堂場作品初!女性刑事が主人公「聖刻」

これまで数々の警察小説のシリーズを
描いてきた堂場瞬一さん。
この「聖刻」(講談社)で初めて
女性刑事が主人公として描かれます。

朝のワイドショーで長く司会を務める
人気司会者の息子が、元恋人を殺害した
として自首してきた。

捜査一課の女性刑事・柿谷晶は、
取り調べを行うが半落ちだった。
犯行は自供するが、動機の追求を
すると黙秘してしまう・・・。

晶は、犯行動機を探るため、被疑者の
家族を聴取する。
しかし、家族はネットの誹謗中傷に
悩まされていた。
さらに、被疑者の父親は、息子の
事件の責任をとり、ワイドショーの
司会の仕事を辞め、テレビの仕事も
引退すると宣言した。
それでもネット上では説明責任が
果たされていないなど、身勝手な中傷が
まるでこれこそが正義だといわんばかりに
拡散されていたのだ。

事件を起こしたのは加害者なのだ。
その家族だからと言って、理不尽に
責められる・・・。そんなことが
許されていいのか?

「正義」という名のもとの「悪意」
がどんどん拡散され、加害者家族を
追い詰める・・・。

事件の真相を探るため、被疑者の家族に
張り付く晶だが、自らの過去と重なり、
いつの間にか心を寄せるようになる。

そして、犯罪被害者支援課の村野たちと
協力し、尽きることのない被害者家族への
「悪意」と闘いながら捜査を続ける晶。

だが、またしても悲劇が起きてしまう!

加害者と被害者の狭間で苦悩する柿谷。
事件の真相にたどり着くことは出来るのか?

事件の被害者に寄り添う村野たち支援課
メンバーの働きから事件の真相に迫った
「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズ。

しかし、犯罪被害者遺族と同じくらい
加害者家族にも寄り添う必要がある
のではないかと問題提起をした本作。

加害者家族に向け、ネット内で繰り
広げられるすさじい誹謗中傷。
何の権利があってそこまで貶めるのか?

加害者家族をも護らなければならない。
著者の切実な思いがあふれる。

そして、「警視庁犯罪被害者支援課」が
新たな局面をむかえる。
傑作警察サスペンス!

『聖刻』
著者:堂場瞬一
出版社:講談社
価格:¥1,870(¥1,700+税)

最強の女スパイ小説第4弾!『十三階の母』

吉川英梨さんの人気シリーズ、
最強の女スパイ・黒江律子が主人公の
「十三階」シリーズの最新作
「十三階の母」を読みました。

黒江律子は、公安の中でもエリート中のエリートが
集められた精鋭部隊、組織は警視庁の「十三階」に
属し、国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

前作「十三階の血」で衝撃のスパイ夫婦となった
黒江律子と上司の古池慎一。
しかし、天方首相の娘・天方美月に狙われ
アメリカに逃亡し、息子と3人で束の間の
平和を味わっていた。
しかし、アメリカ滞在中、黒江は何者かに
つきまとわれる。

同じ頃、十三階のトップのもとに黒江の名を
騙った時限爆弾が届き、事態は一変!!

急遽日本へ帰国した黒江と古池。
彼らの子供は信頼する協力者に預けられた。

息子との別離で心を痛める黒江は、
自らの後継者を育てあげることで
バランスを保とうとした。
だが、古池から紹介された女性警官・
鵜飼真奈は、なんと黒江が失敗した
新幹線テロの犠牲者だったのだ。

黒江は鵜飼にテロ失敗は自分に責任が
あったと正直に告白。
彼女に罵倒されたが、その後は黒江を
受け入れ黒江の後を引き継ぐ覚悟を
決める。

「イレブン・サインズ」による
新たな新幹線テロの情報を得た十三階は
鵜飼真奈を投入した。
しかし、鵜飼の必死の捜索にも関わらず
確たる証拠が掴めず、鵜飼のミッションは
終了する。

十三階爆破未遂、怪しいテロ情報など、
十三階はこれまでにないほど不確かな
情報に振り回される。

それは「何者かの意図」によるもの
ではないか・・・?
十三階を潰そうとする黒幕とは?
壮大な「悪意」が十三階に牙をむく!

それを迎え撃つ古池。そして、黒江の母
としての覚悟が、彼女をさらに強くしてゆく。
緊迫のスパイサスペンスシリーズは
新たな局面を迎えた!?

