闇を押し付けられる恐怖!「闇祓」

話題になっていて、早く読みたいと思っていた
辻村深月さんの「闇祓」(KADOKAWA)を
読みました。

読後感じたことは、現代社会は「闇」に
覆われているということ。
今身近にも闇が迫っている、他人ごとではない
と思いました。

寡黙で何を考えているのかわからないから
クラスで一人浮いている転校生・要に、
親切に接する真面目な委員長・澪。

しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。
ちょっと距離感の取り方に疑問を持った澪は、
友人たちに相談するが「好かれてるんじゃない?」と
からかわれる始末。

ところが、唐突に「今日、家に行っていい?」と
尋ねたり、家の周りに出没したりするようになりと
かなりヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は
憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。

デザイナーズマンションのようにリフォームした
団地で、住人たちが次々と事故や不幸に見舞われる。
そこには一人の不気味な主婦がいた。

小学校に男子児童が転校して来てから、クラスの
様子がおかしくなった。彼の正義を振りかざし、
クラスを支配する・・・。

あるサラリーマンは、営業部に異動してきた
ベテランの男性社員を執拗に怒鳴る上司に
辟易していた。同僚の女性先輩に相談し、
何とかしようとするが・・・・。
ベテラン男性社員の異動から部内が険悪になってゆく・・・。

「闇をおしつけ、周囲の人達を不幸のどん底に突き落とす。
そしてたくさんの人が死ぬ」

「闇」をまとったやつらが周囲の人間を
巻き込んでゆく。身近にある名前を持たない
悪意が増殖し、闇となり迫ってくる・・・。

4つの短編に描かれる物語は、
普通の人間が徐々に壊れてゆく様が非常に
リアルに描かれ、他人事とは思えない。

直接の暴力や言葉で相手を追いつめるのではなく、
ただ闇が持つ「正義」の理論を押し付けるだけ。
それだけで人は何が正しいのか?自分はどうすれば
良いのかわからなくなり、自我を失い、ある者は
自殺、ある者は殺人に走り、ある者は狂気に陥る。

その闇を祓うのが「闇祓」だ。
闇をまとうやつらを追いつめ、そして闇を祓う。

序盤、度肝を抜かれる展開から目が離せない!
いっきに読ませる面白さであっという間に
読み切ってしまった。

生きてる人間の悪意が一番怖いかもと思った。

『闇祓』
著者:辻村深月
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,870(¥1,700+税)

監禁パニックホラー!「ママ」

窪田正孝さん主演で映画化が決まった、
衝撃ホラー「スイート・マイホーム」の著者
神津凛子さんの第2弾「ママ」を読みました。

なぜ自分がこんな目に合わなくては
ならないのか?
娘と二人、健気に生きる母親を襲った
突然の恐怖!

シングルマザーの後藤成美はパートで生計を
立て、一人娘のひかりと二人慎ましく暮らしている。
貧しいけれど、ひかりがいれば何もいらない。
愛する人が残してくれた唯一の生きがい・・・。

パート先では、成美と同じ境遇のママ友もできた。

しかし、成美たちが暮らす団地で隣人の行き過ぎた
おせっかいに頭を悩ませていた。
成美はその隣人に、「どうしても母になれなかった女」
を感じ、自分の母親と似ていることで、嫌悪感を
抱いていたのだ。だが・・・。

ひかりから決して目を離してはいけないと
改めて誓ったその後、突然、首を絞められ
意識を失った。
目を覚ませば見知らぬ密室で手足を拘束されていた。
一体なぜ?
成美をよく知ったような態度で迫る、目の前の男は
誰なのか? 娘のひかりはどうなったのか?

なぜこんな目に合わねばならないのか?

恐怖と絶望に支配される成美。
このまま死んでしまったら、ひかりに会う
ことはできない。
絶対にひかりのもとへ行く!
その思いだけが成美を動かす。

成美とひかりの小さいながらも幸せなひとときの
シーン。読んでいると泣けてくる。
だからこそ、この監禁シーンの異常性が際立つ。

男が成美を監禁した目的とは何か?

