一部松江が舞台の企業サスペンス!「黒い紙」

三十年前に宍道湖に当時ロシアの最新鋭機
が不時着水した事件を調査するという、
堂場瞬一さんの企業サスペンス小説
「黒い紙」(角川文庫)を読みました。
本作の発表は2016年。
地元住民として松江の描写にワクワク~~~。

企業のリスクマネジメントを請け負う会社
「TCR」に勤務する、元捜査一課の刑事・
長須恭介。警官だった父の突然の死から
立ち直れずにいた。

そんな頃、「TCR」のクライアントである
大手総合商社・テイゲンに旧ソ連との不適切な
関係を指摘する脅迫状が届く。
現会長の糸山が、30年前旧ソ連のスパイ活動を
行ったというものだった。
警察には絶対に知られたくないテイゲンは、
事件解決を「TCR」に委ねる。

30年前、宍道湖に当時ロシアの最新鋭機
「Su-25MM」が不時着水した。
機体はボロボロ。搭乗していたパイロットは
アメリカに亡命した。

その詳しい調査をするために、長須は同僚の
元弁護士・境美和とともに松江に向かった。
そこで、ロシア人のパイロットが立ち寄った
とされる喫茶店を訪ねるが・・・。
あと少しで松江での調査に動きが出るというとき、
会社から呼び戻される。

最初の脅迫に続き、犯人からは、現金10億円
を要求する脅迫状が届いていた。

長須は、クライアントの利益と元刑事という
立場での正義の間で苦悩し葛藤する。

松江の描写は読んでいて、想像するのが
楽しかった。
蔦の這うカフェ、県庁近くの新聞社、
昔からある松江の有名な洋食屋・・・・
松江に住んでいれば「あ、あの店だ!」
とすぐにわかり思わず嬉しくなる。

巨大企業の闇・・・。
一人の人物に権力が集中すれば起こるべきこと。
そのために理不尽な人生を強いられた人たちの
苦しみ、悲しみ、くやしさが描きだされる。

そしてこの事件解決をきっかけに、長須が
一皮むけ一歩前に進もうとする姿も描かれ、
企業サスペンスでありながらも、登場人物の
人間ドラマに心を揺さぶられた。

『黒い紙』
著者:堂場瞬一
出版社:KADOKAWA
価格:¥880(本体¥800+税)

戦慄!ホラー&サスペンス「乙霧村の七人」

伊岡瞬さんの『乙霧村の殺人』(双葉社)読了。

わけもわからず、斧を持った大男に
追いまわされるという、恐怖MAXの
物語が怖すぎる!

二十二年前、土砂降りの雨の日、乙霧村で
戸川稔という男が、一家五人を惨殺すると
いう凄惨な事件が起きた。

この事件を題材に、大学教授・泉蓮が
『乙霧村の惨劇』と言うルポルタージュ
を書いた。

その泉蓮が顧問を務める大学の文学サークル
のメンバー六人が、この村を訪ね検証することに。
村の中に入った六人は、事件が起きたと思われる
空き家に侵入する。

六人のメンバーはそれぞれに勝手なことを
言い合い、小さな問題が起きても誰かに
やらせようとする自分勝手な人間ばかり。
そこへ、一人の大男が現れる。
彼らは驚愕し、襲われるのでは身構える。
そして、我先にと逃げ出すことを考えるが、
突然豪雨に襲われる。
そこへ再び大男が現れた。
二十二年前の殺人者を彷彿とさせる
白い雨合羽をまとい、その手には斧が握られていた。

不気味な大男から、逃げる六人のメンバーたち!
彼らは次々と襲われる!
閉ざされた集落で一体何が起きたのか!? 

大学生たちが襲われるシーンが延々と続き、
恐ろしいことこの上ない!
しかし、あるシーンに辿りついた瞬間、
突如舞台は一転する!

肩透かしを食らったと思ったあとからの
展開が非常に興味深く面白い。

誰もが予想する展開を見事なまでに覆す!
いっき読みサスペンス

『乙霧村の七人』
著者:伊岡瞬
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥672(本体¥611+税)

異色の逃亡サスペンス!「レフトハンド・ブラザーフッド」

知念実希人さんの文庫最新刊
「レフトハンド・ブラザーフッド上下」
(文春文庫)を読了。

左手に亡くなった双子の兄の魂が宿った
高校生の男の子が、違法ドラッグに
関係する事件に巻き込まれる!
ハラハラしっ放しの上下巻!

