上野正彦監修「監察医」シリーズ第3弾は3作中で一番面白い!

『炎の画策』『刃の献身』に続き、上野正彦先生監修、監察医シリーズ第3弾『骸の回廊』を読みました。実際に上野先生が扱った事件を元に描かれているので、非常にリアルな事件を警察小説仕立てで堪能できます。

世田谷署管内のマンション建設現場で、首つりした男性の遺体が発見された。
現場に臨場した、世田谷署きっての敏腕刑事・上杉と相棒の新米刑事・正木。上杉は他殺ではないかと疑う。
そして若き女性監察医・如月の解剖によって他殺と判明。
その殺害手口に冷酷な計画性を見出した、上杉と如月は犯人はただものではないと感じる。
同時期に別の場所で発見された水死体。
上杉と正木たちが地道に捜査するうちに、二つの遺体に共通点を見出す。
そこから浮上した有名外科医の存在・・・・。彼の過去とは・・・?

最初の遺体の身元がなかなか判明せず捜査が進まない状況、ひとつの証言から捜査の突破口が開ける瞬間、関係者から聞き取った証言を検証し、裏を取る。そういう過程で次第に明らかになる事件の全貌。
推理小説とはまた違う、警察の事件捜査の過程を小説で読める。
また詳細にとった解剖所見から、水死体がどのように殺害されたのかが判明。
そこが把握できなければ、二つの遺体の共通点は見い出せず、事故で片づけられ、恐ろしい連続殺人を暴くことは出来なかっただろう・・・。
詳細な検屍と地道な捜査で事件の全貌を暴き、無念にも生を絶たれた人を救う。
上野先生のその思いは小説の中でも常に感じることが出来る。
シリーズ3作中で一番面白かった、おすすめの作品です。

『上野正彦原案・監修 監察医シリーズ3 骸の回廊』
著者: 柚原瑠璃子
出版社:ポプラ社
価格:¥680(税別)

宮部みゆき『ソロモンの偽証 第Ⅲ部』衝撃の展開でした!

『ソロモンの偽証』第Ⅱ部‘決意’からとうとう、学校内裁判をすることのなった、第Ⅲ部‘法廷’です。中学生の学校内裁判!?裁判ごっこか!と突っ込むシーンもありますが、凄い法廷劇です。

柏木卓也が学校の屋上から転落死し、当初は自殺かと思われた。
しかし、「柏木くんは殺された」との告発文が登場し、さらにその告発文がマスコミにも漏れ、学校内は大変な事態に。

弁護側、検事側がそれぞれ証人を読んで尋問するシーンは、とても中学生の裁判とは思えないほどの展開。
そして、証人の発言で、被告とされる生徒の背景や家庭問題、転落死した柏木卓也の素顔が明らかになっていく。
果たして、被告は本当に柏木卓也を転落死させたのか?真実はどこにあるのか・・・?
次第に事件の全体像が見えていく中、検事側が召喚した最後の証人に法廷全体が凍りつく・・・。
禁じ手を使って証言台に立つ、最後の証人は何を語るのか・・・・!

読んでるときあまりの面白さに、途中で止めるのが困難なほど。
中学生の法廷劇とはいえ、本格的な法廷小説を読んでいるようだった。
中学生が大人相手にぐいぐい迫っていくシーンは圧巻。
どんな結末にしろ、中学生の目線で事件の決着をみるが、出し尽くされたすべての証言から得た判決は衝撃的だった。
しかしさわやかな終わり方だった。
また、ミステリーでありつつ、常に親子、教師と生徒、友情という別のテーマもあったのではないかと思う。
長編ながら読み出したらとまらない、長さを感じさせない宮部さんの手腕に今回も脱帽です。

『ソロモンの偽証 第Ⅲ部』
著者:宮部みゆき
出版社:新潮社
価格¥1,800(税別)

このミス2位「ソロモンの偽証 第2部」面白さアップです。

ある中学校でクリスマスの夜、転落死した男子中学生の事件。
事故か、事件か、はたまた自殺なのか?自殺だと思われたが、謎の告発文が登場し、学校一の不良中学生が窮地に立たされることになる。
第1部では、事件の始まりと子どもたちの背景、相関、学校内が抱える問題、隠蔽等描かれ、さらに子どもたちがないがしろにされ、同級生が学校で亡くなったのに、本当のことを教えてもらえない・・・。
そのもどかしさ、くやしさ・・・。正義に目覚めた子どもたちが事件の真相を明らかにするために立ち上がるところまでが描かれた。