戦慄の展開だが、圧倒的なリーダビリティで
最後までいっきに読ませられた。

『ママ』
著者:神津凛子
出版社:講談社(文庫)
価格:¥770(¥700+税)

たとえようのない気味悪さ。でも止まらない「異端の祝祭」

KADOKAWAホラー文庫激押しの一冊。
芦花公園さんの「異端の祝祭」を読みました。

民俗学×カルト×ホラー。
開けてはいけない扉を開いてしまった・・・。
そんな感じの「禁忌」なホラー。

島本笑美は、自己肯定感が低い女性。
そのせいで、小さいころからいじめにあい、
就職もままならない。
兄に頼っているばかりだった。
ところが、ダメ元で受けた大手食品会社
「モリヤ食品」の青年社長に気に入られ
内定を得る。

しかし、研修と称し連れてこられたのは
山の中にポツンと建つ施設。
そこで笑美が見たものは奇声を発し
床を這いまわる人々だった。

一方、笑美の様子を心配する兄の陽太は、
心霊関連を専門に扱う佐々木事務所を
訪れ、妹のあとをつけ、妹が何をして
いたのかを詳細に語った。

佐々木事務所の所長・佐々木るみは
陽太の話を聞き、笑美が非常に危険な
状態にいると判断。
すぐに動かないと取り返しのつかない
ことになる・・・。

所員の青山幸喜とともに、モリヤ食品
の青年社長を訪ねる。

登場人物が、人ではない何かが見える
人たち。
その力を使って他人をコントロール
する者、あるいはその力に絡めとられ
ようとする人を助ける者。

そのすさまじい闘い・・・。

そして、「人ではない何か」の描写が
あまりにも薄気味悪い。

読み始めてから、あ~これはヤバイ展開
と危機を感じたが、すでに取り込まれて
しまい、ハラハラしながら読み切った。

幽霊的な怖さより、壊れてしまった人の
力の方が数段恐ろしい。

それでも、佐々木&青山コンビに救われる。
気味悪さもどこかへ消えてしまった。
このコンビの活躍、また読みたいと思った。

『異端の祝祭』
著者:芦花公園
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥748(¥680+税)

比嘉姉妹シリーズ最新作「ぜんしゅの跫」は怖かった!

澤村伊智さんのホラー短編集『ぜんしゅの跫』
は、霊媒師・比嘉姉妹シリーズ最新作!
「鏡」「わたしの町のレイコさん」
「鬼のうみたりければ」「赤い学生服の女子」
「ぜんしゅの跫」の5編のホラー短編作品を収録。

「鏡」
子どもを授かった若い夫婦。
生まれてくるのは女の子で、夫婦は
娘の将来の幸せを願った。
夫はその日、知人の結婚披露宴に
出席する。ところが会場の
レストルームの鏡を見た瞬間
不気味な男の姿を見てしまう・・・。
「ぼぎわんが、来る」の前日譚。

「わたしの町のレイコさん」
都市伝説にまつわるホラー。
トイレの花子さんみたいな都市伝説
的なホラー話が大好きな女の子。
巷では、ゲイのレイコさんが
ナイフを片手に男の子を追いかける!!
という噂話が。その真実を調べる内に
過去の悲劇が明らかに!

「鬼のうみたりければ」
双子の男の兄弟で、兄の方が
神隠しにあって行方不明なった。
弟の方は成長し、結婚。
しかし、不景気でリストラにあった。
妻は仕事、家事、育児さらに
老いた義母の介護までするはめに!
もう限界!と悲鳴をあげそうに
なった頃、ひょっこり兄が帰ってきた!!
この人本物の兄なの・・・?

「赤い制服の女子」
事故にあい、重傷を負った男性。
入院している病院で怪事件が。
赤い学制服の女の子が呼んでいると
話していた入院患者が次々と
亡くなってしまった。
次は俺の番か・・・と思っていた
ところで!!!

