警視庁強行犯係・樋口顕シリーズ最新刊「無明」

今野敏先生の人気警察小説「警視庁強行犯係・樋口顕」
シリーズの最新作「無明」を読みました。
安定の面白さでいっき読みしました。

荒川の河川敷で、男子高校生の水死体が上がった。
所轄の千住署は早々に自殺と断定した。

警視庁強行犯係・係長の樋口のもとへ新聞記者が
面会を求めた。
千住署が自殺と断定した男子高校生の死についてだった。
遺族は、納得していない。遺体の首筋に
ひっかき傷があった上、旅行の計画もたてて
いたという。しかも両親が司法解剖を求めたのに
千住署の刑事に断られ、恫喝されたとのことだった。

新聞記者からの情報を受け、樋口は、直属の上司・
天童管理官に少し疑わしい点があると報告。
天童も千住署のその件に対して疑問を持っていたようで
別行動で千住署に探りを入れるように樋口に指示した。

樋口は部下の藤本とともに千住署へ赴き、
その件を担当した係長に話を通す。
現場を担当した二人の刑事に案内され、自殺現場を
確認すると、さらなる疑惑がわいてきた。

樋口は、自殺だと納得できない。藤本にもそう指摘される。

そんな時、小松川署の管内で強盗殺人事件が発生。
樋口班のメンバーも特捜本部に参加。
しかし、天童からは続けて別行動を指示された。

樋口の度々の来訪に、業を煮やす千住署の面々。
自殺と断定した捜査にケチをつけるのかと猛反発され、
さらに、本部の理事官からは、千住署から手を引き、
小松川署の特捜に行けと激しく叱責された。

これまでは、署内で争うことなく、他部署や上司とも
うまくやってきた樋口だったが、今回はどうも
上のやり方が気に食わない。

組織のルールや秩序を守ることが、殺人事件かもしれない
案件をうやむやにするより大切なことだろうか?
それは違うだろうと、遺族が納得する捜査をし、
何があったのか事実を見つけることが最優先だ!
そう悟った樋口は、警察の組織論を振りかざす
上司に自らの信念をぶつける。

味方が数人しかいない四面楚歌の状況で、樋口は
絶対に引かない。
覚悟を決めた樋口の強さに心が震えた。

読み終わったとは、じわじわと樋口の言葉が
心にしみてくる。

このシリーズで一番好きな作品となった。

『無明 警視庁強行犯係・樋口顕』』
著者:今野敏
出版社:幻冬舎
価格:1,760円 (本体1,600円+税)

人気警察小説シリーズ、道警・大通警察署最新刊「雪に撃つ」

佐々木譲さんの人気警察小説シリーズ
「道警・大通警察署」の最新作、9作目
「雪に撃つ」が文庫で発売!
新作、待っていました!

今作は、さっぽろ雪祭りを舞台に数々の
事件が起き、佐伯、津久井、小島らが
それぞれの部署で事件を追う展開!

さっぽろ雪祭りの数日前のJR長万部駅で
妙なカーチェイスに巻き込まれそうになった夫婦。
孫を拾って自宅に帰る際、道路に蹲るアジア人女性
二人に手を貸した・・・。

さっぽろ雪祭り開幕前日、道警本部大通署管内で、
自動車の盗難事件が起こった。
盗犯係の佐伯と新宮は、その調査に向かった。

同じ日、市の中心部から離れた住宅街で
発砲事件があったと通報が入った。
機動捜査隊の津久井が臨場し、詳細を聞くと
カーチェイスがあり後ろの車から発砲された
弾が通報者の車に当たったらしいとのこと。
その後、乗り捨てられた車が発見され、佐伯の
担当した盗難車だと判明した。

一方、生活安全課の小島は、高校生の少女が
家出したと知り合いから連絡を受ける。
少女の身を安じる小島は、彼女を保護する
ために、行動を起こす。

全く関わりがないように見えた三つの事件。
ところが、捜査が進むにつれてある一つの
事件に繋がり、物語が進むにつれて危険度が増してゆく。

すばやい場面切り替えと、捜査の過程が
絶妙なバランスで描かれ、ページをめくる手が止まらない。

そしてクライマックスは、これぞ警察小説!と
膝を打ちたくなるくらいの迫力。

背景には、技能実習生を取り巻く複雑な状況が
描かれ、考えさせられた。

また、佐伯たちのプライベートにも触れられている。
彼らの今後の展開が気になる。

10作目も期待大!

