新たな妃嬪登場!『紅霞後宮物語 第十幕』

後宮小説でいま一番ハマっているシリーズの
最新刊、「紅霞後宮物語第十幕」を読みました。
第九幕より新章に突入し、後宮内での新たな
展開にワクワクしています。

司馬氏が追放され、新たな政敵が動き出す前に
文林の政権を確固たるものにする。
そのために、小玉が育てた鴻が皇太子となった。

だが、司馬淑妃の息子・鳳についてある噂が
囁かれていた….。

皇族である、琮尚書の引退が決まり、新たな
皇族の官吏を登用する必要があった。
そこで十数年前に引退した茹王を復帰させた。
併せて彼の長女も後宮に入ることになった。

しかし、長女は病弱だったため、後宮入りを
前に亡くなってしまう。
その代わりに庶子である妹の茹仙娥が新たな
妃嬪として迎えることになった。

病弱な姉を親身になって看病を続けたという
逸話を聞かされ、小玉はじめ、紅燕や真桂も
感動する。しかも後宮では何事もそつなくこなす
仙娥に他の妃嬪たちから一目置かれるが…。

仙娥の出現で、後宮はどう動く?
さらに、仙娥は小玉の味方になるのか?
敵にとなるのか?

波乱含みの展開に、続きが気になる!

益々面白くなる、後宮小説の傑作シリーズ!

『紅霞後宮物語 第十幕』
著者:雪村花菜
出版社:富士見L文庫(KADOKAWA)
価格:¥600(税別)

心癒される、優しいミステリー『ひゃくめ はり医者安眠夢草紙』

『シンデレラの告白』で第7回角川春樹小説賞を
受賞された櫻部由美子さん。
受賞作を読んだ時、誰もが知っているおとぎ話が
大人のミステリー小説に変化していて、そこが
あまりにも面白くて、感動!感激!しました。

その後は、謎多き画家・フェルメールの半生を
生き生きと描いた、『フェルメールの街』が
とても印象に残りました。

様々なジャンルの作品に挑戦される櫻部さん。
今度は時代小説です。
はり医者の安眠先生が、心と身体の不調の謎を
解き明かします。

眠れない日々を過ごす、染井屋の娘・音夢は、
外神田で鍼灸の治療所を開いている、はり医者
安眠の元へ診察に通っている。
安眠が施す鍼治療で徐々に良くなってきている
ように感じる・・・。
しかし、音夢はある事件がきっかけで心を固く
閉ざしたままでいた。
この世にあらざる物の怪の気配を感じるように
なってしまったのだ…。

だが、安眠のぶっきらぼうな優しさが、やがて
音夢の心を解きほぐしてゆく…。

他に、安眠と懇意にしている、振り薬屋に
降りかかった災難や、安眠の父を看病する
美しい尼・庵主さまの謎に迫る時代ミステリー。

そして、登場人物も魅力的!
音夢、安眠先生ほか、治療院の隣に住む
ご老人・飄兵衛、安眠の友人で、ちょっと
お腹の弱い同心・蒼一郎、美しい尼の庵主さま
などなど心優しき人たちが、この物語を彩っている!

著者の櫻部さんからは
「鍼灸の面白さをお伝えしたくて、安眠先生を
登場させました。皆様の心が暖かな‘気’で
満たされますように…..。」
とのコメントをいただきました。

その言葉通り、読み終わった後暖かい「気」で
包まれているように感じました。

『ひゃくめ はり医者安眠夢草紙』
著者:櫻部由美子
出版社:角川春樹事務所
価格:¥680(税別)

男気あふれる展開に痺れる!『夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』

シリーズいっき読みするのは、もったいないので、
じっくり読んで6巻目です。

「夢胡蝶」は吉原が舞台。
苦界に身を投じなければならなかった女性たちの
悲哀も描かれ、とても切ない展開もあります。
そして、彦弥の過去も明かされる、彦弥のかっこ
よさと哀愁が際立った巻です!

