍の
漫才のように軽妙な会話。そしてその二人に振り回される
富野刑事というキャラ設定だ。
さらに、事件の背景が陰陽師系の裏歴史にまつわる
もので、表に出ている歴史好きにも非常に興味深く
読ませる、今野先生の博識さが際立っているところだ。

祓い師の二人曰く、富野はナガスネ彦やアビ彦のトミ氏の
末裔で、二人より位が上で、こんな事件を呼び寄せて
しまうのだという。

今回の事件も、背景には陰陽師系が絡んでいるようだ。
江戸幕府と平将門伝説の関連性、北斗七星と魔法陣、
さらに山手線の秘密など、わくわくする要素が
盛りだくさん。
そしてこの要素が事件とどう繋がってゆくのかが
最大の読みどころ。

そして今回やっと、富野刑事を理解する刑事が現れる。
この手の話に目がない、強行犯係の橘川だ。

新たなキャラも加え、規格外の面白さで迫る
オカルト系警察ミステリー!

『呪護』
著者:今野敏
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,700(税別)

53歳ヒラ刑事、今度の敵も手強い!「ワルキューレ巡査長真行寺弘道」

榎本憲男さんの「巡査長真行寺弘道」シリーズ。
第3弾の「ワルキューレ」を読みました。
どんどん面白くなってゆきます!

真行寺弘道は、警視庁捜査一課に所属、53歳で巡査長。
警察官で言うと「超」ヒラ刑事ということになる。
そんなヒラ刑事が捜査一課にいること自体、異例中の異例だ。
真行寺は、ある理由で頑なに昇任試験を受けず、
出世を拒否している、警察の中でもかなり風変わりな刑事。

しかし、彼の中には信念がある。
事件の真相解明のためなら、周りへの忖度など一切しない!
徹底的に追及する。

そんな真行寺を、キャリアで警視庁刑事部捜査一課課長の
水野玲子は厄介な奴だと思いながらも一目置いている。
彼の捜査能力、事件の筋読みは他の刑事と比較にならないほど
優秀だからだ。
時には、捜査本部とは別の角度から捜査するよう支持を出す。
これも異例中の異例なこと。
しかし、今回はさすがに堪忍袋の緒が切れる事態に….。

モデル事務所に所属していた、高校生の少女・麻倉瞳が
誘拐された。
真行寺は、評論家のデボラ・ヨハンソンの秘書である、
瞳の母親に接触を図る。
捜査の結果、標的はデボラ・ヨハンソンであり、
その誘拐犯からの要求は、前代未聞の内容だった!

今回はマイノリティの人たちの苦しみをどこまで
理解できるか….。

1巻は、日本における政界・芸能界・反社会的勢力
などが連なる巨大組織の闇に迫ろうとする。

2巻はインドにおけるカースト制度に言及し、最下層の
人たちに寄り添おうとする。

そして、3巻はマイノリティの人たちの思考を必死に
理解しようとする真行寺。

毎作品、取り上げられるテーマに驚く。
難しいテーマをあえて取り上げ、真行寺と共に
読者も深く考えさせられる。
まるで社会学を学んでいるような感覚に陥る時がある。
ほんとにこのシリーズの魅力は、真行寺のキャラと
この奥深いテーマ。そこに敢然と斬り込んで行く
ところが凄い!!!

そしてもう一つの魅力は、これまでの作品に登場
してきた人物たちが、続けて登場する。
真行寺の周りには、彼を慕う人たちが増えてくる。
それがとても自然に描かれていてとてもいい感じだ。

シリーズ4作目はどんな難事件にぶつかるのか?
楽しみでしょうがない。

『ワルキューレ 巡査長真行寺弘道』
著者:榎本憲男
出版社:中央公論新社(文庫)
価格:¥820(税別)

大人気!警察小説シリーズ最新刊!KY警部が事件解決「生活安全課0係ブレイクアウト」

テレビドラマ「警視庁0係~生活安全課なんでも相談室」
(主演は小泉孝太郎さん)の原作、
富樫倫太郎さんの「生活安全課0係」シリーズ
最新作で第6作目「ブレイクアウト」が発売されました。

ドラマの方も大人気!7月から第4シーズンが始まる。

今回も空気読めないキャリア警部・小早川冬彦が
大活躍!

