仰天展開!仏ミステリーの傑作!「ブルックリンの少女」

海外ミステリコーナーを物色中に妙に気なる
作品がこの「ブルックリンの少女」だった。
棚の前を通るたびに目に入るので購入。

しばらく積読していましたが、先日読了。
いやいや、どうしてもっと早く読まなかったのか
と後悔したくらいに面白かった~。

運命的な出逢いをした、人気小説家のラファエルと
医師のアンナ。結婚を間近に控え、二人は
南フランスで休暇を楽しんでいた。
幸せな中でもラファエルは気になることがあった。
なぜかアンナは過去をひた隠しにしていた。

結婚するならば、パートナーの過去を知りたいと
強く願うラファエルは、アンナに詰め寄る。
アンナは抵抗したが、ラファエルの強硬な
態度に観念し、一枚の写真を差し出す。
そこには、目をそむけたくなるほど衝撃的な
光景が写されていた。

その写真を見てショックを受けた
ラファエルは、アンナの元から去ってしまう。

しかし、激情にかられアンナを突き放したことを
後悔したラファエルは、アンナに謝ろうと戻るが、
アンナは出て行った後だった。
そして、アンナはそのまま失踪してしまう。

アンナにもう一度会って話をしなければ!
失ってはならない大切な人だということを
改めて思い知らされたラファエル。
友人の元警部・マルクとともにアンナの行方を
調査すると、不審な事件や事故が浮かび上がってきた。

アンナが隠し続けた過去、その過去を
調査してゆく過程で、アンナの正体
は明らかになってゆく。しかし
明らかになったことで、さらに新たな謎が生まれる。

アンナの正体は?
事件や事故の裏にあるカラクリとは一体?

ミステリーの王道をである謎が謎を呼ぶ展開。
最後の最後まで気を抜けない!
そして、超!どんでん返しに言葉もない。

海外ミステリーの醍醐味をたっぷり
味わえる傑作中の傑作!

『ブルックリンの少女』
著者:ギョーム・ミュッソ著/吉田恒雄訳
出版社:集英社(文庫)
価格:¥1,000(税別)

仰天展開!「メインテーマは殺人」A・ホロヴィッツ

昨年の様々な海外ミステリーランキングで
7冠を達成した、アンソニー・ホロヴィッツ
「カササギ殺人事件」!
ほんとに鳥肌物の面白さだった!

ところが今年!またまた鳥肌物の新作が出た!
「メインテーマは殺人」だ。
もう、凄すぎる。面白すぎる!

老婦人が自分の葬儀の手配をした日に殺害される
という劇的な事件の始まり!

彼女は、自分が殺されると知っていたのか? 

作家のホロヴィッツは、刑事ドラマの
脚本執筆で知り合った、元刑事ホーソーン
からこの奇妙な事件を捜査する自分を
本にしないかと誘われた。

困惑するホロヴィッツ。断るつもりだったが
すでに事態は動きはじめていた。

元刑事ホーソーンは、空気は読めないが
怜悧な推理力を持つ元刑事だ。
ホロヴィッツから見たら、彼の勝手気ままな
捜査に駆り出される・・・。という思いが強い。

ホロヴィッツが元刑事ホーソーンに
翻弄される姿は、まるでホームズとワトソンだ。

そして、時に挿入されるホロヴィッツ
自虐ネタとも言えるエピソードがちょっと笑える。

しかし、謎解きと犯人当ての醍醐味は
「カササギ殺人事件」に勝るとも劣らない!
シャーロキアンをも唸らす大胆不敵な展開に圧倒される!

仰天展開の「メインテーマは殺人」を堪能してほしい。

『メインテーマは殺人』
著者:アンソニー・ホロヴィッツ
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥1,100(税別)

またしてもやられた!「ケイトが恐れるすべて」P・スワンソン

昨年の海外ミステリーランキングで
「カササギ殺人事件」と同じように話題を
さらった、ピーター・スワンソンの
「そしてミランダを殺す」。
予測不能で読者はいったいどこへ連れて
いかれるやら…。とドキドキしながら読み、
驚愕のラストでがつん!とやられてしまったのです。

そして、第2弾「ケイトが恐れるすべて」を読みました。

ロンドンに住むケイトは、又従兄のコービンと
住居を交換することにした。
過去の忌まわしい記憶からなかなか脱却できずに
悩むケイトだったが、ボストンで新しい
生活を送れば少しは前向きになれると思ったからだ。

コービンとは半年の約束で、ボストンの
豪奢なアパートメントで新生活を
始めようと引っ越した翌日、隣室の女性の
死体が発見された。

殺害された女性の友人と名乗る男、さらに
向かいの棟の住人から、コービンがその女性
と恋人同士であること、そしてその事実を
周囲に秘密にしていたことを明かされた。

不安になったケイトはコービンに真相を
問いただすが、コービンは彼女との関係を否定する。

では、一体誰が嘘を言っているのか?

