最強の女性コンビ登場!「ガンルージュ」

「機龍警察」シリーズの月村了衛さんの描くアクション小説が、
とても面白く、読み終わった後の爽快感がたまらない。
特に昨年発売された、「槐-エンジュ」「影の中の影」の2作品が
そうだった。
何だか気持ちがざわついた時に、映画「ダイ・ハード」を視て
スッキリした気分になった・・!そんな読後感。

そしてこの「ガンルージュ」も上記の2作品に勝るとも劣らない面白さ!
特に主人公の女性二人の強烈なかっこよさに思わずニヤリとしてしまう!

ガンルージュ

ある田舎の中学校の体育教師・美晴は、およそ教師らしくない振る舞いで
PTAから目の敵にされていた。
しかし、男勝りでケンカにはめっぽう強い美晴は生徒から信頼されていた。
そんな美晴は、秋来祐太郎の母・律子がなんとなく気になっていた。
秋来律子は、そこらにいる普通の保護者たちとは異質の雰囲気を醸し出していた。
美晴は、動物的直感で秋来律子はただ者ではないと感じ取っていたのだ。

ある日曜日、律子は祐太郎と買い物に出掛ける約束をしていたが、祐太郎は
幼馴染の麻衣に呼び出され出掛けてしまう。だが約束の時間には戻ると言った。

祐太郎はいつも遊ぶ神社で麻衣と逢っていた。もう一人、友達が来るという。
だが、その友人から来れないとの連絡が入る。祐太郎は母と約束しているからと
帰ろうとしたとき、地元民が「別荘御殿」と呼んでいる方向から
何かが破裂したような音が聞こえてきた。
祐太郎と麻衣は、鉄砲の音ではないかと疑う。子どもっぽい好奇心から麻衣は
祐太郎が止めるのも聞かず、「別荘御殿」へと向かってしまう。
二人がそこで目撃したのは、スーツ姿の屈強な男たちの血まみれの死体だった!
彼らを襲撃した者たちは、貧相な老人を拉致し逃走しようとしていた。
祐太郎たちは、彼らに見つからないように逃げようとするが、
すぐに見つかってしまった!
そして、足を怪我して動けない老人を二人で抱えろと命じられ、
襲撃者たちに拉致されてしまう。

一方、約束の時間になっても戻ってこない祐太郎を心配した
律子は、祐太郎たちがよく遊んでいる神社に向かった。
その途中、美晴と出会う。いつになくあわてている律子をみた
美晴は律子と一緒に祐太郎を探すことに!
そして二人は「別荘御殿」の惨状を目撃!すべてを察した律子は
祐太郎たち救出に動く!

秋来律子は一体何者なのか?
拉致された男は?襲撃者の正体は?
そして、祐太郎たちは無事に生きてもどることが出来るのか?

そんなこと、ハッピーエンドに決まっているだろう!と突っ込みたく
なるけれど、わかっているけれど!読んでいくと主人公二人の過去や
律子の正体など次第に明らかになる下りは面白い!!
アクションシーンは映画のようだし、次はどうなる?どうなる?
祐太郎と麻衣は・・・?ワクワク、ドキドキの展開でページを捲る手が止まらないのだ!

何も考えず、ただめちゃめちゃ面白い小説が読みたい!
スカッとする小説が読みたい!人におススメ!
読み応えたっぷりのアクション警察小説であり、スパイ小説です。

『ガンルージュ』
著者:月村了衛
出版社:文藝春秋
価格:¥1,500(税別)

ホラー小説フェア2016夏!本の学校はまミスコーナーで開催開始!

本の学校今井ブックセンター「はまミスコーナー」で
今年も始めました。
「ホラー小説フェア2016夏」

下記展開画像です!
ホラーフェア展開②
ホラー小説フェア全体

ホラーフェア展開①
ホラー小説フェア看板付き

今年は昨年、一昨年と比較してアイテムを多めにしました。
さらに、ホラー小説の中でもミニジャンル分けしています。
「幽霊実話系」「怪異・幽霊小説」「スプラッタホラー」
「バンパイヤホラー」といった具合です。