1年前に行方不明になった高校生の娘から
電話があったと、杉並中央署「なんでも相談室」
通称0係に母親が訪ねてきた。
家出扱いされ、警察はロクに調べもしないから
あきらめていたと言われ、冬彦と相棒の高虎は
早速再捜査を開始すると、娘と父親との軋轢が浮上、
さらに、親友二人からも聴取したところ、
二人は何かを隠していると冬彦は感じた。

冬彦は、空気は読めないが人の心は読めるという
特殊な才能を持っていた。だから彼の前では
嘘がつけない。

そんな中、近所で主婦が無言電話の嫌がらせや
脅迫を受けているとの相談が舞い込む。
さらに、捜査の途中で知り合った年配の男性が
大金を盗まれたと相談にきた。

ところがその男性の孫は、行方不明になっている
少女の親友の一人だと判明する。

女子高生行方不明事件の周囲で起こる様々な事件。
バラバラだった事件がやがてひとつに繋がった時、
衝撃的かつ切ない真実があきらかになる!

ツッコミどころ満載の0係のメンバーと
その評判を覆す、小早川警部の洞察力と推理力。

まったく関係ないと思われていた事件が意外なところで
繋がってゆく過程がとても面白かった。

次回作も期待します!

『生活安全課0係 ブレイクアウト』
著者:富樫倫太郎
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥680(税別)

かっこ良すぎる!53歳ヒラ刑事「巡査長真行寺弘道」

榎本憲男さんの「巡査長真行寺弘道」シリーズ。
第1弾を読んで、第2弾の「ブルーロータス」を
購入していたのに、積読に埋もれてしまい
つい最近読了しました。

「ブルーロータス」面白過ぎでした!
しかも第1弾を読んでいたのにブログに書いていない
ということが判明!
1.2巻一緒に感想を紹介します。

真行寺弘道は、警視庁捜査一課に所属、53歳で巡査長。
警察官で言うと「超」ヒラ刑事ということになる。
そんなヒラ刑事が捜査一課にいること自体、異例中の異例だ。
真行寺は、ある理由で頑なに昇任試験を受けず、
出世を拒否している。

そんな真行寺を、キャリアで警視庁刑事部捜査一課課長の
水野玲子は一目置いている。
彼の捜査能力、事件の筋読みは他の刑事と比較にならないほど
優秀だからだ。
時には、捜査本部とは別の角度から捜査するよう支持を出す。
これも異例中の異例なこと。

第1巻は、高級老人介護施設で起きた死亡事件の捜査だ。
AI搭載の人型介護ロボットが関わっているらしい。
その事件の捜査中に、自称「ハッカー」と称する
オーディオマニアの青年黒木と親しくなる。
ハッカーと言うだけあって、AIのことには詳し過ぎる
黒木のアドバイスで事件は一段落する。
しかしその後、元警察官僚の議員がホテルで変死した
事件を捜査するよう水野から連絡が入った。
捜査を続けるうちに、背後に政界・芸能界・反社会的勢力
などが連なる巨大組織の影を見た真行寺は、
黒木の力を借り真相に迫ろうとするが・・・。

第2作目は、「ブルーロータス」。真行寺は、荒川沿いを
巡回途中、捜査員たちに出くわした。河川敷で変死体が
発見されたという。やがて死体がインド人であると
判明。その変死体には、なにやらメッセージめいた
火傷のあとがあった。そこに事件性を感じた真行寺は
インドを専門とする若き研究者・時任の協力で捜査を
すすめる。

真行寺弘道というキャラクターが非常に面白い。
公休はしっかりと休み、自慢のオーディオで
大好きなロックミュージック聞く。
さらに上意下達が絶対の警察において、
そこに染まることなく、かといって熱血一匹
オオカミ的刑事でもない。ただ面倒くさいと
理由で単独行動することは多い。真相解明
のためなら、型破りな行動・言動になる。
刑事としてはかなりの変わり種だろうと思う。
でもそんな真行寺がとてもかっこ良い。
俺は俺だ!がすごく伝わってくる。

そして、犯人逮捕にこだわる警察の中で、
真行寺は全く別の視点で事件をみている気がする。
その事件の背景や、事件に至った経緯、
犯人はなぜこんな事件を起こしたのか?
わからないことをとことん追求する。
(追及し過ぎたために、1巻ではやばく
デカイ事件にぶちあたり・・・。)
特に2巻の「ブルーロータス」はインド人の
気持ちを必死に理解しようとする姿勢が
心に響いた。

キャラが魅力的な作品はそれでだけでも十分
面白いが、このシリーズは著者の幅広い知識と
こだわりが、そのまま作品に投影されていて
読んでいてとても面白いと感じる。
難しい箇所もあり、(とくにオーディオ)
ついて行けない時もあるけれど、
俺は描きたいように描くぞ!という著者の
思いがストレートに伝わってきてすごく
爽快な気持ちになれた。

シリーズ第3作目「ワルキューレ巡査長真行寺弘道」が
発売中!

