弁護士業界をリアルに描いた本格推理「ミネルヴァの報復」

「鬼畜の家」「衣更月家の一族」「螺旋の底」「殺意の構図」
「敗者の告白 弁護士睦木玲の事件簿」など見事な本格推理を
描く深木章子さんの新刊が「ミネルヴァの報復」。

元・弁護士の著者が、リアルな弁護士業界を背景に描いた、
本格推理作品です。
弁護士睦木玲シリーズ?と思ったのですが、少し違いました。
睦木玲の友人・民事専門の弁護士・横手皐月が主人公。
横手弁護士が離婚訴訟から発展した殺人事件に巻き込まれる物語。

ミネルヴァ

銀座のちょっと裏通りにある、横手皐月弁護士事務所。
民事が専門で離婚訴訟など手がける。
ある日、横手はもと大学の先輩で今はツアーガイドを務める、辻堂に
離婚問題を相談された。
20年ぶりに会う辻堂は、大学時代とはほど遠い、わびしさを
感じさせる男になっていた。
辻堂は性格の不一致と言う理由で妻と離婚したいが妻が離婚に応じてくれないと
相談にきた。
だが妻の代理人の弁護士から辻堂の数々の女性問題が明らかになる。
横手は辻堂に離婚の訴訟を起こしたとして勝ち目はないと言ったが
引き下がらず、愛人である女性と会って欲しいと懇願してきた。
横手はその愛人に会うことに・・・。
そこで横手はこの愛人から、辻堂がヒモ同然の生活をしていると聞いた。
父の遺産である5千万円を相続したこの愛人は、キャッシュでマンションを購入。
辻堂はそのマンションに転がり込んでいたのだ
とにかく横手は、離婚訴訟は無理と愛人にも言い聞かせた。
これでようやく一段落したと思ったが、またもや辻堂の妻の弁護士から
今度は、愛人が妻に嫌がらせを始めたと連絡してきた。
さらに、今度はその愛人が、妻から5千万円の損害賠償請求がきたと
泣きついてきた。
あきれた横手だったが、愛人は横手に弁護を頼みたいと正式に依頼してきた。
だが、着手金がすぐに用意できなかったため、委任状と着手金は後日
ということで改めて面会日を決めたが、しばらくして、その愛人から
訳のわからない電話が入り、その後愛人は行方不明になってしまう・・・。

辻堂の妻と愛人に振り回される横手。だが決定的な事件が起こってしまった。
なんと辻堂の妻が、東京弁護士会の面接室で変死体となって発見されたのだ!

辻堂と妻と愛人の3角関係が複雑にからみあう。
意図的なのか?
そして、横手が辻堂がからんだ話を睦木玲に相談してゆく。
愛人の行方、妻がなぜ面接室で殺害されたのか?
なぜその場所なのか?誰が殺したのか?
その殺害現場に現れる愛人。この殺人は愛人の仕業なのか?

単純に考えてゆくと、愛人が犯人と思うが、文中には
ヒントなのかトリックなのかわからないが著者が意図的に
描いている言葉が出てくる。
そして多分こいつが犯人と思うが、動機も殺害方法も
全くわからないのだ。

常に読者の予想をかわす、裏切る!深木章子女史。
絶対に一筋縄では解明できない奥の奥にある事件の真相が非常に面白い!

2度読まないと多分本当に事件の真実は頭に入ってこない。
それでもこの深木さんの作品は、ひねりにひねった物語が
面白くて、読みだすと止まらない。次の作品を期待してしまう!

『ミネルヴァの報復』
著者:深木章子
出版社:原書房
価格:¥1,800(税別)

孤立した雪のホテルで起こる殺人「ホテル1222」

著者のアンネ・ホルトが尊敬する、アガサ・クリスティへの
オマージュで描いた本格ミステリ。

豪雪で列車が止まり、その中で殺人事件がおきた、
アガサクリスティの名作「オリエント急行の殺人」を
思わせる展開は見事。

ホテル1222

雪嵐の中、列車が脱線事故を起こし運転手が死亡。
乗客たちは近くのホテルに避難。そこで救助が来るまで
数日間を過ごすことになった。
ホテルには充分な備蓄があり、救助をまつだけのはずだった。

だが翌朝、牧師が他殺死体で発見される・・・。
吹雪は止む気配がなく、さらに救助が遅れるとの連絡が入る。

その列車の乗客で、ホテルに避難していた元刑事・ハンネは
殺人事件の調査をすることになるが、またしても遺体が発見される・・・。

吹雪に閉ざされたホテル。極限状態の中で発生した殺人事件。
そして、疑心暗鬼になる乗客たち。
さらにそこへ謎に包まれた乗客たちが・・・。

車椅子の元刑事・ハンネは静かに乗客たちを観察する・・・。
この中に犯人はいるのか?刑事時代優秀な捜査官だった
ハンネの推理が冴え渡る!