さて、第2部は「決意」。自分たちの手で真相を明らかにすると決意した、涼子たち。
しかし賛同者は数少ない。学校側、教師たちは生徒たちにの勝手を許さない。
しかし、涼子の決心は揺るがなかった。
真相を明らかにするためには、校内裁判を行うよりほかに無い。
この涼子の決意に学校側の壁も揺るぎ始めた。
そして、子どもたちだけで裁判を行うことになった。検事、弁護人、裁判官、そして陪審員たちすべて生徒が行う、前代未聞の裁判・・・。
弁護人を買って出たのは、他校の男子生徒だった。そして検事側、弁護側がそれぞれ証人を探して、調査を開始。弁護人の手腕は驚くべきもの。次々と明らかになる、関係者の秘密。
しかし、第2の犠牲者が現れた!!
火花散る検事側と弁護側の調査。
とても中学生のやることとは思えない。まるで本物の事件調査を読んでいるようだ。
正義を貫こうとする子どもたちがまぶしい。

1部よりもよりミステリー性が増し、ページをめくる手が止まらない。途中でやめられない。すごく面白い。第3部がどれだけ面白くなるのか、楽しみな第2部です!!

『ソロモンの偽証 第2部』
著者: 宮部みゆき
出版社:新潮社
価格:¥1,800(税別)

今野敏さんおススメの「監察医」シリーズ第2弾!

上野正彦先生監修の「監察医」シリーズ第2弾『刃の献身』(柚原瑠璃子・ポプラ文庫)です。
思うのですが、このシリーズタイトルのつけかたがとても良いんです。
読んでいくとなぜこのタイトルがついたのかわかります。切ないです。
そして、この作品の帯は今野敏先生のコメント付です。
「ディティールと情念。この小説には二つの武器がある。」う~ん!今野先生らしいおススメ文です。

夫からDVを受けていた女性が、夫を刺殺した容疑で逮捕された。
殺された夫の遺体はすぐに司法解剖に。今回も執刀するのは、若き女性監察医・如月果林。
担当刑事は、如月の苦手な上杉刑事だ。上杉刑事に「かりんとう先生」とからかわれつつ、如月は遺体と向き合う。そして、あることに気が付く。
殺害された夫は、心臓に達した刺し傷が直接の死因だが、解剖したときの内臓から、毒物を呑んだ可能性も出てきた。
なぜ、毒物を呑ませたのに、刺殺する必要があったのか・・・?
捜査は初動の段階で、つまずいてしまった。
上杉刑事の事件に対する本能とも言うべき、勘がうまく働かないのだ・・・。
迷走する捜査。そんなとき新宿で別の刺殺体が発見される・・・。

監察医・如月と上杉刑事のかけあいもだんだんと名コンビのような形になってきて読んでいて楽しい。そしてこの二人が協力して遺体からの声を聞いて真相に近づいていく・・・。というストーリーの流れも非常にリアル!
今回も事件の背景が切なく哀しい・・・。
でも面白いです。お薦めのシリーズです。

『上野正彦監修原案 監察医シリーズ2 刃の献身』
著者: 柚原瑠璃子
出版社:ポプラ社
価格:¥680(税別)

珈琲の香り漂うミステリー。『珈琲店タレーランの事件簿』

岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(宝島社文庫)
珈琲好き、本好き、ミステリー好きにおススメです!!

表紙のイラストと、そして珈琲と事件簿という漢字につられて読んでしまった、はまさき。
「ビブリア古書堂の事件簿」みたいな感じかな~と思いながら読んだのですが、全く違いました。
文章に独特の雰囲気があり、現代が舞台なのに妙にレトロな感じ。
これが‘珈琲店’のミステリーにあってるんです。
最初はちょっととまどいますが、読んでるうちにこのリズム感が心地よくなってきます。

というところで、どんなお話かというと、どうも彼女とうまくいかなくて、この日もわけのわからない彼女の言い分に腹が立ち、勝手に去っていった彼女を追うこともなく、ちょっと捨て鉢になってブラブラしていた彼の眼に飛び込んできた’純喫茶 タレーラン‘。
珈琲好きの彼は、その看板につられるようにその中へ・・・。
そこで彼は運命の出会いを果たす・・・。彼の探し求めた珈琲の味と、その珈琲を淹れる、美しい女性バリスタ・切間美星。

バリスタ・美星との衝撃的な出会いから、彼は、美星が謎解きに興味があると知る。
やがて彼はこの珈琲店に足しげく通うこととなる・・・。

京都の街を舞台に、女性バリスタが日常の中で起こる小さな謎を鮮やかに解決!!!心温まる謎解きから、本格的なミステリーまで描いた、7編の連作短編です。
面白いですよ~。

『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』
著者: 岡崎琢磨
出版社:宝島社
価格:¥648(税別)

