怪談実話!超短編だからこそ怖さが増幅!「忌み地」

こんなに暑い夏は、クーラーをガンガンに
効かせた部屋で、一人怪談集を読む!
すると、さ~っと身体が冷えてくる。

土地にまつわる「怪談実話集」。

怪談社の糸柳寿昭氏と上間月貴氏が全国各地の
忌み地、いわくつきの物件を中心に取材した。

二人の取材を元に作家の福澤徹三氏が、
小説風に書きおこした、前例のないちょっと
珍しい怪談実話集。

糸柳さんと上間さんが、事故物件が集中
している場所で不思議な現象が相次いで
いることに遭遇。
その件は読むとほんとに怖い。

50編弱の短編だが、怖さや衝撃を狙った
描き方ではなく、取材したことが淡々と
描かれていて、その語り口がよりいっそう
読んだ時の恐怖感を際立たせているような
感じがする。

物語のようにすべてスッキリ回収されて
いなかったり、これどういう意味なのか?
と思ったりするけれど、そこが実話なのだ
からと改めて認識させられる。

特に怖かったのは、「うなる男」
挿入されたイラストが怖すぎた!
そして、「封印されたアパート」。

怪談好きにはたまらない、百物語。

『怪談社奇聞録 忌み地』
著者:福澤徹三/糸柳寿昭
出版社:講談社(文庫)
価格:¥600(税別)

頭取並・鳥越新之助大活躍!『玉麒麟 羽州ぼろ鳶組』

シリーズ第8巻「玉麒麟」がめちゃめちゃ面白かった!
今回は、頭取並の鳥越新之助に焦点を絞った作品。

侍火消として順調に成長し、今や頭取並!
剣の腕前は府下十傑に数えられる、新庄藩の
鳥越新之助!

新之助は、豪商一家惨殺及び火付け事件の現場で、
娘を人質に、火消したちに剣を振るったとして、
その下手人にされてしまった。

現場で新之助に気づいた、加賀鳶の三番組組頭・
一花甚右衛門は、何かあると直感。
彼を逃すことに…。

凶悪事件の下手人として手配された新之助だったが、
火盗改めや、新庄藩の活躍を妬む江戸の火消したちの
包囲網を次々と打ち破り、逃走を続けた。

彼に一体何があったのか!

一方、幕府の命令で全ての動きを封じられた、新庄藩・
ぼろ鳶組の面々は、新之助に何があったのか?秘かに調査する。

これまでのぼろ鳶組の活躍や、新之助を良く知り、
今回の幕府のやり方に納得できない、江戸の火消したちは
新之助を、また、ぼろ鳶組を助けるために江戸中を奔走する!

江戸を襲う巨悪。それに翻弄される人間たち。
しかし、その中で、正義とは何かを知る者がたくさんいる。
ぼろ鳶組と反目しあいながらも、「江戸の庶民を守る」
という同じ目的のために、正義を全うする人たちのかっこよさ。

江戸の火消したちの熱き思いが物語中にあふれている!

そして、新之助の律義さ、優しさ、そして強さが前面に
押し出され、鳥越新之助ファンにはたまらない!

『玉麒麟 羽州ぼろ鳶組』
著者:今村翔吾
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥780(税別)

新たなシリアルキラー登場か!?『SROⅧ 名前のない馬たち』

富樫倫太郎さんの「生活安全課0係り」シリーズ
はテレビドラマ化され、人気を博している。
ちょっとコメディタッチで描かれた警察小説
なので、ドラマにはピッタリ!大好きなシリーズ。

そしてさらに面白いのがこの「SRO警視庁広域捜査専任
特別調査室」シリーズだ。
久しぶりに新刊が発売された。シリーズ8巻目は
「名前のない馬たち」。

東京留置所特別病棟に入院していた
最凶のシリアルキラー・近藤房子は、
担当看護師を殺害し、脱走した。
そして、近藤の魔の手は、その看護師の
娘に近づいていた。

同じ頃、SROのメンバーにも近藤の影響が広がっていた。
誰もが疲弊していた。

そんな中、SRO室長・山根新九郎は、友人と一緒に
行った乗馬クラブで妙な事件が続いていることを知る。

関東近県の乗馬クラブのオーナーが相次いで亡くなっている
という。いずれも死因に不審な点は見られないが、
そのオーナーと一緒に必ず馬が一頭死んでいるのだ。
そんなことはめったに起きないらしい。

山根の頭の中に新たな事件のイメージが広がる….。
山根の指揮のもと、独自に調査を始めたSROのメンバー。
やがて、北海道のある牧場にたどり着く。

最凶シリアルキラー・近藤の調教ゲームは続く。
新たな殺人鬼が生れるのか?

何かを誰かをとても大切に考えることは良い。
しかし、それがひとりよがりになってはいけない。
あまりにも一つの部分しか見なかったら….?。
恐ろしいことになるかも知れない….。

8巻も面白く、堪能できました!!

『SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室Ⅷ 名前のない馬たち』
著者:富樫倫太郎
出版社:中央公論新社(文庫)
価格:¥820(税別)

本屋さんは大変だ!書店員が大活躍!『店長がバカすぎて』

あまりに面白かったので、ミステリー小説ではないけど
掲載しちゃいます。

でもミステリー的要素もありますよ。

武蔵野書店に勤務する契約社員・谷原京子は
28歳の独身。とにかく本が好きで、
文芸書の担当として一生懸命、本を売る日々。

店長は、山本猛という名前ばかりは勇ましい。
頼りになるのかならないのか・・・。
そんな店長の元、日々イライラが募り笑顔に
なれない日もある。
そんな京子の心の支えは、先輩書店員・小柳真理さん。
小柳さんに憧れて書店員になりたくて、武蔵野書店に
入ったようなものだ。
しかし、ある日小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。
京子にとってその衝撃ははかりしれない!!!

書店の仕事は、とても大変だ。
毎日送られてくる商品、検品、品出し、問い合わせ、注文、返品、
本は重いので、腰痛になる。だいたい書店員は腰痛持ち。

この作品にはそんな書店の仕事の「あるある」があふれている。
そして書店員の悩みが、憤りがあまりにリアルに描かれているので、
共感しまくりで、現場から長く離れていた私自身も
身につまされる場面が数々出てきた。

また、書店員がどれほど本が好きなのか?
それをいかにして読者に伝えようと日々悪戦苦闘
しているか?そのあたりを読むとじわ~っと
胸にしみてきました。

さらに、この店長!バカなのか、それとも凄い人なのか?
わからないくらいに、めちゃめちゃ面白い。
この作品の爆笑要素はすべてこの店長の面白さなのだ。
場の空気を読んでいるのかいないのか!
陰でバカよばわりされているこの店長さんこそがミステリー!

ほかにも謎めいた登場人物がいる!そんな人たちの
謎めいた行動もミステリアス~~~。
クライマックスはまるでミステリー小説の「大どんでん返し」
のようです!

面白いです!めちゃめちゃ面白かったです。

『店長がバカすぎて』
著者:早見和真
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,500(税別)