ある事故がきっかけで「エイリアンハンド
シンドローム」(他人の手症候群)を患った
高校生・岳士。
彼の左手には、亡くなった双子の兄・海斗
の人格が宿るようになった。

その症状を病院で訴えると、入院で
治療すると言われた。
兄の人格を消されるのを恐れた
岳士は、家出を決行する。

左手の兄に叱咤激励されながら必死で
東京に向かう岳士。
だが、その途中で殺人事件に巻き込まれて
しまう。
被害者に触れたところをホームレスに目撃され、
容疑者として追われるはめに!
容疑を晴らすためには、自分たちで真犯人
を突き止めるしかないと兄にアドバイスされた
岳士は、偽の身分を取得し隠れて真相を
追うことに。

被害者は、違法ドラッグの調査をしていたようだ。
兄の提案で、違法ドラッグの密売組織に潜入した
岳士。得意のボクシングと頭脳明晰な兄の
助言で数々の修羅場をくぐり抜ける。
やがて、岳士は「サファイア」と呼ばれる
危険ドラッグを製造する「錬金術師」の正体
に近づいてゆく。

岳士は、事故の苦しみや、兄へのコンプレックス
そして、謎の美女に対する恋心に悩み、
危険ドラッグに手を出してしまう・・・。
海斗は必至に止めるが、岳士耳を貸さなく
なってしまった。

そんな中、二人に最大の危機が訪れる!

容疑者として逃亡する日々にもうハラハラ。
その展開に読みだしたら止まらない。

ただの逃亡サスペンスではなく、主人公が
「他人の手症候群」という病でその手が
逃亡の相棒という設定が、物語に強烈な
インパクトを与えていて、とても面白い。

そして怒涛のクライマックスは圧巻!
兄弟の絆の深さ、弟を想う兄の優しさ
厳しさも描かれ、切ないラストに涙腺が緩む。

『レフトハンド・ブラザーフッド 上下』
著者:知念実希人
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:上巻¥715(¥650+税)下巻¥682(¥620+税)

心をざわつかせる衝撃サスペンス!「不審者」

「代償」「悪寒」など、ヒットを飛ばしている
伊岡瞬さんの文庫最新刊「不審者」を読みました。

平凡な家庭を脅かす存在。
それは何なのか?
徐々に追い込まれていくヒロインの心の
動きがリアルに描かれ、怖くなりました。

折尾里佳子は、夫と息子、そして夫の母親と
4人暮らし。
夫は、中堅食品会社に勤務、里佳子は在宅で
子供を見ながら小説などの校正を行っている。
子どもの幼稚園のママ友やバスで一緒になる
バスママ友など、ちょっとやっかいな人間
関係も時に心を乱されるが、平凡で、幸せな
毎日だった。

ところがある日、夫がサプライズで一人の客を
家に招く。
その人物は、二十年間以上行方知れずだった、
夫の兄だと言う。
義兄は起業家で、独身だと語る。
しかし、義母は息子本人だと信用していない
様子。そのせいで、里佳子は不信感を募らせる。

里佳子の心配をよそに、夫は義兄を居候させる
ことに。最初は、人見知りしていた息子も
義兄になつき始める。

それ以降、里佳子の不信感は次第に膨れあがる。
そして、里佳子の周囲で不可解な出来事が
多発するようになる。

行方不明だった義兄の登場で、平和な家庭の
均衡が崩れてゆく・・・。
その平和を守るために、義兄と対峙しようと
する里佳子だったが・・・・。

日常の平和を脅かすものへの嫌悪感の
描き方が半端なく、これでもかとヒロインを
追い詰める!

そして、義兄の正体とは?

