第64回メフィスト賞満場一致の受賞作「ゴリラ裁判の日」

選考委員満場一致で第64回メフィスト賞を受賞した、
須藤古都離さんの「ゴリラ裁判の日」(講談社)
読了。

2016年アメリカの動物園で実際に起こった
「ハランベ事件」をモチーフに描かれた、
人間と動物の境界とは何か?を深く
考えさせられる作品。

カメルーンにあるゴリラの研究所で、
アメリカ人の研究者によって教育された
メスのローランドゴリラ・ローズは
とても賢く、特別なゴリラだ。
手話を使って人間とコミュニケーション
がとれる。

あるIT企業のテッドが開発したグローブは、
手話が音声に切り替わるコンピューターを搭載。
それを両腕にはめたローズは、「声」までも
手に入れ、世界中の注目をあびることに。

そして、アメリカの動物園に招待されたローズ。
研究所のスタッフ以外で素敵な人間の女性と
友達になることもできた。

動物園では、ゴリラの仲間と暮らす。
そして、ゴリラ群れのリーダーに恋をした
ローズは彼の妻になる。

ある日、人間の子どもがゴリラの檻に落ちてしまい、
ローズの夫が子供を助けようとするが、
人間から見れば乱暴に振り回しているように見えた。

動物園側は人間の子どもを助けるためという理由で、
ローズの夫であるゴリラを射殺してしまう。
その処置をどうしても許せなかったローズは、
夫のため、自分のために、動物園側を
訴え、人間に対し闘いを挑んだ。

果たして裁判の行方は・・・?

ローズの放った「正義は人間に支配されている」
という言葉が、人間がいかに傲慢であるか?を
表現している。グサッと刺さる言葉だ。

人間とコミュニケーションが取れるゴリラの苦悩と葛藤。
ゴリラとしての自分と人間と認めてくれた
その社会に対する思い。ゴリラの複雑な心理描写が秀逸。

正義とは何か?人間と動物の境界とは何か?
奥深いテーマが心を揺さぶる

『ゴリラ裁判の日』
著者:須藤古都離
出版社:講談社
価格:¥1,925(¥1,750+税)

都市伝説が人の心を惑わす・・・「みどり町の怪人」

彩坂美月さんの「みどり町の怪人」
(光文社文庫)読了。

以前、「向日葵を手折る」(実業之日本社刊)
を読んで、それがとても素晴らしい作品だったので
他にも読んでみたいと思っていたら、この作品
に出会った。

七つの連作短編で綴られる。

舞台は、1990年代初めで、携帯電話も
スマホもましてやSNSなどない時代。

田園にかこまれた、どこにでもある
郊外の町「みどり町」には、
不気味な都市伝説があった。
雨でもないのにレインコート纏い、女・子ども
だけを殺す?
とても痩せていて、髪はボサボサで目がギョロ
っとしている、日本刀を持っているらしい・・。
「怪人」・・・・。
その大元は、20年前に実際に起きた凄惨な
事件が隠されていた。

そんな伝説があるこの町に引っ越してきた
若いカップル。二人にはある秘密があった。

姑の過干渉に辟易する嫁。夫が単身赴任に
なり、姑の娘と3人で暮らすことになったが、
嫁は、姑の行動に不審を抱くようになる。

ある日から、仕事場で机を並べている隣人の
視線が気になり始め、次第に恐怖を抱くように・・・。

担任の先生を巡る子どもたちの諍い
切ない展開。子どもたちの切実な思い。

大学生たちがみどり町の怪人の正体を
追うと意外な真実に行き着く。

閉塞感漂う、郊外の町で起こる事件の数々。
人の心の中にある不安やうしろめたさが
恐怖を増幅させ人々は疑心暗鬼に陥る。

物語を通じて「怪人」が登場する。
その都市伝説の大元になった事件の真相が
あまりにも切なく衝撃的・・・。

それぞれの物語は自分自身が作り
出した妄想の中で恐怖を感じるが、
真実は意外な形で明らかになり、ホッとする。

ひねりの効いた展開が面白い。

『みどり町の怪人』
著者:彩坂美月
出版社:光文社(文庫)
価格:¥770(¥700+税)

