バチカン奇跡調査官シリーズ、短編集第5弾「三つの謎のフーガ」

「バチカン奇跡調査官」シリーズの短編第5弾は
ミステリー作品3編が収録。
短編だけれど、長編のような読み応え!
難解な謎に挑む、人気キャラたちに思わずニヤリ。

イタリアの次期大臣と目されている
人気の国会議員、ベルージェ氏が
雑誌のインタビュー中、何者かに
狙撃され亡くなった。
多数の目撃者がいる中での殺人。
しかし、誰も狙撃者を見た者はいない。
まるで透明人間による殺人のようだった。
この不可思議な事件の謎を解明するのは
イタリア国家治安警察隊のアメデオ大佐。
しかし、アメデオに解けるはずもなく、
またしても、「あいつ」の力を借りることに。
そして、一番苦手な心理捜査官・フィオナと
ともに事件の捜査を開始した。
【透明人間殺人事件】

チャンドラ・シン博士のもとに、親族の
叔母から連絡が入った。
「夫の遺言を誰も解読できない。解読
できないと息子が相続権を失ってしまう!
知恵を貸して欲しい!」と・・・。
暗号解読と言えば、ロベルトだ。
シン博士は、ロベルトに暗号解読を依頼する。
【ダジャ・ナヤーラの遺言】

休暇を一緒にどうか?と珍しく平賀の方から
ロベルトに誘いがかかった。
そして一緒に「蜘蛛男」が出没するという
村にやってきた。
壁を這って移動したり、車に張り付いたり
と人間ではありえない動きをするという。
平賀は本当に蜘蛛男がいるのではないかと
目をキラキラさせているが・・・。
【スパイダーマンの謎】

身勝手な人間の心の闇に斬り込んだ。
超難解なミステリーあり、
また、緻密な暗号解読の過程が面白く、
さらに親族の絆と愛情の深さに感動したり、
モンスターの意外な正体に驚愕したり・・・。

バラエティに富んだミステリー。
バチカン奇跡調査官シリーズの奥深さに
心が震えた。

『バチカン奇跡調査官 三つの謎のフーガ』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥720(税別)

シリーズ第1作「悪魔と呼ばれた男」が面白過ぎる!

「心霊探偵八雲」シリーズが完結!
八雲ロスに陥っているファンの方々朗報です!
新シリーズ「悪魔と呼ばれた男」が
面白いんです!
絶対に読んで欲しい~。

アメリカで犯罪心理学を学び、
犯罪心理のスペシャリストとして、
警視庁に新たに設立された
特殊犯罪捜査室に呼ばれた、
天海志津香警部補。

天井から吊るされた女性の遺体。
凄惨で残忍な手口、さらに
首の裏には五芒星(ペンタグラム)
の刻印があった。
それは、ここ三年の間に起こった
猟奇殺人事件と酷似していた。
いまだ犯人の目星もつけられない。

天海は、バディとなる阿久津とともに
通称「悪魔」による連続殺人を追うことに。

阿久津は捜査一課のエースで、検挙率NO1。
しかし、謎めいた男で天海を持ってしても
彼の心を容易に読むことができない。
しかも阿久津はなぜか天海が小さい頃
体験した恐ろしい事件を知っているようだった。

次々と起こる連続殺人。
まるで警察をあざ笑うかのように猟奇的だ。
その事件の背後には国政をも揺り動かす
陰謀が潜んでいた。

時系列が入り乱れた場面展開に何度も
ハッとさせられるが、その上手さに
先へ先へと促され、いっきに読んでしまった。

また登場人物は、ほぼ、人間の面を
被った悪魔のようだ。
恐ろしい企ての数々に戦慄する。
誰が本当の悪魔なのか!?

ラストのどんでん返しは圧巻!!

シリーズ2作目「悪魔を殺した男」(講談社)
発売中。(本体価格1,750円)

『悪魔と呼ばれた男』
著者:神永学
出版社:講談社
価格:¥880(税別)

バチカン奇跡調査官シリーズ、本編第16弾「王の中の王」

大好きなバチカン奇跡調査官シリーズです。
本篇も16作目に突入!

今回の作品は、本当に神の奇跡が
起こったのでは?と思えるほど
不可思議な現象が現れます!