一つの悲劇をきっかけにすべてが反転する。
その驚愕!!
怒濤のクライマックスに息を詰め、すべての
真相が明るみになったとき、思わず悲鳴の
ような声が出てしまった。

予想をはるかに覆される結末に唖然・・・。

『不審者』
著者:伊岡瞬
出版社:集英社
価格:¥836(本体¥760+税)

海外サスペンスの醍醐味!「パーキングエリア」

ツイッターのTLで紹介されていた
テイラー・アダムスの「パーキングエリア」
(東京創元社)を読みました。

久々に海外サスペンスの醍醐味を
味わいました。

女子大生のダービーはクリスマスイブの前夜、
姉から「母、危篤」の知らせを受け、
大雪の中車を飛ばし母の元へ向かう。

しかし、天候は悪化し車は動かなくなった。
仕方なく途中のパーキングエリアで様子を
見ることにした。

立ち寄ったパーキングエリアには
すでに4人の男女が悪天候で
足止めを食らっていた。

ダービーは母のことが心配で、携帯が
繋がるところはないかと外に出た。
しかし、アンテナは立たずあきらめて
室内に入ろうとした時、偶然1台の車の中
に少女が監禁されているのを目撃してしまう。

この中に誘拐犯がいる!?
誰なのか?
天候は悪化の一途を辿り、誰もが
このパーキングエリアに留まるしかない。

少女の監禁を知ったのは、ダービー一人。
携帯は繋がらず、夜明けまで救援は
見込めない。頼れるのは自分だけ!
自分一人で助け出すことは出来るのか?

少女を助け出す!ただその一念。
ダービーの勇気には頭が下がる。

そして、狂気の誘拐犯の執拗さが
人間の恐ろしさを倍増させている。
海外サスペンスの面白さは、犯人が
禍々しいほどに恐ろしく描かれて
いることだと思う。

猛吹雪の夜、極限状態の中で
繰り広げられる、手に汗握る
ノンストップサスペンス!

サスペンスにふさわしい
スリリングな翻訳で読みやすく
とても面白かった!

『パーキングエリア』
著者:テイラー・アダムス/東野さやか(訳)
出版社:早川書房(文庫)
価格:¥1,080(税別)

「代償」を超えた衝撃展開!「本性」

新刊が出たら必ず眼にとまる作家・伊岡瞬さん。
文庫の新刊が次々と発売されています。
その中の「本性」(角川文庫)を読みました。

通勤バスの中で読み始めたら、伊岡
マジックにはまってしまい、止まらなく
なり危うく乗り過ごしそうになりました。

「代償」は、悪魔のような心を持つ男が
一人の男性を奈落の底に突き落とす。
その目をそむけたくなるような
衝撃展開は忘れることが出来ない。
読んでいて、心が冷えてゆくような
感覚に陥った。

そして、「本性」は「代償」の衝撃度
を軽く超え、ヒロインの底知れぬ
昏さと恐ろしさが際立つサスペンスだ!

〈サトウミサキ〉彼女に関わった者たちは
不幸のどん底に突き落とされる!?

お見合いパーティーで出会った40歳
独身の男は、サトウミサキの優しさに
魅了され、虜になってしまう。

就職できずファミレスでバイトを続ける男
は、サトウミサキという女性に翻弄される。

認知症で一人暮らしの老女。
最近自分の身の回りを世話してくれる
サトウミサキに心を許していた・・・。

サトウミサキが彼らに関わっているころ、
多摩川河川敷近くのレンタルコンテナから、
女性の腐乱死体が見つかり、警察は捜査を
開始していた。

一方、若手刑事の宮下は、一匹狼で
ベテランの安井刑事の相棒として、
焼死事件を追っていた。
単純な火災事故のはずが、安井だけは
その裏に潜むなんらかの事実を
確信しているようだった・・・。

この作品に登場する人物たちは、
ある意味、自分のことしか考えない
エゴのかたまりでクズだ。
サトウミサキは明らかに彼らを
ターゲットにしている・・・。
その目的は一体何なのか?

読み進めるうちに、サトウミサキと
彼らの関係性が明らかになり、バラバラ
だった事件と過去の出来事が繋がってゆく。
登場人物それぞれの物語を短編で
つむぎながら、事件の真相が判明してゆく
過程は面白過ぎる!
人間の皮を被った、獣たちの所業が明らかに!
その真相はあまりにも残酷すぎて
心が苦しくなった。

過去の因縁に囚われ、心が壊れてしまった
女性の「本性」を描くために、緻密に
仕組まれたサスペンス・ミステリー
その、恐ろしいまでの筆力に圧倒された。

『本性』
著者:伊岡瞬
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥800(税別)

