鳥肌物の面白さ!「カササギ殺人事件」

2018年の日本のミステリーランキング、
海外部門で4冠を達成した「カササギ殺人事件」。

読み終わった時、なんだかざわざわして鳥肌が
たってしまった。
凄い本に出会った時、私の体はそのように反応してしまう。

人気脚本家のアンソニー・ホロヴィッツが
「シャーロック・ホームズ」シリーズ
「007」シリーズ(いずれも財団公認)
以外で描いたオリジナルミステリー作品。

構想15年、面白いミステリーを描くぞ!という
著者の思いがすべて詰まっている!

上巻は、探偵・アティカス・ピントを主人公とした
クラシカルな展開と謎解き。アガサ・クリスティを
彷彿とさせる推理小説だ!

下巻は上巻の続きかと思いきや、読者は見事に騙される!
この設定!この展開に絶句する。
そして、絶句したままグイグイと読ませられる!!

ひとつの作品で二重の犯人当て(フーダニット)!
複雑にからみう人間関係は、人間の裏の貌を浮き彫りにしてゆく。

緻密に仕組まれた伏線の数々、そして暗号解読・・・。
アガサ・クリスティへのオマージュが炸裂だ!

こんなミステリー小説を今まで読んだ事がない。

アガサ・クリスティを愛して止まない著者の仕掛けた壮大な
トラップに酔いしれること間違いなし!

『カササギ殺人事件 上下』
著者:アンソニー・ホロヴィッツ著/山田蘭訳
出版社:東京創元社(創元推理文庫)
価格:上下各¥1,000(税別)

海外ミステリーの醍醐味!ヘレン・マクロイ「悪意の夜」

久しぶりに海外ミステリーを読みました。
ヘレン・マクロイ「悪意の夜」(東京創元社)です。
名探偵ウィリング博士シリーズ、最後の未訳長編。

夫を転落事故で亡くし、失意のどん底にあったアリス。
やっと落ち着き、遺品の整理を始めた。
夫のプライベートの机を整理したとき、引き出しから
「ミス・ラッシュ」という女性の名前が書かれた封筒が
出てきた。アリスの全く知らない名前だ・・・。
心がざわつくアリス。
そこへ、息子が美しい女性を伴い帰宅した。
息子は、はにかみながら彼女を紹介した・・・。
その名前は「ラッシュ」。

アリスは衝撃を受ける。彼女は何者なのか?
息子に近づく目的は何か?夫とはどういう関係なのか?

次々と押し寄せてくる、不安と疑惑。
息子を案ずるあまり、アリスの行動は常軌を逸してゆく!

そんな緊張と疑惑が頂点に達した時、ついに殺人が
起こる!!!

社会的に成功をおさめた愛する夫、
そして聡明な息子に囲まれ、何不自由なく生きてきた女性。
しかし、夫の転落事故と言う不幸に見舞われ、
さらに夫の不可解な遺品の影響で、心が疲弊してゆく過程の
心理描写が真に迫っている。

一級のサスペンス、また、名探偵による謎解きの醍醐味も
味わえる!海外ミステリーの傑作品です!

『悪意の夜』
著者:ヘレン・マクロイ/駒月雅子(訳)
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥940(税別)

何だコレ!?仰天展開に絶句!「駄作」

前から気になっていた海外ミステリー小説
ジェシー・ケラーマン「駄作」(早川書房)
を読みました。
タイトルが超奇抜!?
裏表紙の意味深な内容紹介・・・。
いったいどんな物語なんだ!?

