2018年徳間書店文庫大賞受賞作「二年半待て」

女性を主人公にしたサスペンス小説を
多く描いている新津きよみさんの短編集
「二年半待て」が、2018年徳間書店文庫大賞を
受賞しました。

サスペンス小説も大好きなはまさき。
早速読んでみました!

女性が長い人生で通過する転換期の「〇活」に
焦点を充てたサスペンスミステリー。

全7話あり、「就活」について描かれた第1話は、
娘の就職がなかなか決まらないことに気をもむ
母親の心情を描く。娘のこともさることながら、
自分の母がひた隠す自らの出生の秘密が、意外な
結末に結び付く。ええ~っと驚愕!

「婚活」について描かれた第2話。
男性が、恋人の女性に結婚は2年半待って
と懇願。その理由とラストに困惑?

「恋活」がテーマの第3話。
理系でオタクっぽい兄になんとか恋人をつくって
あげようと画策する妹。だが兄の態度に
危険なにおいを感じ取った妹は・・・。
良かれと思ってやったことがものすごく
恐ろしい結果を招く。ちょっと怖い1作。

「妊活」がテーマの第4話の物語は、
大学生の息子が年上の女性と結婚した。
しかも女性はバツイチの上に息子とはできちゃった婚。
40代の母親は内心複雑だ・・・。
しかし、嫁の子どもが欲しい願望は強い。
そんな女性二人に起こったアクシデント!
なるほど、そういうことだったのか!と納得。

「保活」とは、保護者が子供のための保育所を探す
活動を言う。介護、多重介護、孫の世話と
50代であらゆる介護をしてきた女性は、最近高齢の実母の
様子がおかしいことに気づく・・・。もしや認知症か・・・?
またしても介護の文字が頭をかすめる・・・・。
ダブルケアで心身ともに消耗する女性の姿を描く・・・?
読んでいると自分にもあてはまってきそうで一番恐怖した1作。

「離活」がテーマの第6話。若い頃、一人の男性を巡って
親友と争った。結局好きだった男は親友に奪われてしまう。
そんな2人が離婚をした!?
親友の罠にはまってしまった女性の本当の叫びが胸を打つ!

「終活」はお片付け。謎の日記を遺して逝った祖母。
恋活パーティーで出会った男性がその謎を解くという。
日記の謎解きをするうちに、祖母の過去が明らかに。
ちょっと切なくなる1作です。

女性に起こるであろう身近なシチュエーションが
見事なミステリーに変貌している。
ちょっとドキッとするサスペンス調の作品も含め、
見事に騙される。軽いタッチで描いてある分、
ストーリー展開とどんでん返しの持っていきかたが
巧過ぎる!
さらっと読める7つの短編集です。

『2年半待て』
著者:新津きよみ
出版社:徳間書店(文庫)
価格:¥640(税別)

凄すぎるミステリー「天上の葦」

太田愛さんの新作「天上の葦 上下」を読みました。
デビュー作「犯罪者」から2作目の「幻夏」。
常に弱者を見つめ、社会の矛盾点をついた重厚な
ミステリーを描き続ける太田愛さん。
その作品は読んでいると心にずっしりと響きます。

そして最新作「天上の葦」は、前2作を上回る力作です。
凄すぎるミステリー作品。

老人が渋谷のスクランブル交差点でいきなり
天を指し倒れ、そのまま息を引き取った。
白昼に起こった老人のその奇妙な行動は、
お昼のニュースで放送され、衝撃がはしった。

老人が指差した先には何があったのか?
ある筋から調査を依頼された探偵の鑓水と修司。
期限は2週間!?修司は納得できなかったが
成功報酬の大きさに逆らえず、調査を受けた。
鑓水はまず亡くなった老人の過去をさぐる。
老人は90歳を過ぎるまで現役の産婦人科医だった。
小さな個人病院だったが親切丁寧で看護師からも
患者からも信頼されていた。
彼を紹介した記事を読んだ鑓水は、戦後産婦人科医に
なってからの経歴しか記載されていないことに
疑問を持ち、それ以前の彼の経歴に何かあると
推理し、修司と共に関係者を探すことにする。

一方、交通課に左遷された刑事・相馬は、
公安の課長から部下の行方を内偵して欲しいと依頼される。
まじめな公安刑事がなぜ行方を断ったのか・・?
何を調べていたのか・・・?
二方向からの調査は、やがて交差し、読者の想像を
はるかに超えたストーリーへと展開する。
そして、鑓水・相馬・修司の三人でこの事件の背景を
調査してゆくと、隠されていた老人の過去に辿り着く・・・・。

戦後70年、忘れさられようとしている、太平洋戦争。
その時、国は如何にして国民を戦争に駆り立てたのか?
それはメディアの暴走だったのではないか?

