明治の警察官が活躍!シリーズ第2弾『サーベル警視庁2帝都争乱』

今野敏先生の単行本最新刊は、
明治時代の警察を描いた作品。
「サーベル警視庁2帝都争乱」。

日露戦争が終わり、国民は日本の
勝利に酔いしれた。

しかし、明治38年8月30日「時事新報」
の号外で、それまでの戦勝の喜びが
失望と怒りに変わっていった・・・。

それは、外務大臣の小村寿太郎全権大使が
ポーツマスで交わした講和条約で
国民の期待を裏切ったからだ。

戦争には勝利した、ところがその後の
戦いに日本は負けてしまったのだ。

国民は、怒りの矛先を桂首相に向けた。

警視庁第一部第一課・葦名警部と四人の
巡査たちは、赤坂榎坂にある桂首相の
妾宅の警備を担当することになった。

暴徒が桂の妾宅に近づきつつあった。

そして、9月5日「講和問題国民大会」
が日比谷公園で開かれた。興奮した
暴徒たちにより、日比谷焼打事件が
起こってしまう!

桂首相の愛人は危険を察知し、屋敷から逃れた。
その後、暴徒たちが乱入!屋敷を破壊しつくし逃走。

警官らとともに妾宅の警護をしていた、
伯爵の孫で探偵の西小路が屋敷に
足を踏み入れると、男の刺殺体が転がっていた。

混乱に乗じた事故死なのか?それとも殺人事件か?
赤坂署は焼打事件に巻き込まれての死として
片付けようとするが、葦名警部たちは
殺人事件の疑いがあるとして、捜査を開始する。

明治時代に本当に起こった事件を背景に
殺人事件の謎を提示。
首相の妾宅で誰が何のために殺人を犯したのか?

元新選組の斎藤一、作家の黒猫先生(夏目漱石?)
など実在の人物を架空の人物に絡ませ捜査をすすめる
過程が非常に面白い!

また、桂首相の愛人・お鯉のきっぷの良さ
にスカッとする!

さらに、政界・財界で暗躍する者たちの
姿もリアルに描かれていて、明治という
時代のあり様がまざまざと伝わってくる。

明治時代を知ることのできる作品でもある。

第3弾が待ち遠しい!

『サーベル警視庁2 帝都争乱』
著者:今野敏
出版社:角川春樹事務所
価格:¥1,600(税別)

元白バイ隊員の著者が描く!「女副署長」の捜査魂!

「虚ろの聖域 梓凪子の調査報告書」
で第10回島田荘司選ばらのまち福山
ミステリー文学新人賞を受賞し
デビューした松嶋智左さんは、
元白バイ隊員。
その経験を活かし描いたのが、
本書「女副署長」(新潮文庫)だ。

数か月前、日見坂署に副署長として
赴任してきた、田添杏美警視。
警察官人生33年というベテランで
あり、県内初の女性副署長という
ことで周囲の目は厳しい。

夏のある日、大型台風が接近
し、大雨に見舞われていた。
夜になり、台風被害対策本部
が設置され、署内の緊迫度は
頂点に達していた。

そんな中、地域課警部補の死体
が警察署の敷地内で発見され、
署内に衝撃が奔った!
胸にはナイフが突き刺さっており、
明らかに他殺。
直後に封鎖されるが、土砂降りの
雨で遺留物が流されてゆく。
犯人は今だ庁舎内に隠れているのか?
それとも、同じ警官の仕業なのか?