ラストラインシリーズ岩倉剛の軌跡をたどる。「灰色の階段 ラストライン0」

堂場瞬一さんの「ラストライン」シリーズ
最新作「灰色の階段」(文春文庫)を読了。

初めての事件から50代に至るまでの岩倉剛が
出会った事件を短編で綴る。

岩倉剛の初めての事件は、強盗殺人。
窓ガラスを焼き破り侵入した犯人。
先輩から岩倉は意見を求められる。
ふと同じような事件を最近新聞で読んだこと
を思い出す。それは山梨で起きた事件だった。
それを聞いた本部上層部から、山梨の
事件を調べるよう、命じられる
【手口】

翌日に結婚式を控えた岩倉。しかし殺人事件
が起こってしまい、岩倉は帰るに帰れない状態。
殺されたのはデジタル系コンサル会社の
社長だった。捜査の末、重要参考人が浮上。
捜査は一方向に絞られそうだったが、
岩倉はなんとなく違和感を持つ。
翌日の結婚式に間に合うのか!?
【嘘】

新たに立ち上がった、捜査一課追跡捜査係に
異動になった岩倉剛。
5年前に起こった未解決の路上強盗事件で
犯人だという男が名乗り出てきた。
早速取り調べを開始するが、まったく
要領を得ない。岩倉はこの男は何かを隠して
いると感じる。
【隠匿】

捜査一課火災犯捜査係に異動になった、岩倉剛は、
飲食店が多く入るビルの火災現場にいた。
火元は4階。犠牲者は煙にやられたようだ。
この火災で亡くなった人の身元を調べると
一人だけ不明者が上がった。
周辺を捜査すると間もなく身元が判明するが、
奇妙な事実に辿り着く。
【想定外】

大友鉄に誘われて舞台を観に行った岩倉剛。
その舞台の主演女優・実里から共演者の
男性がファンからストーカーされていると
相談を受けた。アイドル出身というその役者は、
線が細く気弱そうな男性だった。
その時、岩倉は事件を抱えていなかったため、
ボランティアでそのストーカーの件を引き受けた。
ところが・・・・!?
【庇護者】

警視庁捜査一課から南大田署への異動が
決まった岩倉剛。妻との関係も破綻し
別居状態。岩倉の際立った記憶力を研究
しようとするサイバー犯罪対策課から
目をつけられている。
そして、再び火災現場いる。そこで
男性の遺体が発見されたのだ。その現場に
一人の男がやってきた。岩倉は男を見た時
どこかで見た顔だと思った・・・。
【戻る男】

若い時から、こと事件に関しては驚異的な
記憶力を持つ岩倉剛。
彼のその記憶力は、数々の事件を解決に導いてきた。
そして、一つの方向へ暴走する捜査班に
「待った!」をかけられるのは、岩倉剛だけ
だった。
今作の短編6編は、いぶし銀のベテラン
刑事・岩倉剛の活躍を描いた作品集。
仕事もだが、プライベートな部分まで
描かれていて、岩倉という刑事の人柄がよくわかる。
そして、彼の捜査で「意外な真相」に
辿り着く過程は読みごたえがあり、面白い!

「ラストライン」シリーズファンには
たまらない一冊だ。

『灰色の階段 ラストライン0』
著者:堂場瞬一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥836(¥760+税)

竜崎の後任署長はなんと!?「署長シンドローム」

今野敏さんの「署長シンドローム」(講談社)読了。

竜崎署長が去った後の大森署。
後任の署長は誰だ。
そこへやってきたのは、目の眩むような、
美貌を持った女性キャリアだった・・・。

新署長の美貌は、大森署内で少なからず
混乱を招いた。
しかし、3日もすると慣れてくる。
落ち着きを取り戻した大森署だったが、
今度は、来なくてもいい人たちが
視察と言って頻繁に足を運ぶようになった。
みな、新署長・藍本小百合の顔を拝みに
やって来るのだ。
本人たちは署長に会えば機嫌よく帰って
ゆくが、来られた方はたまったものではない。
みな、警視や警視正という肩書の
超えらい方々なのだ。心臓がいくつ
あっても足りないくらい気を遣うのに。