オランダ・ユトレヒトの小さな教会
聖ファン・クーレン教会では、カソリック
聖体祭の日は、聖遺物巡礼を行う。
協会の秘密の地下倉庫に『聖釘』が
収められている木箱が厳重に保管
されているのだ。
さらにこの年は、主の足跡の奇跡が
メディアで取り上げられ協会は
にぎわっていた。

その夜、教会で突然停電が起こった
そして、三つの光る球体が教会に
現れ、虹色に輝く光となって教会を
移動した。
その時、司祭の頭上で神の声が響いた。
それは町の未来の予言だった・・・・。

バチカンにその奇跡の申告があり、
奇跡調査官のロベルトと平賀は
現地へ飛ぶ。

二人は、光を目撃した人びとの
聞き取り調査を行った。
彼らは、天使と会った、病気が
治ったなどそれぞれ違う体験を
語った。

ロベルトは、隠し協会と言われる
聖ファン・クーレン教会の歴史を調べ、
平賀は奇跡が起こったとされる
協会の中、細部を科学的視点から
調べ尽くす。

隠し協会に伝わる至宝「王の中の王」
とはいったい何なのか?
14世紀のオランダの歴史を紐解き
ながら物語は奇跡の正体に迫ってゆく。

そして、彼らが導き出した真実とは!?

奇跡調査の行方もどうなるか気になるが、
物語の中で語られる、ヨーロッパの
歴史や宗教に関する記述がとても
興味深いです。

真実は常に歴史の中に埋もれている!?
今作も文句なく面白いです!!

『バチカン奇跡調査官 王の中の王』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥680(税別)

横溝正史「人形佐七捕物帳」おすすめです。

中学~高校時代は、横溝正史ブームだった。
石坂浩二さんが金田一耕助を演じた、角川映画
「犬神家の一族」のポスターのインパクトが
凄すぎて忘れられない。

学校の図書館では、探偵・金田一耕助
シリーズが人気で、本が戻ってくると
すぐに貸し出されるという繰り返しだった。

お小遣いを握って本屋に行っても売り切れ続出。
でも多分何とか読んだと思う。
「犬神家の一族」「悪魔の手毬歌」
「八つ墓村」「獄門島」「女王蜂」・・・。
めちゃめちゃ面白かったし、その
おどろおどろしい横溝ワールドに
どっぷりはまってしまっていた。
十代の女子はわりと、この
おどろおどろしさが好きだったと思う。
テレビでは、古谷一行さんの金田一耕助
シリーズが放送され、夢中で視ていた。

横溝正史と言ったら=探偵・金田一耕助
というイメージが強かったので、先日から
ドラマ放送されていた「由利麟太郎」は
多分初めて知ったと思う。
金田一耕助の前に横溝正史が創り上げた
スマートでスタイリッシュな探偵。

そして、最近になって横溝正史が時代劇で
ミステリー小説を描いていたことを知った。
(由利麟太郎ドラマ化で〇十年ぶりに
横溝作品を探していたら出会った。)

腕利きの岡っ引きを父に持つ佐七は、
かなりの美形で女性にもてた。
父が死んでからは、ぶらぶらしていたが、
羽子板になるくらいに美しい3人の
江戸小町たちが狙われ、殺害されると
いう事件の犯人を導き出したことから
江戸で起こる事件を次々と解決してゆく。

顔良し、度胸あり、さらに明晰な頭脳と
推理力で、颯爽と事件を解決してゆく佐七。

その過程で、運命の人との出会い、
さらに信頼できる子分たちと出会い、
佐七は、江戸の岡っ引きとして成長してゆく。

粋な江戸の町を舞台に繰り広げられる事件は、
横溝正史だけが描ける独特の世界観が
読者を惹きつけていると思う。

そしてこの短編集は、人形佐七捕物帳の
中でも特に厳選された作品が収録されている。

『人形佐七捕物帳傑作選』
著者:横溝正史/縄田一男編
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥800(税別)

バチカン奇跡調査官シリーズ、短編集第4弾「天使と堕天使の交差点」

大好きなバチカン奇跡調査官シリーズです。
短編集もなんと第4弾!!
いつものロベルト&平賀、ほかにチャンドラ・シン博士、
ビル・サスキンス捜査官、そして青年司祭・ジュリア
が登場します!