ぼろ鳶組の纏番・彦弥は、半鐘が鳴っている方向へ
奔った。そこは江戸最大の「不夜城」吉原…。

燃え盛る炎の中で、一人の遊女が押し入れに
隠れた。死にたい…ただそれだけの思いだった。
故郷に思いを馳せ覚悟した瞬間、突然男の声がした。

「お前の願いをすべて叶えてやる。だから生きろ」
遊女は男のその言葉を聞いて、自分の命を託した。

彦弥と妓楼醒ヶ井の花魁・花菊との運命的な出会い…。

吉原で不審な火事が頻繁に起き、吉原火消の
矢吉が、松永源吾率いるぼろ鳶組を訪ねてきた。
彦弥に花魁・花菊を助けてもらったことで、
矢吉は、ぼろ鳶組を頼り吉原の火事の調査を
手伝って欲しいと依頼してきたのだ。

頼まれると断れない性格の松永は、火事の真相を
探るため、彦弥・星十郎・寅次郎・武蔵らとともに
吉原に滞在することになった。

だが、吉原にいた火消たちは、彼らだけではなかった。
大名火消に定火消たちもすでに入っていたのだ。

この火事の裏には何かある…と感じた松永たちは
早速調査を開始する。

彦弥と花菊の運命的な出会いと恋模様を背景に
謎の事件が次々と起こる。

吉原で連続して起こる火付け、下手人と思われる
者の殺害事件、そして黒幕…。
星十郎と、松永の妻・深雪の推理が冴えわたる!!

そして、花菊との約束を守るため、命をかける
彦弥があまりにもかっこよく、彼の男気に
痺れてしまった。

今回登場した、吉原火消の特殊性が際立ち、
とても面白かった。同じ火消でも全く立場が違う。
しかし立場なんかくそ喰らえ!火が出たら
消すのが火消だ!松永の言葉で吉原火消も
本気になった!!

前巻以上に面白い展開に興奮冷めやらず!

『夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』
著者:今村翔吾
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥760(税別)

爽快感がたまらないコミック!PARTⅡ「ミステリと言う勿れ②」

田村由美さんの新作は、へんてこりんな頭が特徴の
大学生、久能整(ととのう)が独自の理論と推理で
警察官や犯罪者を煙に巻く、「ミステリと言う勿れ」。
現在4巻まで発売中で第2巻を読みました!

第②巻は….

本日が最終日と言う美術展を観にゆくため、
バスに飛び乗った、整。
しかし、しばらく走るとバスは美術館とは全く違う
方向へ向かった。
乗客たちが騒ぎ始めると、突如男が凶器をちらつかせ
バスジャックだと言った。
犯人の身勝手な発言に、一人「異」を唱える男・久能整。

彼らが拉致された場所は富豪の大邸宅。
そこでなぜ彼らが拉致されたのかが明らかになる。

バスジャック犯は自分の妹を殺害した犯人を炙り出すために
いつも、この時間のこの路線を使っている乗客たちを
集めたのだ。

そして彼らの罪を告白させようとする。
彼らの告白に対し久能整は、またしても「異」を唱えるのだった。

矛盾だらけの日本社会。しかし整は、物事の本質を
見極め、その矛盾点を突き、心に深い闇を抱く者たちの心を救う。
それが、エピソード②の後編「犯人が多すぎる」の物語。

2巻では、彼が「いじめ」について語るシーンは目からうろこ!
それはとても衝撃的なのだ。
ちょっと見方を変えることができるかも・・・と思わせる。

さらに、エピソード③は、心癒され、エピソード④からは
ある富豪の遺産相続事件にまきこまれてゆく!!

面白くてすっかりはまってしまいました。

第③巻に期待!

『ミステリと言う勿れ②』
著者:田村由美
出版社:小学館(フラワーコミックスアルファ)
価格:¥429(税別)

爽快感がたまらないコミック!「ミステリと言う勿れ①」

読書会に参加されていた方から紹介され読みました。
こんな漫画は初めてです!!
ものすごく面白かった。

漫画家の田村由美さんと言えば、名作「巴がゆく!」や
名作「BASARA」の著者。

そんな田村さんの新作は、へんてこりんな頭が特徴の
大学生、久能整が独自の理論と推理で警察官や犯罪者を
煙に巻く、「ミステリと言う勿れ」。
現在4巻まで発売中。

第1巻は….

ある冬の日、アパートでカレー作りを楽しむ
大学生・久能整(ととのう)のもとへ刑事が現れた。

近隣で殺人あったという。殺されたのは整の同級生。

任意同行された整に殺人容疑がかけられた!
次々に容疑を裏付ける証拠が付きつけられてゆくが…。

警察の矛盾をついてたんたんと推理を展開する整。
さらに、正確な理論武装で警察官を唸らせる、エピソード①。

本日が最終日と言う美術展を観にゆくため、
バスに飛び乗った、整。
しかし、しばらく走るとバスは美術館とは全く違う
方向へ向かった。
乗客たちが騒ぎ始めると、突如男が凶器をちらつかせ
バスジャックだと言った。
犯人の身勝手な発言に、一人「異」を唱える男・久能整。

自らの危険を顧みず、犯人たちの非道を質す。
エピソード②前編。

その姿がたまらなくかっこ良く、爽快な気分にしてくれる!

