古典ミステリー名作中の名作!「バスカヴィル家の犬」

古典ミステリーはほとんど読んだことがなく、
日本映画「バスカヴィル家の犬」が近日
公開ということで、手に取ってみた。
ミステリーファンの方々は、だいたい
シャーロック・ホームズからという人が
ほとんどだと思うけれど、私の場合、
逆行している感じ。

名家、バスカヴィル家の当主・チャールズが
怪死を遂げた。
恐ろしくゆがんだ苦悶の表情を浮かべた
死体のそばには、巨大な犬の足跡が残っていた。
そして、その日住民たちはあやしく光る生物
を目撃していた・・・・。

バスカヴィル家に伝わる恐ろしい「犬」伝説。
住民たちはその伝説について噂した。

急逝したチャールズ・バスカヴィルには、
子どもがいなかった。
巨万の富と、バスカヴィル館を相続するのは、
チャールズの弟の子供。つまり甥にあたる
ヘンリー・バスカヴィル。
アメリカに住んでいる彼に、早速この報が
伝えられた。

チャールズの友人で主治医でもあった医師・
モーティマーは、ヘンリー・バスカヴィルを
心配し、ホームズにチャールズの死について
調査を依頼した。

暫くして、ヘンリーがイギリスにやってきた。
もちろん、正式な手続きを経てバスカヴィル家
の財産を相続するためだ。
しかし、滞在先のホテルで次々と異変に見舞われる。

ホームズは、ワトソンにヘンリーに張り付いて
バスカヴィル家とその村の周辺を探り報告する
ように指示。
ワトソンは不安を抱えながらも、ヘンリーたちに
同行し村へと向かった・・・。

寂莫とした荒地(ムーア)という土地と、
魔犬という不気味な伝説が融合し、事件の
恐ろしさが増している。
ホームズとワトソン以外、登場人物がすべて
怪しく見えてくる・・・。読者を翻弄しているのか?
切れ味鋭いホームズの推理は、読む者の度肝を抜く。
そして、クライマックスの怒涛の展開は圧巻!
これ一冊ではまってしまった。
他の昨品も読んでみたくなった。

日本映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」は
どんな物語になるのか?楽しみ。

『バスカヴィル家の犬』
著者:アーサー・コナン・ドイル/深町眞理子訳
出版社:東京創元社(文庫)
価格:792円 (本体720円+税)

圧巻の展開!「アリスが語らないことは」

ピーター・スワンソン著「そしてミランダを殺す」
「ケイトが恐れるすべて」に続く、サスペンスミステリー
「アリスが語らないことは」(創元推理文庫)読了。

今回はどんな展開が待っているのか?
ワクワクしながら読みました。
まったく!スワンソンは、ミステリーファン
を裏切らない!!
えッ!?と思わず声がでてしまう意外過ぎる展開。

卒業式を数日後に控えた大学生のハリーは、
継母のアリスから父親の事故死を知らされる。
あまりにも突然の出来事で、ハリーは悲しみよりも
驚きの方が強かった。
友人のポールと二人、急ぎ実家へ戻る。

美しい継母アリスは憔悴し、困惑しハリーに
すがった。
刑事によれば、父親は海辺の遊歩道から転落する前、
何者かによって頭を殴られていたという。
ハリーはアリスにそのことを問いただすが、
アリスは事件について話したがらず、ハリーは小さな疑問を抱く。

ハリーの父親はミステリー小説好きで、自営で書店を2店
持っていた。その二つは、ハリーの父の友人たち
に任せていた。
父親は誰かに恨まれていたのか?
ハリーは父親の友人たちに聞いてみるが、そんなことは
ないだろうと言う。
そんな中、父親の女性問題が浮上する。

彼らの過去と現在を行き来する物語。
淡々と描かれるが、その物語は、徐々に狂気を
孕んでゆく・・・。

父の死は悲劇か、それとも巧妙な殺人か? 

