タフでクールな女探偵登場!「探偵は女手ひとつ」

タイトルに惹かれて読みました。
深町秋生さんの「探偵は女手ひとつ」(光文社)。

山形を舞台に描かれた、探偵小説。
山形弁がすご~く効いている!!

小学生の娘と二人で暮らす、シングルマザー探偵の
椎名留美は、農家の手伝いや高齢者のおつかいなど、
最近では、ほぼ便利屋と化していた。

山形では、探偵に依頼する事件などあまりない。

ある日、元の上司である警察署長から、
さくらんぼ盗難犯を突き止めて欲しいという
依頼が入った。
久しぶりの探偵業らしい仕事の依頼に
張り切る留美だったが….。

ヤクザから依頼された人探し、イケメンに
つきまとうストーカー退治、などなど….。
地方でも起こりうる事件の闇をあぶり出し、
その事件に翻弄される人間ドラマを臨場感
たっぷりに描き出す。
リアル過ぎる設定と丹念な人物描写が魅力だ。

そして、物語をさらにリアルに感じさせてくれるのは、
ご当地言葉で交わされる会話シーン。
冷酷な事件もあまり恐ろしく感じないのは
このご当地言葉のおかげかもしれない。

過疎にあえぐ地方都市で、自分らしく生きる
クールでタフな女探偵がとてもかっこいい!

『探偵は女手ひとつ』
著者:深町秋生
出版社:光文社
価格:¥1,500(税別)

究極の心理サスペンス『彼女の恐喝』

藤田宜永さん初のサスペンス小説
「彼女の恐喝」(実業之日本社)
を読みました。

出版社の編集者を夢見る平凡な女子大生・圭子。
六本木のクラブで働きながら大学生活を送っていた。

ある台風の夜、マンションから一人の男が飛び出してきた。
その男を圭子は知っていた。クラブの客で、人材派遣
会社の社長・国枝だ。
翌日のニュースがそのマンションの一室で殺人事件が
起こったと報道していた。
圭子の頭に、昨夜飛び出してきた国枝の顔が浮かんだ。
まさか!?国枝が犯人なのか?

就職が思うように決まらず、心が荒む圭子。
そのストレスはやがて、国枝へと向かう。
そして殺人事件をネタに、圭子は国枝に
脅迫状を送ってしまうのだった。

のっぴきならない状況で、人間の心はどう動くのか?
あまりにも切実な心を抱えると、人は犯罪にまで
手を染めてしまうのか・・・?
脅迫状を送ってしまったという罪におののきながら、
圭子は国枝と密会を続ける・・・。

読者が推理する事件の行方よりも、
この作品では、圭子や国枝といった登場人物の
心理描写が物語の根幹となっている。

彼女らの感情の変化がもたらす物語の行方は、
想像を絶するクライマックスへと繋がってゆくのだ。

心が揺さぶられる、究極の心理サスペンス!

『彼女の恐喝』
著者:藤田宜永
出版社:実業之日本社
価格:¥1,600(税別)

ロマンティックミステリーの傑作!サンドラ・ブラウン「最後の銃弾」

サンドラ・ブラウンと言えば、ロマンス小説の第一人者。
特に、サスペンス、ミステリー仕立ての作品はロマンティックでとてもスリリング。
「コピーフェイス 消された私」は以前、NHKでドラマ化され、
話題になりました。
はまさき、「コピーフェイス」は何度も読みました。
物凄く面白かった。その後いくつかの作品を読んでいます。
そして、「最後の銃弾」は久しぶりに読んだ傑作。
やはり、面白かったです。

サヴァナ地区の殺人課刑事のダンカン・ハッチャーは、
犯罪組織の大物・サヴィッチをやっとの思いで逮捕し送検した。
だが、裁判では証拠不十分で釈放されてしまった。
そして、その時の判事・レアードに悪態をつく始末。

