大人気!法医昆虫学捜査官第7弾「スワロウテイルの消失点」

昆虫の生態から、殺人事件の謎を解く!
「法医昆虫学捜査官」シリーズ第7巻は
「スワロウテイルの消失点」。

腐乱死体の解剖中、立ち会った刑事たちに
異変が起きた!
体中に赤い湿疹が発生し、出血と猛烈な痒みに
襲われた。感染症の疑いありというここで、
全員が隔離された。

しかし、解剖中に腐乱死体にわいた昆虫を
かき集めていた昆虫学者の赤堀は、
「蚊」の仕業だと断定。
しかも日本では発生していない、中国か
台湾にしかいない「小黒蚊」。
そんな蚊がなぜ遺体から発生したのか?
赤堀は、通常の昆虫の調査とともに「小黒蚊」の
出所を調べ始める。

一方、警視庁捜査一課所属で、赤堀のお目付け役
岩楯刑事は、高井戸署の機動捜査隊員・深水巡査部長
とコンビを組んで、腐乱死体の身元を突き止める。

慎ましい生活を送り、趣味で俳句を楽しみ、
俳句仲間から慕われていた老人がなぜ殺されたのか?

捜査の過程で浮かび上がってきた老人の素顔と
生活が激変するほどの幸運。
それは明らかに殺人の動機となった。

そして、赤堀が調査する「小黒蚊」の発生源だが、
赤堀をもってしても足取りがつかめない。

そんな時、つばめを愛する孤独な少年と出会う。
つばめを守るために天敵の烏を駆除していた
少年だった。赤堀はこの少年に危機感とともに
深い同情の念を感じる。
そして、つばめから小黒蚊の出所をつかんだ赤堀。
少年とともにつばめの巣を追う。

今作の赤堀も、女性なのに顔中昆虫だらけにして
遺体から昆虫を採取している。その
シーンを読むだけで、本当に鳥肌が立つ。
岩楯刑事はそんな赤堀を怒鳴りながらも、
自分の職務に忠実な姿勢に、益々信頼を深くしてゆく。

そして岩楯の相棒・深水は、妙に斜に構えて
いるが、仕事ができる。しかし、彼は何かを背負って
いるように見える。

それぞれの人間ドラマを描きつつ、事件の
捜査は進展してゆく。
そして、岩楯たちの捜査と、赤堀たちのつばめの
追跡が交差したとき、悲劇の真相につながってゆく。

心に闇を抱く人間の恐ろしさと浅ましさを
まざまざと見せつけられた。

昆虫学者が主人公の異色の警察ミステリー。
面白いです。

『スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官』』
著者:川瀬七緒
出版社:講談社
価格:¥1,500(税別)

緊迫感あふれる追走劇!「ダークナンバー」

クールすぎる、警視庁刑事部分析捜査係の女刑事と
野心家で超上昇志向・TV局の女性記者が
タッグを組んで、連続放火犯を追う。
緊迫度MAXの本格警察小説。

警視庁刑事部分析捜査三係の渡瀬敦子は、
プロファイリングで捜査本部のサポート
を行う。

現場の刑事たちからは、「プロファイリング」
は全くあてにされていないが、渡瀬は絶対に
引かない強さを持っている。

そんな渡瀬は、東京小金井市~小平市~
西東京市で起きている連続放火事件を追っていた。
監視カメラとプロファイリングで事件の
発生予測地点を示すが、外れるばかりで
捜査本部からの反発が強くなっていた。

一方、ある事件報道のミスで閑職へ飛ばされた
東都放送報道局の土方玲衣は、記者復帰を狙い
中学の同級生だった、渡瀬に接触する。

難事件に挑む女性捜査官―。視聴者の注目を
集める内容を看板番組「ニュース・Ⅹ」で
取り上げることを思いついたのだ。
渡瀬には土方にNOと言えない弱みがあった。

土方は渡瀬の番組をより盛り上げるため、
連続放火事件と同じころ埼玉県で発生していた、
連続路上強盗致死傷事件を調べていた。

やがて、土方は二つの凶悪事件がある線で
繋がっているのではないかと気づく。
二人は情報共有し、この事件の背後にある
驚くべき事件の真相にたどり着く・・・。

そして、衆議院選挙の開票日、土方は
前代未聞の事件中継を画策する!!