『雪に撃つ 道警・大通警察署』
著者:佐々木譲
出版社:角川春樹事務所(文庫)
価格:770円 (本体700円+税)

謎の組織に狙われる!?「悪の包囲 ラストライン⑤」

堂場瞬一さんの人気警察小説シリーズ
「ラストライン」。5作目に突入。
立川中央署に勤務する刑事・岩倉剛の周囲で
謎の組織が動き出し、危険度が増してゆく!

岩倉剛は、あらゆる事件を記憶するという
特殊能力があり、その能力を研究材料に
狙う、サイバー犯罪対策課の福沢が殺害された。

事件直前、本部へ寄った時福沢に
つかまり、岩倉は衆人環境の中で
福沢に暴力的な態度をとってしまった。

捜査一課から、容疑者扱いされた岩倉は
捜査本部からはずされる。
犯行時刻、岩倉にはアリバイがあったが、
それは公にできない。
事情聴取した、取調官・大友鉄は岩倉を信じた。

それでも身の潔白を証明すべく、独自に捜査を
続ける。
ところが、謎の人物に尾行されたあげく、
襲撃される。
周囲は岩倉を心配するが、本人は逆に
絶対に真相を暴くと覚悟を決める。

捜査が進む中、やがて事件の背後に謎の
武器密売組織METOの存在が浮かび上がる。

徐々に事件の恐ろしさが増す、スリリングな展開。
岩倉はなぜ狙われるのか?
METOの目的は何なのか?

今後の展開がとても気になる!

ハラハラドキドキする中、失踪人捜査課の高城、
捜査一課の大友鉄、岩倉の後輩・伊東彩香が
登場し、読んでいてとても癒された。

『悪の包囲 ラストライン⑤』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋
価格:¥880(本体¥800+税)

警察小説新シリーズ登場!「ボーダーズ」

「検証捜査」「共犯捜査」など「捜査ワールド」
6作品を描く、ほかにも「ラストライン」、
「警視庁犯罪被害者支援課」など多くの警察
小説を生み出す、堂場瞬一さんの新シリーズは
「ボーダーズ」。警視庁特殊事件対策班(SCU)
の活躍を描く、本格警察小説。

1か月前、八神警部補は捜査一課から
特殊事件対策班(SCU)に異動となった。
事件現場に臨場すると所轄の刑事から
「何しにきたんだ?」的な目を向けられ、
いまだに自分の配属先に慣れない日々を
送っている。

新橋で銀行立てこもり事件が発生し、
男性客が刺殺された。
そして、犯人はすぐに逮捕される。

その後、八神は公安出身である、
キャップの結城から刺殺された被害者・
藤岡を調べるよう指示される。

実は藤岡は、40年前の成田闘争で
機動隊員を殺害、指名手配され公安に
追われた男だった。

過激派が藤岡の闘争を支援していたのか?
謎に満ちた藤岡の過去を捜査してゆく。
さらに、同時並行で大学教授宅放火事件も
追及する。

それらの捜査が進んでいくと、予想だに
しなかった事実にぶちあたる!