目玉は、先日このブログ上でも紹介した
澤村伊智さん「ぼぎわんが、来る」(KADOKAWA)
幽霊実話系では外せない、加門七海さんの「祝山」(光文社)
この作品は著者が実際に体験したことが小説になっている作品。
こわかったですよ~。過去にこのブログでも紹介しました。

そして極めつけはゾンビ・バンパイヤ系!
日本が誇る究極のバンパイヤ小説、小野不由美さんの「屍鬼1~5」(新潮社)
をずらりと並べてみました。
この「屍鬼」は、一巻目を読んだらすぐに2巻目が読みたくなります。
だんだんと怖さが増していき、闇に包まれたベールがはがれ
究極の恐怖が待ち構えています。
ただ、バンパイヤが人を襲うだけではなく、生と死についてかなり
深く考えさせられます。

読んでひたすら怖くなる本集めています!

‘ぼぎわん’・・・。怖い!怖すぎる!!!

2015年の日本ホラー小説大賞 大賞受賞作!
「ぼぎわんが、来る」澤村伊智著。
何だろう・・・「ぼぎわん」て・・
気になって検索したら、出版社のWEBサイトの「ぼぎわん」
ページに辿り着き、読んだら物凄く面白そう!
怖いと思うより読みたいという気持ちが強く働き、
ホラー小説は基本的に苦手なくせに、読みました。

いや~~~~。物語の面白さと「ぼぎわん」の怖さにぶっ飛びました。
久しぶりに‘超’面白怖いホラー小説を読みました。

それもそのはず、選考委員の方々が絶賛していらっしゃる。

ぼぎわん

小学生の時、奇妙で怖い体験をした、田原秀樹。
だが、大人になり結婚し子供を授かった。
ある日、田原に奇妙な事件が起こる。
会社に女性が訪ねてきたと同僚が教えてくれた。
だがその女性は妙な事を言ったという。
「チサさんはいますか?」と・・・。
田原の妻は妊娠中で出産を控えていた。
生れた子どもが女の子だったら、娘に
「知紗」と名づけるつもりだったのだ。それがなぜ・・・?
その時、知らせてくれた同僚の異変に気づいた!
ワイシャツの腕が真っ赤に染まり、血が
流れ出ていた!?悲鳴を上げる同僚。
一体何が起こったのか!?

やがて、娘が生まれ、知紗と名付け、妻と3人で幸せに暮らし、
SNSでパパ友の会を立ち上げイクメンを気取った。
だがある日異変が起こる!家に置いていたお守りが
ずたずたにされており、妻子は恐怖に震えていた。
田原はすぐに友人の民俗学者に相談する。
その時またもや、自分の家族を呼ぶメールが届く。
危機を察した田原は、オカルトに強いライターを紹介され、
その伝手で比嘉真琴という霊媒師に出会う。
だが、真琴から言われたのは「奥様を、娘さんを愛してあげて
ください。」たったそれだけだった。
田原は怒りを通り越し、強い憤りを感じた・・・。

しかし、真琴の田原に対する指摘は的を得ていたのだ!

子どもを狙う「ぼぎわん」。それは伝承の中の怪物。
家族に隙間が出来るとそこにつけ込み、子どもをさらおうとする
怖ろしい怪物だ。
霊媒師・比嘉真琴をもってしても消滅させることができない。
他の霊媒師と力を合わせ、ぼぎわん退治に乗り出すが、
一人の霊媒師が「こんな恐ろしい者、よばないと来ない」と
謎の言葉を残し去ってしまった。

得体の知れない何かに脅かされる主人公。
じわじわと何か恐ろしい者に魅入られたのだと気づく。
それが子供のころの体験から来るているという伏線。
ぼぎわんがなぜ田原の子どもをさらおうとするのか?
呼ばなければ来ないという意味は何か?

ぼぎわんの恐ろしさが際立っている!
そしてさらに、「ぼぎわん」が現れた真相に驚愕する。

得体の知れない怖ろしい怪物との闘いと、
それがなぜ現れたのかを追うミステリー仕立て。

とんでもなく恐い!とんでもなく面白いホラーミステリーだ!

『ぼぎわんが、来る』
著者:澤村伊智
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600 文庫版:¥680(いずれも税別)

型破り皇后さまの闘い!「紅霞後宮物語第三幕」

衝撃の面白さではまってしまった「紅霞後宮物語」!
その第三幕もあっという間に読みました。
益々面白くなるこのシリーズ!!