「ぜんしゅの跫」
真琴と野崎の結婚式。姉の琴子は
祝いに駆け付けるが、真琴に怪我を
させてしまう!
琴子は真琴が引き受けていた
「見えない通り魔」事件の
調査に乗り出す。
かりかりかりと不気味な音を
出すそれは、巨大な化け物
だった・・・・。

「ぼぎわんが、来る」の前日譚
は不気味で怖かった。
一番怖かったのは、「鬼のうみたりければ」。
兄とはいったい何者か?ラストの衝撃は
半端なかった!
表題の「ぜんしゅの跫」は、比嘉姉妹
と化け物との対決が読みどころ。

どの作品もいったい何が出てくるのか
という怖さに対する期待感が膨らむ!
その期待を裏切らないストーリー展開に
100%満足!

『ぜんしゅの跫』
著者:澤村伊智
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥640(税別)

美少女が次々と呪われる!?「うるはしみにくしあなたのともだち」

「ぼぎわんが、来る」「ずうのめ人形」
「などらきの首」など比嘉姉妹シリーズ
で話題になった、澤村伊智さんの新刊
「うるはしみにくしあなたのともだち」
を読みました。

美少女が呪われ、顔がくずれていく!
学園を舞台にした、切ないホラーミステリー。
女子ならこの気持ち少しわかる?

四ツ角高校三年二組中、一番の美少女で
人気もあった生徒・更紗が突如自殺を遂げた。
いじめを疑われたが、更紗に限ってそんな
ことは一切ない。
遺書もなく、更紗を崇拝するクラスメートが
真相解明に動き始める。

しかし、更紗の死をきっかけに、美少女で
人気のある女子生徒が見えない力によって、
次々と容姿を傷付けられていく・・・・。

担任の小谷舞香は、クラスを恐慌状態に
陥れたこの異変の真相を探るうちに、
この地域に伝わる「ユアフレンド」という
奇妙なおまじないの存在を知る。
自身の教育に対する思いを反省すべく、
事態の収拾を図ろうとするが・・・!

クラスカースト上位に君臨する美少女に
対する呪いの復讐劇。
マウンティング最下位の女子の仕業なのか?

残酷な怪異現象とおまじないという
ホラー小説の怖さと、二転三転する犯人像、
巧みなミスリードなど犯人当てミステリー
小説の面白さが相まってグイグイと
読ませられる!!

美人の女の子に呪いをかけたくなるほど
辛くて、彼女たちに憎悪しか抱けない
女の子たちの気持ちや心の叫びが胸に
突き刺さる。

『うるはしみにくしあなたのともだち』
著者:澤村伊智
出版社:双葉社
価格:¥1,600(税別)

おすすめホラーファンタジー「はざまにある部屋」

『フェイスレス 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結』
シリーズ、『クラン』シリーズなど、独特の世界観で
描かれる警察小説が魅力の沢村鐵さん。
そんな沢村さんのホラーファンタジー
『はざまにある部屋』を読みました。

子どもたちが主人公で、自分たちにふりかかる
災厄を皆で協力して立ち向かう姿にうるうるでした。

小学5年生の彩香が住む町の山の中腹に建つ古い
アパートに引っ越してきた和枝。
いつも優しく包み込んでくれるような和枝は、
彩香の唯一の友だちだった。
そんな和枝が2学期から学校に来なくなった。

心配になった彩香は、担任の先生に相談する。
その日、様子を見に行った担任の先生は、
次の日から学校に来なくなった。
さらに女性教諭にも相談し、アパートに
行ってもらったが、担任の先生と同じような
状況になってしまった。

いったいあのアパートで何が起こっているのか?
彩香は一人、アパートを訪ねることに。

誰も住んでいないはずのアパートに暮らす謎の住人たち。
危険な空気を醸し出す、202号室。
不気味な烏の群れ。
そして、アパートを訪ねた街の人たちは次々と
抜け殻になってゆく!