SCUのメンバーは、八神警部補、将来有望な
女性刑事・朝日奈由宇ほか、人間兵器の異名がつく
綿谷亮介、八神の後輩で運動神経抜群の
最上功太。そして、何を考えているのか
わからない、キャップの結城新次郎。
八神は捜査一課時代に、悲劇を体験している。
それぞれに事情があるメンバー。個性的なキャラで
物語を盛り上げている。
特にかっこいいのは朝比奈刑事。
現場でさっさと仕切ってしまうそのリーダーシップに
思わず、ついてゆきます!!!と言ってしまいそうになる。

登場人物の際立った個性と物語の面白さで
警察小説ファンを魅了する!
シリーズ2巻も期待大!

『ボーダーズ』
著者:堂場瞬一
出版社:集英社(文庫)
価格:¥990(本体¥900+税)

神奈川県警刑事部長・竜崎を脅かすライバル出現!『探花 隠蔽捜査9』

神奈川県警に刑事部長として異動になった
竜崎伸也にまたまた難題が持ち上がった!?
横浜中華街の次は横須賀で事件が・・・・。
今野敏先生の代表作シリーズ最新刊
「探花 隠蔽捜査9」を読了。

神奈川県警刑事部長として着任した、竜崎伸也は
まだまだ慣れない日々を過ごしていた。
警視庁大森署でもかなり変わった署長として
有名だった竜崎。こちらでもやはり変人扱い・・・?

竜崎のもとに横須賀の有名な公園・ヴェルニー公園で
男性の変死体が発見されたと知らせが入った。
阿久津参事官は殺人事件のようだと報告。
米軍基地が近いため、米軍からみの事件だと
やっかいだと言う。
捜査本部の件も考えるべきだと進言する。
竜崎は検視官の報告待ちと判断。

その後、佐藤本部長に呼ばれた竜崎は、
福岡県警から警務部長として、八島が異動して
くると知らされる。八島は伊丹と竜崎の同期だった。
三人の中で八島がトップ入庁だった。
優秀な八島だったが、彼には黒いうわさが
つきまとっていた。

殺人事件と断定され、横須賀署に捜査本部がおかれた。
しばらくして、事件の目撃者が現れた。
ナイフを持った白人らしき男性が米軍基地
あたりに逃走したという。

阿久津の懸念があたってしまった。
竜崎は米軍基地へ出向き事の仔細を話した。
そして、NCISから捜査協力という
名目で日系人捜査官・キジマが捜査に加わることに・・・。
だが、竜崎の周囲のものたちは明らかに迷惑顔だった。

神奈川県は、中華街に米軍基地など下手を打つと
国際問題になりかねない事情を抱えた、
警察にとってはやっかいこの上ない県だった。
しかし、竜崎はここでも警察の原理原則を押し通す。

さらに、この事件と同時並行で竜崎を悩ませたのは、
息子が留学先で逮捕されたのでは・・・?という
娘からの連絡だった!

竜崎の頭にあるのは、警察官としての職務だ。
殺人事件が起きたら捜査し、容疑者特定し逮捕する。
実にシンプルだ。それをややこしくしているのは
出世・保身・打算・忖度だ。
なぜ、そんなものにこだわるのか?
竜崎の思いはいつもそこにつながるのだと思う。

竜崎自身も新たな地で新たな役職を得て右往左往するが
やることは決まっていると割り切っている。
それを少しずつ周囲の者たちが理解してゆく。
その過程をスリリングな事件捜査とともに読める。
面白くて仕方ない。

刑事部長として、仁義を通すため八面六臂の活躍を
する竜崎。どんなに変人と言われようと、かっこいい。

今回も竜崎他、魅力的キャラたちとの掛け合いが心地良い。
特に、竜崎をやりこめた阿久津参事官、掴みどころのない
佐藤本部長とのやりとりがちょっとコミカルでいい味を
出している。

『探花 隠蔽捜査9』
著者:今野敏
出版社:新潮社
価格:¥1,815(本体¥1,650+税)

スリリング!脳科学捜査官VS連続爆弾魔!『脳科学捜査官 真田夏希』

鳴神響一さんの「脳科学捜査官 真田夏希」読了。

婚活を頑張っている一見普通の女性。
実は、心理学から人を分析する。その能力で
捜査に協力する女性刑事・真田夏希が主人公。
彼女のプロファイリングが犯人を炙り出す!

