名探偵は、美少女の巫女!?「境内ではお静かに」

いつも、人が死んじゃったり、ホラーテイストの
ミステリーばかり読んでいる、はまさき….。

時々違うミステリも読んでみたいな…。ということで、
今回は神社が舞台のライトなミステリーを読みました。
最近はパワースポットとして人気の神社もあり、
とてもタイムリーだと思います。
装丁がとんでもなく可愛い巫女さんのイラスト。
ついつい手に取ってしまいそうです。

大学を中退し人生迷走中の壮馬。兄が神職を務める横浜の
有名な神社「源神社」で働くことに…。
信仰心ゼロの壮馬は、眼を瞠るほど美しい巫女・雫の
の弟子となり、神社の業務を学ぶ日々…。

参拝客にはとびきっりの笑顔で接するが、それ以外は
笑わない雫。何か事情がありそうだ。
壮馬への態度もちょっと厳しすぎるんじゃない?…。

壮馬が雫の態度を気にしだした頃、
神社では次々と不可解な事件が起こる!
心霊騒ぎ、子ども祭り妨害事件、神社移転反対の裏側、
就職祈願の本当の理由、などなど。

神社で巻き起こる様々な事件を、雫が鋭い洞察力で解決に
導いてゆく。

神社ではいったいどんな事件が起こるのか?
切ない展開もあるけれど、重くならずライトに描き、
日常の謎を興味深いミステリーに仕立ててある。
そして、真相解明は膝を打ちたくなるほど心地良い。
随所に「本格」の香りが漂っていて、ミステリファンは
たまらない。

また、壮馬と雫、二人の微妙な距離感に、
読んでいると胸がキュンキュンしてくる。

今後の二人の関係がどうなるか?またまた新たな
トラブルに巻き込まれるのか?
とてもとても続きが気になる、超面白いミステリー。

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』
著者:天祢涼
出版社:光文社
価格:¥1,700(税別)

桶川ストーカー事件を追った!渾身のノンフィクション

先日、テレビを視ていたら
桶川のストーカー事件を取り上げていました。
再現ドラマは、清水潔氏のノンフィクション
「桶川ストーカー殺人事件 遺言」(新潮文庫)
に忠実に描いてありました。
当時女子大生が殺害されたあとの埼玉県警上尾署の
記者会見の様子がそのまま再現ドラマに挿入されて
おり、それを視て驚きました。
女子大生が刺殺されたのに、警察官がヘラヘラ
笑っている!?何これ!?と思い、
前に一度読んだのですが、再読しました。

桶川

清水潔「桶川ストーカー殺人事件 遺言」(新潮文庫)は、
普通の女子大生が、元彼から執拗な嫌がらせや脅迫を受け、
元彼の雇ったチンピラに桶川駅でナイフで刺され死亡した
事件の真相を暴いたノンフィクション。

殺された女子大生は親思いのお嬢さんで、元彼の執拗で暴力的な
ストーキングについての悩みをなかなか言い出せなかった。
しかし、元彼の脅迫が親にも及ぶかも・・という状態になって
やっと両親に相談する。
娘が殺されるかもしれないと危機感を感じた両親は、娘と一緒に
警察に相談に行ったが、その相談は警察内部でたらいまわしに
され、警察に嫌味を言われながら、被害届や、告訴状などの届け出を
出したにも関わらず、結局真剣に捜査されることはなく、
殺人事件は起こってしまった!という最悪の事件。

警察はそのことを隠すために、殺された女子大生を
風俗店に勤務していたブランド狂いと称し、週刊誌ほかマスコミは
こぞって女子大生をそのように報道した。

しかし、生前、女子大生から相談を受けていた友人たちが、清水潔氏に
連絡をとり、事件のあらましを話すと清水氏は独自で調査を開始。
清水氏はこの時、友人たちが語った驚愕のストーカーの実態に
心底恐ろしいと感じ、そんな男と一人で向かい合った女子大生を
想い、何とも言えない感情があふれてきたと書いている。
そして、何かに突き動かされるようにこの事件の真実を
暴く!ただその想いだけだったと・・・。
女子大生が遺した遺言というバトンを渡されたと・・・。

そして、清水氏の執念は、警察よりも先に、
女子大生殺害の実行犯をつきとめる。

だが、その件を警察に報告するがまったく動く気配がない。
しびれを切らした清水氏はこの顛末を「FOCUS」でスクープ、
さらにテレビでも取り上げてもらうと、警察の怠慢がクローズ
アップされる。この事件は国会でも注目され、ストーカー規制法
が制定されるきっかけとなった。

