スリリング!脳科学捜査官VS連続爆弾魔!『脳科学捜査官 真田夏希』

鳴神響一さんの「脳科学捜査官 真田夏希」読了。

婚活を頑張っている一見普通の女性。
実は、心理学から人を分析する。その能力で
捜査に協力する女性刑事・真田夏希が主人公。
彼女のプロファイリングが犯人を炙り出す!

友人の紹介で出会った男性と
みなとみらい近くのレストランで
食事を楽しんでいた時、爆発事件が
起こった。

捜査のため、その場に臨場した刑事たちを
見てヤバイ!と思った真田夏希。
しかし、相手の男性に刑事だとバレてしまった。

神奈川県警初の心理特別捜査官として
採用された真田夏希は、連続爆破事件の
捜査に駆り出された。

SNSを使い爆破予告を繰り返す犯人に
翻弄される警察。
そんな警察をあざ笑う爆弾魔。
警察の無能ぶりはSNSを通じて拡散されてゆく。

夏希が分析した犯人像や捜査方針への
提案は、犯罪の助長となるとお偉方から
バッサリ切り捨てられた。
どうすれば・・・。と悩む夏希を救ったのは
なんと・・・・!?

犯人は、ARのようなキャッチャーゲームや
ネットゲーム、SNSなどを駆使し犯罪を
繰り返す。
そんな犯人に夏希は果敢に挑んでゆく。
そして、犯人の暴走を止めるため、心の闇に
迫り、寄り添おうと試みるが・・・。

SNSを使った犯人とのやりとりや、
犯人の計画に踊らされる警察の様子など
リアルな描写が興味深い!

ヒロイン・夏希だけでなく、脇を
固めるキャラも面白い!
鑑識の小川、警察犬・アリシア、
夏希をバックアップした曲者などなど
今後の展開にどう絡んでくるのか?

シリーズ2巻「イノセント・ブルー」に続く!

『脳科学捜査官 真田夏希』
著者:鳴神響一
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥748(本体¥680+税)

最強の女スパイ小説第4弾!『十三階の母』

吉川英梨さんの人気シリーズ、
最強の女スパイ・黒江律子が主人公の
「十三階」シリーズの最新作
「十三階の母」を読みました。

黒江律子は、公安の中でもエリート中のエリートが
集められた精鋭部隊、組織は警視庁の「十三階」に
属し、国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

前作「十三階の血」で衝撃のスパイ夫婦となった
黒江律子と上司の古池慎一。
しかし、天方首相の娘・天方美月に狙われ
アメリカに逃亡し、息子と3人で束の間の
平和を味わっていた。
しかし、アメリカ滞在中、黒江は何者かに
つきまとわれる。

同じ頃、十三階のトップのもとに黒江の名を
騙った時限爆弾が届き、事態は一変!!

急遽日本へ帰国した黒江と古池。
彼らの子供は信頼する協力者に預けられた。

息子との別離で心を痛める黒江は、
自らの後継者を育てあげることで
バランスを保とうとした。
だが、古池から紹介された女性警官・
鵜飼真奈は、なんと黒江が失敗した
新幹線テロの犠牲者だったのだ。

黒江は鵜飼にテロ失敗は自分に責任が
あったと正直に告白。
彼女に罵倒されたが、その後は黒江を
受け入れ黒江の後を引き継ぐ覚悟を
決める。

「イレブン・サインズ」による
新たな新幹線テロの情報を得た十三階は
鵜飼真奈を投入した。
しかし、鵜飼の必死の捜索にも関わらず
確たる証拠が掴めず、鵜飼のミッションは
終了する。

十三階爆破未遂、怪しいテロ情報など、
十三階はこれまでにないほど不確かな
情報に振り回される。

それは「何者かの意図」によるもの
ではないか・・・?
十三階を潰そうとする黒幕とは?
壮大な「悪意」が十三階に牙をむく!

それを迎え撃つ古池。そして、黒江の母
としての覚悟が、彼女をさらに強くしてゆく。
緊迫のスパイサスペンスシリーズは
新たな局面を迎えた!?