その後、ダンカンの相棒・ディーディーが優秀な警察官として
表彰されることになり、ディーディーをエスコートして、
パーティ会場へ向かった。
そこでダンカンは、レアード判事の妻・エリースと出会う。
その美しさと聡明さに一目で恋におちたダンカン。
だが、ダンカンはその想いを自分で認めることが恐ろしい。

ある真夜中に、ダンカンは、レアード判事の邸宅に呼び出された。
エリースが侵入者を射殺したと言うのだ。
正当防衛を主張するエリース。だが、ダンカンは彼女の言い分に
納得できない。
謎めいた彼女の言葉を心のそこから信じることが出来ないのだ。
そこでダンカンは、ディーディーと二人で、エリースを調査することに。

殺人の容疑者・エリースにどんどん惹かれてゆくダンカン。
彼女の言葉を信じたい。でも信じられない。
その葛藤に次第に自分を見失ってゆくダンカン。
刑事として容疑者かも知れない女、しかも判事の妻に
思いを抱くなど・・・論外。
恐ろしい罪は犯したくない。しかし・・・・。

その後も、彼女の周りで次々と殺人事件が起こる・・・。
果てしてエリースは稀代の悪女なのか?それとも・・・?

一人の女性の悲しい過去が、罪を犯罪を呼び寄せてしまう。
その陰に暗躍する、犯罪組織の大物サヴィッチ。

一番のワルは誰なのか?
クライマックスのドンでん返しと超スリリングな展開に読者も翻弄される!

満足度NO1のサスペンスミステリーです。

『最後の銃弾』
著者:サンドラ・ブラウン/秋月しのぶ(訳)
出版社:集英社(文庫)
価格:¥933(税別)

嫌ミスなのに読後はスッキリ!?「誤算」

帯のコメント「こんなに面白い本10年間も眠らせていてすみません!」に
つられて手に取りました。
なんと、第27回横溝正史ミステリ大賞・テレビ東京賞受賞作!

なんとテーマは「遺産相続」!。
2時間のサスペンスドラマではよくあるけれど・・・。
小説で読んだのは久しぶりです。

美人だけれど、まじめすぎて融通が利かない主人公・奈緒。
有能な看護師だが、その性格で職場ではちょっと浮いてる?
さらに、だめんず夫のせいで貯金はすべて底をつく。
心を病んだ奈緒は夫と離婚。仕事もやめて心機一転を図る。

そんな奈緒に住み込み看護師の仕事が舞い込んだ。
患者は、資産家のわがままな気難しい老人。
奈緒は老人のために必死に看護をした。
やがて、寝たきりに近い状態だった老人は、
奈緒の看護で軽い散歩が出来るまで回復した。
奈緒の性格がここでは威力を発揮したのだ。

しかし老人の回復を快く思わない連中がいた。
それは老人の家族たち。莫大な財産を目当てに
彼らは欲をむき出しにし足を引っ張り合っていた。
呆れる奈緒だったが、彼女にも遺産相続の
チャンスが訪れる!

人間のお金への執着はほんとに凄いと思う。
家族なのに、お金のために自分の父親の死を願う。
そこに巻き込まれる主人公・奈緒。
よくある遺産相続問題での事件かと思って読んでいたが、
物語は意外な展開を見せる。
ほう~こんな面白い方向へ・・・!

まじめ過ぎる、主人公奈緒に共感。
読んでる間中応援していました。

『誤算』
著者:松下麻理緒
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥640(税別)

2018年徳間書店文庫大賞受賞作「二年半待て」

女性を主人公にしたサスペンス小説を
多く描いている新津きよみさんの短編集
「二年半待て」が、2018年徳間書店文庫大賞を
受賞しました。

サスペンス小説も大好きなはまさき。
早速読んでみました!

女性が長い人生で通過する転換期の「〇活」に
焦点を充てたサスペンスミステリー。

全7話あり、「就活」について描かれた第1話は、
娘の就職がなかなか決まらないことに気をもむ
母親の心情を描く。娘のこともさることながら、
自分の母がひた隠す自らの出生の秘密が、意外な
結末に結び付く。ええ~っと驚愕!