本の学校今井ブックセンター、はまさきおススメ平台で新たな女刑事特集作りました。

12月から、本の学校今井ブックセンター、イマショミステリー小説探偵・はまさきおすすめ平台で、またまた女刑事特集を始めました。
今度の特色は、女刑事が主人公なのは変わりませんが、女性監察医が主人公の作品も入れています。写真手前の『炎の画策』、『刃の献身』、『骸の回廊』の3点(いずれも著者は柚原瑠璃子、ポプラ社文庫)は若き女性監察医が主人公の作品です。
監察医という仕事を世間に知らしめた、上野正彦先生の監修です。
非常にリアルな警察小説に仕上がっていて、遺体から語られる声を聞き、事件の真相に迫る!という新たな警察小説です。
そして、メインは、桜木紫乃『凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂』(小学館文庫)です。
戦争を生き抜いた、女性たちの悲しい過去と現在の事件を絡ませて描く、切ない警察小説。
主人公の松崎比呂刑事がものすごく魅力的です。
女性にも読める、女性に読んでいただきたいなと思う警察小説です。
他には、結城充考の『プラ・バロック』(光文社文庫)。
女刑事・クロハが挑む、大量自殺事件。その陰で何かとてつもない悪意が蠢いている・・・。
バーチャルな世界に踊る不気味な影・・・。クロハはおとりとなって悪意に挑む!!日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作です。
そして女刑事・クロハシリーズ第2弾、『エコイック・メモリ』(光文社文庫)は8月の新刊です。
ネット上に突如現れた、ありえない映像。いたずらか、本物か?クロハは期限付きで捜査を任される。
『プラ・バロック』以上の衝撃で、ミステリーファンの心を掴む。
クールなクロハがかっこいいです。
どれも、はまさき一押しです。

本の学校、はまさきミステリー棚で「書店ミステリー」ミニフェア開始

本の学校今井ブックセンター「イマショミステリー小説探偵・はまさき」おすすめのミステリーコーナーに12月より「本屋さんは謎がいっぱい 書店ミスステリーセレクション」というミニフェアをはじめました。
棚は上から3段目でコーナー展開中!
 看板POPです。

メインは、大崎梢「配達あかずきん」(東京創元文庫)。
本邦初の新刊書店を舞台にした、本格書店ミステリーです。
書店で日々起こる小さな事件をミステリータッチにまとめた短編集です。
書店のお仕事もミステリーになってしまうという!書店員もびっくりの素敵な素敵な作品です。

「配達あかずきん」シリーズは3作品あります。『サイン会はいかが?』こちらも短編集。『晩夏に捧ぐ』は、「配達あかずきん」シリーズの長編。幽霊騒ぎに端を発した、過去にあった殺人事件もからんだちょっとホラーっぽいミステリー。面白いです。
それから出版社の新人営業社員が活躍する『平台がおまちかね』。こちらも大崎梢著です。

この大崎梢さんの書店ミステリーシリーズは、書店に興味がある方にもおススメです。
ほっと心が和む謎ばかり。謎が明らかになったとき、思わずじわ~と心に沁みます。

その他に、乾くるみ『蒼林堂古書店へようこそ』(徳間文庫)、梶山季之『せどり男爵数奇譚』(ちくま文庫)も展開。
こちらは、古書店を舞台にしたミステリー短編集。古書の薀蓄がすごいです。

おススメの6点。ぜひ書店のカフェにて雰囲気を楽しみながらお読みください。

ミステリー好きの季節になりました!年末ミステリー祭り!

ミステリー好きの人にはワクワクドキドキの季節です。
年末恒例、「このミステリーがすごい」を代表とする、2012年に発売されたミステリー小説のランキングの発表の時期になりました。
国内・海外ともに面白そうな作品ばかりがランクインしています。
一番の目玉はやはり、宝島社『このミステリーがすごい2013年版』ランキングです。
国内編1位は、横山秀夫『64 ロクヨン』(文藝春秋)。
国内編2位は、宮部みゆき『ソロモンの偽証1部2部3部』(新潮社)
国内編3位は、月村了衛『機龍警察 暗黒市場』(早川書房)
これ以上は、「このミス」に詳しく書いてありますのでぜひお読みください。
私が今年読んで一番面白いと感じた、『64』がこのミス1位になったことがとても嬉しかったです。
本誌には、横山先生のインタビュー記事が掲載されています。
毎年この「このミステリーがすごい」を読んで、今まで読んでいなかったミステリーや、新たなミステリー作家との出合いがあり、はまさきにとってはとてもありがたい、ミステリーガイドブックです。この本を読んで年末年始はミステリー三昧のはまさきです。
その他のミステリーランキングは、週刊文春の12月13日号に「2012年文春図書館ミステリーベスト10国内・海外」という特集記事が掲載されています。只今発売中です。
この記事もミステリーファンは見逃せませんよ~。
嬉しい時期でついテンションがあがってしまいました。
『このミステリーがすごい 2013年版』
出版社:宝島社
価格:¥505(税別)