夫婦となった古池と黒江。息子と引き離された
悲しみが黒江の心を押しつぶそうとする。
そんな黒江を深い愛情で支える古池の姿が
ひと際心に刺さった。

次回作が楽しみで仕方ない。

『十三階の母 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社
価格:¥1,540(¥1,400+税)

正義の心が熱い!「女副署長 緊急配備」

松嶋智左さんの「女副署長」に続くシリーズ
第2弾「女副署長緊急配備」を読みました。

警察官としての矜持がどんな些細な罪も
見逃がさない。

県警初の女性副署長として、日見坂署に
赴任した田添杏美。
台風襲来の日、県警を揺るがす大事件が
勃発!杏美の機転で事件は解決。しかし、
不祥事の責任を問われ、日見坂署よりも
さらに規模の小さな、県郊外の佐紋署に
左遷された。

ところが、杏美の赴任直前、署長が
急病で緊急入院。署長代理も任されて
しまう。
そこは、ほとんど重大事件の起きない
のんびりした田舎の署だが、その分
地元の有力者たちとの距離が近く、
杏美は赴任早々憂鬱な気分になる。

しかし、それどころではない事件
が次々と起こる。
バイクによるひったくり事件が発生し、
緊急配備が発せられた。
そんな折、なんと18年ぶりに管内で
殺人事件が発生する。
さらに、ほぼ同時刻、海岸で警備課所属の
若手巡査が意識不明の重体で発見された。

いくつもの事件が同時並行で起き、
殺人事件は県警捜査一課が出張って
くる。杏美のライバルである、花野警部
の登場に心がざわつく杏美。

また、杏美と三十年来の因縁がある
巡査部長の動きも不穏な空気を醸し出す。

杏美の温かな声掛けで、シングルマザーの
女性巡査や、父親の介護に悩む総務課
巡査が、地道に捜査を続け、それぞれの
事件はやがて一つに繋がってゆく。

今まで表立って捜査をすることがなかった
若手警官や、女性警官が杏美の下で
自らの職務に目覚め、新たな目標に
進もうとする姿に胸が熱くなった。

女副署長・田添杏美の活躍に益々期待大!

『女副署長 緊急配備』
著者:松嶋智左
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥737(¥670+税)

この世に未練を残した霊の心を癒す「霊視刑事 夕雨子2」

青柳碧人さんの「霊視刑事 夕雨子1」
があまりにも良かったので、第2弾
「霊視刑事 夕雨子2 雨空の鎮魂歌」を
読みました。

事件や事故に巻き込まれ、この世に心が
残ってしまい、成仏できない人たちの霊を
癒す物語。

中野署の刑事、大崎夕雨子は、小さいころから
この世に未練を残す霊と会話が出来るという
特別な能力があったが、祖母からもらった
色あせたストールを巻いている時だけは
霊の気配は感じられないでいた。

刑事課に配属された夕雨子の相棒は、
本庁の捜査一課から異動になった、
辣腕女性刑事・野島友梨香。

日本語学校の校長が殺害された現場で、
死んだ校長本人から犯人の名前を
聞いた夕雨子。しかし、別の霊が
それを否定する!
「アリガトウという言葉」

自己肯定感の低い漫画家が事故死した。
その現場で本人から事情を聞いた
夕雨子。両親との確執、売れない
漫画。自分なんて・・・・
そんな彼女の心を救おうと必死に
彼女の願いを果たそうとする。
「涙目のさよなリーヌ」

ある日、署長から呼ばれた夕雨子と
野島。必ずエレベーターを使って
署長室へ来いと、妙な注文をつけられる。
そしてエレベーターに乗ったとたん
男の霊が二人の前に現れる。
そして、「俺の名前を思い出せ」
思い出さなければ、ずっと閉じ込める
と脅される。この男、一体誰?
「俺の名は。」

上司から、女性が行方不明になった
と知らされる。その女性は野島が左遷
されるきっかけとなった因縁の事件の
関係者だった。上司から二人はこの
事件に首を突っ込むなと釘をさされるが。
「ハチミツの雨は流してくれない」