見知らぬ他人に囲まれたケイト。
隣人は誰に殺されたのか?
ケイトに迫る危険と恐怖!

ストーリー展開と構想の巧さに圧倒され、
それぞれのキャラクターの心理描写に
背筋が凍る!

狂気を孕んだ、圧巻のクライマックスに
またしてもやられた!

凄いとしか言いようがない傑作ミステリー!

『ケイトが恐れるすべて』
著者:ピーター・スワンソン
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥1,100(税別)

この女、淑女か?悪女か?「レイチェル」

高校の時にダフネ・デュ・モーリアの
「レベッカ」を読んだ。
その時の衝撃は今でも忘れられない。

ダフネ・デュ・モーリアの作品はレベッカ」
しか読んでいなかったので、たまたま平積
してあったこの「レイチェル」を衝動買いして
しまった。表紙のイラストにも惹かれた。
高校の時に受けた衝撃をまた感じたい!
そして読み始めた・・・。

「レイチェル」をひと言でいえば、一人の
女性「レイチェル」に恋をした二人の男が
破滅へと導かれるサスペンスストーリーだ。

イングランドの貴族の青年・フィリップが主人公。
父親代わりに育ててもらった従兄がイタリアで
「レイチェル」と言う女性に出会う。
従兄はレイチェルと恋に落ち結婚するが、
病に倒れ、その地で亡くなってしまう。

従兄を死に追いやったと思い込み、
レイチェル憎むフィリップ。

しかし、従兄の形見を持参したレイチェルは
とても穏やかで、従兄を亡くした悲しみを
包み込んでくれた。そんなレイチェルに
フィリップは次第に心を開いてゆく・・。

憎しみで凝り固まっていたフィリップ。
レイチェルの美しさと優しさと聡明さに
いつしか恋心を抱くようになる。

しかし、従兄が死の直前に書いた手紙には
レイチェルを「悪女」と評していた。

従兄はレイチェルに遺産を残す遺言を書いていなかった。
そのため、フィリップが遺産を相続することになる。
25歳の誕生日が近づいた頃、フィリップはある計画を立てる。
遺産を相続したら、レイチェルを妻に迎えようと・・・。

従兄に育てられたフィリップは、純粋培養された
素直な青年だ。そんな青年をを見事に手玉に取り、
財産をかすめ取る。
冷酷な女性のように思えるが、読んでいると
思いやりに満ちた女性に感じる・・・。
女性でも共感するのだ。
ここで女性読者も完全にレイチェルの虜に
なっていると思う。

この作品の素晴らしさは、心が純粋で、
疑うことを知らない青年が、一人の女性に
激しい恋心を抱いてゆく過程の心理描写が
実に見事なことだ。
さらにレイチェルというキャラクターの
描き方も素晴らしい。
彼女の言葉、たたずまいなど、人間を虜にする
すべての要素を満たしている。

フィリップはレイチェルについて様々な雑音を
入れられるが、レイチェルを正当化するため
そのすべてを否定してしまう。
それほどまでに心を奪われてしまっているのだ。

いったい、レイチェルは淑女なのか?悪女なのか?

男女の恋の駆け引きと危険な疑惑が交差する、
サスペンスタッチの純愛物語。

名著「レベッカ」と双璧をなす衝撃そして傑作!

『レイチェル』
著者:ダフネ・デュ・モーリア著/務台夏子訳
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥1,200(税別)

誰にも予想出来ない!驚愕と戦慄!「そしてミランダを殺す」

昨年の各社の年末ミステリランキングで第2位
にランクインした、ピーター・スワンソン
「そしてミランダを殺す」(創元推理文庫)
を読みました。

1位の「カササギ殺人事件」も想像を絶する
展開で、泣けるくらい面白かったですが、
こちらの作品も2位になったのは惜しいくらい、
面白く衝撃的ミステリ作品でした!

IT関連起業の若き社長、テッドは、
ヒースロー空港のバーで、一人時間を
つぶしていた。
その時、一人の美しい女性に声をかけられる。
彼女の名前はリリーと言った。

テッドはリリーに全く記憶がない。
しかし、リリーは気安くテッドに話しかけてきた。
テッドは酔った勢いで、1週間前に妻のミランダの
浮気を知ったことを話し、冗談半分で「妻を殺したい」
と言ってしまう。
しまったと思ったが、リリーは「ミランダは
殺されて当然だ」と断言し、妻を殺害することの
正統性を力説。そして妻殺害の協力を申し出る。

リリーの話を聞いたテッドは、妻ミランダに対し
殺意を抱くようになり、二人は殺人計画を練った。

そして、決行の日が近づいた時、想像を絶する事件が起こる。

男女4人の語りで進行する殺人計画。
追うものと追われるものが、激しく入れ替わる展開。
そこにはサイコパスの影もちらつく!
驚愕と戦慄が交互に襲う!