清水氏の「弱い人(被害者・被害者家族)たちの声を聞く。」
その強い思いはこの事件からやがて「北関東連続幼女誘拐殺人事件」の
調査に繋がって行く。

「桶川ストーカー殺人事件」のあとがき、文庫化によせての
欄に、被害者のお父さんの文章が掲載されています。
大切な一人娘が殺人犯とマスコミによって何度も殺された・・・。
その無念の想いが、清水氏に乗り移って事件の真相が
暴かれた。信じていた警察に裏切られ、事件後の過程など
全く連絡されない心細さ。それを救ったのは清水潔氏だった。
この文章を読むと、涙がこみあげてくる。

『桶川ストーカー殺人事件 遺言』
著者:清水潔
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥630(税別)

調査報道のバイブル!「殺人犯はそこにいる」

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」清水潔著
この本はミステリー小説ではありません。ノンフィクションです。

著者は、「遺言 桶川ストーカー事件」の著者であり、
迷宮入りになりそうだったこの事件を取材し、事件の真相と
犯人を突き止め警察を動かし、ストーカー規制法制定の
きっかけを作った事件記者です。

殺人犯はそこにいる

先日、ニュースで20年前に群馬県で行方不明になった横山ゆかりちゃんの
ご両親が記者会見で、早く娘を探しだしてほしいと警察に訴えていました。

清水氏はこの事件は、北関東で起きている未解決の幼女誘拐殺人事件に
関連があると、著書の「殺人犯はそこにいる~」で明らかにしている。

清水氏はある番組制作がきっかけで、未解決事件の取材を始めた。
着目したのは、北関東周辺で起こった連続幼女誘拐殺人事件だった。

清水氏はまず、解決済みとされた「足利事件」から調査を開始する。
すると奇妙なことに気が付く。
「足利事件」を含め、未解決の事件現場の距離が群馬・栃木県を
またいでいるとはいえ、約10キロ圏内。
さらに、誘拐時の状況。彼女たちはパチンコ店で行方不明に
なっている・・・?
清水氏はその事件現場とパチンコ店という一致に
これは連続殺人事件ではないかと気が付き、足利市で起きた
事件の容疑で逮捕された菅家さんは冤罪だと確信した。
そして2009年、「足利事件」で17年間も服役していた菅家さんは、
無実であることが認められ釈放される。
つまり、連続幼女誘拐殺人の真犯人はいまだ逮捕されず野放し状態ということだ。

しかし、清水氏は独自の取材でその真犯人を特定している。
では、清水氏がいかにして、足利事件の菅家さんを無罪に導き、
その真相と真犯人に辿り着いたのか?

丁寧で緻密な取材、警察との軋轢の過程が詳細に描かれている。

ここまでわかっていながら何故警察は動かないのか?
読んでいて憤りを感じてしまう。

本書は、北関東連続幼女誘拐殺人事件の真相とさらに日本の司法の闇をも
炙り出している!!

「調査報道のバイブル」とも言われた本書は、新潮ドキュメント賞
日本推理作家協会賞を受賞。
日本中に衝撃を与えた事件ノンフィクション。

『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』
著者:清水潔
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥750(税別)

ミステリー好きの季節になりました!年末ミステリー祭り!

ミステリー好きの人にはワクワクドキドキの季節です。
年末恒例、「このミステリーがすごい」を代表とする、2012年に発売されたミステリー小説のランキングの発表の時期になりました。
国内・海外ともに面白そうな作品ばかりがランクインしています。
一番の目玉はやはり、宝島社『このミステリーがすごい2013年版』ランキングです。
国内編1位は、横山秀夫『64 ロクヨン』(文藝春秋)。
国内編2位は、宮部みゆき『ソロモンの偽証1部2部3部』(新潮社)
国内編3位は、月村了衛『機龍警察 暗黒市場』(早川書房)
これ以上は、「このミス」に詳しく書いてありますのでぜひお読みください。
私が今年読んで一番面白いと感じた、『64』がこのミス1位になったことがとても嬉しかったです。
本誌には、横山先生のインタビュー記事が掲載されています。
毎年この「このミステリーがすごい」を読んで、今まで読んでいなかったミステリーや、新たなミステリー作家との出合いがあり、はまさきにとってはとてもありがたい、ミステリーガイドブックです。この本を読んで年末年始はミステリー三昧のはまさきです。
その他のミステリーランキングは、週刊文春の12月13日号に「2012年文春図書館ミステリーベスト10国内・海外」という特集記事が掲載されています。只今発売中です。
この記事もミステリーファンは見逃せませんよ~。
嬉しい時期でついテンションがあがってしまいました。
『このミステリーがすごい 2013年版』
出版社:宝島社
価格:¥505(税別)

本の学校今井ブックセンターにミステリー小説探偵・はまさきの棚が出来ました!!