新たなヒーロー、解決解読青年・久能整 颯爽と登場!

『ミステリと言う勿れ①』
著者:田村由美
出版社:小学館(フラワーコミックスアルファ)
価格:¥429

心が震える!老兵たちの戦い「ライオンの冬」

ハードボイルド小説と言えば、沢木冬吾さんの作品です。
「約束の森」を読んで、沢木作品を好きになったので、
他にはないかなと調べたら、
「ライオンの冬」を見つけました。
内容は私好み!めちゃめちゃ面白そう!

伊沢吾郎、82歳。かつて日本陸軍の狙撃手として
フィリピンで戦った男。
軍人恩給で一人暮らしをしていたところに
理由ありの孫娘、結と一緒に暮らすことになった。

孫娘との生活は、ひとり暮らしの吾郎にとって、
最後のいきがいとなった。
80も過ぎてからこんなに楽しいことが起きようとは・・・
この幸せを噛みしめていた。

かたや、結は、冬になると雪で大変なことになるこの
土地で、祖父との日々は楽しくて仕方なかった。

そんな二人の生活に突如、暗雲が立ち込める。
一人の少年の失踪事件をきっかけに、雪山は
緊迫感に包まれる。

伊沢の動向を監視する、謎の男たち….。
伊沢のフィリピン時代の出来事とある事件が
クロスし、伊沢を窮地に陥れた!

伊沢と結を守ろうとする勢力と、伊沢を消そうとする
勢力がぶつかり合い、とうとう闘いが始まってしまう。

戦争で死地をくぐりぬけてきた伊沢らに翻弄される男たち。
雪山でのゲリラ戦は、老兵たちの独壇場だ!
伊沢は、大切な孫娘・結を守るため再び銃を持った!

戦争の暗い過去を背負った男たちの矜持。
フィリピンでの闘いでたくさんの戦友を
失った伊沢たち。囚われた過去を背負いながら
守るべきものを守る!
最後の力を振り絞って戦いに挑む老兵たちに
胸が熱くなる!!

沢木作品の傑作中の傑作!

『ライオンの冬』
著者:沢木冬吾
出版社:KADOKAWA(文庫)
価格:¥640(税別)

新章開幕!「紅霞後宮物語」第9幕

小玉と文林の物語も、第9幕へ突入しました。

8幕では、小玉と文林の宿敵・司馬氏の
追放、その娘・司馬淑妃が息子・鳳に
殺害されるいう前代未聞の事件で、
政敵の粛正に成功したかに見えた。
しかし・・・・。

司馬淑妃の死、その息子・鳳の死。
さらに、小玉と後宮を支え続けた
梅花も亡くなったことで、後宮の規律は
乱れ、皇后・小玉の負担が増えていた。

そんな小玉を支えたのは、紅燕と真桂だ。

司馬氏が追放され、新たな政敵が動き出す
前に、文林の政権を確固たるものにする。
そのために、小玉が育てた鴻を立太子に決める。
しかし、鴻は立太子を承諾しない。
小玉と別れて暮らすことになるからだ。
文林は覚悟を決め、鴻を説得することに・・・。

その陰で、小玉に反旗を翻す妃嬪が現れる。
また、鳳についてのある噂が後宮で囁かれる。

次々と二人に難題が降りかかる。
またぞろ、きな臭い事件が起こる予感が・・・・。

しかし今回のことで、小玉は真の友を得るのだ。

後宮は小玉の敵となるか?味方となるのか?
文林を支えると決めた小玉が新たな絆を紡ぐ!

益々面白くなる、後宮小説の傑作シリーズ!

『紅霞後宮物語 第九幕』
著者:雪村花菜
出版社:富士見L文庫(KADOKAWA)
価格:¥600(税別)

引き裂かれた王と麒麟は!「十二国記 黄昏の岸 暁の天」

十二国記シリーズのなかでも、戴国と慶国の
お話が読める貴重な巻。
しかもこの物語は、泰麒が蓬莱(日本)に
戻ってしまってから、戴国がどのように
荒廃していったのかを描いている。
つまり、「魔性の子」のもう一つの物語だ。

泰王驍宗と泰麒が行方不明になった戴国は、
逆賊たちに支配され、荒れに荒れていた。
妖魔が跋扈し村は次々破壊され続けていた。

戴国の将軍・李斎は、逆賊たちと闘い続けた。
しかし仲間は次々と逆賊に寝返り、李斎は
孤立無援になりつつあった。
戴国を救うため、李斎はある決心をする。

慶国の王・陽子は、戴国から命からがら
逃げてきた李斎を保護した。
李斎は、陽子に援助を求めてきたのだ。
何とかして戴国を救いたい・・・!
李斎の悲痛ともいえる叫びに陽子は応えようと
決心する。

陽子の要請を受け、各国の麒麟たちが慶国に集う。
延麒は、泰麒のかすかな気配を蓬莱で感じ取っていた。
麒麟たちは泰麒の行方を探す・・・。
果たして泰麒は行方は・・・?