超絶技巧で仕組まれた著者の罠に完全にはまる。
最後の最後まで気を抜けない、完全無欠のミステリー。

『そしてミランダを殺す』
著者:ピーター・スワンソン/務台夏子(訳)
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥1,100(税抜き)

霊視か?幻影か?異色の海外サスペンス「視える女」

ずいぶん前に買って積読になっていたけれど、
急に海外ミステリーが読みたくなって手に取った作品。

べリンダ・バウアー『視える女』小学館。

4歳の息子ダニエルが行方不明になり、
心が病んでしまったアナは、奇妙な行動を
繰り返す日々を送っていた。
そんな妻の行動をなす術もなく見つめる夫。
目撃者も身代金要求もなく4か月が過ぎた。

その町の警察署に勤めるマーヴェル刑事は、
行方不明になった少女をずっと探し続けていた。
一時は、霊能者を頼ったこともある。
しかし、結局見つけだすことは出来なかった。
そんな時、上司の警視から妻が飼っている
行方不明の犬の捜索を命じられる。

ある日、アナは教会で交霊会があることを
知る。そこで出会った霊能者にダニエルの
事を相談しようと考える
そして、アナは交霊会に参加した夜を境に
不思議な声や光景を視るようになる。

アナに起きた不思議な兆候は、異常なこと
なのか、それとも何らかのメッセージなのか?

3件の行方不明の事件が、奇妙な接点で結ばれてゆく。

行方不明事件を捜査する警察小説、
事件の謎が深まってゆくミステリー、
この二つの要素だけでも十分に面白いが
さらに「霊視」という神秘的で
超自然的な要素がからんで独特の世界観を
創りあげている。

非常に面白かった。
マーヴェル刑事はシリーズになっている
ようなので、他の作品も読んでみたい。

『視える女』
著者:べリンダ・バウアー/満園真木訳
出版社:小学館(文庫)
価格:¥830(税別)

やっぱり恐い!スティーヴン・キング「ビッグ・ドライバー」

令和に入ってから初めて読んだ本は海外ミステリー。
スティーヴン・キングの作品を読みました。
「ビッグ・ドライバー」(文春文庫)。

キングの作品はショッキングホラーが多いので
ちょっと苦手なのですが、紹介文を読んだら
面白そうだったので読んでみました。
表題の「ビッグ・ドライバー」と「素晴らしき
結婚生活」という中編2作品が収録されています。

「ビッグ・ドライバー」

女性ミステリ作家テスは講演会の帰りに、
家路までの近道をファンの女性から教えられた。
そのルートをナビに入れ、走っていると
とんでもない場所に来てしまった。

そこで、偶然を装って近づいてきた超大柄な男。
テスは、その男に拉致されひどい暴行を受け、
殺害されそうになる。しかし、何とか生還を
果たしたテスは、自分自身が受けた心と身体の
傷を癒すには、復讐しかないと考える….。

「素晴らしき結婚生活」

30年近く連れ添った夫婦。
お互いに深く愛し合っていた。
子どもたちも手を離れ、夫婦二人の楽しい
生活が再び巡ってきた。
夫はいつものように、仕事で出張に出掛けた。
妻は一人で過ごすことに。

ところが、妻は家のガレージで不可解なものを発見する。
夫が用心深く隠していた、ある犯罪の証拠の数々だった。
実は、夫は連続猟奇殺人犯だったのだ!
幸福の絶頂から一転!
夫が殺人鬼と知った妻は、恐怖にかられる。

夫の犯罪を知った妻の恐怖!そして壮絶な怒り!
その濃密な日々を圧倒的筆力で描く。

どちらの物語も、「恐怖」が女性目線で描かれている。
その「恐怖感」がひしひしと伝わってくる。

怖いけど面白い。だからキングの作品は1冊
読むと止まらなくなる。

「ビッグ・ドライバー」はマリア・ベロ、オリンピア・デュカキス
主演で映画化。
「素晴らしき結婚生活」は「ファミリー・シークレット」と
いうタイトルで映画化されている。

『ビッグ・ドライバー』
著者:スティーヴン・キング/高橋恭美子・風間賢二訳
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥724(税別)

鳥肌物の面白さ!「カササギ殺人事件」

2018年の日本のミステリーランキング、
海外部門で4冠を達成した「カササギ殺人事件」。

読み終わった時、なんだかざわざわして鳥肌が
たってしまった。
凄い本に出会った時、私の体はそのように反応してしまう。

人気脚本家のアンソニー・ホロヴィッツが
「シャーロック・ホームズ」シリーズ
「007」シリーズ(いずれも財団公認)
以外で描いたオリジナルミステリー作品。

構想15年、面白いミステリーを描くぞ!という
著者の思いがすべて詰まっている!