プフェファコーンは、大学で小説の書き方を教えている。
作家になりたかった彼は、文学小説を描き出版。
批評家受けは良かったが、全く売れなかった。
学生時代に親友だった、ビルとカーロッタ。
2人は結婚しビルはなんとベストセラー作家になった。
プフェファコーンはビルより小説を描くのが
上手いと自負していたが、有名になったのはビルの方だった。
2人への複雑な気持ちを抱いてからは、
プフェファコーンのほうから距離を置いた。

そんなビルが行方不明になった。3週間捜索を続けたが
見つからず死亡扱いになった。
その追悼式に招かれたプフェファコーン。
ビルの妻、カーロッタに再会した。
そしてビルの仕事場を訪ねた彼は、未発表の原稿を見つける。
ビルに対する強烈な嫉妬心と誘惑にかられ、
その原稿を持ち出し自作と偽って刊行した。
予想通り大ヒット。一躍ベストセラー作家に躍り出た・・・。

この後の話を読者はどう予想するだろう・・・。
そう誰もが「盗作」した彼はどうなるのかと思うはずだ・・。

しかし、この作品は読者の予想をはるかに、はるかに、はるかに
上回る奇天烈な展開になってゆく。
思わず「なんだコレ!?」って叫びたくなるほど!
そう思いつつ、どんどん作品のペースに
はまってゆき、ページを捲る手が止まらない!

裏表紙の内容紹介の最後にある「警告文」に騙され
読んだ結果、警告文以上の奇想天外な展開に絶句する
稀に見る「奇作」だ。

『駄作』
著者:ジェシー・ケラーマン/林香織訳
出版社:早川書房(ハヤカワ文庫)
価格:¥1,100(税別)

怒涛のラストに絶句!「特捜部Q吊るされた少女」

デンマークの大人気警察小説「特捜部Q」シリーズ。
面白いので、全シリーズいっきに読むのがもったいない。
でも、とうとう「特捜部Q吊るされた少女」に辿りついて
しまった。これを読み終わったら当分このシリーズの
新刊が読めないな~と思っていたら、最新刊が
発売されていた。「特捜部Q自撮りする女たち」。
これはもう少しあとのお楽しみにとっておこう。

コペンハーゲン警察の「特捜部Q」は
未解決事件を専門に扱う部署。これまでに
かなりの数を解決してきた。

今回の未解決事件は、17年前に起こった少女ひき逃げ事件。
車に跳ね飛ばされた少女が木に逆さ吊りになったまま
絶命した悲惨な事件だ。

その少女を発見したのは地元の警察官・ハーバーザート。
ハーバーザートは、この事件にとりつかれ家族は崩壊。
そして、17年後自分の退官式に拳銃自殺を図った。

衝撃的展開の中で、事件の継続捜査を託された
特捜部Qのカール・マーク警部補。
ハーバーザートは退官式の前にこの事件を
継続捜査してくれと、カールに電話したが、
カールに冷たく電話を切られていた。

部下のローセからは、ハーバーザートが自殺したのは
カールが断ったせいだと無言の圧力をかけられていた。
そしてしぶしぶ、この事件と向き合うことに。

カールが本気を出せば、17年間明らかにされなかった
事件の真相が見えてくるかも知れない。
カールは、アサドとローセとともに、ハーバーザート
が遺した膨大な捜査資料を元に捜査を開始した。

17年前の事件の関係者に話を聞いて回ると、
少女の周りに何人もの男の影がちらついてきた。
そしてその中の一人にカールは注目する。
だが、その男は新興宗教に関係している男のようだった。

カールたちの捜査で、ひき逃げされた少女は
可愛そうな女子高生というイメージから、男を虜に
する小悪魔にすり替わってゆく。
そして、カール達が眼をつけた男は、女性たちの
心を惑わすカリスマ的要素を秘めたプレイボーイだった。
カールたちが突き止めた真相は、男に関わった
すべてのものの人生を狂わせていた・・・。

狂信的に愛するものを守ろうとする人間の
恐ろしいまでの執着心が、数々の悲劇を生んだ。
ラストの怒涛の展開は、息を呑むほどすさまじい!