戦争中、帝国軍が国民に強いてきたこと。
それを当然のように受け入れてきたこと。
その描写力とストーリーは圧倒的臨場感を持って
読者の心に刻まれる。

心臓を患いながら、死に瀕して必死に老人が訴えたかった
ある強烈なメッセージ。それを明らかにするために
三人は命懸けで奔走する。

シリーズ史上最も面白い、最もスケールが大きい!
読み終わった後の余韻がなかなか去らず、心に残る凄い
ミステリー作品です。

『天上の葦 上下』
著者:太田愛
出版社:KADOKAWA
価格:各¥1,600(税別)

モンスターの恐ろしさを描く「怪物」

ミステリー好き、警察小説好きと言いながら
なかなか手に取らなかった福田和代さん作品。

先日これはと思う作品「怪物」を読みました。
人は心に「怪物」を飼っているのか・・・
と思った作品です。

定年間近のベテラン刑事香西は、誰にも打ち明けた
ことない秘密を抱えていた。
香西は「死の匂い」をかぎ分けられるのだ。
これまで、香西は事件現場でその能力をいかんなく発揮してきた。
仲間からは、「刑事の勘」が良すぎると好評価を得ていた。
しかし、香西は自分のこの能力が時に大きな無力感を伴うことに
刑事として限界を感じていた。
15年以上も前、一人の少女が誘拐された上に殺害された。
容疑者の一人の部屋に入った時、香西は強烈な「死の匂い」
と少女の叫びを聞いた。少女はここで殺されたのだ・・・。
だが、その容疑者は逮捕されなかった。警察庁のキャリアの
息子だったため容疑者からはずされたのだ。

その事件は時効になってしまったが、香西はどうしても
あきらめることが出来ないでいた。

そんなある日、夫が10日たっても家に帰ってこない、
と妻が刑事に訴えていた。香西は興味を持ち、
妻の言い分を聞き夫の行方を探してみようと思った。
夫が立ち寄った先を調べる内に、香西はあるゴミ処理場に辿り着く。
その処理場の特色は、有機物を全て水で溶かすというものだった。
「もしかして人間も溶けるのか?」香西は突然そんな考えが浮かんだ。
そしてそこで出会った青年・真崎亮に不穏な気配を感じる。

時効間近のベテラン刑事に訪れた過去の事件の清算。
しかしそれは危険な罠だった・・・。

「怪物」とは一体誰のことなのか?
この本を読んでいると、人間の心の中には
誰でも「怪物」がいるのかも知れないと思ってしまう。
人が一線をこえてしまう心理にハラハラさせられた。

福田和代さんの作品もっと読みたいと思った。

『怪物』
著者:福田和代
出版社:集英社
価格:¥1,800 文庫版¥700(いずれも税別)

「恐怖小説キリカ」いっき読み!

「ぼぎわんが、来る」で日本ホラー小説大賞を
受賞した澤村伊智さんの最新刊、「恐怖小説キリカ」
を読みました。

物語は、奇想天外なフェイクドキュメンタリー?

大手出版社KADOKAWA主催のホラー小説
大賞に応募し、見事大賞を受賞した澤村電磁。
タイトルは「ぼぎわん」。
妻の霧香とともに喜んだ。
さらに、大学時代からの小説仲間で
「小説書くぞの会」のメンバーからも
お祝いのメールが届いた。

ところが、その中の一人が自分のブログで
「ぼぎわん」については作者自身の不幸な
事件から「ぼぎわん」を生み出したとか、
幸福で平凡な人生を歩んでいるやつに小説は
書けないなど自分勝手な解釈を披露
していることを知る。

ちょっと上から目線ではあったが、友人だと
思っていた人物の悪意ある評価に打ちのめされる澤村。
さらには、「ぼぎわん」の度重なる書き直しに
心が折れそうになる。
徐々に心が荒んでいく澤村を心配する妻の霧香。

しかし、この夫婦には誰にも言えない秘密があった。

平凡な夫婦の生活は、澤村のホラー大賞受賞と言う
予期せぬ出来事から予想もつかない物語へと急展開する。
澤村自らが生み出した「ぼぎわん」に平穏だった
日常を壊されてゆく恐怖・・・!