イタリアの宝石店に現れる、処刑された女性・
ベアトリーチェの幽霊を払うためエクソシストを呼んだ店主。
バチカンの神父・ロベルトと名乗ったが
それは偽ロベルトだった。その汚名を晴らすべく、
平賀とロベルトは、宝石店に向かう。
そして二人はベアトリーチェと思われる霊と遭遇
するが・・・・?

ロベルトと平賀、またバチカンを翻弄する、
美貌の青年司祭・ジュリア。彼は上司である
ルッジェリのために豪奢な宴を催す。
しかし、その宴に出された豪華な食事には
恐るべき秘密が隠されていた・・・。
神をも恐れぬ、ジュリアの奸計に絶句する!

FBI捜査官ビル・サスキンスの前に現れたのは
美しき秘密工作員、エリザベート。
彼女は、ウオーカー博士が追う陰謀にビルの両親が
関与していると疑い、さらにFBIに巣食う
イルミナティの動向を探るため、ビルに接触を試みた。
しかし・・・・!二人はどうなる・・・!?

チャンドラ・シン博士は、熱心なジャイナ教徒だ。
ジャイナ教で最も守らなければいけないことは
非暴力・不殺生である。
ある日シン博士は、仕事中のうっかりで、ねずみに
怪我を負わせてしまう。パニックに陥ったシン博士。
彼が助けを請うたのは、ロベルト・ニコラス神父だった。
いつもクールで感情を読み取れないシン博士。
しかし、博士の人間的魅力がたっぷり味わえる一編。

今回は、偽ロベルト事件から端を発した幽霊騒ぎや
チャンドラ・シン博士の意外な一面、ビル捜査官の
近況、そして天使の貌をした悪魔・ジュリアの
恐るべき所業が描かれる・・・。

ユーモアとシリアスとホラーがミックスされた
極上の短編4編が収録!
文句なく面白いです!!

『バチカン奇跡調査官 天使と堕天使の交差点』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥640(税別)

「浮雲心霊奇譚」シリーズ第3弾「菩薩の理」。

神永学さんの「浮雲心霊奇譚」シリーズ
第3弾「菩薩の理」を読みました。

今回は浮雲さんと八十八さんとの間に確執が
生れてしまいますが・・・。
浮雲さんの八十八さんに対するイライラ感に
ちょっと共感してしまいました。

幕末の混沌とした江戸で怪異事件が続発する!
そんな事件は、一人の「憑き物落とし」が秘密裏に
闇へと葬っていた。その「憑き物落とし」の名は「浮雲」。
白い着物をさっそう(?)と着こなし、
目に赤い布を巻いている。
絶対におかしなかっこうだと思うが、怖くて誰も
突っ込めないだろうと思う。
実は彼は、「死者の魂」を見据える「赤い瞳」
を持っていた。人間はそちらのほうに恐れを抱くのか?
そして、どこへ行っても、俺流を貫く浮雲は、
死んだ者がこの世に遺した想い・・彼らの声を聞く。
それこそが真実!それこそが事件解決の鍵!

「死人の理」
ある呉服問屋に死んだ娘の幽霊が出没した!
さらに棺桶に入れたはずの櫛が見つかり、
娘の墓を掘り返したところ、亡骸が消えていた!?
相談を受けた八十八は早速、浮雲の棲む神社へと向かうが・・。

「地蔵の理」
首なし地蔵で首なし死体が出たとの通報を受けた
八王子千人同心・林太郎は、そこで不気味な死体を発見する。
そこへ、一人の女が現れた。女は「地蔵様が仇をとってくれた」
と狂喜した。その直後青白い光を見た林太郎は幽霊に憑依された!?
近藤勇からの依頼で現地へ向かう浮雲と八十八だったが・・・。

「菩薩の理」
首なし地蔵の事件のあと、またしても怪事件勃発!
今度は、夜毎、無数に現われる赤子の霊におびえる男の依頼だ。
しかし浮雲は彼の依頼を渋る。その姿を見た八十八は
浮雲に対しとうとう怒り心頭となってしまった!
八十八は、一人男の依頼を受けるが、その恐ろしさに絶句!
結局浮雲に助けられることとなった。
そして憑きもの落としに関わった浮雲は、
その背後に妖しげな人物の邪気を察知する!?