探偵・槙野&女性刑事東條シリーズ最新作にして最高傑作!『MEMORY 螺旋の記憶』

島根県在住のミステリー作家・吉田恭教さんの
人気シリーズ『探偵・槙野&女性刑事東條』
の新作が発売になりました!
『MEMORY 螺旋の記憶』です。

探偵・槙野と警視庁捜査一課の刑事、東條は
お互いに信頼し合い、絡み合った事件の
謎をといてゆく。
探偵と刑事ってなかなか難しい関係だと
思うが、二人のやりとりを読んで
いると何となく安心する。
また、槙野と妻のかけあいは、
凄惨な事件が多いこのシリーズの中で
一種の清涼剤のような役割を果たして
いて、二人が登場するシーンは読んで
いると心が癒れる。

九年前、鏡探偵事務所に奇妙な捜索
依頼をしてきた女性が、再び新たな
調査を依頼してきた。
失踪した息子を探して欲しい。
息子の失踪は前回の調査が関係
している。と・・・。

槙野は、当時の調査記録をもとに
息子の行方を捜す。
ところが、九年前に調査で訪ねた人物は
二年前に塩素ガスで殺害されていることが
判明する。

一方、東條刑事は、奥多摩の山中で
発見された凄惨な逆さ吊り殺人事件を
捜査中だった。
たまたま、その身元判明の報道を見ていた
槙野は、被害者が九年前に調査した案件の
関係者であることを教える。

依頼された息子の行方を捜す槙野は、
彼がホラー作家であること、
退行催眠療法について熱心に調べて
いたことを掴む。
そして槙野は、退行催眠療法の本の
著者を訪ねることに・・・。

だが、そのタイミングでまたしても
逆さ吊り殺人事件が起こる。
身元が判明すると、最初の被害者との
繋がりが出てきた。
殺害された二人は、もとは同じ酒蔵で
働いていたのだ!

槙野の調査と、東條が追う凄惨な連続殺人事件。
二つの調査はやがて交差してくるが、
それらが複雑に絡み合い、謎は深まるばかりだ。
いったい事件の裏には何があるのか?

このシリーズは、今までホラー的
要素がふんだんに盛り込まれてきたが、
今回はそうではない。
ホラーというよりは神秘の世界・・・・。

槙野は、調査の過程で信じがたい
事実を掴む。
それはやがて、前代未聞の真相に
繋がってゆく。

槙野と東條、二つの事件の調査から
徐々に真相に近づいてゆく過程は
いつもながら非常に面白い。

シリーズは、どの作品も大変面白いが、
自分としてはこの作品が今のところ
一番だと思う。
時を超越し、大切な人を想い続ける
ラストは胸に迫るものがあったから。

『MEMORY 螺旋の記憶』
著者:吉田恭教
出版社:南雲堂
価格:¥1,800(税別)

バチカン奇跡調査官シリーズ、本編第16弾「王の中の王」

大好きなバチカン奇跡調査官シリーズです。
本篇も16作目に突入!

今回の作品は、本当に神の奇跡が
起こったのでは?と思えるほど
不可思議な現象が現れます!

オランダ・ユトレヒトの小さな教会
聖ファン・クーレン教会では、カソリック
聖体祭の日は、聖遺物巡礼を行う。
協会の秘密の地下倉庫に『聖釘』が
収められている木箱が厳重に保管
されているのだ。
さらにこの年は、主の足跡の奇跡が
メディアで取り上げられ協会は
にぎわっていた。

その夜、教会で突然停電が起こった
そして、三つの光る球体が教会に
現れ、虹色に輝く光となって教会を
移動した。
その時、司祭の頭上で神の声が響いた。
それは町の未来の予言だった・・・・。

バチカンにその奇跡の申告があり、
奇跡調査官のロベルトと平賀は
現地へ飛ぶ。

二人は、光を目撃した人びとの
聞き取り調査を行った。
彼らは、天使と会った、病気が
治ったなどそれぞれ違う体験を
語った。

ロベルトは、隠し協会と言われる
聖ファン・クーレン教会の歴史を調べ、
平賀は奇跡が起こったとされる
協会の中、細部を科学的視点から
調べ尽くす。

隠し協会に伝わる至宝「王の中の王」
とはいったい何なのか?
14世紀のオランダの歴史を紐解き
ながら物語は奇跡の正体に迫ってゆく。

そして、彼らが導き出した真実とは!?

奇跡調査の行方もどうなるか気になるが、
物語の中で語られる、ヨーロッパの
歴史や宗教に関する記述がとても
興味深いです。

真実は常に歴史の中に埋もれている!?
今作も文句なく面白いです!!