「婚活」について描かれた第2話。
男性が、恋人の女性に結婚は2年半待って
と懇願。その理由とラストに困惑?

「恋活」がテーマの第3話。
理系でオタクっぽい兄になんとか恋人をつくって
あげようと画策する妹。だが兄の態度に
危険なにおいを感じ取った妹は・・・。
良かれと思ってやったことがものすごく
恐ろしい結果を招く。ちょっと怖い1作。

「妊活」がテーマの第4話の物語は、
大学生の息子が年上の女性と結婚した。
しかも女性はバツイチの上に息子とはできちゃった婚。
40代の母親は内心複雑だ・・・。
しかし、嫁の子どもが欲しい願望は強い。
そんな女性二人に起こったアクシデント!
なるほど、そういうことだったのか!と納得。

「保活」とは、保護者が子供のための保育所を探す
活動を言う。介護、多重介護、孫の世話と
50代であらゆる介護をしてきた女性は、最近高齢の実母の
様子がおかしいことに気づく・・・。もしや認知症か・・・?
またしても介護の文字が頭をかすめる・・・・。
ダブルケアで心身ともに消耗する女性の姿を描く・・・?
読んでいると自分にもあてはまってきそうで一番恐怖した1作。

「離活」がテーマの第6話。若い頃、一人の男性を巡って
親友と争った。結局好きだった男は親友に奪われてしまう。
そんな2人が離婚をした!?
親友の罠にはまってしまった女性の本当の叫びが胸を打つ!

「終活」はお片付け。謎の日記を遺して逝った祖母。
恋活パーティーで出会った男性がその謎を解くという。
日記の謎解きをするうちに、祖母の過去が明らかに。
ちょっと切なくなる1作です。

女性に起こるであろう身近なシチュエーションが
見事なミステリーに変貌している。
ちょっとドキッとするサスペンス調の作品も含め、
見事に騙される。軽いタッチで描いてある分、
ストーリー展開とどんでん返しの持っていきかたが
巧過ぎる!
さらっと読める7つの短編集です。

『2年半待て』
著者:新津きよみ
出版社:徳間書店(文庫)
価格:¥640(税別)

凄すぎるミステリー「天上の葦」

太田愛さんの新作「天上の葦 上下」を読みました。
デビュー作「犯罪者」から2作目の「幻夏」。
常に弱者を見つめ、社会の矛盾点をついた重厚な
ミステリーを描き続ける太田愛さん。
その作品は読んでいると心にずっしりと響きます。

そして最新作「天上の葦」は、前2作を上回る力作です。
凄すぎるミステリー作品。

老人が渋谷のスクランブル交差点でいきなり
天を指し倒れ、そのまま息を引き取った。
白昼に起こった老人のその奇妙な行動は、
お昼のニュースで放送され、衝撃がはしった。

老人が指差した先には何があったのか?
ある筋から調査を依頼された探偵の鑓水と修司。
期限は2週間!?修司は納得できなかったが
成功報酬の大きさに逆らえず、調査を受けた。
鑓水はまず亡くなった老人の過去をさぐる。
老人は90歳を過ぎるまで現役の産婦人科医だった。
小さな個人病院だったが親切丁寧で看護師からも
患者からも信頼されていた。
彼を紹介した記事を読んだ鑓水は、戦後産婦人科医に
なってからの経歴しか記載されていないことに
疑問を持ち、それ以前の彼の経歴に何かあると
推理し、修司と共に関係者を探すことにする。

一方、交通課に左遷された刑事・相馬は、
公安の課長から部下の行方を内偵して欲しいと依頼される。
まじめな公安刑事がなぜ行方を断ったのか・・?
何を調べていたのか・・・?
二方向からの調査は、やがて交差し、読者の想像を
はるかに超えたストーリーへと展開する。
そして、鑓水・相馬・修司の三人でこの事件の背景を
調査してゆくと、隠されていた老人の過去に辿り着く・・・・。

戦後70年、忘れさられようとしている、太平洋戦争。
その時、国は如何にして国民を戦争に駆り立てたのか?
それはメディアの暴走だったのではないか?