複雑にからむ二つの事件。
次第に明らかになる犯人像。
犯人の目的は一体何なのか?

さらに、クライマックスの犯人追走劇は、
土方、渡瀬、犯人と3人の視点で描かれ、
それぞれの思惑が交差し、緊迫感が半端ない。
土方と渡瀬の執念は犯人確保につながるのか!?

警察捜査の過程の面白さ、意外な犯人像と
事件の真相に驚愕しつつ、
渡瀬と土方、二人の女性の仕事に対する
強い思いが心に突き刺さった作品。

『ダークナンバー』
著者:長沢樹
出版社:早川書房
価格:¥960(税別)

53歳ヒラ刑事、政界に斬り込むか!?「エージェント巡査長真行寺弘道」

榎本憲男さんの「巡査長真行寺弘道」シリーズ第4弾
「エージェント」を読みました。
このシリーズ、他の警察小説とは一線を画す、
独特の世界観がある。そこがたまらなく面白い。

読み進めるうちに、どんどんはまっていく。
真行寺の魅力に引き込まれてしまう。

事件の真相究明のためならば、周りへの忖度など
一切しない、巡査長真行寺弘道。
警視庁捜査一課に所属、53歳で巡査長。
警察官で言うと「超」ヒラ刑事だ。
そんなヒラ刑事が捜査一課にいること自体、異例中の異例だ。
出世することを頑なに拒否する「超」変わり者刑事。
しかし、上司で警視庁刑事部捜査一課課長の水野玲子は、
真行寺を信頼している。
彼の捜査能力、事件の筋読みは他の刑事と比較に
ならないほど優秀だからだ。

「令和」初の総選挙当日、首相の経済政策を批判
した新党が議席を伸ばした。

居酒屋で一杯飲んでいた真行寺は、議席を伸ばす
新党に対して大声で暴言を吐いていた男に気づく。
学生たちがその男に何か文句を言い、殴り合いに発展。
真行寺は仕方なく、110番した。
そして、殴られた男は病院へと搬送された。

翌日、真行寺のもとへ新宿署の家入という刑事から
居酒屋での暴行事件について詳しく聞きたいと
連絡が入った。
暴行された男はケガ自体は問題はなかったが、
今朝、新宿駅のホームから突き落とされ、
轢死したというのだ。
犯人は逃走中とのことらしい。

真行寺は家入とこの事件の捜査を始めるが….。

4弾のテーマは、日本の「政治」と「経済」に
焦点を充てていると思われる。

随所に現政権を連想させるキーワードが
ちりばめられ、さらに揶揄っぽく描いてい
あるので、ちょっとハラハラする。

議席を伸ばした新党の党首こそ、現政権で
絶大な人気を誇る若き政治家がモデル!だと思われる。
超大胆なキャラクター配置!本当に面白すぎる!!

そして、この新党の党首が掲げた政策こそ、重要なキーワード。
「MMT 新財政構造改正法案」。
第2章「暴論のような正論のような」のなかで、
真行寺が、経産省の官僚とこのMMTについて議論
する件が、それこそ暴論なのか?もしかしたら
正論であるかも・・・と思ってしまうくらい、
説得力(?)がある。

面白いだけではない。
この作品、実は今後の日本の行末についてとても
大切なことが暗示されていると感じた。

今のままで本当に良いのか?
表に出ていることだけ見ていれば良いのか?
直視しなければならないのに、避けているのではないか?
そんなことを色々考えさせられた。

平和ボケした私にはちょっと刺激が強かったけれど
読んで良かった。
やはりこのシリーズは凄い!

5巻目はどんな内容なのか?楽しみです!

「エージェント 巡査長真行寺弘道』
著者:榎本憲男
出版社:中央公論新社(文庫)
価格:¥820(税別)

面白すぎる展開!「警視庁53教場」シリーズ最新刊「正義の翼」

「警視庁53教場」は第3弾「聖母の共犯者」が
あまりにも面白すぎた。
第4弾「正義の翼」も期待して読んだところ、
期待以上の面白さで驚愕!!!