大森署の刑事組対課に新任の刑事がやってきた。
教育係は戸高があてられた。
新人刑事・山田はなんとなく覇気のない男だったが、
彼にはとんでもない異能力が備わっていた。

そんな大森署に大きな事件の情報が舞い込んだ。
羽田沖の海上で武器と麻薬の密輸取引が
行われるという。
しかもテロの可能性も否定できない!
大事になりそうな国際的な難事件だ。
お隣の所轄署、警視庁、厚労省に
海上保安庁までが乗り出し、大森署は
パニック寸前に陥った!

藍本署長の天然キャラが炸裂!
彼女の言っていることは、組織の常識を
ぶち壊してゆく!
彼女のユーモアとその美貌は凝り固まった
幹部の頭を柔らかくしてゆく!

颯爽と事件を解決する、藍本署長がとても
魅力的だ。

とても面白く、読後の清涼感が半端ない!

シリーズ化、決定?ですよね?

『署長シンドローム』
著者:今野敏
出版社:講談社
価格:¥1,870(¥1,700+税)

「巨悪」に挑む男!完結編「地検のS Sの幕引き」

伊兼源太郎さんの「地検のS」シリーズ
完結編「Sの幕引き」読了。
宿敵・吉村泰二とどう決着をつけるのか?

「Sが泣いた日」では、
次期与党総裁候補の吉村泰二に闇献金疑惑が
浮上した。
湊川地方検察庁は、その証拠固めを急いでいた。
その金の受け渡しを目撃し、話をすると
約束した二人のホステスが行方をくらませた。

総務課長の伊勢は、盟友である事務官の
久保と独自に調査を始めるが・・・。

盟友を喪い、さらに信頼していた
若き事務員・菊池を吉村の顧問弁護士・
秋元の事務所に潜入させたが、行方不明に
なってしまう。
しかし、菊池は行方不明になる前に
伊勢へ吉村の秘密文書を送っていた・・・。

「Sの幕引き」は、
吉村泰二の父親に殺された母と妹の
敵を討つ!その思いだけを胸にじりじりと
闇献金疑惑に迫る、伊勢雅之だが・・・。

地検の次席検事・本上、特別刑事部長・
鳥海も伊勢を牽制しながら、吉村の巨悪を
暴くことに邁進し、検事たちを鼓舞する。

しかし、吉村泰二には先代から吉村家に
仕え暗躍してきた秘書・須黒清美がいた。
伊勢の前にたちはだかる強敵。
彼女を倒さなければ、伊勢の目的は
達成できない!

そして、伊勢はある驚愕の決断を下す。

暗躍する影の実力者VS地検を影で操る男
何が何でも吉村をを潰す!
伊勢はどう動くのか?

激しい諜報線、そして駆け引き。
切れ者たちの策謀が渦巻く。

息もつかせぬ展開と身を斬られるような
頭脳戦に翻弄される!

究極の社会派検察ミステリー!

『地検のS Sの幕引き』
著者:伊兼源太郎
出版社:講談社(文庫)
価格:¥968(¥880+税)

シリーズ三作目はミステリー仕立て!? 「妖しい刀 出直し神社たね銭貸し」

櫻部由美子さんの「出直し神社たね銭貸し」の
シリーズ3作目「妖しい刀」(ハルキ文庫)を読了。

貧乏神に見込まれ、出直し神社でうしろ戸の
婆に仕えるおけい。今度はちょっと大変な
目にあっちゃう・・・!!

出直し神社に、袋物問屋・茜屋のお松が
物騒な願いを訴えた。
「一刻も早く相手の女を呪ってください」と。
婿に入った店主で夫の茂兵衛が、叔父から
相続した家に入り浸るようになり、女を
呼び入れているのではとお松が疑っているのだ。

さらにその家には大黒様のお化けが出るとの
噂が広がり、借り手がつかなくなっていた。

うしろ戸の婆は、お松に夫の浮気を
確かめるため、神社の手伝いをしている
おけいを連れて行くように言った。

そして、茂兵衛の手伝い人として、その家に
潜入したおけいは女の出入りを見張った。
しかし、何日過ぎても、女の出入りなどない。
茂兵衛はまじめに仕事をしている。
働きすぎではないかと疑ってしまうくらいだ。
そして、茂兵衛の夢枕には確かに大黒様が
立つ。そして、茂兵衛は肩こりがひどくなり
仕事が出来なくなってしまう・・・。
夢枕に立つ大黒様の謎とは・・・?

