衝撃度MAX!『ブラッド・ブレイン②闇探偵の暗躍』

小島正樹さんの「ブラッド・ブレイン②闇探偵の暗躍」
を読みました。

「確定死刑囚」を収監した陸の孤島、
「脳科学医療刑務所」で死刑囚が毒殺された。
「闇探偵」月澤と捜査一課の百成が
事件の真相に迫る!

7年前に月澤が起こした「警察連続殺害事件」
を調べると百成は決心した。

百成は、脳科学医療刑務所の特別矯正監・
早坂に呼ばれた。
この医療刑務所で収監者が毒殺されたのだ。

早坂の命で、百成と月澤は毒殺事件の
調査をすることに。
しかし、その早坂も何者かに殺害
されてしまう。

早坂が死亡したことによって、
非常事態プログラムが発動される。
刑務官、警察官は会議場に集められ
閉じ込められる。
そして、収監者は自由に動ける状態になる。
犯人はそれを狙っているのか?

7年前の警察官連続殺人事件の模倣なのか?

謎が謎を呼ぶ、医療刑務所での連続殺人。
月澤のアドバイスで推理を展開する百成。
犯人の真の狙いはどこに?
そして、真犯人は誰なのか?
やがて百成は信じがたい真実にたどり着く!
その真実が百成の心を砕く。

月澤凌士という強烈なキャラクターと
生真面目な百成のコンビが最強の敵に挑む
シリーズ第2弾。

「医療刑務所」という完全なクローズド
サークルで繰り広げられる警察官連続殺人。
収監者の中で誰が犯人でもおかしくない
怪しい状況。崩せないアリバイ。
密室での不可能としか思えない殺害事件。
そして、想像を絶するトリック!

やりすぎミステリの異名を誇る小島ワールド!
今回も堪能しました。

『ブラッド・ブレイン② 闇探偵の暗躍』
著者:小島正樹
出版社:講談社(タイガ文庫)
価格:¥858(本体¥780+税)

マリア&漣シリーズ第3弾、ただ事ではない面白さ。「グラスバードは還らない」

型破りな女性刑事マリアと
スマートな日系人刑事の漣が
難解な事件を解決する、本格ミステリー。
鮎川哲也賞受賞作、「ジェリーフィッシュは凍らない」
第2弾の「ブルーローズは眠らない」に続く
第3弾「グラスバードは還らない」を読みました。

不動産王のヒュー・サンドフォードが
大規模な希少動物の違法取引に関与して
いるという情報を掴んだマリアと漣は、
ヒューが所有するガラス張りの超高層ビル
「サンドフォードタワー」に向かった。

捜査令状もなし、事前のアポイントも
ない状態で乗り込んだマリアと漣。
当然、門前払いを食らってしまう。

しかし、ヒューの調査を諦められない
マリアは単身、突破を試みる。
漣は上司の無軌道な行動に呆れつつ
タワーに入っているテナントで調査を
開始した。

その直後、タワーが爆破された!
マリアはタワーの中に取り残された!

同じ頃、ヒューの懇親パーティーに
呼ばれていたガラス製造会社の関係者
4名は、知らぬ間に拘束され窓のない
迷宮に軟禁されたことに気づく。
なぜ拘束されたのか理由がわからないまま
戸惑う4人。
「答えはお前たち知っているはずだ」
というヒューからの不気味な伝言に怯える中、
灰色だった壁が突如透明に変わり、
血だまりに横たわる男の姿が浮かび上がる!

ガラス張りの迷宮と言う特異な
シチュエーションで起こる不可能殺人!
犯人と凶器はいったいどこへ消えたのか?
想像を絶するトリックに唖然!

さらに手に汗握る、超スリリングな
タイムリミットサスペンスを絡めた
この作品、シリーズ2作品の面白さを軽く超える。

真相が明らかになるクライマックスでは
前代未聞の逆転劇に思わず絶句!

王道のミステリー展開に、マリアと漣、
二人の魅力がプラスされ面白いことこの上ない!
シリーズを追うごとに面白さが増してゆく!

次回作も期待大!

『グラスバードは還らない』
著者:市川憂人
出版社:東京創元社
価格:¥858(本体¥780+税)

「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズとコラボ!「ラストライン④ 骨を追え」

堂場瞬一さんの3大人気警察小説シリーズ
コラボ企画第2弾は、
「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズと
コラボした「ラストライン④ 骨を追え」だ。

ラストラインの岩倉剛と犯罪被害者
支援課の村野。
二人の刑事が火花を散らす!?

岩倉剛は、南大田署から立川中央署に
異動となった。
岩倉が異動するとなぜか事件が起こる。
岩倉は、「事件を呼ぶベテラン刑事」だ。

相棒と二人、立川中央署管内を
パトロール中、民家から白骨死体が
発見されたと通報があった。

岩倉はその現場を聞いて、10年前に
起こった女子高生失踪事件を思い出した。
調査の結果、白骨遺体は失踪した
女子高生の真中礼央と判明。

岩倉の上司は、事情を鑑み犯罪被害者
支援課の助けを借りることに。

犯罪被害者支援課の村野は、礼央の
両親に10年前の失踪事件を解決できなかった
ことを詫びた。

捜査陣の目は、礼央の交際相手だった
当時の容疑者に向けられたが、彼は
若くして癌に冒され、寝たきりに
なっていた。
そんな彼に対し、岩倉が強引に聴取
をしてしまい、父親の怒りを買う。

村野は被害者支援、さらには加害者
支援についても考えさせられる。

難事件を抱えることになった岩倉と村野。
立場は違えど、真犯人をあげることが
彼らの使命だ。

二人は反発しながらも協力し事件の
真相に迫る!

怪しい人物が次々と登場。
それらの中に真犯人はいるのか?
今作品は犯人当ても楽しめた。

コラボ企画第3弾は、「警視庁犯罪被害者支援課」
×「警視庁追跡捜査係」
8月発売!

『ラストライン④ 骨を追え』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥869(本体¥790+税)