平成最後の年、その秋に警視庁捜査一課に
復帰予定の五味。彼にとって最後の教え子
となる学生が入学してきた。

個性的な面々が集まった五味教場。
場長には、父親が国家公務員で正義感
あふれる深川翼を選んだ。

その同じ日の夜、府中市内で交番襲撃事件が発生!
定年間近の警官1人が殺され、五味の教え子が重傷を負った。
警官殺しの犯人を追うとともに、被害者警官の
周辺を捜査する、府中署強行犯係の綾乃たち。
次第に明らかになる真実….。

方や五味教場では、交番襲撃があった日に
場長の深川が学校を脱走したことが発覚。
五味は、深川を追求する。襲撃事件とは
無関係とされたが、五味は深川に違和感を持つ。

五味教場、これまでにない結束の固さ。
だが、この事件をきっかけに綻びが生じてきた。

交番襲撃事件の捜査と、五味教場で
次々と発覚するトラブル。
二つの視点から展開するストーリーは、
これまで五味が経験したことのない、
深くて暗い闇を暴き出してゆく…。

「聖母の共犯者」の面白さを凌駕する第4弾!
シリーズ最高傑作と呼んでも過言ではない!

『正義の翼 警視庁53教場』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥720(税別)

昭和・平成の豪華作家陣が描く警察小説アンソロジー『葛藤する刑事たち』

警察小説の黎明期から覚醒期まで
3期に分け、その時代の警察小説
作家による傑作短編を集めた。
警察小説がどのようにの進化して
きたのかが読めます!

第一期(黎明期) 
松本清張『声』
新聞社の女性電話交換手は、深夜に繋いだ
電話先から不審な男性の声を聞いた。
耳朶に残る、不審な男の声・・・。

藤原審爾『放火』
ある社長の建築中の家が放火された。
若い巡査は初めての放火事件で張り切るが、
聞き込みをしてゆくと意外な事実が浮かび
上がる。

結城昌治『夜が崩れた』
暴力団と関わりのあった兄を持つ
刑事の婚約者。その兄が強盗殺人
事件を起こした。刑事は単独で事件を
追うが・・・。

黎明期の警察小説の面白さは、刑事たちが
徹底して現場にこだわる捜査。チーム力で
捜査を行う警察小説の醍醐味を味わえる。
特に松本清張の「声」は、印象に残る
ストーリー展開。
また、小説に登場する事件も現在に
通じるところがあり、今読んでも新鮮に感じる。

第二期(発展期)
大沢在昌『老獣』
新任の警官が老婆の許を訪ねる。
彼はこの街を守れるか・・・?
不思議な世界観が印象に残った。

逢坂剛『黒い矢』
女性が夜帰宅途中、ボーガンの矢が刺さるという
事件が発生した。御茶ノ水署の斉木と
梢田は捜査に駆り出される。
犯人はすれ違った暴走族のはずだったが・・・
人気の御茶ノ水署シリーズ。

今野敏『薔薇の色』
ジャズバーの一輪挿しに活けてある薔薇の花。
いつもは赤いバラだが、時々、違う色の薔薇が
ある。その意味は?交機隊の速水が出した
問いに、安積班の須田と村雨が推理を展開する。
果たして安積班長はどう答える・・・?
安積の推理に誰もがうなる。
大好きな短編。東京湾臨海署安積班シリーズ。

発展期は、それぞれ警察小説にシリーズ化が
生まれ、そのキャラクターたちの魅力と、
事件要素、そして推理、リアルな警察捜査の
過程が描かれて面白さが増した。

第三期(覚醒期)
横山秀夫『共犯者』
銀行強盗の通報訓練のはずが、実際に
銀行強盗が起こってしまった!
「顔FACE」の平野瑞樹巡査が主人公。

月村了衛『焼相』
対テロ用に開発された歩行型軍用有人兵器を
着用した極悪犯が、児童を人質に立て籠もり
事件を起こした!
SITとSAT、攻防の行方は・・・!
近未来警察小説、「機龍警察」シリーズの短編。