最後の最後まで完全に騙されてしまった。
大!大!大逆転の警察ミステリー。

『特捜部Q 吊るされた少女』
著者:ユッシ・エーズラ・オールスン/吉田奈保子(訳)
出版社:早川書房
価格:¥2,100(ポケットミステリー)
   上下各¥860(文庫版)
   (全て税別)

心が震える!北欧発「超」傑作ミステリー第4弾「湖の男」

アイスランドのベストセラー、
レイキャヴィク警察が舞台の
犯罪捜査官・エーレンデュルシリーズ第4弾
「湖の男」を読みました。

「湿地」「緑衣の女」「声」とシリーズ
3作品を読みましたが、はまさきはこの
4作目の「湖の男」が一番心に響きました。

犯罪小説で感動した!心が震えた!という表現は
誤解を生む表現かもしれませんが、
アーナルデュル・インドリダソンの作品は
ただ事件が起きた、捜査した、犯人が判明した、
というシンプルなストーリーだけではない、
物語の底辺にある「テーマ」に心を動かされるのです。

人間の心の奥深くにある生の感情が何かのはずみで
迸った!そして悲劇が起きた。
その背景とそこに至るまで過程、人間の心の葛藤が
これでもかと読み手の心に訴えかけてくるのです。

そしてこの「湖の男」はシリーズ中で一番強く訴えかけた
作品だと思います。

干上がった湖の底から人間の頭蓋骨が見つかった。
その頭蓋骨には穴が空き、さらにソ連製の盗聴器の
ようなものまで巻きつけられていた。

レイキャヴィック警察のベテラン犯罪捜査官・
エーレンデュルは、同僚のエリンボルクや
シグルデュル=オーリらと共に捜査を開始する。
鑑識の結果、発見された骨は三十年前の男性の
骨と判明する。

エーレンデュルたちが三十年前に行方不明になった
男性を丁寧に調べてゆくと、一つの失踪事件にいきあたる。
一人の農機具セールスマンが婚約者を残し消息をたって
いたのだ。その男性は偽名を使っていたらしく
アイスランドに彼の記録はいっさいなかった。
果たして男は何者で、なぜ消されたのか?
過去に遡って捜査を続けると、やがて当時の社会的背景の
中に呑み込まれた若者たちの悲劇に辿り着く・・・。

エーレンデュルたちが失踪した男の過去を捜査する現在と
一人の大学生のモノローグが交互に描かれ、事件との
関連性を示唆してゆく。
その展開に読み手はぐいぐいと引き寄せられてゆく。

エーレンデュルのプライベートも変化する。
娘のエヴァ・リンドとの確執から、今回は息子・シンドリの登場で
エーレンデュルの心は乱れてゆく。
彼の心を癒すのは、女ともだちのヴァルデュルゲル。
友達以上恋人未満の微妙な関係が心地よい。しかしそれも
彼女の夫の干渉で危うい・・・。
エーレンデュルが行方不明事件に情熱を燃やす意味も
少しずつ判明してゆく。

今回は「大切な人を失う」悲しみが切々と描かれ、
「深い愛」を感じた。
読み終わった後、心に余韻が残る傑作。

『湖の男』
著者:アーナルデュル・インドリダソン
出版社:東京創元社
価格:¥2,100(税別)

ポーランドミステリーの衝撃!『怒り 上下』

海外ミステリーで、今年注目された‘ポーランドミステリー’を
読みました。
ジグムンド・ミオシェフスキ『怒り 上下』(小学館)です。

ポーランドのミステリーは初めて読みました。
度肝を抜かれる展開に絶句します。

ポーランド北部にある工事現場で白骨死体が発見される。
発見現場は、病院に続く地下の防空壕だった。
検察官のテオドル・シャッキは、その現場を見て
戦時中のドイツ人の遺体ではないかと考える。

しかし、検屍官の報告は眼を疑うものだった。
白骨化した遺体は男性で、10日前までは生きていたというもので
短期間に白骨化することはありえないという。
さらに調査を続けると、複数の人間の骨が入り混じっていた。