①『巡査長真行寺弘道』
②『ブルーロータス 巡査長真行寺弘道』
著者:榎本憲男
出版社:中央公論新社(文庫)
価格:①¥820
   ②¥800
  (いずれも税別)

エキサイティングな面白さ!「警視庁特殺 使徒の刻印」

大田市在住のミステリー作家、吉田恭教さんの
新作が今月発売されました。
「警視庁特殺 使徒の刻印」(KADOKAWA)です。
警視庁捜査一課の凄腕刑事と元刑事で犯罪
ジャーナリストのコンビが猟奇殺人の謎を解く!

警視庁捜査一課・来生班は、猟奇殺人・快楽
殺人など通常の凶悪犯罪事件とは一線を画す
特殊な殺人事件を担当することが多く、
通称「特殺」と呼ばれている。

中でも佐倉智孝は優秀な刑事。しかし
型破りな捜査手法で時に問題になることもある。
彼の心には、犯罪を暴くためなら手段は
選んでいられないという強い思いがある。

そんな彼を心配し、味方になってくれるのは、
元同僚で犯罪ジャーナリストの有働佳祐だ。

ある日、手首を手錠でつながれた焼死体が
発見される。しかもそこにはセメントで
固めた後があった。被害者を逃げられない
ようにしたのか?
その2週間後、また同じような事件が起こった。
被害者は自力で脱出し一命をとりとめた。
病院で治療中、その被害者の背中に「使徒」
を意味する焼印が押されていたことがわかる。

だが、本格的に捜査が始まる中、佐倉は突然
捜査からはずされてしまう!!

残酷な現場、あまりにもむごい仕打ち、
被害者の体に残る謎めいたメッセージ…。
犯人の意図とは?

有働佳祐の力を借り、佐倉は事件の核心に
近づいてゆくが・・。

警察小説としての面白さ、随所に
盛り込まれた本格ミステリー的展開!
この二つの融合と、孤高の刑事&心優しき
犯罪ジャーナリストという魅力的な
キャラクターが、エキサイティングな
面白さを生んだ!
いっき読み必至の警察ミステリー!

‘探偵・槇野&女刑事・東條’シリーズに
並ぶ面白さだ。

この作品もシリーズ化してほしい!

『警視庁特殺 使徒の刻印』
著者:吉田恭教
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥680(税別)

定年間近いベテラン刑事の活躍!「割れた誇りラストライン2」

堂場瞬一さんの警察小説新シリーズ第2弾
「割れた誇り ラストライン2」を読了。

定年まであと9年のベテラン刑事・岩倉剛。
渋い警察小説!
すっかり岩倉ファンになってしまった。

捜査一課から南大田署へ異動になって1年。
上司は年下で元部下。多少やりにくいことはある
もののもう慣れた感じだ…。

異動後すぐにコンビを組んだ新人刑事・伊東彩香は
岩倉に鍛えられ、巣立っていった。
新たな相棒が到着する予定だが、まだ姿を現さない。
岩倉は違和感を抱いていた。

さらに新たな問題が浮上。
1年前に発生した女子大生殺人事件の容疑者で、
無罪となった田岡が実家へ戻ったという。
上司からその田岡の様子を見て欲しいと頼まれた岩倉。
北大田署の事案だからと思ったが、岩倉は承知した。

実家に戻った田岡の周りでは不穏な空気が充満していた。
裁判で無罪になったにも関わらず、田岡が犯人だと
思っている人間が多く、嫌がらせも発生していた。

そんな中、女子大生の恋人だった男が殺害される。
彼は、判決後も田岡を執拗につけまわし、騒ぎを
起こしていた。
田岡の犯行では?と疑う者もあったが、今度は
田岡が襲われてしまった!