誉田哲也『手紙』
女性会社員が殺害された。姫川玲子は
その捜査本部で女性警官とパートナー
を組む。姫川はこの頃から上昇志向が
強く、コンビを組んだ女性警官を出し抜いて
真相を暴くことに成功する。
女刑事・姫川玲子の若かりし頃のエピソードだ。

この頃は、多くの女性刑事が登場する。
男性社会の警察組織の中でいかに生き抜くか?
平野瑞樹のようなタイプや、姫川の
ようにタフに生き抜く強さが描かれる作品もある。
また、複雑な警察組織内部に焦点をあてた
作品が多く生まれた。「機龍警察」は特に
特捜部と刑事部との軋轢が非常にリアルに
描かれ、さらに近未来のSF的な面が見事に
融合した傑作だと感じる。

思う存分警察小説が堪能できる短編集だ!

『葛藤する刑事たち 警察小説アンソロジー』
著者:村上貴史編集
出版社:朝日新聞出版
価格:¥800(税別)

警察学校が舞台「警視庁53教場」シリーズ第3弾「聖母の共犯者」

警察学校を舞台にした警察小説。

主人公の五味教官、その助教で五味の同期・高杉。
所轄の女性刑事・瀬山、五味の娘・結衣など、
魅力的な登場人物の活躍で、シリーズを追うごとに
面白さが増してゆく、「警視庁53教場」。

第3弾の「聖母の共犯者」は、またもや
ありえない展開にページをめくる手が止まらない!

府中警察署強行犯係・瀬山綾乃は、
五味に片思いしていたが、思いを伝え、
念願かなって初デートにこぎつける。
待ち合わせの場所で緊張しながら待っていると
五味からキャンセルの連絡が~。
やけ酒を飲もうとしたところへ、五味の親友・
高杉が、実の娘・結衣とやってきた。

綾乃は高杉とともに五味の家でダウン。
そこへ、囚人が移送中、府中警察署から
脱走したとの連絡が入る。

脱走した囚人は女性。実子に対する過失致死で
服役中だったが、突如脱走を図ったのだ!

緻密に計画された脱走劇。
綾乃たちは、五味の的確なアドバイスで
脱走ルートを追った。

かたや、警察学校では卒業式に向け、式典の
準備が着々と進んでいた。
ところが五味教場の3人の生徒と高杉の姿が
見えない。

五味がそれに気が付いたとき、銃撃音が襲った。
逃亡中の女囚が、4人を人質にとり学校に
立てこもったのだ。

綾乃たちと五味は何が何でも女囚を確保しなければ
ならなくなった。

知略にたけた女囚と五味の推理がぶつかり合う。
警護厳しい学校へどんな手をつかって入ったのか?
なぜ、高杉は女囚を制圧できなかったのか?
謎は深まる!
2転3転する女囚脱走の裏に隠された過失事件の真相。
捜査の過程は読みごたえがあり、非常に面白い。

それに加えて、人間ドラマも熱い!
五味の生徒にかける思い、綾乃に対する決意。
高杉の実の娘に寄せる不器用な愛情。

また生徒たちのドラマも読みどころ満載。

第4弾がどんな展開になるのか?楽しみで仕方ない。

『聖母の共犯者 警視庁53教場』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥720(税別)

竜崎、神奈川県警刑事部長として着任!『清明 隠蔽捜査8』

待ちに待った「隠蔽捜査」シリーズ新作
「清明 隠蔽捜査8」を読みました。

大森署署長から、神奈川県警の刑事部長として
新たな局面を迎える竜崎伸也。どうなる!!?