台風被害対策という非常事態に
なんと警官の刺殺体!?
これ以上ない大失態に杏美は、
副署長として、所轄署の名誉
をかけて犯人を挙げる決意をする。

だが、杏美の決意を挫くような
事態が同時多発的に起こる!
留置場での不可解な出来事、
署長の娘にかけられる容疑、
被害者の隠れた貌。
署員たちの秘密。
さらに、警部補殺害事件を巡る
剛腕刑事課長との激しい対立。

元警察官であった著者の経験が
随所に活かされ、本書の現場の
描写が非常にリアル。

さらに、警部補殺害事件は、
誰がいつどのようにして殺害したのか?
警察署内というクローズな空間での謎の
設定と、どんでん返しに次ぐどんでん返し
は本格ミステリーの王道を行っている。

女副署長・田添杏美がいかにして、
それらを解決に導いたのか?
この物語の面白さを堪能して欲しい。

『女副署長』
著者:松嶋智左
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥670(税別)

クセ強めの刑事たちが暴く、凶悪犯罪シリーズ第2弾『警視庁SM班Ⅱモンスター』

富樫倫太郎さんの警察小説、新たなシリーズ第2弾!
『警視庁SM班Ⅱモンスター』を読みました。
『SRO』(中公文庫)、『生活安全課0係』
(祥伝社文庫)に続き、今回集められた
メンバーも超!個性的!で面白い。

SM班班長の薬寺松夫は太りすぎでおねえ言葉
しかし、責任感が強く仕事が出来る!
佐藤美知太郎は超優秀な分析官だが時々地蔵になる!?
糸居秀秋は、捜査能力にちょっと難アリだが・・・。
柴山あおいは女だてらに強すぎる!
田淵ゆたかは、性転換をした優秀な刑事。
警察庁のキャリアの息子、白峰栄太。
彼らの能力が試される第2弾!

SM班は、前代未聞の人体パーツ売買事件
を見事解決に導いた。
しかし、逮捕された犯人たちは黙秘を
続けている。

そして、SM班の周囲では新たに
不穏な動きが顕在化しつつあった。

柴山あおいが助けた女子高生が行方
不明になり、さらに人体パーツ売買事件の
重要参考人で、マスコミや近隣住民から
吊し上げを受けていた、牛島典子も
失踪してしまう。

牛島典子失踪で、人体パーツ売買事件の
捜査本部は青ざめる・・・。

同じころ、柴山は女子高生の安否を
気遣い、捜索を開始しようと
班長の薬寺に連絡をとるが、電話が通じず
出社もしてこない。

まさか薬寺も失踪したのか!?
いったい何が起きているのか?

実は裏では、快楽殺人を企み己の
欲望を満たそうとする者の存在が
あった!

前回の続編ともいうべき本作品。
またしても、悪魔のような快楽
殺人者が登場する。
己の欲望のままに人を操り、人を
傷つけるけだもの。

そのけだものと、SM班の死闘が
すさまじい迫力で描かれる。
しかし、そのけだものの傍らで、
さらなるモンスターが目覚めてしまう。

生きている人間の悪意こそ、一番
恐ろしい!
それをまざまざと見せつけられた。

モンスターとの死闘は、今幕を
開けたばかり!

警視庁SM班Ⅱ モンスター』
著者:富樫倫太郎
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥880(税別)

誘拐事件に巻き込まれた被害者家族を支援!「警視庁犯罪被害者支援課7 空白の家族」

堂場瞬一さんの警察小説シリーズの
中で特に好きなシリーズ。
7作目に突入しました。

今回は、人気子役が誘拐されたことで、
壊れた家族の苦悩が浮き彫りになる。

人気子役の少女が誘拐された。
しかし、少女の父親は10年前に起こった
大規模な未公開株詐欺事件で有罪と
なった男だった。
村野は支援課に配属になる前に
その男と対峙したことがある。
自分が助かりたいために仲間を
全部警察に売った男。
村野は男に嫌悪の感情しか抱けなかった。

男は詐欺事件を起こしたことで、妻とは離婚。
妻と娘は、妻の父親の家で暮らしていた。

男は娘が誘拐されたことを知り、
娘の家までやってきていた。
村野は男に帰るように説得するが・・・。

村野は、その経緯を知っている、上司・
芦田に誘拐事件の支援から外される。

杉並中央署管内で火災が発生し、
一人暮らしの女性が亡くなった。
村野は杉並中央署の依頼で、被害者
家族の支援に入った。
夫に連絡したが、妻とは関係ないと
言い張っているらしい。
息子に間に入ってもらい、父親の説得を試みた。
女性は、息子が自殺したあとから
新興宗教にのめり込み、夫と別居することに。
頑なに妻を拒む男。