夫婦となった古池と黒江。息子と引き離された
悲しみが黒江の心を押しつぶそうとする。
そんな黒江を深い愛情で支える古池の姿が
ひと際心に刺さった。

次回作が楽しみで仕方ない。

『十三階の母 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社
価格:¥1,540(¥1,400+税)

第3回警察小説大賞受賞作『転がる検事に苔むさず』

第3回警察小説大賞受賞作、直島翔さんの
「転がる検事に苔むさず」(小学館)。
元新聞社勤務で、社会部記者時代東京地検を
担当した著者だからこそ描けた、検察、
そして検事のリアル。

東京区検察庁浅草分室。略して区検。

そこで若手検事の指導官を務める
検事・久我周平は、飲み仲間の
刑事課長から手を貸して欲しいと
相談を持ち掛けられた。

ある夜、若い男が鉄道の高架から
転落し、猛スピードで走る車に
衝突し死亡した。
その男は自動車ディーラーの営業マンだった。

自殺か?他殺か?高架には他殺と
思われる痕跡が残っていたが、
殺人事件と断定できない。

仕方なく久我たちは自殺の線で遺書探しに専念する。
ところが、調査の過程でこのセールスマンの
周辺からグレーな部分が次々と明るみに出る。

ペーパーカンパニーを利用した輸入外車取引、
ロッカーから見つかった麻薬と現金・・・。

死んだ男は一体何者なのか。

久我は、交番巡査や新人の女性検事
とともに事件の真相に迫ってゆく。

検事が現場の刑事とともに捜査を行うと
いう展開はとても新鮮に映った。

また、事件捜査の現実や、正義が行われる
場所での内部抗争の実態がとてもリアルに
描かれていて面白い。

そして、主人公・久我検事の生き方が印象深い。

同僚から見下され、家族からは軽んじられる。
そして出世も見込めない。
検事なのに、仕事は地味で軽微な事務仕事。

そんな中でも、検事としての正義を全う
しようと奔走する姿に胸が熱くなる。

さえない中年検事が主人公の物語。
地味に感じるかもしれないけれど、
良い意味で「渋み」が際立つ、警察ミステリー。

『転がる検事に苔むさず』
著者:直島翔
出版社:小学館
価格:¥1,760(¥1,600+税)

警視庁追跡捜査係シリーズとコラボ!完結編『チェンジ 警視庁犯罪被害者支援課8』

堂場瞬一さんの人気警察小説シリーズコラボ企画第3弾!
「警視庁追跡捜査係」&「警視庁犯罪被害者支援課」です。
さらに今作は、「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズ
第8作目で、シーズン1の完結編。

通り魔事件発生の一報を聞いて現場に
駆け付けた、犯罪被害者支援課の村野。
混乱する中で聞き覚えのある声を聴く。
追跡捜査係の沖田が通り魔に襲われた
男性の胸元をつかみ激しく追及していたのだ。
驚いた村野は、沖田を止めに入った。

村野の行為に激怒する沖田。
沖田に言わせると、彼は現在追跡捜査係が
再捜査している8年前の強盗殺人事件の
容疑者の一人だという。

それを聞いた村野は、複雑な気持ちになった。
いくら容疑者だとしても、彼は通り魔に襲われた
被害者だ。あの態度はひどい。

早速、支援課の仕事が始まった。
村野は、沖田が容疑者と言っていた男性の
ケアを担当するが、重症を負っていて
話を聞くことができない。
家族と連絡をとろうとするが、家族の態度は
非情に冷たいものだった。

一方、沖田は何とか男性から証言を
とりたい一心で、医者に話をするが、
NOを突き付けられる。

通り魔事件の捜査本部は、何度も他の被害者から
話を聞き出そうとして、病院側を困らせていた。

村野と沖田は捜査本部の動きが尋常ではないと
感じ、二人で独自に動くことに。

「ラストライン」の岩倉や「アナザーフェイス」の
大友鉄の力を借りながら、捜査を続けた
沖田と村野は、捜査本部のありえない思惑にたどり着く。
それはまたしても、警察の信用が地に堕ちるような
事案だった・・・。

通り魔事件から、予想をはるかに超える事件の
真相が見えてくる。時を超え二つの事件が交差する
その真実とは!?