江戸は流行り風邪で大変なことになっていた。
イケメンで弱者の味方、人気の町医者・
諒伯先生の医院にはひっきりなしに患者が
やってくる。

諒伯先生は寝る間を惜しんで、患者のために
働いていた。
しかし、医院内でも風邪で倒れる者が続出。
少しでも手伝いになればと、おけいは今度は
諒伯先生の手伝いに行くことに・・・。

そこへ、大店の娘・おみつがやってきた。
最近は毎日やってきて先生を呼ぶ。
おみつは嘘つきという悪癖で、近所からも
家族からも見放されていた・・・。

名刀には目がない定町廻り同心・依田丑之助は、
刀の柄巻師から「珍しい刀を預かった見に来ないか?」と
誘われ店を訪れたが、柄巻師の具合が悪く
そのまま帰ってしまった。
その翌日、柄巻師が死んでいるのが見つかる。
さらに、あの嘘つきのおみつも何者かに殺される。

茂兵衛を苦しめた、大黒様の謎・・・。
おみつの嘘、柄巻師とおみつ殺害の謎。
解明された真相は、なんとも切なさがこみ上げる。

現代ででいうところの、承認欲求だったり、
名家の想像を絶するプレッシャーに負けそうに
なったり・・・。
人の弱さが事件を起こしてしまう。

おみつが嘘をつかなくてはならない
理由を誰かにわかってもらいたかったのか?
悪癖を治してほしくて、誰かに助けて
欲しかったのかな~。
そう思うと胸に迫る。

江戸っ子の人情話にミステリーの味付け。
とても面白い展開だった!

『妖しい刀 出直し神社たね銭貸し』
著者:櫻部由美子
出版社:角川春樹事務所(文庫)
価格:¥814(本体\740+税)

連続猟奇殺人事件の真相とは!?「殺人者」

望月諒子さんの「蟻の棲み家」(新潮文庫)を
読んで圧倒され、他の作品も読んでみたくなり、
手に取ったのが「殺人者」(新潮文庫)。
この作品も傑作!
重いテーマでありながら、最後まで読ませる
力量に魅了されました。

大阪のホテルで立て続けに2人の男性が殺害される
事件が起こった。
フリーのルポライター・木部美智子は、
雑誌「フロンティア」の編集長から、
その事件の取材を依頼される。

同じライター仲間たちの情報から、凄惨な
殺害現場だったことを知る。
女性と二人でホテルに入った被害者男性たち。
2人の被害者男性はどちらも全裸でグルグルに
巻かれてバスルームで死んでいた。
そして体の一部を切り取られていた。
女性一人の犯行ではない・・・。

木部美智子は、やがて彼ら二人が神戸の
高校で同級生だったことを掴む。
取材を進めると、彼らのほかに仲間が二人おり、
彼らは小さな事件を起こしては警察に捕まって
いたことがわかる。

美智子は警察に先んじて、殺害された男性の一人に
つきまとっていた女性がいたことも掴む。
木部は、彼女を雇っていたスナックのママから
その女性の情報を引き出し、自宅へと迫る。
しかし、木部はそこで信じられない光景を
見てしまう。
そして、さらに殺人が発覚する。

プロローグで事件の発端が描かれ、
読んでいると早々にこの物語の主軸が
何なのか?
犯人は誰なのかを知ることになる。

15年前に起こったある事件・・・。
その事件がなぜ起こったのか?