村野は、バラバラにになってしまった
家族に接し、果たして支援と言えるだ
ろうかと思い悩む・・・・。

一方、誘拐の方は犯人からの連絡が
途絶え、家族はもとより警察も
焦りが募っていった。

シリーズを重ねるごとに犯罪被害者支援課
メンバーの苦悩は増してゆくようだ。
様々な理由で壊れてしまった家族の姿が
描かれ、胸に迫る。

そして、誘拐事件の捜査の末にたどり着いた、
あまりにも哀しい真実・・・・。
読んでいて辛くなった。

この回で心が癒されたのは、
「アナザーフェイス」シリーズの
大友刑事が村野を励ますシーン。

犯罪被害者家族に寄り添う、支援課の
面々の活躍が今後も気になる!

『警視庁犯罪被害者支援課7 空白の家族』
著者:堂場瞬一
出版社:講談社(文庫)
価格:¥840(税別)

最強の女スパイ小説第2弾!これ以上ないほど危険任務『十三階の神-メシア』

「女性秘匿捜査官・原麻希」
「警視庁‘女性犯罪’捜査班 警部補・原麻希」
「警視庁53教場」、「新東京水上警察」など
多くの警察小説のシリーズを描きつづける吉川英梨さん。

どのシリーズもめちゃめちゃ面白く、
1作品読んだら必ずはまってしまう。
作品に登場する女性刑事たちはとても
魅力的で大好きだ。

シリーズ第1弾『十三階の女』で衝撃的な
登場を果たした、最強の女スパイ・黒江律子。

公安の中でもエリート中のエリートが集められた
精鋭部隊、組織は警視庁の「十三階」に属し、
国家をテロリストや異分子から守るため、
時に非合法で非情な手段に出る。
盗聴・盗撮・身分偽装など何でもやる。

そんな黒江律子に与えられた新たな任務は、
禁断の暗殺指令だった!?

かつて地下鉄で大規模テロを起こし、
教祖はじめ、多数の信者が死刑判決を
受けた「カイラス蓮昇会」。
その教祖の死刑執行が迫り、警察は対応に
苦慮していた。

そんなとき律子の母がカイラスの後継団体に
入信してしまい、律子は窮地に陥った。
何とか母を止めなくては・・・。
しかし、相談できる上司の古池は行方不明に
なっていた。

ところが、校長と呼ばれている上司から
カイラス後継団体に潜入し、その裏の
教祖の正体を探れとの指令が入る。
裏の教祖は、若い女性を侍らせているという。
なんと、その上司は律子の妹を潜入させるよう
迫る。

抵抗した律子だったが、妹はあっさり引き受け
まんまと潜入に成功する・・・・。

オウム真理教事件を彷彿とさせる背景で、次々
と試練を与えられる律子。
律子が唯一心を開くことのできる、上司・古池
もおらず、十三階の誰も信用できない、
誰が味方で誰が敵なのか?それすらわからない
そんな状況でも律子は必死で仕事を続ける。

今作の怒涛のストーリー展開に、読んでいる
こちらも巻き込まれてしまいそうになる。
いったいどうなるのか?
さらに、クライマックスのどんでん返しは、
今までにないほどの驚きが待っている!

律子の途方もない頑張りにちょっと切なくなってしまった。

しかし!次回作も期待大~!