本の学校で超!面白サスペンス小説3作品を大プッシュ中。

12月1日から本の学校今井ブックセンターのイマショミステリー小説探偵・はまさき棚の平台で、超、面白サスペンス&ミステリー3点を重点的におススメ中です。
まず1作目は、薬丸岳『天使のナイフ』(講談社文庫)です。第51回江戸川乱歩賞受賞作。
妻を3人の未成年の少年に惨殺された桧山。少年法に守られ、裁かれなかった3人。
桧山は彼らを殺してやりたいと思った。それから3年後、犯人の一人が殺された。
桧山は疑惑の人となった・・・・。
ただの謎解きだけだは終わらない、裁かれなかった真実と必死に向き合う男の生き様と、復讐の連鎖の悲劇を描く、傑作。
次に紹介するのは、雫井脩介の代表作、『火の粉』(幻冬舎文庫)。
退官し、悠々自適の生活を営んでいた元裁判官の隣家に、連続殺人事件の犯人として裁かれていた件で自分が無罪判決を下した男が越してきた。
その男は善意の固まりのような態度で、元裁判官の家族の中に入り込んでいく。不気味なまでの親切心。元裁判官は男の態度に大きな不安と疑惑を抱く。
隣人は殺人鬼なのか・・・?自分は殺人鬼を野放しにしたのか・・・?驚愕の展開に絶句する、超ド級の面白さのサイコサスペンス。傑作中の傑作。

 

そして最後に紹介するのは、いちばんのとっておき、高野和明『13階段』(講談社文庫)です。江戸川乱歩賞受賞作です。受賞作中最高傑作だとはまさきは思っています。
犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすため、刑務官・南郷は前科を背負った青年・三上とともに調査を始める。
手がかりは死刑囚の記憶にある「階段」のみ。死刑執行までにあとわずかな時間しか残されていない。
果たして彼らは事件の真相にたどり着けるのか!?
あまりにも意外な結末、圧倒的なスリルとスピード感で描く、読み出したら止まらないノンストップミステリー。
はまさき、超おすすめの3点でした!!

『天使のナイフ』
著者:薬丸岳
出版社:講談社
価格:¥667(税別)

『火の粉』
著者:雫井脩介
出版社:幻冬舎
価格:¥762(税別)

『13階段』
著者:高野和明
出版社:講談社
価格:¥648(税別)

今野先生の人気キャラほぼ登場!!「パラレル」は傑作です。

今野ファンをこんなに楽しませてくれる作品はそうないでしょう!
今野作品のシリーズに登場する人気キャラが登場して、難事件を解決する!!
そして、警察小説と伝奇小説が見事に融合した、類稀なる警察(?)小説の傑作です。
前回紹介した「わが名はオズヌ」の賀茂晶グループも登場します。何度読んでも面白くて、はまってしまう今野敏作品です。

横浜、池袋、下高井戸・・・・。非行少年が次々と殺された。
それらの犯行は瞬時に行われ、被害者3人組に外傷は全く無いという共通点が。
いったい誰が何のために・・・。
神奈川県警少年課の高尾刑事と丸木刑事が「わが名はオズヌ」に続き再登場です!

県をまたいだ事件のため、警視庁捜査一課と神奈川県警も登場。
警視庁捜査一課からは、「触発」で爆弾専門の自衛官と一緒に爆弾魔を追い詰めた、碓氷弘一部長刑事と、「人狼」で整体師の美崎とともに謎の事件を追った、赤城竜次部長刑事がコンビを組んでこの事件を追うことに・・・。
そして神奈川県警少年課の高尾刑事と丸木刑事も合流。

そこへ謎の男たちが現れた。鬼道衆の祓い師・鬼龍光一、そして奥州勢の安倍隆景だ。
彼らはこの事件に亡者が関わっていると言う。赤城・碓氷刑事コンビは事件に霊的なものが関わるなど信じられない。
しかし、高尾・丸木コンビは前回の「オズヌ」事件で賀茂晶に転生したオズヌを実際見ているため、非行少年殺害事件には超常的な何かが関わっているのではないかと感じる。そこへオズヌが転生した賀茂晶のグループも現れたのだ。

さらには、赤城部長刑事から秘密を握られている、整体師であり、武道の達人でもある美崎照人、その友人の整体師・吉谷浩二郎も登場し、この事件には武道家もからんでいるのではないかと推理・・・。
亡者、怪しい武道の達人、やくざ、政治家・・・・。事件を追ううちに驚くべき事実が暴かれる!!
バラバラだったピースのかけらが集まって奇想天外な結末に!

警察、伝奇、武道、アクション、今野先生が描き続けているジャンルを見事に融合させ、さらにリアリティたっぷりに描き切った、超警察小説です。今まで誰も描いたことがない、今野先生しか描けない、エンターティメントの傑作です!

『パラレル』
著者: 今野敏
出版社:中央公論新社
価格:¥781(税込)