著者の雪村さんが子供のころから大好きという、
中国歴史、後宮もの、戦う女性など
好きに満たされた作品!
巻を増すごとに物語の面白さが増す。
さらに文林と小玉をとりまく「闇」の深さも増す!
著者のこだわりがまっすぐに伝わってきて、
読んでいると楽しくて仕方ありませんよ。

紅霞3幕

不世出の女軍人である、関小玉が皇后になって
早、2年が過ぎた。
この2年間の間に、様々な事件が起こった。

後宮では大規模な人員整理が行われ、多くの娘たちが
後宮を後にすることになった。
小玉は、皇帝・文林に新たな側室を薦めようと画策する。
娘たちが後宮をが去る際、文林がそのものたちに最後に
声をかけるという場を設け、新たな出会いをセッティングした。
だが、文林は全くのって来ない。
あきらめようとしたとき、文林が1人の娘に名を尋ねた。
彼女の名は、謝月枝。
文林はこの日から、謝月枝のところに入り浸る!?
荒れる後宮は、謝月枝派と皇后派に分かれてしまう。
そして小玉は、二人のもとへ赴き皇后位の返還を表明するが、
何だか話が・・・・?????困惑する小玉。
そしてこの件が一旦片付いたころに大事件が発生する。

またもや反逆・・・
それは、馮王家の城から戦火があがった!
小玉と、小玉の友・明慧の軍が馮王家に向かう!

毎回、毎回、小玉と文林の関係は笑わせてくれる。
しかし、今回小玉はとうとう文林に捨てられたのかと
本気で思ってしまいました。
それとこの3幕、めちゃめちゃ悲しい事件が待っています。
このシリーズのファンならば、しばらく立ち直ることが
出来ないくらい悲しい。
そして、文林の失脚を狙う、深すぎる闇。
だれが背後で操っているのか?
益々わからなくなる。

シリーズ四幕の展開に期待!

『紅霞後宮物語 第三幕』
著者:雪村花菜
出版社:KADOKAWA(富士見L文庫)
価格:¥580(税別)

圧倒的心理描写で迫る!「許されようとは思いません」

芦沢央さんの「罪の余白」は第3回野生時代フロンティア文学賞受賞作。
映画化され、話題を読んだ。角川文庫で発売され、ロングセラーになっている。
「罪の余白」は読み始めた時、凄いと思った。ドキドキしながら読んだ。
自分の罪をひた隠そうとする、主人公。その心理描写の上手さに驚いた。

そして、本書「許されようとは思いません」(新潮社)は
その心理描写の上手さがさらに際立つ、ミステリー短編集だ。

許されようとは

表題の「許されようとは思いません」
第68回日本推理作家協会賞短編部門ノミネート。
祖母の納骨をするために、祖母が暮らしていた田舎にやってきた
青年とその婚約者。青年の母と待ち合わせをするが・・・・。
そこで、青年は婚約者に自分の祖母が曽祖父を殺害するという事件
を起こし、村八分にされた事を話し出す。
青年にとっては優しい祖母だった。祖母を殺人へと駆り立てた
曽祖父と村の人たち。祖母の苦労と悲しみを婚約者と共に
分かち合っていると、婚約者はあることに気が付く!

「目撃者はいなかった」
新人の営業マンは、成績不振。今月も最下位かと思っていたら
なんと上位に喰い込んでいた・・・。
さらに、自分の売上金額を見ると、思っていた以上に多いことがわかる。
なぜだ・・・。そして確認するととんでもないミスを犯していたことに
気が付く。皆の前でほめられた手前、ミスを犯していたことを言い
出せなくなった新人くんはあることを思いつく。それは隠蔽工作。
気が小さな新人くんは、隠蔽工作途中にで起きた事故の目撃についても
必至になって隠そうとするが、嘘に嘘を重ね、自ら破滅の道へ・・・・。

「ありがとう、ばあば」
孫可愛さに、9歳の孫娘を自分の思い通りにコントロール
しようとする祖母。そして抑圧される孫娘。自分の母親が
祖母にやり込められる場面を見る孫娘・・・・。
時に何も語らず、一切の感情を無くしてしまう孫娘を
気遣いつつも、自分の価値観を押し付け続ける祖母・・・。
だが、その果てには・・・?