「チェンジ」と題された犯罪被害者支援課第8弾。
支援課がどう変わるのか?
村野の人生に進展があるのか?
そのあたりも今作の重要なテーマだ。

シーズン1の完結編。そして新たな支援課の姿が
楽しみで仕方ない。

『チェンジ警視庁犯罪被害者支援課』
著者:堂場瞬一
出版社:講談社(文庫)
価格:¥946(¥860+税)

完成度MAX!警察倒叙ミステリ『教場X 刑事指導官 風間公親』

木村拓哉さん主演でドラマ化された「教場」
そのシリーズ最新作が発売!
長岡弘樹「教場X 刑事指導官 風間公親」(小学館)。

6話の短編から成る、謎解きにこだわった警察小説。
犯人当てではなく、犯人がいかにして殺人を犯したのか?
に焦点を充てた倒叙ミステリだ。

「風間道場」に呼ばれた若手刑事たちは、
それぞれの事件現場で彼らの実力を試される。

事件現場で気づいたこととは何か?
風間に問われる。
眼で見てわかることではなく、現場に漂う
空気感や匂い、その裏まで把握しなくては
ならない。
ありきたりの答えしかできない者など
この風間道場では必要とされない。
交番勤務に戻る以外にないのだ。

自動車事故で妻を失った男。
娘が唯一の目撃者だったが、小学生の
娘の目撃証言は採用されず、犯人と
思われる男は証拠不十分で不起訴となった。

地元新聞社の内定を得、前途洋々の大学生。
「人文地理学」の単位さえとれば
卒業が確定する。しかし担当教授からNOを
突き付けられる。

10年前に恋人を自殺で失った女性。
その原因を作った男が刑期を終え普通に
暮らしている。憤る女性は男の殺害計画を
実行しようとしていた。

女子短大生は、授業で知り合った工芸家の
男性と関係を持ち妊娠。男は中絶を
迫り、費用を渡しイタリアに旅立つ。
しかし、女子短大生は休学し出産する決意を固める。

輸入雑貨の通販会社社長の男。
海外の闇サイト経由で違法な商品を仕入れ
莫大な富を得た。そろそろ潮時と見た
男だったが、相棒の女性を説得できずにいた。

実験中の事故で両目を失明した著名な有機化学教授。
一線を退いたが、娘の前科持ちの夫の行動が悩みの
種となっていた・・・・。

悪人ではない。でもどうしても「殺す」しかなかった
者たちの復讐心や心の隙間に芽生えた殺意の
感情がひしひしと伝わってくる。

物語の中に仕掛けられた、数多の伏線が風間と
若手刑事たちの捜査によって次第に繋がってゆく
過程が丁寧に描かれ、真相が明かされたときの
驚きは言葉にならない。

犯人を追い詰める、風間と若手刑事たち。
悲しみに覆われた犯人の苦しみ、悔しさを
受け止めるその姿勢が切なく感じられた。

この作品もドラマ化してほしい!

『教場X 刑事指導官 風間公親』
著者:長岡弘樹
出版社:小学館
価格:¥1,650(¥1,500+税)

シリーズ中最も泣ける展開!「警視庁53教場 カラスの祈り」

「警視庁53教場」シリーズ第5弾は前作
「正義の翼」の続編!
「正義の翼」は五味がこれまで経験した
ことのない、深くて暗い闇を暴き出した。

その元凶となったのは、一人の生徒だった。
彼の表の顔は優秀でリーダー的役割を
そつなくこなし、誰からも信頼される。
しかし裏の顔は、暴力で人を思い通りに
操る恐ろしい男だった。
この男を警察官にしてはならないと
決意した、五味と高杉はある計画を
持って、その男を男子寮の空き部屋へ
閉じ込め、開かずの部屋とした。
そして五味と高杉が日々彼の世話をしていた・・・。

五味教場では新たな生徒が学ぶ中、
開かずの部屋の存在が徐々に明らかになる。

捜査一課の転属を断り、警察学校に
残った五味。
信念を貫き、「彼」を卒業させなかった。
しかし、その結果は惨憺たるものだった。
府中警察署の瀬山綾乃と再婚した五味。
順調な結婚生活は、「彼」の言葉の
暴力で次第に綻びが・・・。
さらに教場でもきちんと生徒たちに
向き合えない状態が続いていた。

解決策を見出せずにいる中、法務省
矯正局から特任教授の赤木が着任
してきた。

五味の疲弊ぶりが読んでいてつらかった。
しかし、赤木教授の動きで少しずつ
状況が変わってくる。
絶対に矯正はできないと思っていた
「彼」は赤木の指導で徐々に心を開くが・・・。

歴代卒業生も五味のピンチに必死で
「彼」の起こした事件を調べてゆく。
その過程で浮かび上がるさらなる恐ろしい事実。

人間の闇とはここまで深いのか・・・・。
想像を絶する展開はまさに鳥肌もの。
そして、号泣のラスト・・・。

前作もシリーズ最高傑作と言ったが
それ以上の面白さ!
胸が熱くなる傑作。

『カラスの祈り 警視庁53教場』
著者:吉川英梨
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥836(¥760+税)