前代未聞!著者自身が自らの作品をディする小説!
フェイクドキュメンタリーと銘うって描きだされる
人間の恐ろしさ!

澤村伊智、怖いものならなんでも描ける驚異の作家です・・・。

『恐怖小説 キリカ』
著者:澤村伊智
出版社:講談社
価格:¥1,500(税別)

折原一ワールドが堪能出来る「異人たちの館」

2018年本屋大賞「超発掘本!」に選ばれた
折原一さんの「異人たちの館」。
著者自身も「マイベスト本」としてこの
「異人たちの館」をあげられるほど思い入れのある作品。
一昨年、第3次文庫として文藝春秋から発売。
長い間の品切れ状態からやっと復刊されました。

これをきっかけに読んでみました。

富士の樹海に消えた息子・淳の伝記を書いてほしいと、富豪の
母親から依頼された、ゴーストライター専門の作家・島崎。
調査費用ほか、金額に糸目はつけないという言葉に伝記を
書くことを承諾した。

淳は、8歳の時児童文学賞を受賞した天才少年。
子どもの頃から本気でミステリー作家を目指した
逸材だった。
美少年でありながら、暗い翳りを持つ淳は、
幼稚園の頃からいじめられていた過去を持つ。

母親から託された淳に関する膨大な資料を読み漁り、
関係者に取材し淳の足跡をたどり続けて行くうちに
島崎は、淳の伝記を書くことに興奮を覚える・・・。

しかし、伝記の調査がすすみ、淳の真実の姿に
迫っていく中、島崎は自分の周囲で何者かに
見張られていることに気づく・・・。
背が高く、まるで「異人」のような男。
一体彼は何者なのか?

文中で度々登場する男の不気味な「モノローグ」。
そして、淳が書いたと思われる作中の「ミステリー小説」。

どこまでが現実で、どこまでがフェイクなのか?
モノローグの男は誰なのか?

読み進めているはずなのに、先に進まない焦燥感。
その時、読者はすでに折原ワールドの罠にはまっているのだ!

日本ミステリー界で、この著者にしか描けない独特の世界観。
はまったら二度と脱出できない!最狂のミステリー。

『異人たちの館』
著者:折原一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥1,200(税別)

ロマンあふれるサスペンス小説の傑作!夏樹静子「第三の女」

夏樹静子さんの作品と言えばテレビの
2時間ドラマの原作に使用されることが
多かったように思います。

ドラマを視てしまうとどうしても原作から
遠のいてしまい、なかなか読む機会が
ありませんでしたが、たまたま「第三の女」の
POPを書くことがあり、読みたくなって先日
初めて読みました。

「第三の女」を読んでみて、あまりに面白かったので、
自分の中の夏樹静子観が変わってしまいました。

ある嵐の夜、パリ郊外のバルビゾンで
一組の男女が出会った。運命的なゆきずりの恋。

その時二人が暗黙の内に交わした約束。
それは動機なき殺人事件へと繋がってゆく。

事件は福岡で起こり、その後箱根で起こった。
それぞれの事件には目撃者がいたため、
それらしい人物をマークするのだが、
刑事たちも容疑者が絞り込めなかった・・・。

男の高まる恋心・・・・
女性の気高くも哀しい愛の心理・・・。
格調高いラブロマンスでありながら、
殺人計画というスリリングな展開、
息を呑むどんでん返しの連続は
迷宮に迷い込んだような感覚になる・・・。

「第三の女」とは一体誰なのか・・・?