邪悪な心を持つ怪しげな人物が暗躍、そして
第1弾から登場していた謎の男「土方」に加え、
今回は近藤勇、無敵の少年剣士、宗次郎も登場する!
(もしかして沖田総司!?) 

新たな展開に益々面白くなるシリーズ第3弾!

『浮雲心霊奇譚 菩薩の理』
著者:神永学
出版社:集英社
価格:¥1,200(税別)

バチカン奇跡調査官最新作!出ました。「ジェボーダンの鐘」

大好きなシリーズ「バチカン奇跡調査官」の最新作を
読みました。

毎回楽しみ!今回の奇跡現象も凄い!

フランスの小さな村の教会で、山の洞穴に
ある聖母像を礼拝している時、舌がなく
長い間鳴らなかった鐘が鳴り、青い鳥の
歌声を聞いた全盲の少女の眼が見えるように
なったという現象が起き、バチカンに奇跡
調査の依頼が届いた。

奇跡調査官であり、古文書解析のエキスパートの
ロベルトは、その頃、出自不明の福音書らしき
ものの調査を行っていた。
そして奇跡調査のパートナー、平賀と共に
送られてきた奇跡現象の動画を視た。
明らかにそこで奇跡が起きている・・・!?
2人は早速現地へ飛んだ!

今回は、村の掟や古くからの言い伝えを
守りながら生活している村人たちが
多数登場する。山に潜む怪しい怪物や
精霊、妖精なども登場し、まるでファンタジーの
世界が広がる。
しかし不気味な謎も用意されミステリー好きを
ワクワクさせる。

さらに、クライマックスに繰り広げられる
ロベルトの「ローマ帝国」「キリストの登場」
「聖書」にまつわる歴史を語るシーンが
とても印象的で非常に興味深い!
そして二人の優しさ、慈悲深さに感動させられる。

著者の博学ぶりがいかんなく発揮された作品。
面白いです!!!!

『バチカン奇跡調査官 ジェボーダンの鐘』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥720(税別)

思わず息をのむラスト!「放課後に死者は戻る」

[タイトルとイラストに惹かれて手に取ってみました。
秋吉理香子さんの「放課後に死者は戻る」。
ちょっと不穏なタイトルなんですが・・・・。

映画化された「暗黒女子」続く学園もので、
主人公は男子生徒です。

ある日目覚めると、知らない人たちが知らない名前で
僕に必至で呼びかけていた。
一体何が起こっているんだ?
まわりを見ると、白衣の男性や女性。
どうも病院らしい・・・・。

でもなんで僕は全く別人の名前で呼ばれているの?
鏡を見た僕は愕然とした。
鏡に写っているのはオタクのダサい顔じゃなく、ものすごく
ハンサムな男の子だった。

そして、思い出した!僕はある日教室の机に入っていた
手紙で呼び出され、崖から突き落とされたのだ。
その時、僕を助けようとし巻き添えになった美形の男の子の顔と
同じ顔だった。

そうか・・・彼と入れ替わってしまったのか・・。
じゃあ、僕は死んでしまったってこと・・・?

状況を把握した僕は、無性に腹が立ってきた。
なぜ僕は殺されなければならなかったのか!?
誰が僕を殺したのか?

退院した僕は、元いたクラスに転校し、入れ替わった
姿で犯人捜しを始めた。
動き始めた僕に誰かが警告を始めた。

華やかなイケメンとしてクラスメイトに接する僕。
オタクでダサかった僕には誰も声をかけてくれなかったのに・・。
こうして接するとみな良い奴に思えてくる。
でもこの中に僕を殺したやつがいる・・・。

スクールカーストの中で、自分自身の居場所を
必死で探す高校生たち。
そんな高校生たちの生き方を読んでいると
切なくなる。
青春ってみな等しくあると思っているのに
今の高校生たちは自分らしく生きることが出来ないのか?