「俺の名は。」での野島の手柄話が
ユーモアたっぷりに描かれていて面白い。
最終話の「ハチミツ~」は、絡みに絡んだ
事件の真相を、野島が解きほぐしてゆく。
その真相があまりにも残酷。
野島の相棒の死の真相も明らかになる。

予想だにしない犯人像、衝撃的結末。
心優しい霊たちに助けられる二人。
癒し、そして癒される。
このシリーズが大好きだ。

また、夕雨子は幼い頃行方不明になった
親友・公佳を探し出すまであきらめない。

夕雨子の霊視と野島の行動力と鋭い
推理力で難事件に挑むシリーズ第2弾
とても面白かった。

『霊視刑事 夕雨子2 雨空の鎮魂歌』
著者:青柳碧人
出版社:講談社(文庫)
価格:¥748(¥680+税)

最強の女スパイ小説第3弾!超!壮絶展開『十三階の血』

「警視庁53教場」、「新東京水上警察」
「女性秘匿捜査官・原麻希」
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」など
多くの警察小説のシリーズを描きつづける吉川英梨さん。

どのシリーズもめちゃめちゃ面白く、
1作品読んだら必ずはまってしまう。

この『十三階の女』で衝撃的な
登場を果たした、最強の女スパイ・黒江律子。

公安の中でもエリート中のエリートが集められた
精鋭部隊、組織は警視庁の「十三階」に属し、
国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

シリーズ3作目は、黒江律子が母の介護で
十三階を去ってしまった後の事件。

班長の古池は、米軍辺野古基地移設に
反対する過激派「第七セクト」の内偵
に奮闘していた。

そんな時、十三階の校長・藤本乃里子の
命令で政治家が集まる外交パーティーに
出席する。
そこで、沖縄出身の衆議院議員・
儀間祐樹に同伴する、黒江律子を見かける。
変装しているが、古池が見間違える
はずはなかった。
二人の再会は、またしても悲劇の連鎖を招く。

古池は自分の祖父を殺した男を令和恩赦
で釈放し、運用できるように徹底的に
痛めつける。
凄まじい暴力シーンは目をそむけたく
なるほどの描写力!
男の身体も心もズタズタにする・・・。
古池はまるで復讐の鬼のようだ。

そして、古池も黒江もお互いの内偵の
ために、愛してもいない相手と愛を交わす。
切ないほど悲しいシーン。

「第七セクト」を潰すための作戦は
嘘と真実が複雑に絡み合い、何が真実で何が嘘なのか
わからずページをめくるたびに驚愕する。

タイトル通り、今まで以上に「血」が多く流れた。

家族も愛も犠牲にし、ただ国家のため、
自分を偽り続ける律子の生き方が痛ましい。

これほど壮絶なスパイ警察小説は他にない。

『十三階の血 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥759(¥690+税)

女性刑事が組織の闇に挑む!「月下のサクラ」

柚月裕子さんの女性刑事シリーズ最新作
「月下のサクラ」を読みました。
前作「朽ちないサクラ」で警察事務職の中途採用で
県警広報部に入った森口泉は、親友の死から警察に
巣くう闇を目の当たりにする。
親友の死を乗り越え、前を向いて歩き出した泉。

「月下のサクラ」で森口泉は警察官となった。
泉は、事件現場で収集した情報を解析・
プロファイリングし解決へと導く機動分析係を
希望するが、実技試験に失敗。
しかし、機動分析係係長の黒瀬により、配属
されることとなった。

実技試験のため、必死で鍛えた記憶力を
買われての配属だった。
しかし周囲からは「スぺカン」だと揶揄される。
それでも、泉は挫けなかった。
その記憶力を最大限に活かすため、当て逃げ事件
の捜査を始める。

同じ頃、会計課の金庫から約1億円の現金が
盗まれていることが発覚!
課内の職員の取り調べが始まるが、杜撰な
管理があらわになる。
やがて、一人の職員の名前が浮上する。

機動分析係は、メンバー一丸となって
捜査をすすめる。
あってはならないと願いながらも、
内部の犯行の線が濃厚となってきた。

泉らの捜査で密かに事件の核心へと
近づく中、今度は殺人事件が起きてしまう・・・。

この殺人は口封じなのか?
誰が何を隠蔽しようとしているのか?