神奈川県警刑事部長に着任した、警察官僚では
かなり変わり者ととらえられている、竜崎伸也。

着任早々、事件が起きた!
東京と神奈川の県境で、男性の死体遺棄事件が発生した。
県境ということもあり、早速伊丹に連絡する。
警視庁主導で町田署に捜査本部が設けられた。

竜崎は、伊丹にすべて任せるつもりだったが、
参事官から指摘され、結局捜査本部に顔を出すことに。

つい最近まで仕事を一緒にやってきた
警視庁の面々だったが、妙なやりにくさを感じる。

捜査本部では、事件の情報が集まりつつあった。
当初、身元不明だと思われた被害者は中国人だと判明。

神奈川県独特の問題も発生する。
横浜中華街を中心とする、中国人の組織だ。

悩ましい様相を呈してきた事件。
そんな時、竜崎の妻が交通事故を起こしたと
一報が入る。
すぐさま所轄に顔を出した竜崎だったが、
立場をわきまえろと今度は妻から指摘が!
ドライバーズスクールでの自損事故。
スクール側から壊れた塀や車の弁償をしろと言ってきた。
そこに登場したのは、神奈川を知り尽くした警察OB。
彼はドライバーズスクールの校長だった!

立ちはだかる中国の壁、そして公安の影も
ちらつく。
竜崎はどう動くのか?

原理原則の男だったはずの竜崎。
しかし、すこしずつ変わってきている。
丸くなったのかと指摘されるほど。
そうなのか?

そうではない。
竜崎は人の話をきちんと聞いた上で、
問題解決のためには何が一番重要なのか
きちんと判断する。
間違いは認める、部下を大切に思う。
正しいと思ったら、だれにも忖度しない。
言うべきことを言う。

それは、少しも変わっていない。
それが心地よい。

神奈川県警の面々…
本部長の佐藤、ものわかりの良さをアピール
している風に見えるが….。
そして、参事官の阿久津。
なんと、彼は‘警察’の原理原則で、
竜崎をやり込めた!強者!阿久津参事官!

益々面白くなる、いっき読み必至の警察小説

『清明 隠蔽捜査8』
著者:今野敏
出版社:新潮社
価格:¥1,600(税別)

東京湾臨海署安積班最新作「炎天夢」。悩む安積係長!

昨年から、1年の初めに読む本は今野敏作品だと
決めた。なので、買ってすぐには読まない。
年初めに読む本がなくなるから。
で、今年は大好きなシリーズ、安積班の最新作
を読んだ。

安積が、強盗傷害事件が片付いたあと、帰宅しようと
していたところへ管内で火事発生の無線が流れた。

強行犯第二係の相楽が率先して現場へ向かった。
ホッとしたところへ今度は海で死体が上がった
という一報が入る。

結局、帰ることをあきらめ、安積は、村雨たちを
現場に向かわせた。
村雨からの連絡で、殺人事件だと判明。
殺されたのは、グラビアアイドル・立原彩花。
須田の博学によって身元が判明した。

近くのプレジャーボートで被害者のものと思われる
サンダルが発見された。
船の持ち主は、被害者が愛人との噂がある芸能界の
ドン・柳井武春だった。

柳井には黒い噂が絶えない。芸能界への影響力も
大きかったため捜査本部では、柳井犯行説が
有力だった。

さらに、刑事部長の白河がこの捜査本部へ顔を
出した。多忙な刑事部長の臨席に誰もが驚く。
そんな中、白河刑事部長と柳井が非常に親しい
間柄であることが判明する。
白河の臨席は、捜査本部に圧力をかけるためなのか?

そして、継続捜査班から安積に柳井が関わった
13年前の事件について、再度柳井を聴取したいと
内々で頼まれる。

安積の前に幾重にも立ちはだかる捜査の壁。

しかし、安積は苦悩しながらも頼るべき
仲間に頼り、決して思い込みに流されず
公平な目で関係者に向き合う。

今回は、いつも安積を敵視していた相楽が
安積の捜査に協力してゆく。
安積に影響されたのか?相楽の変化も見逃せない。

そんな安積に、安積班のメンバーにいつも
元気をもらう。

2020年も気持ちよくスタート出来た!
感謝です。

『炎天夢 東京湾臨海署安積班』
著者:今野敏
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,700(税別)