友人の紹介で出会った男性と
みなとみらい近くのレストランで
食事を楽しんでいた時、爆発事件が
起こった。

捜査のため、その場に臨場した刑事たちを
見てヤバイ!と思った真田夏希。
しかし、相手の男性に刑事だとバレてしまった。

神奈川県警初の心理特別捜査官として
採用された真田夏希は、連続爆破事件の
捜査に駆り出された。

SNSを使い爆破予告を繰り返す犯人に
翻弄される警察。
そんな警察をあざ笑う爆弾魔。
警察の無能ぶりはSNSを通じて拡散されてゆく。

夏希が分析した犯人像や捜査方針への
提案は、犯罪の助長となるとお偉方から
バッサリ切り捨てられた。
どうすれば・・・。と悩む夏希を救ったのは
なんと・・・・!?

犯人は、ARのようなキャッチャーゲームや
ネットゲーム、SNSなどを駆使し犯罪を
繰り返す。
そんな犯人に夏希は果敢に挑んでゆく。
そして、犯人の暴走を止めるため、心の闇に
迫り、寄り添おうと試みるが・・・。

SNSを使った犯人とのやりとりや、
犯人の計画に踊らされる警察の様子など
リアルな描写が興味深い!

ヒロイン・夏希だけでなく、脇を
固めるキャラも面白い!
鑑識の小川、警察犬・アリシア、
夏希をバックアップした曲者などなど
今後の展開にどう絡んでくるのか?

シリーズ2巻「イノセント・ブルー」に続く!

『脳科学捜査官 真田夏希』
著者:鳴神響一
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥748(本体¥680+税)

迷宮入り事件に挑む!第2弾「記憶の中の誘拐 赤い博物館」

昨年12月にもドラマ化された、大山誠一郎さんの
「赤い博物館」(文春文庫)。
その第2弾「記憶の中の誘拐」を読みました。

第1弾と同様に息をのむほど鮮やかな推理で解決される。

警視庁付属犯罪資料館、通称「赤い博物館」は、
警視庁管内で起きた事件の証拠品(凶器・遺留品)
・捜査書類など、一定期間の過ぎた物を所轄署から
預かり保管する場所。その中には、迷宮入りした
捜査資料もある。

資料館に勤務するのは巡査部長の寺田。
直属の上司は、博物館の館長でキャリアの緋色冴子。
頭脳明晰で、これまで迷宮入りした事件、5件も
解決に導いている。

寺田の通常の仕事は所轄から回されてきた
捜査資料などのラベル貼りや整理だ。

冴子は、迷宮入りした捜査資料を読み込み、
疑問が発生した事件の再捜査をする。

今回冴子と寺田が再捜査したのは、

二十三年前に学校の屋上で女子高生が殺害された事件。
容疑がかかったのは、同じ部活動の先輩にあたる男子生徒。
しかし、決定的な証拠は見つからず迷宮入りした。

1990年に起きた府中・国分寺・国立・立川連続放火事件。
平成の八百屋お七事件と言われた。
放火犯は放火することで、ある人に逢いたいと願っていた。

1999年に荒川で起きたバラバラ殺人事件。
容疑者は絞られたが、確たる証拠もなく
結局迷宮入りしてしまう。
ところが資料を読んだ冴子は異様な
バラバラ死体に疑問を持った。

1990年、社内で密かに同僚や上司らに
金を貸し、無謀な取り立てをしていた男が
自宅で殺害された。
犯人と思われる名前が書かれたダインイグ
メッセージが遺されていたが、その人物には、
アリバイがあった・・・。

寺田の友人は幼い頃に誘拐されたことが
あった。誘拐したのは、友人の実母
だった。なぜ実母は自分を誘拐したのか
知りたいと願う友人。寺田は冴子に
事件の再捜査を申し出た。