ハンネをとりまく多彩なキャラクタの動きが絶妙!
読んでいると誰でも犯人に思える。
謎の提示もうまく、同じシチュエーションの中に
放りこまれているのに読者を飽きさせない
展開は素晴らしい。

ノルウエーミステリーの女王が描く北欧ミステリの
決定版!!

『ホテル1222』
著者:アンネ・ホルト/枇谷玲子訳
出版社:東京創元社(文庫)
価格¥1,200(税別)

モンスター・リカが恐ろしい「リカ」&「リターン」

第2回ホラー小説大賞を受賞した、五十嵐貴久さんの「リカ」。
めちゃめちゃ怖い女性が主人公です。

妻子あるサラリーマンの本間は、ほんの遊び心で
出会い系サイトに登録する。
そしてそこでリカという女性と出会う。
しばらくメールでやりとりをしていたが、リカの異常な
数のメールに本間は背筋が凍った。
本間がリカからのメールを無視するとリカは異常な行動に出る。
本間はたまらずに、元刑事と名乗る探偵に調査を依頼するが、
ある日無残な死体となって発見される。
モンスターと化したリカの執拗なストーキングはさらに
エスカレートする!

リカ

「リターン」は「リカ」から十年後を描いた警察ミステリー。
行方不明となっていた、本間らしき男が遺体となって発見された!
コールドケース専門の刑事・尚美は、リカの仕業だと断定。
十年前、リカは己の欲望を全うするため、邪魔者はすべて排除。
そして、本間を自分だけのものにして、行方をくらました。
そしてようやくリカの影が浮かんできたのだ。
だが、リカを追跡してもなぜか逃げられてしまう。
本間の事件は特捜本部が出来、捜査官総出でリカの隠れ家を
捜すが、全く手掛かりがつかめなかった。
そこで、捜査一課の刑事が出会い系サイトに登録。
リカをおびき出すことに成功する。しかし・・・・。

リターン

「リカ」の異常性が半端ない。自分の想いだけがすべてだ。
そのためならば、人を殺してもなんとも思わない。
その残虐性も際立っている。
深い深い心の闇が広がっている。

また、「リターン」の女刑事・尚美も「リカ」で尊敬する上司を
失った。心が壊れてしまったのだ。
その上司に尊敬と深い愛情を感じている自分に気が付いたとき、
尚美もまた心に闇を持つことになる・・・。

女性の究極の欲望の形をこれほどの描写で描いた本はない。
確かに残虐だが、あまりにも自分の想いにストレートなピュアな
ものも感じられる。
しかしそれが恐ろしい!
2冊とも読みだしたら止まらない!
リカの圧倒的な存在感が読者の心にインプットされる!

『リカ』
『リターン』
著者:五十嵐貴久
出版社:幻冬舎(文庫)
価格:いずれも¥600(税別)

女たちの不気味さを描く、「水の中のふたつの月」

昨年9月に本の学校今井BCで「女のサスペンス」というミニフェアを
行いました。女性が主人公のサスペンス小説を集め展開。
好評だったので、今年もやることにしました。
この「水の中のふたつの月」は今年のサスペンスミニフェアの
ラインナップのひとつ。
乃南アサさんの作品です。
女性の深層心理を描いたら一番!
ということで読みました。

水の中のふたつ

小学生の頃、いつも一緒にいてとても仲良しだった女子3人組。
クラスメートのイケメンくんがなぜかいじめられるはめになり、
何とかそれを止めさせようと、神様に一生懸命お祈りした・・・。
そんな彼がある日行方不明になってしまう・・・・。

それから十数年後、OLの亜理子は恋に仕事に忙しい日々を
送っていた。そんなある日、小学校の時に仲の良かった
恵美から電話がきた。
懐かしい思いから会うことになった二人。
そこへもう一人の同級生・梨紗がやってきた。
大人になった3人。梨紗の美しさが際立っていた。
久しぶりに会った3人は楽しくおしゃべりをした。
だが、酔いが回ってきた恵美が奇妙なことを言いだした。
梨紗と亜理子は慄然とする!