『バチカン奇跡調査官 王の中の王』
著者:藤木稟
出版社:KADOKAWA(ホラー文庫)
価格:¥680(税別)

クセ強めの刑事たちが暴く、凶悪犯罪シリーズ第2弾『警視庁SM班Ⅱモンスター』

富樫倫太郎さんの警察小説、新たなシリーズ第2弾!
『警視庁SM班Ⅱモンスター』を読みました。
『SRO』(中公文庫)、『生活安全課0係』
(祥伝社文庫)に続き、今回集められた
メンバーも超!個性的!で面白い。

SM班班長の薬寺松夫は太りすぎでおねえ言葉
しかし、責任感が強く仕事が出来る!
佐藤美知太郎は超優秀な分析官だが時々地蔵になる!?
糸居秀秋は、捜査能力にちょっと難アリだが・・・。
柴山あおいは女だてらに強すぎる!
田淵ゆたかは、性転換をした優秀な刑事。
警察庁のキャリアの息子、白峰栄太。
彼らの能力が試される第2弾!

SM班は、前代未聞の人体パーツ売買事件
を見事解決に導いた。
しかし、逮捕された犯人たちは黙秘を
続けている。

そして、SM班の周囲では新たに
不穏な動きが顕在化しつつあった。

柴山あおいが助けた女子高生が行方
不明になり、さらに人体パーツ売買事件の
重要参考人で、マスコミや近隣住民から
吊し上げを受けていた、牛島典子も
失踪してしまう。

牛島典子失踪で、人体パーツ売買事件の
捜査本部は青ざめる・・・。

同じころ、柴山は女子高生の安否を
気遣い、捜索を開始しようと
班長の薬寺に連絡をとるが、電話が通じず
出社もしてこない。

まさか薬寺も失踪したのか!?
いったい何が起きているのか?

実は裏では、快楽殺人を企み己の
欲望を満たそうとする者の存在が
あった!

前回の続編ともいうべき本作品。
またしても、悪魔のような快楽
殺人者が登場する。
己の欲望のままに人を操り、人を
傷つけるけだもの。

そのけだものと、SM班の死闘が
すさまじい迫力で描かれる。
しかし、そのけだものの傍らで、
さらなるモンスターが目覚めてしまう。

生きている人間の悪意こそ、一番
恐ろしい!
それをまざまざと見せつけられた。

モンスターとの死闘は、今幕を
開けたばかり!

警視庁SM班Ⅱ モンスター』
著者:富樫倫太郎
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥880(税別)

読み始めたら止まらない!「冷たい檻」

伊岡瞬さんの「代償」「悪寒」「痣」に続き
文庫新刊「冷たい檻」を読みました。

冒頭からのスリリングな展開に心を
鷲掴みにされました。

17年前に息子を誘拐された樋口は、その後
妻と離婚。警察も退職し調査官として働く。

北陸地方の村の駐在所から警官が失踪した。
県警本部の依頼で、駐在所の調査に入った
樋口は、後任の駐在・島崎巡査部長ともに
前任の駐在の失踪の謎を追う。

その過程で、村では農作業に使う器具が何者かに
盗まれるという盗難事件が起こっていることが発覚。

次々と耳に入るきな臭いに情報に、
樋口はこの村には何かあると嗅ぎ取る。

一方、村に存在する大型複合医療施設の
介護付き老人ホームに入所していた70歳台の
老人が海に落ちて亡くなる事件が発生していた。
施設では様々な憶測が飛んでいた

樋口は、失踪した駐在の行方を調査する
かたわら、大型医療施設についての裏情報も
キャッチ。
数々の事件がこの施設に関係していること
に気づく。

しかし、不可解な殺人事件が起こってしまう。
それは凄惨極まりないものだった!

樋口・島崎の視点、施設の入所者たちの視点
また、施設を誘致した者たちの視点、
多数の人物の視点で描かれた物語。
数々の事件がどう繋がってゆくのか?
どんな風に発展してゆくのか?
先へ先へと引きずられるように読みすすめてしまう。

すべての謎が解き明かされたクライマックスは
圧巻!としか言いようがない。

卓越したリーダビリティで読ませる、サスペンスの傑作。
読みだしたら止まらない!夜に読んだら徹夜覚悟で!!

『冷たい檻』
著者:伊岡瞬
出版社:中央公論新社
価格:¥880(税別)