またしても、組織の闇にのみこまれる泉。
しかし、泉は挫けない。
組織の闇に敢然と立ち向かい、不屈の
精神で事件の真相を暴く泉の姿が胸を熱くする。

クールだけれど、熱い正義の心を持つ
女性刑事の登場だ!

『月下のサクラ』
著者:柚月裕子
出版社:徳間書店
価格:¥1,870(本体¥1,700+税)

衝撃展開!「イエロー・エンペラー 警視庁捜査一課八係警部補・原麻希」

吉川英梨さんの「警視庁捜査一課八係警部補・原麻希」
シリーズ最新作「イエロー・エンペラー」を
読みました。

ちょっと待って!何この展開!待って~
うそ~・・・!
と思わず叫んでしまった。
なんとなんと「新東京水上警察」の最新作
以上の衝撃が待っている!

殺人事件を首謀したと思われる極右組織の
捜査をすすめている、原麻希ら捜査一課八係。
ある日、自宅で偶然ショッキングな
動画を発見する。
催眠ショーの生配信中、催眠術をかけられた
人物が他の人物に出刃包丁を振り下ろす
場面を目撃した!
あわてて現場に駆け付けるが!

その後、高尾山中で車の中で横たわる
6人の男性の遺体が発見される。
不可解な体勢の遺体もあり、これは
自殺に見せかけた殺人ではないかと疑う。

広田達也は、八係の係長だが、
娘がある事件に巻き込まれたことで
PTSDに陥りパニック障害を発症し、
苦しんでいた・・・・。

原麻希たちが、事件の捜査に奔走する
過程と同時に、広田はパニック障害の
原因を探るため、催眠療法を受けていた。

凄惨な事件、その裏側には恐ろしい
敵の姿があった・・・。

衝撃的な事件の真実にも驚愕するが、
この作品の最大の読みどころは、
麻希と達也の過去が交錯する切ない展開。

原麻希ファンにはたえられない、
切なさに涙が止まらない。

『イエロー・エンペラー 警視庁捜査一課八係警部補・原麻希』
著者:吉川英梨
出版社:宝島社(文庫)
価格:¥730(税別)

歌舞伎町を疾走する女刑事!『新宿特別区警察署 Lの捜査官』

吉川英梨さんの警察小説シリーズ
「警視庁53教場」、「新東京水上警察」
「警部補・原麻希」「十三階の女」。
どのシリーズも面白くてはまる!

最新作「新宿特別区警察署 Lの捜査官」
は、警察小説としては異色の展開!

家庭を持つ警察幹部の女性刑事・新井琴音、
部下はなんとレズビアンであることを
カミングアウトしたおよそ刑事らしくない
超個性的な刑事・堂原六花。

そんな二人は、新宿のホテルで起きた
女性殺害事件と、歌舞伎町で起きた
無差別殺傷事件を追うことに!

しかし、無差別殺傷事件の方は
事件を起こした犯人も自殺してしまった。

二つの事件は何がきっかけで起こって
しまったのか?

LGBTの人々がが多く集まる
歌舞伎町という街を知り尽くす
堂原の捜査力とL署の面々の奮闘で
二つの事件の真相が明らかになってゆく・・・。

琴音の夫は捜査一課の刑事。
妻が夫より階級が上になったことで、
夫婦仲はぎくしゃく中。

家庭と警察幹部としての仕事の
両立で疲れ果てる琴音。
男性たちの本音は腹立たしい!。
六花の琴音に対する言葉。
あまりにもリアル過ぎて、
読んでいて苦しくなる場面もあった。

この作品、なんでこんなにも
心をざわつかせるの?

また、LGBTの人たちについて真摯に
向き合い、丁寧に描き、少しでも
理解したい寄り添いたいという
思いが感じられた。

今の世の中の、全ての「生きにくい」と
思っている方々に読んでほしい―
これは著者のメッセージ・・・・。

『新宿特別区警察署 Lの捜査官』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA
価格:¥1,600(税別)

元白バイ隊員の著者が描く!「女副署長」の捜査魂!