そして、恵美から紹介された彼氏を見て亜理子と梨紗は
驚く!その彼氏は、小学生の時に行方不明になった
イケメンくんに似ていたからだ・・・・。

3人の女性と1人の男性。
仲良しと言いながらお互いを牽制しあう女たち。
1人の男をめぐり、奇妙な4角関係に陥る・・・。
それは遠い過去の原風景を連想させた・・・。

十数年前に起こったカミカクシ事件を軸に
3人の少女たちの過去と、複雑に絡み合った
現在の女性たちの思惑を交互に描き、
やがて戦慄のクライマックスへと続いてゆく。

女性たちの4角関係がいったいどういう結末になるのか?
十数年前のカミカクシ事件の真相はいったいなんだったのか?
その謎の提示に翻弄される読み手。
さらに、仲の良い女性同士に見えるがその裏側は
羨望と嫉妬が渦巻く。そんな微妙な深層心理が
リアルに描いてある。
読み進んでいくと女性の怖さをひしひしと感じてしまう!
サイコサスペンスの傑作!

『水の中のふたつの月』
著者:乃南アサ
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥600(税別)

イヤミスの超超!傑作「鸚鵡楼の惨劇」

「殺人鬼フジコの衝動」「女ともだち」「深く深く、砂に埋めて」・・・などなど。
読後感は最悪のイヤミスを描く、真梨幸子さん。
実は、はまさきもイヤミスはあまり得意ではなく、「女ともだち」くらいしか
読んでいませんでした。

じゃあ、なぜ「鸚鵡楼の惨劇」を読んだのか?
それは、タイトルとその文字のいや~な華麗さに惹かれたから。

でも読んで正解!ブラック過ぎる展開でなのに、不謹慎だと
思うけれど面白くて止まらない!戦慄のミステリです!

鸚鵡楼の惨劇

1962年、西新宿にたたずむ洋館「鸚鵡楼」で3人の人間が
殺害された。
その頃「鸚鵡楼」は料亭で、成金の金持ちたちが足繁く
通っていた。
洋食屋の‘ぼく’は、よく鸚鵡楼の近くの「置屋」に
出前に行っていた。そこでとてもきれいな同級生・ミズキと
出会う。ミズキには誰にも言えない秘密があった。
けれど、‘ぼく’はある日、ミズキの秘密を知ってしまった。
それは‘ぼく’がパンドラの箱を開けてしまった頃だった・・・。

それから約30年後、一人の男が幼女強姦の罪で裁かれた。
そしてバブルまっただ中、罪深き男を愛した女はおぞましい
過去を振り切り、幸せな結婚をし息子も授かり、
セレブ女性の代弁者としてエッセイを描き、イギリス郊外の
カントリーハウスのようなマンションに住んでいた・・・。
そのマンションはかって「鸚鵡楼」があった場所だった・・・。
セレブ妻のエッセイは、身近な人間のちょっとした
秘密を暴き、皮肉り、嫌味を含んでいる。
次第にエスカレートするエッセイの内容に、同じマンションに
住んでいる女性たちから距離をおかれるようになる。

頭の切れる幼い息子になぜか怖れを抱くセレブ妻は、自らが
創りだした妄想にとりつかれ、やがて狂気の淵に迷い込む!
そして、とうとう嵐の夜に惨劇が繰り返されるのだ!!

人間の残酷さ、不気味さ、悪意・・・人間の闇をここまで
大胆に描いた作品はないだろう・・・・。
「鸚鵡楼」を舞台に引き起こされた惨劇は、憎悪の連鎖だ。
クライマックスで、2つの事件の裏に秘められた人間たちの思惑
が明らかになった時、鳥肌物の衝撃が襲う!
救いはない・・・。けれど読み出したら魔物に憑りつかれたように
一気読み!

『鸚鵡楼の惨劇』
著者:真梨幸子
出版社:小学館(文庫)
価格:¥730(税別)

肥大する悪意を描く!「罪の余白」

芦沢央さんの「罪の余白」は第3回野生時代フロンティア文学賞受賞作。
これは著者のデビュー作。

読み始めた時、凄いと思った。
キャラクターの心理描写の上手さに驚いた。
これがデビュー作・・・?