彩香は大切な友人・和枝を助けることが出来るのか?

不気味なアパートの正体が徐々に明らかに
なってゆく過程が怖い。

ホラーテイストでありつつ、子供たちの
前にたちはだかる大きな恐怖にどう
立ち向かってゆくのか?
自分自身をとりもどす成長の物語でも
あるなと感じた。

グイグイと読ませるストーリー構成の
上手さに気がついたらイッキ読み
していました。

中高生にもおすすめのホラーファンタジー。

『はざまにある部屋』
著者:沢村鐵
出版社:潮出版社(文庫)
価格:¥800(税別)

読後、背筋がぞ~っとした!「狐火の辻」

2017年度このミステリーがすごい国内編第1位
に輝いた「涙香迷宮」。
超絶の暗号解読ミステリーをドキドキしながら
読んだが、この「狐火の辻」はホラー。
またもドキドキ・・・。

7年前に起きたひき逃げ事件
湯河原の温泉旅館街で起きた交通事故。

さらに郊外で起こった交通事故ではなぜか
車に轢かれた被害者が消えてしまった!

連続する奇妙な事故に興味を抱いた楢津木刑事は、
ネットの噂や街中で起こっている「奇妙なこと」、
・古びた洋館の裏にある沼のあたりを探検する
子供たちに、右手をよこせとなたを振りかざす怪人、
・タクシーから消えた乗客。などなどに
漠然とした繋がりを感じる。

楢津木刑事がなんとなく「繋がる」という
感を頼りに「居酒屋探偵団」なるものが
結成された。
そして楢津木は、18歳でIQ208の本因坊
という天才棋士・牧場智久を引き入れる。

都市伝説か?怪談話か?
次々と語られるストーリーが恐怖を煽り、
背筋がぞわ~っとしてくる。
この一見なにも繋がりがなさそうな話、
何がどうなっているの?
絡まった糸みたいな事件の数々。
しかし、名探偵・牧場智久のアドバイスを
受け、楢津木たちが調査してゆくとやがて
事件の構図が見えてきた!

都市伝説・怪談話がリアルな事件の
真相に繋がってゆく。
しかし、そのつながり方が偶然とは
片付けられない、因縁めいた、何か
大いなる意思が働いているとしか
思えない!

その描き方が実に巧妙で、読んだ後
物語を頭の中で整理したとき、
ものすごく怖くなった!

『狐火の辻』
著者:竹本健治
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,700(税別)

幽霊屋敷の怪?砂の恐怖!!!『ししりばの家』

映画化された「ぼぎわんが、来る」ほか「ずうのめ人形」
「などらきの首」など、今一番面白恐いホラー作品
を生み出す、澤村伊智さんの最新文庫作品
「ししりばの家」(角川ホラー文庫)を読みました。

読み始めたら、澤村ホラーの世界へどっぷりと
はまってしまい、そこから抜け出せなくなりました。

夫・勇大の転勤で関西から東京に越してきた、果歩。
しかし、東京生活に馴染めず、多忙な夫ともすれ違い、
心は次第にすさんでいった。

そんなある日、果歩は幼なじみの平岩と再会する。
関西弁トークに久しぶりに心がはずんだ。
日曜日に平岩邸に招かれた果歩は、彼の妻や
祖母と交流し心も体も癒された気持ちになった。

だが、平岩邸は何か変だった。あまりにも
心がすさんでいたので果歩は自分がおかしいのか….?
と思ったのだが。
その家は「さあああ~」という奇妙な音がする、
さらに部屋中に砂が散っていた….。

一方、平岩邸を監視する一人の男がいた。
彼は子供のころ、この家に関わったせいで
脳を砂が侵食する感覚に悩まされ、仕事もできず、
家に引きこもっていた。

悶々と日々を送る中、比嘉琴子という女性が
彼の元へ現れる…。

二つの視点から現在と過去の「砂」と「家」の
恐怖が描かれる。
そして、「家」にまつわる不可解な現象を
調べるうちに、恐ろしい事実が判明する!!
この家にはいったい何がいるのか?