夏樹さんの描く世界観は非常に格調が高く、
フランスのミステリー作品を読んでいるような
錯覚に陥りました。

夏樹作品、しばらく追いかけてみようかなと思います。

『第三の女』
著者:夏樹静子
出版社:集英社(文庫)
価格:¥533(税別)

探偵・槇野&女刑事・東條シリーズ最新刊『亡霊の柩』

大田市在住のミステリー作家、吉田恭教さんの
ミステリー小説、「可視る」「亡者は囁く」
「鬼を纏う女」「化身に哭く森」と順調に
シリーズを重ねる‘探偵・槇野&女刑事・東條’シリーズ。

昨年7月に上梓された「化身の哭く森」に続き、
シリーズ最新作が発売されました。
タイトルは「亡霊の柩」(南雲堂刊)です。

主に松江市・大田市という島根県民には嬉しい!地元が舞台の
ミステリー作品です。

鏡探偵事務所に養護施設の園長から人捜しの依頼が舞い込んだ。
男性の名前は「五十嵐靖男」。

槇野は早速行動開始。するとあっさりと判明する。
五十嵐は結婚して妻と二人で生活していたが、
今夏亡くなっていたのだ。その知らせを受け、五十嵐宅に
お悔みに行った園長だったが、なぜか五十嵐の妻に
罵声を浴びせられ門前払いをされてしまった。

園長から再度依頼を受けた槇野は、五十嵐失踪の理由と
死因を調べる過程で、想像も出来なかった事実にぶち当たる。
これ以上の調査は無理と判断した槇野は、警視庁捜査一課の
東條有紀に情報提供をしたのだった。

簡単な人捜しのはずが、とんでもない事件を
引き当ててしまった槇野。しかしその事件は
自身が警察を辞めることになった事件と繋がっていた!
槇野は自らの忌まわしい過去と決別するため、
何としてでも真相を暴く決意をする。

東京から、島根県大田市・松江市を舞台に
繰り広げられる、迷宮のように入り組んだ事件。
しかし、槇野と東條の信頼関係が生んだ捜査で
次第に事件の真相を解き明かしてゆく・・・・。

シリーズ最高傑作と言っても過言ではない面白さ。
混迷を極める不可思議な事件の解明にはまり、
ページを捲る手が止まらない!
一気読み必至の傑作ミステリー。

『亡霊の柩』
著者:吉田恭教
出版社:南雲堂
価格:¥1,700(税別)

松江・出雲も登場する!アクションエンターティメント「特殊防諜班」シリーズ

今野敏さんの「特殊防諜班」シリーズは、
松江・出雲が登場する、アクションエンターティメント作品。

「連続誘拐」「組織報復」「標的反撃」
「凶星降臨」「諜報潜入」「聖域炎上」
「最終特命」の7作品。

このシリーズは、紀元前10世頃、十支族に治められていたイスラエル王国が
アッシリアの侵攻によって崩壊。残された十支族は歴史から消えますが、
なんらかの伝手で、日本に渡来したのでは・・?という
「ユダヤ人渡来伝説」がバックボーンにあります。

そしてその十支族が持ち続けた「秘密」が日本の何者かに
伝承されたのではないか?
その「謎」と「秘密」をめぐり、秘密組織「新人類委員会」が
日本に闘いを仕掛けてきます。

それに立ち向かうのが、このシリーズのヒーロー・真田武男です。

主人公の真田は陸上自衛官。過酷な訓練で知られる
レンジャー部隊の実地訓練でたった一人で戦車部隊を
制圧してしまうほどの実力を持つエリートだった。

だが、孤高を貫く真田は軍ではやっかいもの扱いだった。
そんな真田に興味を抱いたのは、陸幕第二部別室・室長の
早乙女だった。
早乙女は、スパイ天国と言われる日本を他国からの間接的侵略や
テロの脅威から守るために、ある組織を立ち上げようとして
いた。それが、「特殊防諜班」だ。
早乙女は真田をスカウトし、二人だけの組織を立ち上げた。
そしてその組織は、日本の最高責任者と直結しており、
「首相の代理人」と異名をとる。

シリーズ第1弾では、宗教団体教祖の奇妙な誘拐事件を
探る真田。そこで雷光教団の東田夢妙斎と出会う。
東田夢妙斎を探るその過程で、真田はイスラエル大使館ザミルと
出会う。一方、雷光教団の教祖に危険を感じた、
出雲在住の謎の修験者・芳賀舎念は雷光教団に孫の恵理を
潜入させた!

真田・ザミル・恵理はこの事件をきっかけに運命的に
出会い、十支族の「秘密」を狙う、謎の集団との
死闘に巻き込まれていく!!

東京・出雲・松江を舞台に次々と襲い来る強敵。
しかし、真田とザミル、そして、芳賀舎念・孫の恵理は
闘いを経るごとに絆が深められてゆく!