読み進めてゆくとあるシーンで今までの世界観が
一変する。それこそ思わず「えっ?」と一瞬
止まる。そして心がざわつき始める。

えええ~~~ッ

予想をはるかに超えた展開は、それまでの作品を
凌駕する。

凄すぎる圧巻のサスペンスミステリー。

『アリスが語らないことは』
著者:ピーター・スワンソン著/務台夏子訳
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥1,210(¥1,100+税)

アサドの過去に号泣!「特捜部Q アサドの祈り」

デンマークの大人気警察小説「特捜部Q」シリーズ。
第8作目「アサドの祈り」を読みました。
アサドの隠された過去が明らかになります。
それはあまりにも哀しい過去・・・。
さらに、カールの周辺は新たな動きが。

キプロスの浜辺に、難民とおぼしき老女の
遺体が打ち上げられた。
スペインのジャーナリスト、ジュアンは
そこでスクープをものにする。

そのスクープ記事は「犠牲者2117」として
紹介された。
メンタルが崩壊し休職していたローセを
見舞ったアサドは、ローセの寝室の天井に
貼ってあった老女の写真を見てうちのめされる。

「犠牲者2117」とは、アサドが失った最愛の
家族との繋がりを持つ人物だったのだ。

アサドとは一体何者なのか?
特捜部創設当初からカールの相棒だったアサド。
風変わりで、時に怪しげなデンマーク語を話す。
しかし、捜査能力は刑事並み。
いつの間にか、カールにとってアサドは
なくてはならない存在になっていった。

そのアサドがついに自らの過去を打ち明ける。
ガーリフというテロリストとの因縁、
アサドに報復するため、ガーリフはアサドの
家族を奪った。
その家族が「犠牲者2117」とともにいた。

その壮絶すぎる過去は、特捜部Qの面々を
打ちのめした。
そして、宿敵・ガーリフと決着をつけるべく、
家族を奪還するためアサドとカールは捜索を開始する。

一方、Qには若い男から殺人予告の電話がかかってきた。
当初はいたずらかと思われた。しかし、男は
本気のようだ。カールとアサドがいない中、
Qの面々は、男が凶行にいたる前に
所在をつきとめようと奔走する!

アサドが抱える事件と、不気味な男の殺人予告。
二つの事件の行方にページをめくる手が止まらない。
アサドとカールがガーリフにたどり着く過程、
殺人予告をした男の所在を突き止めるための
犯人との絶妙なやりとりなど、読み手を
翻弄する描写に驚愕の連続だ。

シリーズ最高傑作と呼んで良い!
ついにアサドの素性が明らかになる
面白すぎる!シリーズ激動の第八弾!

『特捜部Q アサドの祈り』
著者:ユッシ・エーズラ・オールスン著/吉田奈保子訳
出版社:早川書房
価格:¥2,310(¥2,100+税)

予想だにしない展開に絶句!ミュッソ「夜と少女」

「ブルックリンの少女」「パリのアパルトマン」
「作家の秘められた人生」と、ギヨーム・ミュッソ
のミステリーにはまり、読み続けている。
新刊の「夜と少女」も当然のごとく手に取って
読んでみた。

この作家、描くたびに面白さが増す。
「謎」の引き出しがどれくらいあるのだろう・・・。
どの作品もまったくテイストが違っていて
読むたびに新鮮に感じられる。

1992年、コートダジュールの名門高校で
美貌の少女・ヴィンカが突如姿を消した。
当時、彼女と噂のあった哲学教師・
アレクシスと駆落ちしたとみなされ、
捜査は打ち切られた。

それから25年間、彼らの姿を見た者はいない・・・。
ヴィンカに思いを寄せていたトマは、
人気小説家となっていた。
その親友・マキシムは政治家となった。
二人はヴィンカ失踪の事件に関わる秘密
を抱えながら25年の時を過ごした。
その恐るべき秘密は巧みに封印されたはずだった。

ところが、彼らが卒業した高校で創立50周年の
記念祭が催され、その機会に体育館を解体し、
新たな校舎建設の着工式行われることになると、
事態は急変する。

そのニュースを聞き、愕然とするトマとマキシム。
彼らの恐るべき過去が暴かれるのか?

少女失踪の裏で何があったのか?
過去と現在を交互に描きながら、
子どもたちの罪、そして苦悩が浮き彫りになる。
さらに、子どもたちを救おうとする
大人たちの危険極まりない思惑・・・。

多くの伏線を緻密に配し、クライマックスに
向かって見事に回収されてゆく。
しかし、その衝撃度は生半可なものではない。
ミュッソにしか描けない超弩級の結末に
またしても、やられた!