戦争中、帝国軍が国民に強いてきたこと。
それを当然のように受け入れてきたこと。
その描写力とストーリーは圧倒的臨場感を持って
読者の心に刻まれる。

心臓を患いながら、死に瀕して必死に老人が訴えたかった
ある強烈なメッセージ。それを明らかにするために
三人は命懸けで奔走する。

シリーズ史上最も面白い、最もスケールが大きい!
読み終わった後の余韻がなかなか去らず、心に残る凄い
ミステリー作品です。

『天上の葦 上下』
著者:太田愛
出版社:KADOKAWA
価格:各¥1,600(税別)

モンスターの恐ろしさを描く「怪物」

ミステリー好き、警察小説好きと言いながら
なかなか手に取らなかった福田和代さん作品。

先日これはと思う作品「怪物」を読みました。
人は心に「怪物」を飼っているのか・・・
と思った作品です。

定年間近のベテラン刑事香西は、誰にも打ち明けた
ことない秘密を抱えていた。
香西は「死の匂い」をかぎ分けられるのだ。
これまで、香西は事件現場でその能力をいかんなく発揮してきた。
仲間からは、「刑事の勘」が良すぎると好評価を得ていた。
しかし、香西は自分のこの能力が時に大きな無力感を伴うことに
刑事として限界を感じていた。
15年以上も前、一人の少女が誘拐された上に殺害された。
容疑者の一人の部屋に入った時、香西は強烈な「死の匂い」
と少女の叫びを聞いた。少女はここで殺されたのだ・・・。
だが、その容疑者は逮捕されなかった。警察庁のキャリアの
息子だったため容疑者からはずされたのだ。

その事件は時効になってしまったが、香西はどうしても
あきらめることが出来ないでいた。

そんなある日、夫が10日たっても家に帰ってこない、
と妻が刑事に訴えていた。香西は興味を持ち、
妻の言い分を聞き夫の行方を探してみようと思った。
夫が立ち寄った先を調べる内に、香西はあるゴミ処理場に辿り着く。
その処理場の特色は、有機物を全て水で溶かすというものだった。
「もしかして人間も溶けるのか?」香西は突然そんな考えが浮かんだ。
そしてそこで出会った青年・真崎亮に不穏な気配を感じる。

時効間近のベテラン刑事に訪れた過去の事件の清算。
しかしそれは危険な罠だった・・・。

「怪物」とは一体誰のことなのか?
この本を読んでいると、人間の心の中には
誰でも「怪物」がいるのかも知れないと思ってしまう。
人が一線をこえてしまう心理にハラハラさせられた。

福田和代さんの作品もっと読みたいと思った。

『怪物』
著者:福田和代
出版社:集英社
価格:¥1,800 文庫版¥700(いずれも税別)

「恐怖小説キリカ」いっき読み!

「ぼぎわんが、来る」で日本ホラー小説大賞を
受賞した澤村伊智さんの最新刊、「恐怖小説キリカ」
を読みました。

物語は、奇想天外なフェイクドキュメンタリー?

大手出版社KADOKAWA主催のホラー小説
大賞に応募し、見事大賞を受賞した澤村電磁。
タイトルは「ぼぎわん」。
妻の霧香とともに喜んだ。
さらに、大学時代からの小説仲間で
「小説書くぞの会」のメンバーからも
お祝いのメールが届いた。

ところが、その中の一人が自分のブログで
「ぼぎわん」については作者自身の不幸な
事件から「ぼぎわん」を生み出したとか、
幸福で平凡な人生を歩んでいるやつに小説は
書けないなど自分勝手な解釈を披露
していることを知る。

ちょっと上から目線ではあったが、友人だと
思っていた人物の悪意ある評価に打ちのめされる澤村。
さらには、「ぼぎわん」の度重なる書き直しに
心が折れそうになる。
徐々に心が荒んでいく澤村を心配する妻の霧香。

しかし、この夫婦には誰にも言えない秘密があった。

平凡な夫婦の生活は、澤村のホラー大賞受賞と言う
予期せぬ出来事から予想もつかない物語へと急展開する。
澤村自らが生み出した「ぼぎわん」に平穏だった
日常を壊されてゆく恐怖・・・!