コミュニケーション能力は皆無だが、
ずば抜けた推理能力を持つ緋色冴子。
これまでは、冴子の命令通りに、
寺田が一人で捜査をしていたが、
今回から冴子が捜査に加わると言った。

関係者とうまくコミュニケーションが
とれるのか?ハラハラする寺田をよそに
的確な質問で、資料にはなかった事実を
引き出してゆく冴子。

徹底的に考え抜かれ緻密に設定された
事件の数々がとにかく面白い。

叙述トリックを巧みに使い、
読み手を翻弄し、あっと言わせる、
飽きさせないストーリー展開に
どんどん引き込まれてゆく。

息をのむほど鮮やかな推理で解決される!

『記憶の中の誘拐 赤い博物館』
著者:大山誠一郎
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥836(本体¥760+税)

ハマの用心棒シリーズ、文庫最新作!「スクエア 横浜みなとみらい署暴対係」

今野敏先生の「スクエア 横浜みなとみらい署暴対係」
を読みました。
今野先生、人気シリーズの一作。
ハマの用心棒こと、諸橋係長と城島
コンビが不動産詐欺の事件に挑む!

横浜・山手の廃屋で、二つの遺体が発見された。
一人は中国人で長く日本に住んでいて横浜中華街の
大物だった。
そしてもう一体はすでに白骨化し身元不明だった。

その事件にマル暴が絡んでいるとの情報があり、
マル暴に強い、みなとみらい署・諸橋係長
と相棒の城島に県警本部長から直々に
捜査に参加するように特命が下った。

被害者は中華街で一財産を築いたが、
三年前から消息不明だったらしい。
ところが、捜査が進むと被害者の中国人
が別人だと判明する。

さらに、所有者不明の土地を利用した
不動産詐欺事件が浮上する。

白骨遺体は何者なのか?
暴力団が詐欺事件にどのように関与したのか?
諸橋たちは真相究明のために奔走する!

捜査一課担当の殺人事件、捜査二課担当の
詐欺事件。そこへさらに暴力団関与となると
どこの課が仕切るのか?揉めそうだが
無理なく話が展開されて、警察小説として
読んでいて興味深い。

諸橋と城島の捜査のやり方に納得が
いかない警務部監察官の笹本は、本部長
命令で捜査に参加する諸橋たちにべったり
張り付く。
しかし、次第に彼らのペースにはまってゆく
過程の描き方は今野先生らしくかっこいい。

また、県警本部長が「神風会」の組長・
神野に興味津々なところがちょっと笑える。

今作も横浜を愛する、諸橋と城島の強い
思いがあふれている。

『スクエア 横浜みなとみらい署暴対係』』
著者:今野敏
出版社:徳間書店
価格:¥891(本体¥810+税)

手に汗握るノンストップミステリー『逃げる女』

骨太な社会派ミステリーを描き続ける
青木俊さんの最新作、
「逃げる女」を読みました。

2017年刊行の「潔白」では、冤罪で一つの
家族を不幸のどん底に突き落としておきながら、
決して「間違い」を認めない、警察、検察
さらに日本の司法の在り方に憤りを感じた。

そして、この「逃げる女」からは、青木さんの
「怒り」のようなものが、ヒロインを通して
感じられた。

青木さんの作品は、フィクションでありながら
ノンフィクションのようなリアルさと迫力が
あり、問題提起されたテーマは心に強く残る。

札幌市内のマンションでフリーの記者が殺害され、
容疑者として、久野麻美の名前が浮上した。
その葬儀に出席した久野に、道警捜査一課の
生方吾郎は張り付いていた。

しかし、彼女は葬儀場を出た後、警察の追尾を
受けながらもその姿を消してしまう。
札幌、旭川、釧路と張り巡らされた捜査網を
かわし、北海道を脱出しようとする久野麻美。