『夜と少女』
著者:ギヨーム・ミュッソ
出版社:集英社(文庫)
価格:¥1,210(本体¥1,100+税)

戦慄のサスペンスミステリー「すべてのドアを鎖せ」

世界20か国で翻訳されたベストセラー
日本初登場の作家、ライリー・セイガ-著
「すべてのドアを鎖せ」を読みました。

何が起こっているんだろう・・・?
不安を掻き立てられるような構成に
魅了され、いっき読み!
物凄く面白かった。

仕事を首になった日、彼の浮気が発覚!
激怒し、ショックのを受けたジュールズは、
彼のアパートから出て行った。

そんなジュールズは、マンハッタンに
ある高級アパートメントの求人広告に
飛びつく。

それは、マンハッタンに100年近く建つ
「バーソロミュー」というビルの空き
部屋の番人という仕事だった。

短期間の契約で月に4千ドルの報酬
失業中の上、身寄りもないジュールズに
とっては破格の条件だった。

ただし、居住するにあたっての条件は
非常に厳しいものだった。
来客禁止、外泊禁止、居住者の邪魔に
なることはご法度。

ジュールズの親友・クロエは高額な
報酬と奇妙な条件の話を聞いて、絶対に
おかしい、怪しいと言った。
そして、かつて「バーソロミュー」で
起きた事件や、噂を掲載したニュース
サイトをジュールズに送るが・・・。

クロエの気遣いをありがたいと思いながらも
ジュールズにとってこの仕事は最後の希望だ。
そんなに簡単に諦めることはできない。

全ての条件をのんで、その空き部屋に入居した。

ところが、その夜奇妙な音を耳にする。
ジュールズはその夜から建物の不気味さに
悩まされるのだった・・・。

不安に陥ったジュールズは、自分と同じ
番人としてアパートに住んでいる人たちと
ともに、この高級アパートメントに
ついて調べはじめるが、仲良くなった
番人の一人が消息をたってしまう!

ジュールズが危険を顧みずに、密かに
調査を続ける過程の描写は、危機感を
どんどんあおっていき、とんでもない
ことが起こるのではないかと、ドキドキ
してしまう。

そして、建物の歴史の裏に隠された
戦慄の真相に愕然とする!!

ホラー!サスペンス!スリラー!
ノンストップですべての怖さを
味わえる!

『すべてのドアを鎖せ!』
著者:ライリー・セイガ-
出版社:集英社(文庫)
価格:¥1,375(本体¥1,250+税)

鳥肌物の面白さ!再び!「ヨルガオ殺人事件」

ミステリー界に衝撃を巻き起こした
「カササギ殺人事件」の続編「ヨルガオ殺人事件」
が発売になりました!

アンソニー・ホロヴィッツの新作は毎年出ています。
名探偵・ホーソーンとホロヴィッツの
迷コンビものも大変面白く毎回楽しみ
ですが、まさか「カササギ」の続編が出るとは!
大興奮でいっきに読んでしまいました。

元編集者で、現在は夫とともにクレタ島で
ホテル経営を営む、スーザン・ライランド。

ある日、彼女の元へイギリスのホテル
経営者・トレハーン夫妻が訪れた。

8年前に彼らのホテルで、宿泊客が
殺害される事件が起こり、ホテルの
従業員だった男が逮捕された。

その事件をヒントに作家のアラン・コンウェイが
名探偵・アティカス・ピュントシリーズ
「愚行の代償」として発表した。
その編集を担当したのがスーザンだったのだ。

その本を読んだ彼らの娘が、本の中で
8年前に起こった事件の真相を見つけたと
連絡してきた。
ところがその直後、彼らの娘が失踪したという。

スーザンは彼らに失踪した娘の行方と
事件の真相を突き止めて欲しいと懇願される。

自分が編集者だった責任を問われているのか?
多額の報酬も魅力的に映った。
スーザンはイギリスへと旅立つ。

現実の事件と作中作「愚行の代償」で
繰り広げられる殺人事件。

「ヨルガオ事件」という一つの作品の中で
全く違う二つの事件の謎を解いてゆく。
そして、その作中作「愚行の代償」の中に
こそ、現実で起こった事件の真相が
隠されているという。

作家、アラン・コンウェイは
「愚行の代償」にどんな意地悪な
仕掛けを施したのか?