10月5日(金)に本の学校今井ブックセンターがリニュアルグランドオープン致しました!!そしてそのお店に、「ミステリー小説探偵・はまさき」のおすすめミステリー作品のコーナーが出来ました。
こちらがテーマ別の棚です。一番上の棚は、広域捜査室の活躍を描いた作品を並べています。
2段目は『江戸川乱歩賞受賞作品』の特に面白かった作品を並べています。
3段目は、ユーモアミステリー。以前各店でフェアをしたときに人気の高かった、西澤保彦さんの『腕貫探偵』シリーズVS乾くるみさんのトリック対決を並べています。
4段目は、サスペンス小説の傑作選。
5段目は徐々に読まれている、「法廷ミステリー」作品を並べています。
興味がある方はぜひご来店いただき、このコーナーをご覧になってみてください。
こちらは棚の横の平台です。『女性刑事が主人公の警察小説』を積んでいます。
生田斗真さん主演の映画『脳男』もたくさん積んでいます。秋にドラマ化予定の『再会』も積んでいます。
渋い系の警察小説も置いています。
今後、ミステリー小説の企画をどんどん展開していきます。

ミステリー小説探偵・はまさきのミステリー棚が出来るまで!!

10月5日(金)に本の学校今井ブックセンターがリニュアルオープン致します!!
その店舗に、‘ミステリー小説探偵・はまさき’の「おススメのミステリー」コーナーが出来ることになりました!。
これまでこのブログで紹介してきたミステリー作品や、警察小説コーナー、そしてはまさきが大好きな今野敏先生の作品など品ぞろえしていきます。
1段ごとにテーマを設けて展開します!!
1段目は「迷宮入り事件を解決せよ!」、2段目は「乱歩賞受賞作傑作選」、3段目は「ユーモアミステリー」(予定)、4段目は「衝撃のサスペンス特集」、5段目は「大逆転!!法廷小説」(予定)
こちらは平台。今野敏先生のコーナー。
こちらの平台は今野敏先生の「安積班」シリーズ文庫が全点。
次回に続きます・・・。

DNA鑑定よりさらに進化?!東野圭吾氏『プラチナデータ』は凄い!

東野圭吾氏の文庫最新刊、『プラチナデータ』(幻冬舎)は、東野先生の経歴が活かされ、ちょっとSFタッチで描かれた、近未来的な警察ミステリー小説。

この作品、二宮和也さん&豊川悦司さんが主演で映画化されます。(公開予定は2013年春頃)

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム・・・。その開発者が殺害された。
この捜査システムを知りつくした有能な科学者・神楽龍平は、システムを使って犯人を突き止めようとする。しかしコンピュータが示したのは、「神楽龍平」彼の名前だった。
この革命的なシステム・・・。しかしその裏には何らかの陰謀が渦巻いている!?
そのカギを握るのは、謎のプログラムともう一人の‘彼’。
果たして神楽は、警察の包囲網をかわし真相にたどりつくことが出来るのか!?
DNA捜査システム・・・。読んでいるとほんとにこんなシステムで捜査が可能になるかも・・。と思えるくらいリアリティがあります。ドキドキしながら読みました!面白いです。映画化にも期待大です。
『プラチナデータ』
著者: 東野圭吾
出版社:幻冬舎
価格:¥724(税別)