勧善懲悪のシンプルでわかりやすいストーリーに
神秘的な歴史を織り交ぜ、読ませる作品。
さらに空手の師範である著者が描くアクションシーンは
まるで映画のようにかっこよく、息づかいまで聞こえてきそうな
臨場感!

シリーズ1作目を読むと、はまってしまう!
アクションエンターティメントの傑作。

「特殊防諜班」シリーズ全7巻
著者:今野敏
出版社:講談社(文庫)
価格:¥600~¥680(税別)

婚活の陰にミステリーあり!「婚活中毒」

「暗黒女子」で話題を集めた、秋吉理香子さんの最新刊
「婚活中毒」を読みました。

幸せを求める「婚活」・・・。
しかしそこには恐るべき「罠」もある!?

「婚活」をテーマにした4編の短編は、まさに「秋吉流」と言っても
過言ではない。幸福という「幻」を追い求める人間の悲哀をシニカルに
抉った傑作短編。

結婚相談所で紹介された、自分にとっては「理想の男」。
どうしてこんな素敵な人が独身なの・・・?
二人は急接近したが、女性の方はこの疑問が気になり、
男性の過去を調べると・・・・彼の周りでは何人もの
女性が亡くなっていた!
彼は連続殺人犯なの!?

街コンで出会った美しい女性。
本のマニュアル通りアタックし、つきあうことに。
だが、つき合いはじめると彼女は暴走を始める。
困った男性はある行動に出るが・・・・。

テレビの「婚活番組」で、理想の男性に出会った
女性。何が何でも絶対に落したい。
彼女の秘策「婚活ツール」とは!?

30代中盤になる息子の代理婚活を始めた熟年夫婦は、
息子に理想の相手を見つける。だが、父親の方は、
相手の母親に心を奪われてしまった・・。
嘘に嘘を重ねる父親は?

婚活の陰にミステリーあり・・・。
思わず血の気が引くラストにドッキリ!

『婚活中毒』
著者:秋吉理香子
出版社:実業之日本社
価格:¥1,300(税別)

腐った警察官(ヤツラ)を炙り出せ!「ドッグ・メーカー」

[次々と新たな切り口の警察小説が登場する。
この「ドッグ・メーカー 警視庁人事一課監察係黒滝誠治」
(深町秋生著 新潮文庫)は、同じ警察でも組織内に
蔓延る不正を暴く「警察の中の警察」、監察官たちが主人公だ。

この本を読むと、警察内に巣食う悪がどれほど巨大なのか、
組織ぐるみで隠蔽工作を行う警察官たちの腐敗ぶりが描かれて
いて、怖くなってしまう。

黒滝誠治警部補は、違法すれすれの捜査で数々の事件を解決してきた。
しかし、やり過ぎれば出る杭は打たれる・・・。
華々しいキャリアをふいにし、交番勤務に左遷された。

だが、凄腕の刑事がいつまでも放っておかれるはずはない。
彼に目をつけたのが、人事一課のキャリア・相馬美貴だった。

相馬の命を受け、赤坂署の悪徳刑事を内偵していた同僚の刑事が
何者かに殺害された。
あまりの衝撃と後悔にやがて激烈な復讐心が心に芽生えた相馬は、
警視庁に蔓延る巨悪を全て白日の元に曝すことを決意。
稀代の「寝業師」白幡警務部長とともに真相解明を画策。
そのためには、手段を選ばずターゲットに首輪をつける
ドッグ・メーカーこと黒滝警部補の力が必要だった。

人事一課に異動してきた黒滝は、白幡と相馬の命を受け早速捜査を開始。
殺害された刑事が内定していた、赤坂署の悪徳刑事を逮捕するために、
彼に群がり甘い蜜を吸い続ける刑事や、妻を次々と支配下に置いてゆく。

ドッグ・メーカーのやり口の汚さ、しかしそれを上回る手際の良さに
思わず凄い・・・と思ってしまう。
彼のやり口は確かに汚いが、それは巨悪を暴くためだ。
警察官としての正義が底辺にある・・・。

危険極まりない警察小説だが、読後は清々しい。
黒滝警部補の正義の悪役ぶりが非常に魅力的。
次の活躍が読みたくなる。

『ドッグ・メーカー 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治』
著者:深町秋生
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥840(税別)