交換殺人の行方は・・・?「拝啓 交換殺人の候」

「希望の死んだ夜に」の仲田&真壁シリーズ
「境内ではお静かに」シリーズの著者・天祢涼さんの
新刊のテーマはミステリーの定番である、
「交換殺人」。ワクワクな展開が待っている!

会社でパワハラにあい、悔しい思いを胸に
退職した秀文。
社会復帰を目指すが、パワハラで傷ついた
心は早々に癒えず、そのことで絶望した。

そして、「もうだめだ」と悟り、神社の
境内で首を吊ることを決心する。
秀文は神社の桜の木に登った。すると大きな
洞の中に白い封筒があるのを見つける。
それは、なんと交換殺人の依頼状だった。

〈どうせ死ぬなら殺してみませんか〉
と書かれた依頼状。交換殺人がバレないように
詳細なルールが決められている。
・やりとりは基本手紙
・手紙はパソコンで書く
・返事はこの洞に入れる
・お互いの事情は詮索しない

予期せぬ誘いだったが、秀文は自分にパワハラ
をして絶望の淵に追いやった男を殺して欲しいと
思った。
しかし、殺してくれたら、今度は自分が誰かを
殺さなくてはならない。それが出来るのか?
迷いに迷った秀文は、手紙を置いた人物が再び
現れるのを見張ることにした。
そして、そこに現れたのは、セーラー服の
女子高性だった・・・!

秀文は、手紙に自分の思いをつづり、再び洞に
向かい、返事を置いた。
しばらくすると、女子高生から返事が届く。

いよいよ本格的に交換殺人の計画が動き出すのか?
と思いきやそれは、奇妙な往復書簡と化してしまう。
二人が計画した「交換殺人」の結末は!?

あまりにもあまりにも予想外の展開!
こんな「交換殺人計画」があってもいいのか!?
いったい読者をどこへ誘うと言うのか?
ツッコミまくりのトンでも展開、
ワンアンドオンリーな物語と衝撃的面白さで
ラストまでイッキ読み。

見事な天祢マジックにしてやられる!

『拝啓交換殺人の候』
著者:天祢涼
出版社:実業之日本社
価格:¥1,650(¥1,500+税)

科学捜査に焦点を充てた傑作ミステリー「最後の鑑定人」

岩井圭也さんの「最後の鑑定人」読了。
初めて読む作家さんの作品。
内容は、はまさき好み!読んだらやっぱり
当たりでした!
とても面白かった。

「彼に鑑定できない証拠物なら、ほかの誰も
鑑定できない」と言わしめた男・土門誠。
科捜研のエースとして期待されながら、ある
事件をきっかけに科捜研を辞職。
そして民間の鑑定所を開業した。

土門は、「科学は嘘をつかない、
嘘をつくのはいつだって人間だ」と常々
思っている。
無駄な話は一切しない変人だが、群を抜いた
鑑定能力で難事件を解決してゆく。
土門とともに鑑定所で働くのは、
データ入力専門の高倉柊子。

女子大生殺害事件で逮捕されたのは、
殺された女子大生の元恋人だった。
その事件の裁判の前に土門のもとに
持ち込まれたのは、2種類のDNA鑑定。
一方は、被疑者が犯人であることを示し、
もう一方は彼が犯人でないことを示していた。
通り一遍の「DNA」鑑定では明らかに
ならなかった驚愕の真実!
「DNA」鑑定の凄さを改めて認識する。
「遺された痕」

技能実習生として縫製工場で働く7人のベトナム人。
雇用主は彼らのことを大切にしてくれる申し分
ない人だった。ところが彼らが住む家から火の手が
あがる。火を放ったのは、ベトナム人の一人。
出火直後に自ら通報してきたが、完全黙秘を貫く!
火災現場を詳細に調べ上げ、炎の動きと現場の
遺留物から放火の真相を導き出す!
その真相があまりにも悲しい。
「愚者の炎」

海から引き揚げた自動車に白骨死体と大量の
宝飾品が見つかった。調べてみると宝飾品は
盗品と判明。
身元の特定をしたい警察から依頼を受けた土門は、
DNA鑑定で停滞する捜査に風穴を開け、さらに
科警研に複顔を依頼する。が・・・。
DNA鑑定と複顔で徐々に白骨遺体の正体が明らかになる
過程が非常に面白い!そして、土門の過去も明らかに!
「死人に聞け」

年配の女性から娘の遺品を鑑定して欲しいとの
依頼が舞い込む。ところが、娘の名前を聞いた
土門は激しく動揺する。その娘とは、元刑事で、
科捜研時代の土門も関りがあった「ある事件」の
後に警察を退職していた。
娘の死の理由と、土門が科捜研を辞めた「ある事件」
の真相とは!?
「風花した夜」

孤高の鑑定人・土門の鑑定で明らかになる事件の真実。

科学的根拠から説得力のある謎解きが非常にリアルで
面白かった。
徹底的に鑑定することで、想像もできなかった衝撃的
過ぎる真相にたどり着く、科学捜査の凄さを
まざまざと見せつけられた。

これはぜひシリーズ化して欲しい!!!

『最後の鑑定人』
著者:岩井圭也
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,870(¥1,700+税)

前代未聞!タイムリープ×法廷劇「幻告」

五十嵐律人さんの「幻告」(講談社)読了。
SF的展開とミステリーと法廷劇がミックス
され、今まで読んだことのない衝撃が
味わえる!

裁判所書記官として働く宇久井傑(うぐい・すぐる)。
ある日、法廷で意識を失って目覚めると、そこは、
父親が有罪判決を受けた、5年前の裁判のさなかだった。
傑が幼い時、父親が母親が離婚し、父親は
別の家庭を持った。
その父がなんと娘に強制わいせつを働いたというのだ。
傑にとってその事実はあまりにも衝撃的だった。
父は無罪を主張したが、判決は変わらなかった。

傑は、当時の事件資料を読み込み、
父親が冤罪である可能性に気づく。
そして、タイムリープを繰り返しながら真相を
探り始める。

タイムリープは、過去に影響を与えるため、現在が
少しづつ変化し、これまでの仲間たちをを喪ってしまう。
それでも、過去と未来を往復する中で、相関関係にある
いくつかの事件の存在も明らかになってくる。

傑がタイムリープするたびに真相に近づいてゆく。
父の冤罪を晴らしたい、その思いが強くなって
ゆくが、最悪の事態が傑を待ち受ける。

緻密な時間軸設定、複雑に絡み合う事件、人物たち。
これほどまでに複雑な物語を見事に着地させて
しまった手腕に瞠目する!

父親の冤罪を明らかにする、その先の理不尽な
死が待つ未来を変える!

SF的タイムリープ×ミステリー×迫真の法廷劇
×どんでん返しに次ぐどんでん返し!
究極の面白さが詰まった前代未聞のリーガルミステリー。

『幻告』
著者:五十嵐律人
出版社:講談社
価格:¥1,870(¥1,700+税)