「愚行の代償」は、まさにアガサ・クリスティの
ポアロシリーズを彷彿させる展開。
完璧なクリスティへのオマージュ。
独立した一つのミステリー作品として十分に楽しめる。
そして、この作品がリアルな事件にどう絡むのか?

緻密に配された伏線が徐々に回収されると
とんでもない真相にぶちあたる!!!

「カササギ殺人事件」を凌ぐ面白さ。
これほど完璧な謎解きと犯人当ての
ミステリー作品を描くホロヴィッツに脱帽です。

『ヨルガオ殺人事件 上下』
著者:アンソニー・ホロヴィッツ著/山田蘭訳
出版社:東京創元社(創元推理文庫)
価格:上下各¥1,100(上下各¥1,000+税)

警察も唖然!名探偵のシニアたちの活躍!「木曜殺人クラブ」

英国で最速、100万部を突破した
リチャード・オスマンのデビュー作
「木曜殺人クラブ」(早川書房)を
読みました。

デビュー作がいきなり、全英図書館賞の
年間最優秀著者賞を受賞、さらに、ミステリ界の
最高権威である、エドガー賞最優秀長編賞を受賞。
そのほか、数々の輝ける賞を受賞している。

イギリスの引退者用施設・クーパーズ・チェイス
に未解決事件の調査をして暇をつぶす老人グループ
〈木曜殺人クラブ〉があった。
警察官にしてみれば、とんでもない話だ。
管轄の担当警官・ドナ巡査は困惑する。

その老人グループには元警察官だった
人物が持ち込んだ未解決の事件ファイルが
あり、エリザベスを中心に木曜日に
集まりファイルを吟味していた。

その頃、クーパーズ・チェイスの敷地内の
墓地と庭園を開発して新たな棟を建てるという
計画が持ち上がり、住民たちが反対していた。

そんな最中、建設業者のトニー・カランと
いう男が殺害された。
エリザベスたちはこの事件をきっかけに
真相究明に乗り出すことになるが。

ミス・マープルも真っ青の推理を繰り広げる
老人グループの面々。
そのクラブに無理やり引き入れられた若き警察官も
翻弄されっぱなしだ。
何といっても、この老人たちの驚愕の働きに唖然!
行動力、洞察力、推理力が抜群。

何しているの?若い警察官たち!と思わず
ツッコミを入れたくなる。

人生の終盤が訪れた老人たちの波乱万丈な
歴史も描かれ、ちょっと切なくなる。
しかし、その部分があればこそ、この物語は
謎解きの面白さだけでない、深みが加味
されている。

エリザベスたちに無理難題を吹っ掛けられる
ドナ巡査とクリス・ハドソン主任警部。
悩みながらも彼女たちに協力してしまう・・・。
なんとなく、彼女たちを憎めない。
そんな微笑ましいシーンもあったりする。

とても楽しく読めた、新人なのに完成度が
半端ないユーモラスな謎解きミステリ。

『木曜殺人クラブ』
著者:リチャード・オスマン著/羽田詩津子訳
出版社:早川書房
価格:¥2,310(本体¥2,100+税)

戦慄の展開!!「時計仕掛けの歪んだ罠」

「靄の旋律 国家刑事警察特別捜査班」の
著者、アルネ・ダールの「時計仕掛けの歪んだ罠」
(小学館)を読みました。

スウェーデンでベストセラーのクライム
ノベル。これはただの警察小説ではない。
どんでん返しが半端ないサスペンス。

1年7か月の間に3人の十五歳の少女が失踪した。
ストックホルム警察犯罪捜査課の
サム・ベリエルは同一犯の連続殺人
と主張する。
しかし、彼の上司、アラン・グズムンドソンは
サムの主張を否定する。

サムは目撃者の通報を受け、現場に駆け付けた。
そこには罠が仕掛けられ、捜査班の一名が負傷!
それでも同僚とともに現場を捜索。
しかし、そこはもぬけの殻だった。
確かに誰かを監禁した痕跡はあるのだが・・・。

サムがこれまで捜索した三つの現場。
それらの現場写真に写っている人物の存在。
サムはこの人物が犯人ではないかと疑う。
そしてついに特定し、容疑者確保に動いた。

サムは、早速容疑者尋問を始めるが・・・。

思わずどうなっていると頭に?マークが
巡る展開。
いきなりの反転!ベリエルが一転容疑者に!?
しかし、それも「罠」なのか?
誰が味方か?敵はいるのか?
緻密に張り巡らされた罠にベリエルと
同様に読手もとことん翻弄される。

果たして、少女たちは助かるのか?
真犯人の目的は何なのか?