早速、映画化された。主演は内野聖陽さん。

罪の余白

嫌がらせの過程でクラスメートを転落死させてしまった美少女、咲。
スクールカーストの頂点に立つ咲は、常に頭が良くて良い子を
演じていた。
咲はそんな自分の立場を守るために、このことが明るみに出ないように
次々と隠蔽工作を繰り返す。

行動心理学者の安藤は、愛する妻に先立たれ、残された娘を
大切に育てていた。
その娘が学校で転落死した。
クラスメートからの手紙には「全然悩んでいるようには見えなかった」と
書かれていた。娘の死の真相を知りたいと強く願う安藤。
そんな時、親友だったという少女が娘の弔問に訪れた。
安藤はその少女に娘のことを聞こうとするが、少女にさらりと
かわされてしまう。
だが、娘の日記を捜すと言うと、少女も一緒に探し始める・・・。
そして娘の日記がパソコンのなから見つかる。
少女とともにその日記を読んだ安藤は、娘がいじめられているのを
初めて知る。
そして少女は、その日記の存在を知り恐怖にかられる!

娘の復讐を願う父と、自らの犯した罪を隠蔽しようと画策する少女。
次第に崩壊してゆく二人の心が緻密に丁寧に描かれている。
そして、その過程で肥大してゆく少女の悪意のすさまじさに驚愕する!

人の悪意はどこまで肥大するのか?少女の罪は暴かれるのか!?
父の復讐はかなうのか!?

緻密な心理描写、驚異の展開で読者を魅了する!
他の作品も読んでみたいと強く思った。

『罪の余白』
著者:芦沢央
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥600(税別)

デビュー作も凄かった!P・ルメートル「悲しみのイレーヌ」

昨年発表された、このミス海外編1位「その女アレックス」の
著者、ピエール・ルメートルの最新刊「悲しみのイレーヌ」を
いっき読みしました。

「その女アレックス」は著者の作品の第3作目に当たり、
「悲しみのイレーヌ」は第1作目でデビュー作です。

イレーヌ

「悲しみのイレーヌ」は、「その女アレックス」に登場する刑事が主人公です。
刑事の名前はカミーユ・ヴェルーヴェン警部。
チェインスモーカーの母親は、カミーユを妊娠していた時も
変らず喫煙していたため、カミーユは発育不良で、成人しても
身長が145センチ。それでも美しい妻を得て、さらにもうすぐ
子どもも生まれるという幸福の絶頂にいた。

また、仕事では優秀な捜査官で彼のまわりには優秀な部下たちが集った。
そんなある日、部下の一人から殺人事件の知らせが入った。
その現場は、彼らが今までに見たこともないほどの残虐さだった。

女性二人が殺害されたらしいが、身体がすべてバラバラにされている上に、
頭部も原型をとどめていない、誰のものだかわからない死体だった。
狂気としか言いようのない現場。そしてそこに残る奇妙な指紋。
ヴェルーヴェン警部たちはいったいどこから手を付けてよいのかわからない状態。
これまで経験したことのない事態に、皆ショックを受けていた。
だが、ヴェルーヴェンは何とか皆を鼓舞し事件解決に向かうよう捜査の指揮をとる。
手掛かりは、「奇妙な指紋」だけ。
そして難解なパズルのピースをひとつひとつはめていくような地道な捜査の結果、
ある重要なヒントが見つかる。
「指紋」を追った結果、事件はこれだけではなく以前にもあり、その事件現場はみな
有名なミステリー小説の殺害現場を再現したものだったのだ・・・。

「その女アレックス」でこれまでにないミステリーの世界観を示してくれた著者。

ただの犯罪小説で終わる理由がない・・・。と思っていたら・・・。
この作品にはまだ壮大な仕掛けが施されていた。

最後まで読まないと絶対に辿りつけないその大きな仕掛け。
それに気が付いた瞬間、思わず唸ってしまった!
デビュー作でこれだけやってしまうミステリ作家っていったい何者!?

ある意味「その女アレックス」以上の読後感。
このルメートルと言う作家、ただ者じゃないですぞ!

『悲しみのイレーヌ』
著者:ピエール・ルメートル/橘明美訳
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥860

今人気の警察小説作家勢揃いの警察アンソロジー「タッグ私の相棒」

警察小説ファンにはたまらない!アンソロジー集が出ました!
しかも「私の相棒」。
タッグを組む相棒についての描かれた警察短編集です!