戴国を救うという、李斎の強い思いは、やがて
天帝が作られたという「十二国」のあり方に
疑問を呈す。なぜ?あれほど国を民を思う王と
麒麟を戴国民から奪ったのか・・・!?
なぜ、なぜ・・・?

心を抉る、奥の深い物語に感銘を受ける。

さらに、初登場の氾王と氾麟が強烈!
延王と氾王とのかけあいがまるで漫才!?
そういう一息つけるところも面白い!

そして2019年に発売されるという新刊長編は、
「戴国」の物語と聞いている。楽しみだ~。

『黄昏の岸 暁の天 十二国記』
著者:小野不由美
出版社:新潮社(文庫)
価格:¥710(税別)

もう止まらない面白さ!「羽州ぼろ鳶組 菩薩花」

本屋大賞ノミネート作品読書の合間に、ついつい
手に取ってしまってそのまま一気呵成に読了しました。
大好きなシリーズ「羽州ぼろ鳶組 菩薩花」。
すでに7巻まで発売されているので、
あと2冊で追いつく感じです。

江戸では火消番付への関心が高く、お家の評判にも
繋がる。
火消番付の噂がそろそろ江戸庶民の間でささやかれる頃、
ぼろ鳶組・松永源吾は、無謀なやり方で他の火消から
手柄を奪おうと悶着を起こしている男を目にする。
その男は、仁正寺藩火消の柊与一だった。
柊与一の蛮行は、やはり番付のためなのか・・・?
たかが番付・・・。松永は胸に苦い思いを抱く。

そんな頃、火事専門の読売書きの文五郎は、不審な
火事場に遭遇する。火消しによる付け火か?
その後、文五郎が行方不明になってしまう。
父、文五郎を心配し行方を探す息子・福助・・・。
事情を知った松永たちは、真相究明に乗り出した。

そんな彼らの前に現れたのは、火事で親を失った
子ども救い、一人前の火消に育て、「菩薩」と
崇められている八重洲河岸火消・進藤内記だった。

いつもながら、火事場での奮闘シーンは圧巻だ。
しかも今回は、火消たちの壮絶な手柄争いも描かれる。
番付アップのために火事場をおろそかにする輩に、
命懸けのぼろ鳶組らは怒り心頭だ!
さらに人さらい、そして火消による付け火の疑い・・。
一体誰の仕業なのか?
その謎を追うミステリチックな展開と、現代で言う
サイコパスと松永との対決も読み応え十分!
最後の最後まで読ませる、泣かせる!止まらない面白さ!

『菩薩花 羽州ぼろ鳶組』
著者:今村翔吾
出版社:祥伝社(文庫)
価格:¥740(税別)

背筋が凍る・・・。企業小説「七つの会議」

映画公開中の「七つの会議」の原作本、
池井戸潤さんの「七つの会議」(集英社)を読みました。
とても面白くていっき読みでした!映画も好評のようです。

ある中堅メーカーの営業部。花形と言われる営業一課の
トップセールスマンでエリート課長・坂戸がパワハラで
社内委員会に訴えられた。

訴えたのは、日頃から勤務態度に問題のある
年上の部下・八角だった。
非があるのは問題のある八角の方で、エリートの坂戸は
不問にされると誰もが信じていた。しかし・・・
役員会で下されたのは、信じられない人事だった。
二人の間には何があったのか?

坂戸の代わりに営業一課の課長に任命された
原島は事態の収拾を命じられる。

問題となったメーカーに勤務する7人の物語から
やがて明らかになる、隠蔽された恐るべき真実!
会社に蔓延る「闇」に迫る!

エリート課長のパワハラ事件に関する不可解な人事
という謎をもたせ、その謎を明らかにしようと調査
を始める社員たちに思わせぶりなセリフで阻止する
幹部たち・・・。
まるでミステリー小説のような展開で、読者も
その謎を知りたくてグイグイと読ませられる。

小説の面白さもさることながら、日本の企業の
歪みに鋭く斬り込んでいる!

過去、世界に名を馳せた日本のメーカーがなぜ
失速し、競争に敗れていったのか?
この小説を読むとわかるような気がする・・・

映画も観に行くぞ~。

『七つの会議』
著者:池井戸潤
出版社:集英社(文庫)
価格:¥800(税別)