『十三階の神-メシア- 警視庁公安部特別諜報員・黒江律子』
著者:吉川英梨
出版社:双葉社(文庫)
価格:¥680(税別)

盗犯捜査ひと筋・萩尾警部補、新たな事件「黙示」

盗犯捜査専門の萩尾警部補が登場するシリーズ、
「確証」「真贋」に続き新作「黙示」を読みました。

萩尾警部補と相棒の武田美穂刑事は、
すでに息もぴったりで、事件現場を
見て違和感も感じるようになってきた。
後輩の成長に喜ぶ萩尾警部補。

渋谷署管内で窃盗事件が発生した。
事件現場は、高級住宅街の松濤に
ある豪邸だった。

被害者はIT社長の館脇。
盗まれたものは、趣味で集めた
古代歴史に関わる貴重なもので、
神から与えられたという伝説を持つ
「ソロモンの指輪」。
4億円もの大金で手に入れたという。

館脇と懇意にしている美術商の音川は
その指輪の盗難には暗殺集団が関わっている
可能性があると指摘。

音川の話に、萩尾と武田はにわかには信じ難く、
まずは関係者の聴取から始めることに。

また、館脇は調査で石神という探偵を雇っていた。
音川に命を狙われていると言われ、石神は
ボディガードの役割も兼ねていた。

石神もまた、音川と似たようなことを話す。
萩尾たちは困惑する。

アトランティス大陸の伝説、古代
イスラエル、ダビテ王、ソロモン王の伝説
など、超古代に関する話に沿って推理
合戦が繰り広げられる!

「超古代」に興味があるならば、絶対に面白い!
そして何より、そういうことがあるかも・・・。
完全に否定が出来ない、微妙な事件。

探偵・石神は、「神々の遺品」「海に消えた神々」に
登場するあの探偵。
今回のコラボ、面白かった。

『黙示』
著者:今野敏
出版社:双葉社
価格:¥1,600(税別)

ストーカー犯罪対策室の活躍をリアルに描く「SCSストーカー犯罪対策室」

最恐のストーカー「リカ」シリーズで
ストーカーの恐しさを描き切った五十嵐貴久さんの
「SCSストーカー犯罪対策室」を読みました。

様々な形のストーカー事件を短編で描きつつ、
主人公である、SCSの捜査員・白井有梨に
つきまとうストーカーの正体を暴くというストーリー。

新品川署ストーカー犯罪対策室には、日々
多くのストーカー事案が寄せられる。

不倫の果てに、女性相談者が殺害された事件。
その裏には意外なからくりがあった。

仕事中に突然何者かの声が聞こえる!
誰かに監視されている!と訴える男性。
誰もが鬱病のせいではないかと推察したが・・・。

地下アイドルから、人気ドラマの主役に
抜擢された女優に届く、ストーカーからの
脅迫状・・・。

老人ホームで繰り広げられる、老女たちの
諍い。それは一人の紳士を巡る醜い争い。
園内での解決をすすめるが、やがて・・・。

あるOLが、元カレにストーキング
されていると訴えてきた。
自分の行動をすべて把握しているらしい。
SCSは彼女の周辺を警護するが。

内閣閣僚の女性政治家に届く脅迫状。
それは、先進七か国の女性政治家の
会合を中止しなければ家族に危害を加える
という内容だった。対策室は頭を抱える。

女子高生が体育教師にセクハラされたと
訴えてきた。女子高生のスマホに残された
メッセージは教師がストーキングしている
ことを物語っていた・・・。

捜査員・白井有梨は「S」という人物から
行動のすべてを把握されていた。
監視されているとしか思えないタイミングで
送られてくるメール。
「S」とはいったい誰なのか?同じ
SCSの捜査員なのか?
有梨は、疑心暗鬼に陥る。

常にだれかに見られている恐怖。
警官であってもその恐ろしさは変わらない。

これらの物語を読むと、誰もがストーキング
される可能性があるということがわかる。
自分自身の行動が何かの引金になるかも
知れない。その怖さを思い知った。

白井有梨のストーカーの正体を突き止める
過程の面白さは際立っている。
じわじわとその正体が判明してゆくくだりは鳥肌ものだ。

数々のストーカー事案を臨場感たっぷりに
描き出した、本格的警察小説。

『SCSストーカー犯罪対策室 上下』
著者:五十嵐貴久
出版社:光文社(文庫)
価格:上下各¥720(税別)

『SRO』『生活安全課0係』に続く新設部署誕生『警視庁SM班』!