「姉のように」
小さいころからなんでも出来て、幸せな結婚をし、さらに絵本作家
になり成功した姉をずっと慕ってきた妹。姉のようになりたい!
と願い、結婚し可愛い娘も出来た。悩みはいつも姉に相談した。
だが、そのあこがれ続けた姉が事件を起こし逮捕された!
その衝撃で、妹は徐々に自分を見失ってゆく・・・。
そしてその矛先は・・・?

「絵の中の男」
曰くつきの絵を家に飾ったらその家で人が死んだ・・・。
その画家について語る、元家政婦。
その画家には暗い過去があり、その過去の苦しみは
絵を描くことによって忘れられた。
だがその絵は『地獄絵図』のようだった。
人の心を芯からざわつかせる魔力を持つ絵。
地獄絵図に込められた画家の情念・・・・。
だが、その画家は夫を殺害した罪で服役中だった・・・。

5編の短編集の中でも、
「目撃者はいなかった」は、多少、後ろ暗い事を
した経験のある人は読んでいて背筋が凍ります。
手に汗をかいてしまうくらい・・
それほどリアリティのある心理描写。
「ばあば、ありがとう」は孫娘を自分の思い通りに
コントロールする祖母が描かれているが、
自分の事描かれている?と勘違いしそうになる。
「姉のように」は、罪を犯した姉のようになるのでは?
と思い込んだ妹が次第に追い込まれ、心が壊れてゆく
過程が臨場感あふれた筆致で描かれ、目が離せません。

本当に、のめり込んで憑りつかれたように
一気読みしてしまいました。
圧倒的な心理描写にノックアウトさせられる!
凄いミステリー作家の登場です!

『許されようとは思いません』
著者:芦沢央
出版社:新潮社
価格:¥1,600(税別)

薬丸岳氏、吉川英治文学新人賞受賞後第1作「ラストナイト」

薬丸岳さん、「Aではない君と」で吉川英治文学新人賞を受賞後の第1作が
この「ラストナイト」です。

数々の罪と罰に向き合い、その都度作品の奥深さが増してゆく、
薬丸岳さん。
今回は、「累犯者」に焦点を充てた哀しく切ないミステリーです。

ラストナイト

菊池が義理の息子と営む居酒屋「菊屋」に35年来の友人・片桐が現れた。
片桐は、かつてこの店で傷害事件を起こしから
妻・陽子と離婚。その後「累犯者」として32年間
何度も刑務所を出たり入ったりしている。
その容貌は異様・・・。
顔にタトゥー。片手は義手。
ひと目見て、誰もが恐れる姿をしていた。

そして今回も出所してすぐにほかの客とトラブルを起こしそうになる。

片桐は陽子と幸せな結婚をしていた。だがこの傷害事件が
きっかけで全ての歯車がくるってしまったのだ。
菊池は片桐に対し、申し訳ない気持ちもあった。
だが、何度も何度も刑務所を行きつ戻りつする片桐に
菊池も堪忍袋の緒が切れてしまった・・・。
そして片桐に最後通牒を突きつける。

最近の薬丸さんの作品は安易に面白かった
と言えないくらい重厚なテーマで圧倒させられる。

「累犯者」になってしまった主人公の男性。
何故、犯罪を繰り返すのか?
5人の関係者、友人の視点から片桐という男が語られ、
やがて「累犯者」となった真相へと繋がってゆく。

主人公本人に語らせるのではなく、
その周辺から浮かび上がる片桐像は常にミステリアス。

顔中にタトゥーを入れるということは、事件を起こしても
すぐに見つかる!逃げ切れない。
そして警察にすぐに捕まってしまい、刑務所へと舞い戻ることになるのに・・・。
そのあたりを考えながら読んでいたら、その真相があまりにも
衝撃的で言葉が出なかった!
切なく重く悲しい、だが極上のミステリーでもある。

『ラストナイト』
著者:薬丸岳
出版社:実業之日本社
価格:¥1,500(税別)

型破り皇后さま大活躍!「紅霞後宮物語第二幕」

衝撃の面白さではまってしまった「紅霞後宮物語」!
その第二幕も読みました。さらにさらに面白かった!