前代未聞!著者自身が自らの作品をディする小説!
フェイクドキュメンタリーと銘うって描きだされる
人間の恐ろしさ!

澤村伊智、怖いものならなんでも描ける驚異の作家です・・・。

『恐怖小説 キリカ』
著者:澤村伊智
出版社:講談社
価格:¥1,500(税別)

折原一ワールドが堪能出来る「異人たちの館」

2018年本屋大賞「超発掘本!」に選ばれた
折原一さんの「異人たちの館」。
著者自身も「マイベスト本」としてこの
「異人たちの館」をあげられるほど思い入れのある作品。
一昨年、第3次文庫として文藝春秋から発売。
長い間の品切れ状態からやっと復刊されました。

これをきっかけに読んでみました。

富士の樹海に消えた息子・淳の伝記を書いてほしいと、富豪の
母親から依頼された、ゴーストライター専門の作家・島崎。
調査費用ほか、金額に糸目はつけないという言葉に伝記を
書くことを承諾した。

淳は、8歳の時児童文学賞を受賞した天才少年。
子どもの頃から本気でミステリー作家を目指した
逸材だった。
美少年でありながら、暗い翳りを持つ淳は、
幼稚園の頃からいじめられていた過去を持つ。

母親から託された淳に関する膨大な資料を読み漁り、
関係者に取材し淳の足跡をたどり続けて行くうちに
島崎は、淳の伝記を書くことに興奮を覚える・・・。

しかし、伝記の調査がすすみ、淳の真実の姿に
迫っていく中、島崎は自分の周囲で何者かに
見張られていることに気づく・・・。
背が高く、まるで「異人」のような男。
一体彼は何者なのか?

文中で度々登場する男の不気味な「モノローグ」。
そして、淳が書いたと思われる作中の「ミステリー小説」。

どこまでが現実で、どこまでがフェイクなのか?
モノローグの男は誰なのか?

読み進めているはずなのに、先に進まない焦燥感。
その時、読者はすでに折原ワールドの罠にはまっているのだ!

日本ミステリー界で、この著者にしか描けない独特の世界観。
はまったら二度と脱出できない!最狂のミステリー。

『異人たちの館』
著者:折原一
出版社:文藝春秋(文庫)
価格:¥1,200(税別)

ロマンあふれるサスペンス小説の傑作!夏樹静子「第三の女」

夏樹静子さんの作品と言えばテレビの
2時間ドラマの原作に使用されることが
多かったように思います。

ドラマを視てしまうとどうしても原作から
遠のいてしまい、なかなか読む機会が
ありませんでしたが、たまたま「第三の女」の
POPを書くことがあり、読みたくなって先日
初めて読みました。

「第三の女」を読んでみて、あまりに面白かったので、
自分の中の夏樹静子観が変わってしまいました。

ある嵐の夜、パリ郊外のバルビゾンで
一組の男女が出会った。運命的なゆきずりの恋。

その時二人が暗黙の内に交わした約束。
それは動機なき殺人事件へと繋がってゆく。

事件は福岡で起こり、その後箱根で起こった。
それぞれの事件には目撃者がいたため、
それらしい人物をマークするのだが、
刑事たちも容疑者が絞り込めなかった・・・。

男の高まる恋心・・・・
女性の気高くも哀しい愛の心理・・・。
格調高いラブロマンスでありながら、
殺人計画というスリリングな展開、
息を呑むどんでん返しの連続は
迷宮に迷い込んだような感覚になる・・・。

「第三の女」とは一体誰なのか・・・?

夏樹さんの描く世界観は非常に格調が高く、
フランスのミステリー作品を読んでいるような
錯覚に陥りました。

夏樹作品、しばらく追いかけてみようかなと思います。

『第三の女』
著者:夏樹静子
出版社:集英社(文庫)
価格:¥533(税別)