「虚ろの聖域 梓凪子の調査報告書」
で第10回島田荘司選ばらのまち福山
ミステリー文学新人賞を受賞し
デビューした松嶋智左さんは、
元白バイ隊員。
その経験を活かし描いたのが、
本書「女副署長」(新潮文庫)だ。

数か月前、日見坂署に副署長として
赴任してきた、田添杏美警視。
警察官人生33年というベテランで
あり、県内初の女性副署長という
ことで周囲の目は厳しい。

夏のある日、大型台風が接近
し、大雨に見舞われていた。
夜になり、台風被害対策本部
が設置され、署内の緊迫度は
頂点に達していた。

そんな中、地域課警部補の死体
が警察署の敷地内で発見され、
署内に衝撃が奔った!
胸にはナイフが突き刺さっており、
明らかに他殺。
直後に封鎖されるが、土砂降りの
雨で遺留物が流されてゆく。
犯人は今だ庁舎内に隠れているのか?
それとも、同じ警官の仕業なのか?

台風被害対策という非常事態に
なんと警官の刺殺体!?
これ以上ない大失態に杏美は、
副署長として、所轄署の名誉
をかけて犯人を挙げる決意をする。

だが、杏美の決意を挫くような
事態が同時多発的に起こる!
留置場での不可解な出来事、
署長の娘にかけられる容疑、
被害者の隠れた貌。
署員たちの秘密。
さらに、警部補殺害事件を巡る
剛腕刑事課長との激しい対立。

元警察官であった著者の経験が
随所に活かされ、本書の現場の
描写が非常にリアル。

さらに、警部補殺害事件は、
誰がいつどのようにして殺害したのか?
警察署内というクローズな空間での謎の
設定と、どんでん返しに次ぐどんでん返し
は本格ミステリーの王道を行っている。

女副署長・田添杏美がいかにして、
それらを解決に導いたのか?
この物語の面白さを堪能して欲しい。

『女副署長』
著者:松嶋智左
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥670(税別)

最強の女スパイ小説第2弾!これ以上ないほど危険任務『十三階の神-メシア』

「女性秘匿捜査官・原麻希」
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」
「警視庁53教場」、「新東京水上警察」など
多くの警察小説のシリーズを描きつづける吉川英梨さん。

どのシリーズもめちゃめちゃ面白く、
1作品読んだら必ずはまってしまう。
作品に登場する女性刑事たちはとても
魅力的で大好きだ。

シリーズ第1弾『十三階の女』で衝撃的な
登場を果たした、最強の女スパイ・黒江律子。

公安の中でもエリート中のエリートが集められた
精鋭部隊、組織は警視庁の「十三階」に属し、
国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

そんな黒江律子に与えられた新たな任務は、
禁断の暗殺指令だった!?

かつて地下鉄で大規模テロを起こし、
教祖はじめ、多数の信者が死刑判決を
受けた「カイラス蓮昇会」。
その教祖の死刑執行が迫り、警察は対応に
苦慮していた。

そんなとき律子の母がカイラスの後継団体に
入信してしまい、律子は窮地に陥った。
何とか母を止めなくては・・・。
しかし、相談できる上司の古池は行方不明に
なっていた。

ところが、校長と呼ばれている上司から
カイラス後継団体に潜入し、その裏の
教祖の正体を探れとの指令が入る。
裏の教祖は、若い女性を侍らせているという。
なんと、その上司は律子の妹を潜入させるよう
迫る。

抵抗した律子だったが、妹はあっさり引き受け
まんまと潜入に成功する・・・・。

オウム真理教事件を彷彿とさせる背景で、次々
と試練を与えられる律子。
律子が唯一心を開くことのできる、上司・古池
もおらず、十三階の誰も信用できない、
誰が味方で誰が敵なのか?それすらわからない
そんな状況でも律子は必死で仕事を続ける。

今作の怒涛のストーリー展開に、読んでいる
こちらも巻き込まれてしまいそうになる。
いったいどうなるのか?
さらに、クライマックスのどんでん返しは、
今までにないほどの驚きが待っている!

律子の途方もない頑張りにちょっと切なくなってしまった。

しかし!次回作も期待大~!

『十三階の神-メシア- 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥680(税別)