心霊探偵八雲の次にこれがおススメ!Ⅱ「バチカン奇跡調査官」

「心霊探偵八雲」シリーズが大好きだという人に次のおススメはこれ!で「考古学探偵一法師全」シリーズを紹介しましたが、さらに面白いシリーズを紹介します。
藤木稟著「バチカン奇跡調査官」シリーズです。現在角川文庫で全5巻が発売中。ちょっと書き込まれた厚めの作品が多いですが、とても面白いです。
バチカン所属の奇跡調査を担当する二人の神父。一人は日本人で平賀・ヨゼフ・庚。美貌の天才科学者。
もう一人はロベルト・ニコラス。古文書・暗号解読のエキスパート。
平賀とロベルトはコンビを組んで、世界中から申告される奇跡の真偽を調査する秘密調査官。
第1巻目の『バチカン奇跡調査官 黒の学院』は、隔絶されたアメリカ田舎町の修道院で起きた‘処女受胎’の真偽を確かめるべく二人は現地へ赴くが、そこには大きな陰謀が隠されていた。
第2巻目の『バチカン奇跡調査官 サタンの裁き』は、死してなお腐敗しない、預言者だった神父の遺体。二人は奇跡調査をするうちに、ロベルトの出生に関わる驚愕の真実に辿り着く。
第3巻目の『バチカン奇跡調査官 闇の黄金』は、バチカン近くの教会で、謎の光とキリストが動きだす。二人は謎を解き明かすうちに800年もの間隠されてきた闇の錬金術を知ることになる。
「バチカン奇跡調査官」シリーズ1~3巻
第4巻目の『バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ』は、聖人の生まれ変わりがルノア共和国に現れた!ロベルトと平賀の目の前で次々と起こる奇跡現象。今回の奇跡は本物なのか!?
第5巻目の『バチカン奇跡調査官 血と薔薇と十字架』は、英国で奇跡調査の帰り、ある町に滞在することになる。その町では、黒髪に赤い瞳の美貌の吸血鬼の噂が流れていた・・・。
「バチカン奇跡調査官」シリーズ4~5巻
世界各地で起こる奇跡現象や怪事件を科学捜査と、古文書・暗号解読を駆使し解明、解決する。オカルト的なシーンがふんだんに盛り込まれ恐い。
しかしミステリー小説としての謎解きは練りに練られ、ミステリー好きな読者を楽しませてくれる。そして、旧いが荘厳な教会、また宗教の薀蓄がロベルトの口からわかりやすく語られる。ミステリー好き、ホラー好き、ヨーロッパの歴史、宗教に興味がある人まで楽しめる、さらに主人公二人はとても美しい男性という設定。文句なく本当に面白いシリーズです。
『バチカン奇跡調査官 黒の学院』
著者: 藤木稟
出版社:角川書店
価格:¥819(税別)

労働基準監督署を舞台に描く!異色のお仕事エンターティメント

‘働く人を守るために必死で働く人間がいる’帯にあるこの謳い文句に惚れて読み出しました。
沢村凛氏著『ディーセント・ワーク・ガーディアン』(双葉社)
舞台はなんと!‘労働基準監督署’。あまり表に出たことのないお役所なので、興味津々で読みました。
働く現場で日々起こる大小の様々な事件を、時には感動的に、時にはミステリータッチで描いていてとても面白い短編集です。労働基準監督官という仕事についても詳しく、わかりやすく描かれています。(社会勉強にもなる!)
主人公の労働基準監督官・三村は「人は生きるために働いている。だから、仕事で死んではいけないんだ」と友人である刑事や部下に言い続けている。(熱血!!)
〈普通に働いて、普通に暮らせる〉社会をめざして日々奮闘中。行政官としてだけでなく、時には特別司法警察員として、友人の刑事とともに《謎解き》にも挑む。

特にミステリー色が強い作品は、第5話の『フェールセーフの穴』。
無人化工場内で起こった殺人事件。現場に調査に向かった三村と友人刑事は、そこが完全なる密室であることに気がつく。
刑事には犯人のめぼしはついていたが、密室の謎を解かないと犯人逮捕に繋がらない。そこで労働基準監督官である三村は、工場内で導入されているロボットの操作に目をつける・・・。

地味なお仕事小説だと思って読むととんでもない!新鮮な驚きに満ちている、異色のお仕事エンターティメント作品です。

『ディーセント・ワーク・ガーディアン』
著者: 沢村凛
出版社:双葉社
価格:¥1,700(税別)

直木賞作家・小池真理子氏が描くサイコサスペンスの世界

直木賞作家・小池真理子さんの傑作ばかりを集めた、サイコサスペンス短編集。
1990年代に発表された作品ですが、今読んでも面白い。
近年人気を集めている恐い女性、女性のサイコサスペンス系の原点のようなものが詰まっている感じです。

表題作の『会いたかった人』は、花形心理学者でテレビにも出演する諸井小夜子が、中学時代無二の親友だった結城良美と25年ぶりに再会したことから始まる。
あまりにも変わりすぎた親友の登場に異常な違和感を覚える小夜子。良美の行動は次第にエスカレートしてくる。親友の不気味さがじわじわと迫ってきます・・・。

そのほか、『結婚式の客』は、プレイボーイでさんざん女性と遊びつくした男が、やっと理想の女性と巡りあい結婚することに。しかしその結婚式で男は前につきあっていて自殺した女性の母親らしき女がいることに恐怖を覚える・・・・。

などなど、読んでいてじわりじわりと恐さが増していくような作品ばかり。とても面白い。さらに人間って恐い~と思ってしまう。

明野照葉、今邑彩、沼田まほかる、真梨幸子系が好きな読者にはおススメの1点です。

『会いたかった人』
著者: 小池真理子
出版社:祥伝社
価格:¥514(税別)