最強の女スパイ小説第3弾!超!壮絶展開『十三階の血』

「警視庁53教場」、「新東京水上警察」
「女性秘匿捜査官・原麻希」
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」など
多くの警察小説のシリーズを描きつづける吉川英梨さん。

どのシリーズもめちゃめちゃ面白く、
1作品読んだら必ずはまってしまう。

この『十三階の女』で衝撃的な
登場を果たした、最強の女スパイ・黒江律子。

公安の中でもエリート中のエリートが集められた
精鋭部隊、組織は警視庁の「十三階」に属し、
国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

シリーズ3作目は、黒江律子が母の介護で
十三階を去ってしまった後の事件。

班長の古池は、米軍辺野古基地移設に
反対する過激派「第七セクト」の内偵
に奮闘していた。

そんな時、十三階の校長・藤本乃里子の
命令で政治家が集まる外交パーティーに
出席する。
そこで、沖縄出身の衆議院議員・
儀間祐樹に同伴する、黒江律子を見かける。
変装しているが、古池が見間違える
はずはなかった。
二人の再会は、またしても悲劇の連鎖を招く。

古池は自分の祖父を殺した男を令和恩赦
で釈放し、運用できるように徹底的に
痛めつける。
凄まじい暴力シーンは目をそむけたく
なるほどの描写力!
男の身体も心もズタズタにする・・・。
古池はまるで復讐の鬼のようだ。

そして、古池も黒江もお互いの内偵の
ために、愛してもいない相手と愛を交わす。
切ないほど悲しいシーン。

「第七セクト」を潰すための作戦は
嘘と真実が複雑に絡み合い、何が真実で何が嘘なのか
わからずページをめくるたびに驚愕する。

タイトル通り、今まで以上に「血」が多く流れた。

家族も愛も犠牲にし、ただ国家のため、
自分を偽り続ける律子の生き方が痛ましい。

これほど壮絶なスパイ警察小説は他にない。

『十三階の血 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥759(¥690+税)

「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズとコラボ!「ラストライン④ 骨を追え」

堂場瞬一さんの3大人気警察小説シリーズ
コラボ企画第2弾は、
「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズと
コラボした「ラストライン④ 骨を追え」だ。

ラストラインの岩倉剛と犯罪被害者
支援課の村野。
二人の刑事が火花を散らす!?

岩倉剛は、南大田署から立川中央署に
異動となった。
岩倉が異動するとなぜか事件が起こる。
岩倉は、「事件を呼ぶベテラン刑事」だ。

相棒と二人、立川中央署管内を
パトロール中、民家から白骨死体が
発見されたと通報があった。

岩倉はその現場を聞いて、10年前に
起こった女子高生失踪事件を思い出した。
調査の結果、白骨遺体は失踪した
女子高生の真中礼央と判明。

岩倉の上司は、事情を鑑み犯罪被害者
支援課の助けを借りることに。

犯罪被害者支援課の村野は、礼央の
両親に10年前の失踪事件を解決できなかった
ことを詫びた。

捜査陣の目は、礼央の交際相手だった
当時の容疑者に向けられたが、彼は
若くして癌に冒され、寝たきりに
なっていた。
そんな彼に対し、岩倉が強引に聴取
をしてしまい、父親の怒りを買う。

村野は被害者支援、さらには加害者
支援についても考えさせられる。

難事件を抱えることになった岩倉と村野。
立場は違えど、真犯人をあげることが
彼らの使命だ。

二人は反発しながらも協力し事件の
真相に迫る!

怪しい人物が次々と登場。
それらの中に真犯人はいるのか?
今作品は犯人当ても楽しめた。

コラボ企画第3弾は、「警視庁犯罪被害者支援課」
×「警視庁追跡捜査係」
8月発売!

『ラストライン④ 骨を追え』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥869(本体¥790+税)

傑作!!警察小説アンソロジー「矜持」

人気警察小説作家が描くアンソロジー集を
読みました。
傑作短編揃いで、読み応え満点でした。

「熾火」今野敏
強盗犯を逮捕し自白も取れた事件だったが、
新人刑事の安積は、納得できないでいた・・・。
「警視庁臨海署安積班」、安積剛志の若き
刑事時代のエピソード。
周りの空気に流されず、信念を通す姿が
後の安積警部補に通じている。

「遺恨」佐々木譲
札幌の小さな町の交番勤務にはげむ川久保巡査。
ある日牧場主が殺害された。同日その牧場で働いて
いた中国人研修生らがが逃亡。
警察は中国人研修生が雇用問題で揉め、
牧場主を殺害したと判断した。
しかし、川久保はこの町の交番勤務だ。
本部の捜査員よりは町の人間関係を把握している。
川久保は本部とは別の角度から事件を見た・・・。
どれほど町に馴染もうと、川久保は警察官
としての正義を貫こうとする。