木部美智子は丹念に取材を重ね、事件の
全容を推理する。しかし、ライター仲間たち、
そして殺人事件の捜査をしている警察
にも木部の突飛な推理は届かない。

しかし、猟奇殺人に繋がったものは、
15年前に起こった事件が、人間の底知れぬ
「悪意」にあるということを木部は
暴いて見せる。
猟奇的殺人をおかした犯人は、その
「悪意」の犠牲になってしまったのだ。

凄惨な事件を起こしてしまうほどに追いつめられ、
恨みや憎しみを抱えてしまった犯人に
同情してしまった・・・。

読みだすと止まらない、最後まで読まず
にはいられない、そんなミステリーだ。

『殺人者』
著者:望月諒子
出版社:新潮社
価格:¥825(本体\750+税)

若者たちの悲痛な叫びが心に響く。『彼女はひとり闇の中』

天祢涼さんの『彼女はひとり闇の中』
(光文社)読了。
今を生きる若者たちの生きづらさが
浮き彫りに・・・。悲痛な叫びが
リアルに心に響く。

10月のとある日曜日、日吉に住む大学生の千弦は、
家の近くの小道で、若い女性が刺殺されたことを
知る。

千弦は事件の夜に幼馴染の玲奈からLINEが
送られてきたことに気づく。
「相談したいことがあるから電話していい?」
というメッセージだった。
未読のまま放置していたので、気になって
玲奈に電話かけるがつながらず、LINEに
謝罪メッセージを入れたが既読にもならない。
不安になった千弦は現場へ行くが被害者の
情報は得られなかった。

そして昼過ぎに大学の仲間からのメッセージで、
殺された女性が玲奈だと知った。
玲奈が殺された時刻、千弦は仲間と飲み会で
楽しく過ごしていたのだ。それを考えると
居ても立っても居られなくなり、千弦は
事件の真相を探ることを決意する。

千弦は、玲奈が参加していたゼミの教官・葛葉
に話を聞いた。しかし葛葉の態度に不審を抱いた
千弦は玲奈が問題を抱えていたことを確信する。
玲奈の事件を調べると、千弦を尾行する何者かの
姿を感じる・・・。

事件の背後にはいったい何があるのか・・・?

二重三重に仕掛けられた伏線に翻弄される。
そして、主要な人物とは違う不気味な第三者の
影がちらつくと、物語はますます不穏な
雰囲気にまとってゆく。

そして、千弦が辿り着いた真相に心がざわめく。
現代社会が抱える大きな闇。
そこにからめとられた若者たちの声なき叫び。
どうか、救われて欲しい。
届いて欲しい。
そう思わずにはいられない・・・。
読む者の心を抉る、社会派ミステリー。

『彼女はひとり闇の中』
著者:天祢涼
出版社:光文社
価格:¥1,870(本体\1,700+税)

腕貫探偵がリモート相談。「異分子の彼女 腕貫探偵オンライン」

西澤保彦さんの大人気!腕貫探偵シリーズ
最新作が発売に!!!
コロナ禍を背景に、腕貫さんも
リモートで市民の相談に応えます!
「異分子の彼女 腕貫探偵オンライン」
(実業之日本社)読了。

時はコロナ禍。タクシー運転手の俺は、
櫃洗空港から乗車してきたおばあちゃんを
乗せて走っていた。
そんな時、ラジオから気になるニュースが
流れてきた・・・。
61歳の男が介護問題でもめて妻を殺害!?
名前を聞いて驚愕した!
34年前、結婚式当日に殺された友人の
嫁になるはずだった女が、これまた俺の
友人の男と結婚しその男に殺された!?と
いうのだ!
34年前の事件を思い出しモヤモヤする俺。
ご当地キャラ人形のテレビ画面でZOOMを
使うサポート窓口の担当者に相談することに・・・。
彼とのやりとりでだんだんと当時の記憶が。
そしてとんでもない事実に突き当たる!?
【異分子の彼女】

自分の息子が叔父を殺害し、困惑する私は、
櫃洗市市民サーヴィスがオンライン相談を
受けていると知り、その窓口の男に話してみた。
私は、先日叔父のマンションへ行った際、
知り合いの女性の遺体を見つけた。
だが再度マンションに戻ってみたら、
違う女性の遺体と入れ替わっていた。
いったいどういうことなのか・・・?
どこにいてもウイスキーの入ったスキットル
を手放せない私は、窓口の男からの
質問に答えていった・・・。すると
男の的確な指摘で事件の様相が浮かんできた。
え~ッ!そういうことだったのか・・・。
【焼けたトタン屋根の上】