富樫倫太郎さんの警察小説、新たなシリーズ登場です。
『SRO』(中公文庫)、『生活安全課0係』(祥伝社文庫)。
どのシリーズもクセ強めなはみだし刑事さんが
集められ、周囲をあっと言わせる大事件を解決しています。

さて、新設部署『SM班』もやはりというか
組織になじめない刑事たちが集まることに
なった。

SM班班長の薬寺松夫は太りすぎでおねえ言葉。
佐藤美知太郎は超優秀な分析官だが・・・。
糸居秀秋は、身体は申し分ないが捜査能力が・・・。
柴山あおいは女だてらに強すぎで・・・・。
そして、田淵ゆたかは・・・・。
最後に新米刑事が一人、白峰栄太は父が警察庁のキャリア。

何だかそれぞれ事情を抱えた者たち。

自己紹介もそこそこに終わり、さあどこから手を
つけようかと思っていた矢先、子供たちが
遊ぶ公園で、得体の知れない不審な男が居るとの
通報があった。

警官が向かい、男に職務質問をかけたが
男は警官の手を振り払い逃げようとした。
警官は男を捕まえるようとしたところ、
男が持っていたリュックが落ち、中から
何かがこぼれでた。
ビニールに入れられたものを
よく見ると、人間の指と耳が入っていた!

猟奇的事件発生!
SM班は配属初日からその事件の捜査を
命じられた。

参考人として引っ張られた男は、アニメの話には
食いつくものの、肝心なことは全く何も話さない。

捜査一課の取調官でも手におえないらしい。

ところが、SM班の佐藤は男の所持品から
男の特性を推察し、行動パターンを分析。
男の素性を明らかにするヒントをつかむ・・・。

そして、SM班は若い女性を誘拐し、人身売買
をしている組織がいるのではないか?
男はその運搬係なのでは・・?
ということを突き止めるのだった。

彼らは独自の能力を活かし、真相に迫る!

クセ強めはみだし刑事たちが集合し事件を解決する
警察小説は、海外ものも大好きだが、このシリーズは面白い!
とにかく、それぞれのキャラが、富樫さんがこれまで描いて
きたシリーズと比較して最も濃い!
特に、佐藤の能力が凄い!
佐藤が導き出す方向に沿って捜査をすれば次第に
真相に近づいてゆくのだ。

その過程が読んでいて非常に面白く、
もうすでにこのシリーズにはまってしまった。

捜査の過程の合間にメンバー個人の事情も
描かれて興味深い。

次はどんな事件が待っているのか?
メンバーたちの事情は明らかになってゆくのか?

すでに発売中の第2弾『警視庁SM班Ⅱ モンスター』
にも期待!次読むぞ~。

『警視庁SM班Ⅰシークレット・ミッション』
著者:富樫倫太郎
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥880(税別)

面白すぎてノンストップ!「逃亡刑事」

中山七里さんの警察ミステリー「逃亡刑事」が
面白すぎて止まらなかったです!

中山作品の中でも特に、
悪徳弁護士・御子柴シリーズや
渡瀬警部補、犬飼刑事が登場する
警察小説が大好きですが、
「逃亡刑事」の主人公、高頭冴子警部の
キャラが際立っていて、彼らがかすんで
しまいそうです!

千葉県警捜査一課で検挙率トップの班を
率い、アマゾネスと異名をとる、
強行犯係の係長の高頭冴子警部は、
正義感が強く、信念もって捜査にあたる
絶対的な上位下達で係をまとめる。
捜査能力にも長け、部下からの信頼も厚い。
身長180㎝、柔道・剣道いずれも強い
そんじょそこらの男どもなど朝飯前に片付ける!