生方は所轄で新米刑事の溝口直子とコンビを
組み、久野を追い続ける。
状況証拠は久野が犯人だと示している。
生方たちは、それを信じ絶対に確保する!
その強い思いを抱きどこまでも追う。

久野麻美と彼女を追う警察との手に汗握る
逃走劇!
だが、その先には思いもよらぬ真実が
隠されていた。

必至で逃げるヒロインと執拗に追う警察。
その構図から察するに、ある事件が隠蔽され、
その秘密を知ったヒロインを警察が抹殺
しようとしている?
それは警察関係者が絡んだ事件、または、
大物政治家か?その関係者か?
様々な推理をしてみるが・・・。

意図的に警察が捜査できない状況に追い込む。
そんな恐ろしいことが実際にあるのか?と
疑ってしまうけれども、この本を読み進んで
いくと、次第にそういうことが本当にあるかも
しれないと思えてくる。
「人を殺しても逮捕できないヤツがいる」
の本当の意味とは?

まさかまさかの真相に驚きの連続、そして
次第に膨らむ、この国の政治に対する怒り。

社会派ミステリー小説だからこそ描けた。
この作品の深すぎるテーマに心を抉られた。

『逃げる女』
著者:青木俊
出版社:小学館
価格:¥1,760(本体¥1,600+税)

オズヌ、再び降臨!「ボーダーライト」

今野敏先生の最新刊「ボーダーライト」を
読みました。
「わが名はオズヌ」のエンノオズヌが
またしても高校生・賀茂晶に降りてくる!
痛快な警察ミステリー。

神奈川県警生活安全部少年捜査課の係長・
堀内が「今月は街頭犯罪が急増している」
とつぶやいた。
それを聞いていた、丸木巡査と高尾巡査部長は、
少年の街頭犯罪が増えてると察知し、早速
情報収集に出かける。

丸木は高尾の気まぐれな捜査につきあい、
ネットカフェでインターネット記事を
検索。神奈川県内で話題のバンド
「スカG」のニュースを読み漁った。
それを高尾は車のことかと勘違いする。

しかし、この時調べたバンド「スカG」が
今後の事件の捜査に関わってくる。

本部に戻った二人を待っていたのは、
組対本部・本部長からの呼び出しだった。
恐縮した二人だったが、本部長の口から出た
「赤岩猛雄」という名前に高尾が反応した。

赤岩は、みなとみらい署のマル暴に
身柄をとられていると言う。
二人はみなとみらい署のマル暴に
向かい、諸橋係長と係長補佐の城島に
会った。
赤岩は薬物の取引現場にいたところを
検挙されたという。
赤岩は事情を話すなら高尾にと言ったのだ。
そして、高尾は赤岩に事情を聞いた。
赤岩は、友人を止めるために現場に居たと言う。
決してや薬物取引には関係ないと言う。
しかし、さらに踏み込んで聞くとたちまち黙秘した。

仕方なく、赤岩はみなとみらい署に拘留された。
そこへ、赤岩の担任・水越陽子が賀茂晶とともに現れた。
高尾は一目見て、賀茂晶にオズヌが降りていると気づく・・・。

オズヌは、神奈川の街で良くないことが
起こり始めていると勘づいているが、
詳細は掴め切れずにいるようだ。

高尾はオズヌらとともにきな臭い事件の
捜査を開始する!!!

またしても、賀茂晶にオズヌが降臨!
彼の不思議な力によって、誰も刃向かう
ことが出来なくなる。
その姿がかっこいい。
また、今作はみなとみらい署のマル暴・
諸橋係長と城島が登場。

賀茂の不思議な力と、オズヌの関係を
真剣に受け止めている二人。
高尾たちをバックアップするところが清々しい!
サービス満点のコラボにファンは狂喜!!

そしてバンド「スカG」はこの事件にどう
関わってくるのか?!

読みごたえ満点の警察ミステリー。
傑作の今野敏ワールド!

『ボーダーライト』
著者:今野敏
出版社:小学館
価格:¥1,870(本体¥1,700+税)