やがて、この男が生きたまま大量の排水管洗浄剤で溶かされ
殺害されたことがわかった。

テオドル・シャッキは人間を生きたまま溶かすその殺害方法に
殺害された男に対する怒り以上の何か恐ろしく異常なものを感じた。

これはただの殺人ではない・・・。
シャッキは必死で捜査しその骨の身元が判明する。
しかし犯人に繋がる手掛かりがつかめなかった。

またプライベートでは、高校生になる娘と衝突ばかり。
離婚し、新たなパートナーと暮らしても彼女の態度に
イラつくばかり。
そんな時、検察局に「夫が恐い」と訴える女性が
現れた。シャッキは女性の話を聞くが、虐待されているという
証拠もなくそのまま帰してしまった。
その後、部下の一人からその対応を責められ、シャッキは
女性の家を訪ねた。
そこには、瀕死状態で横たわっている女性と
小さな男の子が呆けたように座っていた。

自分のしでかしたことに責任を感じたシャッキは、
事件の報道をするラジオで自分のミスと検察官を
辞めると発表する。

しかしこの後、シャッキの身に思いもよらない
恐ろしい事件が起こってしまう!

なんと恐ろしいミステリー小説か・・・?
読み進めるごとに何かとんでもない恐ろしいことが
起こっているのでは?という予感。
しかも、ほんとに先が読めないのだ。
何がどうなっている?一体誰が犯人?
これは連続殺人?それとも復讐?だとしたら
誰が何のための・・・?
疑問ばかりが渦巻く。だから読まずにはいられない!

ありえない展開が衝撃的過ぎる!ポーランドミステリー

『怒り 上下』
著者:ジグムント・ミオシェフスキ
出版社:小学館(文庫)
価格::上下各¥770(税別)

KYキャリア刑事が活躍「生活安全課0係」シリーズ最新刊「エンジェルダスター」

生活安全課0係」は小泉孝太郎さん主演でドラマ化されました。
この夏はセカンドシーズンも放送され大好評!!
そしてタイミングよく新刊「エンジェルダスター」も発売。
既刊本も全部読み、待ちに待っていた新刊です。

読み始めると、小早川警部のイメージはもう
小泉孝太郎さんしか浮かばない~。

そんな生活安全課0係、通称「なんでも相談室」に相談が舞い込んだ。
新聞記者の笹村に奇妙な脅迫状が届いたので、
調べて欲しいとの事だった。
笹村は、5年前ある女子生徒がイジメの加害者ととれる記事を
書き自殺に追いやってしまったことがあった。
当時、その女子生徒の父親から、娘が生まれたら殺すと脅され、
去年、娘に恵まれたがその復讐を恐れていた。

同じ日、吉永という年配の女性が、自分の友だちの孫が
行方不明になっているので捜してほしいと相談に来た。
吉永は以前、小早川にとても親切にしてもらい、
警察に相談するならここだと決めていたらしい。
だが、行方不明の孫はすでに24歳の青年で話を
聞くととんでもない悪童だったようだ。
それでも溺愛する孫だから、どうしても捜して
ほしいとのことだった。

さらに、町内会の相談事だ。隣家の住人が、自分の家の敷地内に
夜ごみを捨てるから辞めて欲しいと訴えたが、隣家の住人は
そんなことをしていない言い張り険悪な状態になっているというのだ。

小早川警部ほか生活安全課0係のメンバーたちはそれぞれ
捜査をすることに・・・。

調べれば調べるほど謎に包まれる3件の相談事・・。
果たして彼らは真相に辿り着くことができるのか?

またまた小早川の洞察力と推理が冴える!シリーズ最新作。
めちゃめちゃ面白いです。

『生活安全課0係 エンジェルダスター』
著者:富樫倫太郎
出版社:祥伝社
価格:¥630(税別)

15歳の少年のひたむきさに涙。「特捜部Q知りすぎたマルコ」

北欧の人気警察小説シリーズ「特捜部Q」。
シリーズ第5弾は、15歳の少年・マルコが事件の
鍵を握るキーマンとして登場。

15歳といえど、このマルコの行動力に目を見張る!!!