相棒

第1話「光陰」今野敏
若い時、安積はある事件で初めて須田と一緒に仕事をすることなった。
須田を見たとき、安積は、鈍そうな奴!と思った。
ところが、須田は事件に対しては独特の勘を持つ。
それに気づいた安積は・・・・。
若き日のいけいけの安積刑事が須田との触れ合いによって
思慮深い刑事に変ってゆくところが面白い!!

第2話「張り込み」西村健
荒川署のミステリーオタクと食道楽の二人の刑事は全く
相性が合わない。二人でいつ果てるともない張り込みを
続けるが・・・・。その張り込みがとんでもない展開に!!
かなり笑える!

第3話「真夜中の相棒」柴田よしき
「RIKO」シリーズに登場した私立探偵・麻生。
彼の警視庁時代を描く!
何を考えているのかわからないと言われる麻生。
狭いアパートで胸を一突きで殺害された事件。
顔見知りの犯行と思われたが、麻生は一つ
気になることがあった・・・・。それは猫・・・?
思慮深い麻生刑事が魅力的!

第4話「舞台裏」池田久輝
第5回角川春樹小説賞受賞の著者が初めて挑んだ警察小説。
生活安全部指導班・佐原が昔の演劇仲間と事件に迫る!

第5話「後席の男」押井守
警視庁特車2課の俺と兼子がレイバー席に乗り込む!
兼子の生活音に辟易しながら俺はレイバーを・・・
ところが、事件も解決した頃、SATの上級者が
レイバーにいちゃもんをつけた。切れそうになる二人。
だがそこに現れたのは!?
「機動警察パトレイバー」のスピンオフ作品です!
ひゃ~!!

第6話「弧月殺人事件」柴田哲孝
玉川署の新米刑事・有田はある骨董屋殺人事件の現場にいた。
骨董にくわしい祖父から知識を叩き込まれた有田はこの事件は
一筋縄ではいかないと思った。案の定、上司が有田の祖父に
助けを求めてきた・・・。祖父とコンビを組んで事件を探る
骨董ミステリー。
骨董の知識が半端ないです!

第7話「再会」逢坂剛
「御茶ノ水署」シリーズの迷コンビ、斎木と梢田は小学校の同窓会
の幹事をやることに・・・。犬猿の仲の二人・・・。同窓会で
いったい何が起こるのか!?
このコンビ、あほやないかい!?といつも突っ込みたくなる。

警察小説好きの方々、ご堪能ください!

『タッグ 私の相棒 警察アンソロジー』
著者:今野敏/西村健/柴田よしき/池田久輝/押井守/柴田哲孝/逢坂剛
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,600(税別)

有栖川さんの「臨床犯罪学者・火村英生」シリーズが来年ドラマ化です!

先週のエンタメ系のニュースで気になったのは
「臨床犯罪学者・火村英生」シリーズが来年1月からドラマ化決定!
というニュース。

有栖川有栖さんの『臨床犯罪学者・火村英生」シリーズ
は結構色々発売されているけれど、はまさきは
かっこいいイラストの表紙のものを集めています。

火村英生

なので、今回の主人公の配役もイラストがあるから
想像しやすい。

無愛想でクール、ちょっと変わり者の臨床犯罪学者・火村を
ブレイク中の斎藤工さんが演じます。
はまさきの中ではイメージぴったりだと思いますが、まえまえから
ファンの方はどうなのかしら・・・?

そして火村の唯一の理解者、親友で作家の有栖川有栖を
人気急上昇の窪田正孝さんが演じます。
このキャスティングは最高です!!
今からドラマが楽しみでなりません!

犯罪学者・火村が、現場での実験と称して殺人現場に繰り出し、
難解な密室事件、暗号解読など、火村の天才的ひらめきで
事件を解決に導く!
伝説の本格推理小説がドラマで楽しめる、この嬉しさ!

島田荘司さんの「御手洗潔」シリーズも映画化が決まり、
伝説の探偵たちが実写で登場する。
ミステリーファンにはたまらないニュースです。

『臨床犯罪学者・火村英生の推理 Ⅰ 46番目の密室』
著者:有栖川有栖
出版社:KADOKAWA(角川ビーンズ文庫)
価格:¥705(税別)