犯罪ミステリーの最高峰!『罪の轍』

今年話題の犯罪小説「罪の轍」を読みました。
昭和38年に起きた、「吉展ちゃん誘拐殺人事件」
をモデルに描かれた犯罪小説です。

昭和38年。アジアで初めて開催される
東京オリンピックの前年、東京は熱狂に
包まれていた。

二十歳の青年・宇野寛治は、北海道で
漁師の仕事を手伝いつつ貧しさと孤独、
そして蔑みの日々を生きていた。

ある日、寛治は漁師仲間の男に弱みを
握られたあげく、その男の奸計にはまり
海難事故にあってしまう。

数か月後、東京都荒川区で元時計商の
老人が自宅で殺害された。
警視庁捜査一課の落合刑事は、捜査の過程で
子供たちから北国訛りの青年の情報を得る。
やがて捜査線上に行方不明と思われていた
宇野寛治の存在が浮かび上がる。

その矢先、浅草署管内で小学1年生の
児童が誘拐される事件が起こる!
犯人の要求は身代金50万円。

警察は必死で児童と犯人を捜索するが
杳として行方が知れない。
警察の捜査を嘲笑うかのように逃亡を
続ける不気味な犯人の正体とは?

警察の度重なる捜査ミス、早期解決を望む
世間からの重圧、限られた時間の中で刑事
たちは極限まで追い詰められてゆく。
それでも警察一丸となって、
絶対に犯人をとらえ、
児童を親元に還すという強い思いが
ひしひしと伝わってくる。

そして刑事たちの執念の捜査で事件の
全貌が明らかになったとき、
言葉を失うほどの衝撃を受ける。
何が人間を犯罪者へと変貌させるのか?
なぜこんな悲劇が起こったのか?
描かれた真相の重さに胸が締め付けられる。

敗戦後すさまじい勢いで発展を遂げる日本。
しかし、貧富の差はやはり激しい。
オリンピックのために集められた労働力。
山谷と呼ばれる労働者の宿泊施設の実態や、
活動家と警察の攻防も臨場感たっぷりに
描かれる。

また、当時の警察組織についても詳しく描かれている。
未熟な誘拐事件捜査のため、ミスを重ねる警察。
逆探知などまだ導入されておらず、犯人の
声を録音しテレビで放送するという手段で
捜査を行っていた。

世間から置き去りにされた
一人の青年の孤独な魂の彷徨を、
緻密な心理描写と緊迫感あふれる圧倒的リアリティーで
描き切った、犯罪ミステリ。
その熱量のすさまじさが、行間からにじみ出ている!

『罪の轍』
著者:奥田英朗
出版社:新潮社
価格:¥1,800(税別)

底知れぬ悪意に翻弄される刑事たちを描く!『痣』

伊岡瞬さんの「代償」「悪寒」に続き
「痣」(徳間文庫)を読みました。
伊岡ワールド炸裂!面白かったです。

日頃あまり凶悪事件が起こらない、奥多摩分署管内で
全裸の女性冷凍殺人事件が発生した。
その被害者の左胸には特徴的な形の印が
遺されていた。

2週間後に退職する真壁刑事は、その印を見て
激しく動揺し困惑した。なぜならば、
真壁の亡くなった妻の「痣」と酷似して
いたからだ。

真壁の妻は殺害され、容疑者は死亡した。
事件は解決したとして、警察上層部は
事件の詳細にフタをした。

その判断に納得できない真壁は、奥多摩分署に
左遷され、くすぶっていた。
そんな中で起きた、女性冷凍殺害事件。

まさか、犯人は死んだはず。それとも真犯人は
ほかにいるのか?

そんな真壁をあざ笑うかのように次々と起こる
残虐な殺人事件。
真壁は、捜査一課時代の元上司に強引に
この連続猟奇殺人事件に駆り出される。

捜査の過程で、殺された女性の周りから
妻に関する遺留品が現れる。
真壁は何者かの強烈な「悪意」を感じつつ
真相に近づいてゆく・・・。

「痣」は、警察小説だが、ミステリー的要素が
際立っている。

主人公・真壁を追いつめる謎の設定。
それらが徐々に明らかになってゆく過程が
スリリングに描かれる。
クライマックスのどんでん返しには戦慄する!

「代償」「悪寒」「痣」と人間の底知れぬ
‘悪意’を様々な形で描く。凄い!!

ちなみに真壁刑事は「悪寒」にも登場。

『痣』
著者:伊岡瞬
出版社:徳間書店(文庫)
価格:¥710(税別)