2008年秋、カメルーンで農業開発援助の
プロジェクトリーダーの青年が何者かに
殺害された!!青年は最後の力を振り絞ってメールを打つ。
その青年から届いたメールに不審を抱き、連絡を
とろうとする外務省上級参事官のスターク。
カメルーンで何が行われているのか?
外務省開発援助事業評価事務局の局長である、上司のレ二に調査を
進言するが、スタークが強制的にカメルーンに出張させられる。

2010年、デンマークのコペンハーゲン。小さな町で、15歳の少年・
マルコは、叔父が牛耳る窃盗団での仕事に嫌気がさし家出を考えていた。
ある時、叔父たちの恐ろしい秘密を知ってしまい逃亡する。
そして逃げ込んだ森であるものを発見する。
マルコに秘密が知られてしまい、さらに窃盗団一の切れ者
マルコを失ってはどうなるかわからないと判断した叔父は、
何が何でもマルコを連れ戻す、さもなくば消す!と決意する。

そして2011年、コペンハーゲン署・特捜部Qのカール・マーク警部は
前回の事件で大けがを負ったアサドと紅一点のローセとともに新たな
未解決事件に向きあっていた・・・。

今回も登場人物の行動によって年代が前後している。
特捜部Qの行動のみが現在進行だ。
それぞれの年代で起こった事件を、カール達が
ひも解いてゆき、事件の全貌が繋がってゆく。

それにしても、今回はキーマンのマルコのキャラが素晴らしかった。
非道な追跡者たちの追及をかわしまくり、すんでのところで逃げ切る。
カール達も途中でマルコの存在に気がつくが、なかなか保護できない。
追跡者たちのあまりのしつこさに、読んでいて、もういい加減に
マルコを助けてあげてよ!!!と何度も思った。

そして、第5弾まで読んでも、カール、アサド、ローセの3人の
キャラが把握できず、いつも振り回されている感が
あったが、マルコのおかげでこいつらほんとは
めっちゃ優しいんだなあ~ということがわかった。

さらに、カールのプライベートにも変化が訪れる。
「知りすぎたマルコ」の面白さはシリーズ中一番だと思う。

『特捜部Q 知りすぎたマルコ』
著者:ユッシ・エーズラ・オールスン/吉田薫訳
出版社:早川書房
価格:¥2,000(ポケットミステリ版)
   上下各¥800(ハヤカワ文庫版)
(いずれも税別)

サイコサスペンスの傑作!「氷の双子」

「氷の双子」というタイトルに惹かれて読みました。
久々に海外のサイコサスペンスの面白さにはまりました。

氷の双子

6歳になる双子の娘の一人、リディアを事故で失った
サラとアンガス夫妻は、悲しみから抜け出せないでいた。
一年後、夫婦は一念発起して、新たな生活を営むために
ロンドンから、アンガスの祖母が暮らしたというスコットランドの
孤島へと移住を決めた。

再出発に希望を抱くサラだったが、遺された双子の
一人、カースティがサラに衝撃的な一言を放った
「マミー、死んだのはカーズティだよ。あたしはリディア。」

まさか、死んだ娘を間違えたのか・・・・?
リディアとカースティはあまりにもそっくりな双子だった。
成長しても親でさえ間違える始末。
事故の前は二人でよく入れ替わる遊びをして、サラを困らせていた。

アンガスとサラの夫婦はリディアを失ってから、
お互いに不信感を抱いていた。
サラの胸の内には夫に対する不満が巣食っていた。
アンガスも妻に対して根深い不信感があり、そして秘密を抱えていた。

夫への疑惑、娘の不可解な行動、そして娘の死に対する深い罪悪感・・・。
孤島での生活は、サラの心を蝕んでゆく・・・。

遺された双子の一人、カースティの行動はホラーに近い。
わざとそう思わせるように描かれているのか?とても興味深い。
さらに、孤島という閉じられた世界で、妻の心が次第に壊れてゆく
過程が緻密に描かれていて、読んでいると背筋が凍る。

誰が正常なのか?どこまでが真実なのか?生き残った双子の一人は
リディアか?カースティか?・・・・読んでるこっちも困惑!!