また、霊媒師・比嘉琴子が真に己の能力に目覚めた
ストーリーでもある。

恐いけど、もの凄く面白い!

『ししりばの家』
著者:澤村伊智
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥680(税別)

益々面白くなる、「後宮の烏3」

段々と面白くなってきた白川紺子さんの
「後宮の烏」。シリーズ第三弾を読みました。

烏妃暗殺を目論んだ、烏漣娘娘が恐れる
「梟」とは何者か?
その「梟」が残した羽根に自らの行く末を
重ねる寿雪。

「烏妃は一人で在るもの」という烏漣娘娘
の言いつけに背き、寿雪の周りには
寿雪を慕う者たちが集まってきている。
しかし、寿雪は虚しさから逃れることが
できないでいる。

ある日、寿雪のもとへ泊鶴宮の妃・鶴妃の
侍女が訪ねてくる。
雨の夜にやってくる、幽鬼を追い払って
ほしいという。
寿雪は侍女から詳細を聞くと心がざわつく。
なにかよからぬことが起こるのではないか….?

この事件を皮切りに、不可思議な事件が
次々と起こり、やがて、政治的な思惑に
絡めとられてゆく。

そしてそのことが寿雪を追い詰めてゆく。

2巻までは、宮城内部の事件を中心に
描かれていたが、3巻からは次第に
外へと事件が広がり、スケールが
大きくなってゆくようだ。

寿雪を慕う鶴妃だが、彼女の一族は
不穏な空気を漂わせている。
また怪しげな「八真教」なるものも出現し
高峻や寿雪を悩ます。

また3巻では、寿雪と衛青のつながりにも
驚かされたり、護衛の温螢の寿雪に対する
忠誠心にキュンとなったりと読みどころ満載だ!

そして高峻は、寿雪を「烏」から開放する
一筋の光明を見出す!!!

寿雪の運命はどう動くのか?
4巻が待ち遠しい~~。

『後宮の烏 3』
著者:白川紺子
出版社:集英社オレンジ文庫
価格:¥610(税別)

最後の最後までぶっ飛びの展開!「武家屋敷の殺人」

やりすぎミステリの伝道師・小島正樹さんの
記念碑的作品!「武家屋敷の殺人」。
ついに読みました。
いや~凄い展開で驚きの連続、さらにクライマックス
は間違いなく絶叫します!

孤児院で育った女性から、生家を探して欲しいとの
依頼を受けた弁護士の川路。
手掛かりは、赤ん坊だった女性が、孤児院に置かれた
ときに残されていた日記だった。

だが、その日記には20年前の殺人とミイラについての
異様な記述があり、とても本当の事とは思えない。
早くもお手上げ状態となった、川路は友人の
那珂に助けを求める。

那珂は日記に続らていることは全て事実として
考え、記述にあったことを丹念に調べ あげ
ついに女性の生家を突き止める。
その家は江戸時代から存続する曰くつきの屋敷だった。

そして、その屋敷には、叔父と女性の母親が住んでいた。

川路と女性は、早速屋敷を訪れた。そこで女性の母親と
対面するが、彼女から異様な物語を聞かされる。

はずみで殺した男を床下の氷室に隠すとミイラ化。
首無し死体の登場、ミイラが蘇る!?
そして死体が移動!?

これでもか!?と提示される謎の数々と前代未聞の
トリックに心が躍る。こんな複雑怪奇な
ミステリーが読みたかったんだ~。

あまりにも予想外の展開に、読まずにはいられない!
読まないと損をするとばかりにいっきに読み切った。

二転三転したあげくのどんでん返し。もう凄すぎて唖然。

ミステリ好きを最後の最後まで楽しませたい、
著者の思いが伝わってきました。

『武家屋敷の殺人』
著者:小島正樹
出版社:講談社(文庫)
価格:¥960(税別)