北欧独特の社会問題を背景に、戦慄の
展開が繰り広げられる!

あまりにも衝撃的ラストに絶句!

シリーズ第2弾「狩られる者たち」を
早く読まないと!

『時計仕掛けの歪んだ罠』
著者:アルネ・ダール著/田口俊樹訳
出版社:小学館
価格:¥1,210(本体¥1,100+税)

あまりにも意外な真相に驚愕!「見知らぬ人」

エリー・グリフィス「見知らぬ人」(創元推理文庫)
を読みました。
アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長編賞
受賞作。

主人公の女性の周りで不可解な事件が続く。
怪しげな人物が多数登場。
一体誰が犯人なのか?

クレア・キャシディは、中等学校タルガ―ス校の
英語教師で、作家ホランドの研究もしている。

10月のある日、クレアは親友でおなじ英語教師
のエラが自宅で殺害されたことを知る。

その現場には、「地獄はからだ」と書かれた
謎のメモが残されていた。
その言葉は、ホランドのホラー短編
「見知らぬ人」に繰り返し出てくるフレーズだった。

これは、作中作「見知らぬ人」の見たて殺人なのか?

クレア、刑事・バービンダー、クレアの娘・ジョージア。
3人それぞれの視点で事件の詳細が語られてゆく。

作中にたびたび登場する「見知らぬ人」の
文章。それが何を意味するのか?
謎が謎を呼び、どんどん迷い込んでゆく。

そして、後半はサスペンス色が強くり、
ハラハラする展開にページをめくる
手が止まらなくなる。

一体、犯人は誰なのか?全く見当がつかない。

意味深な作中作で惑わされ、
殺害現場に残された不可解な
メッセージが真相解明を阻む。

さらにラストに待ち構える衝撃と
戦慄の展開に背筋が凍る!

犯人当ての醍醐味がこれでもか?と
堪能できる衝撃作。

『見知らぬ人』
著者:エリー・グリフィス著/上條ひろみ訳
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥1,210(¥1,100+税)

探偵小説に新たなヒーロー登場!「IQ」

日系アメリカ人のジョー・イデが生み出した
魅力的な青年探偵、アイゼイア・クィンターベイ、
通称「IQ」。

ロスアンゼルスに住む黒人探偵。
高校生の時、目の前で愛する兄の
事故死を目撃。
そのトラウマを抱えつつ、探偵業を営む。

ある理由で大金が必要になった
IQは、腐れ縁の相棒・ドットソンの
口利きで、大物ラッパーから仕事を
請け負うことになった。

極度のスランプに陥り、自分の殻に
閉じこもって自堕落な生活を送る
大物ラッパー・カル。
ある日、巨大な闘犬・ピット・プルに
襲われた。
そして、IQたちにその犬を使う殺し屋を
探し出して欲しいという異常な依頼してきた。

IQは、そんな途方もない依頼を全力で追う。

IQにとって兄の言うことは絶対だった。
兄を失った今も時々言葉を思い出す。
それに従って生きてきたIQは、
自分なりの正義を秘めていた。

カルの部下やプロデューサーたちは、
そんなことはカルの妄想だから適当に
調査して終わりにするようにIQに
提案するが、IQはNOを突き付け
調査を続行する。

子どものころから頭脳明晰だった
IQは鋭い洞察力と捜査方法で
真実に近づいてゆく。

ロスの黒人コミュニティが舞台。
さらに生粋の黒人ギャングと
ヒスパニック系ギャングの抗争を背景に
アクションシーンあり、まるで
映画のようにスピーディーな展開が
この作品の魅力。

その中でもストイックに生きるIQの
姿が胸を打つ。

コナン・ドイルをこよなく愛する著者。
そのリスペクトが本作品中にも登場する。

シリーズ第2作「IQ2」も発売中!

『IQ』
著者:ジョー・イデ著/熊谷千寿訳
出版社:早川書房(文庫)
価格:¥1,166(¥1,060+税)