読みだしたら止まらないノンストップサイコサスペンス!!

『氷の双子』
著者:S・K・トレメイン/国弘喜美代・訳
出版社:小学館(文庫)
価格:¥900(税別)

本の学校、2016年海外ミステリミニフェア展開中

本の学校今井ブックセンターの「はまさきミステリー」コーナーで
2016年海外ミステリーフェアを展開中です。

2016海外ミニフェア①

「このミステリーがすごい 海外編 2017版」の1位は「熊と踊れ 上下」。
実際に起こった銀行強盗事件を描く。
著者はアンデシュ・ルースルンド。共著は、なんと
この銀行強盗事件の犯人の兄弟の一人である、ステファン・トゥンベリ。
ステファン以外の兄弟たちがなぜ、犯行に及ぶことになったのか?
父との関係、兄弟の絆・・・。事件を描きつつ、家族に焦点を充てた作品。
「三秒間の死角 上下」は、「熊と踊れ」の著者アンデシュ・ルースルンドが
元服役囚のベリエ・ヘルストレムとタッグを組んで描いた、
刑務所を舞台にした迫力あるミステリー。

今年も、北欧のミステリー作品がミステリー界を席巻した!
この二作品を中心に以下の作品群で肉付けした。

数年前にこのミス海外1位にランクインした、
スティーブン・キング「11/22/63 上中下」も文庫化された。
アメリカではドラマ化され、大ヒット中。
また、数年前にこのミス海外編にランクインした、
「ハリー・クバート事件」が今年文庫化された。
クライマックスに真犯人がわかるまで、ワクワクし通しだった。

今年、文春ミステリー海外編で1位になったのが、
「傷だらけのカミーユ」ピエール・ルメートル。
文春ミステリーでは、ルメートル作品が3年連続で1位になった。
凄い!この作品は、ヴェルーヴェン警部シリーズの完結編でもある。

初めて読んだ、オーストラリアの警察小説「邂逅 シドニー州都警察殺人捜査課」
キャンディス・フォックス著
からっと晴れた印象が強いオーストラリアだが、作品は闇と謎が多く、
そのギャップが面白かった。シリーズ化されているので、次の発売が楽しみだ。

北欧の警察小説言えば、「刑事マルティン・ベック」シリーズだ。
新訳になり、今年は「ロセアンナ」、「煙に消えた男」の2作品が
発売。絶対にはずせない。
さらに、アーナルデュル・インドリダソンの
エーレンデュル捜査官シリーズの第2弾「緑衣の女」も
文庫化された。「湿地」以上に悲しい女性の過去を
突きつけられ、事件の真相そのものよりも、女性の
物語に胸を打たれた。

ドン・ウインズロウの「失踪」は、元刑事が命懸けで
失踪した少女の行方を追う、ハードボイルドミステリー。
主人公がタフで男気にあふれ、愛情深いという申し分ないキャラ。
そのキャラが際立っていた。ウインズロウの隠れた傑作だと思う。

女性向けには「イヤミス」を準備。
「邪悪な少女たち」アレックス・マーウッド
「氷の双子」S・K・トレメイン
「視える女」べリンダ・バウアー
「ガール・オン・ザ・トレイン」
「コピーフェイス 消された私」
など女性が主人公。様々な事件にあい、
転落してゆく様、罠にはまりつつ復活してゆく様を
サスペンスタッチで描いていて面白い作品ばかり。

年末年始、長いお休みに海外ミステリーを堪能してはいかがでしょう?