施設に預けられ、そこで子供たちを指導する
教官に虐待をされた8歳の少年は、母親に
会うため、施設を脱走する。
その途中、少年はとんでもないものを目撃する!
危険な目にあいそうだったが、なんとか
その場を逃げ切った。

少年が脱走した翌日、閉店したカーディーラーの
店舗内で、単独で麻薬密売ルートを探っていた
刑事の銃殺死体が発見される。

捜査にあたったのは、高頭班。
高頭は広域暴力団宏龍会の幹部・山崎と
交渉し、麻薬ルートの情勢を探った。
山崎によると、謎の麻薬ルートがあるという。

事件を目撃した少年は、犯人の顔を見ていた。
少年の証言を参考に、押収物を調べると
千葉県警がぶっ飛んでしまうくらいの
危ない事実をつかむ。

ところが、事件の真相を知った高頭は、
真犯人に嵌められ、警官殺しの汚名を着せられる。
自分の無実を証明できるのは、その殺人を目撃
した8歳の少年ただ一人!

高頭は少年を連れ警察組織から逃亡する!
県警内部を敵に回し、高頭は逃げ切れるのか?

アマゾネス・高頭警部があまりにもかっこいい!
警察の正義のために命の危険も顧みず、真相を
暴こうとする姿勢に拍手喝采!

また、二人が逃亡中に出会う人情厚い人々が
彼女たちをサポートする。
何が正しくて、何が悪なのか?
高頭は彼らとの出会いの中で人間として
警察官として成長するのだ。

めちゃめちゃ面白く、時間を忘れて読み
ふけりました。
高頭班の活躍、もっと読みたいです!

『逃亡刑事』
著者:中山七里
出版社:PHP研究所(文庫)
価格:¥780(税別)

再雇用の敏腕警察官が活躍!「再雇用警察官」

以前、姉小路祐さんの「署長刑事」シリーズや
「刑事長」シリーズを読んでとても面白かった
ので、新作「再雇用警察官」を発見したとき
思わず手に取っていました。

定年後、雇用延長警察官として勤務を
続けることになった、安治川信繁刑事。
新しい配属先は、生活安全部消息対策室。
簡単に言うと、行方不明人捜査官。

結構意気込んでいたので、「あれッ?」
って感じの肩透かしをくらった。

対策室のメンバーは、室長で警部の芝、
女性捜査官の新月良美巡査長と安治川の3人だ。

早速、家出人捜索の案件が舞い込んだ。
夫が書置きを残し、家を出たので探して
欲しい。夫が家を出てから脅迫電話が
かかってきた云々。
夫は妻に内緒で会社を退職し、退職金をもって
家を出た。どうも妻はこの退職金に未練が
あるらしい。
安治川は、脅迫電話がかかってきたことで、
夫が事件に巻き込まれたかもしれないと判断し、
調査をしたが結果は事件性らしいものはなく、
冷たい妻に嫌気がさし覚悟の家出と見た。

ところが、その家出した夫の水死体が上がった。
早速、妻や夫の友人に確認したが、なんと別人だった。

家出をした夫には若い女の影・・・。
夫の保険証を持ったまま水死体であがった
死体はいったい誰なのか?
調べれば調べるほど謎は深まるばかり!
しかし、本当の夫の死体が山中から発見された
ことで、捜査は急展開!
安治川の刑事の勘が冴えわたる!

再雇用なので、給料は激減する。
身分は一応巡査部長待遇?と曖昧だけれど、
昇級降級無関係!だから、ちょっとくらい上の
意向に逆らっても、多分処分や意地悪な異動
などもほぼない。
現役時代より仕事がやりやすい!
敏腕刑事だった頃培った人脈を活かし、
忖度なしの捜査で難事件を解決する!

いや~気分がスカッとします。
再雇用警察官だとか言ってなめるなよ~
ベテランだからこそ、出来ることがある!

6月5日に『再雇用警察官 いぶし銀』が
発売されました!どうも後妻業の話らしい
面白そう!!!

『再雇用警察官』
著者:姉小路祐
出版社:徳間書店(文庫)
価格:¥730(税別)