異動の先々で事件を呼ぶとの異名を持つ岩倉。
今回も事件を呼び寄せた。

女子大生殺害事件を巡る、復讐の連鎖なのか?
それとも・・・。

岩倉の刑事の勘が冴え渡り、事件の真相が
見えてくる!
それは予想をはるかに超えたものだった。
岩倉が違和感を抱く、新たな相棒の
不気味な動きにも注目だ!

今回は、犯罪被害者支援課の村野刑事、
アナザーフェイスの大友鉄刑事もちょっと登場する。
シリーズ横断で、おなじみのキャラが登場するのは
ファンにとってはものすごくうれしい!

第3段弾が待ち遠しい!

『割れた誇り ラストライン2』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥790(税別)

女子大生が未解決事件を捜査!第2弾『エムエス 継続捜査ゼミ2』

元警察官の教授の指導のもと、女子大生がゼミの
勉強で携わった未解決事件の真相を突き止める!
今までにない設定のミステリー「継続捜査ゼミ」に
第2弾が登場。シリーズ化されたら良いなと思って
いたのでとても嬉しい!

「刑事政策演習ゼミ」で5人の女子大生は、
「冤罪」をテーマにしようと考えた。

三宿女子大は、ここ最近何だか浮き足立っている
ような気がする。元警察官の三宿女子大で教鞭を
とっている小早川は、その原因が「ミスコン」で
あると同僚の教授から教わる。
女子大でミスコン・・・?そんなこともあるのか

そして、小早川は授業で「ミスコン」の反対運動を
推進する学生・高樹晶と出会う。
小早川と話がしたいと言った高樹は、2度ほど
研究室を訪ねてきた。ところがその直後、
高樹は何者かに襲われ、病院へと運ばれた。
それまで一緒にいた小早川は、傷害容疑で
警察へ任意同行させられる。

元警察官でも、容疑がかかれば警察は態度を
一変させる。小早川は現役時代、自分自身も
取り調べの時は、時に厳しい手段で容疑者に
自白を迫ったこともあった。
まさか、自分がそのような眼にあうとは!
しかも、自分には全く身に覚えがないのだ。

そして、その時、一般人が警察に容疑をかけられ
同行させられる恐ろしさを知る。

警察は正義の名のもとに、状況証拠だけで一方的に
責めたてる。
身に覚えのない事で、いくら「やっていない」
と言っても、その言葉は無視される。
何を言っても信じてもらえない状況、
その恐ろしさは尋常ではない。
一般人ならば、その厳しさに耐えきれず、
思わず自分がやったと言ってしまうだろう・・・。
そして、冤罪はこうして生れるのだ。

「冤罪」。小早川は身をもってそれを女子学生たちに
教えることになった。
そして、ゼミの女子学生たちは、疑われ続ける
小早川を信じ協力して事件の真相に迫ってゆく。

「警察の横暴」と「冤罪」が生まれる恐ろしさが
実にリアルに描かれていて、衝撃を受けた。
「冤罪」というテーマも重く、今の日本の司法の
あり方が問われる作品だと思った。

『エムエス 継続捜査ゼミ2』
著者:今野敏
出版社:講談社
価格:¥1,600(税別)

最強の女スパイ登場!『十三階の女』

「女性秘匿捜査官・原麻希」
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」
「警視庁53教場」、「新東京水上警察」など
多くの警察小説のシリーズを描きつづける吉川英梨さん。

どのシリーズもめちゃめちゃ面白く、弱そうに見える
けど、覚悟を決めたらやたらに強くなる女性たちが
とても魅力的で大好きだ。

『十三階の女』は今までの女性刑事とは全く違う。
公安の女性刑事が主人公。

警視庁の公安秘密組織に属する、公安の中でも
エリート中のエリートが集められた精鋭部隊、
組織は警視庁の「十三階」に存在する。

国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

その十三階で最強と言われる女性刑事・黒江律子は
新人でありながら、突出した仕事ぶりで
上司の信頼も厚かったが、テロリスト
「名もなき戦士団」から情報を得るため、
ハニートラップを仕掛けたものの失敗!
北陸新幹線を爆破されてしまう。
己の未熟さを痛感した律子は、仕事から離れる。

だが、「十三階」は律子を見捨ててはいなかった。

「名もなき戦士団」を壊滅させるため、新たな
ターゲットを絞り、律子は再びハニートラップで
男を惹きつける。彼の心を自分に向けるため、
様々な情報を引き出し、取引に使う。
次第に男にのめり込んでゆく律子。
男を本当に愛してしまったのかだろうか?
任務に没頭するあまり、壊れてゆく律子・・・。

律子の行動は、どこまでが演技でどこまでが本気なのか?
嘘と真実の狭間で主人公自身が激しく揺れ動いている。
そして、読んでいる方も翻弄される。

愛したかもしれない男との壮絶な騙し合いで疲れ果てる
律子。弱く脆い、そんな風に思えたがクライマックスで
彼女の強さが爆発する!