上巻は、探偵・アティカス・ピントを主人公とした
クラシカルな展開と謎解き。アガサ・クリスティを
彷彿とさせる推理小説だ!

下巻は上巻の続きかと思いきや、読者は見事に騙される!
この設定!この展開に絶句する。
そして、絶句したままグイグイと読ませられる!!

ひとつの作品で二重の犯人当て(フーダニット)!
複雑にからみう人間関係は、人間の裏の貌を浮き彫りにしてゆく。

緻密に仕組まれた伏線の数々、そして暗号解読・・・。
アガサ・クリスティへのオマージュが炸裂だ!

こんなミステリー小説を今まで読んだ事がない。

アガサ・クリスティを愛して止まない著者の仕掛けた壮大な
トラップに酔いしれること間違いなし!

『カササギ殺人事件 上下』
著者:アンソニー・ホロヴィッツ著/山田蘭訳
出版社:東京創元社(創元推理文庫)
価格:上下各¥1,000(税別)

海外ミステリーの醍醐味!ヘレン・マクロイ「悪意の夜」

久しぶりに海外ミステリーを読みました。
ヘレン・マクロイ「悪意の夜」(東京創元社)です。
名探偵ウィリング博士シリーズ、最後の未訳長編。

夫を転落事故で亡くし、失意のどん底にあったアリス。
やっと落ち着き、遺品の整理を始めた。
夫のプライベートの机を整理したとき、引き出しから
「ミス・ラッシュ」という女性の名前が書かれた封筒が
出てきた。アリスの全く知らない名前だ・・・。
心がざわつくアリス。
そこへ、息子が美しい女性を伴い帰宅した。
息子は、はにかみながら彼女を紹介した・・・。
その名前は「ラッシュ」。

アリスは衝撃を受ける。彼女は何者なのか?
息子に近づく目的は何か?夫とはどういう関係なのか?

次々と押し寄せてくる、不安と疑惑。
息子を案ずるあまり、アリスの行動は常軌を逸してゆく!

そんな緊張と疑惑が頂点に達した時、ついに殺人が
起こる!!!

社会的に成功をおさめた愛する夫、
そして聡明な息子に囲まれ、何不自由なく生きてきた女性。
しかし、夫の転落事故と言う不幸に見舞われ、
さらに夫の不可解な遺品の影響で、心が疲弊してゆく過程の
心理描写が真に迫っている。

一級のサスペンス、また、名探偵による謎解きの醍醐味も
味わえる!海外ミステリーの傑作品です!

『悪意の夜』
著者:ヘレン・マクロイ/駒月雅子(訳)
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥940(税別)

何だコレ!?仰天展開に絶句!「駄作」

前から気になっていた海外ミステリー小説
ジェシー・ケラーマン「駄作」(早川書房)
を読みました。
タイトルが超奇抜!?
裏表紙の意味深な内容紹介・・・。
いったいどんな物語なんだ!?

プフェファコーンは、大学で小説の書き方を教えている。
作家になりたかった彼は、文学小説を描き出版。
批評家受けは良かったが、全く売れなかった。
学生時代に親友だった、ビルとカーロッタ。
2人は結婚しビルはなんとベストセラー作家になった。
プフェファコーンはビルより小説を描くのが
上手いと自負していたが、有名になったのはビルの方だった。
2人への複雑な気持ちを抱いてからは、
プフェファコーンのほうから距離を置いた。

そんなビルが行方不明になった。3週間捜索を続けたが
見つからず死亡扱いになった。
その追悼式に招かれたプフェファコーン。
ビルの妻、カーロッタに再会した。
そしてビルの仕事場を訪ねた彼は、未発表の原稿を見つける。
ビルに対する強烈な嫉妬心と誘惑にかられ、
その原稿を持ち出し自作と偽って刊行した。
予想通り大ヒット。一躍ベストセラー作家に躍り出た・・・。

この後の話を読者はどう予想するだろう・・・。
そう誰もが「盗作」した彼はどうなるのかと思うはずだ・・。

しかし、この作品は読者の予想をはるかに、はるかに、はるかに
上回る奇天烈な展開になってゆく。
思わず「なんだコレ!?」って叫びたくなるほど!
そう思いつつ、どんどん作品のペースに
はまってゆき、ページを捲る手が止まらない!

裏表紙の内容紹介の最後にある「警告文」に騙され
読んだ結果、警告文以上の奇想天外な展開に絶句する
稀に見る「奇作」だ。

『駄作』
著者:ジェシー・ケラーマン/林香織訳
出版社:早川書房(ハヤカワ文庫)
価格:¥1,100(税別)