「帰り道は遅かった」黒川博行
タクシー強盗で、運転手が行方不明に!?
大阪府警東淀川署の黒マメコンビが事件の
行方を追う。
捜査を進めるうちに、この事件の裏にある
巧妙なカラクリに気づくが・・・。
大阪の刑事さんの漫才みたいなやり取りが
緊迫した事件を少し和らげてくれる。

「死の初速」安藤能明
マンションから男性が墜落したとの通報。
現場に臨場した、鎌田中央署・地域係の
神村五郎と西尾美加。神村は元教師。
高校で物理を教えていた。西尾はその
教え子だった。そんな二人が警察で再会。
まさか、相棒になるとは!!
神村は墜落死体を見て、違和感を感じる。
そして西尾と二人その違和感の謎に迫る
事件の真相があまりにも切なく衝撃的!!

「悩み多き人生」逢坂剛
お茶の水署生活安全係の名物コンビ。斉木斉
警部補と梢田威巡査。小学校の幼なじみで、
いつも小学生みたいな言い争いと手柄の奪い
合いをしている。今回はこの係にもう一人
配属されるという。
焦った二人は、ある事件でまたしても
お互いを出しぬこうとするが・・・・。
ラストは爆笑の展開!

「水仙」大沢在昌
新宿署の鮫島は、ある中国人女性から
殺人事件の重要情報を得る。
しかし、それには中国人女性の
思惑があった。
孤高の刑事・鮫島の刑事の勘が
冴えわたる。傑作短編。

どの作品も警察ミステリー面白さが
際立ち、事件の真相を追う刑事たちの
真摯な姿が描かれた傑作アンソロジー集。
警察小説ファン垂涎の1冊。

『警察小説傑作選 矜持』
著者:今野敏/佐々木譲/黒川博行/安藤能明/
   逢坂剛/大沢在昌
出版社:PHP研究所(文庫)
価格:¥780(税別)

「ラストライン」シリーズとコラボ!「時効の果て 警視庁追跡捜査係」

堂場瞬一さんの人気警察小説シリーズ
「警視庁追跡捜査係」の新刊
「時効の果て」は、「ラストライン」
シリーズとコラボレーションしている。

どちらも大好きなシリーズなので、
コラボになったことはとても嬉しい。
発売前からワクワクして待っていた。

31年前迷宮入りしたバラバラ殺人事件の
新証言が週刊誌の見出しを飾っていた。

追跡捜査係の西川は、「何だ?これは」
と思わず声を上げた。
その記事には犯人しか知りえない詳細な
事実が書かれていた。

追跡捜査係は、未解決の事件を捜査する
係だが、とうの昔に時効になってしまった
事件を今さら捜査することはできない。

しかし、新証言が週刊誌に掲載された
ことで警察の面子は潰され、上層部
が再捜査を命じてきた。

大学生の時にこの事件に興味を
持ち刑事になった岩倉剛は、西川に
連絡をとり、自分も再捜査に加えて
欲しいと言い出した。

そして正式に捜査が開始された。
まず、週刊誌側の責任者を聴取。
すると一人の男が浮かびあがる。

岩倉と西川はその男をマークする。
ところが、その男は何者かに拉致される。
すぐに追跡したが、拉致した男の車は
警察のマークに気づき事故を起こしてしまう。

岩倉たちがマークしていた男は骨折で入院。
謎の男は事故死してしまった・・・・。

岩倉と西川が必死で捜査するも、31年という
時間の壁に阻まれ、捜査は進まない。
さらに、謎の男の死で事件の真相に
近づくことすらできない。

二人は、31年前のバラバラ殺人事件の真相を
暴くことが出来るのか?

事件の真相を追う、二人の刑事の執念
に圧倒される。

岩倉の姿勢は後輩たちに煙たがられているようだ。
「ラストライン」で掴み切れなかった
岩倉のイメージが、この作品で西川の
目線が入ることによって、とても
頑固な奴だということがわかった。

それぞれのシリーズが交差する面白さが
際立っている!

3月は「骨を追え!ラストライン④」

次のコラボ企画は、8月発売!
「警視庁犯罪被害者支援課」と「追跡捜査係」の
コラボレーションだ。
どんな事件で誰とコラボするのか?
今から楽しみで仕方ない。

『時効の果て 警視庁追跡捜査係』
著者:堂場瞬一
出版社:角川春樹事務所(文庫)
価格:¥780(税別)