今までのシリーズで登場した女性刑事と一線を画す。
職務に対する凄まじいまでの熱量が、律子の魅力。

この作品で新たな女性刑事像が確率されたようだ。
めちゃめちゃ面白かった。
次回作が待ち遠しい~。

『十三階の女 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥713(税別)

大阪府警が挑む!猟奇事件。大阪府警シリーズ「切断」

黒川博行さんの初期の警察小説がとても面白い!
大阪府警シリーズで、「二度のお別れ」「海の稜線」
「雨に殺せば」「絵が殺した」「ドアの向こうに」
などなど、一時はまってしまい夢中で読んでました。

その中の1点「切断」は未読だった。
物語の中に少しだけ「鳥取」のシーンが出てくることも
あり、お~っと地元が・・・と興味を惹かれ手に取った。

病院で猟奇的殺人事件が発生した!
被害者は鋭利な刃物で首を切り裂かれ、
そして耳を切りとられ、さらにその耳穴には
別人の小指が差し込まれていた。
その指は死後切断と断定され、連続殺人の捜査が始まるが、
それをあざ笑うかのように、またもや猟奇的殺人が起きた。
発見された変死体は、舌を切りとられた首絞死体。
異様だったのは、前の被害者の耳が口に突っ込まれて
いたことだ。明らかに異常だ。

大阪府警捜査一課・海部班の久松たちは、捜査の
過程で浮かびあがってきた一人の女性の足取りを追う。

警察の地道な捜査過程と、犯人側の行動、
さらに、過去と現在が複雑に交差しつつ描かれ、捜査側の
視点で描かれる作品よりも、ミステリー性が重視されている
ように感じた。
このストーリー展開に魅了され、結末までいっき読みだった。

ただ、犯人の気持ちを思うと読後はとても切ない。

『切断』
著者:黒川博行
出版社:東京創元社(創元推理文庫)
価格:¥660(税別)

女性刑事が見た人間の「心の闇」!「貌のない貌 梓凪子の捜査報告書」

「虚の聖域 梓凪子の調査報告書」で
ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。
著者である松嶋智左さんは、元警察官にして
日本初の女性白バイ隊員という経歴の持ち主。
凄くかっこいいです!

その内容は、
ある事件を起こし、警察を辞めた梓凪子。
犬猿の仲である姉から依頼された、甥の
自殺事件の真相を追うと言う物語だった。
新人さんとは思えないストーリー展開、
人間描写の巧さに唸った。

そして第2弾は、梓凪子が刑事として登場。

刑事課強行・盗犯係所属となった、梓凪子。
先輩刑事にしごかれる日々。

ある日、凪子に人物捜索の案件が回ってきた。
それ私の仕事か?と内心思った。
依頼主は、若い中国人女性の宋鈴玉。
日本へ旅行に出掛けた両親と連絡がとれなくなり
中国領事館を通して、捜索の依頼をしてきたのだ。

凪子は、鈴玉と共に彼女の両親の足取りを追う。
だが、彼女らに同行している、中国領事館の
王天佑の動きが怪しい。
凪子は彼に疑惑の眼を向ける。

同じ頃、謎の連続殺人事件が発生し、凪子も捜査に
駆り出された。行方不明者の捜索と事件の捜査。
さらに、その事件で刑事課と警備課の主導権争い
にも巻き込まれてしまう。

やがて、捜査はある局面を迎える・・・
そこから見えてきたものは、日本社会が抱える暗部、
そして、人間の深い闇だった。

元警察官ということもあり、捜査の過程や
警察内部の軋轢など、非常にリアル。
また、国交問題、民泊、シェアハウスなど
今最も注目されているニュースを事件に
絡めて描いているところが、興味深い。

次の事件も読みたいと思った!

『貌のない貌 梓凪子の捜査報告書』
著者:松嶋智左
出版社:講談社
価格:¥1,800(税別)