著者の雪村さんが子供のころから大好きという、
中国歴史、後宮もの、戦う女性など
好きに満たされた作品で、読んでいると
著者のこだわりがまっすぐに伝わってきて、
楽しくて仕方ありませんでした。
1作目を読んだらすぐに続きが読みたくていっきに読みました。

紅霞2幕

不世出の軍人と謳われた、関小玉がかつての相棒で今皇帝の
文林に無理やり皇后にさせられてから早1年。
第一幕の高貴妃の事件から、ようやく落ち着きを取り戻した
帝国に新たな火種が飛び込んできた!!

小玉は、文琳の側室が生んだ3番目の皇子・鴻をわが子のように
慈しみ、育てていた。
文林も小玉が育てている鴻だけは可愛いらしい。
だが、鴻は文琳の事が苦手らしい。
父と息子の葛藤がすでに・・・・!?

そんな平和な日々が続いていたある日、
先帝の遺児が現れ、宮中に動揺が広がる。
その遺児が本物ならば、今皇帝である文林の立場が
危うくなる・・・!
そんな中、小玉は文林失脚に備え、軍人らしく文林と
鴻を抱えての逃走計画を練る。
だが、小玉はその遺児の秘密を知り、愕然とする!

先帝の遺児を掲げ、文林失脚を画策する高官たち。
その策謀を見極め、謀反の首謀者をすべて粛清したい文林。
そのすさまじい闘いに、小玉は一人心を痛めたり焦ったり・・・。
小玉の文林に対する想いに胸がキュンとなる。

一体この二人はお互いをどう思っているのか?
常に、どうにかなってよ~と思う。
そこがもどかしい~。

そんなこんなが楽しめる、後宮小説の決定版!
第二幕も面白いですよ~。

『紅霞後宮物語 第二幕』
著者:雪村花菜
出版社:KADOKAWA(富士見L文庫)
価格:¥580(税別)

生活安全課0係第4弾!益々冴えるKY刑事の推理「スローダンサー」

「生活安全課0係」の最新刊「スローダンサー」が
発売!KY刑事・小早川の推理が益々冴えわたる!
第4弾です。

スローダンサー

以前、電車の中で死にそうな女性を救ったことが
あった小早川。その女性は小早川のアドバイスで
今は生き生きと充実した日々を送っていた。
ところが、ある日その女性が友人を連れてきた。
その友人は最近、親友を焼身自殺で亡くしたことで
悩み、苦しみ、せっかく決まった仕事にも行けないという。
親友が自殺したことにどうにも納得がゆかず、
生活安全課0係に相談にきたのだった。

小早川は、まず焼身自殺という点に引っ掛かりを感じた。
自殺のやり方としてはそうめったにあるものじゃない・・・。

だが、その親友は性同一性障害で体は女性だったが、
心は男性で、見た目もほぼ男性にしか見えなかったという。
そういう特殊な理由と遺書が見つかったことで、警察で
自殺と断定されたらしい。

しかし自殺だとは思えない!その女性の心からの叫びと
親友を失い生きる目的すら無くし、引きこもっている
女性を気の毒に思った小早川は調査することに。

調べてみると、意外なことがわかった。
その性同一性障害の女性は、心が男性でありながら
自殺する前に性交渉の痕跡があったという。
心は男性なのに、男性と関係を持つだろうか・・・?
さらなる不審を募らせた小早川は相棒の高虎とその女性の
人間関係を洗いだしてゆく・・・。

警察がすでに自殺だと断定した事件を洗い直すのは
容易には行かない。だが小早川は奥の手を使って
再度、捜査出来るように手配した。

やがて浮かびあがってくる、女性の周辺・・・・。
一体彼女の身に何が起こったのか!?
あまりにも衝撃的で悲しく切ない結末に泣ける!!!

シリーズ4作目ともなると、小早川ってほんとに優しいやつで
まっすぐなやつだということがよ~くわかります。
でも、ややこしい人間関係の解決は出来そうにないみたい・・・・。

まだまだ続きが読みたいけど・・次はいつ出るのでしょうか?

『生活安全課0係 スローダンサー』
著者:富樫倫太郎
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥630(税別)