15年前にあるマンションの一室で起こった
無理心中事件。
死んだ男性の方と不倫関係にあった、従弟の母親は
事件の当事者ではなかったが、夫の逆鱗に触れ離婚。
当時、中学生だった従弟はその一室で受験勉強を
していたが・・・。
無理心中事件について、俺は従弟と夜通し
話をしていた。
無理心中事件が起こったさらに十年前、つまり
25年前からの気になっていたことを市民サーヴィス課
のオンライン窓口の男性に相談してみた・・・。
あまりにも複雑すぎて自分でも何を言っているのか
わからないが、男性はきちんと把握し核心をついてきた・・・。
【そこは彼女が潜む部屋】

三つの中編が収録されたミステリ集。
見た目はロボットみたいな腕貫探偵、しかし
鋭い洞察力と、卓越した推理力で事件を解決する
王道の安楽椅子探偵もの。

複雑怪奇、絡みに絡んだ人間関係と事件の様相を
一つ一つ丁寧に、そしてロジカルに解きほぐし、
事件の真相を導き出す。

「腕貫探偵」シリーズ第1巻目の時の衝撃再び!
腕貫さんと相談者の二人の会話で謎がどんどん
解明されてゆく、そのドキドキ感と面白さが
十分堪能できる、シリーズ最新作!

『異分子の彼女 腕貫探偵オンライン』
著者:西澤保彦
出版社:実業之日本社
価格:¥1,760(本体¥1,600+税)

「虫」をテーマにした短編ミステリー「蝉かえる」

第74回日本推理作家協会賞と第21回本格ミステリ大賞を
W受賞した、連作ミステリー。
櫻田智也さんの「蝉かえる」(創元推理文庫)を読了。

全国各地を旅する昆虫好きの心優しい青年・魞沢泉。

震災のあった場所で、昆虫食を研究している
人たちの出会う。
そんな中、魞沢は、16年前災害ボランティアで
出会った青年と再会する。
災害時、行方不明になった少女を神社で見かける。
少女は幽霊だったのか・・・?
【蝉かえる】

女子高生の事故と、アパートの入り口で
倒れていた女性。母娘の二人が同時に事故!?
二人の間には何があったのか?
たまたま公園でその少女を見かけた魞沢は、
じっと考える。
【コマチグモ】

高原のペンションに宿泊することになった
魞沢は、そこへ向かう途中で親切な
外国人男性を見かける。
ペンションで再会し、親交を温めた。
ところが翌日その外国人の遺体が発見される。
魞沢は、その遺体を見てあることに気づく。
【彼方の甲虫】

昆虫好きの少年・魞沢からある雑誌の編集者に
連絡が入った。
その編集者が懇意にしていた、昆虫好きの青年が
行方不明になったという。
魞沢はその男性と仲が良く、何かあった時は
連絡してくれと言われていたらしい。
二人は男性の行方を追う過程である疑惑に
突き当たる。
中学時代の魞沢がとても可愛いけれど、まだ
中学生なのに妙に達観しているところがすごく切ない。
【ホタル計画】

国境なき医師団で仕事をしていた魞沢の
友人が帰国した。
久しぶりに友人に会った魞沢は、疲れ果てた
姿に違和感を抱く。
彼は密かに「アフリカ睡眠病」を引き起こす、
ツェツェバエを日本に持ち込んでいた・・・。
【サブサハラの蠅】

魞沢泉のとぼけた感じの名探偵っぷりが
とてもやさしくて温かい印象。
悲しい結果になったとしても、
それを静かに受け止める魞沢の
心の深さに癒される。

昆虫の生態を引用し、物語の伏線として
さりげなく組み込まれていてとても面白い。
ただ、魞沢が解き明かした真相は、いつも
人間の悲しみや、愛おしさを秘めていて切ない・・・。

『蝉かえる』
著者:櫻田智也
出版社:東京創元社(文庫)
価格:¥814 (本体¥740円+税)