そんな思いを抱きながら読み進めていくと、謎解きの過程もスリル満点だ。
ギリギリまで僕を悩まさせる謎の警告者。
美青年にからむクラスで浮いてる女の子。
そして、オタクで仲の良かったたった一人の親友。

彼らがどう交差してゆくのか?
ラストに明かされる真実に思わず涙、そして息を呑む展開に!
切なさの先にある希望の余韻が心に残る青春ミステリー。

『放課後に死者は戻る』
著者:秋吉理香子
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥593(税別)

アニメ化大好評!バチカン奇跡調査官シリーズ最新作「二十七頭の象」

アニメ化され、大好評の「バチカン奇跡調査官」。
シリーズ最新作は、ロベルトと平賀のほかに、
イタリア警察のカラビ二エリ・アメデオ大尉&
美貌の心理捜査員・フィオナが登場!!
今回は、フィオナの魅力が全開です。

アメデオ大尉とフィオナが悪魔が絡む事件を追う!
結構、怖かったです・・・・。

バチカン美術館にある絵画の前に、マリア様が
現れて、予言をするらしいとの噂が囁かれていた。
ロベルトと平賀は、早速その真偽を確かめるよう
命じられた。
2人はその噂の元を手紙でバチカンに知らせてきた女性に
会いに行った。
彼女のスマホに謎のメールが映像添付で送られてきていた。
その映像は、バチカンの2人が見ても目を瞠るほどの
衝撃の内容だった!

一方、ローマ郊外の町では不可解な事件が頻発していた。
十字路に描かれた奇妙な紋章の上で連続して変死体が
見つかったのだ。
カラビニエリのアメデオは、必死で捜査をしていた。
その現場で、心理捜査員のフィオナと出くわす。
フィオナの行動が全く把握できない、アメデオは
警戒感を抱くが、二人で捜査を進める内に、
事件が起きる前に「悪魔のようなもの」を
見たと証言する目撃者が現れた。
オカルト的な現象が全く信じられないアメデオは、
またまた、難事件にぶち当たったと頭を抱えた。

マリア様の予言と連続変死事件。彼らが抱える
2つの謎は、やがて世界を混乱に陥れてゆく・・!

とうとう本物の悪魔の登場か!?

今回は、フィオナの変人っぷりが面白くて小気味よい!
また、ぶっきらぼうなアメデオが意外と家族思いで
子どもたちにものすごく優しいということがわかる。
さらに、ローレン失踪の真相が明らかに!!

面白怖い!シリーズ最新作です。

『バチカン奇跡調査官 二十七頭の象』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥720(税別)

心霊探偵八雲ANOTHERFILES第4弾、味わい深い短編集。

心霊探偵八雲シリーズは、本編の第10作目が発売に
なりました。(まだ読んでいないのですが・・・・。)
ファンは待ちに待っていた作品。

その発売前に、心霊探偵八雲ANOTHERFILESシリーズ
第4弾「亡霊の願い」が発売になっています。
先日やっと読みました。

八雲と晴香、何だか久しぶりに友達に会ったっていう
感じで読んでしまいました。

八雲と晴香が通う大学では、学園祭が近くなって、何となく
ざわついている。

晴香はサークルの発表の準備で忙しい中、
友人から心霊相談を受け、八雲に助けを求めに行くが
いつものきつ~い言葉を浴びる羽目になる。

演劇部の友人からは、練習中に妙な出来事が続き、
それが霊の仕業ではないかと相談を受ける。

自分は呪われていると八雲に相談する女性。
その二人を偶然見かけた晴香は心穏やかではない。
晴香の方は男性の友人から、霊に憑りつかれている
ような気がすると相談を受ける。

映画サークルで撮影したホラー映画に妙なものが
写り込んでいた。そして怪現象が・・・。
映画サークルの友人から相談を受けた晴香。
呪いのホラー映画ビデオの行方は!?

友人からの相談に、ついつい乗ってしまう晴香。
八雲はそんな晴香から持ち込まれるやっかいな
事件にため息をつきつつも真剣に取り組む。
霊は何らかの意図があり、誰かに伝えたいのだ。
そんな霊の声を聞く。
八雲の優しさと厳しさが魂を救う。

八雲と晴香、相変わらずの関係だが・・・。
本編新作第10作目が気になるな~。
読みたい・・・。

『心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 亡霊の願い』
著者:神永学
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥600(税別)